キャリア・職場

翻訳のアルバイトについてうかがいたいのです。

レス7
お気に入り1

米粒

働く

私大でジャーナリズムを専攻する三年次生です。所持する資格は英検準1級、漢検準2級、ドイツ語検定4級です。TOEICはのびのびにしてきて、いい加減受けなくてはと思っています。

英語の翻訳のアルバイトをやってみたいのですが、サイトや求人広告でみる限りどうも企業の、法律や業務の書類の翻訳が主体のように思えます。翻訳するにも実力判定の試験もやはりあるようですし、このような翻訳は、そこらの一学生が挑戦して翻訳できるものなのでしょうか。アルバイトは接客が主で、オフィスワークや法律を扱った経験はありません。

それとも私の探し方が偏っていて、他の種類でも翻訳の題材が存在するのでしょうか。ご存知の方、理解してらっしゃる方、どうぞお教えくださいませ。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 実務経験がないと難しい

    いわゆる実務翻訳のアルバイトを探しているのですよね?

    実務翻訳の場合、内容は発注する企業の業種によりさまざまです。例えばメディカル関連、コンピュータ関連、金融関連、法律関連、電気通信関連、などたくさんあります。使われる英語も専門用語が多くて特殊です。英語力もさることながら、その業界について一定以上の知識がないと、専門性が高く正確な翻訳は無理だと思います。簡単なビジネスレター程度なら学生さんでもできるかもしれませんが、そうしたものは通常外注に出しません(社内で英語の出来る人がちゃちゃっとやってしまいます)。トライアルを受けるにも、実務経験があることを条件にしているところがほとんどだと思います。

    本格的に翻訳を目指すのではなく、一時的なアルバイトのつもりなら、他のお仕事を探した方がいいですよ。

    ユーザーID:

  • いろいろあります

    トピ主さんが見つけたのはプロ用です。
    ですから挑戦してできるか?と言われれば出来なくはないけどかなり難しい、というのが答えでしょうか?法律や業務などを日本語で理解し議論でき、それを翻訳とは別に英語で理解し議論できればOKです(翻訳に資格はあまり関係ないです)。あとは慣れです。でも日本語で法律のことを話していても用語がわからないとなると無理・・・ですよね。
    もっともプロとはいえ、最初は初心者から始めているはずなのでどこかでプロと一緒に仕事をしてイチからチェックしてもらえるととても勉強になります。教える方も大変な労力ですのでそれを特に翻訳者を目指していない学生につきっきりで教えられるかといわれると・・・親切な人がいるといいんですが・・・という感じでしょうか?因みにわたしが学生のときは、市役所で外国語話者在住者向けの生活情報誌の翻訳とか雑誌の外国ファッションメーカーの特集記事のための下訳とかバイトでやっていました。経験重視の分野なので最初は選り好みなしで(あれ今もかな?)何でも頼まれたことはやりました。

    ユーザーID:

  • 口コミ

    簡単な翻訳程度ならわざわざ求人広告出さないで、口コミで募集しているところもあると思います。
    私は学生の時に、歯科医院でバイトをしていたのですが、履歴書でTOEICスコアを見た院長から「手紙の翻訳をしてほしい」とか「英語の書類を作るのを手伝って欲しい」とか頼まれることがありました。

    あと変わった所では旅行先で泊まった旅館で、一人旅だったので旅館の方と色々話していたらHPを「英語でも作りたいんですよ」という話をしていて、これも何かの縁なので簡単な翻訳をさせてもらったこともあります。
    友達は翻訳学校に通っていたときに講師に「バイトないですか?」と聞いたら単発の仕事をいくつか紹介してもらえたとか。

    普段から知り合いとかに「翻訳のバイトを探している」と言ってみるのもいいかも。意外なところから頼まれることもあるかもしれません。
    翻訳会社に登録していた知り合いの話では、医療、工業などあらゆる分野の仕事をまわされるので、軽いバイト程度に考えているのならお勧めしないと言っていました。

    ユーザーID:

  • 腕試しをしてみましょう

    私は学生ですが、現在、アルバイトで在宅の英日翻訳を受託しています。
    最初に仕事を探したときは、未経験者可の募集を行っている翻訳会社に片端から応募しました。
    そして、トライアル受験を繰り返し、数社へ登録することが出来ました。

    で、アドバイスですが、まずは自分が興味のある分野を扱っている翻訳会社のトライアルを幾つか受けてみることをお勧めします。
    すぐに登録できる会社があるかも知れませんし、もしダメでも、自分の実力がどの程度のレベルで何が足りないのかを知る上で役立つと思います。
    ごく稀には、落ちても簡単な添削やフィードバックをしてくれる親切な会社もあります。

    ただ、学生が学業の傍らにアルバイトで翻訳を行っても高収入を得るのは難しい、ということも申し添えておきます。
    私の場合、月収は週1回の家庭教師をした場合と同じ程度です。
    私は理系の女子学生で実験が多い生活をしているため、夜中に安全にバイトできて通勤時間がかからない、という点で非常に助かっているのみです。
    金銭よりも翻訳経験が欲しいのであれば良いのですが、そうでなければ、アルバイトは外で行う別のものを探した方が良いかもしれません。

    ユーザーID:

  • 厳しいかもしれませんが、

    私も在宅で翻訳をしています。

    翻訳の仕事を受注するのにTOEICの点数や英検の級は何の役にも立ちませんが、英語力の目安として強いて言うならば、足切ラインはTOEICで900点くらいでしょうか。それ以下の点数では厳しい言い方ですがどうにもならないと思います。

    もちろん、これは必要条件であって十分条件ではないのでTOEICでもっと高得点をとれても翻訳ができるとは限りません。

    そこそこ英語ができて翻訳を志望するという人は世の中に沢山いますので、仕事を探すのに手っ取り早い方法は差別化することでしょう。金融工学のような専門性の高い分野だと、需要のわりに翻訳のできる人が少ないので有利だし、日英翻訳ができる人も不足しているので、その実力があれば途絶えることなく仕事が入ります。

    とにかく語彙量と実務の知識がモノを言う仕事なので、単に英語が得意な学生さんというだけでは、実務経験豊富な社会人の翻訳者には勝てません。翻訳は、若さが不利に働く分野です。今のうちは、常に英語のシャワーを浴び続け、いろんな知識を吸収して、いい翻訳をするための基礎体力をつけてください。

    ユーザーID:

  • ひとくちに

    他の方のコメントにもありましたが、翻訳と言っても、色々な分野があります。各分野にはその分野の専門用語や独特の言い回しなどもあり、翻訳や通訳をするにはまずそれを勉強しなければなりません。
    通訳にしても翻訳にしても、語学学校や大学でその言語を勉強しているだけでは、ごく初歩的な仕事しかこなせないのが現実です。
    逆にいえば、語学能力はそこそこでも、専門分野の知識がある人の方が有利なんです。特殊な分野ほど人が居ませんから、翻訳の人手が足りなく、探しているかもしれません。
    語学以外のあなたの得意分野や興味のある分野は何ですか?まずはその分野の外国語と日本語の雑誌やインターネットサイトなどを探してみてはどうでしょうか?そんな風に、情報源と日本の提供元が分かってくれば、あるいは手掛かりが見つかるかもしれませんね。
    頑張ってください。
    私自身は、翻訳は時間ばかり掛かって、見合う収入が得られないから苦手なんですが(笑)

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    みなさま、親身なご回答をどうもありがとうございました。やはり専門分野をもつことが重要なことのようにみうけられました。ご意見を参考に、ほかのアルバイトも視野に入れてと思っております。ありがとうございました。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧