笑っちゃいけない

レス221
(トピ主0
お気に入り843

心や体の悩み

夕陽の我慢

レス

レス数221

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • オジゾウサンガキタ!

    あれはとても寒い日で、いまでも雪が降るとよく思い出し笑いをするのですが…、姪が3歳くらいの時だったでしょうか。
    実家での父の法事に来ていただいた地元でも高名なお坊様。彼女、一目見るなり大興奮でこう叫んでしまいました。うぎゃ〜ちがうってば!

    お姉ちゃんごめんなさい…前の晩に読んであげた「かさじぞう」が原因かも…。合掌。

    ユーザーID:2046082834

  • 何度もすみません。

    すみません、また来てしまいました。
    しかもネタ自体はテレビから。

    ずっと以前のこと、お昼休み、ボスと二人で食事をとっていました。
    そのときつけていたテレビで(多分いいともだと思う)、視聴者からのお便りを読んでいました。

    内容はこんなかんじ。
    「私の母は、今教習所に行っていて、先日実技講習で坂道発進の練習をしたそうです。
    そのとき教官から、
    『はい、じゃあここは半クラでいきましょうか』
    と言われた母は、何を思ったか
    『ファ〜』とクラクションを。
    そうです。母は、『半クラ』とは、
    『クラッチを半分つなぐこと』ではなく
    『クラクションを半分鳴らすこと』だと思っていたのです。」

    お、おかしぃ〜!なのに、ボス笑ってないよ!?なんで?こんなにおかしいのに、休憩中なのに、
    笑っちゃダメなのか〜?

    我慢できるはずもなく。
    ええ、大噴射です。
    しかもカレーうどん。
    ボスが真向かいに座ってなかったのがせめてもの救いです。

    お食事中の方、大変失礼致しました。

    ユーザーID:4257232924

  • いいですね〜

    三河屋さんのネタには私も笑わせてもらいました(笑)
    今度、レジでお札を数える時にやっちゃって下さい!
    通じる人には通じそう(笑)そんな事したらクレームものですけどね…。

    ユーザーID:3527394346

  • ぶわははははははっっっっっ!!!!!

    三河屋様、確かに《世界のナベアツ》と《千円札の野口英世》は似てます、激似です!!
    完全にツボにハマってしまい、思い浮かべただけで笑いがこみ上げて来ます(ごほっごほっ)
    そして千円札が直視出来ませ〜〜〜ん!!(爆)

    ユーザーID:9287367292

  • ヨコですが、猫村ねこ様。

    いいネタお持ちですね!携帯見ながら久しぶりに涙流して笑ってしまいました!トピ主さんもこのような楽しいトピを立ててくださりありがとうございますっ!

    ユーザーID:4468273309

  • 図書館では静かにしてね(笑)

    先日の日曜日、図書館で遭遇した幼稚園(年中)ぐらいの男の子。
    入り口の自動ドアがガーと開いた瞬間、母親に連れられ駆け込んできた男の子が、静かな図書館に響きわたるような甲高い声で「はい。オッパッピー!」と叫ぶではありませんか。
    当然、注目の的です。
    慌てた様子の母親が「うるさい(怒)」
    すかさず「そんなのカンケイな〜い」
    あわれ男の子は母親にひきずり出されるはめに。
    図書館の受付の人達は呆気にとられ、次の瞬間、図書館のあちこちから失笑の声が…。
    そこには男の子の発した声の余韻が漂っていました。

    ユーザーID:1910565602

  • 模擬面接で・・・

    大学生の時、就職活動に関するセミナーが行われていました。

    模擬面接という形で、内定の決まった4年生の方が3名、広い教室の舞台でお話しをして下さるという機会がありました。

    面接なんて、自信から絶対参加しなくてはと友人達と、面接の様子がよく見える前方でなおかつ中央に席を陣取っていました。

    ほぼ満員の教室のなか、先輩達は、立派な敬語でハキハキと質問に答えていました。自分もあんな風に頑張らなければ!!と思った矢先・・・

    3人目の先輩の順番になった際、
    「学生時代に頑張ったことを教えて下さい」

    「・・・はいっ!!!わたすはっ!!サークル活動で・・・」


    私(わたくし)は と言いたかったのでしょうね。。。

    色黒でさわやかな感じの方で、ものすごぉく大きな声で発した一言目がそれだったので、もぉおかしくておかしくて。

    ばっちり見える位置に座ったので余計にその先輩の、やってしまったという顔が見えてしまい、必死で下を向いてこらえてました。

    ユーザーID:1510354132

  • 世界のナベアツ

    すみません、テレビで最近のお笑いを見ない方は分からないかもしれません。
    私はレジのパートしてます。
    こないだ、千円札の野口英世がどうしようもなく

    「世界のナベアツ」

    に見えてしまって、一人でツボに入っていました。
    おつりを渡す時、「一千、二千、三千‥」と、お客様にお札をめくって見せながら数えるのですが、
    「3の倍数と3の付く数字だけアホ」になりそうで、笑いをこらえて変な汗をかきました。

    ユーザーID:0224163569

  • たしかに「ひとり」&葬式ネタ2本立て

    その1
    旅行の仕事でお得意さんの中年男性から予約の依頼の電話を受けたとき。

    私「(ご出張に行かれるのは)お一人様ですか?」
    客@当時45才「ええ、独身です。」

    知ってるわぃ!とツッコむことも出来ず、若干声を震わせながらご注文の確認をして電話を切るまでが当社比2倍で長く感じられました。

    その2
    お葬式は、ネタの宝庫ですよね。

    ウチのじーさん。ばーちゃんの葬式で居眠りこいて、叔母が後ろから「お父さん、起きて!」と小声で背中を軽く叩いたら、スローモーションで正座の姿勢のまま前に倒れました。
    一瞬で会場の酸素が薄くなりました。

    ユーザーID:6271368778

  • とあるピアノリサイタルにて

    はるか昔、まだ私が小学生だったころですが、
    有名なピアニストが演奏会を開き、私と妹と師事していた
    先生とで軽い緊張をして聞きに行きました。

    サロンのようなちょっと狭い場所でピアニストを
    目の当たりにしたので興奮したのを覚えています。

    が・・・・・。どういうわけかその場所に
    立派な「銀蝿」が一匹。

    ブンブン音を立てて飛び回っていてお客さんは
    首を振りつつ知らん顔していました。
    もちろん私もです。ところが子供って見ているんですわ、
    その蝿の行方を・・・。

    すると、そのピアニストのアップにしたような
    頭のてっぺんのカールの中に入った!

    知らないで弾きつづけるピアニスト・・・。
    演奏会が終わるまで出てきませんでしたが
    何と、お辞儀したら3匹ブ〜ンと出てきたのです!

    まじめな顔をして聞いていたと思った妹も
    しっかりと見てたらしく、未だに大笑いしています。
    曲なんて全く覚えていません。

    ユーザーID:1007021808

  • 人間ですけど(葬儀編)

    叔父の葬儀でのこと。
    葬儀屋さんが、遺体が収められた棺を動かそうとしていました。
    男性スタッフが、棺の片方を抱えながら、
    別のスタッフに、もう片方を持つように呼びかけていました。

    「ほら、尻尾のほうを持って、尻尾のほう! 尻尾持って!」

    もうツボに嵌ってしまって、葬儀中思い出しては笑いをかみ殺しました。
    母に聞くと、この辺りの方言で「下」の意味だそうですが・・・。

    ユーザーID:1715684906

  • 桔梗屋風

    すみません。まだあります。
    同じく以前の職場で。

    電話応対中のこと。
    長々と事情を説明するお客様。
    それに相槌をする私。

    『はい…はい…ええ…そうですね…はい…ええ…ええ…はい…へぇ…』

    へぇって!!

    ちなみにいまだにやっちゃいます。ごくたまにですけど(しょっちゅうやってどうする!)。
    「はい」と「ええ」が混ざっちゃうんですよね。
    同じような方、きっといらっしゃると思います。
    いらっしゃいますよね!?

    ユーザーID:4257232924

  • やらなきゃいいのに

    すみません、まだあります。
    以前勤めていた会社で。

    朝礼のとき、副支店長から、
    電話を取ったときに、内線、外線問わず、ちゃんと自分の名前を名乗るように、との話がありました。

    「例えば、私ですと、『はい、○○株式会社△△支店、た、た、たった、たた、田中です』というふうにです。」

    小声で隣にいた先輩に、
    「じゃあ私は、ま、ま、まっま、まま、前田です、って言わないといけないんでしょうかね?」
    と言うと、あとで、
    「吹き出すの我慢してメッチャ挙動不審になったやんか!」
    と怒られてしまいました。

    ユーザーID:1007866502

  • 落ちてもうたぁ〜

    のどかな午後、同僚が、とある出来事について語ってくれたのです。

    大阪駅中央口には、噴水があり、周りにたくさんベンチが並んでます。
    同僚と彼氏は、噴水を背にして座っていました。
    すると突然、
    『バッシャ〜〜ン!!』と大きな水音が。

    何事か?とふり返ると、噴水の中にホームレス風のおじさんが浸かっている!
    おじさん自身、自分の身の上に何が起きたのか把握できていない様子。
    今、自分が水の中に浸かっていることをキョロキョロしながら確認。
    ゆっくりと右手で顔をなでながら、情けない声でつぶやきました。

    「落ちてもうたぁ〜〜」。

    この話を聞いた直後、新会員さんがカウンターに来られたので、入会説明を始めた私。
    でも、さっき聞いた臨場感あふれる同僚の話が、ふと頭をかすめます。

    「落ちてもうたぁ〜〜」

    いかん!頭の中からおじさんの声を排除しなくては。

    「落ちてもうたぁ〜〜」

    真面目に説明しようとすればするほど、私の頭でリフレイン。

    耐えたものの、ついに限界がきて噴き出してしまいました。
    新会員さん、ごめんなさい。あなたのせいじゃないの。

    ユーザーID:5405209497

  • おーえる様

    ありがとうございます。

    ややモヤッとしますが、上司の気持ちを考えるとそれ以上聞けないですよね?
    私もその場にいたら、我慢大会になりそうです(笑)

    ユーザーID:2233287961

  • 私も学年集会で。

    中学のときの学年集会。

    先生の一人がステージの上で、マイクがあるにもかかわらず、大声で何か怒ってわめき散らしていて、
    生徒たちは全クラス整列し、立ったままそれを聞いていました。
    下を向いていた私が、目線を少し上げると、隣のクラスの女子の足が目に入りました。
    彼女の上履きのかかとに平仮名で名前が。
    「くす」と左右に。
    「くすくす」と!
    あ〜笑ってるぅ!
    今先生怒ってるんだよ〜笑っちゃダメなんだよぉ〜!!

    ユーザーID:4257232924

  • はぁ〜涙がでる

    それにしても、冠婚葬祭ネタは笑えますね〜。
    面白すぎて涙が出てきます。。

    ユーザーID:8283360426

  • 現在進行形(たまらん)

    まさに今、私がいる事務所で新人さんの研修が行われています。
    新人3名、課長1名。皆さん真面目に研修を受けてらっしゃいます。

    …ですが、その中の1名が、鼻の調子が悪いみたいで(蓄膿症かしら!?御気分害される方がいらっしゃったら本当にごめんなさい!!)、
    鼻から「笛の音」がするんです。
    もう、それはそれは本当に「笛の音」なんです!
    「ピィッ、、、、ピィッ、、、ピピッ、、、」
    人間の体からあんな音が出るなんて…!!
    隣にいるパートさんも、笑いをこらえてるのがまたおかしくて…!!!

    早く研修終わってくれーーーー!

    ユーザーID:0673996283

  • おーえるです!

    テラコッタ様。
    さぞや気になられていたことでしょう…。
    申し訳ありませんでした。
    あの話はあそこでやめた方がいいかと勝手に判断し、笑い話で終わらせたかったのです…。

    あの日は年末で会社に来たお歳暮の品々を社員人数分の袋に適当に入れて抽選会を行うという我が社にとってのビッグイベントの日だったのです。お菓子やインスタントコーヒー、日本酒に焼酎、ビール…。
    そうなんです…。上司はひとりで乾杯しちゃって、酔いがさめるまでトイレに隠れているつもりだったみたいでした。それを騒がれたので、出るに出られず…。最後は「こちらから開けますよ!」と言う男性社員の声に「頭が痛くて…」と、出て来ました…。

    なんじゃそりゃ??
    匂いで何してたか分かるっちゅーの(怒)!!

    そんな訳で、残念ながら裸ではありませんでした。
    その後、誰も裸の件は問いつめてはおりません。ちなみになぜ飲んだのかも不明です…。

    以上、スッキリ出来たでしょうか?

    ユーザーID:4121347682

  • 特養に勤めています。

    回診に来る医院のドクターが、看護師が押す車椅子に乗ってやってきました・・・

    高齢で長い廊下を歩くのがつらいとか・・・

    どっちが利用者なんだか(笑)

    もうひとつ
    私のおならで空気清浄機がフル稼働します。。。ネタじゃないのです、ほんとです。

    ユーザーID:7628958792

  • 手術の説明

    母が事故にあい、有名大学病院で首の手術をする事になった時。
    医師数人、看護師数人がいる個室で父と私が手術説明をうけました。
    首周辺の手術なので大変危険である事、命を落とす可能性もある事、成功しても長いリハビリ生活になるであろうとの事、過酷な説明をうけました。
    最後に医師から『何か質問ありますか?』と聞かれた父が…
    『あの、イサリビはいつからになりますか?』
    イサリビ?漁火?みなが数秒キョトン顔。
    『…あぁ!リハビリですか?』と医師が答えた瞬間、看護師さん達は笑いこらえるのに必死な様子。
    すんません…笑ってくれていいですから…。

    ユーザーID:9999922052

  • JR中央線御茶ノ水駅での出来事です

    ホームを挟んで、「東京行き快速電車」と「千葉方面行きの総武線各駅停車」が停止していました。
    私は、停車中の東京行き快速電車に乗っていました。

    一人の男性が、各駅停車が発車する寸前に各駅停車が先発だということに気付いたらしく、快速電車から各駅停車に乗り換えようと快速電車を降りましたが、タッチの差で各駅停車のドアがしまってしまいました。
    男性はおろおろとうろたえていましたが、「そうだ。快速電車に戻ろう。」と身を翻して快速電車に駆け寄った丁度その瞬間、無常にも快速電車のドアも男性の目の前で「ぷしゅ〜っ」と閉まってしまいました。

    両方の電車からはじき出されてしまったあの男性は、一体どこに行きたかったのでしょう。
    千葉方面に行きたかったのであれば、どちらでも問題ありませんが、東京駅で乗り換えの場合は大違いですよね・・・。

    電車が走り出してから、一部始終を見ていた同乗の友人と下を向いて肩を震わました。

    ユーザーID:8001906359

  • 踏み台昇降

    中学生の時。
    体力測定で、心拍数を測ることになりました。
    ペアを組み、1人は踏み台昇降をし、1人は相手の脈数を数えると言うもの。
    1学年5クラス200名、体育館に集まり測定を始めました。

    中学生です。
    脈を測るなんてことは初めてなのです。
    みんな緊張し、咳ひとつすることなく、それはそれは静まりかえった体育館。

    …ぷすぅ。

    誰かが、控え目に屁をおこきになったのです。
    この控え目がいけなかった。
    思い切りやってくれたら、いっそすがすがしいものを、そろっとやるもんだから、もういけない。

    衝撃波のように、下手人付近からこらえきれない笑いが広がり、測定は不可能に。
    その日は、どうやっても笑えるもんだから、後日しきり直しになったのでした。

    ユーザーID:3862891166

  • 先ほどの出来事です

    0歳児の保育園入園初日の出来事です。

    赤ちゃんにご飯を食べさせたことがない、というお父さんと心配で付き添ってきたらしいおばあちゃんが来ていました。
    保育士さんが「では今日は初日なので、赤ちゃんのお食事はお父さん・お母さん方に
    食べさせていただきます。
    三角巾を配りますので、私たちがやっているようにこんな風に髪の毛が見えないように頭に巻いてください」と言いました。
    するとおばあちゃんはお父さんの頭を見て「巻けるかしら?小さいんじゃない?」と
    心配そうにしています。
    お父さんはとても大きな頭でした。
    しかし、お父さんは「余裕だよ!」と真顔で鼻歌交じりに
    赤ちゃんの頭に三角巾を巻き始めたのでした。
    他の人たちは皆自分の頭に巻いているのに・・・。

    私は注意することもできず、ひたすら下を向きながら笑いをこらえ
    黙々と自分の頭に三角巾を巻くことに専念しました。

    ユーザーID:6173331037

  • 学年集会で

    超恐い先生に集会で怒られていた私たち。

    体育館の上にある照明器具、ありますよね。
    赤とか青、黄色に色がついた道具です。
    薄暗い体育館で怒鳴られまくっていたんですが
    ちょうど日が差し、太陽の光が照明器具の赤を照らして
    先生の顔にスポットライトを当てたのです!!
    顔が照らされ、真っ赤な顔をしてなお怒鳴る先生・・。
    全く気づいていません。

    一斉に唇をかむ生徒一同。
    (顔を伏せるのは集会で厳禁でした)

    しばらく険しい顔をしてこらえていた私たちですが、
    日のむき加減が変わり、
    先生の顔を照らす光が赤から緑へ変わろうとする
    その中間あたりで一人の男子が吹き出しました。

    当然あとに続く私たち。先生は眉を寄せて怒ろうとしましたが、
    後ろにいたほかの先生たちも爆笑。

    だめですよね、集団の中ってよけいに面白い。

    ユーザーID:9908245482

  • おなかすいてました。

    自分の結婚式でのことです。
    朝からばたばたと忙しかったので、飲まず食わずの状態だったのです。

    牧師さんのお話を聞いている最中に
    私のおなかが

    「ぐぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」   それはそれは大きな音で。


    ひぇ〜〜〜たいへんっ!と思って、
    なんとかおなかが鳴らないように、力を入れてみたり空気を飲み込んでみたりするのだけど

    ますます胃袋はでかく長く 

    「ぐぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

    たまにアレンジが入って、

    「きゅるるるるるるぅ〜〜〜〜〜♪」


    そのうち、横で新郎がくくくくっっ・・・と肩を震わしはじめ
    私ももう、限界で、下を向いてくくくく・・・

    そのうち、牧師さんも、笑いを堪えた声に。。。。


    牧師さんの話なんてもう聞こえませんでした。
    早く終わって〜〜!!なんか食べるっ!!と思いつつ、涙を流して笑いと空腹を堪えました。

    ユーザーID:7070285478

  • フランスで・・・

    今思い出しても笑える話なんですが、10年前にフランス旅行に行った時の出来事です。

    買い物をしていると、日本人のおばさま御一行様が。どうやら、お目当ての物の値段が聞きたかったらしく、指を指して「10(じゅう)フラ〜ン?(フランス語風に)」って。。。思わず目が点。「じゅう」は日本語なのに、言ってる本人はフランス語で言ったつもりだったのか!?なんとなく雰囲気で通じてたみたいですが・・・
    その場を離れた後、友人と大爆笑でした。「日本のおばちゃんって強いなぁ」って。

    ユーザーID:0123663908

  • 健康診断にて

    初めて受けたマンモグラフィー検査の技師が男性でした。

    挟んだオッパイの位置がよろしくなかったようで撮影途中で「微調整して撮り直しまぁ〜す」と言われました。

    彼が私の胸を寄せて伸ばして挟んでる最中どうにも痛くて思わず「痛い!!」と言ってしまったところ、技師に「痛いですよねぇ、分かりますぅ、でもあと少しだから」と冷静に言われ、(えっ!!アンタに分かるの?男なのに!?)と内心バカウケしました。

    可笑しくて肩が震えてしまったようで「動かないでくださぁ〜い、はみ出しちゃいますよ!!」と『おネェMANS』口調で注意され、さらに笑いが加速しました。

    ユーザーID:5950355421

  • 笑い上戸なので・・

    いくらでもありますが少しだけ。やはり法事ネタ、お経が終わってさあたち上がる・・足がしびれて・・と言うのを想像して「笑ってはいけない」と思い、気合入れて回り見たら居なかったのでホっと気を抜いた瞬間、ご老体が前に進もうにも微妙に足がしびれて進まずに一人その場で行進のように動いてたのを見たとき息が止まるくらい我慢しました。

    入社式での専務のお言葉の中に「いまやバルブが弾けて不景気に・・」といきなり始まりました、勿論心の中で(バブルだろ・・水道管が飛んだか!!)と突っ込みを入れてしまい、笑いを必死にこらえる羽目になりました。

    厳粛な美術館、5歳の息子を連れて行った時の事。「いい、他の人もいるから静かにね」と念を押す。生真面目な息子は口を押さえたまま歩くことに。そして「お父さんお父さん、くしゃみが出ちゃう」とのこと「別にいいよ」とはいいましたが気を使って口をふさいだらおしりの穴から「ばふっ!」っと、、、「おならしちゃった」と言われ、大笑いしそうになり何とかこらえて歩いていましたが「お父さん」「(笑)・・なに?」「・・うんちがもれそう・・」、担ぎ上げて走って出ました。

    ユーザーID:1739918455

  • 親族紹介

    その1
    10年以上前の従姉妹の結婚式。私はまだ高校生。
    神前で親族紹介をしました。
    叔父が緊張して「○○のオジ、オジ、オジジジジジ…」と。
    私はおかしくなってしまい「オジジジジジジだって…」って小声で言ったら他の従姉妹が爆笑してしまいました。
    後で怒られたのは私でした。

    その2
    妹の結婚式が始まる前、私が「新婦の妹ですって言っちゃおうかな」ってふざけて言ってました。
    (5歳違いなのに私が妹と間違えられる事があるくらいなので)
    親族紹介が始まり…
    真顔で「新婦の妹です」って言ってしまいました!
    自分では姉と言ったつもりだったので気付かず、周りも私が挨拶して2人超えてから皆から「え?え?妹?」と気付き始め。
    私は真っ赤に。
    新郎新婦はうつむいて笑っていました。

    ユーザーID:4993708132

レス求!トピ一覧