客室乗務員になりたい(中3)今何を?

レス27
お気に入り0

あり

働く

私は4月から中学3年生になります。中学受験をして語学に力をいれているあこがれの中学に入学しました。

大学までよほどひどい成績でない限りエスカレーター式であがれる学校です。

母は、受験勉強をしなくていいのだから目標があるのであれば自分の目標にむかって少しずつ努力したらいいといってくれます。

私は英語が大好きで塾は英語だけいっているのですが、英会話を勉強したいので英会話の○バに通うことにしました。

運動部に入っているので3年で引退してからもっともっといろいろな事を学びたいです。

他にどのような事を努力すればいいですか?

母の友人に現役客室乗務員の方がいます。聞いてみたら運がよかっただけ・・・といって笑っています。

ご指導御願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 望みは叶う

     勿論語学は必須条件ですのが、何よりもあなたの丁寧な言葉遣いに驚いています。いくら言葉が出来ても相手をいたわる気持ちがなければ何にもなりませんからね。謙虚な今のあなたを大切にして、健康には留意して頑張ってくださいね。それと、運動部は出来る範囲で続けたらいいですよ。この時期にしか出来ないことですから。これも見えないところで結構な力になります。

     さて、私はヨーロッパに住んでいますが、こちらの飛行機に乗って感じることは、添乗員さんが何カ国語も話せること。日系の飛行機だと、英語と日本語だけなのですが。これからは絶対英語以外の語学も必要になってくる時代が来ると思います。プラスアルフャの力です。あと、個人的には笑顔。これは武器です。

    ユーザーID:

  • 妹が客室乗務員でした

    こんにちは。私の妹は大学在学中に外資系の某大手航空会社の客室乗務員として就職が決定しました。当時の競争率は数百倍以上にも達していて、一度チャンスを逃すと2度目のチャンスはもう巡って来ないような気がしたそうです。結局、卒業を待たずに大学を中退して客室乗務員になりました。大学2年の中頃から航空会社に照準を当てた就職活動を開始し、例え不採用になったとしても面接など勘をつかむ練習になるので出来るだけ多くの採用試験を受けたそうです。余談ですが、海外には客室乗務員になるための専門学校が存在し、職業資格として成り立っている国もあるそうです。そのような国では資格取得後はあまり競争もなくごく普通にこの職業に就いているらしいです。日本では倍率が高く運も良くなければ結構大変ですけど、是非頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 頑張って!

    もう7年ほども前の話ですが…
    学生時代の友人が、短大と平行して客室乗務員になるための専門学校に通っていました。

    よく面接練習にも付き合いましたが、英語(英検)の他は、一般的な礼儀作法のようなことを勉強していたと思います。
    美しく座り、美しく話すこと。
    単純なことですが、日頃「わたくしは…」などという言葉使いをする習慣がなかったので、なかなか難しそうでした。

    その点トピ主さんはまだ中学3年生とのことですので、今のうちから訓練して身に付けておくと、何をするにもプラスになると思います。

    ユーザーID:

  • 夢があっていいですね

    私も長いこと客室乗務員に憧れていたので、お気持ちわかりますよ。

    客室乗務員をやってる人を2人知ってますが、好きでないと長く続けられない職業のようです。(アメリカの航空会社なので、日系はまた違うかもしれませんが、参考まで。)お客のお世話をするわけですから、客の苦情に上手に対処したりとか、気分が悪くなって嘔吐した人の後片付けからトイレ掃除までしなくてはなりません。それに入社して数年はシフトが決まってなくてなかなか大変だとも聞きました。そのため1、2年で辞めてしまう人が多いんだそうです。でも人気は高いんですよね。

    とまあ、否定的なことを書いてしまいましたが、知人たちは自分の仕事に誇りを持っていますし、楽しんでいます。この職種を選ぼうが選ぶまいが、英語ができるというのはプラスになりますから、将来の選択をする時まで今は勉強に打ち込むのが一番だと思いますよ。夢は諦めないでね!

    ユーザーID:

  • 英会話は・・・

    ○バはオススメ出来ませんね。
    理由は
    ・講師はほかの仕事をしたいのだけどとりあえず当面の金を稼ぐためにアルバイトしてます的な意識の人が多くて授業の質が・・・
    ・毎回自己紹介に貴重な会話時間を取られる。自己紹介ばかり上手くなっても・・・

    です。
    もっと色々な学校を回られるといいと思いますよ。
    ご参考まで。

    ユーザーID:

  • 夢があるってすてきですね。

    まずは身長160センチありますか?ないのらまだのびますので、めざしてください。歯の矯正も必要ならはやいうちにすましておくべきです。夢があるのはすばらしいですよ。ぜひがんばってくださいね。

    ユーザーID:

  • 体力と英語力

    外資系の会社で客室乗務員をしています。
    この仕事はなんと言っても体力と語学力です。

    見かけよりずっと体力的にきつい仕事ですから、基礎体力をつけておきましょう。
    語学力なくしては、合格自体がありえません。

    まだ中学生ということですから、今は学校の勉強をしっかりとしてください。あとはコミュニケーション能力をつけることです。

    英語以外の語学を身につけると自信にもつながりますし、受験の時に有利に働くこともあります。

    がんばってくださいね。

    ユーザーID:

  • まずは学校生活

    客室乗務員になるためには特別な対策は要りません。しいていうなら団体行動やチームワークを学生時代に体験しておくと望ましいでしょう。

    なぜスチュワーデスになりたいのかわかりませんがこういった仕事は景気にめまぐるしく左右されますからあなたが大人にナる頃にはどうなっているのかわかりません。

    今でも、海外の会社は儲からなければすぐに撤退しますし、日本の会社も契約制が主流、正社員化をしない方向になってきています。

    また、機内サービスをまったく行わない会社も登場しますしひとくちに客室乗務員といっても色々なんです。なにはともあれ学生時代にできる部活やアルバイトなどを体験したら良いと思います。

    ユーザーID:

  • いくつか・・・

    重要な点は・・・、まず健康で体力がありどこででも寝つきがいいこと、笑顔と言葉づかいが綺麗で華やかな印象があること、何があってもクヨクヨしないたくましさがあること、行動力と好奇心がいつも一杯だということ・・です!

    つまり表面は優雅でキレイだけど内面はサッパリして少し図太い体育会系ということですね。

    それからなんといっても人と接するのが好き、語学の勉強も好き、ということも必要ですね。

    ユーザーID:

  • 若いってやはり素晴らしいわ!

    私もあこがれていた時期がありますが、
    私とーっても目が悪くて裸眼で0.04なのです。
    この時点でもう受験資格がありませんでした。
    (今もまだこの規定ありますよね?)
    暗いところで本を読んだりしないようにして
    視力を落とさないようにして下さいね。

    ずーっと前にテレビで見たことがあるのですが
    試験で体力テストのようなことをやっていて
    (踏み台昇降だったような)
    試験を受けられた方はジョギングしたりして鍛えた
    ようなことおっしゃっていましたが・・・。
    体力も必要ですよね。

    まだ7年間あります。
    全力で自分の夢に向って下さいね。

    ユーザーID:

  • お勉強以外では、、

    歯並びはいかがですか?
    もし自信がないようでしたらぜひ今のうちから矯正を。
    外資系では必須ですし、
    国内航空会社でも綺麗な歯並びは強い武器になりますよ。

    ユーザーID:

  • 会社の同期が

    私はSEですが、会社の同期が2年目のときにANA受けてみる〜 と、受け、一発合格し、今は国際線に乗ってます。
    なぜ彼女が一発合格したのか。
    まず、1年アメリカに留学していたので英語ができます。
    あとは、性格ですかね。接客業が大好き!!と嫌味がなく言ってのけ、誰からも愛される性格をしてます。
    容姿は特別美人じゃないけど、愛嬌がある系です。
    親戚にも薬剤メーカーのMRからやはりANAの乗務員をやっている人がいます。
    友達の話を聞いている限りは
    体力と、語学力と、性格ですかねえ。。。
    ものすごくかわいい子もいれば、十人並みもいるそうです。
    そして、やはり女の世界には変わりないみたいですよ。
    まずは人生経験と、接客業のアルバイトでもいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • 大変な仕事ですよ

    バブル時代はものすごくお給料もよく、その頃からスチュワーデスはもっとも憧れの職業のひとつのままですが、今はだいぶ事情が違います。
    お給料も「飛んでナンボ」で、休むと大きく響きます。
    それに、トピ主さんが大人になる頃は変わってると思いますが、今はまだ正社員VS契約社員の差がすごく、同じ飛行機に乗って同じ仕事をしても、片やボーナスもないといった状態です。

    だから飛行機に乗っていると、若いスチュワーデスにはやる気がない人も多いと感じます。
    年配のチーフパーサーはわがままなお客にも笑顔で接し、さすがだなと思います。

    待遇が良くなく、時差や乾燥、わがままなお客への対応、トイレ掃除、いじわるな先輩・・・よほどガッツがないと続きません。
    まだ若いのですから、スチュワーデスだけに絞らず、今は英語は絶対役に立つから頑張って、それ以外は視野を広く持っていたほうがいいと思いますよ。
    しっかりしているからきっといい大人になるでしょうね。
    頑張って!

    ユーザーID:

  • 頑張ってください☆

    こんにちは。航空会社で4年間働いていた者です。

    客室乗務員に必要なものは何より笑顔・体力・根性
    だと思います。
    そして美しい所作、言葉遣いが面接では見られるようです。(そして何より笑顔!)

    多くのお客様と接する仕事。
    面接官の一人でも私を良く思わなければ仕方ないし、
    万人に好感を持たれる事が必要かなと思いました。

    あとは人に尽くせることでしょうか。
    国際線ともなると10時間以上、お客様のお食事を用意したりトイレを掃除したり客室の環境を整えたり、、具合が悪くなる方もいらっしゃいますし。

    いつも周りの人に優しく、色々な年代の方と接するといいと思います。
    もちろん語学はプラスだと思います!英語の他に仏語、独語、中国語のどれかとかあれば強いです。

    頑張ってくださいね。陰ながら応援します。

    ユーザーID:

  • 夢はきっと叶う

    日本で以前日系航空会社の国際線客室乗務員を経験した後、現在は米国在住で米系の客室乗務員(国内・国際)をしています。

    現在中学3年生との事。 今なら何を始めるのにも夢があって良い時期ですね。 心から応援したくなります。 経験からいくつかのアドバイスを書かせていただきますのでよかったら参考になさって下さいね。

    1.健康的な体力づくりを心がける。 無理なダイエットなどはせずに、成長期の今に必要なバランスの良い食事を心がけ、適度な運動をして体を鍛える事です。 客室乗務員は何を置いても体力勝負です。 どんなに心がきれいでも英語が話せても、体力がついて行けなければお話にならないのです。 部活などに参加して夢中になってお友達やチームメートと目標に向かって頑張るのも良いですね。 その一つ一つがすべてあなたの血となり肉となり、素敵な女性へと成長させてくれると思います。 そんな女性こそが、客室乗務員に向いているのです。

    2.英語は努力しすぎるという事はない。 現在も英語に力を入れている学校にいらっしゃるという事なので特に心配はないと思います。

    (続きます)

    ユーザーID:

  • 夢はきっと叶う 2

    3.客室乗務員だけに夢中になりすぎない。 他の事にも目を向けて、これからの長い人生、いろいろな経験をしてご自身の引き出しを増やしていって下さい。 それが引いてはあなたの豊かな人間性となり、客室乗務員として魅力ある人材を作り上げるのです。 いろいろな可能性を残しながら最終的に自分の希望と可能性を活かせる仕事として客室乗務員を選んだような人が、航空会社がもっとも求める社員像なのだと思います。

    文面からだけですが、あなたはお若いのにしっかりとしていて素直な性格が伝わって来ます。 きっと良い客室乗務員になりますよ。 頑張ってね

    ユーザーID:

  • 20年前の話ですが・・・・

    私の友人は、短大の家政科を卒業後、2度くらい落ちましたが、見事、J○Lに合格しました。
    例え一度失敗しても、諦めないことですね。
    彼女は156cmくらいでしたが、今は身長のボーダーラインがあるのでしょうか??

    もう一人の友人は、一度、一般企業に事務職として就職
    した後、キャ○イ航空に合格しました。

    どちらも可愛い顔でしたね(笑)

    前述されていますが、歯並びは大切みたいですね。
    是非、頑張って下さい!

    ユーザーID:

  • がんばってください

    もちろん英語も大事ですが、他の教科もすべて大事だと思います。
    数学・歴史・地理・科学・古文・現代文・美術・音楽
    全て、知識として大事だと思います
    知識が多ければ多いほど、もっといろいろなことに興味がわいて、もっといろいろな人と話ができて、いろいろな世界が広がります。
    いくら英語がぺらぺらでも、知識がなければ、他人と会話はできないと思いませんか。

    高校生になったら、ぜひ接客業のアルバイトをしたらいいと思います。
    接客業は誰にでもできると思われがちですし、実際ある程度までは誰にでもできますが(たしかに敷居は低いです)本当に極めようと思ったら、けっこういろいろなことを考えてやらなければいけないです。

    また、友達と遊んだりすることも、コミュニケーション能力がつくので大事だと思います。ひとの行動や言動をよく観察して、どうしてこのひとはこういうことをするのか、言うのか、など普段から考えたり(人間観察)してみてください。

    ユーザーID:

  • トビ主です。

    たくさんの ご意見有り難うございました。

    とても参考になりました。

    今努力している事は、

    学校の勉強、クラブ、英会話 を頑張る事。

    髪、服装、肌の手入れなど身だしなみに気をつける。

    等です。(姿勢も大切ですね。 小さい時は 母が厳しかったので背筋がのびていましたが 背が高いのでだんだんと猫背気味になってきました。)

    歯の矯正は今 上下矯正している最中です。下の歯は少し横になっているので したくなかったけど 大人になったら 印象だけでなく健康にも影響がでるって母にいわれ しぶしぶしたのですが 今から考えたらよかったです。

    身長は164?ですが視力は悪くコンタクトをしています。矯正視力で1.0あったらOKって聞いたような気がしますが 駄目な会社もあるのでしょうか?

    人と接することが大好きです。そして 色々な国に行きたいです。

    母からは夢をもち努力することはとてもすばらしい。しかし、他の道も視野にいれ 今するべき事をしっかりと頑張ったらいいと言われています。

    ユーザーID:

  • とにかく知力と体力を

    仕事柄、フライトアテンダントや、航空関係者が回りに多いのですが、日系航空会社に勤めておられる方々と仕事をして感じたことをいくつか。

    外見からは、華やかな業種に見えますが、私の感じる限りでは、働いておられる方々は、足が地に着いた理知的な体育系の方が多いように思います。

    外国語を話し、世界を飛び回ると言うのは、あくまで仕事の一部で、不測・緊急の事態における冷静な対応、気圧・時差の克服、乗客サービス(接客のプロ)、不規則な勤務・重量物の取り扱いのできる体力と長時間の立ちっぱなしに耐えられる丈夫な足腰などが基本的に必要な要素のようです。

    そしてもっとも必要なのが、品性・知性です。

    現在語学に力を入れている学校に通っておられるとのこと。わたしは、街の語学学校に行くよりは、今の学校の科目に集中することと、校内で外語の演習をする機会があれば、フルに活用することをお勧めします。

    教科書を馬鹿にしないこと。 中学の教科書を完全にマスターしたら、かなりのレベルになります。 

    ここで言い切ります。 教科書は正しいですよ。 おかしな悪擦れした ”ネイテイブ”英語 のようなものに惑わされないで。

    ユーザーID:

  • 救急法の資格

    元CAです。
    英語の勉強も大事ですが
    (NHKのラジオ講座がおすすめです)

    他に救急法の資格があると有利です。
    日本赤十字で講習が受けられるので調べてみてください。
    英語以外に韓国語や中国語もできると
    なお良いと思います。

    あとはやっぱり体力があることが大事です。
    結構きつい肉体労働なので。
    ゆめゆめ日常生活で腰など痛めないように
    注意してください。

    大変なことも多いですが楽しい仕事ですよ。
    夢がかなうといいですね。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:

  • 元CA

    退職してから6年ほど経ちますが、元客室乗務員でした。
    今は中学3年生とのこと。確かにあこがれる職業のうちに入るのかもしれませんね。

    しかし!世の中にはたくさんの職業があります。
    今から客室乗務員になる目標を掲げて努力するのも素敵なことだと思います。が、ひとつの事だけにこだわり過ぎなくても、客室乗務員になれる人は多いです。

    たとえば、大学も薬学部、理学部、美術・・・といった、語学重視ではない学校を卒業している人もいました。
    ですから、遠回りかもしれないけれども、英語以外にも、興味を持った勉学、スポーツ、ボランティア活動?等を通して、人間に幅を広げてみてはいかがでしょう?きっと将来CAになっても役立ちますよ!

    ユーザーID:

  • 接客業なら

    やっぱり正しい言葉遣いと礼儀作法では
    ないでしょうか。
    いつもよく使っている言葉でも
    案外間違っていたりしますからね。
    (全然大丈夫、とかね)

    なんか適当ですいません・・。

    ユーザーID:

  • がんばってくださいね、でも...

    私も学生時代、人と接することが好きだし海外に出たいしと華やかな印象の客室乗務員に憧れて、一時期専門学校の講座に通いました。
    笑顔、言葉遣い、ヒールは何センチ、歩き方、着るスーツまで、元客室乗務員の方に厳しい指導を受けました。

    ...が、就職活動が近づき、実際に他の職種等も視野に入れて考え始めて急に心変わり、結局全く異なる業界に就職しました。
    仕事上海外への出張が多く、入社数年で年に何度も飛行機を利用する機会がありましたが(後に赴任で海外在住)、現在私にとっては客室乗務員は体力仕事で大変だな、と思うくらいです。

    私もお母さまに全く同感です。夢を持ち努力することは素晴しいことで決して無駄にはなりません。でも世の中には(私自身、中学校、高校時代には知りえなかった)沢山の道、職業がありますから、今から客室乗務員だけに絞って考えられるのはもったいないかなと思います。

    ユーザーID:

  • 広い視野を持って

    新卒でANAに入社し、三年間国内線に乗務し、結婚退職した者です。
    同期や先輩、後輩を含めて感じた共通点は「しっかり者」ということです。外見がほんわかしていても、芯の強い女性ばかりです。外見は、清潔感があり爽やかで、健康的な笑顔ができれば良いのではないでしょうか。
    私が入社試験の時に気をつけたことは、いかにもCA志望者っぽくしないということでした。いるんです、まだ合格もしていないのにスッチーもどきヘアメイクにスカーフした学生が・・。学生なんだからリクルートスーツを着ればいいのに、と思います。外見が華やかな人よりも、外見は控えめだけど、しっかりした発言ができる人のほうが、「この子は磨けば光りそう」と思うのでは。
    「何が何でもスッチー!」という必死が伝わるのもNG。会社は広い視野を持った人を求めています。熱意はもちろん必要ですが、ギラギラしてる人たくさんいて怖いです。
    CA!とこだわりすぎずに、クラブ活動、アルバイト、色んなことに挑戦してみて下さい。しっかりした人になれば、必ず合格できると思いますよ。ちなみにみんな英語ができるわけではありません・・・私も含めて。

    ユーザーID:

  • 限定しすぎず

    中学生でもうはっきりと将来なりたいものがあるっていうのは、素晴らしいですね!そして、好きなことをいくつも持っていらっしゃって、それを努力するというのもとても素敵だと思います。

    でも就職するまでまだ10年近くありますよね。
    その過程で、興味も視野もきっと広がっていくと思います。外国に行って色々なことを見るなかで、目標も変わってくる可能性があります。

    だから、あまり始めから職業を限定しすぎず、好きなことを色々努力されて、視野を広げていくことも大切ではないかなと思います。今はこれになりたい!と思っていても、もっと魅力的な職業が、将来見えてくるかもしれません。

    好きなことを思う存分楽しんで努力されていれば、きっと道は開けていくと思いますよ!

    ユーザーID:

  • 噂に惑わされない事

    大学卒業後、A○Aに契約で入り
    その後数年間勤務して、現在は結婚退職しております。

    必至で客室乗務員を目指している方には
    本当に申し訳ない事なのですが
    他の方も仰っていますが
    客室乗務員に固執しすぎる事が一番ダメだと思います

    私は英語はまるっきりダメでした
    受験前に気休めで英会話学校に通った程度ですし
    そういった専門学校は通っていませんでした
    大学の成績もかなり低いランクでした

    そんな私が合格した事で、
    当時、かなり肩身の狭い思いをしました
    家庭が裕福だったので、コネなのでは?
    容姿だけで採用されたんだ
    など、沢山言われました。
    それが本当かどうか、私にも正直分かりません
    ただ現実合格したのは事実なので…
    世間で言われているような、
    合格に必要な知識や能力が
    どこまで合格に影響を与えるのかは不明です
    成績上位や語学力、資格者などが優先されるなら
    勉強のしがいもあり、
    合否で対立を生まないと思うのです

    客室乗務員にこだわって
    万が一夢が叶わなかった場合に
    その後に何も残らない人生だけは送って欲しくないです
    まだまだお若いので
    広い視野をもって毎日を過ごしてください

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧