• ホーム
  • 子供
  • 少子化の原因は?個人的には何だと考えますか? その2

少子化の原因は?個人的には何だと考えますか? その2

レス175
(トピ主0
お気に入り8

妊娠・出産・育児

ピー

レス

レス数175

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 希望

    日本の将来に希望が持てないからでしょう。
    希望が持てないから、自分達自身の私生活が充実しないのでしょう。

    自分達が楽しめない世の中に、自分の子供を産み落としてよいか、迷ってしまうのでしょう。

    子供が希望という方も居ますが、自分の希望とする為に、子供を産んでよいのかという罪悪感があるのでしょう。

    ユーザーID:

  • 良い方向に向かわせたい(1)

    私は一昨年、38才で結婚しました。まだ子供はおりません。フルタイムで働いています。
    少子化の原因は、いろいろな要素が積み重なっていると考えられますが、私自身、及び友人達(専業主婦、フルタイム勤務(子あり、子なし)を見る限りでは以下のような原因が挙げられます。
    1.晩婚及び結婚しない女性が増えたこと、
    2.欧米諸国に比べ、未だ女性にとって差別の多い会社が殆どであること、
    3.男性の意識が女性の意識に比べ、かなり切り替わりが遅れていること、
    欧米に比べまだまだ日本の会社では同程度に努力し、実績があっても、女性というだけで待遇も昇進も遥かに劣ります。会社での働き方は、男性が外(会社)で働き、女性が家事をする、という前提にたっている為、女性がその中で昇進・待遇アップを求めれば、当然、結婚は後回しになります。
    また、働きながら子供を育てる場合、育休を取り、キャリア中断を余儀なくされるのは、99%女性であります。
    まずは男性中心の働き方(家庭の仕事をしないので、会社の仕事に長時間、全精力を使い、全力投球できる)をみんなで変えていかなければ少子化はますます進むのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • みんなで良い方向に向かわせたい(2)

    愛し合って結婚すれば、子供を授かれば慈しんで育てたいという気持ちは昔も今も変わりません。子供を育てることは大切で尊く、大事業であると思います。しかし同時に外で働くということも、大変魅力があります。(男性諸氏、そうではありませんか?)
    辛いこともありますが、その分、乗り越えた時の達成感があり、また新しいことを覚えることにより知識欲が満たされ、人の役に立ち、逆に人に助けられることもあり、等々、外で働くことも、家事・子育て同様、人を成長させてくれます。
    一昔前までは男性に独占されてきた外で働く魅力を女性が知り、それで様々な所で軋轢が生まれ、少子化はそのひとつなのではないでしょうか。
    女性の意識は既に切り替わりつつあります。男性の意識が追いつかない、或いは変化を望んでいないので、少子化対策も空回りしているように思えます。
    私たち夫婦自身は、子供が授かったら夫婦共同で大切に育てようと決めております。
    夫婦共同で家事・子育てをし、働きたい方(夫でも妻でも)が働き、或いは夫婦とも働き、と
    それぞれの夫婦が考え方・状況に合わせて選ぶことができる社会が早くくるよう、望みます。

    ユーザーID:

  • あきらめきれない夢が

    10代のころからずっと頑張ってきてる夢があるんです。
    芸術系分野のことで、これから先も芽が出る保障はないですが、それのために生活どっぷり捧げていること自体が喜びなので、もう30代なのに結婚出産に興味が持てません。
    やっと最近になって良い手応えを感じてきているので、面白くて仕方ないです。

    同じような場合でも、昔の女性は20代半ばくらいでほぼ強制的にあきらめさせられて結婚→出産ってレールに乗せられてたんでしょうね。
    または、そういう人生が当たり前を教育されてくるから、何かにそこまでのめり込まないように自制してたのかもしれませんが。

    私は一応会社員として働いて、一人で暮らして、定められた税金や保険料は払ってます。
    それでも、結婚出産してないだけで「自分勝手」だとか「義務を全く果たしていない」という非難に、晒されることなんてしょっちゅうです。
    はっきり言えば鬱陶しいですが、これだけのめり込めるものに出会え、納得行くまで追求できる現代に生まれたことを幸せに思ってます。
    独身で同じような人、多いのでは?

    ユーザーID:

  • 個人主義の広まりと”豊かな”国になって・・

    一応”豊かな”国の仲間入り達成後、福祉も昔に比べたらよくなりました。

    1.だから子供に頼る(老後)必要なし、たとえ必要があったとしても今時の子供はあてにならないのが現実と言ったところでしょうか。

    <子供を沢山つくり、外国に出稼ぎに出して仕送りして貰おうと企む必要無し>

    2.生活が豊かになり、贅沢旅行なども手軽になり自分の為にお金を有効に使いたいと思う人が増えたこと。

    <子供の教育費が高いというより、養育に必要な時間を詐取されなくて済みますから、子無しならば>
    ーーまっ、それにしても、タイム イズ マネー!ーー

    今、崩壊家庭が多いとか・・その子供達が<家族>への夢を持ってくれれば反動現象が起こるかも。

    米国では911の後、ベビーブームだったそうな・・。
    独では教育費も高く無く、養育費も(子供手当て)あったけど子供は激減しましたし。

    やっぱり、”家族”に対するイデオロギーの変化かな。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • ひよこさんと同じ気持ちです

    ひよこさんと同じ気持ちです
    欲しいけど不安ばかり
    親は遠くに住み、ダンナは毎晩深夜帰宅
    住宅ローンは親の援助を受けていないので35年続く
    共働きだけど繰り上げ返済で10年縮めるのがやっとかも
    子供が産まれたら絶対にムリ
    近くの保育園は全て待機園児が20人ほど
    古い体質の会社は育児休業が取り難いけど
    再就職は難しい昨今
    母子家庭まっしぐらで体がいくつあっても足りないだろうな
    と今から凹みまくりです
    産んじゃえばなんとかなるよ〜というお気楽な友達たち
    今ですらフルタイムで家事99%担当してあっぷあっぷなのに
    子供ができたらどうなる?
    そんな我が家の子供が可哀想だと思うので様子を見つつ
    婦人科検診だけは欠かさないのです
    毎日のように周囲から子供産め攻撃に耐えられなくなりつつあり
    ストレス性の湿疹が2ヶ月前からできています

    ユーザーID:

  • 真面目なご意見が続く中失礼します!

    少子化=非婚という意見が多いので、ふと思ったのですが、
    人気独身芸能人達がどんどん結婚して幸せになったら、
    多少は一般にも影響しないですかねえ。

    と言うのは、35歳の弟が何かと言うと
    「ジャニーズの○○もまだ独身だしぃ」
    などと言って、結婚しない言い訳にしたりするので。

    意外に芸能人・有名人の結婚って影響するような気がして、
    ちょっとヨコ気味な発言でした。

    ユーザーID:

  • 社会は高齢化、でも出産適齢年齢は変わらず

    社会全体のしくみが高齢化してきているのに、人間の出産適齢年齢はそこまで延びていないということも原因にあると思います

    男女とも高学歴化が進み、社会に出る年齢が遅くなりました。人手不足で高齢者雇用が進んだりして、会社の中でも上が詰まってて、なかなか給料もあがらず、入社10年でも「若手」なんて呼ばれる・・・

    30歳になってやっと一昔前でいう成人くらい精神的に幼いと言われますが、親の教育とか本人の甘えだけでなく構造的にそうならざるを得ない部分があると思います

    社会的に「子供を持つのにふさわしい年齢」が上がっていて、でも出産には年齢的制限がやはりあって・・というギャップが少子化となって現れていると思います。

    ユーザーID:

  • これから産みたい30歳前後って

    就職氷河期で制度の整っている企業に就職できた人、そんなに多くないと思う。

    私もその1人。中小企業で正社員していたけれど結婚と同時に退職。結婚後は派遣社員。こんな職歴じゃ、出産後に仕事なんかないでしょう?

    良くてもせいぜい大手企業の事務センター派遣パートくらいじゃないかな。経済格差は広がるばかり。

    ユーザーID:

  • 高望みといわれる30代

    30代独身、経済的に自立している女です。

    なぜ結婚しないのか、高望みしすぎだ、時代は変わったのだから、自分が旦那を養うくらいの気概を持て、というようなご意見を小町でもよく目にします。

    私自身は、自分と同等レベルの(収入、価値観、家庭環境等)男性を望むことが他人から批判されるほど「高望み」であるとはどうしても思えないのですが、そのあたりはさておき、「自分が家計の主体となる」と腹をくくって結婚するところまで至らないのは、ひとえに結婚、育児における家庭責任の負担が女性に偏りすぎている現実にあると考えています。

    経済的責任も、家庭・育児に関する責任も自分にかかってくるのは重過ぎます。例え運よく相手の男性が育児家事面に非常に強力的だったとしても、旦那の両親や職場の男性達、あるいは周りのお母さん達からの有言無言のプレッシャーが女性にはかかってくる・・
    「自由に海外旅行に行けなくなるから結婚は嫌」と言うならばわがままと批判されても仕方ありませんが、このような辛い状況を前に二の足を踏んでしまい、結果的に非婚となっている女性を「わがまま」と批判する世の中ははちょっと優しくないなと思います

    ユーザーID:

  • 自分が大事

    簡単です!

    ・子供はお金も喰うし、時間も喰う。
    ・結婚だって、相手に合わせたり、何でも自分の思う通りにいかないこともある。

    自分(タイフスタイル・職業も含めて)を一番大事にすれば、結婚しない又は子供を生まない選択になるかのは当然。

    簡単すぎてダメかしら?

    ユーザーID:

  • 人や社会のために産むものではない

    で、少子化の原因のひとつは、情報過多な世の中になったことと思う。これまで目隠しされてきた都合の悪い部分が新聞で雑誌でネットで、明るみになった。
     情報は、発信者よりも受け手の取り方によっていくらでも姿をかえる。100人いたら100通りの感じ方があるわけで、、、。
     子育てが楽しいという話と、子育てが辛いという話をよんで、人は簡単にかわりません。子育て支援が充実してきているという話を読んで、出産可能年齢の女性がじゃあ産もうとはなりません。その人自身の気持ち次第です。
     ただ環境は大事ですね。私などは結局不妊ですが、結婚そうそう義両親にいわれた”孫の面倒をみるのはいや、実家のお母さんに頼め、自分達の老後はよろしく、そのためには仕事は適当にやめてもらわないと”という言葉はかなり不快でした。仕事は勿論続けていますし、親の面倒より自分の面倒をみなくちゃいけないので、人に迷惑をかけないためにも頑張っています。

    ユーザーID:

  • 今と昔は違います

    昔はもっと貧しかったけれど皆子供を産んでいたという方が多いですが。
    今と昔の子育て事情は全然違いますよね。

    ・昔は子供が貴重な労働力だったので、家業(例えば農業)を経営していくのに子供が必要だった
     →今は子供に出来る仕事は少ないし、
      そもそも子供を労働させれば法律違反。

    ・昔は子供を学校にやらなくてよかった(行っても寺子屋で実践指導のみ)ので、小学校に上がる位の年齢にもなれば下の子の子守は任せられた。
     →今は9年は義務教育。
      大学までやらないと就職で不利と考えるとさらに7年。
      子守も教育費もすべて親の負担。

    責任だとか甘えだとか未成熟だとかの問題ではなくて、結局は需要と供給の問題。
    子供は昔は労働力、今は金と手間隙かける「贅沢品」。

    テレビで、発展途上国でゴミ拾いで家計を支え、いつか学校に行くんだとゴミから拾い出した本で勉強している子が映されていました。
    その子の親は子を産んだから責任を果たしたのでしょうか?

    ユーザーID:

  • 少子化結構

    だけど、本音を言ってしまえば、産まない選択をした人たちと子育てをしてきた人が別々に暮らせる社会がいいです。

    自分のために産まなかった人たちと同じ認識をもって生活するのは不可能ですから。

    一生懸命子育てしてる私としては、子供たちが大きくなった時、産まなかった人たちが予感していたような世界になって苦労するのはなんだかかわいそうです。

    もちろんふだんは大人として、社会人として、そういう言動も行動はしてませんけどね。

    このトピだけでの、辛いご時世、親や周りの手助けなしで3人の子供を育てながら自営をやってる私の本音です。

    ユーザーID:

  • 出産育児を職業と認めて対応する

    出産、子育ては立派な仕事であるのにも関わらず、社会的地位は低い、経済的なメリットは無い、じゃ、誰でもその仕事に付きたくなくなりますよね・・・。

    夫がサラリーマンだと専業主婦で子育てに全力投球すると夫の死後、2/3程度になった年金で女性の平均寿命を生きると考えると、子供も親の老後の面倒を絶対にみるという社会でなくなっている現状、産む子供の数を減らすか、フルタイムで子育てが大変なので産めないかのどちらかになってしまうと思うのです。

    我が家は子供が二人です。兼業主婦です。

    (どうしたら三人目を産みますか?)と、聞かれたら年金が夫が他界しても専業主婦であっても最低支給額が現在の倍額だったら・・・?とか考えますね。
    そうしたら個人年金を減額して子供をもう一人産みます。

    成人した子供が納めた税金の何%を親の年金(専業主婦でいた女性)に加算するというシステムにしたらどうかしら?それ位の価値は認めましょうよ、出産子育てに。
    独身には独身税を。そうすればニートも減りませんかね?

    ユーザーID:

  • 世論誘導がいやだ 2

    稼ぐ役割だった男性の終身雇用崩壊はやはり大きいですね。
    非正規雇用が増え超過労働あたり前、所得は頭打ち。自分の生活で精一杯。
    上を望まずしがらみを嫌い、まったり生きていきたい男性も増えたと思う。
    親の意識も変わって体裁や家の維持のために結婚しなくてもよくなり、外食やコンビニの発達で家事労働力としての女(妻)の必要性も下がっています。

    社会・経済への不安をきっかけに、男女とも結婚までに時間のかかる、または結婚に踏み切りにくい状況になり、結婚しても経済不安が先立って積極的に子供をもてない。夫婦とも晩婚なら子供の数は減り、不妊因子も増えます。

    こうした複数の要因が絡んでいるのに、短絡的に「女がワガママになったから子供を産まなくなくなった」または「子供を産まない女はワガママである」という、“女だけの問題”にすりかえる政治的世論誘導はとてもいやですね。
    女が勝手に出産を忌避しているわけじゃないのに。

    同年代の男性よりはるかに多い所得税・住民税を払ってきましたが、子供をもたないことでその貢献度を否定されるのはばかばかしい限りです。

    ユーザーID:

  • お見合い制度の衰退

    昔は男も女も学校卒業したら結婚するのが当たり前でしたよね。庶民の暮らしが今より貧しかった分、早く独立して別所帯を持って、家のくいぶちを減らしてもらわないと困る。こんな切実な状況なので、お見合いはすごくポピュラーだったし、隠居老人や顔の広い世話好きな人がどんどん話を持ってきて、成婚率を上げていた。
    今はお見合い結婚って私のまわりではほとんど聞きません。特にここ10年ぐらいで急速にすたれてしまったような気がします。個々の家庭が裕福になったこと、ライフスタイルの多様化で周囲もあまり結婚をせっつかなくなったのでしょうか。

    結婚願望はあるのに出会いがない→晩婚化→出産適齢期を逃す、という傾向が少子化の一つの原因ではないかと思います。かくいう私もやっとこさ結婚したのが40歳だったため、経済的にも肉体的にも残念ながら出産をあきらめてしまった人間のひとりです。

    ユーザーID:

  • 中絶件数を減らす

    妊娠した場合の、日本の人口中絶割合が欧米よりもかなり高いことはご存知でしょうか?
    そして未婚者の中絶割合よりも、
    子どもを持つ主婦の中絶割合が高いことを。

    「どうして産めないのか?」

    中絶をした人は非常に精神的に傷つき、罪悪感がつきまといます。けれど、
    「彼が反対したから」「経済的に無理だから」
    産みたくても子どもを産めない。
    そのあたりの原因となるものを取り除いていけば、
    出生率向上に影響するのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 産めないさまの意見に納得

    今ちょうど産みどきとされている30歳前後の人って、ほんと大学受験にも就職にも苦労した世代。

    ほんの一握りの人が制度の整った大企業や公務員になれただけで、あとは中小企業でいっぱいいっぱい仕事しているのだと思います。

    実家で過ごせばパラサイトと言われ、一人暮らしをすれば安い給料で貯金も難しい。結婚しなければ負け組と言われ、そりゃあ子供を産みたくなくなりますよ・・・。
    私は今現在妊娠中ですが、今の仕事を続けられるかどうか答えは保留されています(制度のない個人事業所なので)。

    退職勧告され、仕方なく退職すれば、次の再就職は難しいでしょう・・・。時給制のパートか派遣になってしまうのだろうなぁ、と思っています。もちろんそれも覚悟して妊娠はしましたが、やはりそれで躊躇する人も多いと思います。

    今の社会のせいじゃなく、結婚しない人が増えたから少子化だという意見は分かりますが、そういう社会が見えていて結婚に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。
    ニワトリが先か卵が先かの問題だと思います。

    ユーザーID:

  • 寿命が短かった時代と比較してもね

    どなたかもおっしゃっていましたが、人生50年時代と人生80年時代を簡単に比較できないでしょ。寿命が延びても支える年齢の上限は相変わらず60歳なんだもの、おかしな話。生まれてからずっと寿命が延びつつけている世代の会社員が、働いても働いても給料は増えず納める物が増える現実をわかってね。必死こいて働いて子供作る時間も体力もなく、納税して、ある日思い出したように子供は?っていわれてもね。まあ少子化は仕方ないでしょう。
     
     それから、今の人は贅沢だから、自分の時間がなくなるのがいやだから子供を持たないと批判する人達、あなた方もその社会を作ってきた一員です。ある側面だけみて批判攻撃するのもいかがなものでしょうか?自分達のしてきたような生活より少しでもいい生活をさせてやりたいという教育方針が、出産育児より自分にあったものを見つけさせた可能性はありませんか?なるべくしてなった社会、仕方ないんではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 年金のために子供を産むのですか?

    世論誘導もここまできたか、とここまでのいくつかのご発言を読んでいて思います。少子高齢化≒年金制度破綻という議論がその一つです。

    「少子高齢化」で、確かに現在の年金システムは危機的状況にあります。その解決(?)として「独身税導入」「子供のいない夫婦は年金なし」といったご発言もお見受けしますが、本質的な議論ではありません。

    こうした議論が世にはばかるとするなら、世の中の女性は皆、現在の年金システムを存続させるために子供を産まなければならないということになります。
    子供を産まないこと人にペナルティを科す、というのは、子供=ペナルティを前提とした悲しい議論です。

    そろそろ「産む女」と「産まない女」の対立構造で考えるのは止めたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • お金も大事だけど 環境の方が大事で

    子どもが二人います。

    どこにおでかけするにも 気をつかいます。
    子どもの安全のためはもちろんだけど 周りに迷惑がかからないように じゃまだって思われたくない っていう気遣いもかなり必要です。

    お店でベビーカー押していればやっぱりじゃまになるし 子どもと手をつないで歩いているだけでも 幅を取るのでじゃまになるし、公園でさえも 住宅街にあれば 騒がしいのも迷惑かなって思ってしまう。

    他にもいろいろ。周りに気を使いすぎ ともおもうけれど 実際 子ども というだけでイコールじゃま みたいな感じの人も多くて...

    地域の人と協力して子育て!!みたいなことまでは望んじゃいないけれど せめて暖かくみまもってくれる目が欲しいなっておもいます。

    と いう私も 数年前子どもを産むまでは お店でも外でも ぐずってる子 騒いでる子をみると 厳しい目でみていました。

    ということで お金じゃないんです。
    お金も必要。補助は受けられるなら受けたい。
    でも それだけじゃ 産みたい!!って思う人は増えないと思います。

    ユーザーID:

  • ちょっと外れますが・・・

    40代独身、経済的に自立してる私ですが、よねよねさんと同意見です。

    先ず何をもって高望みというのか判らない。結婚した人も子どもをもった方も、その時にはそれがベストと思ったわけですよね。私はその選択時に、結婚しない方をベストと思っただけです。勿論、家族の為に生きるのは尊いと思うし、自分がそうやって温かい愛情の中で幸せに育んで貰った事は感謝しているし、それを次の世代に渡す事が真っ当に人間の道かも知れないけど、自分を大切にして、社会の中で別の貢献をし、自己を向上させる生き方をする人もいていいんでは?

    「自由に海外旅行に行けなくなるから結婚は嫌」と言うのでも、自分の足で立ってるなら、我が儘とは思わない。それが我が儘なら、「一人でいるのが寂しいから結婚する」「結婚して旅行に行けなくなった」「子どもが居て自分の時間がない」と言うのだって我が儘になる。

    要は、自分で自分を幸せと思える生き方をすることが、結局は人の違う生き方も尊重することに繋がると思います。

    ユーザーID:

  • あんまり先のこと考えていないのでは?

    (1)結婚さえしない人
    (2)結婚しても、1人も子供を産まない人(夫婦)
    (3)1人産んでも、2人目以上を産まない人(夫婦)

    それぞれ原因は違うのでしょうけど、
    (1)(2)の人に関しては、「本当に先のこと考えてるのかなぁ〜???」という気がします。
    「結婚したら自由なお金と時間がなくなる」とか「子供産んだら、仕事続けられない」とかを理由にあげるけど、
    それって、せいぜい40〜50歳くらいのことしか考えていないのでは?
    「60歳で未婚一人暮らし」とか「80歳。連れ合いと死に別れた後は身内無し。→孤独死」を覚悟しての決断なのかなぁ?

    ユーザーID:

  • 非婚化→少子化は働き方、働かせ方も原因

    先日、私の20代後半の友人に起こったことです。
    彼女は長く付き合った彼と少し前に婚約しました。半年先に婚姻届提出、結婚式をしようと準備を進めていました。しかし先日、突然彼がかなり遠い県外への転勤を命令されたのです。「とりあえず3年間勉強してこい」と。もうすぐ結婚するので、時期をずらしてほしいと願い出ても受け入れてもらえませんでした。彼女はついて行くことも考えましたが、とりあえず3年といいながら帰ってこれなかったら?いきなり慣れない土地で結婚生活できる?子どもができたら、確実に親の手助けは望めない。その他いろんな不安が吹き出して結婚は延期になりました。
    他にも20代〜30代の結婚適齢期の男性で2〜3年単位で各地を転勤で転々としている知人がたくさんいます。彼らと結婚する女性は仕事、友人、親から離れる覚悟が必要です。頼りの彼が激務で不在がちならなおさら不安です。結婚は好きだけではやっていけないことも十分承知しています。
    運輸の発達で会社の商域が広がり、遠方への転勤が多くなったことも原因のひとつなのではと思いました。

    ユーザーID:

  • 子供が複数人いる=ぜいたくだから

    だと思います。

    養育費・教育費の高さを考えたら、複数の子供を産んで育てて社会に出すのに、一体いくらかかることやら。

    不妊治療から始めるならなおさらです。夫婦共働きで正社員で、福利厚生が充実した大企業もしくは公務員で、住宅ローンがなく、育児のヘルプが祖父母に頼れる環境ならばなんとかなるかもしれません。

    それにしても、世の中は、女性に結婚もしろ家事もやれ、仕事もして税金を納めろ、子供は2人は産んでくれ、できれば親の介護もしてくれ、そんなふうに強要しているようにしか見えません。私にはそんな度量はないですし、まっぴらです。

    経済が安定して成長を続け、お父さんのお給料は年々増加して終身雇用が保障されて、お母さんは安心して家事・育児に専念。3人くらい子供がいて6人くらいの孫に恵まれて、年金もそこそこもらえる。なーんていう良い時代はすでに幻想です。今の老人は、なんだかんだいってぜいたくです。そんな夢のような生活は、まったく現実味がなくなっているということです。

    ユーザーID:

  • 国家(政府)や会社や世間が・・・

    金銭的な面が大きいだろうと思います。仕事をしながら育児する女性に対して、会社や世間がまだまだ厳しい(理解がない)と感じます。子供を産み、成人するまでにはお金がかかる。お金だけではなく、労力も気力もいる。

    兄弟が生まれたら祝い金が出るとしても、複数人の子供を持ちたいと考える家からすれば「これから先の方がずっと長く、大変なのに」と思うでしょう。国や会社や地域で予算を確保し、安価で、安全なかつ開かれた環境で、信頼がおける人達に預けられる環境が整うことが、子供をできれば多く生み育てたいと思っている人たちにとっては必須だと思います。

    また、妊娠や出産が出世や職場復帰をしづらくさせる障壁だと女性が感じているような、リスクが大きければ、2人目、3人目をとは考えづらいです。そういう事情を会社や国が作っていると思います(保障された環境)。個人主義を推し進めて人間関係が希薄になったことで、家庭や家族に関心が湧かない人も確かに増えていると感じます。

    ユーザーID:

  • 贅沢品!?

    >貧乏三十代さん

    名指ししたりしてごめんなさい。
    理屈だけなら、あなたの言いたいことはわかるのです。
    でも子供は親の都合で産むもの、という観念があるようで気になります。
    まあ、私も若い頃は「当然!」と言い放ってた気がしますが。

    社会のために産むものとまでは言いませんよ。
    でも結局社会のためになってますよね。
    社会のためどころか、子供なくしては社会は成り立ちませんよね。
    「子供不要派」だって子供のいない社会では生きられませんよね。

    若い頃は「こどもは社会の宝」という言葉に反感を抱いていました。
    でも最近、本当にそうだと思うのです。

    あえて言い方をまねするなら、子供は贅沢品ではなくて必需品です。
    必需品にならお金と手間をかけても惜しくはないのです。

    ユーザーID:

  • 貧乏三十代さんに拍手!

    貧乏三十代さんの言われる通りだと思います。子沢山がよしとは単純に言い切れない。

    しかし、子どものいない人や独身の人を非難する一部の方のご意見、正直怖いです。税金を、とか。
    そういうご意見を持たれる方も不公平感を抱かなくてもいいように、子育ての支援がほんとうに急がれますね。

    ユーザーID:

  • ヒントさん

    独身税には少し賛成かも。
    ただ条件付。独身者でも肩身の狭い思いをしない社会ならばOK。
    だったら頑張って支払ってもいい。そうじゃないなら、絶対にイヤ!!
    結婚したくても出来ない人もいる。
    結婚しても子供が出来ない人もいる。
    そして子供が出来なきゃ責められる。
    責められりゃだんだん子持ちが憎くなる。
    (今の私はこの件で責められていないせいか、子持ちの人を見ると応援したいくらい。)
    昔みたいに無理やりくっつけて子供を産まされ旦那が働かなかったり、女作ってでてっちゃったり、暴力振るったりするような人だったら…。
    小町で母親から「お前さえいなければ。」といわれてものすごい傷を負わされた人は何人も見ているし、
    必ずしも、子供を欲しがる人=いい親でもない。
    親になりたくない人や自信のない人に無理やり子供産ませて、まともな子育てができるのか?
    制度だけでなくその中身の内容の充実に対して重視して欲しいな〜。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧