現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

難関私立中学合格を勝ち取ったお子様のご両親

ハッスルママ
2006年2月28日 19:54
古いレス順
レス数:117本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
追加です
いぼいのしし
2006年3月10日 8:58

思いついたので付け足しです。

低学年の頃までは、本人の好きなことを好きなだけさせていました。
帰宅、お風呂や食事、就寝時間は守らせますが、
それ以外は「あれをやれ」「それはダメ」などの手出し口出し一切しませんでした。
本人はその時に気に入っていたこと(遊び)をトコトン追及していました。
今思うと、その自由な時間が一番息子の可能性を引き出したようです。
発想・応用・分析そして集中力、遊びはそれらをすべて存分に駆使するからです。

塾に行って勉強するようになると、私は一緒に少しですが塾の勉強をしたりもしました。
息子が広げているテキストを読んだり、問題を解いたり。
分からない箇所は息子が得意気に教えてくれました。
実際、勉強は面白かったです。
今まで知らなかったことがたくさんありましたから、新鮮な感動でした。
息子は私が一緒に勉強することを喜びましたし、それによって「勉強させられている」という意識を持たずに済んだような気がします。

繰り返しになりますが、小学校時代の6年間は、中学受験のために存在するのではありません。
その6年間そのもの自体が有意義で楽しいものであるべきだと思います。

ユーザーID:
結局は本人次第
匿名で
2006年3月10日 13:52

塾や習い事が大嫌いで放課後は近所の子供と暗くなるまで遊んでいた子がいます。
ただし、宿題は必ず終えてから遊んでいました。
成績も良く、運動も出来、学級委員になるタイプの子です。

中学は普通に公立。
高校も公立志望でしたが併学受験の私立から
「学費は結構なので是非うちに入学して欲しい」
と言われ本人はのんびりした公立志望だったのに説得され私立へ入学。
高校でも留学したりバイトしたり恋人を作ったりと青春を楽しんだようで。
その後大学は有名国立大ストレート合格。

結局は本人次第なんですよね。
本人は「やる時ちゃんとやって、遊ぶ時は遊ぶ。性に合っていた」とあっけらかんとしています。

私も上記のレスの方々同様、子供時代にしか出来ない遊びを沢山経験したほうがより豊かな人間になれるように思います。
貴重な子供時代は親のものでなく、子供本人のものなのです。
選ぶ権利は子供にあります。
どうぞ良い子育てを。

ユーザーID:
中学受験は弊害ありますよ
purupuru
2006年3月10日 15:36

中学受験をすると遊びたい時期に遊べず、自分が何を好きなのか、何に向いているのか、を見るける能力がつきません。大学生になる頃まで、偏差値を頼りに進路を選んできた為、就職の時に選ぶ道を決められません。

私の周囲では中学受験で成績が良くて輝きを放っていた子は、そこが人生の頂点となる例が結構ありました。私も中学受験組で、自分自身も友人も沢山御三家に入りましたが、成績が良過ぎた子は大人になって偏差値の指標に頼れなくなった瞬間に、何をして良いのか分からずダメになっちゃった人も多いですよ。

でも、勉強させすぎるのが可哀想だからと言って、そこそこ勉強してそこそこの私立中学に入ってもあまりパッとしないです。小学校時代はちゃんと遊んで、人生の基礎体力もつけて、高校受験ぐらいから頑張るのが良いような気がします。

高校1年ぐらいまで趣味や部活に燃えていた子の方が、勉強に対する集中力もあって受験勉強もできるようです。そして、自分自身の事も良く知っているので、好きな方面で就職して生き生きしてます。

極端かもしれませんがこんな考えもあります。

ユーザーID:
お子さんは?
ゆう
2006年3月10日 15:38

みなさん書いておられるとおりお子さんのほうはどうなのでしょうか?
何か将来に対する夢ありますか?興味があるようなことありますか?

小さいうちから私立受験!と目くじらたててるお母さんに対して子供さんはどんな反応ですか?ママと一緒に頑張るよ!ですか?

私は大学を卒業しないと資格取得できないうちのひとつの免許、薬剤師免許を持っています。大学は国立で今は公務員です。
が、小・中・高と公立でした。

小学校時代の成績ははっきりいって下のほう。
中学校へ行って少しテストで点を取りたいと思うようになり、
高校でようやく勉強していろんなことがわかるのが楽しくなりました。

そして好きな教科、やりたいことがわかってからは成績はどんどんあがっていきました。
一方、私の高校にも幼稚園お受験組みがいました。

受験がなかったためか本人のやる気がなかったためか、高校での成績は芳しくなく、全国模試でカンニングをしたのがバレて、停学処分になっていました。ちなみに彼の父親はかなり有名な大学の教授です。

夢というか目標がないと人ってなかなか頑張れないものです。

ユーザーID:
続き
ゆう
2006年3月10日 15:41

中学校に入学することだけが目標なら途中での挫折もあり得ると思います。
もちろんお子さんの将来の夢が宇宙飛行士なり、弁護士なりお医者さまなりある程度の学歴が必要であり、お子さんが受験を望んでいるならば一緒に受験を頑張ればいいと思います。
お子さんにはその夢をかなえるため、といった目標がありますもんね。
お子さんの望みを聞いて、それに沿った形、時期に応じて応援されるのはどうでしょうか。

ユーザーID:
御三家 → 三流大卒 → パート主婦
挫折組
2006年3月10日 16:13

私の履歴です。(笑)
履歴書を書くたびに恥ずかしい思いをします。
パートに応募するときは面接官に
「教育ママに育てられたんだね」
「プライド高そうだけど同僚とうまくやっていける?」
という目を向けられることが多いです。
もちろん順調にエリートコースを進んだ同級生もいます。
しかし特に女子の場合は、結婚や出産で専業主婦やパートになる率が高いのも現実です。

ユーザーID:
受験って、、、(トピ主さん、チェリーブロッサムさんへ)
神中
2006年3月10日 16:27

>低学年の頃は、どのような意識を持って教育なさっておられましたか?
>育児していく上で、何か「コレだけは!!」という信念がございましたか?

トピ主さんは難関中に子供を入れることだけの為に育児をするんですか?幼いうちから親の自己満足に付き合わされて、辛い思いをした人の体験談をよく聞きます。

>近所に遊び友達がいないのも「勉強」に専念する結果になったかも。おかげさまで難関中学に見事合格で、親の私も鼻高々です。

いやいやいや・・・「勉強」に専念させられたから、遊びたくても遊べなかったんでしょ?
親の意思で子供を受験させるとゆうことは、物凄いリスクを背負わせるとゆうことです。そのことを自覚してください。

ユーザーID:
ハッスルかぁ
すごいね
2006年3月10日 17:04

>お子様ご本人の努力もあるけれど、親御さんの尽力も大きいですよね。。

親の過度の期待がお子様の可能性をつぶさない事を祈ります。
トピ主さん私の母のようになりそうで恐いです。
私はそれほど勉強しなかったのですが、学年で上位でした。
成績表を見た母は、進学は○○!この子なら行ける!頭がいい!などど親戚や近所にいいふらしとても嫌でした。
それから私の成績は下降しました。
今は学歴より職歴の方がいい会社に勤めていて学生時代の後悔もありませんが、母が温かく見守ってくれたら私の人生もまた変わったろうなーと思います。

あまりお子さんに変なプレッシャー(難関私立中学行くのよ!!)与えないで下さいね。
能力が高く本人もやる気があるならいいですが、お子さんがかわいそうです。。。

ユーザーID:
何人かのみなさんと同じです。
よこよこ
2006年3月10日 17:34

そう、わたしの母も小学校で少しばかり成績の良かった私を自分自身の広告塔としていました。

小学生のわたしに自分の進路や将来を考えるほどの識別力や観察力などあるはずありません。

小5のころから、いわゆる進学塾といわれるところに行かされました。自分の意志はまったく反映されていなかったという印象しかありません。

わけもわからず有名私立お嬢様中学の受験をし、合格。入ってから自分の居場所ではないと感じ、近所の区立に行きたいとかなりごねましたが、「払ったお金はどうするの!」と言われ、断念。まあ、それなりに環境に慣れその学校から推薦で、最近では超難関と言われる大学に進学、その後、これまた親のコネで大手商社に就職し、、そこで私は自分がなんだかわからなくなり自殺未遂。ようやく自分の足でよろよろと人生を歩きだしました。つづきます。

ユーザーID:
何人かのみなさんと同じです。
よこよこ
2006年3月10日 17:34

つづきです。母は就職までの私にとても満足していたと思いますが、私自身、歩かされている人生としか思えませんでした。今子育てをしていると本当にかなり贅沢な環境だったと思いますが当時のわたしは少しも幸福ではありませんでした。いえ、むしろ不幸でした。

中学受験する方たちがすべてそうとは思いませんが、小学生がいくら「自分の意志」と言ったとしても、それは親や大人の受け売りにすぎないことが多いと思います。本当にお子さんのことをよく考え、お子さんにとっての幸せを考えてあげてください。

でも、私の母も「子どもの幸せのためだった」といまだに思っているようですけどね。自分の誇りのためだったなんて少しも気づいていないみたい。

ユーザーID:
お子さん自身はどう思ってらっしゃるのでしょうか。
受験戦争の犠牲者
2006年3月10日 17:47

私は中学受験はしなかったのですが、母の強い勧めで受験した某2流大学の付属高校に公立中学から進学しました。

母は最低でもその大学に進学すればいいと思っていたみたいです。

結果的にどうなったと思いますか。

私はその高校が受験するのも嫌なくらい嫌いで、入学後もやっぱりなじめず、大学はその大学を見向きもせず浪人。

さらにランクの低い短大に一浪後入学。

高校ではトップクラスでした。付属大学なら推薦でいけていたと思いますが、今でも付属大学に行ったほうが良かったとは思いません。高校生活も全く楽しめず、高校の同級生で卒業後付き合っている人は一人もいません。

子どもは親の言うなりにはなりませんよ。無理強いするととんでもないことになります。

お子さんの気持ちを尊重してあげて中学受験もお考えになったほうがいいと思います。

ユーザーID:
御三家出身です
mika
2006年3月10日 19:54

塾には小6の春から通いました。
模擬試験は5年の終わりからです。
それまで一切塾にもいったことが無ければ、
問題集等やったこともありません。

なんか、無理して入ってきた子は
大概落ちこぼれますよ。

とはいえ、私も在学中まったく勉強しなかったので、
K大。周りが東大ばかりなので、ちょっと恥ずかしい結果ですが、努力してなかったから仕方ありません。また、気にもしてません。

無理して勉強させるなんてナンセンスですよ。

ユーザーID:
大丈夫ですよ
ひょろひょろ
2006年3月10日 20:29

>たかこさん
多分お嬢様は、私の出身校に行っていらっしゃるのだと思います。
お母様が、たかこさんぐらい、精神的に余裕があって客観的に物が見れる方のほうが、きっとうまくいきますよ。
所で、プールのない我が母校(笑)に私が入学したのは、かれこれン十年近く前のことですが、受験勉強を勝ち抜いてきた、高慢ちきなお嬢様方が多い学校でした。
「親のエゴ」で、小さい頃から塾漬けできた子達も多い反面、たかこさんのように「親心」で入学してきた人たちもいて、その人たちは幸せそうな学校生活でしたよ。
「私は内気なので、普通の学校が合わない、女子ばかりの環境でのびのびと進学した方がいいと親が勧めた」と言ってた子は、確かに周りからワンテンポずれるところがありましたが、好きな分野の研究に没頭して、今大学の助教授です。
この手のブランド校というのは、本当に「諸刃の剣」で、本当の意味で学生を伸ばす素晴らしい効果をもたらす力があると同様、「お受験熱」による無理な入学などでそれとは逆な効果をもたらすこともあります。
どういう理由で入学するか、本当に自分の希望に合っているかがキーワードのような気がするのです。

ユーザーID:
ごく個人的意見
ばんばん
2006年3月10日 21:25

いろいろな方が既にレスされていますが、本当の
「難関中学」に行く子は、ほっておいても普通の小学校の授業だけでは飽き足らず、受験のための勉強を知識欲から「楽しむ」こともできるような子が多いように思います。もちろん、それでも「塾行きたくない」と駄々をこねる日もありますが。
難関中学を目指す子が通うような塾に行くなら、電車を利用したり・・ということもありますよね。このようなご時世ですから、お母さんが付き添って・・というような意味での心構えとかサポートは必要ですが、それ以外で親があまりがんばりすぎるのはちょっと。。
お子さんの体力もありますし、高学年になってから、週1、2回程度の塾通いで行けそうな学校を目指すくらいが良いのではないかと思います
低学年のうちは、何より「読書」が重要です

ユーザーID:
なんのために
ミント
2006年3月10日 22:55

ぜひ、新堂冬樹さんの「砂漠の薔薇」を読んでみるのをお勧めします。結局は誰の為?なのでしょうか。

ユーザーID:
私の母親がまさにそう
しろっぷ
2006年3月11日 0:41

私を含め兄弟全員所謂難関中学か高校に入学しました。
今から思えば母のおかげですね。
あとはやはり本人の努力でしょうか。

母は1歳になる頃から絵本を読んでくれて、所謂英才教育のようなものを適度にやってくれました。おかげで小学校入学時には同級生とかなり差がついていたと思います。小学校の頃は特に目的もないので、できるとゲーム感覚で、楽しくてどんどんやっちゃうんです。塾に行きだしたのは4年生くらいでした。塾に入った時点で、合格を狙えるくらいにはいたと思います。

中学受験で燃え尽きちゃうとあとあと大学まで続かないので、お尻を思い切りたたかないと勉強しない子だと無理かなと思います。もちろん、親がそういう方向に持っていくことは大事だけれど、特に小学校の頃は勉強が嫌いにならないことが一番大事だと思う。小学生だと余程何かがない限り特に目標もないから、嫌いになると絶対やらない。基礎ができてないなら基礎からきちんと教えてあげて、地域差はあるけれど、学校内で成績がトップなら問題ないんじゃないでしょうか。

ユーザーID:
教育の意味が・・・・。
何だか・・・。
2006年3月11日 2:50

世帯年収は1千万越えています。
ご近所の方は4年生には進学塾に入れています。
都内某高級住宅地の戸建てに住んでいます。
参考になれば。

私自身は親が凄いスパルタで育てられ十代でピアノ演奏でギャラを頂いていました。
夫も楽器をやっていてコンクール入賞、教えていました。(今は某企業勤務)
子供も情操教育を重視して育てました。

子供は勝手に勉強して勝手に先のことを知りたがる
こういう傾向があります。
例えば、幼稚園の時に漢字を自ら漫画で覚えノートに練習し出す。平仮名は勝手に玩具で覚え3歳位から書き出す。
後、負けん気が強い、これは大事です。

自身が「100点以外はテストじゃない。」と言われて育ちやる気が失せたので、子供は褒めて育てるを実践しました。
興味が出るまで見守り続け、自分自身で勉強したい、上手になりたいという決意が固くなるまで待ちます。

後、教材や玩具などは興味をもった時、お金を惜しまず買い与えました。1日で本一冊をやってしまう事も。

親の希望で何かやっても「与えられて当たり前」という感覚しか育ちませんよ。

ユーザーID:
トピを改めて読むと。
声援です。
2006年3月11日 7:16

トピ主さんは、ご自身に子供がいるとも、受験させたいとも一言も書いてないんですよね。
けれどハンドルネームやトピ内容から、自分がこれからやる気マンマンな様子が伺える。
多分、トピ主さんはお受験させますよ、どなたかのレスにあったように、子供の為ではなく、自分の満足の為に。
それがトピ主さんの今のすべてでしょう。
だからせめてトピ主さんは、トピ主さんのような人の子供さんの苦悩がどんなものだったか、これを読み少しは理解してお受験に備えたらいかがでしょう。

ユーザーID:
ヒガミではないのですが・・・
公立中
2006年3月11日 8:21

某最難関私立中に合格なさったお母様は、
かなり、人間的に欠陥があるようにみえましたわ。
ご自分のご主人、お子さまのことは、決して謙遜なさらず、他人の子供は、ぼろくそに言う。
うちの夫の学歴を聞き出し、公立高から、
現役で某有名国立大に行ったと知るや、
私を避ける。

こういう母に育てられた息子が、
将来、官僚などになるのでしょうかね?
まあ、そこのお子さまの夢はジャーナリストだ
そうで、安心安心(笑)

ユーザーID:
親のことを言うなら
やじ馬子
2006年3月11日 11:44

まず、

「蛙の子は蛙」
「鳶が鷹を産む」(←非常に珍しいことだから諺になるのです)
「親の心子知らず」
「親はなくとも子は育つ」

などの古くからの言葉の意味を今一度よく考えてみるといいと思います。親だけがやたらと「ハッスル」すると後々いろんな悲劇を生むことがありますから。

ユーザーID:
 
現在位置は
です