母がペースメーカーを入れます

レス6
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

たすく

みなさまこんにちは。
少しだけ、タイトルの件相談させてください。

先日母に腎臓の病気が見つかり、検査も兼ねて一ヶ月ほど入院することになりました。
悪性の病気ではないのでいい骨休みになると思っていたのですが、その検査の過程で、心臓が正常に動かないという病気も発見されてしまいました。

母の側には父がいるものの、同居している祖母の入院や世話なども重なり、また母の病気にも動揺を隠し切れずにいるので、あまり負担をかけることもできません。

私は東京で一人暮らしをしていますが、できれば金銭の工面や必要な手続きなどは私のほうで行いたいと思っています。今まで病気一つしなかった母ですから、私自身が弱気になっては余計に不安がらせてしまいますし…

さっそく自分で調べては見たものの、実際にどんな準備などをしたらいいかがわかりません。(費用だけとっても、300万〜10万まで開きがありすぎます)
いたずらに不安な思いだけが膨らんでいきます。なのに相談できる人がいません。

もし身近な方でペースメーカーの手術を受けられた方がいらっしゃいましたら、参考にさせて頂きたく思います。
どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • さて

    どこの病院でペースメーカーを挿入するのかは決まったのですか。
    病院が決定していればそこの窓口が相談(費用、入退院についての情報など)にのってくれるはず。

    また手術、入院にかかった費用が後にどれぐらい戻るかや退院後の生活面での援助が必要な場合は区役所でしょうかね。ご両親から離れ生活されているようなので、とりあえず電話相談でしょうか。

    ユーザーID:

  • 叔母がしました 1

    叔母が3年ほど前に徐脈でペースメーカ入れました。
    で、去年は父が不整脈でアブレーション治療しました。叔母の心臓はゆっくりすぎて、父のは急ぎすぎるという・・・。

    ペースメーカー埋め込みは「高額療養費制度」を利用することが出来ます。
    くわしくは、ご両親が加入している健康保険組合に問い合わしてみてください。言わないと手続きしてくれない場合もあるようです。また(父会社の)組合との手続きも、電話と郵便による簡単な書類のやり取りですんだそうなので(したのは母です)、東京からでも可能ではないでしょうか。
    それと、この制度にはちょっと注意点があります。
    医療費の計算を月の1日から末日までの1ヶ月ごとに計算し、支給額が決まります。なので入院が月末月初にかかる場合とそうでない場合とで、支給額に差がでます。(だいたいは後者の方が高くなるようです)

    それと、もちろんペースメーカ埋め込み、数年後の電池交換などはすべて確定申告で医療費控除対象となりますので、領収書の管理は怠りなく。
    (続く)

    ユーザーID:

  • 叔母がしました 2

    (続き)
    また、埋め込み後は身体障害者の認定を受けられます(多分1級だったと)。JRなどの交通機関で運賃割引サービスを受けることができます。

    おまけ
    ご質問の内容とはちょっとずれますが、病気のことについてや、手術後の注意点などについてはこのHPが参考になるかと思います。

    国立循環器病センター
    ペースメーカーと植え込み型除細動器
    http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamph/pamph_47/panfu47_01.html

    術前説明の時など、聞きなれない言葉があると戸惑いますので、ちょっと予備知識を入れておくと聞きやすいですよ。(父の時がそうでした。最近の病院はかなり分かりやすく説明してくれるようになってきましたが)

    とにかく、治療にしても手続きにしてもちゃんと乗り切るにはうまく病院と付き合うことが大切です。わかんないことはガンガン質問しちゃいましょ。

    ユーザーID:

  • うちの母も入れてます

     うちの母のペースメーカー入れてます。もう13年ほど前に手術しました。 先生は父に説明してましたが父は仕事で不在でした。一人で母の手術の終わりを待っていました。とても怖くてどきどきしました。どんな手術か分からないし(心臓になにかするってことは分かってるんですが)、母が死んじゃうんでは?とか色々考えてしまって不安でした。なので、今のトピ主さんの不安もなんとなく分かる気がします。
     金額的なことは分からないんですが、母は一旦立替しなきゃと言ってたので他の方もおっしゃってる「高額医療」制度が適応されていると思います。
     電池の入替えの時(何年かにある)は3週間弱の入院して、本体入れる時は1ヶ月くらい入院していたと思います。電池の消耗や本体の寿命は個人差があるようなので参考にはならないかもしれませんが・・。
     最近のペースメーカーは進歩しててかなり小さくなってると聞きました。母の時は傷口も10cm近くありましたが、今では機械の大きさもマッチ箱くらいとか??
     全てのことに絶対はありませんが、お医者様としっかり相談なさって不安を解消出来るように、手術が滞りなく終わりますようにお祈りしています。

    ユーザーID:

  • 病院や役所に確認を

    5年程前、伯父の時の話ですが。

    ペースメーカーを入れる手術でしたら、「更生医療」という制度を利用できるかもしれません。一緒に身体障害者手帳の認定も申請したと思います(保険証も?)。

    手続きについては、病院の事務の方から教えてもらいました。申請書は役所に提出したと思います。

    「更生医療」は所得税によって額が決まるそうですが、伯父の時は高額医療よりも負担が少なくなったと思います(うろ覚え)。詳しくは役所の福祉(身体障害者の)担当に相談してください。

    身体障害者の手帳には顔写真が要ったと思うので、今のうちに探しておいた方がいいと思います。更生医療は手帳とセットだと言われたので。
    後は印鑑。伯父とは苗字が違うので、慌てました(苦笑)。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさま、ご意見ありがとうございました。
    自分自身がほとんど病気になったことがなく、病院に馴染みのないことと、母の心臓にメスを入れるということ。この二つに動揺しすぎていたのかもしれません。
    みなさまのアドバイスの通り、まず病院に聞いてみました。
    電話では埒があかないし、せっかくなので詳しく聞いてみたいと思い、仕事を休んで直接お話を伺いました。
    病院にもこんな相談窓口があることを私は全く知らず、親切ににいろいろな手続きや術後の生活へのアドバイスを頂き、悪戯に不安を感じていた自分が情けなくなりました。

    ペースメーカといっても今は器械も手術も進歩していて、不安になるようなことはあまりないのですね(過信はダメですが)。
    母子共々、安心して手術を迎えられそうです。
    特に母は夜も眠れぬほど心配していましたが、今では全然へっちゃらです。とは言っても、不安に感じているには違いないですから、これからも家族でサポートしていくことには変わりません。

    参考になるご意見を頂くことが出来て嬉しかったです。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧