産前産後の姑の仕打ち

レス53
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

お臍

レス

レス数53

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 性格が悪いお姑さんなの?

     これがお姑さんの嫌味、意地悪なのかどうかは普段の彼女との関わりから判断して下さい。日頃も感じが悪い? 嫌な性格の方?

    と言うのも、この程度は私も娘に言いましたし、私も母から言われましたから。娘の妊娠、出産過程で自分の時を思い出すのです。それが懐かしくて嬉しくて・・・。

    新聞を持ってきてくれたなんて良いお義母様。確かに昔は産後すぐは細かい字を読むのはいけないと言われました。でもアメリカで出産した時は看護婦さんが新聞、雑誌を売りに来ましたから、それから考えると今は問題ではないのでしょうね。だから「昔は良くないと言われたけど現代は構わないから」と言う気持ちで持ってきてくれたのですよ。

    常日頃からちくちくと嫌味を言っているようなお姑さんなら別ですが この時だけのことで悪気がないようなら忘れましょう。これから先長いのです。お姑さんを嫌って避けていては事が大きくなってしまう恐れがありますよ。

    ユーザーID:

  • いるいる!

    本人は何の気なしに体験談を語っているだけなんでしょうね。
    私も姑・義妹に
    「顔があまりかわいくないから、あまり他人の前で?カワイイ?って言わない方がいいよ。恥ずかしいから。」
    と言われました。
    普段は優しいし、気さくで明るく楽しくとてもいい関係を築けていたのですが、ニブイ私も深く傷つきマタニティブルーになりました。
    今では私も恨んでないし(けど絶対に忘れません!)、孫を溺愛してますけどね。
    いいおばあちゃんです。

    気にしない事が1番です。
    何を言われても「へぇ〜」これでおしまい。
    ながしちゃってみては。

    ユーザーID:

  • えーっナーバスすぎじゃないかなぁ

    発言の数々、悪意がそんなにあるとは思えませんよ。普通の会話の一部だと思います。難癖をつけてるとしか思えません。とはいえ、産前産後は妊婦はナーバスになってしまうものです、とぴ主さんにも悪意はないのでしょう。
    私は、自分からもいろいろ夫(つまり義母さんにとっての息子)が生まれたとき、どんな状況(母体も)だったのか、どんな新生児だったのか、そして、その後どんな赤ちゃんだったのか、沢山聞きました。やはり遺伝か、同じようになることが多かったです。(つまり母の話はとてもためになりました)とぴ主さん、もっと視野を広く、寛容な心を持って、する必要のない憎しみを増やさないようにしましょうよ。
    私はちなみに、義(と書くのは嫌いです!)母さんのことを尊敬もできるし、甘えられるし、相談もできるし、いろいろ教えていただいたり、で、とっても、大好きです。

    ユーザーID:

  • 本当に・・・

    姑にそういう人が多いのは、やはり「姑だから」なんでしょうかね?トピ主さんの姑さんは、自分が褒められた事を言いたくてしょうがないのですね。というか、自分を自慢したくてしょうがない。つまり、あなたにへ〜すごいですね〜と尊敬してもらいたくて、ついつい自分の武勇伝?を語ってしまうのでしょう。
    尊敬して尊敬してって思えば思うほど、私はすごい、私はすごいと思うほど、尊敬されないのにね。
    とくに、そうできなくて苦しんでる人に自分の自慢話をすることが、どれだけ傷つけるか考えもできないのは、本当に年だけとって、人間が幼いのでしょう。親にいつもいいこいいこされて育った人が大人になるとこうなる。でも私はあなたの夫の親なのよという立場にあぐらをかいて、やりたい放題言いたい放題。本当に心配してくれて言ってたら、絶対に心は通じますよね。結局「あなたはだめね〜」と思ってるのが伝わるから嫌になるんですよね。今はまだ何も言い返せないと思いますが、もし、嫌な言い方と思ったら、それって嫌味ですか?とはっきり言うと、黙ると思います。それくらいしないと気がつきません。まあ、トピ主さんが大人になってあげるしかないです。

    ユーザーID:

  • 姑はまだ他人だしいいよぅ。。。

    だんな様のお母さんは所詮他人です。
    生活の感覚が違うのです。それが旦那さんに影響しているので悲しいことです。

    私は実の母親に産後2日目からいじめられましたよ。
    昼寝をしたら文句を言われ、義母が挨拶に来るというと厭味を言われ、寝ているときに掃除機で部屋をたたかれなど色々されました。(姉にもやられてた)
    何様のつもりっていわれたので実家にいた1週間、家族6人分の食事の準備(朝昼晩)、各部屋の掃除、みんなの洗濯物を洗って干して、時間が無いから仕方なく夜中に自分の分と子供の分の洗濯をしていました。オムツだったしたくさんあっておまけに秋口で外に干すのは寒かったなあ。
    宿泊代としてお金を置いて出てきましたよ。角が立つので主人にお金を出してもらったけど。

    いろんな嫌なことって姑より実の親にされると情けなくなりますよね。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • どこにでもいる

    たまたま嫌な事言う人が姑だっただけで、
    そうゆう発言する人は何処にでもいますよね。

    職場だったり、ご近所だったり、親戚だったり、兄弟だったり、実の親だったり、義理の親だったり。

    トピ主さんも今まで姑さんと同じようなタイプの人に出会った事ないですか?

    無いとしたら、それは今まで運が良かっただけです。

    いちいち気にしてたら生きていけません。
    笑顔でかわして、好きな曲でも聴いて美味しいもの食べて、小町で発散して忘れましょう!

    ユーザーID:

  • 能天気なもんだよね

     私も些細な事だけど出産を機に姑が大嫌いになりました。
     内容は・・
     1  子供の名前を初めて発表した時の第一声「あら、違うのね」←2つ程候補として出されていた自分の名前にならなかった。・・うちの両親もいる前なのにやめてー。
     2  お宮参り(日本橋)→正月義父母宅訪問→里帰り出産を終え帰省。という週末毎の遠出3連打を助産師さんに「あなたの体と赤ちゃんが疲れるからどれか延期にしなさい」と言われ、お宮参りを延期にした所「病院は過保護だから」「あら、孫に会えるのが1週間伸びてしまうのね」と、夫に言った。(私は結局疲れが溜まり年末年始は吐く日が続いたので、やっぱり無理だった。年始も来て当たり前に思われていた)
     皆さんからすると甘いのは承知ですが、
     大っ嫌い。

    ユーザーID:

  • 楽しく生きましょ

    つわりの話は嬉々として話すお姑さんの方が、「気合が足りない」「甘えている」と嫌な顔をするお姑さんよりも遥かにマシです。(↑私の実父と義父)

    陣痛の話も「我慢強いと言われた」と話すあたりから、激痛である事を一応肯定してくれているわけです。「こんなの痛いうちに入らない」と言われるよりはマシです。(↑私の実母が酷似発言)

    母乳だって「何が何でも母乳!」と言われたわけじゃないんですよね。(↑出産した病院)

    私も色々言われましたが、マイナスの感情を持ち続けるのって非常に疲れるので忘れました。(笑)ちなみに私は二児ともに重症妊娠悪阻で入院し、二児ともに帝王切開で出産しました。二人とも完母は無理でした。

    色々実母もカチンと来ることを言ってくれましたが、義父母が二人目の性別(上の子と同じ性別だった)を聞いてすぐ「三人目を頑張れ」と言ったのに対し激怒してくれた事で帳消しにしました。

    「あんなに悪阻がきつくて、お腹を切らないと産めないのにまだ産ませるつもりか! 孫はもういらない!娘の体の方が大事〜!!」(実母は開腹手術経験者)

    まぁ・・・嫌な事は忘れた方が楽しく生きる事が出来ます。

    ユーザーID:

  • 姑さん、自己中心ですね

    思いやりの欠片もない姑さんですね!これから先が思いやられますよね。それなりに付き合っていくしかないでしょう。自分の親なら、別の言い方をしますよ。

    ユーザーID:

  • 仕打ち

    仕打ちというからどんな仕打ちかと。

    同居して産後すぐふき掃除をさせられた、などだと思ってしまいました。

    その程度のことはよくあることです。
    が、ヒジョーに不愉快であることはたしかです。

    でも、こんなことでくよくよしていたら長丁場の結婚生活はできません。
    これからまだまだヤマのようにこの姑さんといろいろあるでしょう。

    なので、とにかく強くなるべし。
    「こんなこと言われた」「あんなことされたの…」って泣いてぐちを言ってないで「きちんと言い返し」「私はこうなのだ!」とはっきり意志表示をすること。



    グチしか言えない「嫁」ってその努力をしないのです。
    言われたまんま。
    だから「この人は何を言ってもいいんだ」と思われる。
    つまりなめられるのです。
    そして大事なことは夫の教育。

    実は私もそうでした。
    今では夫の方でだれも私に言うものはいません。
    ひたすら強くなれ!
    がんばってね。

    ユーザーID:

  • 「仕打ち」というより、そういう性格なだけでは?

    「仕打ち」と言えば何らかの悪意を持って意図的にそういった行為をしたように聞こえる、話を聞けば単に「さほど悪気は無く単に無神経な人」のような。

    貴女の方は義母を嫌っているようだが義母の方は案外無邪気に貴女のことを気に入って身内意識で、だからあまり他人行儀な気遣いをせずにリラックスして素のままで発言しているだけ、貴女にこんなに嫌われているとは思いもよらないのかも?

    こういう人だと思って割り切って付き合えば。別々の人間なんだし逆に貴女の言動で義母の気に触っていることもあるかもしれないし。

    新聞の件も彼女なりの善意、心遣いなのでは。自分自身が入院した時にそう感じたからじゃないかなあ。
    「あまり細かい字は身体に障るというけど、でも読みたいよね、ちょっとぐらいはきっといいよね」という感じで、これだけ見ても「あまり細かいことには気にしないざっくばらんな性格」「貴女のことを好いていて、彼女なりに気を配っている」(貴女に義母の方は好意を持っている感じ)
    貴女は馬鹿にして新聞持って来たの?+身体に悪いとわかっているのにどういうつもり?と随分悪意に取ったようだけど。

    ユーザーID:

  • 母の話ですが、

    ウチの母も祖母と色々ありました。
    (同居です。)

    沢山ありすぎてよく覚えていませんが、子どもの頃から母をいじめる祖母は嫌いでした。

    妹が生まれた時、祖母は一言だけ言ったそうです。
    「なんだ、女かい。」
    子どもを生んだばかりの人にかける言葉じゃないですよね。

    ちなみにこの話は妹は知りません。

    ユーザーID:

  • 嫌味を言う人が悪い!

    こういう相談があると、「気にする方がおかしい」というようなレスがありますが、本人は気になってイヤだから相談するんです。
    これが赤の他人に言われた言葉だったら気にしなければいいし付き合わなければいい。
    義母だから困るんです。イヤだけど会わなくちゃいけないかな、「会いたくない」と言ったら主人が可哀想かなとか色々考えるから悩むんでしょう。

    気にしなければいい・・という考えの人は、他人にそういう事を言っていながら気づいてない人が多いので気をつけましょう!

    嫌味を言われたらその場で「そういう風に言われると気分悪いです。」とか「チョームカツク」とかはっきり言った方がいいですよ。
    結局最後まで嫌な気分になるのは自分なので、その場解決方式でいくのが一番です。

    ユーザーID:

  • わたしならまったく気にならない

    トピ主さんは、日ごろから、他人の自分に対する行いを、すべて、「いやみ」とか「仕打ち」とネガティブにとらえる方なのでしょうか。
    なんだか、トピ主のような方とは、友人・知人としても付き合いたくないですね(笑)。
    私だったら、まったく気にならない。「へえ、そうなんですか〜」っていろいろ聞いちゃうと思う。私、無神経ですか?

    誰でも似たような経験を過去にしていれば、つい「昔はこうだった」「わたしはこうだった」「こうやって乗り切った」「こんなこともあった」って、口にしてしまうのが、常ではないでしょうか。そこから話題も発展するというものです。
    姑さんも、あくまでも過去を思い出して口にしただけで、嫁への仕打ちだなんて、まったく考えていないとおもうんだけどな。

    そもそも、トピ主にとっては、その方の性格うんぬんは別として、「姑」という存在そのものが、目の上のタンコブなんでしょうね。

    トピ主さんの性格、かわいそう。

    ユーザーID:

  • まだまだ

    不快に感じてしまうのは仕方ないけど、仕打ちとは言いすぎでしょう。
    仕打ちと言うより無神経、失言の類です。

    私もいずれ姑になるけど、嫁に対して失言皆無とはいかないと思う。
    その度に、仕打ちだ嫌味だ、と大騒ぎされたらつきあいきれない。
    姑だって、嫁に嫌な思いをさせられることはあるんですよ。
    本人は自覚してないでしょうけど。

    ユーザーID:

  • わからないんでしょうね

    いいように(?)考えて多分トピ主さんがそんなに嫌がることを言っていると分かってないのでは?
    だからと言って許せとも言えないですが。

    うちの姑も人の心に鈍感な人で困ってます。
    産後病院へ見舞いというか孫の顔を見に来た時も
    姑が色々聞いてくるので私が話し始めると、
    私のときはどうだったとか人の話をさえぎって自分の話ばかりしていました。
    たまりかねて夫が「自分の話はもういいから!」と言ってくれましたが。
    授乳の時は授乳室までついて来てずっと覗き込んでるし。
    なんだか疲れちゃってやめてくれとかいう元気もなかったですよ。

    普段から思っていることをそのまま口にするタイプで
    ムカッとくるんですが本人は悪気はないらしい。
    人の話も行間を読むという事をしないので遠まわしな表現が通じないし、
    かといってこちらもストレートに言いにくいし・・。

    私とはあわないんだとうなと諦めてます。
    義弟嫁は姑と似たようなタイプなので仲良くやってるみたいです。
    なので最低限の付き合いしかしてません。

    ユーザーID:

  • トピ主さんに質問です。

    トピ主さん、ごめんなさい。私もこの程度で「仕打ち」と言うのは大げさだと思います。
    だって、トピ主さんが言われたことなんて経産婦の方なら普通に話してくるし、義母さんも体験談として話しただけのような気がします。
    もしこれが義母さんの台詞でなく、トピ主さんの経産婦のお友達だったとしても「仕打ち」と捉えますか?
    それともお友達が同じ話をしたら「経験談」と捉えますか?
    お友達でも「仕打ち」と捉えると言うなら、ちょっとトピ主さんの考え方怖いですね。
    ちょっとした事も何でも悪いほうに考えられたら付き合っていくのも疲れちゃいます。
    人の親になったのですから悪い感情に囚われず、大らかな気持ちでいましょうよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です 1

    みなさん、レスをありがとうございました。
    書き方が悪かったのでしょうが、私は「出来る限り」姑を避けていて「本当は」義実家に行きたくないのであって、全く避けているわけではありません。社会生活上の礼儀は欠かしてはいないと思っています。
    同じようなことを言われたけれど気にならなかった方と、連絡を断っている方がいたことに、考えさせられました。
    私もいっそ関係を断ってしまえれば楽だとは思いつつ、しまさんと同じく、夫に申し訳がないので、なるべく会わないようにしているのです。この「なるべく」というところがポイントですよね。
    でも、連絡を断ってしまった方々は、その人にとってはそれだけのこと、そうするしかなかったのだと思います。
    しまさん、相談できる機関、良いところが見つかるといいですね。こちらこそ、ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • トピ主です 2

    考えてみたら、私は夫より七歳年上なのですが、結婚したての頃に姑が、私の両親に私のことを、いつもの上品な、人当たりの良い素敵な笑顔で、さらりと「押しかけ女房」と言ったのだそうです。
    積極的なのは寧ろ夫のほうだったのに、一人息子に七歳も年上の嫁では、盗られたような気持ちになるのも無理はないかもしれないと思い、口ごたえはおろか、姑の言うことに口ごたえはおろか、反論すらしたことはありません。朝に私が作った味噌汁を、「お昼はうどんにしましょうね」と、目の前で捨てられた時も。義実家に行った時に麺類が食卓に上ったのはその時だけです。丼ものも作らないという上品な姑ですので。
    育児に関しても「靴下を履かせないのか」「他の人はチャイルドシートに乗せず、おばあちゃんが抱っこしている」
    など、口出しが止まらず、そういうやり取りも疲れるのだと思います。
    医者が言った、法律で決まっている、も通じません。意地になっているとしか思えません。

    ユーザーID:

  • トピ主です 3

    私には、幼い頃から続けている楽器があって、出産前は「私が赤ちゃんをみてあげるから、お臍さんはこれまで通り活躍してね」とうるさかったのに、産まれた孫が想像していたのと違ったようで、「カンの強い子なんでしょうね。私だったら持て余してしまうわ。お臍さんも楽器
    出来なくて大変ね〜」と、予防線(?)を張られました。もちろん、最初からあてにしてはいませんが、このように勝手な人なんだと割り切るのが得策なのでしょうね。

    ユーザーID:

  • トピ主です 4

    共感してくださったり励ましてくださった方々、本当にありがとうございました。
    一言一言が心に染み、また、同じような思いをされている方がいることに、時々涙ぐみながら読ませていただきました。

    気にしすぎ、気にするほうがおかしいというご意見も、ありがたく読ませていただきました。
    新聞の件、私は高齢での出産だったので、殊更自分を労わる気持ちが強かったのかもしれないと思いました。
    でも、『「煮え湯でもかけられたように」怒りを繁殖させて・・・』なんて、あかまんまさんはちょっと強引に読み取り過ぎかと思います。嫌なことを言われたときには恨みや怒りの感情しか出てこないものだろうかと驚いています。加えて、お産したのが完全母乳育児の病院でしたので、ご心配は無用です。ありがとうございます。

    予想外にたくさんのレスがついていて、本当に驚いています。色々な意見があるにせよ、それだけ関心のある事柄だということでしょうか。
    みなさん、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

  • わたしも嫌、シャットアウト!

    わたしもそうでした。

    産後も産後、まさに直後に、よくもまあそんなに自慢できるもんだと思えるくらい自分の出産話を語り始め、延々と語った最後に「おめでとう」といって帰りました。

    そのとき、わたしは緊急帝王切開になった難産だったのですが、お姑さんは超安産だったということを自慢していました。

    ここぞとばかりに自分の話を語りに来たという感じでしたよ。ものすごく疲れました。
    二番めの時には、理由をつけて入室を断りましたよ。それくらい嫌な思い出でした。

    普段でも口を開けば、
    「わたし、」「わたし、」「わたし、」
    ちょっとした嫌味を混ぜて嫁を落としつつ、自分がいかに立派かを語ります。

    自分の話しかしないのなら、相手なんかいらないですよ。わたしも不快感が増すばかりなので、会話はもう最低限の「はい」「いいえ」ぐらいと相槌ぐらいに、自慢話をシャットアウトしています。

    一度本人を前に切れましたけど、聞く耳を持たず自分話が大好きなところは一生直らないと思います。

    いい嫁やめたほうがいいです、はい。

    ユーザーID:

  • idennshi

    嫁姑問題は、この世の中の永遠の課題なんでしょうね。

    いろいろとあると思うけれど、大好きな旦那さんのお母さんとか大好きな旦那さんの家族。とかって思えませんか?

    結婚した旦那さんを生んでくれた母親ですよね。

    私は旦那をみると、ああこんなに素敵な旦那さんを生んでくれた育ててくれたのはこの両親なんだな〜。
    って思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧