ドラマのセリフ。

レス3
(トピ主0
お気に入り0

生活・身近な話題

沙希

TVドラマ大好き、30代の主婦です。昔から民放のTVドラマはかかさずチェックし、ほとんど見ています。最近一番心にグッときたのは「1リットルの涙」です。病気が題材のドラマはあまり好みではなかったのですが、これに関してはとにかく涙が止まりませんでした。。。見ていてとにかく切なくなるけど、心が温かくなる場面もたくさん。ふと思ったのは、いいドラマっていうのはセリフ(脚本?)がいいですよね。何でこんなに素敵なセリフが言えるんだろう、と思いながら、脚本を書いてる人ってスゴイなって思います。もちろん原作あってのセリフでしょうけど、「1リットルの涙」の中では、母親役の薬師丸ひろ子さんの言葉がとても印象的でした。天国への娘に書いた手紙を読むシーンは、最後の涙に拍車をかけました。みなさんはドラマなどで記憶に残るセリフなどありますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あった!

    ええと…三谷幸喜さん脚本の「合言葉は勇気」(だったかな?香取慎吾さん主演の弁護士関係のお話…)の中で

    鈴木京香さんが演じた独身女性が

    「楽しいことって人生の中で1番にはならないと思うんだ、3番目くらい…(もっと大切なものはある)」というようなことを言うシーンがあったと思います。

    今思えば、結婚せずに雑貨店(だったかな?)を営んでいるその女性の頑なさからくる言葉かな…とも思いますが、その頃の私にはすごく胸に響きました。

    その頃辛いことがあって、でも逃げることもできなくて、なのに周りの友達は楽しそうに見えて…

    っていう状態だったから、共感持てたんだと思います。

    今でも時々その言葉を思い出します。楽しいっていうのも素晴らしいことですが、楽しいからって浮かれずに自分にとって大事なものは守りたい、って思います。ドラマ自体も毎週楽しみにしていました。

    ユーザーID:

  • タイトル忘れましたが・・・

    昔やっていた「金妻」のような不倫ドラマだったと思います。
    夫の不倫を見て見ぬふりしていた妻が意を決して真相を夫に聞くと、
    夫はアッサリと不倫を認めました。
    その時妻が「あなたにはもう私に嘘をついてくれるやさしさもないのね」と。
    このドラマを見ていた頃はまだ子供で、
    嘘をつくことはいけないのにどうしてそういうこというのかな?と
    不思議だったんですけど、大人になってやっと理解できました。

    ユーザーID:

  • 「Age,35 恋しくて」より

    主人公の田中美佐子さん演じる「ガラ」が、大学時代の友人の成瀬君(椎名桔平さん)の陶芸教室に通い始めます。
    ガラはその時、夫(中井貴一さん)の浮気が発覚し、家庭生活に疑問を感じ始めている、微妙な時期でした。

    ある日、成瀬君が出展する重要な陶器を焼いている窯の中に、ガラが結婚指輪を置き忘れてしまったまま、窯を閉めてしまいました。
    窯を開けば焼物はダメになってしまうのに、ガラが止めるのも聞かず、成瀬君は躊躇せず窯を開け、その結婚指輪を取り出します。
    「どうしてこんなことしたの?大切な焼物だったのに・・・」
    と聞くガラに、成瀬君が言った言葉・・・

    「ガラの幸せより大切なものなんてないよ」

    ううっ(涙)そんな事言われたら、成瀬君のところに行きたくなってしまうじゃないかぁ!(BGM:シャ乱Q「いいわけ」)

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧