そばアレルギーの夫

レス9
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

心配性

新婚の夫はそばアレルギーです。
子供の頃、ほんの一口食べたそばボーロで呼吸困難、激しい嘔吐、下痢、発熱で一週間苦しんだそうで、それ以降、そば殻の枕も全くダメだし、そばと同じ釜で茹でたうどんも口にしたことはないそうです。
でも、料理のソースにそばが使われていたり、そば粉のクレープをうっかり食べそうになったり、気をつけていてもヒヤっとさせられることがあります。
アレルギーの中でもそばはアナフィラキシーショックを起こしやすいといわれています。
万が一、そばを口にして発作が起きてしまったら、救急車が到着するまで、何をすればいいのでしょうか。
また、発作が起きたときに飲む薬はあるのか、それは病院で処方してもらえるものなんでしょうか。
仕事柄外食する機会も多いので心配です。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 注射

    うちの子はミルクでショックを起こしたことがあり
    筋肉に刺すだけの注射を処方してもらっています。
    持ち歩くかばんの中、学校、自宅に置いてあります。

    たぶん、病院に相談すれば出してもらえると思いますので、まず、アレルギーの先生に相談してみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:

  • 病院で聞きましょう・・・?

    こういう内容のことやその他お聞きに成りたいことを要領よくまとめて医者に聞きましょう。疑問や対処法など、一挙解決です。心構えや何かを広くお聞きになりたい場合などは有効ですが、専門的な知識や薬剤などについては専門家に聞きましょう。命にかかわることなんですから。妻の友人にも一人居ます。寺社観光中に余りはやっていないうどん屋でうどんを食べて発作を起こしました。市内だったので直ぐに近くの病院へ走り込み大事には至らなかったのですが、小さな店ではウドンもソバも同じ釜で茹でているのでソバアレルギーの人には危険なんだよ。と担当の医者はおっしゃってました。そんなこともあるので危険性は高いですよね。特に外食機会の多い人には。解決策があればいいですね。

    ユーザーID:

  • エピペン常備

    アナフィラキシーショックに対処する注射があります。

    エピペン (epipen)という名前です。1万円以上して、長期間の保存もできませんが、いざというときのために用意しておくとよいのではないでしょうか?

    以前はハチに刺されたときのためにしか認可されていませんでしたが、最近は食物アレルギーでも使えるように認可されたようです。

    建前では本人が使う自己注射ですが、身近にいる人が準備できるというだけでも十分有効でしょう。

    ユーザーID:

  • 必要な事は

    素人考えですが、必要な事は伝えておくことだと思います。
    1人での外食時には大げさと思われても「そばアレルギーである」ことをお店の方に知って貰う・・・これに尽きると思います。
    お店の方に即座に救急車を呼ぶという行動に出て貰う為にも必要です。
    ここも↓参考にして下さい。

    http://homepage3.nifty.com/takumi_k/allergy.htm

    ユーザーID:

  • 不思議なんですけど、、、

    うちの主人が蕎麦アレルギーで子どものころ親戚の家でお蕎麦を食べ唇が何倍にも腫れ呼吸も苦しくなり倒れて救急車で運ばれ一命をとりとめています。蕎麦まくらもダメということで随分気を使いました。
    ところが、駅の立ち食いのうどんとか平気なんです。蕎麦もうどんも一緒にゆでてますよね。それと、外食するときお店によっては、蕎麦茶を出す時ありますよね。これも平気でおかわりするようになりました。年とったせいでしょうか。不思議です。
    でも、年越しには主人のために20年間ラーメンを作りつづけています。こんな人もいるということで参考にならないかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • そば茶

    私の父がそばアレルギーです。
    博多に昔家族で旅行に行った時、お土産屋さんで、そば茶なるものを出されました、父の中の第六感が働いたらしく飲む前に「これは何のお茶ですか?」と聞いていました。
    父は後で「聞いてよかった。」と胸をなでおろしていました。
    そば茶は、ほうじ茶のような色をしてたと思います。
    薬などは、お医者さんに尋ねるのが一番でしょう。
    どうぞ気をつけてください。

    ユーザーID:

  • そばを食べないのが一番の予防です

    私は18才頃、そばを食べてアナフィラキーショックで死にそうになりました。

    トピ主さんは発作後のことを心配されますが、一番大切なのはそばを食べないことです。健康ブームのおかげか最近は、そば茶・雑穀米・クレープ等一見してそばが入っているとわからない食品が沢山市販されています。
     私が一度怖い思いをしたのは、友人のお宅の炊き込み御飯におそばが入っていて、もう少しで食べるところでした。もちろんその友人は私のそばアレルギーを知っていましたが、まさかご飯にそばが入っているなんて想像もせず、偶然私が「おそばの成分入っていないよね?」の問いに成分表を見たらおそばが入っていました。いくら注意をしてもしすぎることはありません。命に関わることなので、しつこく思われても外食ではおそばは入ってないことを確認して食べています。ご主人様もそれくらいご注意下さい。

    ユーザーID:

  • ヨコになりますが

    お蕎麦大好きさん
    たぶん、旦那様のは年齢のせいではと思います。
    私、蕎麦ではありませんがアナフィラキシーをおこし食べられなくなった食べ物がありまして・・・医師に
    「もう一生食べられないのでしょうか?」と尋ねましたら、
    「アレルギー反応は若いから出るので年をとれば食べられるようになるかもしれないですね〜」なんて慰められました。
    大好物だったので早く年を取って食べられる日が来るのが楽しみです。

    ユーザーID:

  • ヨコ気味ですが…

    お蕎麦大好きさんの旦那さんと同じようなケース、友人の旦那さんです。

    やっぱり幼い頃に死にそうになり、枕もお茶もダメだって言っていたのが、駅の立ち食いで食べられるようになり、今では信州へ旅行に行くたびに本場のそばを「こんな美味いもの、今まで食べられなかった分も食べるぞ!」とドカ食い(←大丈夫なんだろーか)しているそうです。でも大丈夫だそうです。

    不思議。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧