指を使わないで計算させるには

レス52
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

きり

7歳の娘のハハです。
タイトル通りですが、足し算、引き算で指を使わないと計算が出来ません。
既に繰り上がり、繰り下がりもやっていて理解はしているのですが、いかんせん指なしでは出来ないので超スローペースです。
先日持ち帰ってきた学校でのプリントを見たら、単純な計算を時間を計ってやったようです。
足し算引き算を混ぜて2桁または1桁の単純な問題です。
問題数はトータル49問。
間違いは1問だけでしたが、4分もかかっています。
私なりに指を使わない方法を教えてはみましたが、(例えば7+5だったら7を5と2に分けて5+5+2)やはり指を使った方が簡単と言われてしまいました・・
良い方法がありましたら教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数52

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 百ます計算を繰り返し

    最初は時間がかかったっていいんです。
    人の倍かかったって。
    繰り返し繰り返し練習したら、できるようになります。
    百ます計算はおすすめです。

    そろばんもいいかもしれません。

    ユーザーID:

  • 大丈夫では?

    実は、私も指を使わなければ計算できません。
    一応、国立大学の経済学部を卒業していますが、その入学試験(センター)ですら指を使って計算していましたよ。
    ちなみに、卒業後はずっと経理の仕事をしています。

    でも、だからといって数学の偏差値がすごく低いということはありませんでした。(60くらい)
    小学生のときも、計算はクラスで一番早いほうでしたよ。(算数は小学生時代は全てテスト100点でした)

    なので、指を使うことと計算が遅いこと(算数が苦手なこと)は必ずしもイコールではありません。
    原因はたぶん、違うところにあると思います。

    計算を得意にしたいなら、そろばんをやってみてはいかがでしょうか?
    数字を5でまとめて考える癖はつくと思いますよ。

    ユーザーID:

  • そろばんオススメで〜す

    うちの子はそろばん習うようになって暗算強くなりました。おすすめです。

    まだ7才だしお母さんも焦りすぎないでね!

    ユーザーID:

  • 慣れ

    やはり慣れだと思います。まだ7歳でしょう。
    そんなに気にすることないと思いますが。

    『100マス計算』ってご存知ですか?
    毎日繰り返し『100マス計算』すると、とても良いそうですよ(どういう効果か忘れましたが)
    それと、私は小学生の時そろばんを習っていましたが、
    単純な計算の時はクラスでもかなり速い計算が出来ていました(そのそろばん塾は暗算の時間もあった)

    よろしかったらお試しください。

    ユーザーID:

  • お教室は?

    公文のようなところに通わせるのはいかがでしょう?
    初歩的な計算は訓練だと思うし、
    親子だとどうしても甘えてしまうと思います。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ○を数える

    指は十本しかないから、なるべく使わせないように言われますよね。
    娘が公文式に通っていた頃、一桁の足し算引き算のところは、指ではなく、プリントの隅に、丸印を書いて、それを数えてするように教えられていたようです。先生に尋ねたら、指はダメだけれど、数え棒の様に○を書いて数えるのはOKだそうです。
    49問を四分で解けるなら、計算は遅くないでしょう。あとは、何回も問題に当たることで、慣れることです。

    ユーザーID:

  • その子の個性

    うちも長女がそんな感じでしたよ。クラスでも他に何人かいましたよ。
    100マス計算を続けるのは効果的です。

    但し、子供さんのストレスにならないよう、
    指で計算していても気にしないで、うまくほめておだてながら、
    地道に毎日1回ずつでも続けるのが良いと思います。

    間違いが少ないなら、時間は測っても、気にはしないで。
    そのうち指は使わなくなると思います。

    うちは逆に弟の方は指で計算しているのも見た事がありませんし、
    幼稚園の頃から簡単な足し算、引き算は暗算で出来たし、とにかく早いです。

    特に早くからドリルをさせたとか、算数を教えたこともないですが、
    数や空間の認識能力が姉より優れているな、と感じます。

    でも、姉の方が国語や物語のストーリーを理解する力は優れていますし、
    これは脳のクセというか個性の部分でもあると思いますよ。

    ちなみに指で計算してたうちの娘、小5の今は学校の成績はオール5でパーフェクトですよ。(今でもケタが多いと指で計算してます‥)

    あんまり気にしないで、じっくり付き合ってあげてくださいね。

    ユーザーID:

  • 個性があります。

    二人の娘がおりますが 長女は計算が苦手で 足し算を理解するのに一苦労しました。
    次女は 教えなくても 少し聞けば 応用が聞くような子供で 家ではほとんどお勉強を見ることはありませんでした。

    しかし 次女が中1になった今 思えば・・・・
    あんなに 苦労して勉強していた長女は 数年前に 努力し、 難関中学を合格。

    そして 少し勉強しただけで理解していた娘も同じ中学へ 受験生らしい生活も送らず 余裕で合格しました。

    長女は決して お勉強が好きなわけではないようですが 毎日基本問題ばかりをしていました。

    塾では難しい問題を中心にしていましたが 家ではいつも学年より下の計算問題集、簡単なので すぐに終わります。そうして 慣れるうちに 人並みに計算力も付いてきたのだと思います。

    人間には得意、不得意がありますので 苦手なことは
    何回も繰り返すと 誰でもできるようになります。

    自分の能力を 他人と比較しないでマイペースで努力していけば きっと何かが変わるのではと思います。

    ユーザーID:

  • うちはそろばん

    私も子供の頃から計算は苦手。高校生になっても2桁以上の計算には時々指を使っていたくらいです。(繰り上がり・繰り下がりがだめ・・・)

    ムスメ(小5)が小1の夏休みに、算数セットに入っていた計算カード(1から10までの足し算と引き算)を覚えてくるように、という宿題が出ました。毎日、繰り返し練習させましたが、肝心のムスメは全く覚えられず、代わりに当時保育園の年中のムスコが丸暗記してしまいました。

    100ます計算もやらせましたが、根気が続かず、こちらが根をあげてしまいました。結局、小1の間は、ず〜っと指を使って計算していましたよ。

    でも2年生になってから、そろばんに通わせたところ、ぐんぐん力が付いて、あっという間に遅れを取り戻しました。今では四則計算に困ることはありません。

    そろばんは、計算の過程、結果が視覚で確認できるので良かったみたいです。
    (今でも通っていますが)そろばん塾は週3回もあるので、積み重ねも大きかったかもしれません。

    ユーザーID:

  • できるまで

    できるまで、一緒に居てあげると良いかなっておもいました。

    ユーザーID:

  • うちの子の場合

    うちの8歳の次男も指がないと簡単な計算も出来ないんです。百ます計算をやらせて数字の組み合わせを覚えさせようとしましたが,元来勉強嫌いなので,逃げ回って大変でした。

    それで,先月からそろばん教室に通わせ始めました。まだまだ目に見えた成果はないのですが,以前だと到底できなかった計算がそろばんを使うと簡単にできるのが面白いらしく,楽しんで通っています。計算を楽しめるようになった分進歩かなと言う感じです。
    そろばんを続けさせて様子を見ようと思っています。

    ユーザーID:

  • 九九を覚えるのと同じ要領で

    +0123456789











    この百ます計算を「全て暗記できる程に」やり込めば宜しいかと。最初のうちは手でも足でも使って計算しても良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 指を使って計算すると

    指を使って計算すると、何か困るのでしょうか? 素朴な疑問です。

    実は、私も指を使って足し算引き算しています。
    でも子供の頃から算数(数学)が大好きで、得意教科でしたし、大学受験のセンター試験でも数学は満点で、数学科に進学しました。

    指を使うといっても、指を折ったりはせず、指先に少し力が入るような形で数えています。ですから、見た目にはわかりません。
    暗算もできますが、「指を使うまい」と意識していないと、自然に指先に力が入って指で計算してしまいます。

    お嬢さんが「指を使った方が簡単」という気持ち、私はよくわかりますよ。
    簡単に解く方法があるのに、わざわざ難しいやり方で解こうとするなんて、受け入れがたいでしょうし、お嬢さんの好きなように解かせてあげてはいかがでしょうか?

    スローペースといいますが、49問で4分なら1問5秒もかかっていませんし、算数の問題を解いたりするのには特に支障のないスピードだと思います。
    ほんの数秒の差であれば、早く計算できることよりも、確実に間違わず計算できることの方がよほど大事です。

    ユーザーID:

  • くりかえし

    そろばん案が出ていますがそれはとてもよさそうですね。
    私からは別案を…。

    私自身も最初は指を使わなければ足し算、引き算が出来ませんでした。当然ものすごく遅くて間違いも多い。先生に「このままでは二年生になれません」と言われたくらい。それでどうしたかと言うと「ひたすら声に出して計算する」のです。

    九九を暗記するようなものです。最初は親と一緒に「いちたすいちはにぃ〜」「いちたすにはぁさ〜ん」なんて感じでやり、慣れたら子供一人でやります。時間を決めて毎日ひたすら繰り返します。そのうち声に出さなくても計算できるようになります。これで最低限の基礎は抑えられるはずです。

    公文式もいいですよ。私は上記の方法と公文式のWセットで計算だけは学年で10位以内に入る位の成績をおさめられるようになりました。

    ユーザーID:

  • そろばん!!

    そろばんは飛躍的に計算能力が上がりますよ。
    私は、習うまで全然計算できませんでしたが、
    誰よりも正確に早く計算できるようになり、
    多くの桁までも暗算できて、今でも本当に重宝しています。
    そろばんは習うと絶対に違いますよ。お勧めです。

    ユーザーID:

  • そろばんもいいですよ

    私が子供の頃は習い事といったら「そろばん」がお約束で、私も小1から通いました。(30代後半)
    そのおかげで暗算はかなり出来るようになり、計算は得意でした。
    ただ、架空のそろばんを弾くと言う、別の意味で指は使うんですよね…
    その指使いが、授業以外でそろばんを習った事のない主人には笑われますが、
    そろばんを習わなかった人はどうやって計算するのかがとっても不思議です。

    今だったら、公文とか百ます計算になるのかもしれませんが、
    もしお近くにあるのなら、そろばん塾もいいですよ。

    ユーザーID:

  • 任天堂DSおとなの脳トレがおすすめ

    30歳すぎても、2桁の足し算、引き算暗算ができず、紙にかいてしか計算ができない私でしたが、

    DSの脳トレをやったら、みるみる暗算できるようになりましたよ。

    100問の1桁〜2桁の足し引きかけわりざんを
    とくもので、ゲーム感覚でできるのでオススメですよ。
    最初は5分くらいかけて、5問ミスでしたが、最近ではノーミス1分30秒程度でできるようになりました。

    ユーザーID:

  • タイルではどうでしょう?

    こんにちは、2年ほど前に補助教諭で1年生を教えていました。
    その時、うまい教え方だなぁ、と思ったのはタイルを使った授業をした先生です。
    おそらく教材セットみたいなモノを入学時に購入しませんでしたか?なければご自分で厚紙などで作るのもいいかもしれません。(1個1個バラのタイル、5つまとまったタイル、10個まとまったタイル)
    それで、まずは2+3のような繰り上がりのない簡単な計算をタイルで何回もやります。
    次に、そのタイルを頭の中で出して(想像して)計算させるようにします。根気よく何回も何回も。
    それができたら、繰り上がりの計算をまたタイルを使ってやります。その後またタイルを頭の中で出して!といって考えさせる、というやり方です。
    身に付くには相当の根気がいりますが、繰り上がりもタイルで理論的に教えられてとてもいいなぁ、と思ってましたし確かに他のクラスよりも理解度が高かったんです。
    まぁ、ほっておいてもいつかはできるようになると思うのであまり神経質にならずに根気よくやってみてくださいね。1年生いっぱい指を使う子もいますしね。その子のペースにあわせて焦らさないように。

    ユーザーID:

  • そろばんもいいですよ。

    そろばんをすれば、数を5でまとめて考える癖がつくと思います。

    ユーザーID:

  • 暗算苦手な理系人間です

    数学・物理が好きな理系人間です。
    でも暗算は苦手で、紙に書かないと計算できず、しかも指も使います。

    同じく理系の父が数学(算数)を教えてくれたのですが、足し算・引き算の概念を教えるのに、手だけでなく足まで使い、さらに親の手足まで使わせたと言ってました。

    指を使っているということは、ちゃんと数字の概念を身につけているということだと思います。

    九九を単なる言葉の並びとして暗記をして、「ごしちさんじゅうよん」なんて間違っても気が付かないような状態より、はるかにいいと思います。
    間違いが少ないことを褒めてあげるべきと思いますよ。

    ユーザーID:

  • いいのでは?

    二桁+二桁でも、指で計算してしまうのなら、少し問題かもしれませんが、7+5ぐらいなら構わないのでは?
    二桁+二桁は、筆算すればできますよね?
    特に問題ないように思いますが‥。

    あんまり覚えすぎてしまうと考えなくなり、大事な思考力が育ちにくいという考え方もあるようです。(もちろんそうじゃない人もいるとは思いますが)
    覚えるのも勉強ですが、思考力のほうが大事ですよね。
    中学で数学をやるようになったら、計算だけ得意でも太刀打ちできなくなってしまいます。
    少し様子を見られたらいかがですか?
    あせる必要はないと思います。

    ユーザーID:

  • 抽象概念

    抽象概念が確立されてくるの10歳前後だそうです。
    それまでは、具体物(指、数え棒、おはじきなど)を使って大丈夫です。
    具体物の処理を繰り返しする事で、数の概念が定着していくはずです。
    焦らずに、ゆっくりとお子さんの成長を見守ってあげて大丈夫だと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 我が家は、、、、

    今年、一年生になった息子には、いきなり100ます計算は無理なので、今年の2月くらいから『プレ100ます計算』というものをやらせました。いろいろな出版社から100ます計算の本が出版されていますが、幼稚園から二年生くらいの子供の力に調度良く、無理なく入門できるものです。同じ問題を7〜9日間、繰り返しさせるもので、50〜60日分くらいありました。これを1札冊やり終える前には、手を使わずに出来る様になっていました。
    ただ、まだ計算をしている状態で、覚えているわけではありません。今は、タイムをあげる為に、『10マスす計算ドリル(右利き用)』(52日分)をしています。小さい子供が、1〜9の計算を、確実にするは、最適のドリルだと思います。
    無理やりやらせている訳ではありません。毎朝、ゲーム感覚で楽しんでやっています。
    まだ始めたばかりですが確実に力をつけています。ちなみに、最初にやらせはじめた頃は、子供にだけやらせるのは?と思ったので、母は同じシリーズの『100マス計算』の方をやりました。とてもいい脳トレになりましたよ。

    ユーザーID:

  • 指の動きを早めてみては?

    れんさんに賛成です。

    指で計算できるのは、ひとつの才能ではないでしょうか。
    そろばんを奨める意見も多いですが、
    指からそろばんへと、道具を切り替えるだけ(だけと言っては失礼か?)
    とも言えます。
    そろばんの珠をゆっくりしか動かせなければ、
    やっぱり計算速度は上がらないです。
    指を素早く動かす訓練をした方が早道では、とも思います。

    プロの数学者でも、計算が不得意だったり、
    計算間違いを頻発する人は結構います。
    数学も色んな分野がありますが、暗算力を強く求められる分野は多くはないです。
    数学以外の理系分野もそんなもんです。

    7歳のお嬢さんの将来のことを考えますと、
    第一に計算間違いを減らす
    第二にそこそこスピードアップをはかる
    そして学校でのテストと(中学入試…?)、高校入試、
    大学入試まで切り抜けられればいいでしょう。
    大学入試が終わると、大半の人は「暗算力は、持ってれば便利。だけどそれで人生が開けることもない」
    という風になります。11年後には必要なくなる心配事です。
    とはいえ大切な11年ですから、
    他の心配事とのバランスをとりながら、正確さとスピードを磨いてください。

    ユーザーID:

  • 10の組み合わせ (1)

    私の子どもが教わった暗算を身につける方法は「10の組み合わせを暗記させる」というものでした。

    これを先生から「家でも親子で練習してください」と言われたときは、「あー、確かに無意識にこう考えて計算してるかも」と大人ながら納得してしまいました。良かったら参考にしてみてください。

    「0+10」「1+9」「2+8」「3+7」「4+6」「5+5」…(あとは逆さまの組み合わせで)。これを悩んだりせずに、パッと出るまで暗記させます。

    そうすると、「8+5」という問題を解くときに、
    「8+2=10」→「5−2=3」→「10+3=13」
    という計算が瞬時に出来るになります。

    子どもには、「10のかたまりを作るために、5から2をお引っ越しさせる。残った3と10を足すといくつ?」と説明しました。

    (2)に続きます

    ユーザーID:

  • 10の組み合わせ (2)

    (1)からの続きです。

    一見、ややこしいように見えますが、「10のかたまり」を意識させる習慣のおかげで、後で筆算や繰り上がりの計算を説明するとき、数学嫌いの私でもスッと教えられた気がします。  

    暗記をさせる方法ですが、家でちょっとした時間に

     親「とんとんとん 7」(適当にリズムをつけて)
     子「とんとんとん 3」

    と「10のかたまり」の様々な組み合わせを、ゲーム感覚で覚えさせると抵抗がないそうです。

    計算の苦手な子どもにしてみれば、むやみに「指をつかっちゃだめ」「ドリルをしなさい」と言われても、ますます苦手意識が高まるだけなのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 大丈夫! しばらく様子を見てます!

       我が家の7歳児(小2男児)も同じような感じです。でも「ママのお指も貸してー」とは言わないでしょう?家はそばにいると「お指かしてー」と言われてしまうので、それの時は「紙に丸を書いてごらん」とか、「計算の数字表を使ったら」という程度で、対応しています。

       簡単な計算を毎日繰り返すことだと思って、気長に気長ーに見ています。家は公文のドリルを家で毎朝やらせています。でも別に何分かかっても出来れば言いと思っています。数ヶ月前よりは早くなったと思いますが、とにかく本人がやっているのならよしと思って、様子を見ています!

    ユーザーID:

  • 大事なのは数の概念

     娘が幼稚園から公文式をやっていますが、計算ができるにもかかわらず、いざ具体物を使って数えるとなると意外とできないことに驚いたことがあります。
     公文式や百ます計算などで計算力を高めることは有用ですが、何よりもまず数の概念を身体で理解することが重要だと思います。
     そのためには、指を使ってもいいのではないでしょうか。
     実際に自分の子供にやらせてはいませんが、下のサイトのような考え方もあるようです。
     参考までにご覧ください。

    http://homepage.mac.com/donguriclub/finger.html

     

    ユーザーID:

  • 私も指で計算します

    私は未だに指を使って計算します。足し算引き算のみならず、掛け算割り算も指を使います。周りで見ている人の目にはとても奇異に映るようです。親に何度も注意されましたがどうしてもやめられませんでした。
    でも計算はむしろ速い方です。最初の頃はどうだったのかなぁ・・・?
    見た目が少し気になるかもしれませんが、指で計算する事そのものには問題はないと思います。

    ユーザーID:

  • きっかけ

    参考にはならないと思いますが
    私が指を使わずに計算できるようになったきっかけは・・・

    「先生〜っ!○○さんが指で計算してるっ!!」
    と、小学校1年の時、テスト中に大声でちくられたことです。
    それ以来、指で計算したことはありません。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧