割り勘!!! その2

レス134
(トピ主0
お気に入り9

生活・身近な話題

ゆっこ

レス

レス数134

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 勘違いしないように

    >見栄や明らかに見下したような嫌みのある奢り方じゃなければ、正直嬉しいし、その気持ちは偽れません。

    なぜ?昨今の男性がそのような奢り方になるのでしょうか?男性だってせっかく奢るのでしたら気持ちよく奢りたいはずです。
    相手にどのような奢らせ方をするかは、女性次第という点も忘れたはいけないと思いますよ。

    女性の本能として奢られて幸せを感じると言うなら、男性にも奢って幸せを感じさせる女性の度量も考え直した方がよいと思います。
    奢られて当然なんて考える人に奢りたいと思います?

    奢られて当然なんて考えは捨てて、男性が本当の意味で喜んでおごりたくなるような女性になることが先だと思いますけど。

    ユーザーID:

  • 原則と特別を使い分ける

    【原則割り勘】ということを念頭においておけば、あとは相手次第でなんでもありでしょう!

    見栄や明らかに見下したような嫌みのある奢り方じゃなければ、正直嬉しいし、その気持ちは偽れません。

    お金=愛とは決して思わないけど、夫と付き合って2回目のデートのときに「今後、食事代含め二人で楽しめることの費用は全て俺に払わせて」と言われたときに、なんというか、心の底から湧きあがる女に生まれた幸福感のようなものを感じたのを覚えています。

    “気持ち”についてきたお金は本当に嬉しいものですよ。

    ユーザーID:

  • 少ない?つくす男性

    私の彼は、デート代はモチロン、車のドア開けるのは助手席から、とか、荷物は必ず持つし・・・、といった感じです。
    うーん。奢ってくれる以前につくすのが好きなタイプ?

    で、私は、対等なお付き合いなど意識する事もなく。流れのなすがまま。
    おまけにおごってもらえてラッキー。と軽く考えていました・・・(恥)。

    こちらのスレは色々な意見があって勉強になります。

    ユーザーID:

  • 感謝の心もそうですが2

    ですが最近の風潮として男女平等の思想の下、らしさを否定して【家事や育児は男性も参加して当然若しくは女性に感謝すべき】と主張しつつ【一家の大黒柱は男性であるべきで、今回のように男性は奢るべきで女性は奢られて当然】なんて女性が多いように見受けられます。

    だからこそ『相手に女性らしさを求められたとき、無条件で女性らしさを提供できますか?』といった内容のレスが多かったのでしょう。

    下品な言い方ですが。。。
    家庭を養う努力を放棄しておきながら、一方的に女らしさを要求している男が多いならならともかく。
    女性らしさを否定しながら、無条件に男性らしさを求める子供じみた方が増えていると思います。

    少し横になりますが、こういった幼児化が晩婚化、又は少子化につながる、主要な原因のひとつではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 感謝の心もそうですが1

    >女性は母性本能というものがあり『やってあげたい』という気持は強いと思います。
    そして"やって欲しい"という男性もなくもないから、色々尽くした場合どうでしょう?

    そうなんですよね。
    結局は相手の好意に対する感謝の心は問題なんだと思います【家事育児などは女性なんだからやって当然】なんて平然と言われて納得できる女性います?

    人間だって動物ですから、女らしさや男らしさや性の違いによる得手不得手という本能はあって当然だと思います。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ドッチでもいいんですが

    私はドッチでもいい。
    あまり全部奢られるのは下心あるんじゃないかと疑ってしまうからほどほどが良いタイプです。

    が。
    以前、(かなりしつこく誘われて)デートした男性が、食事中開口一番
    「俺、奢らないから」
    はあ。どちらかというとこれは相手が奢るデートだと思うけれど、まあ主義なら仕方ないです。
    「ただし」
    ただし?
    「店員の前ではお前は財布を出すな」

    つまり、奢る気はさらさら無いけれど店員達の前では俺を立てて奢ってもらったふりをしろと。

    あれだけはあいた口がふさがりませんでしたね。
    勿論二度目のデートはありませんでした。
    その後もしつこく誘われましたが、彼の言うことは自分勝手なことばかり。

    奢る奢らないで相手の本性がチラ見えすることがあるのは本当のようですね。

    ユーザーID:

  • 奢ってくれる人の考え方による

    私が今まで付合った男性はみんな奢る派でした。
    私が財布を出そうとすると、「俺に恥をかかせるなよ」
    と言って会計してくれました。
    奢ってくれるのはありがたかったけど、この人は見栄で
    奢るんだな・・・、と思ってあまりうれしくなかったです。

    もう一人は、年上の人で私の経済状況を察してくれて、奢ってくれました。
    これはうれしかったです。

    一番嫌だったのは、お金を出さないと女の人は次会ってくれないでしょう?と言って、初めてのデートで高価な物を買ってくれようとした人でした。
    私は、物につられる女だと思ってるんだ・・・、と想い、かなりショックでした。

    思いやって奢ってくれるのではないなら、私は割り勘がいいです。
    って、払ったことはないのですが。

    ユーザーID:

  • 小銭まで割り勘です‥

    付き合い当初から小銭まで割り勘です。
    正直彼氏というより友人のようなおもい。
    良い悪いではなく、価値観が違うのかな〜と
    おもうようになりました。

    ユーザーID:

  • ななしさん、その通り!

    >「絶対おごりじゃなきゃ嫌だ!」と強く主張しなくとも、奢りたいタイプの男性と縁があるんですよね。
    奢られ派の皆さんでそのようなパターンも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

    はい!私もそうです。
    「絶対に奢られなきゃ嫌だ!」なんて気持ちは微塵もありません。
    ただ、奢ってくれる男性にしか、今まで会った事がなかったんです。

    このトピでの奢られ派の方達は、『奢ってくれる男性を探す。』のではなくて、『出会った男性は奢ってくれた。』が正解なのでしょうね。
    だからトピ主さんの彼氏に対する気持ちが解るんだと思います。

    ユーザーID:

  • 気持ちの伝えられ方は、何だって良い

    「奢り派=金銭で相手へ気持ちを伝えたる」
    「奢られ派=金銭で気持ちを伝えられることを要求する」

    気持ちの伝えられ方を受け手が決めるのは、撫し付けではありませんか?
    自分が奢り派でも相手を無視してまで「奢り」という方法にこだわるのも撫し付けだと思います。
    相手に喜んでもらうのが、本来の目的のはずですから。

    お世話になる(なった)方にきちんとご挨拶する。
    個人的な付き合いになるほど受けた「気持ち」を返したくなると思います。
    人とのお付き合いは、トータルで割り勘だと思っています。

    ユーザーID:

  • けんさん

    人それぞれだからいいじゃないですか。あなたの考えはこれからも実行してください。それよりも他人の考えを貶す方がみっともないですよ。自分がしたいようにする、それでいいんです。自分の考えと違う人を批判しあうのは止めましょうよ。

    詰まる所は「人は人、自分は自分です。」

    ユーザーID:

  • トピ主さんでておいで〜

    トピ主さんからずれた議論が盛り上がってるけど大丈夫だよ!
    私も、かつてトピ主さんとまるで同じような状況になったことあったなあ。
    私ははっきり言いました!だってない袖はふれない!
    「これ以上デート代かけられない。あなたがデートのレベル(入るお店とかね)を下げたくないなら、会う回数減らす」て。
    彼びっくりしてましたよ。そんなこと考えもつかなかったって。
    うるうる泣かれちゃいました。「それでも(レベルを下げずに)会いたいんだ〜」なんて。
    だからそのお金がないんだって!で喧嘩になり、別れました。
    彼はデート代だけでなく、会う時間でも『自分が会いたければ会いたい』とこちらの都合をまるで考えない人だったので、次第にあわせるのが面倒くさくなって愛情が冷めちゃったのよね。
    トピ主さんも彼に気持ちを話してみるといいよ!彼のこと好きなら私よりも冷静にね(笑)がんばれ〜

    ユーザーID:

  • 両派とも相容れないものだから

    個人的には奢られ派です。
    (意図せずともお財布を出さないお付き合いを送ってきたため)
    上で述べられていた方のように付き合った男性、そして結婚相手に至るまで「男の自分が奢りたい」というタイプの人だったのです。

    「絶対おごりじゃなきゃ嫌だ!」と強く主張しなくとも、奢りたいタイプの男性と縁があるんですよね。
    奢られ派の皆さんでそのようなパターンも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

    割り勘派の意見も興味深く拝見させて頂きましたが、自分には縁の無い考え方ですので「世の中色々な考えを持つ人がいるなあ」という感想です。特に肯定も否定もするつもりはありません。

    トピ主様は自分と考え方、価値観が合っている方とお付き合いした方が悩まない生活を送れそうですね。

    ユーザーID:

  • けんさん、ごもっとも

    男女関係なく、何かしてもらう側は謙虚でなくてはいけませんね。
    ここで否定されているのは奢られていること、じゃなくて奢ってもらうのが当然、という気持ちなんじゃないですか?
    家事に関するトピなら「家事は女にしてもらって当然」という男性は非難されるだろうから同じことなんですよ。
    恋愛中だから夢見てもいい部分はありますよ。
    奢る彼と手料理を振舞う彼女は理想の夫婦を見ているみたいです。お互いに義務ではなく、してあげたいと思ってしている。
    割り勘になると結構現実的ですね。
    トピにも挙げられたように、「俺はこのくらい出してる」「私はここも負担した」こんな風に細かくなってしまって大変な人もいるだろうけど、所得の少ない方に合わせた付き合いをするのが前提ですね。
    それは結婚相手として見た時のいい判断材料にはなりそうです。今は共働きの時代だし、年収より家事を厭わない男かの方が大事かも。奢られてると判断鈍りますもの。
    まあ、年上、年収倍の彼に割り勘で付き合おうって言われたらたしかに嫌だけど・・・そこでお互いのバランス感覚をみればいいんじゃない?

    ユーザーID:

  • そこに気持ちはありますか?

    すごく盛り上がってるトピですね!
    ここでの意見が少しでも参考になって、トピ主さんの悩みが解決に向かっているといいのですが。

    それにしても、こういうお金に絡むことって難しいですよね。
    “お金”というもの自体に、何かいやらしいイメージがあるので、例えそれがどんな主張であっても、どこか人間のいやらしい部分が見え隠れして、素直に受け入れようという気持ちになりにくいのでしょうね。

    やはり基本は相手に対して思いやりと感謝の気持ちをもつことだと思います。
    割り勘にする時も「常識よ!」という態度で機械的するのではなく、相手を思いやる気持ちを持ってする。
    奢ってもらうときも、「当然よ!」という態度ではく、相手の“喜んでほしい”という気持ちに感謝して、嬉しい♪ありがとう♪全開でそれに応じる。

    どなたかの意見にもありましたが、そういう“自分の気持ちを大切にされてる感”が何より人を満足させるのだと思います。

    こういうやりとりが成立しないのであれば、それはそこに愛がないからかなぁと思います。

    ユーザーID:

  • 女性たちは

    結局おごるかどうかは相手が決めることです
    おごるのが普通とか男らしいって言っている女性はおかしいですよ
    なぜわからないのですか?
    前の彼氏だとかだんなとか関係ない!
    ワリカンでケチという人こそ一番ケチなんです

    ユーザーID:

  • たかが食事代で・・・・

    奢ってくれないだのなんだのと・・・・。みみっちくないですか?

    >出してくれた方がゼッタイに男らしくてステキです。

    よくいらっしゃいますよね、「男らしい」を完全に履違えた人。
    これが「男らしい」ならお金を出す=男らしい
    となります。ほんとうにそうですか?今時こういう些細なことで男らしいとか女らしいとか、普通なら恥ずかしくて言えませんが。


    >四十路様

    >30過ぎてデート代を割り勘にする男は結婚できないだろう
    >と思います。そういう男が増えているのだと思います。

    はぁ・・・・。根拠となるものがな〜〜〜んにもない。勝手な妄想。いまここでだれか結婚できる・できないの話をしていますか?それ以前に奢らないと男性は結婚できないって?意味が全くわかりません。
    お願いですからインターネットに書き込みをするのなら「昭和」から一刻も早く抜け出し「平成」においでになってからにしていただけませんか?

    ユーザーID:

  • 30過ぎの割り勘

    >30過ぎてデート代を割り勘にする男は結婚できないだろう
    >と思います。そういう男が増えているのだと思います。

    「30過ぎてデート代を割り勘にする男」は、「奢りじゃ
    なきゃ嫌だという女とは、付き合いたくもないし、結婚も
    しなくていい」のです。

    「奢りだったら付き合ってもいい」という「たかり女」
    「金のかかる女」は願い下げ、というのがそういう男の
    本音です。

    四十路さんは、「男は結婚したいと思っているのだけど、ケチだから結婚してくれる女がいない」と思いたいので
    しょうが、男性の意識は、「金のかかる女をつかまえて
    まで結婚しなくていい」に確実に変化しています。

    ユーザーID:

  • 相手とケースによってどちらでもいいと思うのですが。

    相手の価値観と性格ですから、それに合わせるだけの話ではないでしょうか。

    私は主人と交際中の時から7:3、8:2の割合で主人がデート代は負担していました。私が転職などで余裕がなかったので。申し訳ないのでだんだん料理を作ってお部屋デートが主流になりましたよ。

    知人、友人カップルは1円単位まで割り勘というスタイルが多いです。彼らの話を聞いていると経済的にというよりお相手の性格や習慣みたいですね。

    相手によって自分の価値観が通用しなくなりますし、カップルの数だけスタイルは違うものですから、皆さんの意見を踏まえて彼と交際していく方向性を見出していくのがいいと思います。

    相手に気遣いが欲しいと思う時は、自分が相手に対して気遣いがない時ですよ。お互い相談して気持ちのいい付き合い方を模索して下さい。

    奢る、割り勘の前にお互いの姿が見えていないように思いますよ。

    ユーザーID:

  • 経済力に応じて臨機応変が良いと思う

    私→資格試験の勉強を続けていて、バイト生活中
    彼→お金持ちではないけど、社会人

    付き合い始めは割り勘してましたが、徐々に彼が気遣って払ってくれました。正直、ビンボーなので絶対割り勘を続けられていたら困ったかも。そういう気遣いをしてくれる彼にいつか恩を返さなきゃ…。あ、でも私はブランド物ほしいとか、高い店じゃなきゃ嫌とか絶対言いませんよ。食事を作ってあげたり、彼が助けが必要な時は出来ることはやってあげてます。

    トピ主さんはおごってもらえないのが嫌なんじゃなくて、お金があるくせに生活に余裕がない相手に気遣えないっていう事なのでは。

    私だったら、経済的に苦しい事伝えて、付き合い方を変えてもらうかも。(回数を減らすとか、お茶だけとか)でも、なんか相手の状況を読めない男と結婚しても良い事ない気がする。

    なんていうか難しい話抜きに、お互い自然に助け合えるような関係になれる人を探した方がいいのかなーって思います。逆もまた然りだし(トピ主さんが経済的に優位だったら、気づかってあげなきゃね)

    ユーザーID:

  • 人それぞれでいいのです。

    奢られたい人は奢られればいいですし
    割り勘がいい人は割り勘でいいでしょう。

    考えが合わなければ恋愛関係にはなり得ないとは思いますがそういう事は良くある事です。

    ただ自分と考えが違う人をわけのわからない理由で批判するのは良くない事です。

    ちなみに私は割り勘派なので奢って欲しい女性とは付き合えないですね。

    ユーザーID:

  • お互いが補う

    他のカップルがどうなのか知りたいということなので、うちの場合を言いますが、お金に余裕があるほうががんばるという感じです。
    多目に出してあげるときもあれば、全額払うときもあるし。もちろんその逆も。
    お金がないと言われたら、じゃあしばらく外食はやめて、もし行くとしたら私が払うねとなります。

    お金があるのに「割り勘する彼」じゃなくて、トピ主さんがお金がないと言ったときに、どう対応してくれる彼なのかが知りたいですね。

    ユーザーID:

  • トピさんの好みを無視してもどうかと・・2

    そう言ってデートのお誘いがない場合、本当に甲斐性の無い男の証明でしょう。あなたがそう断定して良いと思います。(ちょっと下品につづく)
    そうすれば、あなたの好みではない、割り勘が当たり前で、負担は当然だなどという他の人の投稿(あなたが不快な)を読む必要もないし
    小姑のようなつまらない参考にならない意見を読む必要もないでしょう。

    甘え上手で、大金出してでもデートしたいと思わせる女性はいますね。
    高級クラブのお姉さんの会話テクニックや気遣いに、世の男性は数万のお金を出して通います。
    できるだけ自分にとっていい男をゲットするためにも、直球一本では対処できません。
    経験と観察力と洞察力など鍛えなければ、また小石を投げて相手の対応を見る冷静さ(ずるさ?)が無ければ、
    いい(あなたの好みのと言う意味)男をゲットできません。

    あなたがおごって欲しいのなら、数千円の負担もできない甲斐性の無い男の誘いは、丁寧(断固!?or鼻で笑って)にお断りするべきです。
    あなたは自分の主張の軸を確信すべきで、はっきり、しっかりと相手に伝えましょう。

    ユーザーID:

  • トピさんの好みを無視してもどうかと・・1

    ゆっこさん。じっくり読ませてもらいました。
    給料も安く生活に余裕もないから、割り勘が負担だという意見ですね。

    あなたが、そう思い実際負担がキツイのであれば、デートもいらいらしてしまうものになってしまいますね。
    デートの誘いがあったとき、それほど負担感があるのなら、いま余裕がないので、パスと断ったらいいと思います。
    割り勘でも久しぶりだからいいやと思ったら受ければどうでしょう?
    「友達の延長でのおつき合い」であるなら、財布がピンチなので、おごってくれたら行くわ!でいいのでは?

    今の彼の考え方は、自分から誘っても、デート割り勘が普通な人なのが、わかっているのだから、対処は簡単なのではないでしょうか?
    相手の割り勘とはっきりした主張に対して、何故あなたは相手が誘ったデートでの相手の負担を言わず(そうして欲しいのがあなたの要望)
    週に何回も誘われる割り勘デートに出かけていって、毎回同じ割り勘に不満を募らせるのが、不思議です。
    はっきり主張しないとわかりませんよ。つづく

    ユーザーID:

  • 勉強になります。

    私は思いっきり奢られ派です。
    たまに「お茶くらい私が」って言っても、ほとんどの男の人はいやがるし、断ってもタクシー代よこす人も多いし。。。
    女の子の前でイイトコ見せたい!っていう、かわいい男心なんだと思ってました。
    けっこう割り勘派の方って多いんですね。今後、気をつけようっと。

    ユーザーID:

  • 結婚前のことですが

    皆さんのレスおもしろいですね。

    私の場合ですが、おごりといわれたら「何でおごってくれるの?」と思います。誕生日や記念日だったら、素直におごってもらいます。私のことが好きで、私に負担をかけたくない、喜ばせたいのであれば、他のことで喜ばせてよ、と思います。負担といっても、自分が食べた分は負担ではない。自分(男性)のほうが余計に食べているというのなら、酒代など加減して3:7や4:6にしてもらいます。つきあいはじめで、自分は気乗りしないけれど、おごりというから、来てあげたという状態でなければ、自分だって一緒に食事して楽しみたかったのだから、最低自分の分は払いますという事です。

    で、トピ主さんの場合ですが、レジで格好悪いと思えば、店をでてからさっと数千円渡すとか、車に乗ったところでいいのではないですか。私は昔そうしてました。生活が苦しければ、回数を減らせばいい。見栄はってまで一緒に食事したいのであれば、生活の質を落とすしかないですよね。

    ユーザーID:

  • どっちでもいいですが・・・

    もうずいぶん前に付き合っていた彼はほぼ割り勘でした。就職して間もなかったし,彼は寮暮らしでお金がない,が口癖で,私が当時自宅だったこともあり,迷いもなく割り勘にしてましたね。その割には職場の上司・先輩としょっちゅう飲みに行ってて最後の方は信用できませんでしたけど・・・

    その後,初めてのデートの時にかかったお金を全額出してくれた人に出会い,正直とっても嬉しかったです。くれぐれも誤解のないように,お金を払わなくて済んだのが嬉しいんじゃなくて,自分にださせまいとしてくれた気持ちが取っても嬉しかったのです。男としてのプライドなのかなぁ〜,と。

    勝手な言い分かもしれませんが,男の甲斐性的なものを感じた気がしました。普段の生活でなかなか甲斐性って感じられないでしょう?

    以前,男の人から「女は大人なんだから男が悪くたって許すものだ」と言われた事があって,それの逆バージョンなのかもしれませんね。

    と言うわけで,ゼッタイに出して欲しいとは思いませんが,出してくれた方がゼッタイに男らしくてステキです。

    ユーザーID:

  • 大切なのは満たされること

    大変もりあがっているトピックですね。興味深く拝見しています。

    これだけもりあがる話題ですから、人間関係を築くにあたって重要なファクターに違いありません。その部分でトピ主さんが違和感を感じてしまっているのだから、お相手の彼とは相性が良くないのかもしれませんね。

    私は良い意味で性差を意識して楽しみたいので、奢られるのも大好きです。お金の問題ではなくて、「大切にされた感」(私の造語デス)が嬉しいのです。
    でも今の彼は割り勘派。収入が低いのでそうせざるを得ないのですが。それでも前出の「大切にされた感」はじめ幸福感を他の手段でたくさんくれますので、イライラすることはありません。感謝しています。

    問題は割り勘に限らず、大切にされているという感覚が得られないからイライラしたり疑問を感じたりしてしまうのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 人間も動物だから

    女は子供を産み育てる間は働けないので、誰かにその間養って貰わなければならない。外的からも守って貰わなければ子供を抱えて生き延びられない。甲斐性の無い男では、安心して子供を産み育てることができないではないか。一方男は自分で子供を生むことができないので、女に産んで貰わなければ自分の子孫を残すことはできない。なので男は「自分と居れば安心して子供を産むことができる」という証明として「奢る」。女は「この男と一緒になれば安心して子供を産める」と「奢られる」ことによってそれを確認する。

    昔から「子孫を残す」という本能的な部分で、自然と上記のようなことが行われて来たのではないでしょうか?(実際に産む産まないは別として)
    現代では女は働きながら子供も育てるようになってきたので、この「本能」が薄れてきてしまったのでは?男が弱くなったのか、女が強くなったのか・・・。

    ユーザーID:

  • 会わない選択

    「お金がないから今日は無理〜。」って言ってみたら?
    同じ経済状況じゃないことが分かれば彼ももう少し考えてくれるんじゃない?

    でも友達からっていう状況がそうさせているのかな?

    私の彼は旅行から食事から服と全部彼が出してくれます。
    でも別に見栄っ張りとかではないです。
    旅行に関しては彼自身が旅行に行きたいときに私の経済状況を考えるのが面倒だから出す。という感じ。
    服も買ってあげるから買いに行こうといわれます。
    多分私がおしゃれをしないのでおしゃれをして欲しいんだと思う・・・。
    でもいつも欲しいものがないので「いらな〜い」とか「今はいいやー」ってなってしまうんですけど。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧