• ホーム
  • 子供
  • 少子化の原因は?個人的には何だと考えますか? その2

少子化の原因は?個人的には何だと考えますか? その2

レス175
(トピ主0
お気に入り8

妊娠・出産・育児

ピー

レス

レス数175

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 175
次へ 最後尾へ
  • 原因ねぇ。

    年金の問題とかは少子化が原因というよりも、単なる国の「計算ミス」なんです。どんどん人口が増えていくだろうって安易に計算して、その結果が「間違っていた」だけであって、子供が減っていることが問題というよりは、お国が馬鹿なんですよ。それが問題。税金を給料天引きでとり易いサラリーマンからどんどん税金取ってるのも原因でしょうね。サラリーマン家庭では子供が激減していることでしょう。でも、これから少しずつでも少子化対策として、子供をもつ家庭の経済状況が楽いなるように、お馬鹿な国が政策を考えてそれが定着していけば、もしかしたら少しは子供も増えるかもね。ちなみに私は結婚して6年ですが今だ子供が欲しいという気持ちが湧いてきません。
    子供ができたことによる幸せよりも、苦労のほうが多いように感じるからかもしれません。こんな風に何となく子供がいない人って本当に多いかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 自然分娩・母乳崇拝…

    自然分娩…やむを得ずの誘発剤使用で、超痛かった上に華奢な体型なので胎児がなかなか降りて来られず、吸引に。一時期ベビーの呼吸も低下し、危険な状態になりかけた。あんな怖い思いはもう二度としたくない。

    母乳崇拝…40℃を超える産褥熱の中、それでも翌日から半強制的に母子同室にされ、フラフラになりながら授乳。もう少しでも、夜だけでもベビーを預かってくれれば…。

    以上のような経験から、2人目は欲しいけど産むのが怖い。日本の育児は世界一と言われているけれど、その裏には自然分娩・母乳崇拝の重いプレッシャーがある。安全に無痛分娩が出来る病院がもっと増えて欲しいし(私の住んでいる田舎は皆無)、出産時の恐怖感を真摯に受け止めてもらえる相談機関があれば、と思います。

    堪え性がないと言われても、母失格と言われても、もっと楽に出産できたら…。
    無痛分娩や帝王切開に罪悪感を感じない国が羨ましい。

    それが本音です。

    ユーザーID:

  • 横ですが、ヒント様

    >成人した子供が納めた税金の何%を親の年金(専業主婦でいた女性)に加算するというシステムにしたらどうかしら?それ位の価値は認めましょうよ、出産子育てに。独身には独身税を。そうすればニートも減りませんかね?
    そりゃあ、無理でしょう。
    第一、自分の子供が将来ニートにならない、って絶対の自信がありますか? ましてや体に障害を負うこともなく、あるいは他人さまの生命を脅かす存在にもならず、(あくまでも金銭面で)社会に貢献する人間になると絶対に断言できますか?
    結婚する・しない、子供を生む・生まない、は個々人の選択・自由です。子育ては大事な仕事には違いないけど、それを選択しなかった(あるいは選択できなかった)人にペナルティーを課すような考えは断固反対です。それに、自分の老後のために子供を生むわけじゃないでしょう?

    ユーザーID:

  • ヒントさんに同意 1

    >成人した子供が納めた税金の何%を親の年金(専業主婦でいた女性)に加算するというシステムにしたらどうかしら?

    とても良いアイデアだと思います。
    今の少子化対策は、子供の頭数と親の低所得さに応じたもので、「粗製乱造」の危険をはらんでいます。

    多くの子供を産めば、働かなくても、補助だけで遊んでいられる、パチンコに行って、教育や躾をろくにせず、虐待ばかりでも、十二分のお金がもらえるのです。

    その結果、能力、モラルの劣る子供ばかりが増えたのでは、当の子供にとっても、社会にとっても不幸なことです。

    ユーザーID:

  • ヒントさんに同意 2

    ですので、逆に、しっかりと子育てをして、社会に貢献する人材を育てた親にこそ、その子供がした貢献に応じたリターンのある仕組みにしてしかるべきだと思います。

    もちろん、リターンだけで子育てするわけではないですが、そうした「しっかりとした子を育て上げたことが、社会から認められる」というインセンティブがあった方が、質的な面も含めた少子化対策となるように思います。

    (その点から言えば、「犯罪者などの社会に迷惑をかける人間を輩出した親」には、社会に対する迷惑分を減額しても良いでしょう。そうすれば、意識の低い親も、少しは子育てを真剣に考えるようになるでしょうから)

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 考えられること

    現在、アメリカ在住です。自分の周りと日本の様子とを比べてみて、何が違うのかを考えてみました。

    1.会社への滅私奉公をする必要がない。残業が慢性的でなく、長時間労働しないため、男女ともに家族など仕事以外のことに向けることのできる気力、体力があること。単身赴任は考えられず、転勤に対する会社の強制力が弱い。子供の病気などの際、休暇を取ることが認められやすく、周りにもそれが受け入れられている。

    2.男女ともに家族で過ごす時間が多いので、職場でも家族の話がでてくることがよくある。独身の私は聞いていて、家族っていいなぁ、結婚っていいなぁと思える(身内と離れているというのもあるけど)。

    3.女性の出産・育児後の社会復帰が容易。出産や育児によるブランクがあっても、出産前の経験や人脈を活かして社会に復帰することが可能なので、出産することでキャリアを完全にあきらめる必要はない。会社によっては社内に託児所もある(子供を迎えに行くのは母親の場合もあれば父親の場合もありです、もちろん。)。

    ユーザーID:

  • むしろ昔は高齢出産が当たり前だった。

    明治生まれの祖母は、16歳で結婚し、40歳までに、6人の子供を産みました。流産、死産等は聞いていませんが、間に戦争を挟んでいます。本人は、別に普通で多くなかったと言っていました。

    戦後、医学的見地に基づいた最適出産年齢なるものが周知され、最低2人は産むべきという論理が、いつの間にか子供は皆2人ずつ産めばよいという考え方に置き換えられたような気がします。

    加えて、経済が高成長から低成長に変わり、産業構造が男性中心から女性参加に変わり、女性は家庭を守ればよいという考え方が、仕事は続けて当然という考え方にも変わり、再び出産年齢が上がることになったのでしょう。

    しかし、かつて日本から外国への移民が苦労したように、外国から日本への移民も苦労が多いと思います。軽々と多くの外国人を受け入れるべきではないと思います。あくまでも、日本の中で、人手が余っている自治体が、足りない自治体に移住をお願いしたり、独自の少子化対策を打ち出して、若い夫婦に来てもらうようにしたらいいと思います。

    探せば、よい例になる、町村レベルの小さな自治体が、今でもあると思うんですが・・・

    ユーザーID:

  • いろんな要因が重なって...

    少子化の原因は一つではないでしょうね。
    私が考えるには

    ・家計を圧迫する(子供にお金がかかりすぎる)
    ・女性のキャリア化(妊娠、出産が女性の仕事の継続の妨げになる)
    ・晩婚化
    ・精神面での若年化(妊娠、出産により自分の時間がなくなる、苦労はしたくないなど)
    ・不妊の増加(これは地球環境にも原因があるのかも?)

    子供がいるメリットは目に見えないものが多いと思います。それに対して目に見えるデメリットが多いので、「子供を産む意味」が見えなくなってきているのかなぁと思います。

    ユーザーID:

  • 年金と子供を切り離すのは不可能

    今現在の年金システムは「今私達が支払っているお金は今の高齢者を支えている」となっているから。
    完全に「自分達の支払った年金が、老後そのままその年代のその人達に還元される」もしくは、「自主課税」になるのでしたら話は別ですが。

    年金の年額が減らなくとも人口が減ってその他の課税が増えれば、年金と課税の収支だけでは減額、しかも今年は夫婦二人で80万マイナスという試算があります。
    今年厚生年金は夫婦で年額数十万減額された結果になるという計算式の中には、他の間接税を老人にも課金するという結果なのですが、これだけ不透明な老後の生活を今現在見せ付けられて「今私達が支払っているお金は今の高齢者を支えている」という年金システムで高額な年金を強制的に徴収されていて、(それじゃ私達の老後を支えてくれる子供達はどこにいるの?)と考えるのは自然です。

    我が家は子供が二人ですが、夫の会社では少ない方です。
    年金体制(共済年金です)がしっかりしているからという理由が大きいと個人的には思います。

    ユーザーID:

  • 少子化。政府の無策

    もう30年も前から、少子化は始まっていました。
    少子高齢化を止めたかったのなら、この長い準備期間に政府がなんらかの有効な策をとるべきでしたね。
    女性が子どもを生んでもハンディにならない社会を作ってこなかった国の責任です。
    独身者や子どものいない女性を差別する考えは間違っていますよ。どんな生き方をするのかは、個人の自由です。他人から非難されるいわれはありません。
    独身税や子無しを無年金にしたところで、結婚したくない人はしないし、生みたくない人は生みません。
    景気が上向いている(?)とはいえ、非正社員の増加、残業代のカット、大増税。国は庶民の首を締め上げるだけ締め上げて、その上子どもも生んでください。って一体何を考えているのでしょうね。

    ユーザーID:

  • とるすとい

    ここで見られるように、

    「全て他が悪い。私は悪くない。」

    という意見が多数を占めるウチは解決しないだろーな。

    ユーザーID:

  • 生き方

    にぶさんのご意見、そういうことってありますよね。
    他トピで、転勤夫さんに帯同した奥さんのお仕事についての話題をいくつか見ました。奥さんに続けたいお仕事等がある場合、一体どうすればよいのでしょう。女性は子どもを生まなくてはならない性だから、仕事はほどほどに切りあげて、夫の転勤に付き合うべきなんでしょうか。別居のままでは子どもが生まれるはずもないですしね。
    まだまだ女性の生き方は長い過渡期の最中で、生きづらいものです。男性にとってもそうなのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 産まないという愛情

    まず、お金ありません。
    私は自分を好きではありません=自分と同じような人生は絶対歩ませたくありません。

    自分の時間が無くなるとか、
    仕事が忙しいというほとんどの独身女性が言うような理由は正直私には当てはまりません。

    産まない選択も我が子に対する愛情のひとつと思ってます。

    ユーザーID:

  • それくらいの選択、ゆるされないの?

     子供を産むのも、産まないのも、自分が望んだ選択ですよね。

     少子化の流れの中で、「結果的に、」子供を産み育てることが、社会のためになっている現状でですが、はじめから世のため人のために、子作りしよう!と励んだ夫婦っているのでしょうか。ただ「子供が欲しかった」という気持ちからですよね。

     逆に言えば、純粋に子供が欲しかったので産んだだけなのに、こんなに苦労や心配が絶えず、不公平感も拭えないことに苛立たなければないらないのはおかしいですよね。

     同じことは、子供を産まない人にも言えるわけで、
    子供を産まない選択をしただけで、非人間扱い、肩身の狭い思い、もっと税金をぶんどれ、一切年金はやるななどと言われ・・・。

     要するに、「私は、こう生きたい。」という、人間として最低限の、ささやかな選択さえ邪魔される社会がおかしいと思います。

     努力しないなんて言ってません。社会への貢献だって、当然だと思っています。とにかく、同じ苦労して生きるなら、自分の選んだ道で、誰に責められることなくがんばらせて欲しいと言ってるだけなのですから、それくらい叶えてくれる社会であってほしいと思います。

    ユーザーID:

  • 覚悟の上

    >「60歳で未婚一人暮らし」とか「80歳。連れ合いと死に別れた後は身内無し。→孤独死」を覚悟しての決断なのかなぁ?

    はい、そうです。
    今子育てで苦労している分、友人は老後は楽かも知れない。今自由にしてる私は、もしかしたら老後は寂しいかも知れないけど、それはそれで仕方ないのでは?

    旦那がいたって孤独な人もいるし、子どもがいたって何が起こるか判らない。私は、ずっとやっている習い事などを通じて、いろんな世代の方と懇意になったし、定年後もその趣味を通して自分が楽しんだり、人とつながる事を考えています。

    この先のことなんて判らないんだから、今を、自分を、周りを大切にしながら、丁寧に納得のいく生き方をしていく。その積み重ねが結局自分の行く末に繋がるんだから、もしそれで孤独死したとしても、それまでずっといい思いをしたんだから、まぁ仕方ないかな?「私の人生、ほぼ満足」と、若かりし日々を思って、甘んじて受け入れます。

    勿論、社会の財産である次世代を産み育んでいる方々は、私の果たしていない尊い事をしているし、敬意を忘れてはいけないと思います。

    ユーザーID:

  • なんでみんな書かないのかな・・・

    実・義とわず、

    「親との同居が減った」

    せいではないの?

    子育てはお金がかかるとか、なかなか保育所に預けられないとか、子供の病気や送り迎えで仕事を休むとか、
    ほとんどの問題は親と同居すれば大抵解決する問題でしょ?

    ユーザーID:

  • いろいろあると思いますが

    もうすぐ27歳の独身女性です。
    長いことお付き合いしている彼もいますし、
    出産に適しているのは今のうちだということも分かっていますが、
    結婚はいいけど、子供は欲しくないと思っています。

    昔の女性は腰掛けで働いて結婚、家庭に入ったら旦那さんの収入で家庭を守り子育てをするのが一般的でした。
    ところが今、どのくらいの男性が妻と子供を養っていけるだけの稼ぎがあるのでしょう?
    そしてそれは子供が独立するまで保証されているのですか??
    私の父、年収が一番稼いでいた頃の半分になりました。
    母はパートに出ましたが、それでも足りず借金をしたあげく自己破産、離婚。
    生活が苦しくなった原因は、小中学生だった私たち3姉妹がいたからです。

    妊娠・出産したら、仕事を休むか辞めるかしなくてはなりません。
    復職しても、お互いの実家が遠いので地域のサポートがなくては働けません。
    「希望すれば必ず入れる」「朝早くから夜遅くまで見てくれる」「熱出したくらいで呼び出さない」保育園でもあれば考えます。

    私には仕事を辞めるという選択肢はありません。
    かといって上記のような環境は望めません。
    だから子供は欲しくありません。

    ユーザーID:

  • 現代版の弱肉強食

    親の世代、親の母親(祖母の時代)は殆どが専業主婦でした。
    つまり産む年代もそれを手助けしている年代も働いているという二重のフォローが必要な事に行政が気付いていない。

    子供を産もうとする世帯の母親が専業主婦であれば、子供を預けて子供の母親はパートに出る。
    ここでも専業主婦(祖母)の無料奉仕です。

    物理的な収入のない、カードすら個人名義で持てない社会的地位しかない「専業主婦」が母親として祖母としてどれだけ日本の子育てに貢献しているか。
    その価値を認めないから女性は結婚さえしたがらない。

    子供を複数人産むのは今や、子供を産んだ成果収入を専業主婦で齎してくれる夫を手に入れた妻。
    子孫を繁栄させた事による成果収入が、過去に受けた教育や資金援助で間接的に援助してくれる親(祖父)がいる家庭が多いのではないでしょうか。

    ある意味、現代版の弱肉強食かも知れません。
    現代における「弱者」の子孫を抹殺する。
    子供が産まれなければその「血」は絶えますから。

    「自愛」は知性の賜物です。
    自然界には「弱肉強食」しかありません。

    ユーザーID:

  • みんな不公平を感じてる

    子供がいる人は「子供を育てるのにお金掛かってるんだから、持たない人と同じ年金は納得できない」と思い、子供がいない人は「こんなに働いて税金も年金も控除なしで納めて、まだ文句を言われるのか」と思う。

    でもさー、独身税なんて導入したら若い人はますます結婚しなくなって→結局少子化ってことになりそうですが。
    それに子供のための公的設備(学校や公園、その他)はそれが必要でない子供を持たない人の税金も投入されてるわけです。年金額に差をつけろというなら、そういうものは子供を持つ人だけで賄ってくれとなりませんか?
    それなら、将来の年金額が違っても文句は言えないな〜と思います。
    子供育てるのはみんなの税金を使うべきだ!といいつつ、年金は子供育てたんだから沢山頂戴よと言われても、それこそ不公平なのでは?

    続く。

    ユーザーID:

  • 趣味にお金をかけすぎるのが原因?

    歳の離れた従姉妹の話です。
    現在、従姉妹には4人の子供がおり全員が20歳を超えていますが誰一人彼氏も彼女もいないのです。子供達は漫画やゲーム・アニメにしか興味がなくお給料のほとんどを購入費に使っています。(1人はネットのやりすぎで遅刻が続き会社をクビになりました)
    親戚の集まりにいっても4人の子供たちは自分専用の携帯ゲーム機を持ち、話しかけてもピコピコやっています。とても成人のとる行動とは思えません。家でもこの通りで各自の部屋に鍵をかけ休みの日も外出などすることもなくずっと篭っているそうです。

    従姉妹の家の例は極端だとしても、自分の趣味を優先しすぎて他に気が廻らなくなっている人って意外に多いんじゃないでしょうか。

    他の例では私の友人が30代から楽器を習い始め、練習に没頭しすぎて家の中のことがおろそかになり旦那さんに離婚されしまいました。(その後復縁しましたが・・・)

    今は個人主義がまかり通る時代です。個人が趣味にお金や時間をかければかけるほど『結婚→出産』は減り続けると思います。言葉をかえればそれを楽しんでいる自分が一番大事なのですから・・・そんな人、増えていませんか?

    ユーザーID:

  • 個室と核家族化 少子化を止めることはできない

    今は子供が優遇される時代で、たとえ部屋は2DKの家でも、親は区切ってでも個室を小さな時から与えます。
    父母の部屋がなくても子に与えます。

    祖父母はお年玉や小遣いお菓子を子供に与えますが、嫌われたくないので、子を叱る祖父母は今60代70代でも数少ないことです。 また親でさえ、たとえば親戚同士の冠婚葬祭などの行事で会う機会があったとしても、子がゲームをしている親は少ないでしょう。
    今はそれは子だけでなく30代40代の大人にも人と会話すらなりたたない人が増加しつつあります。

    人と会っていても心が閉ざしたままだと、子は人慣れせずに大人になります。 その状況で子供を育てなさいと強要しても無理なことです。
     

    ユーザーID:

  • 少子化が進んでも、困りません。 時代の流れです。

    子育てがしやすい環境になることは大賛成です。

    ですが無理強いはよくありません。 子が多い人には買い物の時割引券を発行しているところもあり、今後そういうところが増加するのはよいことです。

    今までの歴史の中で継続した流れの中で日本が少子化になっているわけでそれを無理に止めなくていいと思います。

    少子化がすすんだとしてもよいとして、その中でなりたつようにすればよいだけのことです。

    社会は変化します。
    日本人がゼロになるということはありえません。
    ある程度小子化がすすんだ後は増加するかもしれません。
    でも1億2千万人の人口が5000万人となったとしても世界から見て日本に優秀な人が多く、またメイドインジャパンは安全となれば生活はなりたちます。
    数にこだわるのはやめたほうが、いいと思います。

    ユーザーID:

  • もういい加減にしましょう

    「子供を作れ」とか「少子化はまずい」といっては子のいない女性を攻撃するたくさんの方々へ

    まず、ご自分が率先して5人でも10人でも作ってから文句言いなさい。

    自分がしてもいないことを他人に強要するのはおかしいですよ。

    それから、どなたかも書かれていましたが、少子化そのものが問題ではないのです。
    政府の先見の明がなかったのです。
    未来永劫にわたって子供が増えるという大前提のもと、今の各種制度を作ったのは政府です。
    どこにそんな保証があったんでしょうね。
    ギャンブルだって常に勝てると思って先にお金を使ってしまったら、それは借金になってしまうのです。
    日本政府は大博打をして負けたんですよ。
    負けたなりにこれからの借金返済の方法を考えるべきです。
    子供産めといって誰かをいじめも解決になりません。

    今後、子供は一切増えない。
    それを大前提としてこれからのあり方を考えていくべきでしょう。

    ユーザーID:

  • みんな自分が一番だから

    リスクは取りたくないから、僕も含めてそうかもしれません。

    例えば皆さんの「産めない育てられない理由」なんて3、40年前ならほとんどなかった内容ですよ。
    それだけぜいたくで豊かになったという事でしょう。

    それと「少子化社会」がどういうものか「なっても構わない」と言う前にちゃんと勉強された方がいいですよ。

    あとミスマッチも増えてますよね、
    よねよねさんの
    >自分と同等レベルの(収入、価値観、家庭環境等)男性を望むことが他人から批判されるほど「高望み」であるとはどうしても思えないのですが

    もうそういう男の多くはとっくに「売れて」るのです。
    またそういう男ならよねよねさんみたいな「女は損」的発想の人を結婚相手にわざわざ選ばないと思います。
    「高望み」というより「ないものねだり」に近いです。
    例えばマスコミもよねよねさんを「自立した女」ともてはやしてもこういう「真実」はなぜか伝えないですよね、

    ユーザーID:

  • みんなが子どもがキライだから

    過激なタイトルですみません。
    少子化は問題でしょうが、実際にまわりに子連れの女性がいたら何かしてあげたりしますか?
    同僚に子どもが出来て早退ばかりしていたら?
    出張の日に突然子どもの病気で休んだら?
    レストランで子どもがぐずって泣き出したら?
    満員電車で子どもをつれたお母さんを見かけたら?

    少子化は問題だけど、身近な子どもに対しては「母親」が育てるものだから、自分は関係ないし、子どもがいることで迷惑をかけられるのは勘弁して欲しい、という人がほとんどだと思います。
    そういう中で、誰にも迷惑をかけずに子供を育てるには、子ども一人が限界では?

    ユーザーID:

  • 非正社員雇用形態の増大も原因かと。その1

    先週のニュースで、景気回復に伴う採用の増加でフリーターが大幅に減ってきたとありました。しかし、その一方で契約・派遣社員数がフリーターの減少を上回る水準で増加しているそうです。
    私は、契約・派遣社員雇用形態の増加も少子化の原因の一つではないかと思っています。

    出来高制でないごく普通の正社員なら、多少なりとも昇給・ボーナス・退職金があります。しかし契約社員にはそんなものはありません。
    一応派遣契約のガイダンスで「スキルが上がれば時給のUPも見込めます」なんてありましたが、派遣業界も過当競争の現在、支払額UPを顧客に言い出せる派遣会社も担当者にプッシュできる派遣社員もまずいないと思います(そんな事うっかり言って他社に乗り換えられたら元も子もない…)。
    事実、私も派遣で働き始めて8年位になりますが、最初に取り決めた時給のまんま。

    続きます。

    ユーザーID:

  • 非正社員雇用形態の増大も原因かと。その2

    派遣はパートよりは時給がいいので、自分一人+パートナーが現在の状況で生活していく事はできますが、出産・育児・教育等、子供が成長する毎に増大していく費用に当てられる昇給は見込めません。
    ずっと派遣・契約社員を続けていくなら、家族を増やす事なんてとても考えられないでしょう。

    余談ですが、派遣等の非正社員の賃金は、正社員の6割だそうで……。
    経財相が『いざなぎ景気』を抜くなんて発言しているようですが、それは人件費のコストを圧縮して『企業』が潤っているから。景気回復を実感出来ている一般人なんているんでしょうか。
    契約・派遣という新しい形態の雇用の人達でも、将来の展望の開けた賃金制度を作らないと、契約・派遣社員カップルは子作りしないと思います。
    ……まぁ、短絡的に派遣なんて働き方を選んだ人の『自己責任』ではありますけれどね…(涙)

    ユーザーID:

  • 子供の前に結婚が

    子供うんぬんの前に、結婚自体こんなに大変だと思っていませんでした。

    舅、姑、義理姉妹、こんなに意地悪されるなんてほんと思っていませんでしたよ。

    結婚しなきゃ良かった。

    子供は可愛くてたまらないけど、女が昔からこんなイヤな思いをして来たなんて(ひいばあちゃんも言っていました)信じられない。

    もう長男とか跡取りとか、いいんじゃないですか?
    そんな事考えていないという孫を持つ世代の方、本心をよく考えてみて下さい。
    嫁に他人に接するように、いい人でいられます?


    仕事、家事、お母さん、妻、嫁をしている女性の皆さん、ほんとに頭が下がります。
    女って損だ。(特に田舎)

    ユーザーID:

  • 女性が子どもを生んでもハンディにならない社会?

    そもそもこの「女性が子どもを生んでもハンディにならない社会」って考え方がおかしいのでは?子供を産む事がハンディなの?仕事より子供を優先してはいけないの?

    最近の男女平等は単純な女性の男性化だったと思います。男性と同じ事をすればするほど男性と女性は平等になったと考える訳です。そのためにみんなが

    生き方を選ぶ事=働く事
    人生の喜び=働く事
    自立=働いて自分の収入で食べること

    という固定的な価値観に染まりましたね。だから男性にはない出産育児が女性にとってのハンディだという発想になるのでしょうね。ハンディになるような子供は産まない、男性にもハンディを負わせろ、ハンディがなくなるよう社会がサポートすべきって発想は、こういう価値観が原点にあるのでは?

    そういう女性の単純な男性化の風潮が子供を産もうという気持ちをどんどんそいでいくのだと思います。収入とか自由とかそういうのは後付けの理由でしかないと言っていいと思います。

    しかし、いくら親に愛してると言われても、その親から「ハンディ」として扱われる子供ってとても悲しい存在ですね。

    ユーザーID:

  • 経済的な安定が第一では?

    20代のフリーター増加が、20代の結婚率低下になってると思います。
    男女ともに働く時代とはいえ、やはり男性の経済基盤がしっかりしてないと踏み切れません。女性はどうしても出産&育児で仕事のブランクができますから。

    私自身のことですけど、相手の職業が安定してないとどんなに結婚したくても踏み出せません。親も納得しません。

    その延長線に、少子化もあると思います。

    20代で結婚する人におめでた婚の割合が多いことも裏づけになってると思います。
    子供ができないかぎり結婚に踏み切れないんですよ。。。

    ユーザーID:

先頭へ 前へ
91120 / 175
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧