• ホーム
  • 子供
  • 少子化の原因は?個人的には何だと考えますか? その2

少子化の原因は?個人的には何だと考えますか? その2

レス175
(トピ主0
お気に入り8

妊娠・出産・育児

ピー

レス

レス数175

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 175
次へ 最後尾へ
  • 出産休暇後のトビがありましたが、、

    出産休暇が終わったら事務職から寮の掃除にされていたというトビがありましたが、こういうことですよね。子供埋めない理由は。そして、会社の言い分が正しいと書いている人が、たくさんいたので、世間の考え方が、子供を持つ母親に対して厳しいのが良くわかる例でした。出産して元の職場に完全に戻れるのは、公務員くらいでしょう。利益第一ですもん会社は。それが当たり前だと日本人は思ってるし。。。

    ユーザーID:

  • 二世帯同居ですが

    私達夫婦が子供をつくりたくない理由は孫フィーバーが嫌だから。
    二世帯同居の義両親が大人しくなったら考えます。

    私達の結婚で嫁フィーバー、義弟に彼女が出来ると彼女フィーバー。
    大袈裟に騒がれるのはもう嫌。

    子供となると大きくなるまでに色々な行事があるし、
    子供が自分の意志で行動色々な事を責任持ってするようになるまでを考えると
    中学生になるくらいまでかかりますもの。13年は長いです。

    友達で実親と同居している人もやっぱり孫フィーバーが嫌で子供は無理かもって言ってます。

    何かしらの理由で親が原因で子供を持たない人って結構いるんじゃないかな。

    ユーザーID:

  • 色々出てるけれど、個人的には・・・。

    30代前半です。他の方も書かれていましたが、第2次ベビーブーム世代。受験も就職も競争率は高く並々ならない努力を強いられてきました。特に、就職はバブルがはじけて超氷河期に、女子を取るところはどこにもありませんでした。

    もちろん、均等法なるものはありましたよ、建前上は。でも、実際話を聞きに行くと、面接は受けてもいいけど、取りませんので〜とはっきり断られました。
    同級生らは有名私大を卒業したにも関わらず、軒並み就職浪人に。しかし、これをチャンスにと留学し、世界にはばたいていきました。

    もちろん、生活はかつかつですので恋は出来ても、結婚・出産はできません。
    昔のように、学校を卒業したら腰掛けで仕事して、結婚して子供を産んで・・・が通用しなくなってきているのは女性を正規雇用しない会社側にもありますよ。
    だってスムーズに就職していれば、彼らにも子供の一人ぐらい居たかも知れないのですから。

    ユーザーID:

  • それはもちろん

    女性の社会進出。
    女性に補助的な仕事をさせて、結婚退職させていれば子どもはそう減らなかったと思います。

    女性が社会進出したことによって、男性の給与水準が下がりました(男性がはじき出されたため)。
    そのため、女性が結婚出産しても夫の給与だけでは不安があるので仕事をやめない(もちろん、仕事が楽しいという理由もあり。)
    女性が育児休業後に職場復帰する場合、周りの社員への迷惑を考えて1人か2人で産むのをやめてしまう。
    (何度も育児休業を取られて迷惑という書き込みも過去に多数ありましたよね)
    また、男性の給与を奪う形で経済力がついた独身女性は、結婚すら望まないことも多いことも周知の事実です。

    女性の社会進出を批判するつもりは全くありません(むしろ好ましいことです)が、少子化の原因を考えた場合、やはり原因のひとつと考えられると思いますね。

    ユーザーID:

  • 結婚したいけどできない場合は?

     私はずばり、結婚する人が減ったからだと思います。それも結婚の意志はあるけれども相手を見つけられない、という感じ。だって結婚も出産も相手がいてこそなんですから。
     目下私もお見合い奮闘中ですが、思うのはばりばり働いている男女共、こういう場に行かないと出会いがない、ということ。結婚はしたい、でも出会いがない、ならばお見合いだ、と昔ならなっていたかもしれませんが、今は積極的にお見合いを勧められる時代じゃない。結婚したい、と考えている独身20代30代男女は多いです。
     ご近所の世話焼きおばちゃんの存在は大きいと思いますよ。ばりばり働いている人って案外男女の関係になると不器用な人が多いんです。そこを強引に薦めてくれるような暖かいおばちゃんの力が絶対に必要だと思います。
     また、結婚したい独身男女は積極的に出会いを探していくべきだとも思います。
     結婚しない、じゃなくて、できない男女の事も忘れないで欲しいです(これは本当に切実です)

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 年金の話は

    現在現役世代同士で、子あり、子なしの者同士が対立する話ではないと思います。

    現在の豊かな日本をつくるために頑張っていらしたシルバー世代の方には申し訳ないけれど、ある程度世代間で痛みを分け合う方向に変わらざるを得ない状況ですよね。

    年金制度だって、近い将来上の世代を支える今のやり方から、同世代内で支えあうような方向に変わるのは必然だと思います。「少子化が問題だ」というと現役世代の動向が「問題である」ということになりますが、論点がこちらにばかり集中すると本質的な問題からずれてくるように思います

    そのような必然の流れの中ですから、何人かの方が主張されているような「独身税」「子なし税」は難しいのではないかな。世の中がそんなにせっぱつまったら、子なしにペナルティがかかるのと同様に、収入の少ない専業、パートの主婦にも同様にペナルティが課せられるのではないかと思います。

    「夫婦ふたりともフルタイム勤務相当の収入+子供が基本」みたいに。いずれにしろ、楽な世の中ではないですね

    ユーザーID:

  • いわせてもらうとさんへ

    >子育てはお金がかかるとか、なかなか保育所に預けられないとか、子供の病気や送り迎えで仕事を休むとか、ほとんどの問題は親と同居すれば大抵解決する問題でしょ?

    同居できる場合が昔より少ないのかもしれません。親と同居どころか単身赴任だったりもしますし。
    うちの場合は、親は寝たきりですが、仕事の関係で実家(田舎)に帰るのは無理で施設でお世話になっています。出産年齢が上がると、35歳で出産した時には親は70歳だったりしますし。

    ユーザーID:

  • 時代は変わる

    物事の予測をするとき、絶対そのようになると思って予測しますか?違いますよね。こうなるかもしれない、ああなるかもしれないということも考えますよね?もしできる限り予測どおりにしたかったのなら、予測した当時とできるだけ変わらない社会の維持も目指せばよかったのですよ。そして少しでも予測した社会から遠ざかる種になりそうなニュースはひた隠し、、。

    でも、こんなこと不可能ですよね、先進国の仲間入りをして久しい日本には。

    結婚も子供もソトからいわれたり、ソトの都合にあわせるものではないですよね?一番大事なのは気持ちの問題。

    ところで、子供のある方、子供さんがいて幸せなら、よその家に子供がいようといまいといいじゃないですか?幸せなのに、子供のない人の生活や行動になぜ不満がでるのかわかりません。

    ユーザーID:

  • 露さんに同意

     子供を持たずキャリアを積む女性,たくさんの子供を持ち育児に専念する女性,そのどちらもこなす女性,そのどちらにも参加しない女性。周囲を見回すといろんな女性がいますが,どの人生が正しくて,どの人生が正しくないということは無いと思います。
     
     ようやく女性が生き方を選択できる時代になったのだと思います。子育てに苦労し,子を持たない選択をした方を非難している方。強制的に産まされたのでしょうか?自分で選んだんですよね。子を持たない方,老後寂しいかもしれません。でも自分で選んだんですよね。生き方くらい自分で決めてよいでしょう。
     
     さて,私個人のことを言いますと,キャリアを積みつつ2人以上の子供を育てたいと考えていました。
    幸い職場環境も保育園事情もよいので。
    でもおそらく子供は持てません。重症の男性不妊です。うまくいかないものです。

    ユーザーID:

  • >いわせてもらうとさん

    >「親との同居が減った」
    >せいではないの?
    >子育てはお金がかかるとか、なかなか保育所に預けられないとか、子供の病気や送り迎えで仕事を休むとか、
    ほとんどの問題は親と同居すれば大抵解決する問題でしょ?

    確かに一理あるかもですね。
    ただし、出生率が最も低い東京都は地方出身者が多いです。
    日本は何もかもが東京に集中しすぎています。私の職業も東京にしか仕事がありませんから、親との同居は無理です。(年老いた親を都会に呼ぶのも忍びないです。)

    案外京都や名古屋などに遷都すれば、出生率があがりますかね?

    個人的には少子化は生物の自然淘汰だと思うので、問題意識は無いです。それよりも人口増加に頼りすぎている年金システムの問題だと思っています。
    勿論この意見は首相官邸のHPに提出しました。

    ユーザーID:

  • 学歴社会が問題では?

    はじめに言っておきます。
    私の以下に述べる意見が、的外れだったとしても、「はあ?何言ってんの?」とバカにすることだけはやめてください。あくまで一つの意見として聞いてください。

    皆さん「教育費にお金がかかりすぎる」とおっしゃってますが、それよりも、「高学歴でないと(最低でも短大専門卒)正社員で働いて、裕福な生活ができない。中卒高卒ではフリーターになってしまう。」という今の日本の状態が問題ではないでしょうか?

    学歴は低くとも、仕事のできる人はいくらでもいます。なのに、高学歴を求める企業の体質が私は問題ではないでしょうか?高卒でも能力に応じた所得を得られるようになり、正社員できちんと職につく事ができるようにするといいのではないかと考えます。高卒でも済めば、教育費もかからない。安心して子供が産める・・・という訳には行かないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 女性の多様化

     少子化の原因は明らかに非婚化がその主なもので、非婚化の原因は、女性の社会進出の多様化だと思います。勿論、常勤、非常勤など多種多様な雇用形態ですが、やはり自分一人でもやっていける(可能性がある)という多様性が生まれたため、結婚は生き方の選択肢の一つとして比較せざるを得ないようになってしまった(今迄は比較しなくても良かった)。しかし、比較するといっても経済的な側面以外で判断する基準も根拠ももてない(くらい自信がない)から、結局決断できないまま、現状が維持されてしまうので非婚化が進んでいるんじゃないかな?ま、頭で考え過ぎなのかな?

    ユーザーID:

  • 私はこう思います、1

    レスの全部を読んでないので他の方のレスと重複した内容でしたら失礼いたします。
    他のトピ「思いやりの家事」を読まれたでしょうか?国の政策よりも、私は一番の原因はもっと身近にあると思います。

    私の意識の中では家族は共同体で、社会に出ればいろいろな立場があっても、家族はお互い助け合っていくもの、皆で家族を築き上げていくものと思っていました。

    「思いやりの家事」の中での女性の社会での地位(一部の男性社会から見た目)にはとても驚きました。また一部の女性のレスの中には良妻賢母を目指すあまり、一人で家庭を背負い込んでいるのではと思われる主婦の方もいました。

    夫婦が助け合わない背中(何も全て家事、育児を手伝って欲しいと言っているわけではありません)を見て、子供が思いやりのある、リーダシップのある子供になるのでしょうか?

    このことから見ても、いくら家電の技術が進んでも出産、育児、家事に喜びが見出せないとなると、少子化は進んでいくと思います。

    ユーザーID:

  • 何故、原因を知りたい?

    その原因が知りたいのは、少子化が問題だと考えられているからだと思います。
    しかし、少子化って言うほど問題なの?

    社会保障の問題や経済の問題はありますが、それって現代日本の社会制度に限定された問題です。少子化ってのは、絶対的に悪だと決定づける程の説得力は持ち得ていません。
     少子化に対応する社会制度を整備すれば良いのではないでしょうか? 悪じゃないのであればね。

    女性が産まない選択ができるようになった結果だと考えれば、女性の自由が向上した喜ばしい状況でもあります。

    産まないことが悪だという前提があるからこそ、少子化を問題だと捉えるのではないでしょうか? そういう論調に傷つく女性も多いことを、もう少し誰もが認識していただけると嬉しく思います。

    私も、時代が時代なら産んでいたと思います。しかし、私の遺伝子が深刻な病気を招く可能性を持っていると知った今、産もうとは思いません。
    その病気が根絶することを祈って……。

    ユーザーID:

  • 結婚しなくてもいい社会

    私の母親の世代はまだまだ「結婚して子供を持って一人前」みたいな風潮だったようです。だから年頃になると当然のように結婚をせかされたとか。

    でも今って結婚してないから人間的に信用できないとか、子供がいない夫婦はおかしいとか、そんな風潮でもないですよね。それに一人でも結構趣味や遊びに行けて楽しいし。むしろ配偶者や子供に一人の生活を満喫したい人が多いのでは?

    ユーザーID:

  • いわせてもらうとさん、私の場合は…

    夫の家には夫の兄夫婦が同居しています。
    更に同居を望むなら増築しなければなりません。(笑)
    私の親は働いています。
    そして双方の実家は、夫の職場からとても遠いです。
    同居するとなると職を変えるか単身赴任になります。

    簡単に、同居すれば良いんじゃない?と言われても、そう出来ない方も沢山いるんじゃないでしょうか…?

    ユーザーID:

  • 露さんに一票!

     露さんに一票!私は30代後半・既婚で子どもはいません&今後持つつもりもありません。子どもは好きですが、どうしてもほしいという気持ちにはならないからです。
     露さんが書いていらっしゃる通り、子どもを持つ選択をした人、持たない選択をした人、それぞれ認められるのが真に豊かな社会ではないでしょうか?
     「子どもを持てるのに持たない=悪者」のような見方が窮屈でなりません。
     子育てが大変なように、子どもを持たずに生きていくことにも覚悟がいります。どちらの立場でも、それを承知で選んでいるのです。また、それぞれの事情もあります。他人がとやかく言うことではありません。 金子みすずの詩にあるように「みんなちがって、みんないい」という社会を作っていくことが重要だと思います。「子持ち」対「子どもなし」の構図はこっけいでしかありません。

    ユーザーID:

  • 個人的にぶちゃけていうと

    個人的にぶちゃけていうと、我が家の場合は主人からのセックスレスです。
    その理由にこそ、我が家に子供が授からない本当の理由があるのでしょうけど、理由を語るとそれこそ長くなるので、主人から言われたその理由だけをここに記しますね。
    「不安」なんだそうです。
    主人年収 900万円
    私年収 500万円
    我が家の場合、子供が授からない問題は、お金じゃなくて私達夫婦の、「人として」の部分でしょう。

    ユーザーID:

  • 親の財布には限度があります。

    このごろ感じるのは、子供を対象にした商売がとても多いということです。

    産まれるのにまず30万円前後かかるのを始まりに(検診も合わせるともっとかかりますね)、その後数年すると、乳幼児のためのお遊びクラブに通わせると知的発育がどうのこうの、と業者はDMを送ってきます。

    学校に入ったら塾のかけもちや「お受験」(子供の才能を伸ばしてあげないのは親の怠慢です、と叱られた人もいるとか)。スポーツクラブに行かなければ、体力がつかないかのような、雑誌やチラシの無言の脅迫(公園で走っていれば体力はつく!)。「1つのことをやりとげたという自信は、お子様の一生の財産です」(そのお金も出しとげなければならない! 送り迎えも)

    本当に子供にとって必要なもの以外は選択しない! と割り切ることは、なかなか難しいですよね。一人目を育てて、予想以上にお金がかかれば、もう一人、二人と思えなくなるのでは?

    学校で、いわゆる、読み書きそろばんを一生懸命勉強して、不審者におびえたりせずに(これも重要)戸外で楽しく遊ぶ、それで充分という考え方が主流になれば、子育ても(子供自身も)もっと楽になるかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 辛口ペッパー様

    >もうそういう男の多くはとっくに「売れて」るのです。
    またそういう男ならよねよねさんみたいな「女は損」的発想の人を結婚相手にわざわざ選ばないと思います。

    おっしゃるとおりです。そんなことは自分でも充分に理解しています。

    >「高望み」というより「ないものねだり」
    現実にそういう男性が存在するかどうかはともかく、「自分と同じくらいの人」いうのは言ってみればごく自然な、小市民的な希望ではないでしょうか?そんなささやかな望みすら「ないものねだり」と切って捨てられるような状況では「ああ、もういいです、結婚しなくて」という気分にもなります。そして少子化は進んでいく・・と。
    こういう女性たちって、マスコミにもてはやされてますか?どちらかというと揶揄されてる気がしますけど。
    今回の辛口さんのコメントもしかりですが、マスコミの書きっぷりも持ち上げてるように見せかけてすごーく意地悪ですよ。男社会だなあと思いますね

    ユーザーID:

  • いいと思います。

    辛口ペッパーさんは、ある個人の方を名指しして『自分と同等レベルの(収入、価値観、家庭環境等)男性を望むことが他人から批判されるほど「高望み」であるとはどうしても思えない』という意見に『「高望み」というより「ないものねだり」に近い』といおっしゃる。

    しかし、だからと言って好きでもない人と結婚し、子供を産む必要もないのです。
    本当に好きな人としか結婚しない という事がおかしな事とも思いませんし、結果として子供も持たない人が多くなっても、それはそれで良いのではないでしょうか。
    ひと昔もふた昔も前のように、見合いで、よく知りもしない相手と結婚して・・・なんていうのはナンセンスです。

    もう個人の真の幸せを追って良い時代だと思います。
    幸せはひとそれぞれ違うのだから。
    個々の人が幸せで、それで少子化の世なら、それで良いと私は思います。一人一人が不幸せで子供が多い世界は、やっぱり不幸せです。

    ユーザーID:

  • 子どもと関わる時間が少なすぎる

    (2回目なのに、1回目のネームを忘れてしまった)
    最近思った事です・・・
    いろんな子育てサービスがあるけど
    子どもと離すサービスが多くないですか?
    ある程度、キツイ時間(夜泣きとか)も含めて子どもと一緒にいないと子どもの実態や子どものぬくもり、子どもとの繋がり感じられないのでは?
    上手く言えないけど、もっと子供と関われるような制度(そこまでキッチリしなくてもですが)があると良いな。子どもが小学生や中学なってもです。(PTAの役員をきちっと勤めると給料上がるとかね)
    子どもも子ども時代に同年代、異年代問わず子ども(人間と)関わっていない。塾(勉強)も大切だけど、遊びの中で学ぶチャンスが少なすぎ。それを大人(親)も気がついていない人が多すぎ。
    人(子ども)と関わらないような社会?が少子化の大きな原因かも。

    ユーザーID:

  • いいじゃない、少子化で。

    いいじゃないですか。少子化で年金が破綻したって。
    年金なんかに頼らないで生きればいいんですよ。
    食べられなくなったらのたれましょう。

    いいじゃないですか。少子化で若い人が減っても。
    80歳になっても90歳になっても自分のことは自分でやるんです。
    自分のことが自分でできなくなったらすぐオサラバです。

    いいじゃないですか。少子化でひとりぼっちになっても。
    若さを謳歌した遙か昔を思いながら、孤独をかみしめて
    独りで死ぬのだってオツなものです。

    いいじゃないですか。無策の政府は愚民の集まりに原因があります。
    政府は他者ではないのですから。
    政府の無策は、国民の無策です。結局自分がまいた種なんですから。

    ユーザーID:

  • 個人的な意見です。1

    (500字を超えるため2回にわけています)
    人生の選択も事情もそれぞれだし、一人一人が個性を活かし幸せを感じられるのなら一番いいと思います。
    やむをえない事情がないのに子を持つこと、持たないことを含めて人生の選択を素直に喜べない社会は、
    どこかゆがんでいると思います。

    少子化は、今の企業社会が、人間の生活や心身の健康を配慮することなく、営利を追求した結果だと思います。
    明治政府の方針「富国強兵」と似ている様に感じます。高度成長時代は「健康な男性」、最近は「健康な女性」を男性より厳しい条件で企業戦士とし、
    健康上の理由や家庭責任のため過酷な長時間労働を避けたい人、若者などは非正規雇用でしか採用しない。
    結果、様々な問題として表面化しているような気がします。

    ユーザーID:

  • 個人的な意見です。2

    (続きです)
    今の景気拡大は非正規雇用者のお陰です。
    派遣の業種・年数制限拡大も経済団体からの圧力があったとか。(ドイツでは派遣で1年働くと正社員になれるそうです)
    為政者や経営者・金持ち等一部だけに都合の良いシステムになってしまっているからだと思います。

    社会が変化したら従来の制度では対応できないのは当たり前。昔の制度を守るために今の人々に子供を増やせと圧力をかけるなんて、本末転倒です。
    一人一人の人生の選択を応援するようなシステムにするべきだと思います。

    と言っても普通の私にできることは、自分の心の声を聴いて個性を大切に自分らしく生きること。出来るだけ楽しんで。忙しいと自分や家族の事だけで精一杯ですが、
    ゆっくりでもそうして自分を満たしていく中で、他者の個性にも寛大に支援でき、その輪が広がればより生き易い社会になるのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 死なないから

     上が死なないから「産まなくちゃ」という反応が無いのかなと思います。
    どんどん日本人の寿命って伸びていますよね。
    (偏見ですが)老人って数倍手のかかる赤ちゃんみたいなものなのでこれ以上お世話に手を取られるのは・・・といったところではないでしょうか。

    上に「同居すれば解決」と書いておられた方がおられますよね。
    私は夫両親と同居なのですが、同居のせいで二人目の妊娠をすごくためらいました。
    出産するとまたこのうっとうしい人たちと一日一緒にいないといけないことになるんですね。
    同居のせいで保育所の入所ランクもさがったりといいこと無しです。
    子供の世話を頼める体力のある老人は遊び歩いています。

    ユーザーID:

  • 育児休業

    「育児休業明けが寮の掃除」という別のスレが、ちょうど、こちらのスレと対極をなしているようで、興味深いです。”理想と現実”みたいなカンジで。

    スミマセン、ヨコでした。

    ユーザーID:

  • もう無理

    これまでの男性中心型社会が『女性にとって出産・育児がハンディで負担になってしまう社会』を作ってきたのは事実です。その原因は働き方にあると思います。日本の通勤時間や労働時間の長さは世界的に見ても異常です。金銭的にもそうですが、まず精神的なゆとりができなければ他人のことを考える余裕はありません。今の社会では自分のことだけで必死なんです。利益ばかりを追求する企業、それを支援する政府、一体どうやって変えていけばいいんでしょう。

    ユーザーID:

  • 不公平

    うちは、上の子が生まれて七年、二人目ができませんでした(作れなかった?)。
    私一人で子育てしてるからです。けっこう、こういうママ多いと思います。
    男の子なので、ママはヘトヘトです・・・。
    とても、二人目なんて作る気になれません。

    一方、スーパーや公園で、(若い?)おばあさんが孫の面倒をみているのをよく見かけるのです。私は、いつも「いいなあ・・母親のほうはなにやってるんだろう?何にもやってない?負担が少ないじゃん!」と、考えてしまいます。我が家は、おばあさんが高齢だったり、遠くに住んでいるから。
    おばあさんや保育園に預けて何人も生んで、好きな仕事をしながら、うまくやっている人を見たことあります。
    少子化は、いつも働いている母親のサポートのことばかり話題になるけど、専業主婦で一人でがんばっているママのサポートのほうが必要だと思います。

    ユーザーID:

  • 問題(?)の所在

    少子化の元は、非婚化であり、その元は結婚しなくても生きていける豊かな社会になっているということではないでしょうか。

    問題は少子化なのではなく、とっくに少子化になっているにも関わらず、国の施策が「少子化を前提」としていないことです。より子供を生ませるにはどうするか、なんてのは「去っていった彼/彼女の心を取り戻すには?」って相談みたいなもの。たいてい「さっさと忘れて次に行け!」ってアドバイスになるんじゃないですかね。

    端的には、給付を減らし負担を重くする以外にないわけで、みなさん覚悟致しましょう。身近でできることは、官民の無駄遣いに目を光らせ、より慎ましい生活でも幸せを感じられるような社会風潮をつくっていくことでしょう。パイが小さくなってるのに「俺様にもっとよこせ。」と叫んでるようでは、殺伐たる社会が待っているだけ。早速隣人に暖かい視線を送ることからでも始めたいところです。

    ユーザーID:

先頭へ 前へ
121150 / 175
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧