母が網膜萎縮と診断

レス3
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

どうしよう

離れて暮らす57歳の母が「網膜黄斑部萎縮」と診断されました。このような病名は初めて耳にしました。
母は若い頃から近視でしたが、50歳過ぎ頃から特に視力が落ちてきていました。
医師によると治療方法は無いとの事。
見えにくいものの母は昼間は一人で外出したりしています。日常生活の不便な点は父がいろいろ助けているようです。この先見えなくなるのかなぁと心配していました。
ネットなどで病気について調べていますが、
身近に同じ病気の方がいらっしゃいましたら、どのようなことでも情報をいただければ幸いです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の母は

    病名は違いますが網膜色素変成症です。

    母は若い頃からずっと見えにくく、階段を上るのも怖かったそうです。夜はほとんど見えなくなり、昼間でもつまづいて転倒する、ゴミ箱など足元にあるものは蹴飛ばす、1歳の孫がすぐ横にいるのに探し回るなど、当時は病気だとは知らず、おっちょこちょいな母だなと笑って見ていました。

    病気を知ったのは3年程前です。症状が悪化し老眼とは違うような…?と思い病院に行きました。医師からは個人差はあるが失明するか小さな穴から覗いているように見える程度の狭い視野になると告げられました。ショックで涙が止まりませんでした。私の片目を母にあげようと思いましたが、現在の医学では治療法がないそうです。

    あれから月に1度通院していますが、症状の進み具合を検査する程度で薬も何もないそうです。病気だとわかってからは母の周りの人たちも気を使ってくれるようになり、母も救われています。今はせめて失明しないことを祈るばかりです。

    ユーザーID:

  • お役に立てないかもしれませんが

    昨日再放送でしたが12chガイヤの夜明けで
    特殊なシャ−レ−でES細胞(自身の口腔内の粘膜)
    を培養させて心臓外科や皮膚移植などに使用する
    方法があるそうです。
    角膜移植もあって実際に初老の方が手術に成功
    してました。
    記憶が曖昧で申し訳ないのですが心臓は金沢大学
    病院で施術してました。
    お母様の年の頃が自分と重なり思わずレスさせて
    いただきました。
    このトピが沢山の人の目に触れて良い方法が
    見つかるといいですね。

    どうかお大事にされてください。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    あんず様、名乗る程の者では様、
    貴重なレスありがとうございます。

    今後目が見えなくなるかも知れない母を思うと
    電車の中でも涙が次々とあふれてきます。
    ただ普通に近視なだけと思っていた昔は、
    「眼鏡かけても全然見えへんねん、もうええわ」
    と裸眼で不便なまま生活してる母に苛立ち、
    外出してもすぐにわたしとはぐれたり、つまづいたり、
    エスカレーターに乗れなかったりする母に
    「ほんまにどんくさいなぁ!」などと
    冷たい事を言ってしまいました。
    なぜもっと早く気付いてあげられなかったのか・・・

    ネットでいろいろ検索していますが
    診断では網膜黄斑部萎縮とのことでしたが
    網膜色素変成症の一種かもしれません。
    母から聞く限りでは、近所の小さな眼科では
    あまり丁寧に説明してくれていない印象です。
    次回帰省した際に一緒に眼科に行ってみたいと思います。

    ES細胞についても調べてみたいと思います。
    日進月歩の先端医療ですので、今日は無い治療方法が
    明日は可能になるかもしれないと期待したいです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧