• ホーム
  • 口コミ
  • 海外へ飛び出し頑張っている方々からのアドバイスお願いします。

海外へ飛び出し頑張っている方々からのアドバイスお願いします。

レス62
(トピ主0
お気に入り2

旅行・国内外の地域情報

放浪人

何の保証もないまま海外へ飛び出しご自分なりに
納得のいく人生を送られている方いらっしゃいま
せんか?

全てをこのような小さなスペースに凝縮するのは
恐らく不可能でしょうが、皆さんの人生ドラマを
私のような未熟者に少しご披露していただけませ
んでしょうか。日本の本社から駐在で海外へいら
っしゃったという方はここではご遠慮いただき、
できましたら見知らぬ海外の土地で自力で生き抜
いてこられた方々の貴重なお話・アドバイスなど
をお伺いできましたら幸いです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数62

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 思えば20年前に

    当時はまだワーホリも、簡単に仕事を見つけることができませんでした。日本から、「仕事を紹介する」と言う名目で通したエージェントが「知らん振り」を決め込んだので、直談してお金を返してもらったときから、独りです。と言うか最初は一緒に友だちも言ったのですが、彼女は私を頼りっぱなしだったので、すべての交渉、調査を私がしました。おかげで英語力は彼女よりもずいぶん上がりました。(笑)

    現地で知り合った人と結婚するも、幼い子供を2人抱えてDVで離婚。20年すんでいますが、半分以上はつらい思い出です。今は、やっと仕事も起動に乗ったし、子供たちも大きくなって、だいぶ手がかからなくなったので、これからが私の人生かなって。。。

    あ、それはまだ先かな。子供たちが独立して、本当に独りになったら、寂しいだろうなあ。。。そのとき私もだいぶくたびれたおばちゃんになっているだろうなあ、でも、その時こそこれからが私の人生!になるのかなあ。今は子供たちが大きくなって3人で世界一周のたびに出るのが夢です。

    ユーザーID:

  • 無責任な口車に乗せられるな

    このトピに近いことをうちの両親はよく言ってました。私自身も(就職運がなかったこともありますが)転職に転職を重ね、何の保証もないままに海外に出ました。それを誘ったのは、当時あちこちで見られた「海外に飛び出しがんばっている」という表現です。

    でも、現実は違った。安月給と重労働。
    最近、私の友人は日本語教師の仕事で月150ドルの給与の仕事につきましたが、海外で働くって、そういう、日本では考えられないような待遇をも受け入れざるを得ないということです。

    がんばっている、といっても、日本人だから日本人並みに働け(場合によってはそれ以上)しかし、海外採用だから、給与は現地並みですよ、というのが、トピ主の言う人たちの現実です。(ただし雇用主は、同じ日本人でも、すごい大金持ち!!なんです)
    はっきりいいます。
    人生転落しますよ。
    性格も、曲がります。

    ユーザーID:

  • 思い起こせば・・・

    20年前、スーツケース2つだけ持って移民しちゃいました・・・。好きな人がいたんです。でも付き合っているわけでもなく、ただ、太平洋を隔てたところにいても、彼をゲットできるわけが無いと思い、来てしまいました。

    あれから20年、彼とはうまくいきませんでしたが、「今」は、仕事も家庭もイイ線いってると思います。幸せですよ。今の所人生後悔なしです。

    ただ、今この年齢で同じ事が出来るかと言うと、絶対出来ないです。若いということは、それだけで本当にパワーがあるものなのだと、自分を振り返っていつも思います。

    ユーザーID:

  • もう少し具体的に・・・

    ・・・何に関してのアドバイスを求めていらっしゃるのかを的を絞って書いていただけると、答える側にとっても書きやすいかと思います(ってか、私だけですかね、ちょっと漠然としていて答えようがないなと思ったのは、笑)。

    ユーザーID:

  • しろ

    夢はあきらめずに努力したら叶うと経験から思いました。何の保証もなくアメリカに1人で来ました。今では希望の職場で働いています。日本をたつときは不安がいっぱいでしたが、やはり自分次第です。与えられるチャンスを待つのではなくチャンスは自分で作りつかむものです。自分の力を見せるだけのスキルと行動力が必要です。アメリカンドリームとはよく言ったもので、本当に夢が叶います。こうしたらこうなるという教科書はありません。自分で方法も考えるのです。またそういう人でないとアメリカで生活することはできません。(結婚などは除いて)

    ユーザーID:

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 私の場合は・・・(長文失礼します)

    高校卒業してすぐに留学させてもらえました。カレッジに入って、初めて取ったクラスが経済学。全く意味解からなかったです。そもそも「資本」って日本語でさえ、何を表すのかも解からないくらい・・・。だから授業についていくのに、英単語を日本語に訳し、そのあと国語辞典を引くという感じで、現地の人より3,4倍の苦労をした気がします。

    ちょうど期末のころ、祖父が亡くなりました。とても帰国できる状況ではありませんでした。その分、涙流しながらもがむしゃらに頑張りました。その期末の結果は現地の人を抜いて一位でした。あの時は、本当に祖父にやっと謝れる、「お葬式にいけなくてごめんなさい」と言える、と思えました。

    編入して大学に入るも、政治学を専攻して失敗したと思いました。プレゼンだけでなく、スピーチや模擬会議などあったり、論文は1クラスにつきほぼ1学期中に2回以上提出。ただでさえ、現地の政治に詳しくなかったので居場所が見つけられませんでした。何の話をしているのかわからなかったのです。 (続きます)

    ユーザーID:

  • 私の場合は・・・(長文失礼します)その2

    学校でのストレス、日本の同学年の人たちの大学の卒業、就職などの変化に動揺、そして両親に対して申し訳ない気持ち、孤独感や疎外感、すべてが病気に表れました。病院に行っても不明で終わり2年苦しんだ末、やっと病原が見つかり手術をしました。その2年の間に、私の精神力が消耗しきってしまっていました。

    それでも逃げたくない、そんな思いで親にもう少し甘えさせてもらいました。卒業するまで頑張る、と。

    でも手術後1年、私は未だに卒業することできず、また病気が発覚。もうさすがに無理だと自分の限界に納得しました。4回生でしたが、見切りをつけることにしました。

    今私は就職活動をしています。もうすぐ帰国です。仕事の話は進んできています。帰国後、一つ一つの会社へ足を運び見極めようと思っています。

    留学を長年もできることは贅沢なことです。何より、ここまで私が納得するまで頑張ってくることができたのは、両親のおかげです。粘り強さがあることを知ることが出来たのは、両親の支えがあったからです。

    もしまた大学に戻ることがあれば、自分のお金で行こう、そう心に誓っています。         以上      

    ユーザーID:

  • うーん、海外にいますが…

    別に「日本でやっていることを海外でするだけ」です。仕事でも、勉強でもそれは同じです。やり方は多少違ってもです。
    別に海外>日本ではないです。

    ただ、行ったことがない人が他人のことを「海外で大変な思いしてるんだってー」と言うのと、実際に体験するのは全く違うので、「取り返しがつく程度に」やってみたらどうでしょう?

    海外に勢いで飛び出してって、行って苦労している方っています。でも、そういう方々に「ほら、言わんこっちゃない」「わかってないねー」ということは私は言いたくありません。

    ユーザーID:

  • 甘いものではない

    海外に出て何の保証もなく頑張って成功するなんていうのはほんの一握りの人だけでしょう。 多分全体の9割は日本にいたほうがいい人生を送れたんじゃないでしょうか?

    そう言う僕も16年前アメリカ人の元妻に泣き落とされてアメリカに来ました。 本当に何の保障も無く、東京でそこそこ良い会社に勤めながらも、そこを辞め渡米しました。 仕事を見つける段階から全く一から始めて、その後転職を三回して今の職場にいます。 決して甘いものではなかったし、今の職場だって正直満足のいける職場ではありません。 そこそこ給料は貰ってますが、でもアメリカに来て良かったと言えるような給料ではありません。

    続く↓

    ユーザーID:

  • 甘いものではない2

    続く↓

    アメリカに限らず外国で就職すると色々な意味で差別や障害に遭います。 日本人だからもっと働くだろうと言う期待、それでも給料は現地採用の一般アメリカ人と同じ条件。 日本から駐在できている人たちの生活とは比にならないですよ。 それでも夢を追って頑張ればいつかは何とかなるかもしれないです。 でも、このまま潰れる可能性のほうが高いですね。

    僕の今の年齢ではこれから日本に戻って再就職と言うのも不可能に近いですし、かと言って一生この地に住むのも正直きついと思っています。 結局どっちにも行けないで宙に浮いている状態ですよ。 

    これが多分海外に出た9割の日本人の現実だと思います。

    ユーザーID:

  • おもしろい読み物

    駐在ではない日本人女性がニューヨークという都会で好きな仕事につきながらも楽しく過ごしている様子が描写されてあるコラムを見つけました。

    これを読まれてみれば、肩の力を抜きつつも努力は怠らない姿勢に共感されるかもしれませんよ。

    http://www.ryugakuseinokai.com/ny_ups_and_down.html

    私は落ち込んだときとかに読み返したりしてしまいます。

    ユーザーID:

  • 自分を信じられるか 1

    私も30歳を目前に飛び出しちゃった派です。今から10年くらい前のことです。「どうしても今アメリカに行かなきゃいけない!」って本能的に思いました。やってみたいこと、勉強してみたいことがあったし、絶対に大丈夫って自分を信じられました。

    親は激怒、ほとんどの友達が「いい歳してなにやってんの?」と冷たかったけど、泊めてくれる現地の友人はいたので、家出(?)同然で飛び出しちゃいました。

    すぐレストラン(私の住んでいる都市ではほとんどが違法労働でも雇います。他の人と給料も変わりません)働き出して、ルームメイトを募集してる人を探して安い部屋を見つけました。1ドルのハンバーガー、69セントのノート買うのも悩んだことを思い出します。

    ユーザーID:

  • 自分を信じられるか 2

    結果として今ものすごく幸せで充実していて、あの時本当に思い切って飛び出してよかったと思ってます。人生観がそっくりの夫とめぐり合い、ものすごく楽しい(思い入れがあるだけに大変なこともあるけど)自分を育てていける仕事も見つけました。

    一番大切なのは、何があっても、自分で責任をとるという決意・覚悟・自信です。それさえあれば、何も怖いことはありません。あとは自分をどこまで信じられるか、です。

    ユーザーID:

  • 納得しなきゃやってられない

    27歳で日本を出ました。マイナーな国で日本での経験を行かせる責任のある仕事をしています。

    日本を出たことを後悔していますが、だったら27歳の私を止める術があったのか?と考えると、結局なるべくしてこうなったんだと思います。

    日本に帰りたいと思いますが、今帰った所で日本で仕事が出来るとは思えないし(英語圏ではなく、現地語を習得するにつれ英語は忘れてしまった)、ここでやっていくしかないでしょう。

    子供が出来ない体なので結婚も諦めました。この国にいる限りは天涯孤独です。家に帰ってくるとどうしようもなく落ち込みますが、仕事をしている私は生き生きと見えるでしょうしこんな話は誰にもしません。

    老後を考えると怖いので考えないようにしています。
    全ては「自分で選んだ結果」。野垂れ死にしようと、自分の責任です。
    アドバイスですか? 日本にいた方がいいですよ。

    ユーザーID:

  • 何事も・・・

    「海外に行けば何かが変わるんじゃないか?」、「狭苦しい日本で窮屈な思いをするよりは、何の保証もなくても海外で自分の腕一本で試してみたい」

    このような台詞は日本を飛び出した若者の間でしょっちゅう聞きます(ほぼ8割がたこの台詞を言います)。が、実際数年して彼らが口にするのは、

    「日本で『何か』が変えられない人は海外でも同じ」、「自分の国のことですらまだまだ知らないことばかりだったことに改めて気がついた」

    ということです。
    何の根拠も計画もなしにただ海外に飛び出したって何も得られるものはありません。どこにいて何をしようとも「どうするのか(どうしたいのか)」「そのために何をするのか」、「そうならなかったらどういうするのか」という綿密な計画です。逆に言えば、計画、度胸、(最悪時の)覚悟があるからこそ、とことん踏ん張れるのです。その踏ん張りが自分自身への充実感となって現れるのです。

    ユーザーID:

  • 「自分次第」に賛成

    「人生転落する」とか「性格曲がる」とまで断言されている方がいらっしゃいますが、どこにいたって、そうなる人は、そうなるような気がします。

    確かに、当時私も安い賃金で働かざるおえない時期もありました。が、アメリカでということでしたら、月150ドルという給料も、月何時間働くかで違ってきます。もし最低賃金が守られていないのであれば、それは、本人に就労ビザがないとか、ま、いずれにしても違法行為です。

    保障なしさんのおっしゃる通り、自分次第です。20年前月給900ドル(週40時間労働)だった私ですが、今の月給はその10倍です。当然、週40時間以上働かなきゃいけなくなりましたけどね。日本にいて、このポジションと年収が得られたかと思うと、疑問です。アメリカは、努力の実る国だと思っています。

    ユーザーID:

  • 幸せは感情ではなく、選択!!!

    私は自分の選択で生きてきました。 満足です。 そして幸せです。

    30歳になったら遅いと思ってあれは29歳の時でした。有り金をみんな持って渡米しました。VTの田舎の学校に英語を習うと言う建前で。
    英語は全く話せず、知り合いも無く、、、、
    今、思えばどうやってケネディ空港からラガーデァ空港迄行けたのか不思議です。 どういう訳か此処のところの記憶が無い。

    渡る世間に鬼は無い!!! こっちが好意で接すると相手もそうしてくれる。 運良く生きながらえました。

    色々な経過を経て今は多くの日本人が1度は行ってみたい所に住んでいます。
    ウエイトレス、法律事務所、ホテル等で働いたけど、どれもそれ程したい事ではなく、、、

    今は投資をしています。不動産です。 一寸やりたい事があるけど、資金と経験不足の為、夫から“待った”がかかっています。

    出来すぎた(私には)旦那と二人だけで、良かったね、一緒になれてって(そして派手に喧嘩もするけど)言いながら19年が経ちました。

    人生思ったより短い。 したい事があったらして下さい。 明日は無いかも分からない。 あるのは今日だけ。 本当は“今”だけ。

    ユーザーID:

  • 20年前

    3年のOL生活に自分で終わりをつげ、英語はふつうの日本人が学校でならった程度、つまりほとんどできず、渡米しました。語学留学がはやるちょっと前です。誰も知り合いはいなくて、英語学校からはじめ、大学、大学院とがむしゃらに勉強し(日本で学生やってたときには、こんなに勉強したことなかった)、今は大学教授です。アメリカ人と結婚し、家を持ち、子供もいます。自分ではアメリカンドリームだと思っています。

    英語学校に入学したときが、一番大変でしたね。トフルの点数もまったくいかず、自分はこの後どうなるんだろうと。とにかく今、目の前のできることを精一杯やる、それでここまできました。両親もはじめは猛反対でしたが、日本でこんなに一生懸命になったことがないほど勉強しているのを見て、やがては理解してくれるようになりました。感謝しています。

    ユーザーID:

  • 別の人生

    親族の大反対にあいながら31歳で離婚、、バックパックひとつで旅に出ました。東南アジアから、インド、ネパール、イスラエル、東ヨーロッパを2年近く放浪しました。

    途中出会いあり別れあり、数え切れない貴重な体験をしました。北米からの旅行者の今の夫と出会い彼の国へ行き結婚、定住。最初は翻訳などの仕事をしていましたが、一念発起して昔からの夢であったデザインの学校へ入学したのが39歳の時。

    在学中から才能を認められ、卒業後すぐに現地の企業に就職しました。今の会社は3社目ですが、転職の度にステップアップ、給料も上がってます。離婚のさい疎遠になっていた家族も今では遊びに来てくれるようになりました。

    海外で頑張っていると認めてくれています。子供はいませんが、素敵な家も購入、夫と二人の生活もとても充実しています。すべて日本にいたらできなかった事だと思います。

    ユーザーID:

  • 駄目な人はどこへ行っても駄目

    15年前日本を出てCaliforniaに住んでます。
    シリコンバレーでキャリアの仕事をしています。

    何の目的もなく、自ら人生拓こうともせず...
    豊かな日本でヌクヌクと、何もかも与えられるのを待つのみ。
    こういう生き方をしてる方はきっとどこででも同じなんでしょうね。

    外国に行ったら何か変わるかも、ラッキーにあたるかも、良いことがあるかも。
    そんなことは決して、決してありません。

    あるのは日本では想像もしない差別と苦労だけですよ。
    それにも負けずに人生切り拓こうとそれこそ死ぬほど努力しても、むくわれることはほんのわずか。

    その努力を楽しみと捕らえられますか?
    どなたか前でおっしゃってるけど、人間性確実に悪くなります。

    品格のある日本人として通用しなくなります。すべて中途半端な日本人になります。
    とに角、日本とはすべての面で、計るものさしが違うんですから。

    ユーザーID:

  • トピ主の放浪人です。。。

    メッセージを残してくださった方々、ありがとう
    ございました。

    私自身、高校卒業と同時に飛び出し早10年経つ者
    です。よく「苦労したんでしょ」「頑張ったんだ
    ね」と気遣いからか言われたこともありますが、
    本人にとってはがむしゃらで突き進む感じのあっ
    という間の10年間でした。その間には学校も卒業し
    、無事社会人にもなりました。

    ところが最近自分の将来について「ゆっくり」考える
    機会が多くなったものの、なんともいえない不安にか
    られることが多いのです。焦燥感とでも言いましょ
    うか。もともと抱いていた夢の実現もそろそろ無理か
    と認めたころから(年齢制限の関係などで)、特にそ
    のように感じるようになりました。だからといって完
    全に人生を諦めたわけではありませんが。でも、同じ
    ように(夢を追いかけ?)海外へ飛び出し、そして一生
    懸命頑張っている方々のお話から勇気・元気を頂きた
    いなと思いこんなトピを立ててしまいました。全く他
    力本願で申し訳ございません。

    ユーザーID:

  • わたしはとっても楽しいよ

    友人の彼氏の友人の紹介(?)で第3国での米企業に採用され単身海外へでました。でも仕事もうまくいかず周りともなじめず、英語も第三国語もうまく話せず、日本人もひとりもいない中で、わずか2ヶ月で体調を崩して退職。

    友人の紹介だと何かあった後気まずくなってしまうので、その後は相談はしても決めるのは独りです。2回転職し今では大変満足した毎日です。文系大学院卒の使えない(失礼)女性で特にスキルもなかったので、もし日本で就職していてもサラリーも今ほどもらえるとは思えません。仕事をイチから教えてくれた方と出会えたことと影口妬み覚悟で転職を繰り返したことが吉とでました。

    わーきんぐマザー様の言っていることよく分かります。最初は日本人といても現地人といても嫌な経験いっぱいしました。でも完全に現地化+スキルアップを狙えば日本人で日本語が話せることは売りです。駐在員では経験できない楽しい優雅な生活ができますよ。(でも日本人と話すと「現地採用?かわいそうですね〜」とか言われてしまいますが・・・それも「いいえ〜好きなことばかりやっているので、これくらいがいいんですよ〜」とかわせるようになりました。)

    ユーザーID:

  • 在米10年です

    こんにちは。日本で高校卒業後、大学に行くため単身渡米し、三ヵ月後に「妹が留学するから」という理由で親に仕送りを止められ、なんだかんだとありましたが在米10年になります。

    「今はわーきんぐマザー」様、

    おっしゃることはある程度は事実ですが、現地採用でも専門職でアメリカ人と同等の扱いを受け、高いお給料をもらっている日本人の方もたくさんいらっしゃいます。もちろんそういう方は、大変な努力をされてアメリカでの学歴や、CPAや弁護士などの専門資格をもっていらっしゃる場合が多いですが。

    要は、自分がどれだけ努力できるか、ではないでしょうか。目標を立て、それに向かってつらい努力ができるのなら、「人生転落しますよ。性格も、曲がります。」なんてことばかりではないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 頑張ってますよ

    二十○年前日本で大学受験に失敗してアメリカに「しかでも」留学をしましたが、頑張ってアメリカの名門大学院で奨学金をもらいながら博士号を取り、一流企業に就職してがむしゃらに働いて昇進し、自分には出来すぎたアメリカ人パートナーと結婚して暮らしてます。今でも人生は波乱万丈ですが、トランク一つで一人で成田を飛び立ち再開した人生には悔いはありません。

    でも今から考えると、がむしゃらに頑張れば何かを得られるのは、日本でも海外でも変わりは無いと思います。海外に出たのは気持ちのきっかけにしかすぎなかったんでしょうね。

    今のあなたを支えてくれている人達に感謝して、頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 何に対してアドヴァイス

    をお求めなのかはわかりませんが。。。

    海外在住の夫と知り合い、結婚を期に日本を離れて早○○年。 日本食も手に入り、安全で温暖でフレンドリーな土地柄で、、、環境にも経済的にも恵まれ幸せに暮らしておりますが、、、帰りたいですねー、故郷が恋しいです。帰れるものなら帰りたい。一時帰国ではなく日本で暮らしたいです。戻れるものなら来る前に戻りたいですねーー。納得しているかとと問われればYESです。不満であろうとなかろうと、仕方があってもなくっても、全ての行動を決めているのは自分だから。 小町の皆様にはげまされ癒されして毎日過ごしております。ありがとうございます。ちっともアドヴァイスになっていなくて済みませんがご参考まで。

    ユーザーID:

  • 日本=海外の場合でもいい?その1

    某アジア小国(正確的に国ではなく地域です)から飛び出して日本に来た者です。

    私の場合はただ好きな人が出来て、何も考えずに母国の仕事を辞めて旅行ビザで日本に来ました。当時23歳でした。両思いなので、同棲しながら、仕事を探せばいいと簡単に考えていました。(当時から日本語は話せますので)

    そう簡単には行きませんね。まず旅行ビザ持ちの就職活動は非常に困難です。というか、100%近い無理です。
    日本の就労ビザは結構厳しいのに、何も準備しなくて来たわけですから、勿論そんな事は知りませんでした。就労ビザについても知識がゼロでした。

    1回3ヶ月の旅行ビザが切れて、Overstayになりかけました。強制送還されるかと思った(笑)けど、入国管理局の方が2週間だけ延長して頂いて、すぐ帰国して、もう1度日本に戻って来ました。あの際、当時の恋人とぎくしゃくして、精神的に結構辛かったです。

    運がよく日本人の知人から仕事の紹介を頂き、就労ビザの申請のため、一時帰国になり、国際電話で恋人と別れました。

    ユーザーID:

  • 日本=海外の場合でもいい?その2

    最初はいくら日本語が話せるとはいい、やはり文化が違いますので、色々苦労しましたよ。友達がいないし、すごく寂しかったです。

    今は結構いい給料の仕事に就き、優しい日本人旦那が居て、幸せです。

    過去を振りかえて、やはり若さの至りだね〜と思います。この歳になって、あんな冒険は絶対出来ません。

    トピ主はどんな計画を立ているのは知りませんが、準備はちゃんとした方がいいです。
    語学力、自立心、行こうとする国の事情など、時間かけて準備した方がある程度苦労を減らせると思います。
    そして何より、覚悟して下さい。あなたが選んだ人生だから、人のせい物のせいにせず、どんな辛い事があっても、自分で背負って文句言わず頑張って下さい。それが出来なければ、やめた方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • カナダで暮らしています

    私達夫婦は1972年以来カナダ暮らしです。
    金持ちではありませんが、家を持ち平凡ながら、中流の生活に満足しています。
    日本に帰ることは考えていません。

    こちらの、簡単、単純な人間関係、中流ながら、レンガ作りの家に住み、夏は全館冷房、冬は全館暖房、日本とは生活レベルが違いすぎるのです。
    前には,裏庭の面積は家の敷地の4倍あり、駐車場には4台の車が止められます。
    それが、カナダの平均的な中流生活です。

    外国で成功するには、なんらかの技術を持つことです。
    技術を持って頑張れば。まず、間違いなく成功できます。

    近頃、カナダ政府は技術移民を募集しています。
    電気、建築、土木、整備士、機械修理など全てのカテゴリーです。

    ユーザーID:

  • ヨーロッパ在住です。

    なんといっても一番大変なのは言葉です。
    しゃべれるか、しゃべれないかだけでなく、考え方や表現の仕方の違いなどの為、満足のいくレベルになるまでは果てしない道のりです。

    住む国にもよりますが、ヨーロッパの場合、国同士が近いので二、三カ国外語を話す必要のある職場が多いです。
    ヴィザの取得も大変ですし、失業率の高いこの頃、他国人より自国人に優先的に職を与えるわけですから、自分にしかできない職、スキルなどを身につけていないと満足のいく仕事をすることは難しいです。

    でも、なにかどうしてもしたいことがあると、辛いことも我慢できるので、まずは語学学校に行きつつ、国に慣れて(滞在ヴィザが取得できるので)、その間にその国にいる目的を模索してみたらいいとおもいます。
    私は一年半かけて、ようやく目的を見つけました。
    その後は紆余曲折あれど、なんとかやってこれました。

    日本をでてみたら元気になる人と、逆の人と、それぞれです。
    私は前者なので、こちらにい続けると思いますし、今更帰っても、仕事もみつけにくいでしょう。
    人生いろいろです。

    ユーザーID:

  • 日本を離れ20年後に帰国した女。

    トピ主の放浪人です。。。を読みました。

    私も同じ状態になり「この先の人生をどうしよう」と思ったのが50歳の更年期の真っ只中。
    小さい会社を運営していましたが、将来の保証はありません。
    このままこの国(東南アジア)いても資本を入れない限りは将来性が無いと思い、子供も手を離れたのをきっかけに日本への帰国を決意しました。
    日本での仕事の保証もなんにも有りませんでした。
    しかし、私の帰国決意を聞いた日本の会社が呼んでくれました。

    今思うと、一生懸命仕事をしていれば見てくれている人がいるものだという事、自分がして来た事は必ず返ってきます。
    将来の不安が出た時にはちょっと気持ちを休ませ、落ち着いて、再び前進してください。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧