アメリカ就職

レス13
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

CLOVER

将来、アメリカで就職したいと考えています。

現在は東京で貿易関係の仕事をしていて、向こうでもその関係の仕事をしたいと思っています。日本から就職活動するのは、無謀でしょうか??

また、H1ビザに関して質問なのですが、
毎年発行される数が決まっていて、それに達すると来年の申請になる、と聞いたことがあります。渡米したい時期が決まっている場合、どれくらい前から就職活動をする必要があるのでしょうか?

日本で、学士号(経済学)を持っています。
また、アメリカに留学していたこともあります。

スポンサーを見つけることは難しいことは知っています。でも頑張るつもりです。
アドバイス・体験談・意見など頂けたらと思います。

よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大変ですが、、頑張って。

    H-1は厳しくなってますよね。
    確か、大学での専攻とその職業がマッチしてないといけなかったと思います。更に、多少専門性のある仕事の方が取りやすかったと思います。

    トピ主さんの場合、経済学専攻ということで、かなり厳しいかなと予想されます。スポンサーを見つけても、ビザ取れなかった人たくさん知っているので。

    アメリカの日系の会社で働くのであったら、E-1(多分)という駐在員ビザがあるので、それも視野に入れてもいいかもしれませんね。

    あと、毎年抽選でグリーンカードが当たるので、それにも応募してみるといいかもしれません(私の周りだけでも、3人くらい当たってます)。

    色々リサーチして頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • 駐在員でがんばれ!

    今働いている会社はフォワーダー系でしょうか?それなら留学経験や将来アメリカで働きたいという希望を持って日本で外資系フォワーダーや比較的柔軟なフォワーダーに就職されるのが一番いいかと思います。その方がHビザより可能性がある気がします。
    ちなみに、こちらのフォワーダーでは、大学を出てれば雇って貰える程度の仕事です。その代わり、数年働けば転職は割りと簡単にできそうです。地域にもよりますが、アメリカのとあるハブ地域では、オペレーションは年棒2万ドルからです。それだとほぼ一人暮らしは不可能な金額ですね。なので離職・転職率が高いのかもしれません。
    それとHは7年ぐらいで無効になりますが、そのあとはEか永住権ですよね。働く会社を間違うとEは大丈夫ですが、永住権のほうは軒並み却下を食らうという会社もありますので、情報収集は念を入れてして下さいね。
    ちなみに私は女性ですが、外資系日本支社から、アメリカの本社に転勤したものです。そんな例もあるってことで。

    ユーザーID:

  • H1Bは・・・・

    大卒専門職ならばH1B就労ビザを取れる可能性はあります。トピ主さんの場合、経済専門+日本語ができる面を利用して日系企業などを当たればH1Bのスポンサーをしてくれる会社も見つかると思います。

    ただアメリカの日系企業は日本の会社以上に日本的な世界だし、給料・待遇も良くないことはある程度覚悟しておいた方が良いでしょう。特にH1Bは転職が難しいこともあり、かなり安く買い叩かれます。

    H1Bビザは毎年10月に発行が始まり、たいていは年内に発行リミット数に達してしまいます。たいていは4月あたりから次の10月向けてのビザ申請を受け付けています。待ち時間はそのサイクルにどうマッチするかで決まって来るでしょう。

    ユーザーID:

  • アメリカの移民局のページを見てください

    アメリカの労働ビザに関する法律は毎年の様に変わるので、政府のページを見る事をお勧めします。修士以上の学歴、若しくは専門性の高い仕事の人と、そうでない人と枠が別れていたような気がします。自分がどちらに入るかチェックできます。

    ビザの発行が何時で、何時ぐらいまでに書類提出か、といったことは、色んなページに乗ってますので、見つけてください。移民法専門の弁護士のサイトは正確な情報を載せているはずです。

    基本的には、他にH−1の労働者がいる会社はビザが取りやすい筈です。自分の能力が発揮できる仕事が見つかると良いですね。

    ユーザーID:

  • アメリカで働いています。

     F1-AからGreenCardに切り替えてアメリカで働いています。 おっしゃるとおりテロの事件以降、H-1Visaの配給数はかなり減りました。比較的簡単なのが アメリカの大学を卒業し J-1(トレーニングVisa 1年間有効)で就職し その後 H-1に切り替えるのです。 
    ただし 特別な資格(アメリカでの大学でとったMBAなど)がない場合、給料はかなり安いです。(年間$35000-40000, このうち30%ぐらい税金で引かれます。)
    あとは 日本人が少ないけど日系企業が多いところですと比較的職がみつかるかもしれません。中にはVisaサポートします。という会社もあります。
    下記 アメリカで職を斡旋している会社のURLです。
    参考までに見てください。 

    http://www.proxj.com

    がんばってください! 

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • スポンサー探しからです

    911のテロよりビザ取得は益々厳しくなってます。今年のH1ビザのQuotaは既に満たされたと思うので(来年分は今年の10月までの申請だったと思う)、スポンサーが見つかり今年申請出来たとしても実際の渡米は来年の夏以降かと思われます。貿易関連の会社なら経済学部でもまったく問題ないです。まずはスポンサー探しが重要なポイントになるかと思います。米国での職探しは永住権や労働省の許可が無い場合、まともな会社では雇ってくれません。私は米国でその手の会社に勤めてますが、雇用の際まず最初に確認するのが法的に大丈夫か、です(白人含め全てです)。駐在員として派遣されるのが一番良いのですがHだけでなくLやEビザの方法もあるので。ま〜まずはスポンサー探しですね。人材派遣の会社に登録するのも手じゃないですか?

    ユーザーID:

  • がんばってみてください

    アメリカに住んで10年以上になります。
    思いつく限りの方法ですが…。
    −インテリジェンスなどの斡旋業者に登録。
    −ネットの求人情報を検索。(例:U.S. FrontLine)
    −大学院に留学して卒業資格を得る。(2〜3年かかってしまいますが…)
    −就職したい企業に直接売り込む。
    −アメリカで仕事している知人に紹介してもらう。
    −アメリカに支社がある会社に転職し、駐在勤務の機会を待つ(これが意外と確実です)。
    −ビザを取得しやすいシンガポールなどアメリカ以外の英語圏に転職。その後、アメリカへ転職する機会を伺う。
    −貿易に分野を限定しない。
    Hビザですが、就職先が決まらないことには申請も始められないので、その点については気にしても仕方ないかもしれません。
    ビザの取得は難しくなっているとは言え、有能な人材は常に不足しています。うまくアピールできれば、快くビザをサポートしてくれる企業もあると思うのでがんばってください。

    ユーザーID:

  • H1で働いています

    H1ビザでアメリカの日系企業で働いています。

    私の場合は日本での職歴はなく、アメリカ留学ー学士号取得ー現地採用ですが、H1取得の決め手はどれだけ学歴(専攻内容)と職務内容が一致しているかです。

    よほどの年数の職歴がない限り、日本での職歴よりも日本での学歴(トピ主さんの場合は経済学)に一致した職種に応募することがビザ取得につながると思います。その仕事をするのに、経済学の知識が必要だと証明できなければ、ビザはおりません。ファイナンス関係なら、アメリカで求人がたくさんありますし、トピ主さんの学歴とも一致していてビザが取りやすいのではないでしょうか。

    日本からの就職活動、大変だとは思いますがうまくいくといいですね。好きな場所に住んで働くのって、楽しいですよ。

    ユーザーID:

  • 人材派遣会社を使われては?

    アメリカに観光ビザで入国して就活すると入管法違反になりますので、仕事探しは日本からされるという前提で。。。

    アメリカのどこの地区での就職を希望されているかにもよりますが、西海岸や東海岸の大都市には、現地の日系企業に人材を斡旋するため、〇ンプスタッフや〇ソナなど、日系の人材派遣会社がある場合が多いです。
    ネットのサイトなどで連絡先を探して、コンタクトされてはいかがでしょうか。

    または、アメリカの会社での職探しをするのなら、hotjobs.comやmonster.comなどのサイトが有名です。
    英語のレジュメ(職歴書)のご用意をお忘れなく。

    ユーザーID:

  • ネットを利用

    いろいろ求人してますよ〜。
    ネットを利用して探してみて。
    私は仕事を探してないから詳しくないけど、新聞とかフリーペーパーに載ってる。けっこう大手企業のアメリカ支社で、ビザ取得協力します!って書いてあるけどね。
    大都市では、就職説明会とかもあるみたいですよ。日本食材店にポスター張ってた。日本からの受け入れありだったけどねぇ。
    どこの何を見てと言えないのでごめんなさい。

    アメリカで就職試験受けたり、説明聞かなきゃダメだけどね。

    ユーザーID:

  • えっと・・・

    まず、一言にアメリカで就職するといっても、H-1b以外にも、いろんな種類のビザで就労が可能です。トピ主さんの経歴で可能性がありそうなのは、たとえば、J-1、H-1B、H-3、L-1A、L-1B、E-1なんかです。(個人的にはJは、ここ数年abuseされているので、あまりお勧めしません。)H-1bには、発行数の制限がありますが、J、L、Eにはなかったと思います。

    H-1Bは、今年の10月から就労するための新規申請書類を今年4月から受付することになっています。ただ、ビザ関係のことは毎年のように変更があるので、今年はこうだからといって、来年も同じ感じになるとはかぎりません。

    渡米したい時期がただ単にトピ主さんの希望だけなら、資金面などで、準備が整ったときが就職活動の開始どきになるんじゃないかと思います。上の方も書かれていますが、日本の外資系からアメリカ本社に社内転職は私もお勧めです。私は留学->H->GCですが、現在の会社には、日本支社->米国本社でH->GCの人がいますよ。

    アメリカビザ関係の情報交換で役立ったサイトは、
    http://www.immigrationportal.com/です。
    それでは、がんばってください。

    ユーザーID:

  • 日本の商社で貿易実務をしていました

    海上・航空貨物輸出入手配・通関書類の準備・輸出手形の買取、信用状の開設など、海外との取引実務を八年近く担当しており、自他共に輸出入業務のエキスパートと認められ、事業部では、それなりの責任を持った仕事をしていました。

    取り扱い品目も(コンシューマー商品を除き)、原材料から、小型精密機器・大型機械・電子部品一通り扱ってきました。

    経過は省きますが、そのような貿易実務畑しか知らない私が、ひょんなことから北米に住むことになり、生活も落ち着いてきたので、得意な輸出入の仕事を探したのですが、、

    ないのです。

    (日系の乙仲業者の事務以外)そのような需要があまりないのです。

    やはり、日本は貿易立国だということを身に沁みて感じました。 米国では、よほどの大きな企業でない限り、輸出部門などないし、決済条件も国内と同じ NET 30 や前払いなどで、あまり細かくないです。

    米国で仕事を探されるのでしたら、他の部門で、エキスパートとなることをお勧めします。

    申し訳ありません。 永住なのでビザのことは分かりません。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます!

    トピ主です。

    お礼が遅くなりすみません。

    駐在員として行くのが一番早いようですね。
    今の会社では可能性がない上、日本で転職するとなると、2,3年はかかってしまいますよね?!

    年齢的(30前。。)に考えて、一日でも早くアメリカに行きたいと考えています。
    いろんな手段を使って、アメリカに戻れるようがんばります!

    ありがとうございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧