<賞味期限敏感世代>ってありますか?

レス28
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

onigiri

我が家の長男○○は26才。私の母は79才。

母の家へたまにご機嫌伺いに寄る○○。

孫が可愛い母ですが「○○が来ると大変なのよ〜。冷蔵庫を開けて賞味期限切れの物があるとボンボン捨てちゃうの〜」と自嘲気味に笑いながら言うんです。

その話をクラス会の時に話すと、なんと「うちの息子も一日でも賞味期限が切れたらもう食べないのよ〜〜」なんて「うちも」「うちも」の大合唱!

<賞味期限敏感世代>って、特に26才前後の男子が多かったのですが、特にこういうのってありますか?

因みに我が家の長女24才、次男22才は、この件に関してはかなりアバウトです。

賞味期限法とやらが始まった時期に関係あるのかと、ネットで調べてみましたが、改正前のは残念でしたが分かりませんでした。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 38歳 夫の場合

    私34歳、夫38歳です。

    私は多少賞味期限が過ぎていても「大丈夫そう」と思えば食べちゃう、ちょいアバウトさんです。

    でも夫は牛乳の賞味期限が1日でも過ぎていたら「これもう飲めないよ」と捨ててしまう過敏さんです。

    そんな夫の母はちょいアバウトさんの私でも「これはちょっと危険かも」と思うようなもの(ぬるついてるお肉とか)でも平気で使う超アバウトさんです。

    年齢というよりそれぞれの性格からくるのでは?と思います。

    ユーザーID:

  • 横です

    賞味期限についてのトピが他にありましたけど、消費期限と賞味期限がごっちゃになってるとしか思えないのです。賞味期限=消費期限と同じに考えてる人が多いのかな?
    賞味期限が切れていても食べられるものはあります。売買においては(お客さんが納得すれば良いでしょうけど)売らない事が鉄則でしょうが食する事に関しては必ずしも当てはめる必要はないと思います。
    消費期限は守るべきですが賞味期限は味の目安です。
    食べ物がなくて死んでいく子供達がいるのだからせめて捨てる前に食べられるかどうか確認してから捨てて欲しい。

    ユーザーID:

  • 世代は関係ないんじゃ・・・

    私、40歳女性、主婦です。
    賞味期限気になります。消費期限は絶対守る方。
    主婦なんで食べ物の買い物は主に私です。
    賞味期限が切れるような買い方はしません。ギリギリで安くなっていたら、必要な分だけ買う(安いからって残るような買い方はしない)。賞味期限内に使い切ってます。
    父親(70代)が子供の頃、食中毒で怖い目にあったそうで、古い食べ物(ついでに食品添加物)は気になる方だからかもしれません。

    ユーザーID:

  • 30代後半です

    消費期限、賞味期限(もちろん賞味期限の意味、わかっています)が
    1日でも切れたものは口にしません。
    期限の当日11時59分と翌日0時くらいだったら気にしないけど、
    朝がきたらもう気になってしまいます。
    たまごや牛乳は特にそうですね。

    ユーザーID:

  • 放っておいたら?

    賞味期限と、消費期限の区別の付かない人はその程度の思考主だと思っていればよいのでは。

    説法をたれるだけ労力の無駄です。

    ユーザーID:

  • 世代??

    世代の問題ではないと思います。
    1 賞味期限に気を回す細かな性格
    2 自分のサイフじゃないからポンポン捨てられる。
    理由はこの2点。

    ユーザーID:

  • 自分で判断できないから??

    私はかなりアバウトな方ですが、夫はいつも賞味期限を見て「明日で切れるから早く使わないと」とか「あぁ〜過ぎてしまった!」とか大騒ぎしています。

    うるさいので「私が食べる」と言って、私が食べてます。夫50歳ちょい前。
    以前夫は鼻が悪く、手術をする前はほとんど臭いで判断できなかったようです。賞味期限内でも変な臭いのものは誰も食べないと思いますが、夫には今ひとつそれがわからなかったようで。(かわいそう…)

    私でも賞味期限や消費期限が大きく過ぎたものは食べませんが、まず自分の鼻や目で確かめて「大丈夫」と思ったら食べます。

    納豆なんて、二、三日過ぎてたって冷蔵庫に置いてあれば先ず大丈夫ですよね〜。
    自分で見て判断できないから賞味期限に頼るのではないかと思うんですが…ちがうかなあ。

    えらそうなこと言って、すいませーん。

    ユーザーID:

  • 27歳女性・気になります。

    賞味期限・消費期限は知識として理解しています。
    ですが、正直とても気にしています。

    なぜなら、自分の鼻や舌をあてにしないからです。

    保存料や添加物の知識を小学校時代に勉強し、体に悪いが、腐らないのはそれらのおかげ。「期限をすぎれば体を壊す。」という風に教わった覚えがあります。
    小さな頃から、店頭には綺麗なパッケージに包まれた食品・食材が並び、全てに期限が付けられていました。

    また、O-157や狂牛病など、多感な時期ににニュースを賑わせていました。また、各種抗菌グッツも、このあたりからコンビニで発売されたと記憶しています。

    近頃は、自分で料理をするようになったので、以前ほどは、気にしなくなりました。
    息子さんも自分で料理をすれば、分かるようになるかもしれないですね。

    ユーザーID:

  • 若い者は

    翔龍さんの仰るとおりです。全くです。
    うちの若いものたちが、そうです。特に調味料など、
    ぽんぽん捨てられます。
    だから、若い者が来ると判っている時は、冷蔵庫の奥に隠したりします(笑)

    夫の友人(さる老舗蕎麦屋の若旦那)が申しておりました。
    「そばつゆは、賞味期限より後の方が、味がこなれて美味しくなるのに」

    もったいないし、そのために、お腹壊したこともありません。

    ユーザーID:

  • 横ですが

    >翔龍さん

    消費期限=賞味期限で、どこがおかしいのか分からないんですけど
    単純に消費期限は5日以内、賞味期限はそれ以上じゃないんですか
    消費期限が過ぎたって別に大丈夫なものもあるでしょうし、期間が短いから腐るのも早いだけで、消費期限だけ守るべきって言う意味がよく理解できないんですが
    もうちょっと詳しく教えてくれませんか

    ユーザーID:

  • あー

    うちの彼氏のお兄さん(37歳)が、
    賞味期限やら消費期限要は表記されてる日にち絶対みたいです

    彼氏のお母さんと彼氏とで
    あーまた捨てられる!と、食べてるみたいです(笑)

    どうも、性格あと自分で料理したことがない
    そういうのが原因?と私はふんでます

    ユーザーID:

  • 気にしません

     世代に関係なく気にする人、しない人がいるんじゃないでしょうか。メーカーも余裕を持って設定しているでしょうから、ちょっとでも賞味期限が過ぎたら捨てるってのはもったいないですね。

    消費期限と賞味期限>
     日持ちしないものには「消費期限」が、比較的日持ちするものには「賞味期限」が使われます。製造日を含めておおむね5日以内で品質が急速に劣化する食品には消費期限が付されてます。
    http://www.mhlw.go.jp/qa/syokuhin/kakou2/

    ユーザーID:

  • もったいながり世代の反動

    たまに、「お姑さんが「家計の足しに」と痛みかけた
    食べ物を持ってくる」という愚痴トピが立ちます。

    物を大切にするのはまあいいとして、自分でももう食べない
    ものをもったいないといって冷蔵庫の肥やしにし、果ては
    子供や他人に押し付けるという世代が、今の70代以上
    です。

    祖母に腐りかけの食べ物を盛られるかと思えば、先回り
    して危険は取り除いておくか、という気分にもなるで
    しょう。

    若い人のせいだけにする、という風潮はいかがなもので
    しょうか。

    ユーザーID:

  • 26歳だけど

    別に、賞味期限そこまで気にしません…納豆なんて1週間過ぎてても食べちゃうし。私のまわりもそうですよ〜。
    世代は全然全くもって関係ないと思いますよ?

    ユーザーID:

  • その期限の切れ具合による

    息子さんがぼんぼん捨てたって、どれくらい期限が切れていたのか聞きましたか?
    うちの母は恐ろしくアバウトな冷蔵庫管理で、一年も切れているチューブわさびなどがごろごろしてます。
    さすがに一年以上も賞味期限切れは、使う気になりません。
    私は、帰省すると冷蔵庫大掃除です。
    賞味期限敏感世代が、というより私の周りでは、鈍感世代60歳以降が多いです。
    姑なんて、賞味期限切れのものを私に「持って帰りーー」とくれます。
    旦那に断ってもらっています。

    ユーザーID:

  • みよさんへ

    かなりおおざっぱな分け方になりますが、

    消費期限=‘安全に’食べられる期限
        =期限をすぎたら食べて欲しくない。

    賞味期限=安全にかつ‘おいしく’食べられる期限
        =味が気にならなければ食べても大丈夫でしょう。

    だと思っておけばだいたい大丈夫です。

    消費期限がつけられる物は傷みやすく、食べられなくなる時間とおいしくなるなる時間がそんなに差が無いです。(菌が増殖しやすい食品かな。)

    賞味期限の方は安全性は問題ない(もともと菌が増えにくい環境だ)けど、味は作ったときからやっぱり変化していくので、こんな味になったらこの商品としては食べて欲しくないな、という感じです。(メーカーによってつけ方の定義は違います。)

    どちらも適正な保存、かつ未開封な場合にメーカーが保障する期限です。だから開封した瞬間無効になります。

    ちなみに私は、自己責任のもとに牛乳でも豆腐でも未開封1ヶ月くらいは平気で飲み食いします。
    でも、油脂を使った常温保存品は油の酸化がいやなので、賞味期限に関わらずさっさと食べます。自分の口に入れるものはやっぱり自己責任が必要だと思うのです。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    このトピに早速レス頂いた沢山の皆様、興味深く何度も読ませて頂きました。

    クラス会で同年齢の親、そして同年齢の子供の話題だったので答えは一つかと思っていましたが、そうでもないことが理解出来ました。

    賞味期限信仰者は世代、年齢に関係ないことを教えて頂きました。

    食べることが出来るという目安を、まずは目、そして鼻でチェックする私の世代ですと神経質に賞味期限を気にする長男は異星人に映ります

    話は変わりますが、私の知人が働いている大手の菓子メーカーでは、何千と包装した後で賞味期限の印字がなされていないものを見つけたら、その数が何千何万だろうと全部最初から印字チェックのし直しと聞きました。

    たかが賞味期限、消費期限と言えども、製造業の方々が涙ぐましい努力をしていらっしゃるのは驚きでした。

    賞味期限に対する個々の思いが沢山のレスから拝見できました。本当に有り難うございました。

    ユーザーID:

  • 緑の風さんに一票

    私も世代で考えたことはないなぁ〜。
    消費期限に関して言えば、「男性に多い」というのが私の感想です。

    パターンとして、
    ☆自分で買い物〜調理までの責任を負わない人(金銭的なことも含む)
    ☆経験ではなく知識から食べ物への関心が始まった人
     (食べ物に対して「五感」を活用することはない)

    普通に
    ☆何か原因があって気になる人
    も、もちろんいらっしゃると思います。
    体験もそうだし、後から入ってきた「知識」がその人にとって説得力があり無視できないとかね。

    ユーザーID:

  • 違い

    http://www.ise-egg.co.jp/study/chie/04.html
    ↑賞味期限と消費期限の違いが書いてあります
    味の保証と品質の保証の違いで安全性の問題になり
    消費期限切れ食品を口にする事は冒険でハイリスクだからです。
    上記のサイトに卵の事が書いてありましたので余計?な一言を・・・
    卵の黄身が「だらける」状態になると「腐った!」と仰る方が多数ですが、それは鮮度が落ちただけです。
    その状態の卵を実際に食べる(加熱は必須)かどうかは別としてこれも勘違いです。卵が腐るというものはそんな生易しいものではありません。卵が腐ったら「黄身」ではなく「黒身」です。殻を割るとプシュとガス(腐臭)が出て気絶?するほど臭いです。
    黒身を実際に見てみたいと思われる勇気のある方は卵に小さい穴を開け部屋の中に数日放置する実験を・・・
    卵は基本的に殻にひびが入ったりしない限り腐りません。ひびから菌が侵入し腐敗していくのです。完全に密封した状態なら腐る前に中で干からびたりします。

    ユーザーID:

  • もったいない。

    1日切れたからとて、メーカーは余裕を持たせて、日付を書いてるので、たいてい大丈夫でしょう。
    ちなみに、タマゴは冷蔵庫で夏場で1ヶ月は大丈夫。
    コンニャクは未開封の場合、3年でも平気と前にテレビでやってました。
    賞味期限が本来いらないんですけどね。
    豆腐も、真空パックなら、相当オーバーしてても大丈夫と思います。
    納豆は腐りません。
    反対に、期限内だろうと、保存によってはどうでしょう。
    ウィンナソーセージが傷んでたことあります。
    私は、自分の鼻と目を信じます。
    食中毒の経験はありません。

    ユーザーID:

  • 30代夫婦

    結婚したての頃(20代半ば)は1日でも切れると捨ててました。私が胃腸が悪いのと、消費期限を気にしない夫が古くなったものを食べておなか壊したから。
    今は鼻がだいぶ発達したので(笑)豆腐、卵、牛乳、肉、魚、この辺は消費期限気にしません。鼻で勝負!
    でも、ハムソーや、調理済みの物は自信ないので、食べきれなそうだったら即冷凍です。

    ユーザーID:

  • 賞味期限の解釈ですよね 1

    確か、厚生労働省と農林水産省が共同で開催しておられたと思うのですが「食品の表示に関する共同会議」(継続中か不明です。)での賞味期限の定義がありました。

    「定められた方法により保存した場合において、期待される全ての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日をいう。ただし、当該期限を超えた場合であっても、これらの品質が保持されていることがあるものとする。」

    ここで解釈です。「ただし、〜」の後半部分の解釈です。
     ↓ ↓ ↓
    賞味期限を過ぎた食品であっても、必ずしも衛生上の危険が生じるわけではなく、期限が過ぎた食品を表示された期日以降は食べられないものとして捨てられることが多いため、食品資源の有効活用の観点から、消費者に対する啓発の意味も含めて記載されているようです。

    (続きます)

    ユーザーID:

  • 賞味期限の解釈ですよね 2

    (続きです)

    つまり、私信ですが、「賞味期限はひとつの判断基準であり、基本的には食べる個人の判断に委ねられる。」と思っております。

    家族にも常々、自分の目、鼻、口(味)で、判断する事を覚えないと、能力が落ちてしまうと言ってます。最終の味で悪ければ、吐き出せば(家の中だけですが)良いと思いますし。

    賞味期限を決められる方も保管条件など考慮し、保険期間はあると思いますしね。
    参考までに、その食品の「賞味期間」が分ると経過期間も分り、判断材料になると思います。

    横ですが、人間の能力も駆使しないと落ちていくでしょうし(子どもならつきませんし)、同じような加工食品を皆が食べていると、嗜好性も同じになっていくようで薄ら寒い気もします。

    ちなみに以前は、製造年月日と併記の頃もあったような。食品衛生法とJAS法の絡みでしたが・・・。

    トピさん質問への返答です。「世代」よりも、性格や親からの教育(躾)の方が関係深いように思えます。

    ユーザーID:

  • 180度変わりました

    世代で、分かれているとは、特に思いません。

    私もかつては、一日でも過ぎたら、捨ててしまうタイプでした。

    でも、現在、海外に住んでおり、180度、変わりました。

    日本食を、年に3回、日本から送ってもらい、大切に大切に使っています。
    そのため、今までのように、とても、ポンポンと捨てる気になれず、一度ビミョウに色が変わった「タラコ・スパゲティ」まで食べたことがありますが、味や、お腹は、大丈夫でした。(この時ばかりは、よくチャレンジしたと、後から、我ながら、呆れましたけど)

    実際、かなり、賞味・消費期限が過ぎていても、普通に美味しく食べられるものばかりです。

    食品会社は、かなり、「余裕」を見て、日付を決めているようですので、一応、目安にはしますが、自分の目、鼻、舌を信じて、出来るかぎり、無駄にしないようにしたいと思っています。

    お金さえ出せば、簡単に何でも手に入る日本ですが、それって、当たり前のことではなく、本当に、とっても、有難いことなんですよ〜。

    ユーザーID:

  • 一人暮らしで変わった

    私も以前は、賞味期限、気にしていました。
    でも、一人暮らしを始めて、だんだん変わって来ました。
    卵は、以前は期限が過ぎたら気持ち悪くて捨ててました。
    でも、今は1週間くらいなら平気です・・・。

    以前は、賞味期限で判断していましたが、
    最近は自分の臭覚・味覚を頼ってます。
    だって、もったいないんだもん!!(結局はこれかよ)

    賞味期限って、「この日を過ぎたらおいしくなくなるよ」ってことで、
    「この日を過ぎたら腐っちゃうよ」って事ではないのですよね?
    ということでみみっちい自分をフォロー。
    (消費期限は、その日までに食べなきゃやばいよ〜ってことでいいんですよね?)

    あっ、肝心な世代については・・・わかりません。
    同じ人間でも私のように変わる人間もいるので、、、

    ユーザーID:

  • 根本的におかしい

    賞味期限・消費期限
    それぞれ「美味しく食べられる期限」「安全に食べられる期限」ですよね。
    わざわざ期限が切れて「少し味がおちてるかもしれないけど」
    「ちょっと危ないかもしれないけど」と思いながら食べたいですか?
    皆さん買うときにもっと注意すべきでしょう。
    期限内に食べられるような買い物の仕方を考えたほうが
    よいですよ。

    ユーザーID:5021889218

  • 年代は関係ない

    と思います。

    ウチの場合四十路の夫が賞味期限にうるさいです。
    それは同居してる義理の両親が余りにも
    ズボラで無関心というか無頓着と言うか不精というか・・

    ひどい時はカビの生えたものが食卓に出てて
    私が指摘してから「あ・・・」って。
    それは義母が漬けた漬物でしたが
    目が悪いので「見えんかった」
    と何かにつけて言います。
    めがねあるだろ!とそんな親のおかげで
    夫は冷蔵庫チェック厳しいです。

    因みに私も賞味期限・消費期限は一応チェックします。
    でも賞味期限はモノにより多少過ぎてても
    臭い・色等で判断します。

    と、いうことで
    年代は関係ないと思います。

    ユーザーID:3017755862

  • 私の計算式

    鼻まるさんに付け足しです。
    学生の頃、大手スーパーでアルバイトをしていたときに聞いた事です。
    大体メーカーがつける期限は本来の期限の半分の日にちをつけてあるとの事。
    つまり今日製造した製品が本来は2週間持つ筈なら1週間後を期限にする。
    で、その大手スーパーでは更にその半分の時期を自主期限としていて、そこまでくると見切り処分品にするとの事でした。
    つまり本来は2週間もつ筈の商品が3〜4日後には処分品となってしまうもったいなさです。
    私はその値下げシール(チューリップシールと呼ばれてました。あっスーパー名わかっちゃうかな)をよくバックルームで貼ってました。
    その話を聞いてから製造年月日←○日→賞味期限+○日を私の自主期限としてます。

    ユーザーID:0761754995

レス求!トピ一覧