いい親、悪い親、これから。。

レス12
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

マリン

私は特殊な両親を持ったと感じています。両親は仲が悪く、最近まで父が一方的に悪いと思っていました。父は、母とだけでなく私、兄とも会話をしない人です。28年の人生の中で真っ当な会話は一度もありませんし、私も自分から話しかけるのがずっと怖かったのです。父は毎日帰宅し、定年まで働きました。父親とはこんな物なのかと思い育ちました。母は旧家の超お嬢様育ちで厳格な上、子供のためと言って自分の古い価値観を押し付ける人で、冷たい言葉も平気でぶつけます(家族に)。悩みも一人で溜め込み辛い子供時代でした。現在海外に永住し、たま〜にする電話に父がでても、私の声を聞いた瞬間に母に電話を手渡します。父と一生会話を持つ事はないでしょう。母とは昔から価値観でぶつかり、お互い傷つけあいました。父65、母63、二人とも私と話が出来ない。。これから許し、分かり合えるようにするには?アドバイスお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「許し」は相手の気持ち次第・・・

    お辛いですね。「許し」というのは、自分ひとりではどうしようもありません。相手次第です。また、年月ってけっこうあなどれないものがあります。
    きっと「私がこんなに辛いのに」そう思う日もあるかも知れませんが、根気良く、電話が駄目なら手紙や葉書で伝えても良い(文字の方が後からじーんと来る場合もあるかも知れません)と思います。
    気持ちがあれば、いつか伝わると思います。その日が早く来るといいですね。

    ただ、親子間で憎むというのは、憎んでいるほうも辛いです(うーん、どちらかというと「子供は親孝行するべき」という概念がある分、子供のほうが辛いかなぁ)。自分はおかしいんじゃないかとか、多分お父さんも考えて悩んでいるのではないでしょうか(憶測ですみません。うちみたいに全く罪悪感がない場合もあるのであまり断定ができませんが・・・)。
    気持ちを強く、長くもってくださいね。

    ユーザーID:

  • 自分の心構えで平穏に

    私も話の通じない、価値観の合わない、分かり合えない不仲な両親のもとで孤独に成長してきました。

    自分なりに葛藤し円満な関係を求め対話を試みた時期もありましたが、無理でした。

    結婚して自分の新しい家庭を得てからは
    「寂しくて悲しいけど、親は自分とは別のにんげんだから、無理に通じ合わなくてもお互いが平和ならいいや。」
    と思うようにしています。

    他人の温かい親子関係がうらやましい気持ちもありますが、年老いた両親に今更劇的な心境の変化を求めません。
    不仲なまま結局最後まで添い遂げるであろう父と母を思うと同情してしまいますが。自分が幸せに生きることに尽力しています。

    ユーザーID:

  • 失礼ですが

    トビ主さんは子供さんを持たれていますか?

    もしかするとあなたの正しいと思われている価値観やものの考え方も一概に正しいとは言えないかもしれません。

    元々物事にはどれが正しいか答えのないものがほとんどですから。
    そして親心というものはやはり子供に自分がした苦労などを味あわせたくないものでつい安全な道を行かせたいと思うものです。

    もし子供さんが今なければいつか持つときがくればまた今とは違った考え方やご両親の思いも良いほうに取れるかもしれません。

    一度どのような気持ちでそのような態度や言動をされるのか問うてみてはいかがですか?

    ユーザーID:

  • え?28歳でしょう?

    28歳でしょ?
    その年で、親の育て方が悪かったって言うような年じゃないでしょう。

    辛口ですがトピ主さんが子供だなと思いましたよ。
    未成年なら、親が悪い、環境が悪かった等責めてもいいでしょうが、成人して8年もたったなら、自立することだって可能じゃなかったのでは?

    一人暮らしをして、ある程度親と距離をとれば良いことではないでしょうか?自立できないようであれば、親をどうこう言う資格ないですよ。
    あなた自身もまだ甘えがあるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 諦めました

    子供の頃から、何度となくチャレンジしたつもりでしたが、もう諦めました。そこまで愛情もありませんしね。。

    今は妹とダンナが私の家族。義理親もやさしいし、今ある家族を大事にしようと思っています。

    ユーザーID:

  • トビ主です。

    皆様、コメントありがとうございます。

    ケロリンさん、私には未だ子供はおりません。子供を持てば親の気持ちが分かるといいますよね。私の考えを頭ごなしに悪いと言われ続けましたが、親になってどのように私の考えが変わるか楽しみです。作る予定は当分ありませんが。

    あやめさん、私は高校卒業後から親元を離れ一人で米国に来て大学も卒業しました。親の意思にそむいた行動でしたので、私の行いは認められていません。独立はしておりますし、親の育て方に重きを置いているのではなく、これから年行く両親にどう接して行くべきかアドバイスをお願いしたのです。書き方が悪く伝わりにくかったら申し訳ありませんでした。

    ユーザーID:

  • 手紙を書く。

    主婦の仕事は、本当は家事ばかりではありません。大事なのは家族を融和させること。

    無口で無愛想、ピンと外れな上に非常識、仕事に熱心だけど、家庭には無関心というお父さん。けれど真面目でトンチンカンな存在である夫を、必死に家庭の方に目を向けさせ、子供の問題に参加させ、親子の絆をつくる、と努力するのは主婦の大変重要な仕事。

    妻の長年の必死なたゆまぬ努力に夫もやがて気がつき、妻に感謝し、妻の先導に従いながら自分も妻に協力し、子供との会話も持つ。

    だから仲の良い夫婦の大体は、妻が指導権をもち威張っているのです。全く家庭の功労者なのですね。

    けれど、妻がこの努力をしてくれないと、夫は相変わらず無口でぴんとはずれ。妻もあいかわらず、若い女性のような未熟な人間性。
    ご両親はこの図式と思います。

    思い切って「お父さん個人あて」に、トピ主さんの日々の生活や、外国での感想や夢などを、気取らずに、気楽に手紙を書いてみたらどうでしょうか?
    お父さんはきっと読んでくれます。

    妻から「仕事ばかりで、詰まらない」と捨てられる男性が、実は黙黙と家庭を支えてくれたことに気がついてくれない妻は結構多いものです。

    ユーザーID:

  • 話し合う

    本気で両親とわかりあいたいのなら、やはり近くに住むべきではないでしょうか?電話で顔も見ないで話すことに気持ちは読み取れないと思います。ましてや理解しあえてない同士ならなおさら顔を見て目を見て話すことが大切ではないかと思うのですが…。最初は世間話からでもねいいし。私の父は69、去年亡くなりました。頑固で昔気質でしたのでよく反発したものです。中学のころ、酔った父が、なんでお前たちはみんな父ちゃんを嫌うんだと呟きました。今思い出しても切なくなります。ちゃんと話す、向き合うことなく、もう会えなくなってしまいました。後悔してます。
    長くなってしまいましたがマリンさん、いなくなってからでは遅いですよ。親孝行してあげてほしいです。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます。

    トビ主です。親親さん、ねこまたさん、ありがとうございます。親親さんは分析は的確で、私と同じ様な経験をされたのでしょうか。父は、家庭に無関心というより、この世の誰に対しても無関心で、会話を誰かとすると言うことがありません。ねこまたさんのお父様の様に、酔うと本心を言うこともありましたが、いつも幼少期に少しだけあった楽しい時の話を繰り返すのみで、私が話そうとすると席をたつ。。母も父に対して養われてきたという自覚はなく、親親さんの言われたそのままで、母は未熟な若頃の感覚と価値観を持っています。それを指摘した事もありますが、泣いて叱られ寝込まれました。うまくいえませんが、まずは母の日に贈り物と一緒に手紙を書こうと思います。お互いに傷つくのが怖くて親孝行が出来ずにきましたが、努力してみたいと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 手紙の効用

    手紙というのは、自分の言いたいこと伝えたいことを百パーセントつたえられることです。

    会話は、相手が話し途中に怒り出したり、立ち去ったり。話そうと思っていることの半分も伝えられなかったり。

    勿論お父さんが返事を返してくれるかどうか分かりません。けれど、少なくとも自分の気持ちは文字で表現できます。

    まあ、親なら大体目ぐらいは通してくれるものです。
    そこに期待しましょう。

    ユーザーID:

  • 想像ですが。。。

    勝手な意見ですが、お父様ご自身が言葉にしたくない子供時代を過ごされたのではありませんか?

    お母様はお嬢様であっても、お父様のそういう心の痛みを深く理解してあげられない方だったのでは無いでしょうか?

    苦しい事や悲しい事をさらけだす親子関係もありますがお父様は出来ればふれられたくないと思っていられるのかもしれません。
    それは、申し訳ありませんが、お母様との結婚への失望だったかもしれません。
    そういう事がきっかけだった、と思うのですが。

    私がトピ主様だったら、細かい事を聞くという行動よりも現在のご自分の前向きな生活の報告を時々される事が良いのではないかと思います。
    そこから、きっとお父様の気持ちも柔らかくなって行く可能性もあるのではありませんか?

    もし、そうでないとしても、決して焦ってはいけません。トピ主さんのアメリカへ行かれた初心を思い出し、そして、自分に恥じる事なく生きる姿こそ、きっと頑ななご両親であっても心のどこかに娘を思う気持ちは必ず残るものだと思います。

    ユーザーID:

  • ご両親を許す方法でしょうか?

    人は変えられません。

    変えられるのは、己だけです。

    不器用な親に育ててもらったから、生まれたトピ主さんの優しさや思いやりがあると思います。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧