お母さんが好き、という方

レス38
(トピ主0
お気に入り1

家族・友人・人間関係

娘大好きな母

13才の娘がいます。
私にとって、宝物のような、素直でかわいい娘です。
でも、彼女もこれから、むずかしい年頃に入り、大人になっていくのですね。

これからも、出来れば娘とはずっと、いい関係で付き合って行きたいです。
それと同時に、立派に自立した大人にもなってもらいたいと思っております。

そこで、お母様が大好きで、お母様と、程よい距離で、心地よく付き合っていらっしゃる皆様に、うかがいたいです。
どのようなお母様に、どのように育てられましたか? お母様の、どんなところがお好きですか? その他、ちょっとしたお母様の思い出話、エピソードなど、どんなささいなことでも良いですので、語っていただければ、と思い、トピをたてました。

これからの、私自身の母親としてのありかたを考えたいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 山谷あるかもね

    30代なかば、3姉妹の長女です。
    母、好きです(笑)多分、妹たちも。いい関係だと思います
    この「いい関係」が成立するのは、お互いがお互いを一人の大人として認めあってこそだと思います。
    娘さんがまだ13歳という段階で、この「いい関係」を意識し、希望するのはまだ早いのではないかという気がします。
    思春期には、今考えるとなぜだかよくわかりませんが、親にはむかう時期もあります。(親から見て)間違った行動をすることだってあります
    そういうときは、親と子という上下関係が必要なのではないでしょうか。「よい関係」を望み、嫌われたくないと思うあまりお母さんが弱腰になってしまう、というようなことがないことを祈ります。
    ちなみにうちの母は、娘たちがある程度大きくなってから、カルチャースクールで勉強を始め・・いまやその分野の先生暦20年です。私たち娘や孫、父、お友達ももちろん好きですが(と思う)そのほかにも自分で好きなこと、興味の対象を持っています。なんというか、人に「依存してる」というところがないんですよね。
    こういう部分、うちの家族がうまくいってる秘訣だと思います

    ユーザーID:

  • 今だからこそ言える『ありがとう』

    このトピを読んで、母の事を考え、涙が出そうになり書き込ませていただきます。

    具体的な思いでは数多くて書き切れませんので…
    唯一つはっきり言える事は、『常に私の味方でいてくれた母』には、感謝の気持ちでいっぱいです。

    中学生くらいから、親の束縛が辛く、反抗的な態度をとり始め、親から離れたいと言う理由で地方の大学に行き、就職も地元から離れ一人暮らし。

    私はそんな娘でしたが、何かあった時には、すぐに両親揃って駆けつけてくれました。

    特に母は、私が交通事故で入院し、寝たきり状態だったので、付きっ切りで看病してくれ、ご飯を食べさせてもらったり、下の世話までしてくれたり。

    結婚も最初は両親揃って反対してましたが、私が当時うつ状態だった為、母が私の事を心配し、父を説得してくれました。

    そして、結婚した今、一番尊敬出来る人は、両親、特に母だと思います。

    文章にしてしまうと気持ちは表しにくいですが、本当にありがとうと伝えたい母であり、大好きです。

    ユーザーID:

  • 母娘

    今は、母親のことは嫌いではありません。
    家族にとって中心です。平凡な人ですが、毎日を楽しんでいて尊敬しています。ちゃんと成長できたのも今の親だからかなと思います。

    でも、中学2〜3年の時はものすごく嫌いだったし反抗してました。

    私が母親の子供歴=母親が私の母親歴なんですよね。
    子供が中学生なら母親も母親としては中学生なんですよね。
    でも、体も精神も成長していく過程の変化に柔軟な子供より、一度成長しきってしまい変化に柔軟でない大人の方が大変だと理解できました。
    母親の方は、娘のことを自分の喜怒哀楽を理解・共感はしてくれる身近な存在だけれども、自分の分身ではないと
    いうことが理解できたようです。

    その時、お互い母親・娘という立場を理解し、お互い感謝し、一人の人間として付き合えるようになりました。

    がんばってくださいね。

    ユーザーID:

  • 母は私の応援団長です

    母は、中学・高校までに、徹底的に「健康である限り、一生自分の足で立って歩く」ことを躾てくれました。18歳まではとても厳しく、料理や洗濯はもちろん、本を読むことや勉強することに対して、手抜きを許しませんでした。母自身が実践していたので、反発する時期でも見習わないわけにはいかなかったです。

    それ以降は、大学を選ぶときも、就職するときも、仕事を辞めたときも、再び進学したときも、30歳を過ぎても学生だったときも、結婚するときも、一切口出しをせず私の決めたことを尊重・応援してくれました。

    今では、仕事を手放さずに育児をしている私を、さりげなく助けてくれます。子供が水疱瘡!というときには、数百キロの距離を軽々と超えて来てくれます。最近の育児事情をちゃんと勉強して、私にしてくれていたように、愛情を持って子供に接してくれます。

    私の根や幹を育ててくれたのは、母の厳しさと愛情。母には、年に2回の母と夫と子供達との旅行だけでは返せないぐらいに、限りなく感謝をしています。

    ユーザーID:

  • いい意味で突き放してくれる母

    宿題忘れそうになっても、成績下がっても、多少友達と羽目をはずしても、いつも
    「知らないわよ。あなたが困るだけでしょ。」
    というスタンスの母でした。口うるさく言わず、反対にちょっと突き放すような言い方をされていました。

    でも、病気の時や真剣な悩み事がある時は、さりげなく助け舟を出してくれたり、励ましてくれる母。

    大好きです。大人になった今も、ベタベタは決してしないけど、とても仲良しです。

    そんな母に、以前子育てについて質問したことがあります。そしたら、やっぱり彼女なりのポリシーがあったみたいで、
    「子供のすることは見ないふり。口出さない、首つっこまない、でも本人にはわからないようにしっかり見てること。」
    だったそうです。

    今は遠く異国で離れて生活していますが、今でも私の方が頼りにしちゃってるかも。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 好きですよ!

    私は現在21で会社員です。
    母とは自他共に認める仲良しです

    高校生の頃は母をうっとうしく感じたり、ヒドイ事を言ったり、反抗的な態度をとったりすることも結構ありました。
    でも、その瞬間は母を嫌になってもやっぱり好きでしたし、仲良く買い物に行ったり食事に行ったりすることもよくありました。

    社会人になってからは前よりも母のことが好きになりました。
    母も仕事をしているのでお互いに愚痴を言い合ったりすることもあります。
    彼氏の話もよくします。そんな時、母は必ず「お父さんはこうだったんだよー」という感じで父の話を出してきます。
    昔は父の愚痴を言うこともよくあったし、私も幼かったので「お母さんはお父さんの事あんまり好きじゃないんじゃ・・・」なんて思ったりもしましたが、最近は見ていて本当に好きなんだな〜とわかるので、なんだか母がかわいく、微笑ましく見えることもあります。

    母の子供でよかったなーと思います。
    どんなことがあっても味方でいてくれるのはやっぱり家族だし、これから結婚してもずーっと仲良しでいたいな、と思います!
    トピ主さんも娘さんとイイ関係を築いて下さいね☆

    ユーザーID:

  • 片親です

    私の母は、働いていましたが、家の中はいつもピカピカでしたし、朝食もお弁当もきちんと作ってくれました。
    もちろん仕事で遅くなっても夕飯の支度も母がしていました。
    母の大変さに気づかず、手伝いをしたことも一切なく、全て母がやるのが当たり前と思っていました。
    そしてたまに母がイライラしてヒステリーを起こすたびに母のことがどんどん嫌いになりました。
    結婚して家を出てからも、母に会わなくてすむと思ったら、心の底からうれしく感じました。
    でも、私が出産を終えた朝に母が一番に駆けつけてくれて、私にかけてくれた言葉が本当にありがたく嬉しくて、その時から私は今までの自分の行いを反省し、今までの母の全てが大好きになりました。
    今でも時々母に嫌なことを言われたりしますが、あの朝ののことを思い出すと、全て許せてしまいます。
    母が大好きです。

    ユーザーID:

  • ぎゅ〜っ

    母とは触れ合いのスキンシップが多かったです。三人姉妹の末っ子ということもあり、随分甘えて育ちました。就職して実家を出たら、寂しかったのか、実家に帰ったときは台所に立つ母の背中から抱きついて、母が抱き返して、二人でぎゅ〜ってやってました(笑)。
    体温のぬくもりが伝えてくれるものは、言葉で伝わるものより絶対的です。母の愛情を疑ったことはありません、私という人間の根本が、母に愛されているということを理解しています。
    一方で、精神的な自立は早かったと思います。これまた末っ子でませていましたので。母は私の人格を尊重してくれ、母からの考えの押し付けはありませんでした。
    ・愛情を確かに伝えること
    ・別個の人格として尊重すること
    が大切だと思います。

    ユーザーID:

  • 20代半ばです。

    中・高校生の頃は、
    親がうっとおしくて、かなりキツイ言葉を浴びせていました・・・。

    しかし、働くようになってからは、
    自然と距離が縮まってきたように思います。
    話をきいてくれる、
    子供の言う事だからな〜・・なんて軽くみないトコ、嬉しいです。
    そして、母も本音で仕事のグチやらを言ってくれると、「あ〜、親と対等に話せる年齢になったんだな〜」と感慨深いです。。。

    ずれましたが・・
    トピ主さまのように、そんな風に思ってもらえている子どもは、
    きっと大人になっても仲良くできると思いますよ♪

    ユーザーID:

  • 私を育ててくれたこと

    裕福でもないのに、父母は特に贅沢をせず幼い頃から教育に時間とお金をかけてくれ、兄弟全員名の通った大学まで進学させてくれたことです。
    私大に行きたかったのに高いからダメといわれて、もっとお金持ちの家に生まれたかった、なんて酷いこといったときもありました。でも今から思えば、自分たちはいろいろ我慢して、自分たちのようになってほしくないと子供の教育にお金をかけてくれていたのだとわかります。そして結果として、今したいことを精一杯できる環境にいることを考えると、感謝の気持ちで一杯です。
    特別なエピソード、というわけではなく、時には厳しく時には優しく、今の自分を育ててくれたことに対する感謝の気持ちでいっぱいです。

    ユーザーID:

  • お母さん大好き♪

    ママ大好きな16歳です♪

    そうですね…価値観、かな?
    価値観が違うのは全然OKなのですが、私達の価値観も分からなくても理解しようとしてくれるのが大切です。でも、理解しようとしすぎるのはうざくなってしまうかも。ある程度の距離を置いてあげて。この子にはこの子の考え方、人格がある、というのを分かって下さい。

    それと、私のお母さんの良い所は自分を完璧でないと認める所です。あなたは○○も出来ないのね、とか言われたらショックです。母だけには言われたくない言葉ナンバーワン。反対にお母さんの昔の失敗話、恋愛話とか聞かせてもらえると、すっごく嬉しいし親近感を持てます。

    私が一番お母さんの好きな事は、この世界の中で私をどんなことがあっても愛してくれる人だと思えるからです。怒られるとうざいと思ったり、いちいちうるさい、と思う事はありますが、それでも愛を感じます。

    参考になったらいいのですが…13歳ってすっごく微妙な時期なので、上手く行かなくても「今はこういう時期なんだ」と思って我慢してあげて。中学生は結構みんな情緒不安定です。子供の癖に自分が大人だと思い始めている時期です。私もそうでした。

    ユーザーID:

  • 私も母が大好きです。

    うちの母は、友達が多く、趣味も豊富で、仕事もできて、頭も良くって・・・という人では全くなくて、父の両親を30年間看病し、家で内職をしながら、少ない父の給料の中から、子どもの為にばかりお金を使って、よその家庭からみたら、スーパー母ちゃんじゃないけど、間違った事をしたら、本気でしかってくれ、がんばったら、がんばっただけ褒めてくれました。
    うちの母はいつも強く、私たちにまっすぐだった。

    色んな母親がいるけど、子どもにとって、あなたがあなたらしくいて、深い深い愛情を注いであげれば、それが子どもにとって、「世界一大好きなお母さん」なんだと思います。

    ユーザーID:

  • 母のこと

    私は母のこと好きです。大切に思っています。

    私の反抗期に、母が威張るでもなく媚びるでもなく、私の両親に対するクレームについて、素直な、そして人として対等な内容の手紙をくれました。
    私が色々悩み苦しんでいることに気づかず辛い思いをさせてしまいごめんねとも書いてありました。
    その手紙は硬化していた私の心をほぐしてくれ、母に対し感謝の気持ちが生まれました。母なりに私のことを大切に思っていることも充分わかりました。今でもその手紙は持っていて、本当に大切な宝物です。

    子供に媚を売る必要はありませんが、対等な態度で接しつつ、愛情は充分に示してあげることが大切なのではないかと思います。

    それから母は私の意見・決断は常に尊重してくれています。そのことが結果的に私の自立につながったと思います(経済的にもですが、精神的にも)。

    あと共働きで忙しかったですが、愚痴を言ったこともなかったですし、食事の支度をしながら、子供達のたわいもない話をちゃんと聞いてくれていました。今思えば、あの時間はとても貴重だったと思います。

    このトピ、私も新米母として参考させていただきます。

    ユーザーID:

  • 信用し、応援してくれること

    30代後半、未婚、学生しつつ働いています。
    20代後半で、突然中東に留学もしました。

    うちの場合、兄という反面教師がおり、
    私なりに、親が心配&怒るポイントがわかっていました。
    また、母も私のへそまがりの性格を理解しており(笑)、
    下手に口を出すを、反抗してやらなくなると思っていたようです。
    ですから、あれをしてない、これをしろ!ということは、
    言われたことがありませんし、
    私も、言われないように自分で行動してきました。
    子供の頃からずっと、主体性に任せてくれたと思います。

    そして、とても大事なことですが、
    母は私の決めたことに対して、
    心配しこそすれ、反対はせず、
    最初に応援してくれる人であることでしょうか。
    とにかく、親に自分の行動を否定されたことはありません。
    自分で責任が取れるのであれば、
    自分のやりたいことはどんどんやりなさいと言う感じ。
    とても感謝しています。

    ユーザーID:

  • 大・大・大好きです!

    私は母が大・大・大好きです。
    反抗期(14歳くらい)の時にとってもひどいことを言ったことがあり、それに対してものすごい剣幕で『二度とそんなこと言ったら許さないから!!』と、本気で言い返されたのが反抗期を脱したキッカケだったと思います。なぜ、反抗したかというと友人関係に口を出されたからでした。私にとっては大切な友達なのに、母親から見れば派手な良くない友達に見えていたようです。私としてはなぜ信じてくれないのか?という思いだったように思います。そして、その1年後くらいだったでしょうか。母が言った『お母さんは子育てには成功したと思ってる。』という言葉も忘れられません。

    私は現在30代前半で、3年ほど前に離婚し子どもはおりません。せっかく素敵な母から貰った遺伝子なので、なんとか子どもを産んでその愛情深さを我が子に託したいと思っていますが、我が子を抱くことはもしかしたらできないかもしれないと思い、保育士の資格を取りました。
    私にとって決して追いつくことのできない目標かもしれませんが、母のような人間になりたいです。

    ユーザーID:

  • すっごい好き

    私は29歳の主婦で、現在妊娠中です。
    実家は大阪ですが、数年前に東京に来て、出会った夫と結婚しました。
    両親は、私が16歳の頃に別居→20歳の頃に離婚。母が私を、父が弟を引き取っています。
    20歳〜22歳までニューヨークに留学させてくれた母に感謝しています。公務員だからできたことかもしれません。
    帰国してすぐ「実は彼氏がいるから出て行って」と言われ、すぐ独り暮らしを始めました。

    母は「自立心」を大切に育ててくれたと思います。共働きで忙しい中でも笑いが常にありましたし、きちんとマジメに考える性格は受け継がれています。
    あと、母は親戚付き合いを大切にしていて、友達も多かった。それは自然と私も実践しているようです。
    おかげで、夫のお母さんも大好きで、よく2人で遊びに行ってます。私の母はそのことを「優しいお義母さんで良かったね〜」と心から喜んでくれます。

    ユーザーID:

  • 母は私のベストフレンド!

    はいは〜い、お母さん大好きで〜す!!子供の頃はそりゃーガミガミ言われて育ったので、思春期にはウソついて出かけたり、隠れて悪さしたりしたものです。私は言葉に出して表現するタイプなので、母としては比較的育てやすかったと言っています。ハッキリ言って、母がウザかった頃もありますが、大人になってからは、もう友達感覚です。好きな人ができたら、必ず彼女に相談します。でもそれも大人になって、家を出て初めて彼女が私たちの為にやってくれてたこと、犠牲にしてくれたことが見えてからの話。今は私も30過ぎてますが、絶対母のような母親になりたい!と思います。母に育てられてよかったです。

    ユーザーID:

  • 言ってはいけないこと。

    私も母をそれなりにうっとおしいと思う時期がありました。あまり口うるさい母ではありませんでしたが。でも母との信頼関係が一応は途切れなかったのは、やはり母のおかげかな?

    周りの友達はお母さんに「○○ちゃんと遊んではダメ!」と言われていました。

    父母会の後のある日、母に「××ちゃんのお母さんに、あさりちゃんは○○ちゃんと仲良しみたいだけど、気を付けたほうが良いよ」と言われた話をした上で、「お母さんは○○ちゃんと遊ぶな!とは言わないけど、あんたは○○ちゃんの友達なら悪いことは悪いって言えるよね。あんたは○○ちゃんの悪い友達じゃなく、良い友達だよね。」で、こっちがこっぱずかしくなる一言「おかあさんはあさりを信じてるよ!」

    たかだか10代前半、やっと大人になりかけの時期でしたが、私が母になった時は子供に「○○ちゃんと遊んではダメ!」の一言だけは決して言うまいと心に決めたのでした。

    ユーザーID:

  • お母さん大好きでした♪

    こんにちは。優しいお母さんなんですね。私も母が大好きでした。もう亡くなって3年経ちますがやっぱり母が好きです。4人兄弟で兄が3人。その中でやっと私が産まれ両親に愛情いっぱいで育てられました。お母さんってどんなに喧嘩してもやっぱり好きなんですよね。一緒に買い物や食事やゲームにボーリングなど数え切れないくらい一緒に時間を共にしてきたけど友達みたいな関係で心地良かったです。難しい年頃とか関係ないと思いますよ。今のままで充分信頼関係を築いていけると思います。返って気を使ったりするのは辞めて自然体で接したらいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • おかん大好き

    母と私は、仲はいいけどべったりではなく、いい相談相手となり、とても良い関係だと思っております。

    母は、いわゆる天然系の全然しっかりしていない人ですが、誠実でとても優しくて、私は大好きです。

    思春期の頃はそれなりに反抗したと思いますが、でも思い出すのはいつも夜遅くまで二人でくだらない事でも何でも、色々話したことです。将来の事とか、学校のこと、結婚観、女性の仕事観などなど。

    そんなたわいない話を通じて、私は「何があっても母は私の味方でいてくれる」という事を感じることができました。

    私は父と合わないこともあって、割と早くに実家から独立しましたが、大人になっても昔感じた通り母は私の味方でいてくれて、何かあったらすぐに駆けつけ精神的にもサポートしてくれます。
    そして今は私も母を支えられるようになってきました。

    かなりおっちょこちょいですが、そこが愛おしい大好きな母には、いつまでも健康で長生きして欲しいな。

    ユーザーID:

  • 母を尊敬しています。

    母の教育方針は
    「人に思いやりを持つこと」
    「素直であること」
    でした。

    正義感が強く、優しくて、料理や裁縫がとても上手でした。
    私は物心ついたときからずっと今まで母が大好きだし、尊敬しています。
    おっちょこちょいで少々抜けたところもある母ですが、
    それは愛嬌。 

    人間だしミスもするし、感情的に怒られたこともあるけれど、いつも子供達の幸せを願っていて、何かあるとき一番頼りになるのが母です。 

    トピ主さんも素敵なお母さんになってくださいね。 
    でも、子供に嫌われたくないばかりに、躾もちゃんとできず、子供の機嫌を取り、甘やかすことはしないでくださいね。
    手を貸すばかりが愛情ではありません。時には涙をのんで遠くで見守ることも必要なときもあります。

    私も母親なので、つい何でも子供のためにしてあげたくなりますが、それは本当には子供の為ではないんですよね。
    お互い素敵な母親、家族の太陽になれるよう頑張りましょう!

    ユーザーID:

  • わたしも母大好きです!

    小さい頃、健康の問題をたくさん抱えていた私を必死で育ててくれました。良いと言われていることすべてを試し医者めぐりの毎日でした。いじめに長いこと苦しんでいましたが、いじめっ子たちを学校帰りに待ち伏せして「今度うちの娘に手を出したらただじゃおかないよ!」と叱ってくれました。遠くの高校大学へ進学したときも応援してくれました。そして外国に就職した今も・・・。
    母を泣かせてしまったこともあります。ずっと母は妹の方がひいきしてる!と思い込んでいて20歳になった頃初めてくってかかりました。そうしたら泣いて謝ってくれましたよ。わたしは何て馬鹿なお子ちゃまなのかとすごく反省しました。
    今はただただ親孝行したいです。次に生まれ変わっても母の娘になりたいです。わたしも母のような母親になりたいです。そして義理の母にも親孝行したいです。神様に感謝しています。

    ユーザーID:

  • お母さん、大好き!

    専業主婦で4人の子供を育て上げ、言葉通りの肝っ玉母さん!
    亭主関白の父をサポートする母、いたずらっ子の相手をしつつ家事と育児に追われる毎日。毎朝、子供のお弁当を4つも作るなんて私には出来ません(笑)。

    そして、子供の自主性を尊重してくれる理解ある人です。
    私は兄弟の中で唯一の女の子、周りからは"特にかわいがられるでしょ?"と言われ続けましたが、兄や弟と差別(優遇)された記憶は一切無し。
    結婚して実家を出るまで門限もなく、ルールに縛られたり管理されたりなんて全然なかったです。躾には厳しく手を上げられたこともあるけど常に愛情を感じられる環境で育てられたと思ってます。

    最近、体調を崩して入退院を繰り返していますが、「お母さんのことよりも自分の家族(私の主人と子ども)を一番に考えなさい」と言ってくれる母が大好きです。

    それぞれの実家(主人も私)も家族仲も良く「自分たちの目標だね」と主人とよく話しています。

    ユーザーID:

  • 優しく素敵なお母さまですね。

    私は母が大好きですよ。
    幼い頃からずっと守ってくれて、傍にいてくれて、いつも誰よりも味方だったなぁって。
    それは大人になった今も全く変わっていなくて、いつもどんな時もありったけの愛情をくれます。
    私も大人になるまで思春期やら何やら色々と母に迷惑をかけてきました。
    お互いたくさんケンカもしましたよ。
    でも今は、大人同士同じ目線でいろんな事を語り合える母と娘になっています。
    大人になると親のありがたみをとても感じるものですよね。

    トピ主さん、どうかこれからも変わらず娘さんの一番の理解者でいてあげてください。
    女同士であるこの絆は、男親にはわからないものがあります(笑)
    どんな事があっても味方でいてあげてくださいね。
    一緒に悩んで、笑って、大切に愛情を注いであげてください。
    素敵なお話に参加させていただけて、嬉しく思っています。
    ありがとうございますね。

    ユーザーID:

  • 涙涙

    私は30さい。母は50とウンさい。(たしか前半)

    私が小さいころの母は厳しく、怖いというイメージでした。一人っ子でカギっ子だったため寂しい気持ちをぶつけるために反抗し嫌いな時期もありました。
    反抗期を過ぎると、厳しかった母がいつの間にか穏やかになり、同級生みたいな感覚でしょっちゅう買い物に行ってました。もちろん相談事といえば母に。

    今の母は子育ても終わり楽になったせいか、とっても大らかになり、いつも笑っています。

    私が結婚してから、食材を送ってくれたり、何かあると電車を乗り継いで重い食料をもってきてくれます。
    その姿に愛を感じ感謝の涙がでてきます。家事の大変さ、母の偉大さを身に染みて実感しています。なのに感謝の気持ちを口にするのが恥ずかしくて「ありがとう」が言えないままでいます。30になり、なぜか母という言葉や家族のいい話しには必ず号泣です。実は今も。

    お母さん
    「たくさんの愛情を注いで育ててくれて、ありがとう。」
    トピ主さん
    甘やかすではない愛情はかならず帰ってきますよ!

    ユーザーID:

  • 好きを超えてます

    私の母は、私にとって太陽のような人です。明るく、楽しく、優しく、友達も多い人です。
    昔から、おてんと様に顔向けできないことはするなと言われて育ちました、かなり厳しい母でした。でも、愛情のこもった厳しさで、母を嫌いになるとかうっとうしく思う時期なんてありませんでした。
    高校ぐらいからは親だからえらそうにすることもなく、いつも対等に接してくれました。
    昔からずっと働いていましたが、寂しい思いをしたことは全くありません。(忘れてますが、休みの日は必ずパンを作ったり、公園に一日中連れて行ったりしたそうです)
    今は、忙しい仕事をしている私を気遣い、お弁当を持たせてくれたりして会社の人からは、本当にかなっちは大切にされてるねと言われます。
    大切に思う気持ちに秘訣なんてないのかなと思います。悪いものは悪い、良いものは良いとして育て、まっすぐな愛情を注げばいいのではないでしょうか?
    こんなだから嫁にいけないんだという人もいますが、それでも私は本当に幸せだと思ってます。

    ユーザーID:

  • お母さん、大好きです!!

    23歳、夢を追って20歳の頃に、勝手に上京した娘です。
    お母さん大好きです!
    私、反抗期ってのがなかったんでです。
    小さかった頃は、母が怖くて(機嫌のいい、悪いがすごく激しい、機嫌だけで怒られたり、無視されたり・・・)、あまり好きではありませんでした。

    でも、なぜか・・・いつからかわからないうちに、母が、お友達のように接してくれるようになりました。
    なんだろう、”子育て終わった”って感じたのかな。

    そうして、態度が変わったけど、昔も今も、そんな母を、"しゃーないな、この人は〜"みたいな気持ちで接してきたの(笑)

    母は、何でも私に賛成して・・・やりたいとと言ったことに反対されたことがありません。しかも、協力してくれました。
    たまに帰省すると、子供みたいに「ここちゃん、○○にかわいいカフェができたの、一緒に行こう〜」って言ってきます(笑)

    そして母は、いつも私の一番のファンで、応援してくれます。
    ”ぬか可愛がり”は、決してしませんが。

    母は、"母らしく"なんて考えずに接してくれたのかなって思います。それに、一番の理解者でした。

    勝手に自分の話だけしてごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 限りなく温かい存在でした。

    とにかく母は限りなく温かくやさしかった。厳しさも温かさから来ていました。いつも私の幸せを願ってくれる母でした。今は亡き母ですが、まだ生きてくれていたらなあって思います。母親がいない子供は不幸です。母親と関係が上手くいかない子供は不幸です。母親を愛せない人間は不幸です。母親と子供って実は親友同士なんだそうです。私にはもうその親友はいないけど、今も母親からもらった温かさは忘れていません。

    ユーザーID:

  • 一人の人間

    私も小さい頃から母が大好きでした。
    でも、思春期の頃、嫌な時期がありました。
    小学6年から中学3年ぐらいまで。
    反抗したりわがまま言ったりわざと怒らせたり。
    その頃は、自分が母と似ていることも嫌で嫌で仕方なかった。
    私はこんな無神経な人じゃない!なんて思っていました。
    でもある時、いつものように口喧嘩していて、私が母をどんどん怒らせたんです。
    そしたら、それまでは「勉強しなさい!」「片付けなさい!」って感じの口調だったのが、「あんたが悪いんやろがー!」ってすごい口調になりました。
    あまりに怒らせすぎて、母親から一人の人間になったんですね。
    その時にハッとしました。
    お母さんも一人の人間なんだ、と。
    子供だからと反抗したりわがまま言ったりしていいわけじゃない、と。
    母が、人間臭い部分をさらけ出して、それからやっとキチンと向かい合えた気がしました。
    その後すぐに反抗期が収まったわけじゃないけれど、20歳を過ぎて優しく出来るようになり、結婚して子供が出来て母をいたわれる様になりました。

    ユーザーID:

  • モノクロの

    一枚の写真を 手帳に挟んでいました

    裏に 一番好きな お母さん 青いインクで書いてあり

    ます

    それを見て 二番でいいよ と言ってました

    今 一番が二枚になって 大切にしている手帳に、、、 

     

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧