賃貸VS購入、リフォームはどうするの?

レス12
お気に入り2
トピ主のみ0

ゆきち

話題

賃貸か購入で迷っている30才です。

よく賃貸と購入で、
シミュレーションがありますよね?

いろいろ調べた結果、うちの場合、
どちらも同じ、という結論になりました。
(転勤しない、今の家賃が安い、家を建てるなら同居決定、など。)

そこで質問なんですが、
よくある試算には、住宅ローン完済後の
リフォームは、計算に入ってないように思うのです。

20年や30年たつと、水まわりなど、
リフォームが必要だと思います。

またローンを組むの?
家賃相当を積み立てる?
結局楽にならないのか?
疑問でグルグルしてしまいます。

家を建てれば老後は安心、っていうけど、本当かな?
30年後は高齢化で、賃貸でも借りられるように
思いました(人口統計で)。

実際にローンを完済した方、
ローン支払い中でもしっかり考えてる方、
ぜひアドバイスをお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 身近な例

    ★私の実家
    父が30代で新築しましたが、20年後に建替えました。
    二度目のローンですが、子供が全員独立していたので毎月数十万のペースで5年間で返済完了しました。

    ★夫の実家
    父が30代で新築しました。
    父の定年直後に別の土地を購入して新築し、古い家は売りました。
    ローンは組まずに退職金と家(土地)の売却代金で支払ったそうです。

    ★友人の家
    定年間近に二世代ローンを組んで建替えましたが、息子さんはその後結婚し妻の実家で同居することになりました。
    息子さんは自分は住んでいない家のローンを払い続けています。

    ★友人の家
    定年直後に建替えました。
    ローンは組まずに退職金で一括で支払ったそうです。

    結論から言って
    > 家を建てれば老後は安心
    というのは業者の売り文句に過ぎないと思います。
    「よくある試算」にリフォーム代は含まれていると思いますが、上記の通りリフォームより建替えを選択する人も多いです。
    その場合は「よくある試算」より相当費用がかかってくるとは思います。
    家を買うか借りるかの選択は、個人の考えやライフスタイルに拠るところも大きいので、自分が納得すればどちらでも良いと思います。

    ユーザーID:

  • 人口が減るので

    先日少子化についての記事を見ていたのですが、将来的に土地はだいぶ安くなるようです。と言っても10年くらいは大きな変動は無いとのこと。その10年を過ぎたら毎年某県と同じ人口が減るそうです。どのくらい下がるかはその土地しだいでしょうね。

    もしお急ぎじゃないのなら、買うのはそれまで待つのもアリだと思います。低金利云々の話どころじゃないです。購入価格そのものが下がるかもしれないのですから。

    それに人口が減れば、スーパーなどの規模もおそらく縮小されていきますよね。自宅近くの環境がこれからどうなるのかちょっと不安です。賃貸はその点気楽な気もします。

    ユーザーID:

  • 予定はしています

    20年・30年も経てば修繕も必要になるでしょうが
    建て替えや 大改造ビフォアアフター程の出費は
    考えなくてもいいのではないでしょうか?

    うちは15年ローンで 繰上げ返済で短縮しているので
    完済後はその分修繕費用の蓄えにまわせます、

    ユーザーID:

  • 少子化と言えども……

    人口減少で土地が安くなるとお考えになる方は多いですが……
    地方の過疎が極端に進むだけで、都市部の人口は変わらず
    という予測もありますので、「何とも言えない」ですね。
    例えば東京の地価が安くなるのは、あまり期待できないのでは。
    もちろん、東京がスカスカになるほどの人口になれば土地はとても安くなるでしょうが、
    その時、日本は大不況でしょうね。

    ユーザーID:

  • ちょっと横だけど

    少子化で土地の需要は下がるでしょうが、
    利便性のよい場所の値段はなかなか下がらないのではないかと個人的には思っています。

    あと、頭に入れておかなくちゃならないのはインフレの場合です。インフレが進行する中では、貨幣の価値が下がるので土地や家などを持っていたほうが有利です。ローンを組んでいれば、ローンの実質負担はインフレが進むにつれて軽くなっていきます。しかし、賃貸だとインフレに合わせて家賃も上がっていくので不利です。

    国の借金800兆円。
    日本の国債が暴落すれば、金利が高騰し、インフレになります。これからはデフレよりもインフレ圧力のほうが高くなっていくと思います。

    ユーザーID:

  • 未来のことはわからない

    実家は台風が来ると修繕費が発生します(笑)
    家と庭の維持費だけで年間何十万です。加えてリフォーム代ですね。
    マンションだって外壁塗り替えたり、個々の建物で随分払う金額も違うみたいです。
    損得勘定してる間は買うのを控えてはどうですか?
    ライフスタイルに合った気に入った家が見つかれば、
    価値が下落してもリフォーム代かかってもいいって思えるのでは?
    都心は地下が下がらないという話ですが、今の大量販売のマンションなら
    将来中古物件になった時にかなり安くなる、という話も聞きますよ。
    (もちろん、売りが出なくて値崩れしないかもしれません)

    ユーザーID:

  • ご近所の話

    ここ3,4年の事なのですが、
    子育て中の若い奥様が未亡人になりました。
    ・一番上のお子さんが、年中さんで、下に二人の
    3人のお母さん(20代)
    ・ご主人が会社経営の奥様
    私立大学生二人・高校生一人の3人のお母さん
    (早婚なので、30代後半)
    ・有名私立高校に通わせてる40代の2人のお母さん

    全員持ち家ですが、ローンは、
    銀行の保険で支払われた様なので
    パートなどをして今も住んでいます。
    持ち家だと老後も安心と云うのは、
    万が一の場合は、家を処分して
    多少纏まったお金は作れますし、
    病気がちの時は、子家族が
    同居し易いみたいです。
    賃貸でも最初に結構な金額が掛かりますし、
    いくら年を取ってるからと云っても
    それなりの引越し荷物はあるだろうと思います。
    リフォーム代だって、建て替えじゃ無ければ
    そんなに騒ぐ程の金額は
    掛からないと思いますが・・・

    ユーザーID:

  • 築30年の実情

    「リフォーム 平均金額」で検索したら、↓のように出ました。どこまでやるかによって、金額は全然違うみたいです。
    平均金額は749.5万円!築年数の平均は、22年5ヶ月
    http://allabout.co.jp/house/housefacility/closeup/CU20021205/index.htm

    賃貸VS購入については
    過去トピ「現在賃貸の物件にお住まいの方」をどうぞ
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/1003/061298.htm

    実家が築30年の一戸建てなので、様子を書きますと、まず電気ケーブル自体が老朽化して部屋の電気がつきにくく(漏電が心配;)、廊下がぺこぺこしてます。今までに、外壁・内壁の塗り直し、廊下の板張りの張り替え、シロアリ駆除をしてます。外から見るとそうでもないけど、中身は正直、"激安古アパートの部屋"に見えます。。結構ボロボロ。同時期に建ったご近所さんは、リフォームより建て替えが多いです。

    あと、インフレに備えて土地や家を買うのは「かえって危険」という説もありますよ。どの本だったか忘れましたが。。

    ユーザーID:

  • う〜〜〜ん

    駅徒歩3分の古い賃貸に10年以上住んだのち、駅徒歩15分のちいさい一戸建てを購入しました。
    ローンは15年で完済予定です。毎月の支払いは賃貸のころよりも少しだけお安いです。でも貯金は半減しましたし、なにより、今までの10数年の家賃の分が
    中途半端にもったいなく感じられます。でも10年前にくらべて、かなり安く買えたので、まあトントンなのでしょうね。リフォーム代、、盲点でしたので、今後、少し貯蓄しなくては!と気づかされました。
     賃貸に長くすんだので、そのメリットもデメリットもわかります。いずれリフォームしなくてはならないというのは、マイホームのデメリットですね。
     でも、いくらちいさくて狭い家でも、古いマンションよりはずっとずっと快適です。賃貸か購入かではなく、設備と環境を選んだら、たまたま買うしかなかった、、、という感じです。

    ユーザーID:

  • 必要です

    31才で戸建を購入しました。
    リフォームですが、積み立てています。
    マンションを考えてみるとわかりやすいと思います。
    マンションの場合、
    ローン返済、管理費、修繕積立金、駐車場代と月々にかかります。
    戸建の場合、
    管理費と駐車場代はいらない場合があります。
    賃貸の場合は賃貸料に含まれていると認識すればいいのではないでしょうか。

    家の規模などにも寄りますが、
    月々に1万程度の修繕積立金はいずれにせよ必要と思います。
    中古住宅であれば、もう少し必要でしょうか。
    戸建の場合主に必要なのは、
    屋根、外壁、水周り、壁紙です。
    壁紙は塗り壁にしてDIYという選択もあるのでしょうか。
    屋根、外壁は1回/10〜15年毎位です。
    都内にある小さな戸建であれば、
    柱(基礎部分)がしっかりしていれば、月々に1万程を積み立てれば大丈夫です。
    購入してしまえば、
    地域にもよりますが、土地代分は売れるというのも魅力になります

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうございます。

    皆様、貴重なご意見ありがとうございます。

    住宅というのは、本当にいろんな
    思惑がうずまいていて、
    自分の意見を確立するのに、
    苦労するなー、と考えています。

    うちの場合、
    義親の土地を相続するので、
    家を建てる心配だけなのですが・・・

    なんだか、周りは「家を建てろ」と
    うるさいのに、
    調べれば調べるほど、
    賃貸が良いような気がしていました。
    (あくまでうちの場合)

    今後も参考にさせていただきます。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • トピ主さんの場合は賃貸で正解だと思う

    だって家を建てるなら「同居決定」なんですものね。
    経済性が悪かったとしても、同居による心理的ストレスを金額計算すれば安いものだという気がします。

    私がトピ主さんだったら、義両親さんが亡くなって土地の相続が発生した後で戸建住宅を建てるかな〜
    義両親さんもトピ主さんご夫婦も平均寿命まで生きると仮定すれば、リフォームの心配をする必要もなくなるし、同居しなくて済むし・・・
    (現金な話で恐縮ですが)
    がんばって「逃げ切って」くださいね!

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧