• ホーム
  • 子供
  • 義母が…何度言っても理解してくれません

義母が…何度言っても理解してくれません

レス48
(トピ主0
お気に入り1

妊娠・出産・育児

サクラ

レス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お付き合いってあると思う

    義姉は元保母さんで本来は神経質
    だけど
    お呼ばれ、義両親が孫をかわいがりたくて・・・
    色々、決めた通りには行かないのが現実なので
    甥っ子は、外でだけ許されると承知で
    付き合って食べています

    断われる事ばかりじゃないですもんね
    子供も、対応するんだなぁと
    感心してしまいました

    ユーザーID:

  • 同じでした

    ウチの姑も同じでした。

    まだヨチヨチ歩きの頃、ヤクルトを喜ぶからと、欲しがるだけあげてしまうので
    「食事前なので、もうお終いね」
    と子供に言い聞かせる形で、対応したのですが(子供もなんとなく、ママのダメがわかるので)、姑は思いっきりご機嫌を損ねて、プイっとヨコを向いてしまいました。
    そして、般若のような顔で、無言のまま、子供の手にヤクルトを握らせたんです・・・・。
    もう、唖然でした。
    その他にも、チョコレートを食べさせたり、コーラを飲ませたり・・・・。
    その度に、私が嫌われ役になって、止めました。
    そんなとき、夫は知らん顔です。
    子供がお腹をこわすより、親に不機嫌になられるほうが怖いようでした。

    小学生になった今は、こちらも大抵の物は解禁しているので、たまのことならと、ストレスは無くなりましたが・・。
    ご主人に、なんとか、協力してもらえるといいですね。

    ごめんなさい。
    なんの、アドバイスにもなりません。。。

    ユーザーID:

  • 私も理解できません

    子供のためにまだ味の濃いものをあげたくない理由ってなんですか?

    私自身は子供がいないので、子育てのことわからないのですが、自分の子供時代のことを思い返すと、お菓子ばかり食べてた記憶があります。
    味の濃いスナック菓子も、甘いお菓子も。
    幼稚園に入る前は、毎日10時と3時の2回、おやつの時間があったのを覚えています。

    でも、それらのお菓子のせいで病気になったこともないし、今30代ですけど、いたって健康。体系は痩せ気味ですし。

    トピ主さんが厳しくする理由が私には理解できせん。
    義母さんも私と同様に、トピ主さんが厳しくする理由が理解できないのでは?

    ユーザーID:

  • 嫌われても

    食べさせたくないものは、断ったほうがいいと
    思います。

    わたしは義両親と同居なのですが、娘は小食なたちで
    食事の前などに、中途半端にものを食べると、
    あまり食が進みませんでした。

    なので、食事時間以外は食べさせないで欲しいと
    夫のほうから言ってもらったり、自分でも言いました。
    (あまりきつくならないように、気を付けて言いましたが)

    わたしもはじめは、あまり深く考えなくていいかなと
    黙認していたのですが、食べることは生きていくうえで、
    子供にとってとても大切なことなので、母親である自分
    がしっかりしなくてはと思い、義両親があげようとする
    たびにやんわり断りました。

    サクラさんも自分のやりかたを信じて、対処されたほうが
    いいと思います。
    お義母さんも孫がかわいいのでしょうが、他の面でかわいがってもらいましょうー

    ユーザーID:

  • うらやましいです

    元々、主人が小さい頃も色々と買い与えられなかったようなのですが誕生日やクリスマス・・・いつも物足りないかんじで帰ってきます(私が)
    特にうちはイベントを大事にしてきましたので。
    育った環境だといえばそれまでなのでしょうが。
    そうですね、トビ主さんの気持ちを考えると今は虫歯のことを強く言われますから気にはなりますでしょう。
    しかしこれからお友達ができて遊びに行ったりすると同年齢でもやはり母親が与えるものが違いそこで親が与えたくないものが出たりしてやはり味を覚えます。
    お母さんの前ではありがたく頂戴して帰ってからいただきます。とか。
    それでも気になるようでしたらおやつを済ませて遊びに行かせるようにし、うちは時間のしつけに厳しくしたいのです。など当たり障りないように伝えてはいかがですか?
    しかし子供が2人・3人と増えるとあまり気にならなくなるとは思いますが。

    ユーザーID:

  • 親の責任

    子の育児の責任は、全部親が持て居るのですから、きっぱりと断ればいいのです。

    母親が嫌なら、キッパリ断るのも勇気。

    それでもルーズにするなら「守ってくれないなら、つれてこない」と宣言する。

    意地悪で言うのではなく、何が大切かの選択。

    おじいさんおばあさんの機嫌をとるほうか、子供の教育をとるか。

    私自身はおばあさんですが、これは当然のこととおもいますね。

    ユーザーID:

  • 母は強し!

    ウチのお姑さんとそっくりです!
    かわいいんだろうけど
    あんまり孫のことを考えてはないんだなぁと
    食べ物にしても、言動にしてもつくづく感じます。
    孫は自分の自由にしていいと言いのけてみたり…
    私も注意しづらかったのですが言いましたよ。
    険悪になったりしますが
    これはちょっと…と我慢できないと思うものには
    子供のためにも、自分の気持ちのためにも。
    あまり気を遣っていると
    病気になってしまいますよ。
    お互いがんばりましょうね!

    ユーザーID:

  • うちもです

    ウチももうお昼近いと言っても「お腹すいてるのは可哀相だ」とかなりわけのわからないことを言います。最近では「お義母さん、うちの子は馬や牛じゃないんですから、そんなに食べられません」とコロコロ笑って自分でとっととさげてしまいます。他にも「人間には食べられる量の限界ってあるんですよ」とか「私もこの子ももういいですから、お義母様、こちらもどうぞ」と目の前に並べてあげます。でも気付きませんわ。なのでますます堂々と返せるので楽と言えば楽です。

    ユーザーID:

  • 言いまくる

    『あげないでぇぇぇ!!!デブになる!肥満になる!』と言って・・・

    3歳までにデブ細胞って決まってしまうとTVで聞いた事があります。

    ってかね、虫歯になりますよ。間違いなく・・・

    ユーザーID:

  • ご主人から!

    きっぱりと言ってもらいましょう。 自分達夫婦で子育てに関する方針がきちんとあること、それを無視するようなら今後孫には会わせないと。 テレビでダレが何を食べていようと、それはよその話ですし、小さいうちから甘いものやスナック菓子なぞ体に害があるばかりです。 

    かかりつけの小児科で言われている、と言っても効果的かもしれませんね。 

    とにかくトピ主さんだとお嫁さんという立場ですし、きっぱりいいにくいでしょうから、ここはお義母さまの息子であり子供の父であるご主人から言ってもらうのが良いと思います。

    ユーザーID:

  • 程度問題ですが・・

    私はトピ主さんと同じくこだわりを持っているほうなので、やっぱり嫌ですね。

    食べる習慣って、子供の時が一番大切だと思うのできっとどんなに神経質、と言われても「はい、私は神経質で結構ですが、それでもこれは困ります」とお義母さんよりしつこく断り続けます。

    ほんのたまーに(10回のうち1回ぐらい)そんなに身体に悪くない物であれば妥協するかも知れませんが。

    あと、いくら近所でももっと距離をもって頻繁には会わないようにすると思います。

    ユーザーID:

  • ハッキリ意見していい

    例えば、年に数回会うくらいの仲なら、その時くらい大目に見てもいいとは思います。
    でも、近くに住んでいて頻繁に行き来しているなら、しっかり話して理解してもらう必要があるでしょう。
    私にも2才の子供がいますが、大人と同じお菓子を上げるなんて絶対イヤですし、義実家に行くと平気でチョコレートなどをあげてしまうので、その辺は義両親に厳しく言ってます。
    あのん様のような方もいますが、普通の母親は「子供のために出来るだけ体に悪い物は控えたい」と思って当たり前です。
    味の濃い料理やお菓子が体に良いはずありません。
    そんな事は誰でも知ってます。
    ある程度大きくなれば、自分で好んでお菓子やファーストフードを食べるようになるでしょう。
    わざわざ小さなうちからその味を覚えさせる必要はありません。
    年齢に合った子供用のお菓子で十分なはずです。
    まあ母親がそれで良しとしているのなら、外野がとやかく言う問題では無いでしょうけど…
    トピ主さんは自分の育児に自信を持って、義母に意見していいと思いますよ。
    あなたの子供なんですから。

    ユーザーID:

  • 食べさせても大丈夫だと思う

    私の体験ですが…

    私も子どもが小さいときは、食べ物にもいろいろ注意して育てていた(つもりだった)ので、自宅ではスナック菓子やジュースは食べさせず、それ以外のものでも砂糖の取りすぎや化学調味料の使用には神経質になっていました。

    でも、おばあちゃんたちにとって、自分の用意したものを食べさせるのはとても楽しみなことなのだとわかっていたので、実家の母や夫の母が乳酸菌飲料やチョコレートなどを与えるのを黙認(って、親に対して偉そうかな?)してました。

    子どもは、そういう食べ物は「おばあちゃんの家にあるもの」という認識を持ったみたいで、家では私の用意したもの以外をねだることはなかったです。

    だから、自宅での食事をきちんとしていれば、大問題ではないんじゃないかな、と思います。

    ユーザーID:

  • 無理だと思う…

    理解してもらうのは。
    まだ1歳になったばかりの長男に生卵を3日連続して食べさせ卵アレルギーにし、チョコレートケーキを大量に与え全身に発疹が出ても、
    長女に欲しがるだけ(私に隠れてまで)与え3度も殺しかけ(夜中に嘔吐して気管に詰まりかけた&脱水症状とそれに誘発されて喘息発作でても、
    それでも理解はしなかったです。何度も「二人とも満腹状態がわからないから大人がある程度の量をコントロールする必要がある」と説明しても。
    ちなみに何故私に内緒で長女に食べ物を与えてたのが判ったと云うと嘔吐の際ホント未消化でそのままの形で出てたから。(食事中の方他ごめんなさい)
    喘息の発作予防にステロイドを吸入し、薬を飲んでる長女に「病気持ちは困りますわ」と言い放ったことも。

    ユーザーID:

  • ヨコですが、あのんさん

    >子供のためにまだ味の濃いものをあげたくない理由ってなんですか?

    子供の臓器は、大人に比べて機能が未熟です。ましてやトピ主さんお子さんは1歳半。塩辛いものをたくさん食べると、腎臓に負担がかかって体調が悪くなってしまう可能性もあります。

    甘いものもやはり体に負担ですし、体調のことだけでなくて、味覚の形成期に味の濃いものを食べてばかりだと、味覚オンチになってしまう可能性もあります。濃い味のもののほうが、口当たりはいいので子供も喜んで食べますけど、なるべく味付けに頼らず、素材そのものをおいしいと思える味覚を作ろうね、ということで、子供には薄味のものを食べさせようという考え方があるのです。
    別に最近の風潮ではなくて、きちんと食べ物のことを意識したり、それなりに知識のある親は昔からそうだと思いますよ。

    まあ、今も昔もどんなものを食べさせるかは、その家庭によって考え方が違うので何とも言えませんが、周囲に「平気」って判断されて勝手なものをあげられるのが、それなりに気をつかっている親としては一番困ることだと思います。
    トピ主さんもそれで困っていらっしゃるのだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 第三者を出しましょう

    姑の年代の人は、若い人の子育てを神経質だと大体思っていらっしゃるようです。
    実際、そうだということもありますが、
    昔より子育てに対しての知識が増え、いろんな機関から叫ばれていることも多いせいだと言えます。

    こういうことは「お医者さん」や「保健婦さん」など、
    姑さんでは太刀打ちできない人の名前を出して、
    例えば「子どもの健診でお医者さんから今はまだ大人と同じものは絶対食べさせてはだめですよって言われてしまいました。」「少しも?」「はい。味を覚えると、そればかり食べるようになってしまうから、できるだけあげないように、家族の人に協力してもらいなさいと言われました」などなど。

    私はよくその手を使いました。

    ユーザーID:

  • いや、

    教育だとかって言ってる人がいるけど、1歳過ぎたばっかりのお子さんですよね?というと、まだ離乳食完了してない時期ですよね。(確か、1歳半くらいで完了のはず)うちにも1歳3ヶ月の子供がいますが、やっぱりスナック菓子は食べさせていません。小さいうちは薄味が基本だし、ああいうお菓子って脂っこいし‥あげるとしたら、ビスケットとか卵ボーロとか、赤ちゃん煎餅ですかねえ。ここまで書いて気がついたけど、スナック菓子って柔らかくて歯茎でも噛めるから勧めるんですかね、義母さん。うーん、でもやっぱりそういうおやつは2歳から、かなあ。

    ユーザーID:

  • 祖父母の愛情に責任は伴わない

    私も前述の春さんと同じ意見です。

    義両親・実両親ともに孫に対して愛情は注いでくれますが、責任はとってくれません。

    お子さんが虫歯になれば、歯医者に連れて行くのは、
    あなたですよ!
    子供の歯医者通いは大変です。


    祖父母の愛情に責任は伴わないこと、
    しっかり肝に銘じてください。
    子の養育に責任を持つのは、あなたとご主人以外いないのです。

    雑音はスルーしましょう。

    ユーザーID:

  • 最終的な判断、管理は母親がするべき!

    分かります、そのお気持ち。

    うちなど、5ヶ月で離乳食が始まった頃、まだごく初期でおかゆを与えていると報告していた頃ですよ。

    夫の両親が遊びに来てくれたのですが、手土産の洋菓子屋の焼きプリンを
    「プリンは、離乳食にあげて良いのよね!」と突然与えようとしたので、慌てて止めに入り、やはり臍を曲げて帰られてしまいました。
    恐らく、孫にもあげるつもりで楽しみに買ってきてくださったのでしょう。

    お気持ちはものすっごくありがたい!でも、まだ、卵(全卵)も牛乳も砂糖も禁忌。
    それはせめて完了期、願わくば1歳過ぎるまでは待って欲しい、というのを、まったく理解してもらえず気まずくなりました。夫と義父の前で義母に恥をかかせたことになりました。

    昔は、離乳食スタートでいきなりプリンもOKだったんでしょうか??

    他にもチャイルドシート無しで赤ちゃんを車に乗せようとするし、夫が帰りに車を運転すると分かっている時でもお酒をどんどんススメてくる困ったヒトです。

    でも、やっぱり何かあればそれは容認した私の責任ですから。日々、義母の素行を止める嫌われ役の嫁です。

    春さんのようなお義母さんであって欲しかった‥。

    ユーザーID:

  • 嫁がだめなら・・・

    わかります。

    うちの義母も孫命!
    孫が喜ぶ顔を見るのが好き!ってタイプ。

    ご飯の前のおやつ、食事中のジュース、
    寝る前のアイス、大量のおもちゃetc・・・

    別に子どもが「食べたい」って言ってないのに
    「食べないの?」って出してくる。
    そして子どもは見ちゃうと欲しがる。

    まあうちは遠距離別居なんで、
    「年に3回ほどの帰省だし、可愛がってくれてるんだし」
    と我慢もしてたけど、あまりにもひどかった!

    本当に孫の事を思ってたら(成長の事、躾の事)普通
    せんやろうって事も多々。

    で、我慢できなくて夫に言って貰いました。
    嫁が言っても素直に聞いてくれなくても
    自分の息子に言われたら結構素直に聞いてくれる。

    夫も最初はボーっとしてたけど、目配せしたり、
    炬燵の中で足を蹴ったりして(笑)
    徐々に自分で気付いてくれるようになりました。

    トピ主さんじゃ無理なら上手くご主人を操縦して下さい。

    ユーザーID:

  • 旦那さんと話し合って

    姑というか年寄り全般に共通しているのが、小さい子に何か食べ物をあげたいという思いです。子供がよその犬やネコなどの動物に何かあげたいのと同じですね。
    子供には「勝手に食べさせて病気になったら困るでしょ」と言えばいいけど、年寄りは年下の人間の言うことは聞かないから困りものですよね。
    旦那さんと話し合って「おじいちゃん、おばあちゃんの所に行くと、山のようにお菓子が出てくると子供が覚えるとためにならないから、お菓子はこっちが指定するものを少しだけ用意して欲しい」と旦那さんから言ってもらうのがいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • forあのん様

     あまり小さい頃から濃い味のもの、スナック菓子やコーラのような人工的に味をつけたものを口にしていると味覚が発達しないんです。
    たとえば、カツオや煮干などのダシの味がわからない、ほんとりとついている薄味が感じられない、などです。
    あのん様が言うように、健康面でどうこう言うことはあまり表面には出てこないと思いますが、季節の食材を使った和食などをおいしく頂くには、やはりあまり人工的な味や濃い味を日ごろから避けたほうが良いです。それは子供だけではなく大人も同じ。
    (美味しんぼ とかにもよくそういう話が載ってますけどね)

    ユーザーID:

  • 横ですが・・ あのんさん

    子供がいないと確かにわからないと思います
    私も子供を産む前はそうでしたから・・
    >子供のためにまだ味の濃いものをあげたくない理由ってなんですか?
    小さい頃から濃い味に慣れてしまうと そのまま何でも濃い味のものを好む様になり 塩分を取りすぎる食生活で生活習慣病になる可能性大だからで、小さい頃はなるべく薄味・・は育児の定番知識です
    >幼稚園に入る前は、毎日10時と3時の2回、おやつの時間があったのを覚えています
    時間を決めて適量のお菓子を与えるのは何の問題もないことで ちゃんとした食習慣をしつけられていた良いご両親なんですね
    ただ 孫可愛さでお菓子をあげたがる祖父母のなかには 信じられない与え方をする人達がいるんですよ・・
    1つ2つあげるのならいいけれど 子供が食べたそばから「コレも食べな あぁこれもあるよ」と次々と与え、
    ケーキの後にチョコ、次はスナック菓子、食べたらアイスクリーム・・ほっとくとだらだらといつまでもお菓子を食べっぱなしに!(うちの子実際にやられたんですよ!!!)
    言っても聞かない、聞いてくれないので 憎まれ嫁になり悪口にも耐え義父母と距離を置き ましになりましたが。

    ユーザーID:

  • ヨコですが…あのんさんへ(続きです)

    例えばあなたが仕事で責任のある立場になったとします。そこでは売り上げや部下の管理の責任をすべてあなたが負うことになっています。
    そういう環境で、数十年前に現役を引退した会長さんが「これはこうやった方がいいから、私にやらせなさい」と、経験かあるからといって、いきなり興味本位で仕事に割って入られたら、あなたは困りませんか?
    相手が会長という立場の人なので、むげに断ることもできず、かと言って、そのまま昔風のやり方でやらせておくと、結果が出ないことは目に見えている…。

    分かりやすく言えば、こんな感じです。

    ちなみに、私はもうすぐ1歳になる子供がいますが、うちも舅・姑ともに孫に好き勝手やりたいタイプです。
    週に一度、子供の顔を見せに主人の実家に行っています。
    私が風邪をひいていたとき、私は体調が悪いのをいいことに「抗原度の高いものはまだ与えてないんですよね〜…。アレルギーを甘く見ると大変なことになりますからねぇ。」と、さも機嫌悪そうに低い声で言ってみました。(もちろん、私は普段はそんな態度は微塵も取りません。)
    それ以来、離乳食のことで舅・姑にチクチク言われることがなくなりました。

    ユーザーID:

  • 子供の食べ物に厳しい理由

    私も、子供に勝手に食べ物を与えられるのは嫌です。
    実際に大きな被害を被るからです。

    食事に関して順調に進んでいるお子さんだとまだ良いのかもしれません。
    が、子供によって、離乳食を進めるのにとても苦労するタイプの子がいます。うちの子はそうです。

    「なぜだめなのか?」というご意見がありましたが、上記のような子の場合、味の濃いものを子供が覚えてしまい、ただでさえ固形物というだけで嫌って吐き出すなどという子が、更に「味が濃くて固形でないもの」しか食べなくなる・・・・それではそれまでの日々の苦労が台無しになってしまうのです。

    そんなうちの子も、やはり味の濃い目のものは好んで食べ、更にそれは一種の「癖」になります。
    そうなると、たったの1日許したのが原因で、その後1ヶ月以上は毎日毎食、食事で苦労しなければならなくなるのです。

    トピ主さんのお子さんはまだ1歳半。
    「祖父母の家だから特別」ということなど、到底理解はできませんし、気にして当然かと思います。

    ユーザーID:

  • あのんさん

     小さい子供の体はまだ発達段階にあって、大人とは全く違います。大人が食べるような味の濃いお菓子をあげれば当然、内臓に負担がかかります。味覚も、何を食べていたか記憶にない小さいうちに完成します。
     
     私にも子供がいるのですが、3回の食事とおやつの時間以外に何か食べるとリズムが狂ってしまって、大泣きしたりぐずったり、次の食事をきちんと食べなかったり‥ お昼寝の時間にお客様が来て、眠れなかったりしても当然リズムが狂って機嫌が悪くなります。 
     経験しないと分からないことは沢山あると思います。『トピ主さんが厳しくする理由が理解できない』というあのんさんの意見が理解出来ません。

     トピ主さんは、きっぱり断っていいと思います。トピずれですみませんでした。

    ユーザーID:

  • 頑張って!

    うちの息子はアレルギー持ちなので、それを理由に断ることができるのですが・・・。

    うちは夫が理解がありますので、「私たち夫婦が許可してない物を与えるな」と宣言してくれてます。(生活は別ですが、2世帯同居です)最初が肝心だと思いますよ。「病院の先生に言われた」とか「健診で保健士さんに言われた」「歯科検診で歯科医に言われた」などと専門家の意見に従ってるんです〜♪と言ってみてはどうでしょうか?

    3歳未満の子供の胃腸は未発達ですよ。私の周りもスナック菓子を進んで与えているお友達は皆無です。そのうち嫌でも色んなお菓子は覚えますので、せめて3歳になるまでは神経質と言われても、頑張って下さい。私も相当思われてます(笑)せめてご主人が盾になってくれると良いのですが・・・。

    ユーザーID:

  • >あのんさん

    幼稚園前って言っても1歳半の頃の話ではないでしょう?
    1歳の頃からポテトチップスみたいなお菓子を食べていたのですか?
    現在問題ないとのことで何よりですが、やはりそれは結果論だと思います。
    肥満云々もありますが、腸壁がまだしっかりしていない赤ちゃんのことですから、できるだけ注意したいと思うのが親心では無いでしょうか。
    赤ちゃん用のお菓子で、薄い味の物も沢山売られている中、理解できないという方が私には理解できません。

    ユーザーID:

  • いろんな意見アリガトウございます。補足です

    実母が、糖尿病を患っていて
    この病気は遺伝しやすいから
    甘いものをあまりあげたくないという
    理由もあります。

    さらにうちの子はご飯を食べる量も
    同年代の子に比べて
    すごく食べるので
    味の濃いものなども
    まだあんまりあげたくないと思っているんです。

    義母にも、病気ののことを話して
    「そうだね。病気は心配だもんね」
    といってくれても5分もしないで
    プリンあげてもいい?って感じです。

    そのくせ、子供のご飯の量を見て
    こんなに食べるの?って
    言ってくるんです。

    そのたびりょうを食べるから
    味の濃いものなどは
    あげたくないって
    何度も義母に言ってる状態です。

    主人にも言ってもらいたくって
    何度か言ってるのに
    主人から入ってもらえない状態です。

    長文失礼しました。

    ユーザーID:

  • 最近の祖父母

    最近の親は子供の接し方を知らないとか薀蓄垂れる私達の親世代が多いですが、最近の祖父母こそ、孫の可愛がり方を知らない人が多いですよね。可愛がる=機嫌取りをする、と思ってるみたいで。
    私の昔を振り返っても、祖父祖母がむやみにお菓子をくれたという記憶はありません。逆に母の買ってくる甘いお菓子を批判してたし、祖父は祖父なりに「甘いやわらかいものばかり食べていてはだめだ。歯が育たない。おやつはこれにしなさい」と、配慮して固めのかりんとうとかクラッカーを食べさせてくれました。
    例えば、祖父母から困ったおやつをもらうと「おやつは、一旦ママが預かるね」とかおやつの時間外にくれたなら「時間が来たら食べようね」として、お礼だけ言って預かって少し食べさせるというのはどうでしょう。母と祖母が、「だめです!」「いいじゃない」と押し問答をしてるのを子供に見せるのはよくないと思います。
    どなたかが書いたように少しのお付き合いなら許容するのもおばあちゃんを立てる上で必要なこともあります。食育をきちんと受けた子は、多少の誘惑があっても、きちんとした食を自分で選ぶ大人に育ちますから大丈夫ですよ。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧