ユーミンの思い出の曲

レス101
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

菜の花

四十二歳の主婦です。学生・OL時代とユーミンの大ファンでした。先日ラジオからその頃の曲が流れてきて、ふと家事の手をとめてなつかしい思い出が頭をよぎり聞いていました。とても流行った曲は聴く機会も多いけど、アルバムの曲などふいに聞くと涙が出そうになる事があります。みなさんにもユーミンの思い出の曲ってありますか?私は「パールピアス」など古傷曲でその頃の事おもいだしちゃいます・・・

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数101

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は。。。

    41才、兼業主婦です。お仲間いれて下さいね。

    他にも好きなユーミンの歌はたくさんあるのですが、昨晩お会いしましょう、の中の「ビュッフェにて」と「夕闇をひとり」がツボです。学生時代に付き合っていた人はいませんでしたが、「彼」以上に仲良く遊んでいた男友達がいました。

    たまーにその人が父親の車を借りてドライブに連れて行ってくれました(冷房もない車ですよー)その中で何回も聴いたカセットテープが昨晩。。。で、一緒に歌っていたのがこの2曲です。

    聴くとその時の情景、気温までがありありと思い起こされてきて胸がしめつけられるような気持ちになります。(なんでこんな気持ちになるのでしょうね。主人を大切にしていますし、今とても幸せなんですけどねー。)

    ユーザーID:

  • 雨の街を

    荒井由実時代の曲は10代の思い出とつながっています。特に好きなのは「雨の街を」です。どうしようもなく好きになれた人に出会っても、結局はいつも誰からも必要とされていないと気付いた時に、とてもなぐさめられた気持ちになれました。アレンジがとても美しい曲です。

    ユーザーID:

  • ユーミンはいつも思い出と一緒

    トピ主さんと同世代です。アルバム『パールピアス』は夏の熱い日差しに焼かれてけだるい感じが、全体に漂っていて大好きなアルバムです。
    ユーミンの曲って心にすとーんと落ちてくる言い回しがありますよね。それはいつも「あのときの私をあなたはどこで見ていたの?」って思えるくらいに、自分のこととしか思えなかったりします。
    今の時期だと『最後の春休み』の
    ♪もうすぐ別の道を歩き おもいだしてもくれないの♪
    という歌詞を切なく思い出しますね。
    恋愛の歌ではないけれど、桜が咲くと『経る時』。
    先日、なくなってしまったあのホテルの代わりでしょうか?千代田区から「千鳥が淵の桜が咲きました」という新聞広告が出ているのを見つけました。私も一度で良いから薄紅の砂時計の底、と言われる席でお茶を頂いてみたかったです。

    ユーザーID:

  • 廃盤らしいのですが

    35歳独身女性です。中学生の頃、担任だった26歳の女性の先生から借りたテープの中で、聞いた曲です。
     ユーミンがレコード会社を移籍した関係のため、ときいたことがありますが、今はCD化されていないので、ほとんど聞くことができません。
     「遠い旅路」
     「夜間飛行」
     今では、歌詞も少しずつ忘れかけてしまっていますが、サビのところは歌えます。大人な歌だと思っています。

     

    ユーザーID:

  • 廃盤らしいのですが2

    夜間飛行の歌詞くちずさんでみました。

     忘れ得ぬこと忘れるために努力は要るのよ
     二度と戻れない糸なら 手繰りはしないわ・・・

    ぐぐっと来ませんか?

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 静かなまぼろし

    37歳です。友人のお姉さんが持ってたレコード(当時はCDはありませんでしたので)を借りて12歳の時から聞いてました。ユーミンの歌はそのときの自分と重ねることができるので全曲好きです。

    でもやっぱり一番好きなのは、静かなまぼろしです。結構マイナーかもしれませんね。この曲は昔の恋人と偶然会った時の光景を空想させてくれて、ちょっと恋に燃えていたころを懐かしくさせてくれます。

    ユーザーID:

  • 思い出して涙が出そう

    もうすぐ39歳になります。ユーミンの昔の曲は、今聴いても全然色褪せていませんよね。

    他の方も挙げていらっしゃいましたが、「夕闇をひとり」は私にとっても思い出の曲です。

    そして、一番心に残っている思い出の曲は、「パジャマにレインコート」です。

    前の結婚の時、大雨の日に夫と喧嘩をして、夜も遅いのに裸足にパジャマのまま、傘も差さずに外に飛び出した事があります。喧嘩の内容が歌の内容と重なり、また、飛び出した自分の姿がタイトルとだぶって、とても悲しくなったのでした。

    ユーザーID:

  • あの日に帰りたい

    もうなんてったってこの曲。よく口ずさんでました。

    今、12年前に帰って会いたい人がいます。

    あの日に本当に帰りたい。。。。

    ユーザーID:

  • 静かなまぼろし

    こんにちは。 42歳既婚女性です。
    私もときどきユーミンを聴いて昔を思い出すんです。
    好きな曲はたーくさんあるのですが、その中でも"静かなまぼろし"が一番好きかな。 歌詞と全く同じ境遇になった思い出があり、今でも車を運転するときとか歌って昔を思い出してます。

    ユーミンを聴くと、その時代の感情をそっくり思い出すんですよねー。

    ユーザーID:

  • 40男がすいません

     2コ上の姉がユーミン好きだった影響で、中高とかなり聞いてました(男友達には言えなかった)。ただパールピアスまでですが。

     その中で思いでの曲となると、先ずは空気の臭いまでしそうな程、季節感臨場感豊かな
    ・雨のステイション
    ・旅立つ秋

     そして詞曲アレンジ全てが完璧な
    ・天気雨

     ド田舎暮らしだったもので、その都会の空気に憧れた
    ・影になって

     上京してから観音崎へよく遊びに行くきっかけになった
    ・よそ行き顔で

     まだまだ色々自分にとっての名曲は有りますが、キリが無い。

    ユーザーID:

  • 私は・・・

    「Delight Slight Light Kiss」に入っている
    「Nobody else」です。
    イントロから泣けてきます。
    完璧な曲と思っています。

    ユーザーID:

  • 懐かしい

    タイムリーな話題です。
    つい先週、もう一度聴きたくて「パールピアス」のCDを買ったところです。
    レコードは持っているのですが(古っ)うちで聴くことはできないので。

    その中の「夕涼み」が大好きです。

    ユーミンの歌は、どれも思い出に結びついています。
    「卒業写真」はまさに私の青春そのものです。

    ユーザーID:

  • また書きます

    以前も同じトビが出ていて、書いたものです。

    そのときとは違うことを書きますが、
    今の季節なら『ベルベットイースター』ですね。
    イースターってなんだ?と思っていた中学時代
    を思い出します。

    あとは「Destiny]とか「よそゆき顔で」等
    昔の彼と再会した系がぐぐっと来ます。
    ってそんな状況に今まであったこと
    ないんですけど(笑い)。

    来月もライブに行ってきます!楽しみ−。

    ユーザーID:

  • 埠頭を渡る風

    大好きでした。

    あっちさん、私も「夜間飛行」大好きでした。
    本当にぐぐっときますよね〜。

    ユーザーID:

  • 私も大好きです!

    39歳、中学3年のときに「守ってあげたい」がヒットした頃からずうっとユーミンファンです。(といっても、この曲はそれほど好きではないのですが) 割と古いファンですが、それでももっと前から知っていたかったと思うほどです。

    私は比較的地味目の曲に好きな曲が多いです。「悲しいほどお天気」とか「Walk on, Walk on by」とか。

    最初はメロディラインにひかれ、歌詞を熟読してさらに好きになるパターンが多いです。ユーミンといえば世間では軽いイメージで見られているように思うのですが、詞の世界はほんとうに深いと思います。


    横ですが、あっちさん。

    タイトルは夜間飛行ではなくて「消灯飛行」です。私も大好きです!

    高校時代にLP盤で買い、復刻シングルCDも持っていましたが、今はCD版ないのかしら…。

    ユーザーID:

  • 「ナビゲーター」

    なんといっても「ナビゲーター」です。オリジナルでは「アルバム」というアルバムにしか入ってなくて、廃盤になってしまっていましたが、10年ほど前にCDのシングルで「遠い旅路」とのカプリングで復活し、そして3~4年前だったでしょうか2枚組CDのベストにも仲間入りしました。この曲をカセットに落としドライブしながら聞いていた頃が懐かしく思い出されます。「バックミラーで微笑みあう」あたりの詩が大好きです。

    ユーザーID:

  • 冬の終わり

    キムタク・一色さえが出演のドラマの主題歌でした。

    当時私も高校生。いや〜、自分の学生生活とは別世界。へこみますはぁ〜、、、。

    ショートカットの素敵な子が出てると思ったら、内田ゆき、キラキラしてました〜。
    でもそんな彼女もバツイチ。私も主婦になり。時の流れを感じます。

    この曲聴くと、何とも言えない気持ちになるんですよね!

    ユーザーID:

  • ブリザード

    題名は「ブリザード」で良かったのかしら・・・。

    あの、「ブリザ〜〜ド、ブリザ〜」
    を耳にすると、雪を除けるワイパーの音とその映像が浮びます。

    「私をスキーに連れて行って」が、流行していた頃で、当時のカップル(古っ!)は、こぞって冬はスキー場でデートしたもんでした。

    日も落ちた暗がりの道、フロントガラスにぶつかる雪が、車のライトに照らされて・・・
    その雪を「ザザッ、ザザッ」と、ワイパーが除けていく音と、ユーミンの声が車内に響く〜〜〜。
    スキーで疲れた体と、けだるい沈黙。
    その時は、普通の日常だったけど、今思い出すと、甘く切ない青春ですっ!

    現在の夫が、スキーより、温泉!なのが、残念〜。

    ユーザーID:

  • タイトルが思い出せない・・・

    自分の思い出と結びついているのは「リフレインが叫んでる」かな? 凄く好きな人と好き合っていたのに結局結ばれなかった思い出とリンクして、切なくなります。

    あと昔の曲で、「夕闇をひとり」「コンパートメント」、それからタイトルが思い出せないんですけど、ナントカ症候群という病気になってランナーだった彼が亡くなってしまう・・・という内容の曲と、あとイスラム系の国っぽい描写が出てくる曲です。 全体的に暗くて寂しい曲なんですけど、不意に思い出したりしますねー。 でもタイトルが思い出せない・・。

    割と最近の曲だと「ロンド」もいいと思います。 自分が結婚したときのことを思い出しちゃう!

    ユーザーID:

  • カンナ8号線

    39歳です。
    「夕闇をひとり」もスキです。
    「カンナ8号線」は唄いたいときに。・・・ああ、ユーミン聞きたくなってきた。全部実家ですなぁ。

    ユーザーID:

  • 星空の誘惑

    また来ちゃいました。もう少し書いてもいいですか?ドライブの定番「星空の誘惑」は、学生時代の仲間10人車2台でギュウギュウ詰めドライブでよく聴きました。トンネルの中ではみんなお互いに横顔を見せっこしてました。リインカネーション、ボイジャー、ノーサイドに入っている全曲が体に刷り込まれています。「たとえあなたが去っていっても」は4年間片思いしつづけた同級生と卒業で別れた時にずっしりと心にしずみました。今でもたまに聴いて元気を出しています。社会人になって浮かれていたころ、ちょっとだけ付き合ったかっこいい彼氏にあっという間にふられて「メトロポリスの片隅で」を聴いて元気を出しました。

    ユーザーID:

  • 神戸が舞台の曲

    最近神戸に行ったのでふと思い出して、ここ数日思い出に浸っていたところなんです。タイトルは忘れたけど
    「ポートピアが終われば ただの夜に戻って」
    という歌詞が出てくる曲・・・
    ポートピアのころ私は中学生だったのですが、今でもこの曲を思い出すと幼かった自分のことはもちろん、歌詞に出てくるような当時青春を満喫していた若いお姉さんたちへのあこがれのような感覚もよみがえり、なんともいえない気持ちになります・・・。ユーミンの曲、最近ご無沙汰でしたがまた聴いてみたくなってきました。でもなんか、せつなくなってしまいそう。

    ユーザーID:

  • 駅前商店街 さま

    ユーミン関連のトピは多いですが、

    (私も以前、「ユーミンと中島みゆき」で立てました)

    「パジャマにレインコート」を挙げたかたは
    あなたが初めてかもしれません。

    感激ですね。
    私もこの曲が好きなので、お仲間だと思うと
    嬉しいです。


    嘘は 黙ること
    嘘は 心が叫んでも なにも聞かないこと

    このフレーズが大好きです。

    ユーザーID:

  • 星空の誘惑

    この歌は大好きでした。

    恋人とうまくいかなくてものすごく仲の良い男友達を
    呼び出し、ドライブする歌なんですよね。

    「オレンジのトンネルの中は、横顔がネガのようだわ」
    っていう歌詞。
    何か着眼点がぜんぜん違うって思って。

    若かったあの頃、実は歌詞のようなことがあって、
    彼氏がいたけど、他の男の子好きになっちゃって、
    その子も、多分、気があったような・・。
    二人で色々話をしてて、この歌のことをお互い気に入ってて、現実のシチュエーションも似てたし。
    でも、結局うまくいかず、彼氏とも別れてしまいました。

    今でも、ときどき、この曲がかかることがあって、
    あのころの、苦い思い出がよみがえります。

    ユーザーID:

  • パールピアス

    高校時代ホントによく聞きました。
    これといった思い出はないのですが「消息」が結構好きです。水色のセーター見ると思い出します。

    ユーザーID:

  • ユーミン好きです。

    43才、既婚です。
    私もユーミン好きです。

    なかなかコンサートに行けてませんが、「Destiny]、「よそゆき顔で」は、ふと、口ずさんでしまいます。

    ユーザーID:

  • ジャスミン様 ありがとう

    先にでましたあっちです。ジャスミン様、記憶を呼び戻してくださりありがとうございました。確かに「消灯飛行」でした。
     この時期、「たとえあなたが去っていっても」も素敵です。
     「たとえあなたが去っていっても
      今日の空の光を 今日の桜の香りを
      苦しいときはいつでも振り返れる」

     昔の思い出ではなく、リアルタイムなのですが、思いを寄せていた同僚に、その思いを告げられないまま、昨日、転勤のためお別れをしました。その人との思い出を胸に、新しい春に旅立ちます。この歌とともに。

    ユーザーID:

  • 潮風にちぎれて

    潮風にちぎれて。昔からこれが一番好きです。

    シングルになっていて、それ以外はベスト盤にしかない、隠れた名曲です。好きな男の子に彼女ができて、つらいけど、意地でも明るくふるまう、そんな気丈な女の子の気持ちが痛いくらい。素敵な曲です。


       国道にとまってる小さな車指さして
       嘘でも私は背を向ける「恋人が待ってるの」


    当時はサーフィン大流行で、早朝からよく海について行きました。その中にひとり気になる人ができましたが、何も言えませんでした。ある日ユーミンの曲で何が好き?という話題になったとき、彼が「潮風にちぎれて」と言ったときにはとっても嬉しかったなー。(笑)今思えば、あのとき手を出しておけばよかった・・・って、これが40代になった証拠か。(笑)

    そういえば、こちらで話題の「消灯飛行」は、これのB面じゃありませんでしたっけ?

    ユーザーID:

  • グッドラック&グッバイ

    ユーミンよりちょい年上です。

    でも大体ユーミンの描く都会生活を送ってきました。私は東京育ちだから、何気なく見過ごしてきた都会の風景を、都会からちょっと離れた所から見ていたユーミンはみごとに都会生活のニュアンスを表現していると思います。

    ユーミンはちょっと郊外育ちだから、却って都会生活の細かい雰囲気を感じ取れるのかもしれませんね。

    私が好きな曲は「グッドラック&グッバイ」別れた恋人と街で偶然会う歌。きっと誰にも経験ありますよね。それすら懐かしく思う年齢になってしまいましたが。流星群の歌(タイトルは忘れました)も好きです。

    ユーザーID:

  • リフレインが叫んでる

    僕もこの曲が思い出の曲です。
    親に交際を反対されていた頃、いつも彼女を彼女が借りている駅近くの駐車場まで送っていってました。
    駐車場の車の中で彼女と話していたら、ラジオからこの曲が流れてきました。

    どうして どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう
    こわれるほど抱きしめた

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧