父を自殺で失いました。

レス20
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

トモモ

2週間前、父が亡くなりました。鉄道自殺でした。
5年ほど前から母との離婚などがありうつでした。
入退院を繰り返した時期もありましたがちょうど1年前兄夫婦との同居をきっかけに改善に向かっていた矢先でした。亡くなる一ヶ月前から兄の不倫が発覚。
同居していたマンションを売ることになり家を出て一人暮らししなくてはならなくなりました。ほとんど父がお金を出して兄名義にしたので父の貯金はほぼなかったようです。(私たち夫婦は母と同居しています)

最後に会ったつい最近まですごく元気でたくさん習い事や旅行、やる気もあったのに本当に悔しく残念です。兄を許せない。父が可哀想だ、といつも前向きな私だけど今回ばかりはどうしようもなく落ち込んでいます。最低限の家事はしてるけどすっかりひきこもりがちです。日中は割りと平気だけど夜は色々考えて寝れない時もあって。夫や母、姉など家族は支えてくれています。時間だとは思うのですが毎日が苦しいです。家族の自殺、乗り越えた方、周りにいらっしゃる方なにかアドバイスあればお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • TVでやってました。

    参考までです。
    http://www.hospice.jp/jishi-izoku/index.html

    ユーザーID:

  • 主人の父

    私の義父(主人の父)が自殺で亡くなりました。
    もう数十年も前のことです。
    義父と主人で経営していた会社が破綻し、多額の借金を抱えた末のことでした。
    主人は経営破綻には当然自分にも責任があると考え、
    自分がもっと経営に身を入れていればよかった、
    あの時、義父にこう言ってやればよかった・・・
    などと、数十年たった今も自責の念にかられています。
    私は・・・必死で主人を慰めてきたつもりですが、
    やはりこういうことは血の繋がった家族か、同じような経験をした人でないと
    心から苦しみを分かち合うことはできないんだな、と思います。
    主人は今もなお悪夢に苦しむ事が多いです。
    常に心の中に重い物があるようです。
    一般的に男性は女性と違って、苦しみや悩みを口にして吐き出すことが下手だと思います。
    その分、とても苦しいと思います。
    今はまだお兄さんを許せない気分でしょうが、
    お兄さんはトピ主さんと同じ、いや、それ以上に
    辛い気持ちを抱えた方だということを忘れないであげてください。
    そして、同じ気持ちを共有できる方とたくさんお話しするのがいいのでは、と思います。

    ユーザーID:

  • 時しかないです

    あまり自分のことを書くと読んだ誰かに知られる恐れがあるので、詳しくは申し上げません。お許しください。子が小さかったので、秘密は墓場まで私が持っていきます。

    何年経っても自死した人を許せないし、とめられなかった自分をも許せないです。私は楽になってはいけない、楽しい思いをする資格はないのだと思います。でも私が楽しく笑わなくては子を育てられない、と言い訳をして自分の好きなことをするようにもしています。

    無理をする必要はありません。乗り越えなくていいです。そのうち、少しだけ傷の痛みが和らぎます。忘れなくていいです。自分が生き残る側だった、それだけのことです。残念ながら、死んだ人と心を通わせることはできません。一方通行です。

    トピ主様はここに書き込むことが、おできになりました。それで今は十分だと思います。ご家族と穏やかにお過ごしになれますよう、陰ながら応援申し上げます。

    ユーザーID:

  • 辛いですね・・・1

    私は昨年11月に同じように鬱で弟を亡くしました。
    しばらくは、死んだことを受け入れる事もできませんでした。
    たった22歳でした。

    うちの家庭はもともとかなり複雑な環境だったのですが、私自身は家族の誰も悪いわけではないし憎んでももおらず、トピ主さんと同じように、できるだけ悲観的にならず前向きに生きてきたつもりでした。
    周りと自分の環境を比べると、「どうしてじぶんだけ・・・」と思ってしまっても、いいこともあるさと、考えるようにしてきました。

    けれど・・・・弟の死だけは、どうしてもいい面なんて浮かばない。
    大変ひどい鬱だったため、最後の頃は私を含め家族も大変苦しみました。それでもやっぱり、生きていてほしかった。どんなに苦しくても生きていて欲しかった。弟のこと、とても好きでした。

    ユーザーID:

  • 辛いですね・・・2

    私もしばらくは、自分で思っているより精神的に不安定になっていたようで、職場で人前にもかかわらず泣いてしまったりしたこともありました。
    トモモさんも、本当に辛いと思います。ご自分をいたわってあげてくださいね。

    あと、私がアドバイスできそうなことは、残されたご家族とご自分が幸せになれるように精一杯努力することが、自分を立ち直らせるきっかけになるのでは、と思います。私は、そうやってかなり元気になりました。弟にしてあげられなかったこと、たくさんあります。それを思うと本当に辛いです。でも、その分、私は残された母と妹のために、自分のできることをしようと思っています。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • お気持ち察します

    数年前、とても親しくしていた恩師を自殺で失いました。その方は公務員で奥様とふたりのお嬢様がいて、私の目から見たらとても幸福そうに見えました。しかし、ある日突然勤め先から飛び降り自殺をされました。理由は職場での激務でした。その急な知らせに私自身打ちのめされ、一ヶ月ほどベッドで寝たきりになってしまいました。起き上がれず、身体に力が入りませんでした。そして、私も恩師と同じように死んでしまいたいと何度も思いました。今まで生きてきた中で最悪の地獄でした。でも、時が必ず解決してくれます。今でも恩師のことを思うと泣きそうになることもありますが、私は今生きています。
    余りにも精神状態が悪ければ心療内科へゆくことをお勧めします。大丈夫、時が必ず心の傷を癒してくれます。お父様の分まで生きて下さい。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさま書き込みありがとうございます。
    あれからもう2週間。でもまだ2週間。
    まだなかなか前向きになれず好意とは
    わかっていても周りから励まされたりすると
    逆に苦しくなってしまう状態です。
    先日私もたまたまニュースで「自死遺族の会」
    があることを知りました。
    今はまだそこに行って事実を
    話すことすら辛そうなので
    もうしばらく落ち着いたら出かけてみようかと
    思います。

    ユーザーID:

  • ご供養を

    とても悲しいことです。
    このような形でご家族を無くされることは。
    どうか、きちんとご供養をなさってください。
    亡くなられたご本人が一番つらかったのですから。

    ユーザーID:

  • みなさまありがとうございます

    たくさんの書き込みありがとうございます。
    なかなか人に話せず、また話す気持ちになれず
    抱えていましたがここで聞いていただき
    少し軽くなったような気がいたします。

    父は幼い頃から長男には特別扱いで次男とは
    それはもう天と地との違いでした。
    それは長男が成人、結婚した後も同じで
    長男がギャンブルや女、贅沢に多額の借金を
    作るたび父が自分の貯金から立て替えていました。
    わたしが知っているだけでも3度です。
    返済はされていません。
    普段は父に面と向かって「汚い!臭い!まるでニート」などと耳を塞ぎたくなるような暴言を吐く毎日のくせに金の無心や自分に都合が悪くなるととたんに手のひらを返す・・・。繰り返しでした。
    今住んでいるマンションもほとんど父がお金を出しました。名義は長男です。今ものうのうとそこに住んでいます。窓から父が死んだ駅が見える部屋で。
    一年前父と長男が一緒に住む話を聞いて少し心配でしたが私も母との同居が決まっていたし長年の父の長男への期待、想いを知っていたので賛成してしまいました・・・。本当に悔しいです。許せないんです。

    ユーザーID:

  • 本当にごしゅうそうさまです。

    どんなにお辛いことでしょう。経験のない私には考えられません。レスされた他の方々にも 同じです。

    事情はどうあれ、ご自分を責めるのはいけません。お父様もそのようなつもりで命を絶たれたのではないでしょう。お兄様も責任を感じていられるのでは? ご主人お母様の支えで何とか乗り切ってください。お祈りしています。

    ユーザーID:

  • 時間が解決してくれるのを待ちましょう

    私の父も6年ほど前、自ら縊死しました。原因は未だにわかりません。その時の驚き、悲しみ、憤りは例え様がありません。トピ主様は今まさにその状態ではないかとお察しいたします。自ら死を選ぶ人の7割以上は、遺書などを残さないそうですね。それほど突発的に実行してしまうという事でしょうか。

    どうしようもない事だったんですよ。お父様も私の父も、自ら選んで逝ってしまったんですよ。トピ主様も私も、誰にも止められないことだったんですよ。夢に出てくる父は笑っています。

    父の死は私にとって大きな十字架です。でもその重さに負けずに生きていく事が私に課せられた使命なのだと思っています。時間が経てば、また周りに愛する人がいれば、その重さにも慣れてきますよ。今はただ楽しいことだけ考えて、明るい色の服を着て外に出ましょう。

    ユーザーID:

  • 私も友達を亡くしました

    家族と友達は違うと思いますが、それでも夜眠れずボロボロになりました。まだ日が浅いですよね。はっきり言って、まだまだ辛いと思います。
    49日までは毎日泣きましたし、考えがまとまらず、文章に書きなぐったり、なんというか・・・心の中が全く整理できない状態で・・・

    1年は毎日、ふと気付くと考えてましたね。

    どんな状況でも、亡くなってたのかもしれないと思うようになって、少し楽になったんです。
    私がどうしようが、死ぬ時は死ぬんだって。
    誰かのせいでじゃなく、本人が弱かったからだって。
    残酷かもしれませんが、真実かもしれません。
    私は、ある人にそう言われて、楽になりました。

    ユーザーID:

  • どうか、無理はしないでくださいね。

    トモモさん、はじめまして。
    私も2年前、同じように父を亡くしました。
    亡くなった当初は、自分を責め、父を責め、どうにかできなかったのかと毎日考えては泣いていました。死ぬことを考える前に、どうして私達家族が悲しむことを考えてくれなかったのか、どうして父が死ななければならなかったのか…辛かったです。
    2年経った今でも、やはり時々『どうして』と考えて涙することはあります。父がいなくてどうしようもなく寂しくなることもあります。
    だけど、以前のように自分や父を責めるようなことはなくなりました。誰が悪いわけでもなく、ただ、うつは恐ろしい病気なんだと思います。
    最近は、夢に出てくる父もにこにこ笑ってくれるようになりました。
    今は、父が安心して眠れるように、父に恥ずかしくないように自分が生きていくことができればいいなと思っています。
    トモモさん、どうか、自分が辛い時は無理をしないでくださいね。お父様のことを考えることも、悲しく思うこともきっとお父様の供養になっていると思います。

    ユーザーID:

  • 自分の話で御免なさい

    お気の毒な事でした。読んでいて涙が出てきました。

    私の父は病死でした。平均寿命から見ればかなり早い死でした。
    若い頃から人の嫌がる仕事を率先して引き受け、損な役回りでもいつもニコニコと周囲にも頼られてた父。兄が長患いなのですが、自分に何かあっても家族以外の周囲にも支えてもらえる様に頑張っていたのかな(無意識に)・・と、思う事もあります。

    親は、無条件に子供の事を考えています。思っています。私も親になった今、父を誇りに思います。
    トピ主さんの様にお父様を亡くしていたら・・・と思うと、とても言葉には言い表せません。

    どうか、お兄様の目が1日も早く覚めます様に。
    人としての気持ちを取り戻されます様にと願ってやみません。
    トピ主さんも様々な事情はおありかと思いますが、まずはご自分の体を大切にして下さい。
    お父様もそう思われていると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 私は

    私は義姉を自殺で亡くしました。兄が出張から帰ってきたら自宅で亡くなっていました。あれから5年経ちます。表向きは元気ですが、未だにふとしたときに思い出すみたいです。一時は眠れないし家に帰るのが怖かったそうです。

    乗り切り方はその人によって違うと思います。乗り越えるのに必要な時間も。
    こういうときに何て声をかけてあげればいいかよくわかりませんが、自分に負けないで下さい。無理に乗り越えようと思わないで下さい。自分で自分をくるしめないようにして下さい。

    ユーザーID:

  • 前向きととらえて

    最初に申し上げておきます。
    私は自殺を助長していません。私の考え方を書いたまでです。賛否両論あるかと思います。

    私は自殺する事が悲しい事と考えていません。
    また、天寿をまっとうする事が義務とも思っていません。
    全ての生き物は死ぬ事で終焉を迎えます。
    ならば自ら死を選ぶ事は前向きな行動ではないのかと思います。

    引き止める方は何をもって引き止めるのでしょうか。
    自殺を選択せざるを得なくなった方が引き留まった時、その方は長い間、現世で苦しみを味わう事になるのです。私は簡単に引き止める事も罪と思います。

    残された方々の心の闇は大きいものだとは思いますが、自殺してしまった方を悲しむのではなく、愛をもって労う気持ちが私は望ましいと思っています。

    ユーザーID:

  • まさに

     このトピを読んだ朝、急な知らせで主人の後輩が亡くなったと・・・。私の知人でもありました。
    自ら決断された結果です。
     あまりに突然のことで、言葉も出ませんでした。
     結婚したばかりでお子さんもまだ小さかったのに。
     仕事、家族、社会・・・・周囲からのプレッシャーに押しつぶされて一人急いで、逝ってしまったのです。

     本人の心の内は誰にも分かりません。少しの時間を見つけて誰かが声をかけていたら・・・・みんな悔やんでいます。
     でも、今となってはそれで彼を救うことが出来たのかどうか・・・誰も分かりません。
     ご両親や、奥様の気持ちを考えると本当にやりきれません。

     ただ、幸せを感じるであろうものから押しつぶされそうになった彼の心に最後によぎったもの・・・それが何であったかを考えると、切なくて切なくて胸が張り裂けそうになります。

     今日がお葬式。今、雨が降っています。どうしても参列出来なかった主人と私にかわって泣いてくれているようでホンの少し救われました。

     どうか安らかに眠って下さい。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    たくさんの体験談や励まし、またメッセージ本当に
    ありがとうございます。涙が止まらないです。

    亡くなる前日、父から「もう生きているのが嫌になりました。お元気で」という内容のメールがありました
    父はうつになる以前から(私が幼い頃から)いつも
    そのような事をほのめかす事があったので
    すぐにメールで「最近は体調も良くなってきたし近所に友達もたくさん出来たんだよね?今は色々つらいと思うけどわたしがいつだって聞くからね。長生きしてね」と返信だけはしましたが慣れてしまっていたため軽んじて会いにも行かなかったのです。
    遺書はありません。唯一そのメールくらいでした。

    あのメールをもっと重く受け取ってすぐ会って話を
    聞いていたら・・・と本当に悔やみました。
    でも皆さんからのメッセージできっと事態が好転
    しなかった限りは遅かれ早かれこうなってしまった
    のではないかという考えにも少しづつですがなってきました。

    父はまだ一度も夢に出てくれません。
    仏壇もお骨も兄のところにあるのでほんの少しの
    遺品と写真を飾り手をあわせました。
    お父さんに会いたいです。ただ会いたいです。

    ユーザーID:

  • ちょっとズルイかも、ですが・・・

    僕が高校時代、恩師から「お前らだけが、勉強が辛いんじゃないぞ。 受験生全員が辛いんだぞ。」と言われ、気持ちが楽になりました。 それ以来、苦しい事、辛い事、悲しい事があったときは、「自分だけじゃないんだ!」と、意識して思うようにしています。 この世で、自分だけが・・・と思ったら、やってられないですから。 自殺は、日本の死因の6位という位、よくある出来事です。 なかには偏見がある人もいますが、昔に比べたらかなり認知されてきたように思います(精神科の偏見も、かなりなくなってきましたよね) だから、今は辛いでしょうが、「なんで自分だけ・・・」と思わないようにすると、少しは楽になるかと思います。

    ユーザーID:

  • 鬱病の死は、病死です

    自殺を肯定するわけではありませんが。
    分かってください。
    鬱病患者の死は、病死なんです。
    >改善に向かっていた矢先
    というのも、鬱病に典型的なんです。
    症状が強い時は死ぬための行動を取る気力も無いからです。
    回復しかけて周りも気を抜いた時に(周りからみたら)「ふっと」死を選んでしまうので、周りは「何か出来なかったのか」と大変辛く思うそうですが、癌の患者さんが闘病の挙句亡くなる時と同じで、それが鬱病患者の寿命なのです。

    私も鬱病患者として生と死について散々考え、生きたいと望んでも時々襲う死への願望に抗いがたく感じることもあります。
    この願望は、自らの意志とは無関係です。夜中それに苦しみ、翌朝「生き延びた」と感じたりします。

    竹脇無我氏の「凄絶な生還、うつ病になってよかった」を是非読んでみてください。
    お父様を鬱病により自殺で亡くした上でご自身も鬱を患い、お父様の死を理解した経緯が書かれています。

    ご冥福をお祈りします。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧