育った環境が違うカップルの結婚

レス24
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

タジーっ子

始めまして、遠距離恋愛をしている24歳です。最近、彼との育った環境に悩んでいます。
私の家庭は、たまーに家族で外食をしていた家庭です。なので、成人してから友達と外食をしたり、お酒を飲んだりと、月に3回位夕飯を外で過ごしています。一方彼は、「夕飯は家族とお家で」という家庭で育っていて、彼自身、寮に住んでいるという事もあって、お酒はほとんど飲まないし、外食もしません。
ワガママだとは思うのですが、私は結婚をしても友達と夕飯を食べたり、お酒を飲みに行ったりしたいんです。でも、彼はいい気はしないと思うんです。
結婚をしたら何かを犠牲にしなくてはいけない事もあるとは思うのですが、この点に関しては考えが一緒の人がいるだろうし、そういう人と結婚したほうがいいのかなと思います。
最近、この事(外食)で彼とよく揉めるのでどうしたらいいのかと思っています。
厳しい意見でも構いません。何かご意見をいただけたらありがたいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 似てるかな。

    私の旦那のお母さんは昔ながらの専業主婦だったので常にご飯は用意されてて外食は少なかったそうです。
    一方私の親は共働き夫婦だったので休日の気晴らしに外食は多かったです。

    トピ主さんはまだご結婚してないんですよね?
    恋愛時代の今、全く外食しませんか?デートの時も全て家で手作り料理ですか?
    私の知人で、彼が外食嫌いで恋愛期から既に外食をしないカップルがいました。こうなると難しいかも。
    でも1回でも彼との外食の経験があれば悲観するのはまだ早いと思います。

    こういう夫だと確かに外食は減ります。でも妻だって頑張ってるんだし、たまの息抜きは必要。一生懸命家事をしてるアピール(笑)次第かもしれませんが、それを見る夫は『大変だなあ、たまには休ませたいな』って思うらしいです。私ら夫婦でもたま〜に外食に行きますよ。

    結婚はどんな相手でもお互い譲り合わないと生活できません。余り自分の理想を押し付けず、お互いの妥協点を見つける話し合いをするといいと思います。

    でも結婚すると分かるけど、外食好きな相手でもまた困ると思いますよ〜。本当、生活ってお金が掛かること掛かること!(笑)

    ユーザーID:

  • どこまでも平行線

    外食のみならず、育った環境も価値観も大きく
    違う人と結婚してしまいました。溝は埋まらないですね。妥協点を見出せれば問題ないと思うのですが
    気になるようでしたら、結婚を考え直してはと思います。私は、結婚してから気づいたので遅かりしでした。

    ユーザーID:

  • 彼に聞いてみては?

    「彼はいい気はしないだろう」って、推測に過ぎませんよね?

    彼も、意外とそういうのにハマるかもしれませんよ。
    それに、現代社会で全く外食しないでやっていくのって難しいです。時代が違うんですから。

    一回彼とその辺りを話し合ってみては?

    ユーザーID:

  • 環境が同じカップルは皆無。

    生まれ育った家庭が違う人間同士、それも男と女なのだから環境は違ってあたりまえ。
    そういう人間同士が一緒に暮らすというのは、お互いの価値観を尊重し合えるか、譲り合うかができるか、という事です。
    そうやって新しい家庭を作ることができなければ、結婚はムリ。

    ユーザーID:

  • 男はゆずらないでしょう

    父が外食できない人です。料理もできません。
    日曜に母が私とでかけるときは、お昼ご飯を用意していきます。
    これが一生続くとかなりの手間ですよ。
    寮で生活している人は、おそらく自分で作ることもあまりできないでしょう。
    彼氏さんは、たまに妻が事前に用意できないときに、出前をとるとか、一人で店にいくとか、コンビニに行くとか、その程度のこともいやがるかもしれません。

    食べることは毎日のことなので、手作り賛成派なら自分で料理ができないといけません。お相手の男性が料理ができるかどうか、みきわめてください。
    ひんぱんに作ってくれないなら、結婚相手にはおすすめしかねます。妻が少し出かけると「おれが餓死する」と脅すかもしれませんから。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 外食を嫌う根本的な原因は?

    結婚生活は赤の他人同士の共同制作ですから、最初は多少の差はあるにせよ夫婦間の価値観は違います。結婚は主張したり譲ったり妥協したりしながら、今までの「私」の生活とは違った、2人の生活と価値観を新たに築く作業なんです。なぜ彼が外食を嫌うのかということを十分話し合うこと。そこには何か理由があるのかもしれませんよ。

    そのとき彼が話し合いに応じなかったり、なんとか2人の妥協案を模索するような姿勢をまったく見せなかったりした場合には、それは外食云々の問題ではなく、結婚という共同作業のパートナーとしてふさわしいかどうかという観点から考え直す必要がありそうです。

    外食の好き嫌い自体で他の人を探していたら、きりがありませんよ。

    ユーザーID:

  • 辛口ですが

    今まで外食や外での友人たちとの付き合いについて
    理解してもらえなかったなら、結婚したらもっと
    制約も厳しくなりささやかな楽しみも持てなくなると
    思います。

    相手の気持ちや考え方に柔軟になれない、許せない人との結婚はおやめになった方がいいかもしれません。
    相手の顔色を見ながらコソコソ外食なんてしたくないでしょ?それが一生続くのだとしたら…

    家で食べるのも楽しい、外食の楽しさもわかる男性は
    たくさんいますよ。

    ユーザーID:

  • よく考えよう〜

    食に関する不一致は結構つらいですよ。
    私は特別外食好きではありませんが、家では作れないものをお金出して食べるのが好きですし、偏食もほぼありません。一方、夫はかなりの偏食、食自体に関心がありません。
    結婚したら美味しい食事を作って偏食を治そうと思ってましたが、いい年した大人を変えるなんて早々できるわけもありませんでした。

    今は完全にあきらめて、美味しいものは自分の友達と一緒に食べに行きます。結婚後控えていた友人との夕食も月に1回くらいですが出かけています。(結婚したんだからと自主的に我慢してたら、ストレスでつぶれそうになりました。)家での食事も、夫が食べようが食べまいが、自分が食べたいバランスの良い食事を作ってます。

    結婚とは不自由なものです。全部いいとこ取りなんてできません。でも、あまり自分をセーブしすぎると自滅します。(私は自滅しかかった。)
    現時点で揉めてるならば、けっこう厳しいかもしれません。

    よしながふみの漫画「愛がなくても喰ってゆけます。」の中に、主人公が彼氏に、あんきもを変な味と云ったことでぶち切れて別れるという話があります。食の好みの一致は大切です

    ユーザーID:

  • 同じです。

    うちも同じような感じです。
    すでに結婚している点は違いますが・・。
    私はたまに外食するのが好きですが、夫は家食が好きです。
    でも、たまには付き合ってくれますよ。
    彼が外食は許せない!みたいな感じだとちょっと困りますが、生活は何事においても妥協です、お互い。

    ユーザーID:

  • 妥協点

    外食のことだけで、月3回くらいでしたら妥協点を探したらいいかと思います。

    私は結婚8年目、毎週1回は友人などと外食ですが、ほとんど夫の飲み会の日に合わせています。だから普段の日は完全に家で食事です。
    飲み会のない週末は二人でデートです。

    ふたりで妥協点が探せないのでしたら、育った環境が違う以上に、生活を共にすることが困難なのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 妥協点

    育った環境はなるべく近いのがいいですよね。
    うちは、義母は働きながら家事もしていて、
    義父も夫も何もしません。
    つまり、いまわたしが働いて疲れて帰宅しても
    夕飯も洗濯も掃除もわたしがやるのだと言うのです。
    何度説明しても「お母さんはやっていた」の一言。うんざりします。
    いまは家事を放棄しています。
    ちなみにわたしの母は専業主婦、わたしが専業主婦になりたい、と言うと、
    「お母さんは働いて家計を助けていた」と言われます。
    夫の家は義母の犠牲(貢献?)の上で成り立っています。

    結婚前によーく話し合って、理解を求めるのがよいと思います。

    ユーザーID:

  • わがままとは思いませんよ

    私は外食や、飲みに行くことが大好きな主婦です。
    夫の母親も外食だけではなく、習い事や友達との旅行に忙しい人だったので、
    私が月に3回くらいなら、夕飯の時間にいなくても、
    何も言いません。
    その時は夕飯の準備はして出かけていますけどね。

    結婚後ご主人が「いい顔をしない」という理由で、
    疎遠になってしまう友だちも何人かいます。
    時々メール交換しますが、おしゃれもできない、
    友だちにも会えない、みんなが羨ましいとグチってばかり。

    結婚してもあなたが今の生活を維持したいのなら
    彼と話し合ってみてはどうですか?
    私は結婚するために、何かを諦めるというのは
    違うと思っています。
    妥協してまで結婚する必要はないように思います。

    ユーザーID:

  • 結婚してから変わること 1

    遠距離恋愛ということですが、結婚後の新居は?
    1)別居婚
    2)彼がトピ主さんの現在地に引越し
    3)トピ主さんが彼の居住地に引越し
    一般的には3)が多いので3)と過程しますと、トピ主さんの現在の外食・飲み友達とは遠く離れて、月に3回のペースでは会えなくなるのでは?

    トピ主さんも友達もそのうち結婚してダンナもちになるでしょう。すると自然に外食のスタイルも変化していきますよ。
    夜の外食が昼になり、お酒のかわりに喫茶店でケーキ、オシャレなレストランでランチ。
    さらにお互い子連れ同士になると、騒いでも迷惑かけにくいファミレスへとシフト(笑)
    オシャレなとこはしばしおあずけだけど、おしゃべりに花を咲かせたいだけだから「まいっか」って感じで。

    ユーザーID:

  • 食を犠牲にしてはダメでしょう・・・

    私の家も父が食い道楽で外食の多い家庭でした。

    これまで何人かの男性とお付き合いしましたが、
    食べることが好きな私は、そうでない人とは付き合うことすら難しいな、と実感しています。

    自分のことですが、

    食の嗜好が似ている、
    食に対してお金を惜しまない(分相応に)、
    好き嫌いがない。

    これだけは譲れなくなりました(笑)

    抵抗しない人なら、自分に合わせてもらうことも可能ですが揉めてるんですよね?

    食は生活の基本だし、それが好きな人にとってはとても大事。
    犠牲にしてはいけないと思います。

    ユーザーID:

  • 結婚してから変わること 2

    たまの外食は家のゴハンとは違う雰囲気と味を楽しめるし、お酒が入ればなおのこと楽しい。別に毎日外食したいって言ってるわけじゃない。(毎日じゃ飽きるし健康やお財布が心配だもんね)
    月3くらいでメクジラたてないで、ってとこですか?
    ワタシも同感です。彼に少しは妥協してほしいよね。
    本件にかかわらず、彼は相手にばかり妥協を求めるような意固地な人ですか?そんなら結婚自体を考え直した方がイイ。
    しかし、あなたが無意識のうちに彼の育ちを非難している可能性もなくはないんでは?
    彼のお母さんは、きっととても料理上手で、家庭は明るく彼はシアワセだったのでしょう。
    ところがトピ主さんが自分の実家の外食生活ばかり持ち上げると、悪気はなくとも彼の育ちを低く評価しているように受け取られる、ってことも考えられます。
    または何かコンプレックスを刺激している可能性。
    外食などまったくできないほどに経済的にカツカツな家で、子供の頃旗のついたお子様ランチが食べたくて何度も懇願したのに、ついに夢かなわぬまま大人になちゃってヒネくれたとか。

    ユーザーID:

  • 妥協点を見つけるのが大事

    私と夫も育った環境全く違いますよ。

    うちはサラリーマン家庭、夫方は自営。母は専業主婦、義母は仕事しながら家事育児全て一人でこなしてきた。手作りの食事、出前かお店のお惣菜。両親の夫婦仲が悪い、対してすごくいい。アウトドアとは無縁、一方車で寝泊まりする位のアウトドア一家。車は無く足は歩きか自転車か公共手段。一方は車オンリー。
    ね、全然違うでしょ?

    妥協点を見つけて協力しあう事が夫婦には大事です。

    ユーザーID:

  • 外食だけなら。

    育った環境なんて同じ人はあまりないですよね。
    もめるのが外食の件だけなら問題ないと思いますよ。

    私の実家も 人数が多いので時間が合わないので
    ほとんど外食なんてしませんでした。
    旦那は外食が大好き。
    私は最初、ビックリしましたが、慣れました。
    今は 食事の用意しなくてよくて おいしいものが
    食べられるなんて幸せと思います。

    ただ 誰にでも考えはあるし、育って来た環境の
    違いもあるのだから すりあわせようという努力を
    しないと上手くいかないと思います。
    外食の件だけなら ちっぽけなことだと思います。
    違った環境で育った人が結婚するから面白いことも
    いっぱいあると思います。悪いことばかりではありません。

    でも行きざまや 全てが違い過ぎたら考えざるを
    得ないと思います。

    お互いの意見をお互い否定しないことだと思います。
    (書きながら自分に言い聞かせてます)

    ユーザーID:

  • 楽しい事がわかれば

    うちの夫の実家はまったく外食なし、和食のみです。義父は昼ごはんも家に帰って食べてたみたいです。私の実家は週末はいつも外食、母がイタリア料理をならっていたこともあって家の食事も洋食中心でした。私達が結婚する時、夫は「ワインだけは嫌い」とか「チーズは食べた事がない。」とか言ってました。
    しかし、結婚15年、夫はすっかり変わりました。
    とにかく、外食は大好きです。朝ごはんも味噌汁、ご飯を食べたがる息子達を尻目にひとりピザトーストなどです。
    ワインが一番好きになりました。
    夫は結婚して新しい食文化に出会えて楽しい、と、言っています。
    一方、私はなぜか和食党になってしまいました。
    家での食事の方が美味しいし好きになってしまいました。
    彼が外食も家の食事も両方楽しいとわかればいいですね。
    さらに食事づくりを二人でやることの楽しさも彼に知ってもらいたいですね。

    ユーザーID:

  • たまの外食すら許されない??

    友達と出かけて外食するのが許されない家庭って、、?
    学生時代や会社でも、いくらでも機会があるでしょう?
    特にホドホドに飲みに行くサラリーマンでないと、職場のみしか、全く付き合わないなんて 対人関係が健全に保てないのでは??

    一度子供の頃の外食禁止(外食嫌悪)の家族の話を、ゆっくり聞いてみてはいかがでしょうか?反論したり、非難は決してせずに、彼の家庭内での”外食反対”の根拠をじっくり聞くことをお勧めします。”他人との外食、談話が大嫌い”な家庭方針なら不幸な結婚生活になりそうで恐いです、、

    女同志で気軽に外食、ちょっと飲み会
    月に数回程度

    どこが我侭で悪い事なんだろう?
    ケンカの種とは、、
    心の狭い彼氏なんですね

    ユーザーID:

  • どっかで聞いたようなお話ですね…

    読んでいて、あなたの彼は私に似てるかもと思いました。で、彼はトピ主さんに似てます。よって、私たちも揉めます(笑)思った事は…

    トピ主さんは外食を友達と(彼抜きで)したいのですか?それとも彼を含めてあなたの友達と楽しみたいのですか?

    と言うのも、私は外食はなるべく二人で楽しみたいんです。私の友達や彼の友達を含めてのディナーは気を使ってしまうし嫌なんです。食事に集中出来ないというか…(飲み会とかは別ですが)
    私の家も家族単位で行動する事が多かったので(外食等)、他人を交えてディナーをするのは何か落ち着いて食べれないです。

    あと、トピ主さんが彼抜きで自分の友達と外食したいというのなら、たぶん彼のちょっとした嫉妬でしょうね。私がそうです。ディナーは自分の家族を囲んで食べる大事な時間だったので、そういう神聖な(!)時間を他人と、しかも自分を差し置いて過ごしている事に対しての嫉妬や違和感だと思います。

    続く…

    ユーザーID:

  • 続きです

    …続き

    彼も、私と同じく良く言えば「家庭第一」悪く言えば「至極閉鎖的」な家庭で育ったのかしら?

    私は独占欲が強いです。彼の家族が経済的な理由以外でそういう生活をしていたなら、家族に対しての独占欲がかなり強くなる様に成長した可能性もありますね。
    家族観がかなり違います。徹底的に話し合って妥協点を見出すことだと思います。だって、どっちが悪い訳でもないですから。

    私も、結婚後はある程度妥協しなくちゃと思います。もちろん彼にも妥協して頂きますが!

    ちなみに、遠距離中との事。私達もそうでした。よって、私もトピ主さんの彼の如くゴネました(笑)
    まして、彼は寮住まいで自由が利かないんですよね?自由に生活を謳歌しているトピ主さんが単純に羨ましいのかも。独占したくても独占出来ないし!
    良く言えば「それだけ大好き」悪く言えば「わがまま」。

    私も、自分で書きながら耳が痛いデス。

    ユーザーID:

  • うちとまったく一緒

    私のうちは家族で旅行したり、外食したりは当たり前の家でしたが、旦那方は外食した事も旅行に行く事もなかったそう。
    すでに義父は他界しておりませんが、義母の健在時に外食や旅行を誘っても、私の両親が同席した際にたった一度来ただけで、それ以降は私達がどんなに誘ってもこなかったです。
    旦那も結婚した当初はなかなか行きたがりませんでしたが、私がどこかしらに連れ出すうちに、気にいってきたらしく、今は旅行、外食どこでも行くようになりました。
    あなた次第で旦那さんも変わりますよ。

    ユーザーID:

  • 許容範囲

     私も結婚してから育った環境の違いを痛感しました。最初にしまった!と思ったのは、お姑さんが専業主婦で、しかも料理・掃除・縫い物など家事全般に完璧な主婦のプロだったこと。
     それに対して私の母は、仕事や畑など骨身を惜しんで働く人だけど、家事は超手抜き(笑)。どっちが良いとかどうとかでなく、それぞれの家の文化、地域の文化が違っていたということです。

     主人は一人暮らしの経験があり、料理もそこそこ出来るのに、結婚した途端、買い物にも行かなくなりました。主婦の仕事だからだそうです。当然外食はせず、私は準備で外食なんてとんでもない。料理の手を抜くと怒られ、働きながらの家事は精神的に随分負担でした。もし、トピ主さんがこれからも仕事に邁進したいならば、家事は共同作業だと思ってくれる方か、何でも喜んでくれる方か、何にもしなくてもトピ主さんが許せる人か、注意した方が良いと思います。やはり、おのずと限界はあると思います。

     私はその時期を乗り越えることが出来ましたが、払ったエネルギーは大きかったかもしれません。

    ユーザーID:

  • 私がそうでした。

    関東−中国地方の遠距離恋愛の末、結婚しました。

    私の実家は週1〜2回は外食で、テーブルにはワインが
    欠かせない一家。私は一人でも飲みにいく人でした。

    夫の実家は商売をしているので、味わうというより
    エネルギー補給のための食事という感じ。外食はなし。

    私も初めはすごく心配していたんですが
    子供が産まれて意識が変わりました。

    小さい子がいると外食どころではなくなりますよ!
    それに、毎日台所に立つようになると、冷蔵庫のなかの
    やりくりを考えて、外食したいと思わなくなります。

    結婚しても生活が全く変わらない人、というのは
    いないんじゃないでしょうか。それが現実ですよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧