どれくらい貯金があれば安心できますか?

レス16
お気に入り2
トピ主のみ0

一児の母

話題

30歳、子供1人&妊娠中です。自分が親にしてもらったことをしてやりたい(大学まで行かす・結婚時や家の購入時の援助)と思っています。数年前に、親に生前贈与を受けました。実親・義親の老後などにかかる金銭的な問題はない(はず)です。実親・義親の死後の相続は、多少なりあると思います。主人(31歳)のお給料は一般的よりはるかに高いですが、外資系勤務なので数年先は分からないといったところです。この貯蓄額からして、一般的には、もっとお金を使ったりするのだと思います。でも、まず貯めてから!の気持ちが強いために、まだまだ!と思ってしまいます。一体いくらあったら、将来そこそこリッチな生活ができるのでしょうか?子供がいなければ、今からでも使っていってもいいのでは?と思っているのですが、子供2人だと莫大な費用が要りそうですよね?具体的な目標を決めたいのです。場合によっては私も社会復帰しようと思っています。現在貯めている方の将来の目標貯蓄金額などビジョンを教えてください。もしくは、もうすでに年金を貰いながらリッチな生活をされている方、いつまでにいくら貯めようと思って過ごされていたのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 今を楽しむことも大切

    若いときにがまんして質素な生活をして、おじいさん、おばあさんになったらリッチな生活を・・・って、意外と人間そんなふうになれないものです。

    我が家では、三年前に亡くなった義父が資産家で、義母と夫に、かなりの財産を残しました。義母は若い頃からつつましやかに暮らしてきた人ですが(家の資産には無頓着な人で、義父から渡されていた金額の中だけでやり繰りしてきたため)、今もそのライフスタイルは変わりません。

    「洋服にも、宝石にも海外旅行にも興味ないし、豪華なごちそうも別に食べたくない」んだそうです。今は自分一人で自由に使えるお金がいっぱいあるのに、あんまり歳を取ると、そのリッチさを楽しめなかったりするみたい。

    現在トビ主さんがどのくらい貯金なさっているか具体的な金額が分からないので何とも言えないのですが、文面からすると十分資産がありそうにも思うのですが。今の若い時もそれなりにお金を使って生活を楽しむことも大切かな、と思いますけど。

    ユーザーID:

  • 同じです。

    34歳、二人目の子供が7月に産まれます。外資金融で年収7000万円程もらっています。2年ほどMBAで時間とお金を使ってしまいましたが、現時点での貯蓄は1億円弱です。このサラリーをもらっていれば、恐らく多くの方が例えばロレックスを身につけたりBMWに乗ったりすると思います。が、うちはそういう意味では質素ですよー。もちろん買うお金はありますが、現時点では必要ないものと思っています。かといって、切り詰めた生活ではないです。高くても良い食材食品を使いますし、教育にはお金を惜しみません。家族で年に数回海外旅行もします。ただ必要以上の贅沢は今は必要ないということです。私たちは3億円達成したらとりあえず一安心と思っています。「Rich Dad,Poor Dad」というアメリカの本をご存知ですか?多くの人が、お金を得るとすぐに消費してしまう、そういう人は一生お金のために働かなくてはならない、一方最初にがんばってある程度まで貯めてしまうとお金はその後どんどん膨らむ、というのが著者の言わんとしているところなのですが、言い得ていると思います。日本でも翻訳されて出ていますよ。お勧めです。

    ユーザーID:

  • お金に上限はない・・・

    とりあえず、生活費の半年分くらいですかね。
    健康なら、その間に次の仕事みつけることだってできるし、家計が危機的状況なら、子供には、奨学金なり、国立なりいってもらいます。

    勉強する気のない子供に、無理やり大学いかせても、何も身につかないですよ(自分がそうでした。ごめんなさい両親)

    結婚後まだ2年(30歳)なんで、1年目は家電製品を買い、今年末には、旦那の車が寿命で買い替え・・・現金主義なので、貯金してもすぐ出て行きますね・・・(汗)

    年齢や、結婚年数にもよるんではないのかな
    主婦系雑誌では、月5万くらい貯金ってのがメジャーだったような。月10万以上ってのは少数だったとおもうので、一般的にはそれぐらい貯金しておけば大丈夫なのではないでしょうか

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    キップお返事ありがとうございます。
    実・義親共々、老後は気遣いだけで、お金をこちらが出資しなくていいという環境はなかなか恵まれていると思っています。ましてや、今何かと頂いたりしてますし・・。

    自分達のお給料でやっていけるのですが何かと甘えています。そんな環境でやってきたので、今後二人の子供(娘と息子(予定))には、同じ事をやってあげたい!そんな思いがありつつ、「一体そんな生活をするにはいったいいくらいるんだ??」と悩みます。中年期にキップが良すぎて、自分達の老後がショボいってのもイヤですし、資産も残したい(感謝されたい?)です。

    切り詰めた生活ではありません。子供の教育費、被服費は惜しみませんし、交際費・おもてなしもここぞとばかり奮発します。海外旅行は年2回、国内旅行は2ヶ月に一回、車も安全のためにですが一般的に高級車に乗っています。でもこれは必要経費だと思っています。でもそれ以外は、目に見えて派手ではない(はず)です。確か日経の新聞に老後は夫婦30万(持ち家)で、そこそこリッチと見解が出ていました。う〜ん、本当?って思ってしまいます。

    まだまだご意見お待ちしております。

    ユーザーID:

  • あればあるほど良い

    マイホーム、車ありでローンなし。この状態で老後に5千万あれば憂いなしだと思うのです。

    ユーザーID:

  • 人間、寿命は分かりませんからね

    子どもにしてあげたいって気持ちは捨てて
    自分の将来・老後の生き方を決めた方がいいですよ。

    パートナーが先に死んでしまうかも知れませんし
    子どもに頼らず生きていくために。

    それなりの収入を頂いているようですので
    まずはその中で暮らして
    「父親のような仕事で、この位の暮らしが出来る」
    といことを生活の中で子どもに実感させる。

    もっと良い暮らしがしたいなら
    収入の良い仕事を目指せ。
    仕事を始めたら援助はしない。

    子どもを大人にして
    独立させるのが親の努めだと思います。

    ユーザーID:

  • 生活に工夫を

    私の母は70歳の話ですが・・・。
    魚は市場で大量に買い、干物などにして保存。野菜は家庭菜園で作り、お米は玄米で買って精米し、糠は漬物や畑の肥料や掃除に使い、自宅で取れた梅は梅酒や梅酢、梅干に、たくわんや白菜も漬けてます。

    食品は余すとこなく最後まで使い、夏も冬もエアコンは最低限。お風呂のお水も最後まできれいに使ってます。

    本は図書館、健康のために毎日歩き、医療費は72歳ですがどこも悪くない健康体なので一切かかっていません。
    生活費は食費、水道光熱費で月に6万円弱。都心の一等地の敷坪200坪の一戸建てに住んでいます。

    仕事は長者番付にも乗る成功者ですが、海外旅行や服飾費、インテリアや、お友達とのお付き合いにはバーンと使いますが、その他は倹約し、かなりの資産家です。

    私が子供の頃からこの生活です。節約や工夫をこらせばいいのです。
    収入が増えない以上、支出を減らす努力が必然です。

    ユーザーID:

  • リッチというには・・・

    うーん、確かにトピ主さんは外資系にお勤めの割には質素だと思いますよ。
    仮に年収5000万(業界や年齢にもよるけど、外資だとこのくらいか)だとしたら年1000万くらい貯めれるのでは?
    それならインフレを考慮しない試算で30年、3億貯まります。
    20年掛けて取り崩しても、年に1500万。
    リッチというほどではないけど、悪くはないと思いますよ。

    まあ、せめて金融資産5億は無いと富裕層向けの金融サービスでは熱心な優位性あるサービスを受けられないので(昔の変額年金のような餌食になる層になりかねない)、そういう面では運用に不安を残しますが、腹八分目ということでひとつ。
    運用次第で上の数字はいくらでも変わりますからね。

    使い方に関しては僕は知りません。
    収入によってあまり生活が変わらないほうなので。
    強欲にならなければ、そこそこ豊かさを追求してもバチは当たらないでしょう。

    資産は子供には残さない予定です。今で言うせめて10億は無いと「資産」と言うのもおこがましいし、それ以下だと金銭感覚的に微妙で、下手に残すと逆に子供に悪影響を及ぼすから。自分で働けってコト。
    多分そんなに貯めれないですしね(笑)

    ユーザーID:

  • 2回目です。

    こんにちは!もう一度レスさせていただますね。ええと、トビ主さんの今の生活(被服費を惜しまず、海外旅行年2回、国内旅行2ヶ月に1度、交際費も奮発)を高齢になっても維持し、尚且つお子さん方に資産を残したいとなると、月30万円ではとてもじゃないけれど足りないのではないでしょうか?まず、一年にいくらあれば自分たちが満足できるのか具体的な金額を決めましょう。だいたい90歳ぐらいまで生きると考えて、その金額を約30倍します。それに、それぞれのお子さんに残したい資産を足しましょう。そこから将来受給できるであろう年金の総額を引けば、老後のために貯金すべき金額が決まるのでは?
    ちなみに我が家ですが、トビ主さんよりももっと地味な暮らしをしています。高齢になったら、夏は涼しい土地に数週間静養しに行くことができれば、後は好きな本を読み、やりたいボランティアができれば幸せです。よって、どう高く見積もっても持ち家があって、1億円ほどあれば、十分なのではと思っています。子供たちはしっかりと教育をつけてやっていますので、自分たちの力で自分の生活に必要なお金ぐらいちゃんと稼ぐだろうと思っています。

    ユーザーID:

  • 相談する場所がちがいますよ

    個々の家庭の経済はそれぞれです。
    年に1回以上の海外旅行ができる家がどれほどの割合かわかりませんが、
    全同年代世帯の半数もないのではないでしょうか?
    平民庶民(世帯年収1000万・30代夫婦)の私から見ると、トピ主さんの生活がどのようなものであるのか、想像できません。

    ここで相談したり意見を求めるのはイマイチ場の空気が読めていないような気がします。
    ファイナンシャルプランナーにご相談されてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • なんだか気持ちわかります。

    30代前半共稼ぎ子持ち主婦です。
    たぶんトピ主さんのトコより収入&生活水準全然低いですが、なんだか気持ちがわかります。
    私は親からの援助は全て断ったため、子供にしてあげたいとは思わないですが、
    今のうちに老後安心できるだけのお金を貯めたいと思ってます。

    こういうことって若いうちに考えておかないとどうにもならないですよね、きっと。
    で、子供の教育費は全くピンキリなので外しておくとして、
    私の感じでは、夫婦2人で50代後半までに預貯金&リスクの少ない金融商品で1億ないとマズイと思っています。

    我が家の生活は、23区内戸建て(ローンは3年後完済予定)に小型外車、
    旅行は年1〜2回、子供はまだ1人ですが教育費、被服費、食費はあまり制限無く使います。
    夫は中堅上場企業の会社員で、私はフリーランスの1人会社経営です。
    親の老後のお金の心配はありません。

    全体的にトピ主さんの生活をスモール&コンパクトにした感じじゃないかな、と思うのですが…どうでしょうか?
    なので、トピ主さんはこの5割り増し以上の経費がかかる&子供への援助があるとして、
    3億以上が最低ラインかな?と思いますが、どうですか?

    ユーザーID:

  • 聞いてみました

    優雅な老後を暮らしていると思う、
    私の両親(父68歳、母63歳)の場合です。

    子ども三人(全員私立四大卒)は結婚or独立し、
    それぞれ住宅購入資金援助(各3000万)済み。
    自宅(都区内戸建)ローン返済完了。
    の上さらに、預貯金(株式など投資分を含む)8000万くらい、
    年金が月50万円弱。

    母曰く、
    「二人とも働いてたし、貯めるって言ってもボーナスくらいよ〜。
    月々のお給料は生活費と学費で消えちゃったわねぇ。
    後はそれぞれおじいちゃん達からも色々してもらってたし・・・」
    なんだそうで、つまり、
    ・定年まで共働き
    ・ボーナス全額貯蓄
    ・夫婦共に実家から住宅購入資金援助&遺産相続
    でここまできたそうです。

    ちなみに親がお金掛けてたなと思うところは、
    ・小学校卒業までは平日夜は家政婦さんが毎日来ていた
    ・小学生の時に自宅(中古)購入、高校生の時に立て替え
    ・兄二人は中高一貫の全寮制私立校
    ですが生活自体は、
    ・両親の実家はそれぞれ都区内
    ・外食ほとんど無し
    ・旅行(レジャーを含む)ほとんど無し
    ・母は驚くほど物欲が無い
    ・子どもは塾以外は習い事無し
    ・祖父母の老後の面倒一切無し
    と、結構質素だったと思います。

    ユーザーID:

  • 再度トピ主です

    そうですね。おっしゃられる通り、生半可な資産であれば、それで食べていけるわけではないのだから、子供に対して資産を残すというより、一人でちゃんと稼げる・立派な社会人に育てるという意気込みの方を優先すべきでしょう。

    私の主人は、家が裕福という感覚では育っていないらしく、逆に周りからの言葉に驚いたりしていたらしいです。私はその家より格段に落ちますが、どちらかというと「お金を残してあげる」とか言われて育ったような気がします。それは娘だったからという理由みたいです。でも自分で言うのも何ですが、そのせいでダメ人間になったわけではないと思います。

    私は(多分主人も)、子供に対しては資産のことや相続のことは何も触れずに暮らしていくつもりです。
    立派な社会人に育てつつ、おまけがある人生にしてやりたいという目論見です。

    ユーザーID:

  • 蓄財優等生

    収入や貯蓄が増えると、身に着けるものや車など、生活もアップグレードしてしまう人は資産家への道は険しいものがあると思います。お金の(生活してゆく)ために常に働かなければならない。

    とある有名な米人統計学者の本によると、

    税込み年収x年齢/10=平均?資産額

    だそうです(うろ覚え)。年収1000万で40歳の人は4000万円になります。確かに資産額は年齢と年収で変わってきますので、参考にできる式かもしません。この数字が2倍あれば蓄財優等生、以下であれば蓄財劣等生と呼んでいます。先ずはこの2倍を目指しては如何ですか?

    私は不動産をいれればやっと2倍に届くかなという程度です。目標資産額は、生活のために働くという意識から開放されるレベルまでいくことです。

    ユーザーID:

  • 1億ってところでしょうか

    なんとしても、お子さんに財産を与えて感謝されたいようなので、試算してみます。

    大学最高で私立理系下宿と重なれば、学費年間300万、生活費15万×12ヶ月=180万、教科書20万
    これが4年間で2000万ですね。
    それと、結婚ですが1000万位で挙式披露宴、少しの家具家財道具、といったところでしょう。
    つまり大学、結婚で3000万、住宅購入の援助となれば1000万くらいでしょうか。

    一人当たり合計4000万ですね。お子さん2人で1億貯めるのを目標にされては?

    ユーザーID:

  • おまけなんていらない

    大学までの学費はともかく新築費用の援助ですか??

    そこまでしてあげる事が必要なのか私には分かりません。お子さん達には『残して」あげることを話さずともそれくらいのことはいつか分かるでしょう。(自分達にも回ってくると・・・)

    私はかなり資産のある家で育ちましたが結婚費用も増してや新築費用の頭金すら(マダですが)絶対にありえません。幼い頃から「子供には残さない。自分達で稼ぎなさい」と両親に言われていましたし、実際自分で貯金をしたお金で式を挙げ、結婚後の今もマイホームのために働いて貯金しています。

    そうやってお金のありがたみを知ってこそ頑張って建ったマイホームもいとおしい物なのでは??

    なんだかな〜って感じです。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧