他人を妬む気持ち

レス51
(トピ主0
お気に入り5

心や体の悩み

モコ

今年24歳になる者です。
4大卒ですが就活に失敗してから精神科にかかるようになり、現在無職です。

妊娠中の同級生や結婚した同級生、ちゃんと全うに仕事に就いて充実した毎日をおくっている同級生に対し、自分の情けない現状(=精神的に不安定で、お金もなく、親にどこまでも迷惑をかけるごくつぶしの邪魔なだけの存在)を比べてしまい、どうしようもなく苦しいです。

他人と自分を比べないようにするには一体どうしたらよいのでしょうか。
いちいち他人を妬む自分が気持ち悪くて仕方がありません。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数51

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • はいっ まず深呼吸して!

    こんにちは。とてもつらそうな気持ちが感じられるトピだったので思わず書き込んでしまいました。

    まず周りの方を見てうらやましく思う気持ちがでてきたら、その気持ちを自分を大切にするエネルギーに変えちゃてください。部屋に花を飾ってみる、美味しい料理を自分で作って食べてみる、いい音楽を聞き、本を読んでみる。なんでもいいのですよ。ただトピ主さん自身に手をかけてたくさん栄養をあげてください。
    自分を助けてあげれるのは自分しかいません。
    なかなか気持ちを切り換えるのは難しいかもしれませんが、一日一日を丁寧に生きていけばきっといい縁が寄ってきて道が開けてくると思いますよ。

    トピ主さんの気持ちが少しでも楽になるよう祈ってます。

    ユーザーID:

  • 飼いならすしか

    妬みの気持ち、よくわかります。
    でもそれってどうすることもできませんよね。
    人間は妬む生き物なんだからしかたないかと思いつつ
    自身の向上を目指しましょう。

    ユーザーID:

  • 道は必ず開いています、焦らないで!

    辛さが聞こえて来ますよ。
    ずっと昔、娘が学校へ行かれなくなった時に、私は親として一体何をしてやれるのだろうと毎日悩みました。

    私が思った結論は一つでした。
    「何も慌てる事は無い。人生は一度なんだから。人の寿命が違う様に皆夫々に違うのだから。焦る事なんか無いし、学校も今行かなくても大丈夫だから。」と。

    娘はぼろぼろ泣きました。
    そして言いました。「今はまだ力が出て来ないけど、必ずちゃんとここから抜け出すから待っていて。」

    既に娘は親元から離れて働いていますが、そういう辛い経験をした事がバネとなって強い人間に復帰出来たと思います。

    親は、子供の痛みは自分の痛みとして捉えます。
    だから、そういう時は親に甘えてもいいのです。
    トピさんに今必要なのは何よりもゆっくりと自分を見つめる時間です。

    これからご自分で何をして行きたいのか、それを探して行くうちに必ず答えは出て来ます。
    14歳の娘だって答えを出したのです。
    焦る事はありません。人の寿命が違うように生き方も皆違うのですから。きっと見つかります。

    ユーザーID:

  • 大切なあなた

     人はそれぞれ、様々な問題を抱えて生きているものです。
     幸せになるために、充実した生活を送るために、それを乗り越えようと葛藤しているものです。
     他人には幸せにる権利があります。
     そして、もちろん、トビ主さんにも・・。
     一日24時間。皆、平等ではないですか!その大切な時を悶々と考え込む事に費やすより、どうか、ご自分のために使ってください。
     環境や物欲よりも、何よりトビ主さんが、何かに打ち込んでいる姿が、人から見れば一番、輝いてみえるものです。 

    ユーザーID:

  • みんなそうじゃないのかな。

    あの人私よりお金がある。
    あの人は子供がいるのに私には出来ない・・。
    あの人は3人子供がいるのに私には二人目が出来ない・・。
    仕事には就いたけどこんはずじゃなかった・・
    みんな結婚したのに私は出来ない・・。
    等々みんな多かれ少なかれ
    いろんなこと思っているんじゃないのかな。

    見た目幸せそうな人でもみんな問題を抱えているんですよ。きっと。今の現状がゴールじゃない、もっと先にいいことが待ってますよ!

    私は、親に迷惑かけているとか人を妬む自分に悩むモコさんはやさしい人だな〜と思いました。今は、親に迷惑かけてもいいんじゃないですか?

    若いんだし、これからゆっくり自分の道を
    探しましょう!それから親孝行したらいいじゃないですか。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 私もそうでした

    私も仕事や人間関係が自分の思い描いたように行かなくて、他の人たちがとても幸せそうに見えて、気付くと妬んでいた事があります。
    そんな自分が嫌になってまた落ち込んじゃうみたいな繰り返しでした。収入もあまりなかったので、精神科に通うことはなかったですが、とにかくいろんな人の本を読みました。そんで、今の自分のうまくいかない状況を受け入れて、そこからまた、前向きに考えることにしましたよ。
    でも妬んでる自覚があるのならきっと抜け出せると時が来ますよー

    ユーザーID:

  • ゆっくりとね。

    他人と競争するのが人生ではないと思いますよ。
    人生は日々、自分との戦いです。

    自分の基準を見つければ自分の幸せも見えて
    きます。でも、なかなか難しいですね。

    私も常に醜い心と戦っていますから。
    ゆっくり歩んでゆきましょうね。

    ・部屋を綺麗にして緑を飾ってキャンドルをつけて
     音楽を聞く。

    ・美味しいものを食べて「幸せ」と呟く。

    ・自分の気持ちをノートに書く。

    お勧めです。
    頑張らずに焦らずに。

    ユーザーID:

  • 全然構わない

    妬みは自然な感情ですよ。でもね、その後は「人は人、自分は自分。」っていう考えに切り換えていくかどうかです。人間ってこの繰り返しですよ。そしていつか妬みが薄れていくものです。

    私は45歳です。この年になっても妬みはありますけど、若い頃よりは薄れました。どうしても不可能な現実が世の中にはあるという事を長い人生の中で受け止めたから。なるようにしかならないんですよ。

    ユーザーID:

  • 逆にそのエネルギーがうらやましい

    人を妬むって、逆に考えたら向上心につながるでしょ?私にはそれがうらやましいです。
    私は、いつの頃からかそういったぎらぎらした感情がすっぽりと抜け落ちてしまいました。人に対する感情が薄れてしまっている証拠だと自分では思っています。それと同時に物欲もかなり薄れてきました。

    そういう風になって思うのですが、つまらないですよ、そう言う人間って。人を羨んだり妬んだりって、人間が持っている感情の一部分だと思います。生きていく上でものすごい重要な感情の一部ではないですが、無くしたときに解るんです。もっとも人間的な感情だったのではないかと。

    それを無くしたいというトピ主さんの求める答えにはならないのですが、無理して無くさなくても良いのでは?と言うのが私なりの答えです。

    ただし、理性でその感情を人に悟られないようにすることは可能です。またそうしなければならない場面はこれからも沢山出てくるでしょう。私もそう言う時期は遠い昔にありました。今はひからびちゃってますけどね。

    ユーザーID:

  • 答えになっていないのですが

    すいません、おたずねへの答えとは違うのですが。トピ主さんのご質問の文章が、簡潔できちんとまとめられていてとても読みやすかったので、感動しました。

    私もそうなのですが、小町での書き込みの中には、あふれる気持ちを整理しきれずに、ながーくだらだらと続けてしまう方が結構いらっしゃいます。その点、トピ主様は非常にすっきりと、たずねるポイントもきちんと提示していらっしゃる。天性の文才なのかトレーニングされたことがあるのかわかりませんが、これは大変素晴らしい能力だと思います。文章表現力があるということは、きっと将来にわたってトピ主様の力になることだと思います。

    お気持ちについてのアドバイスは他の方におまかせして、私の感激だけ書いてしまいました。トピずれでごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 人生これからよ!

    は〜い!
    大学卒業後、第一希望の会社に就職、大好きな彼と
    結婚、新築の家も購入、子供も生まれ、仕事も順調。
    どんどん昇給。人から頼りにされて人生バラ色。

    ・・・が、
    8年後には離婚バツ1、無職、精神科通いを
    していますよ。

    人生なんて色々だよ。今そうだからと言って、
    ず〜っと続く訳ではないし、誰だって悩みはあると
    思いますよ。

    私も他人を妬みましたよ。でも最近気付きました。
    自分自身を好きにならないと、幸せになれない。
    そう思うと妬んだり、恨んだりする気持ちが
    なくなりました。

    人生これからですよ。
    まず、しっかり療養をして病気を治してから、
    気持ちをリセットしよう。新しい可能性が
    まだまだ沢山ありますよ。

    ユーザーID:

  • 自分自身と仲良くね

     人の輪の中で生きていれば、妬みそねみの感情が生まれるのは当たり前。誰でも持ってる感情だよ。

     でもそんな負の感情にいちいち囚われてても仕方ない。そこで言い換えてみましょう。

    精神的に不安定 → 安定したい。
    お金がない → お金を貯めたい。
    親にどこまでも迷惑をかける → 親を喜ばせたい。
    ごくつぶしの邪魔なだけの存在 → 何かを生み出す、誰かに必要とされる存在になりたい。

    例えば、お風呂で湯船にノンビリつかっているときは精神的不安が少し解消されない?
    お腹がすいたけどコンビニでお菓子買うのガマンしておうちに帰ったら、お菓子代はお財布の中に残ってない?
    お母さん、今日の服素敵ねって褒めたら、お母さんにっこり笑顔を返してくれない?

     どんな小さなことでもいいから、理想に近づく行動を少しずつ重ねていこうよ。時には、積み重ねてきたものが一気に崩れ去るようなショックな事も起こるけど、そしたらまた0からはじめればいい。みんなそうやって生きてる。
     
     「何かを生み出す、誰かに必要とされる人間になりたい」みんなそれを探して生きてる。

     自分を否定しちゃダメ。仲良くね。

    ユーザーID:

  • いろいろやってみて・・

    それでもどうにもならないとき。

    ありますあります。大丈夫だれにでもありますよ。心で思っている事は、実行しないかぎり(言ったり、したり)無罪だって、知ってますか?

    我思うゆえに我あり。。。なんですが・・。

    現実的にどうすればそういう状態からぬけだせるかというと。

    何もする気が起きないのでしょう?そういうのもありです。そう言う日は1日だけ、朝から寝床(ベッド)から絶対に起き上がらない事です。

    そのうち、水が飲みたい、トイレに行きたいと思うでしょう。それも我慢できるだけがまんします。がまんしきれなくなったら、もちろん行きます。

    起き上がりたくてしかたがなくなる時がきますが、起きない!と決めたんだから我慢できる限り寝ています。本も読んじゃ駄目だし、TVもだめ。何にもしないんです。

    で、がまんの限界がきたら、どうしてもしたかったことをします。多分、食事ではないかな?ダイスキな物をたべましょう。

    「大切な自分」のために。

    こうすると、生きて行くのになにが大切かがわかるそうですよ。ある本の受け売りなんですけど、よかったら試してみては?と。

    ユーザーID:

  • 素敵だと思う事は悪い事ではない

     素敵と思う事はすばらしい事だと思います。

     きっと、今はトピ主さんは感受性が高くなっているのかもしれませんね。

     その気持ちを大切にして素敵な人をどんどん見てどんどん吸収出来るようなれたらいいですね。

     私の友達で同じような経験の子がいました。彼女には夢があり25歳で就職しました28歳で結婚し子供にも恵まれ育児休暇を終え仕事に復帰しています。

     この前、素敵な人が私は百回転んだといっていました。

    ユーザーID:

  • わたしもそうでした

    短大の時に重い鬱になり、苦労しました。
    医者も「治る見込みはない」なんて言うんですよ。
    でも治りました。完治しました。

    人を羨むだけで幸せになれないし、友達が結婚妊娠して
    羨ましかったから必死で就職活動をして内定だって貰っ
    たし、彼氏に迷惑かけたくなかったから鬱も治すように
    必死で頑張ったし、結婚したかったからキツい仕事でも
    何でもやって結婚資金を全額自分で揃えたし。
    仕事のストレスで嘔吐と血尿が出ても頑張りました。

    その結果、結婚して子供もいて穏やかな家庭が持てて
    とっても幸せです。
    一生懸命努力して手に入れた最高の幸せだから自分以外
    の誰も羨ましくありません。

    ユーザーID:

  • 私も同じ経験しました

    私は25歳です。短大を卒業後に勤めた会社を4ヶ月で辞めてトビ主さん同様に精神的に一番どん底に落ち込みました。あの時期は失恋もあり、身内も亡くなったり、都会から田舎に就職をして、なにからなにまで「こんなはずじゃなかった」「人生の階段を踏み外した」そう思いました。学生のときは努力した分だけ成績も良かったし評価もあった。でも人生は決してそううまくはいかないんだなって思いましたよ。同じように卒業した友達達は、新しい生活で四苦八苦しながらも楽しそうで、「どうして自分はそうなれないんだろう」って何度も卑屈になってました。
    でも決してそれはマイナスだとは思いません。すごく辛いけど、そういう現実をしっかり受け止めて(それも怖かったけど)、自分のペースでゆっくりゆっくり、歩いていけばいいとおもいます。「一歩進んで二歩下がる」それで十分だと思います。

    ユーザーID:

  • 続きです

    華原○美さんの一昔前のことって覚えているでしょうか??失恋によってあんなに歌手としていきいきしてTVにでていたのに、目が虚ろでガス自殺騒ぎとかあった事件を・・・・。私はちょうどあの時に一番辛い状態で、彼女を見ながら「タレントでもみんな同じ人間で、もがきながら頑張っているんだ」って心を打たれました。

    回りと比べたり、うまく気持ちが這い上がれない自分にもがいて苦しいと思います。私も傍にいた家族がもっともっと辛かったと思い、どうしていいかわからなかったです。
    私の場合は、ゆっくりと就職活動をして、そこから少しずつ前に歩き始めて立ち直りました。色んなことを体験したからこそ「幸せ」というものの感じ方も変わりましたよ〜。自分を信じて、ゆっくり歩いていってください

    ユーザーID:

  • はだかの王様

    と言うお話がありますが、暇な時でも読んでください。

    世の中全員がひとまず王様の言動を全て良しとして崇めている。
    変な社会です…

    他人を妬む人…それはおそらく、
    はだかであることを指摘する少年の役を任された人では内かなぁなんて思うんです…

    世の中を見てください。
    みんな裸で歩いているに等しいじゃないですか。
    ある価値基準がすばらしいと
    都合の良い決まりを作って、そこになるべく沿うように生きているだけ…

    私はそう思う事で脱出できました。

    4月25日は尾崎豊さんの命日ですが、どうしても「僕が僕であるために」と口ずさみます…
    と言う私は4月25日生まれなんですね…

    福知山線の事故に遭われた方の無念さも引継ぎ
    私は私なりに生きています…
    勝ち負けではない、恥じない自分であれば良い。
    それだけだと思います。

    ユーザーID:

  • それは違うと思いますよ。

    24歳ですか。その若さがうらやましいですね。
    ひとつ勘違いされてますが、親の立場から言わせていただきますと、あなたは「ごくつぶし」なんかじゃありませんよ。

    あなたはまだ、人の親になったことがないからピンとこないのかもしれませんが、親にとって自分の子というだけで、どれだけ大事な存在か。自分の命よりも大事な存在なんですよ? けっして自分の存在をそういうふうに思い込まないでください。

    誰だって、大なり小なりそういう心は持ってますから、それがあたりまえだと思ってください。大学卒業して就職して結婚して・・・あなたから見たらうらやましいかもしれませんけれど、その人はその人なりの悩みと言うものがあるはずです。みんなそんなものです。
    元気出してくださいね。

    ユーザーID:

  • 私もそうでした

    トピ主さんくらいの年が一番すごかったかな。
    特に競争社会にいたので本当に
    嫉妬や妬みでどうにかなりそうでした。

    なんでもいいから一歩進んでみましょう。
    いつまでも同じこと考えてると疲れますから
    気分転換をしたり新しく自分に目標を定めたり
    いろんなことに目を向けてみましょう。

    ユーザーID:

  • 今の毎日にも、意味がある。

     トピ主さんは、今何もしていないわけではありません。壁にぶつかって、悩んでもがく。これも、大事な仕事です。

     学校で学ぶことを終え、巣立って、結婚して子育てする、社会に出て働いてお金をもらう、それももちろんすばらしいです。

     けれど、トピ主さんのような手順で成長していく人って、遅れをとっているように見えて、実は、内面の隙間をきちんと埋めながらの成長なので、今のつらい時期を乗り越えたあと、ちょっとやそっとじゃ崩れない、本当に強い人になっていることが多いですよ。

     でも今は、やはり苦しいですよね。
    毎日、何かほんのちいさーな事でも、達成してみてはどうでしょう。「今日も意味のある一日だった。」と思うと、自分を責めたりしないようになると思います。

    ユーザーID:

  • わかりますよ

    人を妬む気持ちって誰でも持っています。
    そんな自分がいやになってしまう気持ちも。なんでこんなに自分は嫌な人間なんだ、自分はだめな人間だ。
    そう思ってしまう事もあります。

    無理しないでください。
    無理に「しなければ」「思っちゃいけない」って思わないでください。
    誰でも持っている気持ちです。持っていて当然です。逆に「私は人を妬んだ事がない」って方がおかしいです。
    トピ主さんは焦らず等身大のままで大丈夫です。

    例えば、1日1ついいことをしてみるといいことをした自分をちょっとだけ好きになれるかもしれません。
    ほんのちょっとの事でいいんです。道に落ちているゴミを拾った程度で。
    ちょっと自分を好きになれたら次はもっと自分を好きになれると思いますよ。

    焦らず今のままで。頑張る必要はありません。等身大の自分でいいと思います。
    緩やかかもしれないけど上り坂はきっとトピ主さんの前に伸びているはずですよ。

    ユーザーID:

  • たくさんのモコさんへのレスを見て

    もしモコさんが暖かいキモチになったなら、
    きっと元気になれるのはもうすぐだと思います☆

    ユーザーID:

  • アシタへカエル

    ケミストリーの曲で、「アシタヘカエル」と言う曲があります。
    一日、一歩でもたとえ少しでも、進歩しようという這いつくばる青年の気持ちを歌っています。ちょうどトピ主さんの年頃の青年の歌かな。私の想像では、二十三ぐらいの公務員の青年が、歩きながら夕方帰っている場面です。
    昨日よりも、今日、今日よりも明日、自分を進歩させようと地道な勤務を続ける、生きること、働くことは大変なことです。この一歩一歩の努力を思って、トピ主さんも頑張ってみませんか。たとえ、一ミリでもいい、先に進めるように努力するのです。
    病気などいつかは快復するし、治ります。少しでもいいから、昨日よりも今日と快復し、自分を進歩させましょう。
    人生というのは、いいときばかりではありません。悪い何年間も必ずあります。そういう時、アシタヘカエルを思い出してください。一ミリでも先に進もうと努力している若者の姿を。

    ユーザーID:

  • 落ち着いてください

    隣の芝生は青く見えるものです。
    主さん自身にもよいところは沢山あると思います。
    もっと自分に自信を持ってください。
    よいところは沢山あります。

    ユーザーID:

  • 恵まれているからです

    何もしていないんでしょ?でも生きてますよね。普通にゴハン食べてお家で寝て・・・。世の中には、働かないと明日のゴハンも無い人達が沢山います。でも、トピ主さんは何もしなくても生きている。恵まれているから「悩むヒマ」があるんですね。辛い気持ちはすごくよく分かります。でもね、トピ主さんの悩みは世間一般で考えれば「贅沢な悩み」になってしまうんですよ。時間があるなら、街へ出てそこで働く人達を見て歩きましょう。毎日を必死で生きてますよ。少し世間が見えたら、バイトでも始めてみませんか?頑張らなくても良いので世界感を少し変える試みが必要かもね。周りの人達はトピ主さんがまずは元気になることを願ってると思いますよ。

    ユーザーID:

  • たまたま今、悪い時期なだけ

    トピ主さんはたまたま24歳の今、調子が悪いだけなのです。みんな一生のどこかで詰まっちゃうときがあります。

    それが30歳だったり、40歳だったりするだけです。結局、人生最後まで快走する人なんていません。いたとしても、傍からはそう見える、ってだけのことで、みんなどこかで必ず苦しみます。

    だから、トピ主さんは自分が「悪くないじゃん」と思える状態になれるまで、自分のことを最優先にしていいと思います。永遠に続くわけじゃないですから。

    今はほかの人のことを考えるのはやめましょうよ。

    ユーザーID:

  • 前向きにね

    浅見帆帆子さんの本って、読まれたことありますか?
    私は、落ち込んで落ち込んでどうしようも無い時に、
    浅見帆帆子さんの「あなたは絶対運がいい!」という本を読んで、救われました。人それぞれかとは思いますが、私はこの一冊でものの考え方が大きく変わりました。

    浅見帆帆子さんの本を読んで毎日心がかけているは、
    ○マイナスの言葉を気安く口にしないこと
    ○「嬉しい」「有り難い」「幸せ」といった言葉を
     口癖のように使うこと
    ○日々、周りの人に感謝すること
    といったシンプルなことですが、こういう心がけだけでもずいぶん、気持ちが柔らかくなってきて幸せだなぁと感じることが多くなりました。人の幸せに嫉妬することが少なくなって、逆に喜べたりする気持ちの変化に自分自身とても驚いたりします。


    自分を追い詰めないで、楽に楽に、そして前向きね。

    ユーザーID:

  • とても素敵な女性です

    人を妬むって正直に言えることは・・
    難しいことなんですよね。
    トピ主さんは高い学力や人並み以上の人格を持ち合わせながら、どんな人でもクリアする就職にうまくいかなかったって、思っているんじゃないでしょうか?

    それが大きな挫折になって、極端に自信をなくしてしまって、絶望して、心の病気になったのかしら?

    トピ主さんは自分の汚い部分を許してあげることはできませんか?貴女が思っていることって、大なり小なり誰にでもあることですよ。

    かくいう私も離婚して精神科に通ってました。もう8年になりますが、いまだ先生との縁は切れていません。薬はほぼ飲まずに暮らしています。

    2年前に精神衛生上非常に良くない彼氏ができて、別れきれずに新しい彼ができて、二股後新しい彼と付き合っていますが、優しかった彼は私を信じてくれずに都合のいい女として扱っているみたいです。

    でも仕事もして、病気もクリアしてますよ。

    病気で失うものは多くて若い方には本当に辛いと思います。失うものがない強さって持てるようになりますよ。悪いことばかりではないです。

    ユーザーID:

  • あら。。。

    日本のこの時代に生まれただけでも十分幸せだと思います。

    この時代でも他の苦しい国々で生を受けたら生きることも困難な場合も多数あります。
    また日本でも、今のように豊かな自由な時代でなければ今頃どこかに売られているかもしれません。

    挫折なんて人間一度はどこかであります。
    それがたまたま今なだけ。
    そういう風に人生できてるんですよ。
    24歳なんてまだまだなんでもできますよ。
    私も最初の就職では失敗でしたが、それ以降5−6回転職して(34歳です。)今に至っております。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧