• ホーム
  • 働く
  • ペットシッターの経験談をお聞かせください。

ペットシッターの経験談をお聞かせください。

レス6
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

にゃぁ

こんにちは。
動物が大好きで何か動物に関わる仕事がしたいと思っている30代半ばの女性です。
最近ペットシッターはどうだろうと思うようになってきました。
都合でまだまだ専業というわけにはいきませんが、
将来的にはそう考えています。
実際にされている方、現状はどうでしょうか?
逆にお願いされたことのある方、経験談をお聞かせくださいませんか?
都会ではかなり数があるようですが、私の住む地域ではかなり少ないです。
どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 決して楽な仕事ではない!!!

    私は動物に関わる仕事(動物看護師)をしています。
    ペットシッターは、都市部では需要があるようですが、地方では、かなり厳しいと思います。なぜなら、地方では、大抵の動物病院がペットホテルを完備しており、飼い主さんたちも少しでも多くの時間を人に世話してもらえたら安心という理由が定着しているからです。

    また、動物病院に預ければ、動物についての知識がしっかりある看護師さんや獣医師さんがいて、もし動物に何か(病気による症状の発症等)起こった場合にすぐに対処できるから安心ということがあるからです。ペットシッターという仕事は、小型犬に限らず、大型犬・超大型犬の散歩等体力的にかなり大変で、万が一お預かりしているペットに何かあったら、すぐに責任問題となりかねません。
    決して安易な気持ちでペットシッターをしないでください!!

    ユーザーID:

  • アメリカ在住です

    アメリカで、一人暮らしで猫を二匹飼っています。
    仕事柄出張もあるし、旅行も大好きなので(猫の飼い主として無責任と言われればそれまでですが)、ペットシッターさんには頻繁にお世話になっています。

    最初にお願いした方は、アポイントはメールのみで行い、一度も本人に会う機会はなく、出発時に玄関マットの下に鍵を隠しておくという形式でした。
    この人には数回お願いしたのですが、毎回ちゃんと来てくれていることを確認するため、机の上に連絡先を書いたメモを置いて、最初の訪問時に連絡を入れてくれるようお願いしていました。それでも、本人に会ったことがないだけに不安でした。

    次にお願いした方は、一番最初の依頼時に私自身と猫たちに顔見世をするため家まで来て下さって、この時に鍵を直接お渡ししました。サービス期間中は、毎日訪問時に日記まで書いていただき、最初の方とは違って、とても安心できました。

    やはり、事前にペットシッターさんと飼い主が直接会う機会を作ることと、予定通りにきちんと訪問している証拠を残すシステムは必須だと思います。

    ユーザーID:

  • 責任と信用の問題

    キャットシッターをやっています。
    私は必ず、初回の時は「飼い主&猫」同席の家庭訪問をします。お金は前払いのみ。中間、後日報告も飼い主の希望に沿って行います。それ以外にも猫の健康・食事・しつけ相談にのったりもします。
    同業者の中には約束どおり毎日来なかったり、きちんと約束した仕事をしない人もいるらしく、受注する方もすごく不安であるという事を前提にきちんと話し合いをした上で契約書を交わしています。
    犬の場合は逃げられた場合、散歩中等に傷害問題を起こしたりする可能性も有り、猫よりも責任重大です。もし本気でペットシッターをなさるおつもりでしたら、しっかり法律の事も勉強されてからになさった方が良いかと思います。

    ユーザーID:

  • キッチリとシミュレーションを

    ビジネスとしてやるなら、キチンとシミュレーションしましょう。先ず、保険が幾ら必要なのかチェックして、利益を得る為には最低どの程度のペットの世話をする必要があるのか考えましょう。

    共働きの多い地域なら、犬の散歩は結構需要があると思いますよ。但し、ビジネスとしてやるなら、一緒にに数匹散歩させる能力が必要です。思ってらっしゃる以上に難しいと思います。一度、ロットワイラーとグレートデーンを一緒に散歩させてみて、自分は本当にペットシッターとしての才覚があるかどうかチェックしてみては如何でしょうか?若い男性でもかなり力のいる仕事ですよ。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます。1

    >猫ままさん びっくりです。メールだけのやり取りはさぞ不安だったでしょうね。アメリカではそういう場合も多いのでしょうか。私は携帯メールでペットの様子の写真を送ってはどうかと考えています。不安を考えたら事前にお会いすることは必要ですね。改めて不安を取り除くように飼い主の方にも接していかないといけないお仕事だなと思いました。

    >猫の母さん 私は現在犬一匹、猫9匹の世話をしています。猫のうち一匹はエイズ、一匹は障害を持っています。飼っている数が多いので、猫の方が手馴れてはいると思います。キャットシッターというのもあるのですね!こういう選択もあるのですね。法学部出身なのですが、これに沿った勉強をする必要も勿論ありますね。同業の方に毎日行かない人がいるというのは驚きです。そんなことがあるのですね。こういう業者がいるという勉強になります。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます。2

    >Texanさん 保険!気がつきませんでした。気づかせてくださってありがとうございます。犬に関しては身内が大型犬(ペットショップでは売られていません)のブリーダーをしていたので、何匹も連ねての散歩は経験ありますが、一人でというのはなかったですね。何かあったときに助けてくれる人もそばにいないわけですし。ビジネスとしてのシュミレーション、必要ですね。

    命あるものの世話は大変ですが、天職?ぐらいに思っています(笑)人からの相談も今でもよく受けますし、つながれたままの犬は散歩に連れて行きたくなります。
    また経験談ございましたら、聞かせてください。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧