笑っちゃいけない

レス221
(トピ主0
お気に入り843

心や体の悩み

夕陽の我慢

レス

レス数221

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
151180 / 221
次へ 最後尾へ
  • やっぱり葬式ネタ

    私もやっぱり葬式ネタになりますが二つあります。

    一つ目は、記帳の時。
    前の人の苗字が「鼻毛」だった。

    二つ目は、お焼香の時。
    小さい子供が母親と一緒に見よう見まねで挑戦していて、みんなが額のところに一度持っていく動作を口に入れているのと間違え食べてしまい、苦々しい顔をしてペッペと吐き出していたこと。

    絶対に笑ってはいけないという心構えをしていると、些細なこともなぜか通常以上におかしくなっちゃう気がします…。心理的なものもあるのでしょうねー。

    あ〜、おかしい。

    ユーザーID:5660466118

  • 私もお葬式で

    家の母方の祖母が亡くなった時の事です
    だんだん足がしびれてきたのか、妹がお経のリズムに合わせてお尻フリフリ
    私はお葬式よりそれに気を取られ笑わないようにするのに必死
    妹自身も笑いを堪えている私を見て笑いを堪えていました

    ユーザーID:3422619094

  • 腸がねじれそうです

    おかしくておかしくて、涙を流しながら読んでいます。みなさんが笑いをこらえて悶えている姿が余計におかしくて。。。とぴ主様、最高!

    私も2点エピソードを。。。

    1)旅行先のアメリカでファーストフード店に入った際、

    母:あのバコンっていうのは日本語で何のこと?

    私:ママ。。。。ベーコンだよ。。。(爆)

    2)叔父のお通夜で、親族全員で正座でお経を聞きながらすすり泣いている中、誰かに呼ばれて席を立った厳格&モラハラで知られる我が父が。。。 足がしびれてしまったようでまっすぐ歩こうにも、右斜め前へよちよち3歩進んだかと思えば、今度は左によちよち3歩。。。と言う状態が5メートルくらい続き、最後には無くなった叔父が横たわる棺おけの角に足をぶつけて骨折。。。足を抱いて悶える父を見て、実父を亡くして憔悴していたいとこまでが肩を震わせて笑いをこらえてました。

    車の運転中によく思い出し笑いするネタでした!

    ユーザーID:6253357966

  • どうしても

    『前向き駐車』

    がダメです。。すっごい前向き、ポジティブシンキング、、、、!!

    どういうわけかこの言葉だけは口が引きつってしまう。

    ユーザーID:4069452299

  • 結局、大爆笑。

    高校の時、授業中に友達から「セーラー服と機関銃って、本当は誰の歌?」と言う手紙が来ました。お返事に「きすぎたかお!!!」と書いて渡したところを先生に見つかり、2人で立たされました。先生は、紙を見ながら、
    黒板に「きすぎたかお」と書き、「着すぎた顔」だと!!僕の事をどう思うのも勝手だが、「顔が丸いのは生まれつきなんだー」と大声で怒鳴りました。(先生は高木ブーさんにそっくりでした。)

    ふと、友達を見たら、肩をブルブルふるわせて、ハンカチで涙を拭いていました。。私も笑いこらえ切れず、ブハーッとハナが出てしまい、先生は、反省していると思って、許してくれましたが、その後、クラスのみんながクスクスと笑い出し結局大爆笑で、先生は怒って教室を出て行ってしまいました。後で担任に呼ばれて、説明したのですが、担任には、おかしさが判ってもらえませんでした。

    ユーザーID:2745469128

  • 笑っちゃいけないテスト中のこと

    あれは、私が小学生の頃で、音楽の授業を受けていたときです。笛のテストが出席番号順に行なわれていました。私は早く終わっていて、暇を持て余し、教科書を開いて、音楽家の顔写真を見ていましたら、いきなり、お坊さん似のナイスな顔写真が目に飛び込んで来ました。私には可笑しくて、笑いを堪えるのに必死でしたよ。隣席の友人にも、えいって見せ付けてやりました。

    ユーザーID:2348768575

  • 神聖な場所程…

    数年前の従姉妹(新婦)の神前式内の事
    式場内は静まりかえり、間もなく挙式が執り行われる時の事…
    神聖な所で誤りがあってはならぬとのプレッシャー
    そんな時、新郎側の従姉妹? と思われる数人がすでに肩を震わせており、その姿で私も我慢出来なくなって来た所で雅楽の調べ←これもツライ…
    一方妙な所では冷静で、こんな時、巫女さんが舞ったりしません様に…
    結果舞う…しかも長い…
    挙式が整う頃には、その日のエネルギーを使い果たした様でした…

    ユーザーID:5767858013

  • 四谷怪談?

    20年以上前のことです。
    初めて海外旅行(グアム)に行った時の事です。
    空港で現地係員が名前を呼んで確認していました。
    タナカサーン、ミズノザーン・・・オイワサーン・・・
    大岩さんだと思いましたが、笑わずにはいられませんでした。

    ユーザーID:5769337928

  • 私も一つ・・・いいですか?

    火葬場での事です。骨を骨壺に納める場面になって、親戚の小学1年生の男の子が骨になってしまった祖母を見るなり「こりゃちょっと焼き過ぎだわー。火・・・強すぎ。」と、それはとても大声で。その時下を向いたのは私だけではありません。

    ユーザーID:1379819734

  • とある美容院の受付で

    緊張した面持ちの見習い?美容師の方に聞かれました。

    「担当者のごきぶりはいらっしゃいますか?・・・・・!!」


    一瞬の沈黙の後、可哀想だけど大爆笑!してしまいました。

    「担当者のご希望だよね〜それって。」

    クラッシックの流れる店内で、ヒーヒーお腹を抱えました。

    ごめんね、我慢できなくて。怒られただろうなぁ・・・彼女。

    ユーザーID:1779485012

  • 弟の結婚式で。

    外国人の神父さんが
    「やーめるとーきーも、すーこやかーやるとーきーも」って、
    絵に描いたようなたどたどしい言葉だった時、笑いをこらえるのに必死でした。

    そして、誓いを述べる新婦の背中も震えていました。。

    ユーザーID:4184862091

  • 法事にて

    ご年配のご住職にお仏壇でお経を上げていただきました。
    年を追うごと、だんだん目が悪くなっていらっしゃっているようでした。


    ある夏のこと。
    読経途中、「チーン」と鳴るところ「ボソッ」という音が。

    間違えておまんじゅうを叩いていらっしゃいました。


    その場にいた親戚全員、我慢できませんでした。
    耳も遠くなっていらっしゃったのが幸いです。
    まあ仏さんもそういうネタ好きだったから、
    不謹慎ながらも笑ってもいいような気がしました。

    ユーザーID:8738633516

  • 兄の結納の時

    お仲人さんが

    「こちら、目録(だったかな?)でございます。どうぞ
     お あ た ら め ください。」

    と、おっしゃいました。私は一瞬「?」でしたが、
    (まぁ、聞き違いだろう)と思い直し、普通に進行を見守っていました。
    が、しかし、お仲人さんはまたもおっしゃいました。

    「こちら、受書でございます。どうぞ
     お あ た ら め ください。」

    あとはもう、おかしくて苦しくて、でも笑うわけにもいかず
    唇と肩を震わせながら必死でこらえていました。
     今でも、全く関係ないところで
    「どうぞおあらためください。」
    という言葉を聞くと、笑いがこみ上げてきて苦労します。

    ユーザーID:7109203700

  • 昔々の自分の結婚式で。

    仲人をしてくれた旦那側の親戚のおじいさん・・・。
    「慣れてるから」って言ってたけど・・・

    自宅から白無垢で出て・・相手の家へ向かうとき
    先導してくれた仲人さんが右手右足でギクギク歩いたときに
    気づくべきでした。(遅いけど)

    披露宴で、なんと私の名前を間違い(たとえばエリ、なのにエリ子さんという具合)
    昭和47年生まれなのに昭和17年と言われたり!!!!(なんと!!)

    極めつけは仲人の挨拶で、勢いよくお辞儀して前のマイクに額を打ちつけ(ボフッという音が響き渡り・・)

    ・・横で見てた私たちも、もちろん招待客も笑うに笑えませんでした。

    ユーザーID:0733517048

  • 法要系は困りますよね。

    私も、中学生のときに出た法事で、
    念仏を唱えているときに、すぐ外に干してあるトランクス(アホほどいっぱい)が風にたなびいているのを見て噴出したことがありました。従姉妹と大うけしてしまって、「こんなときに笑うなんて!」と親戚に注意されました。

    でも、なんであんな日に干すかなあ・・・と今は思いますけどね。

    ユーザーID:9333249164

  • 会社の朝礼で

    ある日の朝礼で社長が
    「○○(社員の名前)に、2人目のお子さんができ・・・」と言おうとした所「○○に、2人目の奥さんができ・・」と言い間違えた。
    直立できなくなった私は社長秘書だった。

    ユーザーID:3680547765

  • 先輩の校歌指導

    私の高校では、
    入学式の翌日から、新入生の教室に3年生が来て、
    学校の校歌やら応援歌やらを教えてもらうのが
    毎年の慣わしとなっていました。

    その指導というのが、
    それはもう怖いというか、
    3年生の中でも番長っぽい先輩や、
    応援団風の先輩で占められていまして、
    まだウブな1年生女子の中には泣いてしまう子もいました。

    ところが、この私。
    特にトピているという意識は無かったのですが、
    先輩たちが顔を真っ赤にして怒鳴りながら、
    歌の指導をする姿が可笑しくて可笑しくて、
    体を震わせて笑いをこらえていました。
    笑っている事がバレたらどんな事になるか、
    そちらの方が怖ろしいので、
    思い切り下を向いて、恐怖におののいている
    フリをするのが大変でした。

    ユーザーID:7544136078

  • うららかな日の授業中

    ほんの一シーンなのですが、中学生のとき。
    初夏の日差しの綺麗な温かい日。
    単調なお経のような口調の先生の古典の授業、生徒の1/3は眠っていたと思います。
    教室の中心あたりにいた私がふと窓側を見ると、
    窓際の席で、うつむいて居眠りしてるY子ちゃんの口元に「プリズム」が!
    ・・・寝ヨダレです。
    そのよだれプリズムの美しさ、それが垂れてだんだんと下に伸びていく様子、
    本当に腹筋が痛くなりました。 

    ユーザーID:2848468292

  • 旗本退屈男…?

    その昔、父が知人の結婚式に出席したときのこと。
    夜遅く、我が家に父がケガをして病院に運ばれたとの連絡が!
    母は真っ青になり、子供たちを残して病院へ。
    私は不安で不安で眠ることもできませんでした。
    ところが、帰ってきた母は大激怒。
    父が披露宴で酔っぱらい、トイレに行くと言って外に出て、
    側溝で転んで額から血を流してぶっ倒れてたというのです。

    私は状況を聞き、心配しながらも、
    (お父さん、用足した後だったの…?それとも、
    倒れた後、でちゃったの?)と不謹慎な心配もしておりました。

    帰ってきた父は額に包帯をまき、悄然とした様子。
    頭を打っているので、後遺症の心配もありました。
    そして何日かたち、包帯とガーゼをはずした姿に私は大爆笑!

    命に別状がなかったのは良かったんだけど…、
    眉間に「へ」の傷って何よそれ!?

    私は心配させられた腹いせもあって、
    しばらく父のことを「『へ』の傷のおっさん」と
    呼んでいました。

    ユーザーID:6324289144

  • 国語の授業

    高1の国語で、“耳なし芳一”のカセット朗読を聴く授業がありました。

    読み手の女性のネチコイ演技が凄まじく・・・

    「ほぉおおおぉういちィイイイ!ほおおぉおういちイィイイ!」(ジョジョの奇妙な冒険にあるディオの無駄無駄無駄、の域。)

    皆真剣なまなざしで静まり返ってるのに、私だけ肩プルプル。つらかったー。

    ユーザーID:9333249164

  • 灯台下暗し

    職員会議中のことですが。

    長時間、重苦しい雰囲気の中で大真面目に議論を交わしておりました。
    ようやく終了のめどがたち、最後に職場のボスの〆のひとこと。

    またその〆の言葉がやたら長く(苦笑)あーもういい加減に
    解放してくれ!とイラッときていたところ、
    ボスの話の中に「灯台下暗し」という言葉が出てきた時に
    隣の席に座っていた先輩からメモが廻って来ました。

    そこには、東大のロゴ入りユニフォーム?を着て
    モトクロスバイクにまたがる男の絵。
    「東大モトクロス部」(架空)

    泣いてしまいました(笑)

    ユーザーID:5943245148

  • 丸出し???

    短大生のときのことです。

    連日寝不足で、いつもウトウト授業中居眠りをしていたので英語の担当の教授に呼び出されました。

    さほど叱られる事はなく、私の性格的に海外留学が向いてるのでは、と薦められ、
    教授が留学してた頃の話を熱く語られました。

    その中で、

    「いや〜、向こうは伸び伸びと勉強出来て充実していたもんだ。
     夏の暑い日なんて、お世話になっていたホストファミリーの家の庭を下半身出して、芝刈りして、熱くなったらホースで水かけたり、本当充実してたなー」

    え、、、下半身??

    教授の性格を考えても、話の流れ的にも、絶対に上半身なのに、、、

    教授が下半身だけ丸出しで、さわやかな笑顔で芝刈りをしてる姿を想像してしまって、
    必死で笑いこらえて、右の太もも必死でつねっていました。


    いや、でももしかして今考えれば下半身丸出しで合ってたのかも (笑)

    ユーザーID:9994467815

  • デンジャラスゾーン

    お葬式での事です。
    神妙な面持ちで正座する親族の前でお坊さまが一礼をし、お経を読み始めるためくるっと後ろを向きました。
    すると、

    後頭部に、絆創膏が。

    後頭部に、絆創膏が!

    後 頭 部 に、絆創膏が・・・・・・!!


    そっそんな!やめてダメ!
    後頭部にお怪我をなさったのでしょうが、そのつるり頭に絆創膏は反則ですってー!

    震え死にそうになりました。

    ユーザーID:7844116870

  • やば過ぎる上司

    先日上司と価格交渉の為に取引先を訪問した際の先方(比較的しっかりとハゲた方)との会話です。

    先方「この商品の値下げが5%ではダメです。この程度の下げ幅では他社に切り替えることになりますよ。」

    上司「う〜ん、かなり厳しいですね。今のハゲサバが一杯一杯なんです。」

    私の心の中「禿げた鯖????」

    ハゲサバ、それも禿げた方に対して。何事も無かったかのように会話を続けている上司、もうダメでした。

    ユーザーID:8184245031

  • 友人の結婚式で

    友人の結婚式に出席しました。チャペルでの式で横山○ック氏にそっくりな外観的にはお坊さん的な雰囲気の神父さんが登場しました。そして式が厳かにとりおこなわれ「汝 この女を〜云々」でアーメンと締めるのが普通だとおもいますが、その神父さんものすっごいでっかい声で「アメッーーーン」と叫ぶので笑いをこらえるのに必死でした。そして誓約書を書くため白い羽の付いたペンを渡すとき羽根がふれたのか「ハックションッツ〜〜」とでっかいくしゃみ。もう可笑しくて前や周りのひとをを見ないように下を向くのがやっとでした。花嫁だった友人は笑わずによくやってるよな〜って思いました

    ユーザーID:2913365560

  • 結婚式で・・

    皆さん面白いですねぇ〜こういうトピ大好きです

    私の場合は自分の結婚式の披露宴で・・
    新郎側の親戚のおばあさんに舞を披露していただいたのですが

    トコトコ・・・・と無表情で舞う姿は
    まさに ぜんまい仕掛け人形!!!

    笑いをこらえつつ舞を見てたのですが
    そのぜんまい仕掛け人形越しに爆笑している私の友人達が見え
    もうダメでした
    舞を見て爆笑してる花嫁の写真がしっかり残されています
    ある意味一番のサプライズ企画でした

    ユーザーID:1231637745

  • 法事にて

    ある法事のできごとです。卒塔婆を寄贈した人の名前をお坊さんがお経風に節をつけて読み上げているのをぼーっと聞いていたら、突然、壊れたレコード(今はCDか)のように、○○、○○〜、○○、○○〜・・・とひらがな二文字を繰り返し始めました。どうやら親類の苗字の漢字の二文字目が読めない模様(難しい文字じゃないけど、確かに苗字にはめずらしいかも)。
    節回しをつけて何回か繰り返していたんだけど、このままでは埒が明かないと思ったのでしょう、何回目かの壊れたレコードのあとに、思い切ったように一気に「○○○○〜!」と読み上げました。が、お坊さん、惜しい!それは偏違いの別の漢字の読みですよ!
    おかしくておかしくて、肩が震えるのを抑えるのが大変だった。
    お坊さん、読めない卒塔婆の名前は予習してあんちょこに送り仮名でも振っておいてください。でないと、皆笑い死にします。

    ユーザーID:3021339328

  • ガンはガンでも・・・

    大昔・・・中学生の時、保健体育の授業で先生が病気の癌のお話をしていた時、
    前の席にいた男の子が小声でぼそっと「ん? じゃ近眼も目の癌か?」と言いました。その授業中は笑いを堪えるのに必死でした。お腹が痛くなって困ったわ(爆)。

    そして終わって先生が出ていったらなんとその子の近くにいた子が数人堰を切ったように
    椅子から転げるように大笑い! もう箸が転んでも可笑しい年頃には堪りませんでした。

    あの子今何してるんだろう(笑)?

    ユーザーID:4862007760

  • 私でなく相手が・・

    そうそう これは私の生涯でも一押しです

    我が家はクリニックです 若い女性が面接に来ましたとても可愛い人でした

    院長「では何時から働いて貰えますか?」 条件はコレコレですと就業規則本を見せながら説明
    スタッフ希望者「はい 頑張りますよろしくお願いします」
    院長「あっそれから定年は50歳です」とニコリともしない顔でマジ顔でおしゃる・・・・若い女性顔が見る見る真っ赤に
    私「くくくっ・・そうそう定年まで居てくれてもね〜お嫁にも行かないといけないよね〜」と言うと
    その若い女性・・声を殺してひっくひっく肩で笑っていました(爆)

    夫は絶対にこんな冗談は言わない人なんです (そのスタッフは勿論4年後お嫁に行きました〜)
    当分夫の顔見ると可笑しくて 笑いが出るのを堪えていました

    ユーザーID:4862007760

  • 祖母の葬式で

    葬儀会場が椅子ではなく
    畳で、正座しなくてはいけなくて。

    お坊さんのお経を聞きながら
    焼香をしていったのですが
    姉の番になり、立ち上がろうとしたら足が痺れてたらしく
    'ドテッ'と3回ほどこけまして・・・。

    私と母は目を合わせて、笑いをこらえてました。
    でも、姉は最後まで真剣でした。

    ユーザーID:2167929360

先頭へ 前へ
151180 / 221
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧