• ホーム
  • 働く
  • 海外勤務 ストレスでおかしくなりそうです。

海外勤務 ストレスでおかしくなりそうです。

レス40
(トピ主0
お気に入り2

キャリア・職場

現地企業に勤務して5年。日本と現地の考え方の違いで、ストレスを抱えてます。同じ会社のスタッフの間に立つ時は、最終的には、日本スタッフが、コチラの国の考え方を受け入れる形で、話がまとまることが多いです。でも、日本の取引先との折衝の中で、コチラのスタッフが、コチラの常識を押し通すので、間で折衝していく度に、かなり疲弊しています。

昨年、とうとう精神安定剤を処方されました。母に聞くと、父も若い頃、精神薬を飲んで乗り切った時期があるそうです。仕事するということはそういうことなのかもしれません。でも、割り切れない私は、こんな仕事についていること事態が所詮無理なのかもしれません。

海外勤務や外資系企業に勤めている方、異文化の間で、どのように精神のバランスを保っていますか?

今は、もう退職するしかないかも、と思ってます。自分ひとり辞めたところで何も変わらないけれど、その位してアピールしないと、多分コチラの人たちは、事の深刻さを分かってくれないかもしれません。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分のせいじゃない、これは仕事と割り切るところから

    私も海外で合弁会社の駐在として働いています。

    国が違うと、考え方も違うのは当たり前のことですよね。どんなビジネスもグローバル化される中、間に立って相互理解に務め、スムーズに仕事が進むように調整する人材が必要になります。

    今のあなたに一番必要なのは、異文化の摩擦はあって当たり前、どっちかが正しくてどっちかが間違っているのではない、そしてそれは自分のせいじゃない、ということを認識することではないでしょうか?

    そして、その仲介役を務めることがあなたの仕事なら、自分が少しでも異文化の梯になっていることに誇りを持ってもらえたら、と思います。

    でも、それがストレスにしかならないようであれば、その仕事が向いていない、ということではないでしょうか?

    病気になってアピールするなんて、効果はないだろうし、何だか狡い気がします。

    ユーザーID:

  • なかなか解決は難しい

    私も海外で仕事をしてます。
    勤務先は日本企業ではなく、現地企業なんですね?

    私は日本式の方が良いと自分で判断したときは喧嘩も辞さずにがんばりますが、そうはいかない事情もあるのでしょう。退職するつもりがあるなら、派手に会社で喧嘩したっていいじゃないか、とも思えますが。

    ただし、

    >その位してアピールしないと、多分コチラの人たちは、
    >事の深刻さを分かってくれないかもしれません。

    これは期待しすぎです。
    コチラの人は絶対にそういう風には理解しないでしょうね。そういう相手のマインドにまさに悩んでおられるのでしょう?

    勤務先にご自分が合っておられないように思えます。
    精神的にそこまでつらくなったら転職もやむをえないんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 辞めても無駄ですよ

    どの国にお住まいかはわからないので、私が住んでいる国で考えました。現地の人にはトピ主さんが辞めたからといって、深刻さは伝わりませんよ。その場に踏みとどまってがんばっているのならまだしも、辞めてしまっては逃げているのと一緒です。辞めて影響がなくなった人から何を言われても関係ないでしょう?

    >同じ会社のスタッフの間に立つ時は、最終的には、
    >日本スタッフが、コチラの国の考え方を受け入れる
    >形で、

    これが原因だと思います。ナメラレテいるのですよね。ゴネれば日本側は言うことを聞くって。現地スタッフにとっては取引先も同じ日本人ですから、ゴネれば何とかなると思っているのですよ。クライアントという気持ちはさらさらないと思われます。というより、その大事さをトピ主さんたちは現地スタッフに納得させるのが先かも。

    会社側は、なぜか日本人スタッフより、現地スタッフに甘いようです。なぜかなぁ。その大元の考え方を変えないと何も変わらないでしょう。現地スタッフだけの責任ではないと思いますよ。

    トピ主さんには、「仕事は仕事。あなたを個人的に責めているのではない。割り切りましょう」とお伝えしたいです。

    ユーザーID:

  • 一時帰国は妙薬

    以前米国で7年海外勤務していました。
    現地の人と衝突することもたびたびありました。
    日本人の他と足並みをそろえる文化と、現地の個人主義の違いの大きさに悩みへこんだものです。そんなときは自費でもいいから一時帰国してみてください。
    日本に帰ると不思議とイライラが止まりました。ほんとうに妙薬だと思います。今は本帰国していますが当時のことが懐かしく、あれがカルチャーショックというものだったんだ思います。

    ユーザーID:

  • 夫は似た状況で辞めました

    新婚早々夫が海外転勤になりましたが、みるみるうちに様子がおかしくなっていきました。海外生活に不慣れなこと、本社と現地の板挟みになったこと、直属の上司とそりが合わなかったことなどが重なり、ストレスに押しつぶされていたようです。
    結局転勤から1年で退職しました。1年は短いとか我慢が足りないと言う人もいますが、壊れる限界まで我慢する気もさせる気も、さらさらありませんでした。

    当初、一部上場企業を離れることに難色を示していた夫ですが、今ではすっきりした顔で「転職して良かった」と言っています。

    トピ主さんのご両親は、仕事を辞めるなんて選択肢は思いもよらなかった世代ですね。だから薬を使ってでも乗り切ろうとした。…でも、乗り切れたのは幸運であって、もしかしたら体を壊して取り返しのつかないことになっていた可能性だってあります。

    「働くこと」は「合わない職場で無理をする」ことではありません。
    今の職場に精神安定剤を要するほどのストレスがあるなら、離職を検討するのはしごく妥当なことです。
    どうぞご自分を大事になさってください。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 郷に入っては郷に従え

    日本では外資系の会社で、海外某国でも外資系(日系以外)で働いています。今、職場で日本人は私だけです。日本にいた時は、日本で商売する以上は外資系といえども日本のやり方にある程度はあわせるべし、と思っていました。外国人駐在員で現地スタッフの取りまとめに成功している人はその国のやり方にあわせるマインドを持った人達でした。
    海外で現地企業の場合、やはり現地のやり方にあわせるのがうまくやっていくコツのように思います。日本人ならではのよい部分もアピールはしていますが。
    あとは細かいことは気にしない、失うものは何もない。ベストを尽くせばそれでよし、と自分に言い聞かせています。
    精神面では家族や友達の存在は大きいかも。日本を感じたい時には日本にいる友達にメールしたり、電話したりしています。
    海外暮らしは気苦労も多いとは思いますが、日本では得られない経験もできることと思います。
    身体を壊してまで働くことはないですけれど、お国は分かりませんが、辞めたところで深刻さは分かってもらえないかも。一番大切なのはご自身ですので、どうかよい結論が導き出せますように。

    ユーザーID:

  • お国のちがい

    ドイツで働いています。

    日本人スタッフとドイツ人とでは仕事のやり方、
    考え方、何から何までちがい、(日本の)本社と
    現地スタッフの板ばさみの日々です。

    トピ主さんもさぞかしご苦労されているのでしょう。

    トピ主さんが望んで、転職(退職?)されるのでしたら
    いいでしょうが、現地スタッフにことのひどさを
    わからせるためなら
    ムダなことだと思います。

    1人辞めたことで、現地スタッフの仕事への姿勢が
    変わるとは思いません。
    日本国内でのことならまだしも、自分がよその国から
    来てるのですから、現地スタッフはきっと変わりませんよー

    ユーザーID:

  • 馬耳東風になること

    国によって全く論理が違います。
    日本人の考えている事は日本の中で通用してもそのまま海外では通用しない事が沢山あります。
    そして外国の人達の論理も日本人の側からすれば受け入れられない事も大です。
    それを押しても進めるのがお互いの利益に繋がる商談なのですが、ここでの駆け引きはお互いに、少しでも自分での利を得様とする事から始まる摩擦が大きいのだと思います。
    間に入られてのご苦労、お察し致します。
    ここで、ご自分が賢くなる工夫が必要です。
    どのような地位においでか分かりませんが、ご自分の意見を述べるよりも単なる中間の通訳的な立場になられては如何ですか?
    何を言われても、そうですね、と相手に合わせる程度に留めて決断はお互いにさせる、と言う事に徹する、という事です。
    文化の違う国との交渉での溝を埋め様とするには、小さな事にいちいちこだわっていては身が持ちません。

    ユーザーID:

  • 駐在員とはもう働きたくない

    トピ主さんは駐在?現地採用?
    会社は日系?現地系?

    私は現地にある日系企業の現地採用のスタッフですが、日本からの駐在とはかなりやりあいました。
    日本のやり方をごり押ししようとする駐在と、その指示を現地人スタッフに説明しなければならない私。
    現地には現地の常識があり、それを汲みながらお互いに説得しあって妥協点をみつけるのが本当だと思いますが、駐在はお構い無しに、現地スタッフの考えを変えられない私を無能だと言う。
    全く不毛の職場です。
    そこで、会社の教育費援助プログラムを利用し、会社のお金で学校へ通い、この度めでたく卒業及び現地系企業に転職が決まりました。
    駐在よ、さようなら。

    トピ主さんの詳細はよくわかりませんが、他人にアピールするために辞めるのは不毛です。
    もっといい職場を見つけましょうよ。

    ユーザーID:

  • 偉い!

     南さん、5年も現地企業で頑張れるなんて偉いです。すばらしいです。あなたは努力しているのです。
     私は2年で辞めました。給料も低いし、雰囲気も悪いし、2年で学べることは学んだ、と思って帰国しました。
     現地の精神病院でカウンセリングも受けましたよ。薬も飲みました。日本に帰っても調子が戻らず、日本の心療内科にかかっています。
     友人は「あんたは疲れてるんだよ、来たければまたこの国に来い。だから今は一度帰って落ち着いて暮せ」と言われました。

     異文化との境界線は、いつも苦しいのです。
    現地企業なら現地の文化を受け入れるしかないのが現状です。郷に入りては、なのです。それでも、苦しいものです。

     まずは健康になりましょうよ。あなたは頑張ったんですよ…。

    ユーザーID:

  • メルボルンで働いています。

    こちらに来て約1年になります。おっしゃっていることが自分のことのように感じたので返事します。今の会社はドイツの商社で私は日本向けの輸出を担当して約8ヶ月になります。。。それははじめはストレスでかなり参ってしまいましたよ。いつも顔がこわばって死んでました。上司に”なじめない”と抗議したこともあります。私は学んだことは。。。

    1、仕事だと割り切る
    2、定時であがる
    3、仕事以外は極力関わらない
    4、個人的感情は持ち込まない
    5、きちんと仕事をして見てもらう

    これくらいですかね。。。。でも今の会社はっきりいってきついですが、経験が命の豪州では最低3年は頑張らないとと思います。私も同じような気持ちで頑張ってます。一緒に頑張りましょう!

    ユーザーID:

  • 良眠あるのみ

    私は海外で専門職として働いています。唯一の外国人。激務、長時間労働で1日の仕事で2kgは体重減。お婆なんで先に肉体が堪えるかと思ったら精神が先に危険信号を照らします。
     消耗した精神で何を考えてもろくな事はなく、名案も前向きな気持ちも出てきません。寝て体力を、精神を回復が一番。眠れなければカゼ薬の世話になっても眠ります。
     現地の方々との潤滑油的、面倒な仕事を1日単位で楽しむしかありません。自己主張(トンでもない)する人には「こんな考えもある」と耳を心を傾け最善を尽くす。
    後はなるようにしかなりません。なんだか良いアドバイス出来ずすいません。私が寝た方が良いようで、では他の方よろしく。

    ユーザーID:

  • いろいろありますよねぇ。

     お気持ちよーくわかります。 私もトピ主さんと同じ立場、アメリカと日本の板ばさみです。一番良いのは 仕事が終わったら 仕事のことは考えない...ですが、私の場合、 日本の悪口を一緒になって言ったら、みんなの態度が変わりました。 つまり日本人だから日本人の味方なんだ。 って思っていたみたいです。
     今でも まだまだ板挟みになることはありますが、それでも みんなも 彼女(私)がかわいそうだからここはひとつ 折れておくか。と協力してくれます。
     コミュニケーションをよくとれば わかってくれるのではないかな と思います。 ちなみに 私の課は30人ぐらいいますが そのうち日本人は私一人です。

    ユーザーID:

  • それは仕方がないのでは。。。

    海外で現地の人とお仕事をすると、おいおい。。と思うことが沢山ありますよね。
    でも、それは仕方がないことだと思います。日系企業でもその国にオフィスを置く以上、その国の法律、週間に従わないとやっていかれないのだと思います。
    この前、日本の学校は生徒が学校を掃除すると話をしたら驚かれました。年末にオフィスの掃除をするのに、彼らからしたら、「クリーニングレディーとして雇われたんじゃない。」と。確かにネ。。
    最近はこういう考えもあるのね、と一歩引いて興味深く見られるようになりました。
    また、私もこちらの習慣を都合のいいように利用させてもらっています。目には目を、歯には歯を(笑)

    ストレスを感じるのは、感覚の違いすぎる現地の人にでしょうか?それとも、その板ばさみ状態を分からずに結果?を求める日本本社?でしょうか?
    それにより、解決法が変わってくるかと思います。

    ユーザーID:

  • あまり考えすぎないでね

    私も過去8年ほど、そのような立場でした。現地側には、日本人客とはこのようなもの、というような洗脳(?)をし、日本のお客様にも、“現地ではこうなんですよ”と両方を教育し、妥協案を提案していました。生活習慣からすべて違うんですから、初めは理解できなくってあたりまえです。間に入る人間は、両方の習慣を良く学び、両方が歩み寄ることが出来るように、納得させましょう。そうしたら、いらないストレスは無くなりますよ。

    ユーザーID:

  • この頃は自分の柔軟性を問う

    気持ちになってきてます。
    南半球の北のとある小都市で臨任教師しています。
    はぁ〜「クラス担任が旦那の誕生日の準備で金曜日休みの代わり?!」「婚約者に会いに行くので3連休」
    「校長先生家族の学期中1ヶ月のバリ旅行」ココ5年間変わってない年間カリキュラム時に臨機応変にいきなり変える。行事進行その時まで五里霧中こんなのざらです。いつも旦那(現地人)には文句、自分でストレス溜めてました。

    この頃、日本の様に、徹夜して練って厳密に打ち合わせをしても、しなくてもどうにかなるんだよねって思います。日本と現地の間の仕事は大変だと思いますが、現地の当たり前と日本の違い。ストレス溜めては自分が損!!

    ユーザーID:

  • ストレスの種類

    同じく海外駐在員です。私も日本ではあまり感じなかったストレスを相当感じています。体調にまで悪影響が出てくるようであれば、「逃げる。」のも一つの選択肢です。その際は自分が弱い人間だったからこうなったとは思わないことです。人生いいときも悪い時もあります。ただ、仕事が上手くいっていない時は、実際仕事のスキルは上がっていることも多いとも感じています。トンネルの出口が見えるようであれば、続けるのも手です。仲のよい友人に愚痴をこぼし、相談し、自分を見つめなおし、いい結論を出して下さい。

    ユーザーID:

  • 向いていないんですよ。

    私の場合フランスですが、日本で働いていた時よりフランス人と働く方が精神的に充実しています。薬なんかで自分の心身を騙しながら働くなんて、あなたには海外で働く事に対する適性がないのだと思います。だいいちとても不健康。さっさと日本に帰った方が健康的だと思います。

    ユーザーID:

  • 分かりません

    >自分ひとり辞めたところで何も変わらないけれど、その位してアピールしないと、多分コチラの人たちは、事の深刻さを分かってくれないかもしれません。

    分かりません。退職しないで、残って少しずつでも変えていくことです。「なぜ分かってくれないのだろう」でなく、「どうしたら分かってもらえるだろう」というところから始めないと、ストレスが溜まります。

    ユーザーID:

  • 逃げ場が無い

    海外勤務ですが、派遣じゃなくて永住組です。
    だから、辞めたくてもやめられません。
    選択肢がありません。だからもう10年やってますが、あと10年でやめます。
    30年やって定年になりますが、そんな事やってたら、精神持ちませんから。ストレスなんて当たり前。本当に潰されます、幾度も、幾度も。
     仕事を辞めることの出来る選択肢のある人は良いです。でも、私の場合、自分で食べていかなきゃならないし、市民になってしまったので自分で生きていかなくてはなりません。

    ユーザーID:

  • 逆ストレスです

    トピ主さんは赴任者なのか、現地企業なのかわかりませんので自分の体験だけです。私は赴任者として8年間家族と現地で生活し、コチラノ人というのはしっかりした人はいなかったので、ストレスというストレスはなく、女房いわく夢のような8年間でした。ところが日本に帰ってから、ストレスの固まりになり、結局会社を辞めて単身で現地に戻って日系企業にて働いています。仕事をすれば、ストレスのたまらない仕事はないですね。仕事に関して言えば、コチラの人は正しいことは押し通さないと一目置いてくれないですよね。仕事外では好きなゴルフや、モーターサイクルのツーリングなど楽しんでいます。またグリーンカードを取って永住組になったので、現地の友人も教会などを通じて出来ました。あるいは現地組の日本人妻たちとも交流しています。自分の能力を悟り、背伸びをしない気持ちで、定年の無いこの国で、65歳まで働いて、また女房と老後を楽しみたいと思っています。

    ユーザーID:

  • コメント有難うございます。

    トピ主です。親身になったコメントを、有難うございます。

    今、調整に苦しんでいることは、月曜日に最後の会議をして、コチラの人たちを何とか理解させて、取引先と丸く収めたいところです。

    自分ひとりが辞めたところで、会社は痛くも痒くもないと分かっているのですが、うちは退職時に人事と面接があって、思いを伝える機会もあるので、思い切って言うか、何もなかったように辞めて、キレイに去るのか、未だ辞職も決めてないのに、そんな事を悩んでます。

    私もこの国で唯一の日本人スタッフで、なかなか想いを分かち合う人もいない中だったので、色んな国で頑張っておられる皆さんのコメントを聞けただけでも、少し救われる気がします。

    今日明日はゆっくりやすんで、月曜日に備えます。有難うございます。

    ユーザーID:

  • 南さん、偉いですよ!1

    イギリスで現地企業勤務です。私もまさに今朝、仕事中ずっと、南さんと同じような事を考えてました。で、今日は仕事ほっぽり出してとっとと帰宅しましたよ、もう。

    私の場合は、日本人スタッフと現地スタッフとの板ばさみではなく、日本人である自分と現地の人事エリアマネージャー初め、私にかかわるマネージャー達、人事部のスタッフによる私に対する扱いがあまりにもひどいのです。就職して1年ですが、これまで彼らとはかなりやりあっています。が、彼らにはどうやら、自らを省みるという神経が発達しておらず、嘘をつくことは自分の責任を逃れるためのストラテジーだと「本能で」思ってますから、こちらの考えなど、はなから聞く耳持ってません。だから、相互理解も何もあったもんじゃありません。

    自分に対する自信も失くし、プライドもズタズタで、「何をやっているんだ自分は、イギリスまで来て」と後悔し、何度もやめようと思いました。しかし体育部時代に叩き込まれた、「根性」と「ネバーギブアップ」、この精神にとらわれて、やめる事さえ決断できない、そんな自分を恨みながら、今日に至っています。

    ユーザーID:

  • 南さん、偉いですよ!2

    でも、南さんは偉い!5年も現地企業で頑張っておられる!南さんはきっと、まじめな方で、頑張りやさんなのじゃないかな。きっと頑張って頑張って、「割りきりが大切とわかっていても割りきれず」、悩んでおられるのでしょう。でも、それでもまだ、頑張ろうとしてらっしゃる。そんな方が報われない思いをするなんて...神様、いたらきっと南さんをきちんと認めてくれるはず。

    でも、本当、個人の進退なんて、しかも異国から来た一スタッフの進退なんて、彼らにとっちゃ、まして会社にとっちゃ、全くへでもないんですよね。突然無計画にやめたって、結局後では自分が困るだけ...ですので大方のみなさんの言うとおり、仕事を続けようと思えば、やっぱり、割りきりが大切だと思います。割り切る努力、いろいろ考えないようにする努力、といいますか...変ですけど...。そして、どんな事でも後悔しないように、私はそのように努めています。会社も自分が利用するといいですよ、私も会社の奨学金でこちらの大学のコースをとるつもりです。(ぽけちゃん、おめでとうございます。)

    ユーザーID:

  • 南さん、偉いですよ!3

    あと、私の優しい同僚が励ましてくれた時、こう言いました。

    「お金のことだけ考えて」
    「出勤さえすれば、少なくとも、Billが払えるわ」
    「まずお茶を飲みなさい」
    「そして、足を温めて、家でゆっくりしなさい」

    私は2番目を採用しました。今日は病休とって帰宅しましたので、これで1週間(病休は1週間単位)は出勤せずとも、Billは払えます。(ええ、いいんです、良心の咎めなどもうありません)

    南さん、ストレスは決してあなたのせいではない。ご自分を責めることだけはないように、まずはゆっくりと体と心を休ませてあげてください。お婆よりさんのおっしゃることごもっともです。それで、もし退職を決意されるのなら、退職して、また新しい生活を楽しんでいかれるとよいと思います。応援しています。

    ユーザーID:

  • 妻の立場から

    夫は駐在員、しかもまだ海外に来て一年、とトピ主さんよりも経験が浅い人間ですが、海外の仕事でストレスを抱えている人をはたから見ていた人間から一言。

    やはり、仕事以外の楽しみを見つけてはいかがでしょうか?夫はゴルフを始めてから仕事とプライベートの切り替えがうまくいくようになり、ずいぶんと楽になったようですよ。あとは、仕事とは直接関係ない友達の輪を広げたことでしょうか?

    すでに、トピ主さんが何か始めていたら非常にトンチンカンな回答ですね。そうでしたら、スルーして下さい。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    さくらさんの投稿まで読みました。

    それぞれの方のご指摘やご経験が、とても参考になります。有難うございます。

    私の会社はコチラが本社で、日本側が支社になります。転勤で着任しましたが、本社勤務なので駐在員ではなく、現地採用と同様の扱いです。

    唯一の日本人で、何かとストレスや責任が自分に降りかかって来易く、緊急時に連絡が取れるように、会社の携帯を持たされているので、6時以降も結構電話がかかってきます。

    コチラの人間は、今回の調整が不調に終わっても、「責任は持つから」と軽くいい流し、でも、実際に先方に説明・謝罪するのが私達日本人というのが、本当に腹立たしく、もし、これがアメリカやイギリスの取引先ならば…と思うと、軽んじて見られているようで、悲しくなります。

    『仕事として割り切る』『感情移入しない』など、本当にそうだなぁと思います。月曜日にできる限り調整をして、後はもう淡々と流します。

    アドバイスしていただいた方、有難うございます。同じように世界のどこかで頑張っておられる/おられた方の言葉が、少し元気にしてくれたようです。

    ユーザーID:

  • 発想の転換をしてみれば? 1

    私は北米在住、現地企業本社で営業をしており、所属部署で唯一の日本人かつ唯一の女性であり、最年少。 こんな環境が10数年、今の会社は3社目(すべて現地企業)です。 

    日本と取引するにあたり日本式の商習慣や考え方をこちらの人に100%理解させるのも、その逆も無理でしょう? 日本にある日本企業で働く外国人が「自分の国ではこうしないと納得してもらえない」といくら主張したところで「ここは日本」と言われるのがオチじゃないかしら? 島国である日本の文化はある意味独特だし、日本に住んだ経験のない現地スタッフにわかれと言う方が無茶かも。 出張経験があっても奥深いところはわからないでしょうね。

    私も最初の会社では初めての日本人社員だったため筆舌に尽くし難いほどの苦労をし、アジアを見下げていたヨーロッパ人社員との確執も経験しました。 でもどんな仕事をしてもそれなりの給料をもらうには苦労がつきものだし、「私の役目はこちらの人に日本との商売のやり方を教え、日本の顧客にはこっちのやり方を教える仲介役」と割り切れるようになってから順調に仕事を進めることができました。 

    ユーザーID:

  • 発想の転換をしてみれば? 2

    トピ主さんがどちらにお住まいか存じませんが、北米では転職が当たり前という気風もあるので、あなたが辞めても「去る者は追わず」だし、多分誰も気にしないでしょう。 辞め方によっては「逃げた」と思われるだけかも。 私はそれが悔しくてツライ時期を乗り越えたので、今の自分があると思っています。 業界によっては日本マーケットを絶対無視できないという雰囲気のところもあるし、どうしても今の職場がつらいのなら、そういう業界に転職するのもひとつの方法ですね。 

    でもあえて今の会社の同僚に「日本への理解のなさ」を責める発言や態度を取る必要はありません。 私のかつての同僚も「理解しようと努力はしてるけど、地球の反対側のこと言われてもよくわからない・・・」と笑いながら言ってたことがありました。 他国からの移民は当たり前、かつアジア系移民の多い北米西海岸でもこんな感じですから歴史の長い国や反日感情の残る国ならその風潮は一層強いのではないかと想像します。  

    いずれにせよ海外で働く日本人の皆さん、お互いがんばりましょうね!  

    ユーザーID:

  • 夫の意見です

    夫も毎日、仕事でとても大変そうです。
    夫に聞くと「甘い」の一言でした。
    「自分で選んでやっていることである以上、誰のせいにもできないだろう。」とのことです。
    わたしもそう思います。
    辛いのはわかります。そういう方を何人も見てきましたから。
    特に夫は自分ばかり大変だと会社やその国の悪口ばかり言っている人たちに辟易しているのだと思います。
    働くのも辞めるのもまったくあなたの自由ですよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧