夫がいなくなったらどうしようと心配

レス43
お気に入り0

rince

男女

結婚5年目のパート主婦です。新婚の頃からずっと夫が居なくなったらどうしようと不安になる事が多かったのですが、それは5年目の今も全く変わりません。
実父が若くして脳の病気で倒れて、そのままぼけてしまい、他界してしまった…という経験をしているので、不安になるというのは多少は関係していると思いますが、それにしても異常なほど気になるんです。皆さんは普段そういう心配をされますか?そういう心配にはどのように対処すればいいのでしょう?何かヒントがあれば教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数43

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分一人でも生きていけるように

    対策を練ることだと思います。

    例えばですが、「地震が来たらどうしよう」って毎日心配していたって何の解決にもなりませんよね?
    そしたら、非常用具を用意しておこうとか、お金を下ろしておこうとか、家族の待ち合わせ場所を決めておこうとか、いろいろ対策を練っておけば、多少は心配も解消されると思います。

    トピ主さんが経済的なことを心配されてるのか、精神的なことを心配されてるのか分かりませんが、「一人での生活を楽しめない人は二人での生活も楽しめない」というようなことをどこかで読んだ記憶があります。

    ユーザーID:

  • おお、情けない。

    人間死ぬときはひとりです。
    必ず夫さんかあなたが先に死ぬのです。
    経済的に自立して、ひとりで生きる準備をすればいいだけのこと。
    そうすれば、ふたりでいるときの安心感も高まります。

    ユーザーID:

  • 私はね

    居なくなるとこまるから、居るうちに夫に尽くすよう努力しています。

    ユーザーID:

  • おんなじです、毎日・・。

    私も子供の頃からの家庭不和の末、親も兄弟ももうこの世にはなく、家庭の安らぎというのは今の夫と出会い、結婚してから初めて知りました。

    結婚は30代後半でしたが、それまで付き合ったどの男性にもこんな安心感は感じませんでした。

    毎日暮らしていれば小さなケンカなどもありますが、私の不安や気難しさを夫だけは大らかに優しく受け止めてくれ、私も心から夫のためを思うことが出来ます。

    でも肉親の死や本当の孤独を経験すると「人は必ず死ぬ」という実感があり、やっと出会えたかけがいのない夫ともいつか永遠の別れがくるのだと思うと、いてもたってもいられないし想像もしたくない。

    朝、出かけていく夫の後姿に本気で「車や災難に気をつけて・・!」と祈ってしまうし、寝顔を見ていると単なる夫というより私の全てだなあ、なんて涙が出てきます。

    答えになってなくてごめんなさい。
    この不安を消す方法があれば私も知りたいと思っています・・。

    ユーザーID:

  • 日々を心に

    結婚10年目ですが、新婚時代はよく泣きました。私はずっと男性と縁遠い人生だったので、そのせいで慣れないのかと思ってきました。

    最近でも心配にはなりますが、泣くところまではいかなくなりました。泣く前に、夫と過ごした日々の思い出か心に沸いてきて、目の前にも心にも夫がいるのだなあと実感するといいましょうか。沸いてくるものは、大イベントからすごく些細な物まで様々ですが、その共有感というか所有感(変な言い方ですが)というかが、不安になりすぎずに済む支えのようです。

    トピ主様ご夫婦の日々が、これからも幸せに重ねられていきますよう。トピ主様の心に満ちていかれますよう。

    ユーザーID:

  • 私の父は・・・

    私が1歳の時に亡くなりました。母が28歳の時です。小さな子供一人抱えて、実家より遠い場所で急に最愛の夫が亡くなって・・・さぞかし不安で辛かっただろうと思います。でも、これからの生活の事を考えると、泣く時間もなかったと母は言っていました。(強がり名母なので、実際の事はわかりませんが)

    当時の母と同じ歳の頃に私も入籍しましたが、トピ主さんと同じように、母の状況と重ねて、主人が居なくなったら・・・と不安になる事がよくあります。
    でも、今は居なくなる原因が思いあたらないし、私が先に逝く可能性も大いにあるのです。

    短い時間でしたが、母には父との思い出が沢山あり、たまにですが話してくれます。
    私達夫婦にはまだ子供がいないので、旅行したりして今しかない二人の大事な時間を過ごして、思い出作りをしています。

    トピ主さんも、いつになるかわからない不幸を悩むより、今を大事にされてはどうですか?

    ユーザーID:

  • 娘も

    似たような時期があったので、他人事と思えず書き込みます。
    異常なほどの家族への心配ぶりに、こっちがノイローゼになりそうでした。
    急激な環境の変化のためだったと思いますが、繰り返し口で言って安心させてあげる事しかできなかったです。そのうち、他に忙しい事ができて治まりました。
    トピ主さんにできる事は、ご主人に朝出かける前にぎゅ〜っと抱きしめて「大丈夫だよ」って言ってとお願いする事。それから、そんな心配する暇もないくらい自分で忙しくしてみる事。この2つくらいしか思いつきません。

    ユーザーID:

  • 同じですよ

    私も身内が苦しんで亡くなった経験があるためか、
    必要以上に、今の家族を失うのではないかとビクビクしてしまいます。

    朝送り出す時、本当に今生の別になるのではないかと、恐怖で叫びそうになる瞬間があります。

    強迫神経症なんでしょうね…
    解消方法は私も思い付きませんが、とりあえず健康でいようと努力しています。私が亡くなって家族を悲しませたくないので。

    ユーザーID:

  • 私も同じです。

    普段は凄く楽観的な私なのですが、父親を物心がつく前に亡くしているせいか 自分の夫にもしもの事があったら・・・・・・といつも不安です。

    最近、同居の義父が倒れ「覚悟するように」とまで言われて今では快復したものの 身近でこんな事があると とても他人事で済ます事はできません。

    それ以来、大切な人を亡くした人の痛みを異常なまでに感じ取ってしまう そしてその痛みが自分の身に起こるのではと 恐怖にさらされています。

    いつもこのまま主人が帰ってこなかったらどうしよう・・・・
    出かける度、出張に行く度に そうでなくても 不治の病に冒されたら・・・と不安は消えません。

    しかも 私は海外住まいで 経済的にも精神的にも不安です。
    よけいな心配事だとわかっていますが 同年代の知人が亡くなるニュースが増えてきて不安は募るばかりです。

    ユーザーID:

  • 出来る事をするしかない

    私も一緒に暮らして9年の彼がいなくなったら…と考えてどうしていいかわからなくなる事がありました。
    でも考えるだけでは何も進まないし、答えなんか勿論出ません。そういう時は暗いマイナス思考はやめて、実際に手を動かして充実感を得る事で、頭の中をプラス思考に傾ける事が重要だと思うようになりました。

    例えば健康診断を手配。栄養バランスの良い食事を作る為に勉強。部屋を清潔にして病気をなるべく排除。相手をよく観察して、体調の変化を見逃さない。一緒に軽い運動をする…等。

    手配や勉強に自分の手を動かすと「実際にこれだけの事をした」という充実感が得られるので、「少しは一緒にいられる時間が増えているはず」とプラス思考になれます。ついでに相手がそれを「いつもありがとう」って喜んでくれたならばもっと嬉しくて頑張れるし、日々楽しい。

    どんなに足元を固めても結局心配は尽きませんから、心配時間はもったいない。心配するというマイナス思考に時間を割くくらいなら、何か少しでも自分に出来る事をやってみましょう。そうやってプラス思考の癖が身に付けば、不安を感じる時間も減ってゆくと思います。

    ユーザーID:

  • 愛するものをもつと

     rinceさん気持ち分かります。結婚して10年以上たっても思います。愛して・大切にしたい人ができたからでしょう。子供が生まれてきた時もそうでした。壊れそうな 自分の両手に入るほどのわが子を抱いて、「守らなくっては・・」と思う心と、「この子がいなくなったら・・」と言う不安。人間守りたいものが多いほど強くなる。でも裏を返せばいなくなったときの不安が大きいから どんな時でもがんばれる。
     そういうことじゃないかしら・・。
    4年前 「こんなに幸せで私はいつ死んでも 後悔しないだろうなぁ」と思うときがありました。それから間もなく事故にあい、クリスマスだと言うのに病院に入って思いました。「嫌だ!子供たちの大人になった姿、ダンナとゆっくり旅行して、孫に囲まれた生活。まだまだしたいこといっぱいあるよ〜」と真剣に思いました。
     rinceさん 無理に強くならなくてもいいよ。今を一生懸命生きれば、未来につながるからね。
     

    ユーザーID:

  • そして誰もいなくなった…

    平成に入り、まず祖母が亡くなり、その後、母、父、兄弟、叔母を重病と事故で次々と看取りました。
    数年間で家族を全て亡くして、損得抜きで私を思ってくれる存在はこの世になくなりました。 
    周りは全て他人ですから…
    正直申し上げてとても怖いです。
    他人が近付いて来るとみんな「泥棒」のように思えてしまいます。 人は必ず何か目的を持って接近してくるものだとこの数年でしっかりと学習しましたから…
    (利用価値がないとわかると見向きもしないものです。)
    地震等の災害時の待合わせ場所も私には必要ありません。何しろ、ひとりなのですから…
    私を本来捜してくれる人はみんなお墓の中なのです。

    このような私の事情と比較したら、ご自身がいかに恵まれているこかにお気付きになられましたか?
    家族が誰ひとり知らない21世紀を私は何とか生きて居ります。 好きなことだけをして…

    ユーザーID:

  • 同じ気持ちです

    家事にも育児にも協力的な夫の優しさに甘え、それが当たり前になりつつあった時に夫が入院。
    この人がいなくなったら、私は幼子をかかえ路頭に迷ってしまう!と本気で悩みました。
    幸い大事に至らず手術も上手くいき、間もなく退院できそうでホッとし、夫の有り難味をあらためて感じています。
    私は国際結婚して夫の国に移住したので、将来のことを思うと悩みはつきません。
    夫亡き後(縁起でもないですが)を考えると、まず経済的なこと、贅沢をしなければこの国で暮らしていけますが、日本での生活は無理かも。特に日本は教育にお金がかかりますから。
    一番気がかりなのは、精神的なことですね。
    普段から内に閉じこもらずネットワークを広げておく、趣味を持つ、、、。
    でもその時になってみないとわからない、というのが正直なところでしょうか。
    今を大切に生きましょう!

    ユーザーID:

  • う〜ん?

    それは一人で生きてける自信がないから、不安になるんじゃ・・・。どんなことを旦那様に頼ってますか?それが自分で出来るようになれば大丈夫です。

    私の友人にも「旦那に先に死なれたら、絶対にイヤ!耐えられない!」と心配性な人がいますが、かなりの依存症です。旦那に対しても周囲に対しても。

    ユーザーID:

  • すごくわかります。

    トピ主さんのお気持ち、すごくわかります。
    今は結婚して2年になるところですが、結婚前から家族や彼氏(今の夫)に対する心配の気持ちがすごく強かったです。
    それは今も変わりません。変わらないどころか、今の生活がとても幸せな分、その不安が一層強くなったかもしれません。

    この人が突然いなくなってしまったら。前触れなくこの生活が終わってしまったら。一度考え始めると、怖くて心がそわそわしてしまいます。

    でも・・・強くならなければと思います。せっかく今の生活が満ち足りているのに、私がいつも不安そうな顔をしていては周りの人たちも不安にしてしまいます。相手を心配するあまり、逆に相手から心配されては元も子もありません。
    具体的な方法は模索中ですが、他の方のレスにもあったように程よく忙しくすることも有効なのかなと思っています。

    自分がいつも明るくいることが、夫を始め周りの人に対する恩返しなのかなと思います。
    長い間付き合ってきた自分の傾向ですから、すぐに変えるのは難しいと思いますが、焦らず少しずつ、進んで行けたらと思います。

    同じような仲間はここにもいます!一緒にがんばって行きませんか?

    ユーザーID:

  • わかりますっ!

    よぉ〜く、わかります。
    私も結婚6年目ですが、夫がいなくなる事を考えると涙が出ます。

    ちなみに、夫婦共働きで経済面の心配はありませんが、それでも想像するだけで、どうしようもなく不安にかられる事があるのです。

    多分本当に愛してるからなのでしょう。

    このトピの返信で、「経済的に自立しましょう」みたいなこと書いてる人がいらっしゃいますが、筋違いです。

    だけど、マイナスな事ばかり考えても仕方ないので、最近は「年取っても手をつないで歩く」将来を想像して、
    気を紛らわせています(笑)

    ユーザーID:

  • 正直に話すことです

    旦那さんに、正直に気持ちを打ち明けてみましょう。
    各論では困りもしますが、基本線としては、男は必要と
    されたり頼りにされたりすること自体は嫌いではないもの
    です。
    (都合よく使われる、のはまた話が別です)

    そうすると、旦那さんはトピ主さんのことを心配する
    ようになり、トピ主さんが自分でできることにまで
    いちいち口を出してくるようになるでしょう。

    そうすると、あれほど夫に依存していたのが、ちょっと
    うっとおしくなり、一人でできることは一人でしたい、
    という気持ちが生まれます。

    世の中の夫婦は、案外そうやって「まあ、こんなところか」
    という落としどころに落ち着いているわけです。

    ユーザーID:

  • お気持ちわかります

    結婚して2年半のmomoです。
    私も夫が死んでしまったらどうしようかと思い、想像するだけで涙を流してしまうことが、あります。
    煙草を買いに行っただけなのに、帰りが遅いとどこかで事故にでもあったんじゃないかと、心配することもあります。(ただ外で煙草を吸っていただけなのですが)

    私の場合は夫が色々なことで病院に通っているので、そのことが原因だと思っています。
    病気自体は治せる範囲なのですが、回数が多いので。

    良い対処法は分からないのですが、1つだけ考えました。それは私の方が夫より先に逝かない、と思うことです。
    実際夫が他界したら、その場から動けなくなるくらい、悲しみに押しつぶされてしまうと思います。
    でも逆の立場になったとき・・・夫には辛い思い、悲しい思いはさせたくない、と思います。

    今できることは、夫婦揃って健康であること、これだけですかね。
    お互いいつまでも夫婦仲良く暮らしたいですね。

    ユーザーID:

  • その気持わかります。

    私は子供の頃4歳から5歳まで父が単身赴任で海外におり約2年程逢えませんでした。かれこれ30数年前です。父が帰って来てから、朝どんなに早くても父が会社に行くのを見えなくなるまで見送らないと気が済みませんでした。(小学校6年生まで)
    いつも気持の中に「事故に逢ったりしたらもう遭えないんだ。」とか「もう帰ってこないのでは?」とおかしな想像をして異常に不安でした。

    今は結婚して今度は主人に対して同じような気持になる事があります。私は海外在住なのですが「もし旦那がいなくなったらどうしよう?事故に遭わないかしら?」という不安にかられます。なんでこんな悲観的な想像ばかりするのかわからないのですが、不安なんですよね。わかります・・・。
    私はこちらに来てからとりあえず、仕事を探しこの不安に対し、もし彼が病気になっても私が入院代を払えるだけの経済力を自分につけておこう!と仕事に没頭しています。不安だけ募らせても仕方ないですよね。

    ユーザーID:

  • 本当に気になり過ぎるなら

    誰しも気になるものだと思いますが、どういう点が特に気になるのでしょう?
    ・経済的心配?
    それなら、1人になっても食べて行ける経済的手段を得るようにしましょう
    ・精神的問題?
    寂しいと思いますが、考えても仕方ないと思います。でもそうだとわかっているのに、それでもなお考えてしまうというのは、お父さんを亡くされた体験などが影響しているのかもしれませんね。

    本を読んだりして心を強くする努力をして、それでもなお不安なら、「精神論」でなく「病気としての治療」を考えた方がいいかもしれません。心療内科などに行って相談し、カウンセリングを受けたり薬をもらうことでうんと楽になるかもしれない、そういう方法も考えてみたらいいかもしれません。

    ユーザーID:

  • 大事にしないとね

    私も既婚女性です。子どもはおらず、派遣で仕事をしています。

    夫のことがとても大事なので、彼が死んでしまったら悲しみのあまり立ち直れないと思います。ですので、トピ主さんの気持ちはとてもよくわかります。

    経済的なことももちろん心配ですけど、自分の愛するものがいなくなるのではないか、災難に遭いはしないかと不安を感じることがあります。

    物騒な世の中ですもの、交通事故や通り魔、ケンカなどなど、トラブルに巻き込まれる可能性はゼロではありません。

    かといって、四六時中夫のことを守れるわけもなく…。
    だから、せめて一緒に過ごす時間を大事にするしかないですよね。

    二人が過ごしやすいように環境を整える、美味しい食事を作る、明るい笑顔で出迎える、優しい時間を沢山作るしかないです。

    本当に、夫の前からあらゆる災難を取り去ることができたら安心するのになぁ。

    ユーザーID:

  • 心療内科に行かれては?

    みなさんが良い意見を書いてくださっていますから、もういらないのかもしれませんが。

    極度に不安な場合は心療内科のクリニックなどにいらして、今のお気持ちを相談なさってはいかがでしょうか。適度なカウンセリングとごく微量の抗不安薬を処方してもらえると思います。

    あまりに不安すぎる場合には、カウンセリングなどの専門機関を利用することも考えみてください。

    保健所にも、カウンセリングというのではないですが、相談に乗ってくださる保健師さんがいるはずです。公的機関を利用されてもいいかと思います。

    ユーザーID:

  • わかるような気がします

    トピ主さんの場合はお父様をそのような形でなくされているので、ある種のトラウマがあるのかもしれませんね。だとしたらセラピストのような専門家に相談するというのもひとつの手段かと思います。
    脅かすつもりはないのですが、「××になったらどうしよう、と必要以上に心配する行為は、むしろ現実を××に近づける効果を発揮する」のだそうです。どこからそういう論理が来ているか不明ですが、人が心配をするエネルギーというのは、(つまり負の結果を恐れるエネルギーですね)は、○○になったらいいなあ、と願う気持ちよりも強いらしいのです。だから、下手に心配しないほうがいいみたいですよ。
    私も夫を愛しているので、トピ主さんの気持ちはわかります。しかし、夫婦はどちらかが先に逝きます。ご夫婦の年齢がわかりませんが、一般には女性のほうが長生きです。だから、心配する気持ちよりも、「この人が最期を迎えるときに、『自分は○子(トピ主さん)のおかげで幸せだった』と思えるように、幸せを与えてあげよう」と思うようにするのはいかがですか?

    ユーザーID:

  • 違う観点から

     私も一時期「夫がいなくなったら」「病気になったら」という不安ばかりの日々がありました。ただ私の場合、「寂しい」という気持ちはもちろんなんですが、お金の心配がありました。私はパートでしたから長期入院になったら、夫の治療費、自分の生活費が足りない状態になります。保険もあてにはなりませんし。
     ですので、今手に職をつけるために、看護学校に通っています。あと2年で卒業です。どうかあと2年だけは、何も起こらないでほしい!!と切に願っています。今はバイトもできない状態なので。
     不安があるのであれば、その原因を探り取り除く努力は必要だと思います。私の場合それがお金であったのでそういう道を選びました。また病気になったときには医学の知識がないよりかはあったほうがいいと思ったからです。
     不安でいるだけでは前には進めません。ご主人に依存しすぎているのも不安を助長している原因のひとつかもしれませんね(私がそうでした)

    ユーザーID:

  • 愛しているからこそ、寂しいね。

    トピ主さんは決して経済的なことを言っているのではありません。
    筋違い・勘違いさんが多いのに驚きました。

    私は、経済力もあり、自他ともに認める精神力の強い人間です。
    しかし、もし夫が私より先に逝ってしまったらなどど考えると、苦しくてたまりません。

    どなたかが書いていたように、いつ、どちらかが逝っても良いように出来る限り夫に尽くして、楽しい時間をすごせるようにしております。

    先日、夫に、
    「もし私が今死んでも、私は幸せだったから。
    私はあなたと出会い結婚し、子供には恵まれなかったけど、毎日本当に幸せだった。だから嘆かないでね。」
    と言いました。
    人生何が起こるか分からないので、感謝の気持ちを言っておこうと思いまして・・・

    夫も、死ぬときは一緒だ!と毎夜言いながら眠ります。

    ユーザーID:

  • 心配

    私も心配です。

    経済的には、まだ若いですし子供もいませんし、とりあえず生きていくくらいはなんとかできそうな気がします。体調がすこしわるいので、その面の不安はありますが。
    ただ気持ちの面がとても心配です。

    世の中、友人知人はある程度までならいくらでも持てますが、ほんとうに一緒に暮らす家族というのは限られています。

    私も10代の頃に大切な身内の死を経験しました。一人の人間が欠けることによる家族への影響はとても大きなものでした。

    両親はまだ健在ですが私の帰る場所ではないと思っています。親友と呼べる人はいません。いざとなったら立ち向かうしかありませんし、もっと年をとったらだんだん身の回りの人が他界していくのは普通のことですが、今はちょっと心配です。

    ユーザーID:

  • 身近な人を亡くしたからこその気持ち

    私もトピ主さんの気持ちがよく解ります。

    子を亡くした親の気持ち、若くして親を亡くした子の気持ちなど、
    想像は出来ても、実際に経験しないと解らない気持ちというのがあると思います。

    私も母を亡くしています。
    母は「まだやりたいことが一杯ある」そう闘病中に言いながら亡くなりました。

    それまでは私も「所詮人はひとり」という考えでしたが、まだまだ長生きすると思っていた母を数ヶ月の闘病であっけなく亡くし、
    それからは、(自分自身も含め)今はこうして元気でいるけれども、来年の今頃はもしかししたら、もうこの世にはいないかもしれない・・・
    などということを考えるようになってしまいました。

    家族を亡くすと環境は急変します。
    今まで当り前にそこにいた人がいなくなる・・・まるでぽっかり穴が開いてしまったようです。

    私も夫がいなくなったらと思うととても怖いです。
    別に経済的な不安もありませんし、自立心もそれなりだと思います。
    でも、愛する家族を亡くすことが今はとても怖いです。

    本当にどうしたらいいのか、私も知りたいです。

    ユーザーID:

  • わかります

    わたしも思春期に実母を亡くしました。
    夫と出会うまでは何ともなかったのですが、夫と出会ってから『この世で一番大切な人を失うことへの恐怖』を感じるようになりました。
    一度過去にその経験をしているから、そのような恐怖を感じるのですよね。
    二度とあんな辛い悲しみを経験したくない、という。。。
    これは依存心とか、経済的な不安とかではなく、一種のトラウマだと思います。
    トラウマは克服していくしかないと思います。

    わたしの場合は娘が生まれたことにより、娘への責任や夫と過ごす人生以外にも将来の楽しみが増えてきたことで、その恐怖心は薄れてきました。
    もちろん娘を失う恐怖、というものも増えたわけですが。。。
    でも以前よりはずっと気持ちは安定しています。
    トピ主さんが自力でトラウマを克服できないようなら、カウンセリングにかかったりするのも手じゃないでしょうか。

    ちなみに、以前どこかでいってらっしゃいの言葉をかけるときに『気をつけて』と言うだけで郵便局員の事故率が減った、という話を聞いてから毎日実践しています。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    私が先に死んで夫が残されたときの方が心配です。

    夫に先立たれたら、悲しいけど、経済的なことも精神的なことも全部含めて生きてゆけるっていう自分でも何かよく分からないのですが、自信があります。

    一方夫が残されたら、経済的なことは良いとして、ちゃんと食事、身の回りのことが自分で出来るのかの方が心配・・・。

    だから、夫よりもなるべく長生きしてあげなくては(笑)、と思ってます。

    ユーザーID:

  • ケンカしても朝は笑顔で送り出す

    凄く良く気持ちが分かります!
    経済的な事を言われる人がいますが、トピ主さんは
    そうゆう事を心配しているのではないと思います。

    以前テレビである女優さんがお母さんの話をされていました。
    もう大分前の事ですが今でも心に残っています。

    この女優さんは、お母さんと大喧嘩をして
    本心ではそんなこと思っていないのに、
    「お母さんなんか死んじゃえばいいんだ!!」と言ってしまったそうです。
    そして、仲直りもしないまま仕事で撮影に入られていた時に、お母さんが交通事故で病院に運ばれたという知らせを聞き駆けつけると、
    すでに息を引き取られていたそうです。
    お母さんに最後にかけた言葉が「死んじゃえばいい」
    お母さんが亡くなられて数十年経つけど、未だに後悔して胸が苦しくなると語られていました。

    この話を聞いてから、朝出かけた夫と今生の別れになるのではないかと恐ろしく、次の日まではケンカを持ち込まないようにしてます。
    無宗教ですが、夫が出かけた後に必ず心の中で今日も一日無事に夫が帰って来ますようにと願っています。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧