ホエールウォッチングへ行ってみたい

レス21
(トピ主0
お気に入り0

旅行・国内外の地域情報

TT

題名の通りです。

最近お金もなく元気もなく
楽しみがが欲しくて、いろいろ考えていたところ
くじらが見たいと思うようになりました。

ネットで調べたところ、ツアーに寄っては近くでクジラが見れなかったりする場合があるようです。

できれば近くで見てみたいものですが。
どなたかご覧になった方はいっしゃいますか?
是非、感想をお聞かせください。

また、よいアドバイスがありましたら教えてくださいませ。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 最悪

    沖縄でホエールウォッチングへ行きました。
    よく調べてからの方がいいですよ!
    私はる○ぶに載っていた某会社へ申込んだのですが、最悪の一言です。ちょうど2〜3月のクジラが見える時期は、波が荒いことが多いそうで、漁船が出ない日もあるとか。

    3mくらいの荒波の中、クジラなんて見えるわけもなくただ延々と揺られていました。乗船者が約50人程いましたが、半分以上は船酔いの為船内は凄い状態。
    雨風が酷く、デッキに出ることもできず窓も閉められ、酔っていなかった人もつられて・・・。
    「どうでもいいから早く陸につけてくれ」と口々に叫んでましたね。最後に遠目でクジラが見えたらしいのですが「もうどうでもいいよ状態」そういう状況でしたので、時間を切り上げ終了。

    帰りのタクシーの方に聞くと「今日みたいな日は猟師さんも船を出していないよ。悪い会社に引っかかったね」と言われました。

    グアムでのイルカウォッチングは最高でした。
    ちなみに、クジラは保護のこともありあまり船で近づくことは出来ないと説明があったはず。なので双眼鏡を持っていきました。対応の良い会社が見つかるといいですね☆

    ユーザーID:

  • 第一目的はきつい

    船酔いしないタイプでしょうか。
    ホエールウォッチングは場所や天候にもよるのでしょうが、船酔いすると聞いて諦めました。

    見える部分も一部かもしれませんし、単発で行っただけでは見られる可能性は百パーセントではないのも覚悟しないといけないと思います。

    それだけの目的で行く旅行というのも難しいかと。
    過剰に期待しない方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • 運、不運

    自然のものなので、大金使って遠方まで出掛けても、その日はクジラが出没せず何も見えずにただ船に乗っただけで終わりという場合もあります。
    近くで見られないどころか、クジラの影も形も見えずに終わりって場合も。

    季節などによって違うので「○月のクジラ遭遇率○%」などと書いてある場合があるので、それを参考に参加すればいいと思います。但し、仮に85%でも、貴女の行った日が運悪く「15%」の方だったらせっかく行ったのにクジラは見られなかった〜!で終るわけだけど。

    どうしても見たければ何日か滞在して何日か船に乗れば見られるかもしれません。また、見られなくても「自然が満喫できてよかった」と満足して帰るつもりで行った方がいいよ。
    とにかく、見られるか見られないか、どんなクジラがどの程度何をするのが見られるかはその時の運です。

    ユーザーID:

  • 運、不運 2

    私が十数年前、高知のある漁村に行った時の話。

    複数の漁船がそれぞれの客を乗せて沖合いに出る。私の乗った船の船長は、これまでよくクジラに遭遇して客も喜んで帰ったというような話ばかり景気良くして私も大いに期待。
    しかし沖に出ても一向にクジラは現れない。船長は魚群探知機でチェックしたり仲間の船と無線で連絡を取り合っているがクジラの姿は無く。

    そのうちどこかの船がクジラを見つけたと無線で連絡して来て多くの船がそこに集結し始める。するとクジラは潜ったらしくそうなると何分間も水の中、次にはどんなに離れた場所に浮上するかわからない。

    クジラを求めて多くの船が右往左往。何だかクジラも大変だなと。(笑)
    結局クジラはほとんど見えずに終了。途中から船長は無言になり最後は挨拶もそこそこにそっけない。きっとバツが悪かったんだろうなあ。(笑)

    待合所でクジラのビデオを流していて壮大に潮を吹いたりすごかったがこういうのは何日も海に出てやっと撮れた映像。だからあまり期待せずに行ってね。

    小笠原など外洋に出て見るツアーはもっと遭遇率も高く雰囲気も違うのかも。そういうのにも一度行ってみたいです。

    ユーザーID:

  • 行きました

    もう3年ほど前になりますが、主人と南紀の方にホエールウォッチングしに行きました。(確かゴールデンウィークだったかな・・・?)
    その時は、見れましたよ〜!大きいクジラじゃなくて、小さめのマッコウクジラでしたっけ?真っ黒でパッと見には潜水艦?と思うようなクジラでしたけど、親子連れで、ちゃんと子供を真ん中にして川の字でおよいでたりとか、息継ぎしに海上に上がってきて、潜る時の尻尾も見れたし、潮も吹いてくれたし、めちゃくちゃ感動しました。船にはちょうど東大の研究生が乗り合わせていて、クジラの鳴き声とか聞かせてくれました。

    私は興奮しっぱなしで、岩をクジラと見間違えたり、海に浮いてるビニール袋をクラゲと間違えたり、でも3時間くらいのコースだったんだけど、あっという間でした(その時の写真を見ると、もうものすごいはしゃぎまくってる・・・ウウウ)是非お勧めですよ!私もまた行きたいです。

    ユーザーID:

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 座間味島

    沖縄の座間味島がすごくよかったです。
    船の真下に通ったりすごく近くで見れてよかったです。
    一生の思い出です。
    5年程前の2月に行きました。
    1年後の同じ会社のパンフレットを見たら、私たちの行った前後の日は見れなかったそうなので、いい日に行ったなと思ってます。
    私たちはJR緑の窓口でパンフレットをもらって、昨年のデータとかを見せてもらって旅行会社を決めました。
    実績のいい会社でいけるといいですね。

    ユーザーID:

  • ハワイ〜マウイで

    マウイでホテル主催のホエールウォッチに参加しました。
    とってもよく見えましたよ。
    あの、尻尾がひらっと海面から出てくる(?)シーンをそのまま見られました。
    確か、今くらいの時期がいいのかな。

    カタマランヨットでいくのがメジャーだと思うのですが
    結構揺れます・・・
    酔い易いのなら、薬を飲むことをオススメします。

    ユーザーID:

  • ホエールウォッチング

    私はオーストラリアのブリスベンで、ホエールウォッチング行きました。
    波が荒く、乗客の半分は船酔いで、紙袋(吐くよう)を抱えている人だらけでした。もちろん私も紙袋とお友達状態でした。

    そこに、白クジラと言ってブリスベン周辺でも数年に一度しか見られないという幻の白クジラが現れたので、必死で見ましたが、白いクジラになんの感動も覚えませんでした。今考えても、クジラは見ましたが思い出は吐いて苦しかった事とあの紙袋です。ガイドだけがエキサイトして喜んでいたのを、今でもよ〜く覚えています。

    船酔いしない方が行くならホエールウォッチング楽しいと思いますが、私はおすすめしません。クジラも3頭(1頭は白クジラ)見ましたが、気分が悪いと何の感動もありません。

    ユーザーID:

  • 小笠原とハワイで

    ザトウクジラを見ました。
    どちらの場所も規定があったと思うので、やはり双眼鏡とかが必要。写真を撮る場合は望遠レンズがないと何を撮ったか分からないかと思います。

    メキシコでのホエールウォッチングは触れることもできるようです。(ザトウクジラではなかったと思います)

    ユーザーID:

  • トピ主です!

    アドバイスありがとうございました。
    青い海さん、何だかえらい体験を思い出させちゃいましたね(笑)
    コメントを拝見して、つい「船酔い地獄絵図」を想像してしまいました。
    私は、船酔いをしない方なのではありますが、揺れの度合いがひどいと自信がないです。
    だっくさん、とめさん
    遭遇率も考えなければならないのですね。
    どうりで、海外のサイトを見ていたら
    「船長はベテラン20年、クジラの動きは熟知しています!」と
    やけに強調していると思いましたよ。
    よく見かける映像は、カメラマンのいいとこ撮りなのですね(そりゃそうか)
    旅行をするのに、それをメインにもってくると
    やはりキツいかもしれないのですね。
    まだいろいろリサーチしてみます。
    どうもありがとうございました。

    ユーザーID:

  • アメリカですが

    3月のサンディエゴ(南カリフォルニア)で行ったことがあります。見れたことは見れましたが、ほとんど緒の部分だけ。慣れてないせいか、探すのが大変でした。

    船酔いする人は絶対駄目です。具合悪くて死にそうでした〜! 往復3時間(うち、止まってクジラを探してた時間は30分くらい?)でした。私は車では酔わないんですが。それと、かなり寒かったです。

    他の方も書かれてますが、運、不運がありますので、そのためだけに出かけてもハズレになる場合があることも念頭に置いておいてくださいね。

    ユーザーID:

  • くじらおたくですっ

    わたしはここ何年も海外・国外問わずたくさんの鯨を見てきました。鯨はざっと計算しても千頭弱、いるかにいたっては何万頭と見ました。去年アメリカで鯨ウォッチング船でアルバイトもさせていただきました。

    ですが、野生の動物を見るのに“絶対見れる”という言葉はありませんと断言します。“絶対”はありえないのです。それを覚悟していなければ見る資格(までは大げさかもしれませんが・・・)は無いかも。見れなかった→あ〜つまんない→二度と行かないって感じるんであればあまりお勧めしないですね。

    トピ主さんがそういう方でありません様に。ホエールウォッチングですが、船に乗る前に必ず酔い止めを飲まれることをお勧めします。

    船に何度も乗って、慣れている私でも飲んでいます。特に国内で午後便のホエールウォッチングは必ず飲んだほうがいいでしょう。午前中は風も穏やかで波の荒くないときが多いのですが、そんな日でも午後からは風が出てくるものなのです。

    日本国内では沖縄ではザトウクジラが、和歌山ではマコウクジラが、四国ではニタリクジラが有名です。それぞれ見れる時期を事前に調べてツアーでなく、自分で行かれるのも楽しいものですよ。

    ユーザーID:

  • 逢ったことあります

    初夏でした。四国で、天候もよく波も穏やかでしたがポイントに行くまでかなりの時間小さめの船に揺られてグッタリ・・

    逢えるかどうか、という時になんと群れが現れて今思い出しても胸がきゅんとします。

    逢えるかどうか、不安もあるでしょうが、こんなときこそまずはパンフをもらうなりネットで調べるなり計画をしてみて下さい。いつか、その日は実現するんだから!

    ユーザーID:

  • 銚子

    お住まいはどちらでしょうか?
    首都圏にいらっしゃるなら、銚子からもツアーがありますので、検索してご覧ください。

    先月九十九里浜の南端の砂浜に小型鯨(イルカに近い種)が沢山迷い込んだニュースがありましたので、きっと沖にはいるんでしょうね。私も砂浜を散策していて、1頭みかけました。

    ユーザーID:

  • 是非一度は。

    ボストン近海で見ました。鯨は大小5,6頭いました。そのうちの一頭が私達の乗った船の真下を泳いで行った時は大勢の観客がおお、とおもわず声をあげました。大感激でした。(それにつけても船にぶつかる事がなかったので良かった!)夫はカメラで、私はキャムコーダーで多いにそれらの姿を写しまくりました。

    その一ヵ月後に観鯨船のひとつが一頭の鯨とぶつかって(船と観客には問題なかったが)その鯨が傷の為に死んでしまったというニュースを見ました。物凄く心が痛みました。事故は世界中のあちこちで時々起こっています。実は船が傷つく事もあるのです。(船が沈んだという事を聞いた事もあります)

    海上のルールをきちんと守っている、船客人数分救命用具を確保している、といったきちんとした信用の有る船に乗船して下さい。

    鯨の姿を実際目に出来るのは感動です。トピ主さん、是非いらっしゃって楽しんできて下さい。本当に一度は御覧になるべきです。

    ユーザーID:

  • ニュージーランド・カイコウラ

    …で2回クジラウォッチングをしました。

    1回目は6年前船で。NZ原住民族マオリの操業する会社です。ここはちょうど南極からの寒流と赤道からの暖流がぶち当たり、海溝があるので、プランクトンが多くて、クジラウォッチングだけでなく、いるかと一緒に泳ぐツアー、NZオットセイと一緒に泳ぐツアーなどがあります。この時は2〜3頭見れたと思います。見れなかったら、2回目はタダで乗せてもらえる筈。確立は90%を越えていたと思います。

    2回目は昨年遊覧飛行で。春は若いオスのクジラが群れを作る習慣があり、この時は10頭が固まって泳いでました。この遊覧飛行の会社と、先のクルーズ会社はお互いにクジラのいるポイントを連絡しあっていて、それが更に確立を上げているのだと思います。

    ユーザーID:

  • 実現するといいですねv

    グアムでイルカ、
    オーストラリアで鯨ウォッチングのツアーに参加しました。
    どちらも楽しかったですよ!

    参加する際は必ず酔い止め薬を事前に飲むこと、
    薬を余分に持っていくことをお勧めします。
    グアムは小さな船で1組のカップルが船酔い。
    オーストラリアは2階立ての船でしたが出港してから
    薬を飲んだ人達は船酔いで死屍累々状態でした。
    日焼け対策もばっちりでいきましょう。
    鯨に遭えるといいですね。

    ユーザーID:

  • 前レス訂正です

    前レス掲載された文章、一部分間違えていました。

    薬を飲んだ人達は船酔いで死屍累々状態でした。

    薬を飲まなかった人達は船酔いで死屍累々状態でした。

    ・・・の間違いです。申し訳ございませんでした。

    ユーザーID:

  • 2度行きました。

     1度は、沖縄でとまりんと言うところから出ているパッケージで行きました。値段は、8千円くらいでお弁当込みだったと思います。5年以上前なので、よく覚えていません。波は、高くかなり揺れました。肝心のくじらは、見れませんでした。

     2度目は、先月子供の学校のイベントでカリフォルニアのサンディエゴ近郊から出ているホエールウォッチングに行きました。肝心のくじらは、また見れず。

    しかも、小さい船でめったに酔わない私は、船酔いしました。ただ、1000頭以上のイルカの群れとアシカが見れて子供は満足したみたいです。その翌週に、サンディエゴ湾にくじらが迷い込んだニュースが流れ、知っていれば船なんかに乗らずにくじらが見れたのになんて思ってしまいました。

     他の方も仰っているように、運でしょうね。

    ユーザーID:

  • シャチの親子連れを偶然見ました

    カナダ在住です。 
    バンクーバー島沖(太平洋側)のトフィノ発のホエール・ウォッチングツアーに参加しましたが、たまたまなのか波も穏やかで船酔い客もいなかったし、間近に鯨を見れてよかったですよ。

    でも本当はもっとすごい体験をしたんです。 

    バンクーバー島のビクトリアからカナダ本土のバンクーバーへ定期運行しているフェリーでバンクーバーに戻るとき、船内で「船の左側にシャチがいる」とアナウンスが流れました。 
    それを聞いてすぐ左側の甲板に走り出てみると、なんとシャチの親子(大人2頭、子供1頭)がフェリーと並んで同じ方向に悠々と泳いでいるのです!!! 
    5分近く並んで泳いでいたでしょうか。 

    ジャンプしながら泳いでいたので全身しっかり見え、おまけに自然のシャチ、それも親子で泳ぐ姿なんてそうそう見れるものではないので大感激しました。 

    ちなみにカナダに10数年以上住んで、よく同じバンクーバー島行きのフェリーを利用していますが、シャチを見たのはこれきりです。 
    運がよかったんですね!

    ユーザーID:

  • 瀬戸内海

     瀬戸内海を航行するフェリーで甲板にずっといて、海面を見てると、まず一回はイルカが見られます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧