笑っちゃいけない

レス221
(トピ主0
お気に入り843

心や体の悩み

夕陽の我慢

レス

レス数221

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 221
次へ 最後尾へ
  • 私の職場では、

    年に二回、店がお休みの日に、
    社長の奥さんの出している、スナックを貸しきって
    お盆と年末に、従業員をねぎらってくれます。

    社長の挨拶を皆、神妙な顔をして聞いていた時のこと。

    店内では有線が流れていたのですが、
    そこから、聞こえて来てしまったのです。
    「チャラリーン♪鼻から牛乳〜♪」
    あぁぁぁぁ!!カ、カモタツ!?
    私の心拍数は一気に上昇!おかまいなしに歌うカモタツ。
    「鼻から牛乳♪鼻から牛乳♪鼻から牛〜乳〜♪」

    即座に下を向いて、唇が切れる程噛みましたよ。
    隣に座っていたコを見ると、その子も下を向いて
    舌を噛んでいました。
    他の人たちが普通にしてるのが、余計におかしくて
    「カモタツだよ?鼻から牛乳なのに?何で普通なの?」
    と、もう、社長の話どころじゃありませんでした。

    ユーザーID:

  • 高校入試直前期のこと・・・

    高校入試直前期のこと・・・

    私の通っていた中学は私服でした。
    ある日の帰りの会でのこと、カタブツの男性担任教師が「高校受験時の服装について」話していました。

    「男子は、学生服(を着ている人が多かった)などきちんとした格好だな」
    みんな真剣な表情で聞いています。

    「女子は、ブラ・・・あ、ブレザー着用・・・」

    一瞬、濃い沈黙が流れ・・・そした大爆笑!
    中学3年生って、そんな言葉に大反応しちゃうし。


    もちろんブラジャーもブレザーも着用して、合格しました!

    ユーザーID:

  • Catch, ready, fire!

    昔、テレビの漫才でお葬式の焼香の動作に合わせて、
    「Catch, Ready, Fire!」
    というのをやっており、妹と二人で爆笑していました。
    その1ヵ月後祖父のお葬式があり、
    案の定焼香で私たち二人はそれを思い出してしまい大変でした。
    二人揃ってプルってるし、妹は耐え切れず吹き出すし。
    いまでも焼香はやばいです。

    ユーザーID:

  • 思い出した

    場所はス−パ−。
    登場人物はロマンスグレ−のおじ様。
    肉売り場の *本日の献立見本* を試食して・・・

    吐き出した!

      「 だって、だって、それ、ロウ細工だもん!
       アタシ、さっき見たもん!」

    もちろん心やさしいワタクシはおじさんと目を合わせないように静かに去って行ったのでした。

    ユーザーID:

  • 理科の時間に

    高校の理科の時間の話です。
    先生は白衣を着て授業をしていました。
    胸のポケットに青いペンが指してあったのですが、
    キャップが外れていたのか、白衣に青いインクが
    にじんできました。
    ちょうど心臓のあたりです。
    男の子が「先生、静脈血が出ています」と言い、
    先生はとても慌て、でも「静脈血は本当は青くありません」と言いました。
    誰も笑いませんでしたが、私は死ぬかと思いました。

    ユーザーID:

  • 披露宴のクライマックスで

     田舎の義兄の披露宴で、親族一同がクライマックスに ”盆踊り”を踊りはじめたこと。
     

    ユーザーID:

  • 料理下手なおばさん

    2年の闘病生活の末亡くなった祖母の葬儀が終わったあと
    祖母の話をしんみりしていたときのことです。
    私「おばあちゃんは鮒の昆布巻きが大好きだったよね。お見舞いに行く度に買ってきてくれるように頼んでたよね。」
    叔母「うん、おばあちゃんは本当に鮒の昆布巻きが好きだった。だから私手作りして持って行ったんよ。そうしたら満足したのかそれ以来食べたいって言わなくなったんよ。」

    ……おばさん、それ満足したんじゃなくて
    叔母さんが作ったのは不味かったので
    もう食べたいって言えなくなっちゃったんでは!?

    思わず笑いがこみ上げて来ましたが、しんみりした席だったし
    叔母さんにも悪かったので我慢しましたが
    親戚一同、同じツッコミを心の中でしていたようです。

    ユーザーID:

  • どうしてあんなこと言った(言えたの)かしら・・・

    別トピの「失言」のほうがふさわしいかも知れませんが、こちらで「かつらがズレていた常務」を見ていて思い出しました。

    私はエスカレーターの下りで前に立っていらした方の「付け毛」(女性のアップ部分だけのかつら)が外れそうになっているのに気づき、親切のつもりでその方の肩を叩いて「かつらが外れそうですよ」と言ってしまいました。(その方は50代の素敵な奥様風の方でした)

    言った瞬間まではそんなに可笑しくなかったのですが、隣に立っていたご主人らしきロマンスグレーの紳士・私の連れ・私達の後ろにいたサラリーマン風の二人・・・みんなが必死に笑いを堪えはじめました。しかし若い方のサラリーマンは遂に「ひっく、ひっ(苦)」と妙〜な声を漏らしてハマッテいました。

    私も必死で笑いを堪え・・・。あんなに長〜いエスカレーターは初めてでした。

    ユーザーID:

  • チャップリン劇場

    大型スーパーのDIY(日曜大工品)コーナーで店員をしていた頃のことです。
    お客様(男性)が長さ1m半・直径1cmほどの木材の棒をレジに持ってこられました。丁度、如意棒のような感じです。
    男性が棒についたバーコードをレジ側に向けようとして、如意棒を下ろした瞬間、ソレはレジにいた私の頭にクリーンヒット。『あ、すみません』と男性は棒をシーソーの要領で後ろ側に倒しました。
    すると振り下ろしたその棒の先にはまた別のおばあちゃんが!当然今度はおばあちゃんの頭にヒット(笑)
    『あ、すみません!!』と後ろを振り返った拍子に如意棒は隣にいた彼の奥様の顔面にヒット(笑)今度は『ああ・・・!!』という彼の切ない声が漏れました。
    店員という立場上笑えなかったのですが、私の頭の中ではちいさい孫悟空がキャッキャ言って笑ってました。

    ユーザーID:

  • >ひよこさんへ

    横ですがそのネタ、私も覚えていますよ〜。
    ジャリズムってコンビの葬式コントだったような・・・
    不謹慎とは思いますが、私も真面目にしないといけないときに限って笑いがこみ上げてきます。
    祖父のお葬式で、坊さんのお経がおかしくておかしくて、従姉妹と最初から最後まで肩をプルプルさせていました・・・
    ゴメンよ、ジイチャン。

    ユーザーID:

  • おかしいトピですね〜

    このトピおかしいですね〜。
    このトピを読む時は、まず、トイレをすませてから。
    読み終わるまでお茶も飲めない。
    笑いジワがふえちゃいました!

    ユーザーID:

  • Qさんに質問!

    タイトル通り【笑っちゃいけない】と思ったのですが、<お茶を飲めない>
    たぶん噴出しちゃうから?
    <笑いジワが増えた>
    私もです。ちりめんジワは前から。

    問題は<トイレを済ます>って・・
    笑いすぎて腹圧がかかって『#$%¥@&’!』ってことでしょうか。
    お差支えなければもう少し詳細な説明をお願いします。返事は急ぎませんので気の向いた時にどうぞ。

    ユーザーID:

  • こらえ切れなかった

    ありました、実母の葬式で
    足がしびれた弟が、お焼香で立ち上がった時にコケた!
    初めは笑いをコラえて苦しかったです・・・
    実母の葬式ですよ!笑えるわけがない!

    だけど、横を見たら姉も笑いをこらえており。
    なんと、当の弟まで・・・。
    結局、会場中に笑いの渦が!
    (お坊さんは冷静でした、さすがに)

    生前の母は底抜けに明るい人。
    笑いは不謹慎だったかもですが、
    あれはきっと母の計らいに違いない!と
    兄弟では話しています。

    ユーザーID:

  • コントなの?

    風がものすごく強いときに、私の前を黒いホコリのようなものがコロコロと転がっていきました。踏んでみたい衝動に駆られましたが、あまりの強風に間に合わず通過していきました。すると、頭を必死に手で隠しながら、そのホコリ(?)を追いかけているおじさんがいます。そう、そのホコリ(?)はカツラだったのです。踏まなくてよかったぁと心底思うとともに、コントのような光景に笑っちゃいけないけど、肩を震わせて笑ってしまいました。

    ユーザーID:

  • 岸和田名物

    昔バイトしてた会社の奥様。
    大変上品な物腰でステキな奥様で、当事話題になっていた激しいお祭りの話題になった時、その奥様が「なんて言ったかしら?岸和田でしたかしら、えーと・・・」(私の心:あー、だんじり祭りの事かな??)「そう!そうだわ『どんじり祭り!!』」(私:ちがーーう!!!笑)
    そこでハッキリ訂正しておけばよかったのですがなにせ相手は社長の奥様。以後ずっと「すごいわよねー、どんじり祭りは」「危ないわよね、どんじり祭りって」と「どんじり」を連発なさいます。
    私の頭の中にはフンドシを締めたりりしい男たちがゴールラインの手前で「オマエ先にいけよ!」「やだよ!オマエがいけよ」と押し合いへし合いする様(どんじりになるのを競ってる)が浮かんできてなんだかおかしくてたまりませんでした。
    奥様のお話に息も絶え絶えに「そう・・ですよね・・すごい・・ですよね・・ど、どんじ・・りまつり・・ぷぶっ」と答えるのが精一杯でした。奥様今でも間違えたままなのかなーとたまに気になります。

    ユーザーID:

  • 笑うことができない状況

    歯医者にて
    仰向けになって口を開けて、歯科医の先生に歯を削られている最中、傍らで唾液を吸うため(?)の器具を抑えている助手の女性のお腹が「ぐぅぅ〜〜」
    ゲッ!ヤバい!!笑ってしまう!と思いましたが、先生も女性も真剣な表情。こっちは口開けて削られてる最中だし・・・
    一生懸命他のことを考えたりして我慢しました。
    その後も続けて「きゅるるぅ〜」「ぐー」と追い討ちが。
    その女性がとても美人さんだったのでよけいに可笑しかったのですが、笑うに笑えない状態でした・・・

    ユーザーID:

  • 新人研修

    はるか昔、バブル期に入社した新人研修の時の事。

    それはそれは、厳しくて怖い、人事の研修指導者が取り仕切っておりました。

    社訓とやらを、覚えさせられ、ホールの壇上で当てられた人が言わされたんです。

    ざっと500人程の新入社員の前で、言わされる訳ですから、緊張するのは当たり前。

    その中の1人の○○君は、緊張のあまり「社訓!○×##Э$〜〜」と言いながら、首がクネクネと動いちゃったんです。長〜い社訓なので、何回も何回も首をクネクネ・・・・

    壇上の○○君を見ている私達も、当てられて壇上に上がった人達も(○○君の首がおかしくて、笑うのを必死で堪えている私達の顔を見ている)とにかく笑えずに死にそうでした。

    しばらくして、研修指導者も耐えきれずに、「○○!首を振るな〜!!」と注意しながら笑ってしまい、ドッと皆で吹きだしました。

    その後数分、研修が中断したのは言うまでもありません。

    ユーザーID:

  • 父の亡骸に・・・

    本当に不謹慎な話です。先に謝ります。ごめんなさい。
    本当に大切で、大好きな父が亡くなった時の話です。

    父が亡くなった夜、葬儀屋さんから「仏様の旅支度を調えてあげてください」と言われ、家族全員で、棺桶の父に足袋をはかせてあげたりしたわけです。

    そこへ兄が、「楽しくあの世まで旅できるように、こんな三角のおばけみたいなのつけるんじゃなくて、はちまきにしてあげようよ!」と言いました。
    調子にのった別の兄も、「白装束は寂しいから祭りのハッピを着せてやろう!」と・・・どんどんエスカレート。

    旅支度が済んだ父の姿を見て、全員爆笑。
    葬儀屋さんは大激怒。
    母は「そんなに大声で笑ったら、ご近所さんから保険金がガッポリ入ったと誤解されるじゃないの!」とパニックに。

    今思えば、父の看病に疲れ果てていたので、家族全員精神的に非常にハイになっていたと思います。
    (弁解です。) 悲しいお通夜が、我が家らしくにぎやかになって良かった・・・と親戚からは言われましたが。

    ユーザーID:

  • 自分の結婚式で。

    結婚式用のチャペルで式を挙げました。

    ヴァージンロードを実父と歩く時に「まず一礼してあれしてこれして・・次は右足、次は左足・・」と一生懸命やってる自分が笑えて笑えて・・

    帽子をかぶるドレスだったので「帽子があるから見えないハズ」と思って一人笑いをこらえながら主人に交代。

    後日、後輩に「何で笑ってたんですか?」
    私「え?見えてた?」
    後輩「見えてましたよ〜(笑)」

    はい、確かに写っている写真全て笑い顔でしっかり写っておりました。
    ショック!

    ちなみに当時31歳でした。

    ユーザーID:

  • 面接で

    ある会社の面接で、面接官の方が2人いらっしゃいました。

    初めに私の自己紹介をし、次にお二人がそれぞれ名乗られたのですが…

    2人目の方が、お笑いの「麒麟」の声がすごくいい人みたいな声なんです。
    わざとなの?と思うくらい低音の男前ボイスなので、思わず下をむいて笑いをこらえてしまいました。

    ちなみに今ではその会社で彼の下で働いています(笑)

    ユーザーID:

  • 駅のホームで

    午後7時ぐらいの駅のホームの1番前で電車を待っていた時のこと。向い側のホームには6歳くらい(女)と4歳くらい(男)の2人の子供をつれたお母さんが待っていました。上のお姉ちゃんはなんだか動き回っていて、じっとしていない。踊りを踊っている感じ。「音楽もないのに、ノリノリね〜」と思ってみていたんですが、動き、特に足と腰のクネクネがどんどん激しくなる!それを見たお母さんの顔はみるみる赤くなり、「だからホームに入る前にトイレに行きなさいって言ったでしょ!!」と。お姉ちゃん、トイレに行きたいのを必死で我慢していたんですね。その後、その親子はトイレのついている電車に乗り込んでいきましたが、彼女のあまりの必死さに笑いをこらえた瞬間でした。その後、家で動きの実演つきで再現して家族みんなで笑ってしまいましたが。

    ユーザーID:

  • あと1歩

    数年前、早朝に電車で出かけた時の事。
    ちょうど私の乗っていた電車が途中の駅までで、乗り継ぎをするためにホームに降りました。
    乗っていた電車は回送で車庫に向かうとの事で、ホームには私と同じ様に乗り継ぎ電車を待つ人が次の電車を待つために、その回送電車をぼんやりと見ていました。

    すると、回送電車のドアが閉まろうとした瞬間に、まだ中で寝ていたらしいおじさんの姿が。
    (私の乗っていた車両ではなかったので存在に気付きませんでした)

    慌ててドアに向かうおじさん。静かに閉まっていくドア。
    あと1歩というところで無常にもドアは閉まり、ドアに両手を当て呆然と立ち尽くすおじさんと共に、回送電車は静かに走り出しました。

    恨めしそうにホームの私達を見るおじさんに、その瞬間は笑う事ができず、電車が走り去った後ホームはくすくす笑いに包まれました。

    ユーザーID:

  • タイムリー☆(友人から聞いた話)

    仕事前にお客様用のトイレに入った友人。
    自分が用を足していると一つ向こうの個室から、
    長時間トイレを我慢してたのか、
    『シャァーーーーーー!!!!!!』
    と、大噴射の音が・・・。
    それだけでもおかしかったのに、
    すかさず『ブスゥフゥゥゥー!!』と
    おならの音が・・・。

    友人は自分の用をとめて、笑いにこらえるのに必死だったとか。そのあと手洗い場で顔を合わせたら気まずいかと思い、トイレにこもり仕事を遅刻してきました。

    ユーザーID:

  • このトピ面白すぎです!

    中学校時代の音楽の時間…。
    合唱で歌わされていた歌が、おかしくておかしくて
    家に帰った後も、思い出しては爆笑していた歌があります。
    曲名は忘れてしまったのですが
    ♪遥かな尾瀬〜 遠い空〜♪ がサビの歌です。
    (あぁ… この歌が好きな方ごめんなさい(汗)

    歌詞だけで情景が浮かんでくる様な
    いい歌なのですが、歌の途中に
    「水芭蕉の花が匂っている」「夢見て匂っている」
    という部分があり、毎回歯を食いしばり涙目になりながら
    必死で笑いを堪えて歌った覚えがあります。
    (「匂っている」が「臭っている」に脳内変換されていたため)

    声を震わせながら、気を紛らわそうと
    視線を男子のほうに移動させると、
    男子も肩が震えていて、もう地獄にいるような
    心境になりました。

    音楽の先生が気難しくて怖い先生だったので、
    余計に笑ってはいけなかったのです。

    四人位の人数で歌わされる、歌のテストの課題も
    その歌だったので、「今まで生きてきて、これほど
    助けてほしい!!と思ったことは無い…」と思いました。

    ユーザーID:

  • <会社の運動会の式典で>

    社長の長〜い挨拶の途中、専務の小型犬が腕の中で社長に向かってキャンキャン吠え始めました・・。専務も犬を抱えてそのまま何処かにいけば良かったのでしょうけど、目立ってしまい、それも出来ない状況に。
    何百人という社員は誰一人笑わなくて、私は堪えるのにお腹がヒクヒクしてしまいました。犬は最後まで吠えていました。

    <友人の披露宴>
    乾杯の音頭を取った上司がスピーチの途中、忘れてしまいました。言葉が続かなくなり、長い長い沈黙。誰も救えなくて、辛いような笑えるような。

    ユーザーID:

  • 二度目

    電話で思い出したのですが、昔OLしてた時の同僚が
    電話応対に慣れていない時のこと。
    取引先がかなり早口で話してきて 彼女は「はい、はい」と内容をメモするのに必死でした。
    何か質問されたらしく 彼女はとっさに
    「あ、はい そうでんなぁ」と返しました。
    ・・周りの先輩と私、彼女が電話を切るまで
    下向いてこらえました・・「そうでんなぁ」の後、
    何事もなかったように話してるから余計・・・
    すごくカワイイ子だったので、あの顔から大阪商人??と思うとたまりませんでした。

    あと、知ってる方はわかると思いますが
    「ペリー 肉声」で検索すると、とっても面白いモノが聞けます。
    それ聞いてから 茶筒開かないと思い出し笑い、
    自分が なしのつぶての状況とか 減るもんじゃないって思った時 ツボに入って笑ってしまいます。
    気になった方 「ペリー 肉声」「ペリー 吉野屋」
    で検索して聞いてみてください。

    ユーザーID:

  • 自分が怒られているのに

    先生越しに見えるクラスメートを見た瞬間、何も知らずヒステリックに怒る先生と、みんなの前で怒られている冤罪の自分の対比がおかしくて、思わず頬がゆるんでしまいました。

    その瞬間「何をニヤニヤしてるんだーーーー!」と怒鳴られましたが、先生が熱くなればなるほどおかしくって、神妙な顔を作るのが大変でした。

    今でも彼と喧嘩をして自分が大きな声を出そうとすると、冷静な自分が「まぁ、まぁ、」って言ってるのが聞こえてニヤリとしてしまいます。そんな時は相手に失礼なのでそっと顔をそむけたりしますが。

    法事での「プ〜〜・・・」に親戚中、肩を震わせたこともありますし、笑ってはいけない場面での珍事はなんであんなにおかしいのでしょうね??

    最近こらえた笑いは、超満員電車での目の前の男の子たちの会話。私を挟んだ状態でわき毛話で盛り上がり10分間。おかしいのと同意したいのとで、鼻の穴が広がりっぱなしでした。

    ユーザーID:

  • 平和でいいなぁ〜

    遠〜い昔の自分の神前結婚式の時、神主さんの履くポックリみたいな履物(黒の漆塗り・デカッ!)がおかしくてツボにはまったけど白無垢の花嫁が白い歯見せて笑えないし・・。
    披露宴の時にも大正生まれの母親が深刻な顔して側にやってくるので何かと思えば「あんまり笑うな。」って言うし・・。

    皆さんの愉快なレス拝見してると『非』日常的な冠婚葬祭での出来事が多いですね。
    精神状態がいつもより高揚しているので笑いのバロメーターが狂うのでしょうか。
    昨今、信じられないくらい暗い事件が多い中、このトピに心癒されてます。

    夕陽の我慢さんに感謝、感謝。

    ユーザーID:

  • 追伸

    今度の土曜日姪っ子の結婚式なんですよ。
    神前式で同じ状況でアタシ笑いこらえら
    れるんだろうか?

    ・・・不安。

    ユーザーID:

  • レイザーラモンHG?ふぉ〜!!

    昨年、近所のドラックストアでの事。
    私はレジで3人くらい後に並んでました。店内で郷ひろみさんのアチチ?のリズムで「てってって〜ててってってっ〜♪ふぉぉ〜♪ふぉ〜♪」という声が聞こえ、振り向くと小学生低学年くらいの兄弟が見事な動き(腰を振りながらがに股♪)で音楽にあわせて行進していました。
    店内の人全員の視線がくぎづけの中、私の前に並んでいた人がその母親らしく「や、やめなさいっ!!それは禁止したでしょっ!!」と怒鳴りました。その兄弟は動じることなく「どうだいこの腰のフリはぁ〜」「ゆっくりに見えるけど本当は高速に動いているんだよ〜」など言いながら店内を行進!レジに並んでいた母親は顔を真っ赤にして周りに「すみません。」とあやまっていました。店員がレジを打ちながら吹き出し、つられて笑いそうになり苦しかったです。
    ちなみに後で母親が子供を捕まえてましたが、兄弟は引きずられながらも「てってって、ててってってっ〜♪」と(笑)男の子を育てるのって大変☆

    ユーザーID:

先頭へ 前へ
91120 / 221
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧