海外生活の不利点

レス19
(トピ主0
お気に入り0

生活・身近な話題

ゆうこ

最近、小町を見てもご覧の通り、留学・国際結婚は
ごく普通なことですね。

でもまだ多くの方が、「羨ましい」という印象を
お持ちのようですが、そこで海外生活のデメリット
を教えてくれませんか?

「ちっともよくないよ〜」というご意見、お聞かせ
下さい!

私がヨーロッパ留学中は、いつも「優雅ね〜」と
言われたことが、嫌でした。あとは、ホームステイ
を頼まれたり、お土産リストを送られたり。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それはね

    マイノリティとして生きていかなければならない事です。程度の差はあれ、どの国でも女性は元々自国でもマイノリティとしての生活を送っていますので、外国に暮らしでマイノリティとしての悲哀を感じる度合いが男性よりは少ないように思います。

    マイノリティとは頭数が少ないという意味ではなく、社会にとっての影響度が低という意味です。

    ユーザーID:

  • ヨーロッパ在住です

    私は40歳過ぎてヨーロッパに移住しました(夫が欧州人)。

    両親が共に70代、父は介護が必要ということもあって、日本を離れることは最後まで随分悩んだので、いまだに外国生活がいいとか、優雅だとかいう思いは一切ないですね。
    何かあってもすぐ帰れる距離ではないし、里帰りも経済的に大変。

    日本には気を許せる旧友が何人もいるし、自分の老後のことも考えると、やはり日本で暮らしたいと思います。

    ユーザーID:

  • デメリットですか

    自分の家族がいないこと。
    DVで離婚した後、複雑な法により、日本に帰れず、現地にむしろトラップされている。
    日本の家族に会いに行きたいだけでも、子供たちの父親(元夫)の許可をいちいちとらねばならず、このときばかりと意地悪をされて、なかなか許可をだしてくれない。
    子供が病気、自分が病気しても頼れるひとがいない。
    日本食が高い。納豆とか、日本では簡単に安く手に入る食品が高い。(でも家の子は納豆が大好き)
    子供の日本語が下手になる。
    自分も浦島太郎になる。
    もっとあるけど。。。

    でも、悪い事ばかりではないかも。
    このトピでは、デメリットありますか。と言うご質問でしたので、デメリットをあげて見ました。

    ユーザーID:

  • 永遠に外人です

    単に国籍という意味だけでなく、やはり日本で生まれ育っている場合は文化的に日本人なんですよね。私は米国に住んでいますが、何年たっても外人であるという感覚は抜けません。たまに日本へ帰ると同化できるというか透明人間になれて嬉しいです。しかもこの思いは海外生活が長くなるほど強くなります。

    ユーザーID:

  • 永住の方々のお話ほどには

    深刻さには欠けますが

    ★LAに住んでいたとき、所有する車はまだ一台で夫が通勤に使用。どうしても買い物が必要で、2キロ先のスーパーまで、ばっちり真っ白のジョギングウェアで高級住宅街の中を颯爽と走ってゆきました。往路は良かったのですが、復路は買い物を提げているので走れません。歩いているとアジア人は、どう見てもメイドなんです。悲しかったです。

    ★その国に通じているというだけで、上から日本人を見下す日本人にかなりお目にかかりました。日本で嫌な思い出があるとか、日本人の価値観が合わなくて日本を離れたのかなと思いました。この仕事がしたくて飛び込んだという方々は、お話が楽しかったです。

    ★アジアの途上国では、誘拐注意のため行動が制限されて発狂しそうでした。でも人とつきあわなくて済むから、こういう国のほうが好きという人もいます。

    ★親しくなった地元の方に、借金や日本入国の身元引き受けを頼まれ、断るのはつらかったです(借金したらいなくなります。日本に入ったら所在不明になります)。

    夫には、美術館や博物館がある国に行けるなら、会社にお金を払ってもいいと言っています。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 6つほど・・・・

    1)駐在でもないし、二人で必死になって日々の生活に追われているのですが、日本からは優雅に楽しく暮らしてみえるようで「いつまでも遊んでいないで帰ってきたら〜」といまだに言われます。(もう20年も住んでいるんですけどー)

    2)帰国する度に50万はふっ飛ぶし、帰国の前後は仕事の調整で死にものぐるいなのですが、いつでも好きな時にお金もかからず往復しているように思われています。義親が危篤で帰国した時も、持ち直したので帰ってきたら、翌日亡くなったと電話が入り、再び帰国する羽目にー

    3)さすがに最近では無くなりましたが、難しい文書の翻訳を頼まれます。(心理学や科学の文献なんて、日本語でもわからないのにぃ!)

    4)友達や親戚ならまだしも、知り合いの知り合いや、親戚の知り合い,隣人など、全然関係ない人々が突然やってきます。

    5)日本食はレストランも食材も,高い!

    6)現地語で自分の感情を100%表現できない。(まあ、日本語でも自分の感情を言葉で的確に表現するのは難しいですがー)

    ユーザーID:

  • 不利点は・・・

    そりゃあもうたくさんあります。でも一番辛いと不利と感じる事は親や兄弟そして友達がすぐ側にいないことです。当地にかれこれ7年程住んでいますが心から気の許せる友達はいません。心底信じれるのは主人だけです。それなりの友達はいます。助けてほしい時には手を差し伸べてくれます。でも私はどこか彼らに遠慮をしてしまうので、きっと本当のお友達にはなれないのかも・・・。
     あとは恋しい日本食の材料が3倍-4倍の値段で購入しなければならないこと。
      あと今でも帰国するたびに友人たちに「いいね〜。楽しそうで。」と言われますが、思っている程楽してる訳ではありません。オージーに混じって慣れない英語駆使して働くってかな〜り不利点です。でも働かなかったら生活苦しいし、専業主婦なんて夢の夢!!
     あげたら切りないのでここで辞めときます。(笑)
    でもなんとか幸せにここで暮らしてます。

    ユーザーID:

  • それじゃあ

    偏見・差別の対象になる
    言葉やコネのハンデがある
    親の看護が難しい
    キャリアや年金を中断される
    日本食を思いっきり食べられない
    治安や社会保障など必ずしも政府に頼れない
    文化ルーツ体験を共有できない(その国の古典文学や
    幼児期見たアニメなどを知らない)
    社会制度や文化習慣を一から習う必要がある
    ネットワークを一から始めなくてはならない
    日本の祝日・季節行事を共有できる人が少ない

    もちろん、海外生活の良いところもありますけどね。

    ユーザーID:

  • オーストラリア在住、環境もよいのですが・・・

    親が日本にいる限り、やっぱりいつで飛んでいける距離が欲しいです。実際、義父が危篤、母が手術など、そばに付き添ってあげたい時に行けなかったことがとても辛かったです。

    同年代の友人家族(永住権保持者)は、親が元気な内は親孝行のためにも日本に住むといって、5年前に帰国しました。

    長い間、海外に住み歳を取ってくると、庶民的な日本食がとても恋しくなります。こちらの日本人の50代の友人は、「老後に洋食の食事なんて食べたくない」と、自分が元気なうちに日本に住みたいと言うことで計画中です。

    最終的には自分が育った環境や食べ物が恋しくなるものなのでしょうね。私もいつか帰国したいです。

    ユーザーID:

  • どこにいても長年暮らしている土地が一番なのかな

    何組か国際結婚している家族と一緒に一緒に暮らしていて羨ましいことも大変そうなことも色々見てきました。「さみしさ」海外で暮らす事になると、大人になって親友を作る事は難しく、日本にいる友達とも長距離で会えない。電話も時差がある。旦那さんとラブラブでも離婚率は高いですよね。日本国籍は捨てられない奥さんを数人見てきました。「食事」その土地になれてくるとある程度は食生活も慣れてはきますが、かといってがらりと変えることはできない。栄養のバランスを考えると主婦としては肉や濃味ばかり出すわけにはいかず、子供の健康の事も考え夕食を旦那さん用と自分と子供用に2種類作られている家庭もありました。日本食はとても健康的とのこと。
    「教育」子供の事を考えると義務教育は日本で受けた方が水準がいいという声もチラホラ聞きました。これは海外でも住む国や場所によって違ってくると思いますが。
    留学にしても国際結婚にしても海外で暮らしていて思うのは日本人の商売(商品)に対するサービスのキメ細やかさや商品の多さ、危なくなってきたとはいえまだ治安の良さは世界一なのではと思いました。

    ユーザーID:

  • そりゃーもう!!!(アメリカ編)

    なんと言っても「食べ物」!!!!!
    日本にいた間も年の半分は海外でしたので、お食事はそれぞれの土地のものを楽しむべし、なんて余裕だったのですが、実際暮らしてみると、これが・・・日本人の味覚って本当に繊細、と思い知らされる毎日です。

    ちょっと高級なスーパーの魚売り場では、「Sashimiクォリティー」といってお魚を売っていますが、「あのねー」とお説教したくなります。
    日本の普通のスーパーのお刺身の新鮮さ、デパ地下のお惣菜の品質って、日本に住んでいたときには気がつかなかったけれど、すばらしいものです。
    ないものねだりしても仕方ないから、こちらにある素材で工夫していたら、自画自賛ですが我ながらなかなかお料理上手になりました。

    永住するつもりですが、生涯かけて親からもらった日本人の味覚を守っていくながーい戦いになりそうです。

    ユーザーID:

  • 私は2つ

    1。両親とすぐに会えない。
    2。娘の日本語教育がなかなか難しい。

    ユーザーID:

  • 家族や友達に会えない

    お金も時間もものすごくかかるため、滅多に家族や友達に会えないことです。
    もう丸4年、家族にも友達にも会ってません。
    友達は会えなくても、頻繁にメールしたり、ブログもあるのでそんなに寂しく感じませんが、家族はネットを使いこなせないため、月に1〜2回、電話する程度です。
    自分を親不孝だなと思うときが、一番凹みます。

    ユーザーID:

  • 嫌なことは。

    自分が少数派だってこと。
    日本では浮かなかった私。今ではバーとかクラブに行くとジロジロ見られる。(良い見方じゃないよ。)なにか言われる。(差別的セクハラ発言など)みんな飲んでるから本音が出るんだよね。悔しいし悲しい。

    私は日本の子のファッションってかなりおしゃれだと、アメリカに来てから思ったのですけど、こっちにいると流行についていけない事。22歳だし、まだ流行が気になるのに、日本に一時帰国したら浦島太郎状態。ダサい自分。ついでに、日本の服は安くてかわいくて質がいいと真面目に思う。こっちで服はあんまり買いません。靴もすっごいかわいいよね!ああ〜春なんてかわいい物の宝庫なのに〜。買い物しに帰りたい。

    日本にいる友達と話がまじ合わない!でもこっちの話すると自慢だと思われるからできないし。(自分の大学の話とかするでしょ?普通にさ。でも私は海外だからできない。)

    ユーザーID:

  • アメリカ大好き。続きます。

    正直言ってこちらの暮らしの方がずっと好きです。日本の混雑、また人間関係の難しさと離れて気分がすっきり。小町を読んでいても、日本だったらこんな心配をしなくてはいけないのねーと思うことがしばしば。

    アメリカは移民の国なので、ここで生まれていなくても自分が気にさえしなければ良いと思うのですが。ヨーロッパは歴史が古いから違うでしょうね。今住んでいる所は人口20万ぐらいの小さな町ですが、結構いろんな人種がいますよ。差別をする人達はどんなところでもいます。それはその人達の問題で私が悪いわけではないので 気にしないようにしています。

    ユーザーID:

  • アメリカ大好き。続きです。

    それでもやはり両親と離れていること(両親が病気になっても何もしてあげられない)と、食事 (大体手に入りますが、質にこだわると日本の物に比較にならない)というのがマイナスでしょうか。特に我が家は家族がべったりなので、両親と会えないのが一番悲しいです。

    洋服は背が高いのでこちらの物でも困りません。質もちょっと値段を出すと日本とあまり変わりないものが買えると思うのですが。特に有名デザイナー物は日本よりずっと安いような気がしますけど。

    私はずっとアメリカに住む予定です。日本には一時帰国以外では帰る予定はないです。

    ユーザーID:

  • 病気ですね。やっぱり。

    アメリカですが、医療システムと、保険のシステムが非常に悪いことですね。ここ3年くらい病気をしていますが、まず医者(スペシャリスト)に会うのに時間がかかりすぎ。1ヶ月待ったりしますよ。医者も、医療費が高いのを知っているから、日本でならその日にするような検査を、様子を見てとか言われて、その間にどんどん悪くなったり。。具合がすごく悪いのに、医者がバケーションでいないとか言われたり。。。本当に最悪です。
    ついでにですが、こんなに具合悪いので日本に帰国したいのですが、主人がアメリカ人のためなかなかできません。正直、日本ほど暮らしやすい国はないと思います。特に、弱ってる人間には。

    ユーザーID:

  • 日本にいるときとあまり違いはないかな。。。

    15年アメリカで一人暮らししていますが、日本にいるときと同じく郵便小包などが受け取りにくいですね。日本のCDや、化粧品を取り寄せたくても躊躇してしまいます。私の見かけからでは日本人とは分からないらしく、ネイティブ アメリカンかといわれることの方が多いです(名前はとっても日本人なんですけど)。地黒でラッキー!結構危険なエリアで暮らしたこともありますが、大丈夫でした。でも,所詮はマイノリティですから、日本人というだけで毛嫌いされたこともあります。これは、大学院の教授だったり、職場の上司だったりしたので困りましたが。まあ、これも女だからと何事につけ軽んじられていた日本時代とあまり大きな違いはないと思います。

    ユーザーID:

  • いろいろありますよ

    まず思いつくのは、永遠に外人である、という点かな。
    私はヨーロッパに居ますが、どんなに言葉を頑張っても、長くて居ても、仕事を持っていても、高い学歴を取っても、見た目がもう既に「外国人」ですから。
    スーパーのレジの人なんかに、挨拶してもらえない、無視される、という点。下らない、と思われるかもしれないけど、結構こたえる時もあるんです。こっちが挨拶してるのに、目を合わせようともしなかったりね。人間として見られてないみたいで。
    それからビザも。例えば、その国またはEUの国籍を持つ人と婚姻関係などがある場合、子供が国籍を持っている場合などを除いて、常にビザを延長していかなければならない。ぜったいに大丈夫って思っていても、更新時期が近づくとハラハラするのはいつものことです。「許可を頂いて住まわせてもらっている」という状況が嫌になることもたまにあります。
    後は、日本では何気なくそばにある食品が手に入らなかったり、すっごく高かったり、美味しくなかったりする点。餃子の皮とか、納豆とか、アゲとか。おからなんか絶対に手に入りませんね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧