• ホーム
  • 男女
  • 男性は彼女のお金、貯金を気にしますか?

男性は彼女のお金、貯金を気にしますか?

レス122
(トピ主0
お気に入り21

恋愛・結婚・離婚

うみ

はじめまして。
この間2年付き合った彼から別れようと言われました。喧嘩が増えてはきたもののなかなか上手くいってたと思ってました。結婚の話も具体的にではないけど「したいね」などとでてたのですが、あまりにも具体的に話そうとしない彼にどう思ってるの?そろそろそういう話をしてもいいんじゃないかと話した所、時間をくれと言われて出された答えが「お前はあんまりお金も貯金もないし、結婚したら働かないだろうからそれだとこの先不安だから別れよう」って言われました。ちなみに私は働かないなどと一言も言ってません。確かにお金はそんなに多くは持ってません。でも男の人が女性がお金がないから結婚ができないって初めて聞いたのでちょっと唖然としてしまいました。それよりも二人で頑張っていこうっていう精神的な気持ちの強さが必要なんじゃないかなって思う私は間違ってますか?
もう腹が立ってしょうがありません!!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数122

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気にしません。

    26才男です。

    私は貯金があるとかどうかは全く気にしません。(気にしてません)

    借金があるかどうかは気になりますけどねー。
    ただ、その借金が学費に関するものとか理由があるならば、それもまた気にしません。

    彼の言い分の裏にあるもの(例えば親に浪費癖があって苦労したから、ちゃんとした人がいいとか。)に明確な理由があるのかもしれませんが、すくなくとも私は貯金がないだけで結婚しないとかはないですよ。

    ユーザーID:

  • そんな人と・・・

    そんな人と結婚しなくて、良かったと思いますよ。
    だって、もし本当に、うみさんの貯金の少なさが理由だとしたら、ロクでもないんじゃないかなって思うんです。このご時世ですし、経済力のある女性は頼もしいと思いますが、『俺が食わせてやるぞ!』と言うぐらいの気持ちのある男性じゃないと。

    それと、知人の女性の貯金額(高額)を知って、結婚を決めた男性を知っています。
    そういう男性もいるのは事実だと思います。
    でもその話を聞いた時、いやーな気分でした。
    女性のお金をアテにして結婚する男なんて、最低だと思いますよ。
    あ、でも、経済力のある男性と結婚したがる女性も、同じかしら。。。。
    うーん。

    ユーザーID:

  • 楽しい未来が見えない

    彼の言葉が厳しいので、怒る気持ちは分かるのですが、
    口では言わなくても、彼には甘えたように見えているのです。
    それにケンカが増えたことも原因ではないでしょうか?

    貯金しなさそう、稼がなさそう、一緒にいてもケンカ、では
    トピ主さんと結婚しても楽しい未来が見えないと
    考えたのではないでしょうか?それは男も女も同じだと思います。

    心が離れた、とは言いにくいので、分かりやすくて
    嫌われるのに手っ取り早い金銭の面から別れ話をしたのかも
    しれませんよ。

    ユーザーID:

  • 参考になるかなあ?

    41歳です。
    男性は?との問いかけなので参考になるかどうか解りませんがお答えします。
    ”全く気になりません!”
    そもそも結婚してしまえば共有の財産となってしまうんです。結婚しようという彼女がいくら持っていようと関係ないと思います。
    結婚しようとする相手が半端じゃない浪費癖、遊び癖があって働くどころか家事もしそうも無いというのなら解りますが。
    彼は単に取るに足らない事を理由に”結婚したくない”のだと思います。

    ユーザーID:

  • 気にする

    いくら持っているかは問題ではなく、なぜ持っていないかが気になる。
    特別な理由もない普通に働いている成人が貯金をしていないのは理解しがたい。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 貯金の問題というより

    彼はトピ主さんのことを結婚の対象として
    見ていなかっただけでしょう。

    もし、彼が本当にトピ主さんのことを心から
    愛していたら、貯金の有無なんて関係なく
    結婚したいと思ったに違いありません。

    ユーザーID:

  • 貯金が無い=金銭にルーズ

     「貯金が無い」=「金銭にルーズ」と思われたのでは?
      
    >確かにお金はそんなに多くは持ってません
     
     うみさんの年齢や職業が分からないので判断しにくいですが、20代後半くらいなら数百万円の貯金がなければ、男性側も結婚生活に不安を持つのではないでしょうか?

     結婚生活は、お金がかかりますよ。
     その変の認識が甘いのでは?

     うみさんの「普段のお金の使い方」はどうですか?
     彼氏はうみさんの金銭感覚に自分との違いを感じて「分かれる」選択をした可能性はありませんか?

    ユーザーID:

  • きっと

    貯金の有無じゃなくて、お金に対する価値観を見てたんじゃないですか?
    貯金が出来ないって事は、将来家計を任せるのも不安だし、なぜ貯金が出来ないのか?浪費家なのか?とかそういう意味での貯金を気にしているのかなって思います。

    結婚したら働かないだろうっていうのは、トピ主さんが「あぁ仕事辞めたいなぁー」とか「早く結婚したいなぁ」って感じに思ってるのを感じ取ったのでは?

    ユーザーID:

  • 本質は

    >「お前はあんまりお金も貯金もないし、結婚したら働かないだろうからそれだとこの先不安だから別れよう」って言われました。

    彼女のお金・貯金目当てというより、彼にとってトピ主さんは結婚したいと思える女性ではなかったという事です。
    おそらく彼は交際の中で、トピ主さんの金銭感覚や家庭的な人か(料理や掃除等の家事全般)トータルチェックしていたと思います。

    トピ主さんは結婚したいと言うだけではありませんでしたか?
    彼は実に上手い言い方をしたと思います。
    自分を悪者にして嫌われる事で、すぱっと別れるようにしたのですから。
    ある意味トピ主さんより結婚願望がある男性かもしれません。
    おそらく別れる機会を探していたと思われます。

    ユーザーID:

  • お金がないからというより・・

    あなたの貯金をあてにしているというよりは、「貯金ができていないという金銭感覚」に不安を覚えているのではないでしょうか。

    今、専業主婦は家庭の不良債権とまで言われている時代です。
    男性の給料がどんどん上がっていた昔と違って、共働きで家庭を守っている夫婦が増えています。
    彼は、突然のリストラなどのリスクに備えて、配偶者にもしっかりとした金銭感覚を持ってもらい、仕事もしてほしいと思っているように思えます。
    そのように考えるのはごく普通です。
    「オレが食わせてやる」なんていう男の思い上がりは、もうとっくの昔になくなりましたよ。

    ユーザーID:

  • 彼の懸念も分かるなー。

    いくら男女雇用機会均等とはいっても、
    女性の側は働かなくても養ってもらえばいいという既得権益を手放さない方が多いですねー。権利は主張するが義務は果たさないっつーか。

    立場を逆にして考えてみればいいのでは。
    トピ主さんは、もし彼に貯金がなくても結婚しますか?(他の方もいかがでしょう?)

    「結婚できます」と答えられるのであれば、その憤りはもっともだと共感できます。

    でもどうかなあ?大概の方はそれとこれとは別だとお答えになるのでは?

    あと、仮に専業主婦になったとしても、あまり経済観念のない人は困ります。

    一度夫婦になってしまえば、妻が多少浪費したところで止めることはできませんし、よほどじゃなければ離婚もできないでしょ。

    また仕事を男性並みの意識でしっかりやってる人であれば、おのずと貯金も多少はあると思いますから、仕事に対する姿勢もポイント。

    ただ、貯金できなかったやむを得ない理由があれば別。やむを得ない理由なら借金あっても平気です。
    そのへん、いかがですか?

    ユーザーID:

  • ありがとうございました。

    お返事ありがとうございました。その後も彼とは連絡を取っており、いろいろと話合いをしました。彼いわく、彼はずっと貧乏を感じて育ってきたから自分が家族を持ったら子供にも家族にもそんな思いはさせたくないから、今の自分ではそれを叶えてあげられないと言ってました。そんなに収入も良くない自分と今の私ではこの先がどうなっていくのか不安で先が見えないから・・・と。彼の不安はわかります。だけど結局結婚という事を前向きに考えられなくなってしまった言い訳にも聞こえました。私は現実を見れてないのかもしれないけど、2人が力を合わせて頑張っていけたらどうにでもなっていくんじゃないかと思ってました。だけど彼はそれをしたくなかったって事なんでしょうね・・・

    ユーザーID:

  • 女もお金が理由、新時代到来か?

    30代カップルで貯蓄が少ないから別れようは
    「有り」だと思います。平均生涯年収2億4千万の
    お金を増やすも減らすも奥様次第、そんな大事な
    ことを任すのに、奥様がお金にゆるい人だと、正直
    真っ当なビジネスマンなら嫌がります。

    20代前半は貯蓄が原因より性格の不一致?
    20代後半は、どちらともいえるのでは。

    いずれにしても、トピ主様はサラリーマンの平均年収
    はご存知でしょうか?平均500万ほどです。
    しかし、20代、30代の平均はもっと低いです。
    地方はもっと平均収入が低い。
    こんな現実で男性達が「オレが稼ぐぜ」なんて言える人
    は余程稼ぎが良い人か、責任を負わない、いいかげんな人かです。

    私は法人関係の営業職でして、今まで何百人との男性と
    商談、雑談等々して来ました。

    男性に給与は自分の趣味への投資もあって、若い男性ほど
    「オレが食わすぜ、稼ぐぜ」の意識はありません。
    若い男性ほど趣味への投資を惜しみません。
    ですから、「稼ぐぜ」と言い切れず、プロポーズできません。そんな男性がゴロゴロいます。

    私的には男女平等な時代になったかも、とトピ主様の
    トピを読んで思いました。

    ユーザーID:

  • なぜないのかが気になる

    貯金は多くなくてもいいけれど、なぜ貯金がないのかが気になる。

    浪費癖がある(ブランドものなどを安月給のくせに買いまくるなど)
    自炊しない
    どんぶり勘定
    リスクヘッジなどの考え方が甘い
    仕事に対する向上心がない

    この中のどれかにあてはまるならば、結婚を考え直すかもしれません。

    ユーザーID:

  • 気にする

     いい大人がまともに財産形成をできていないのは、どう考えてもおかしい。

     仕事をしていて財産がないなら浪費しているはずだし、仕事をしていないならそもそも論外。

    ユーザーID:

  • 金銭感覚の目安としての貯金

    と言う事では無いですか?
    普通に働いている男ならたいがい、将来妻になる女性の預金残高にそれほど多大な期待は抱いて無いですよ。
    ただし、手取りはそこそこあるはずなのに、もしくは実家暮しで経費がほとんどかからないはず(一家の家計を支えているという場合は省きます)なのに全く預金が無い、という女性に対しては「金銭感覚どうなってるんだ?この人に将来、妻として家計を任せても大丈夫か?」
    と不安になると思います。
    人生のパートナーとして信頼に足るか否か、その判断基準のひとつとして「金銭感覚」をはかる目安が貯金なのでは無いですか?

    それと、トピ主さんは「(結婚後)働かないとは言っていないのに」と大変憤慨されている様ですが、つきあいが長くなれば、彼氏もあなたの行動を静かに観察していたと思います。
    そのうえであなたのことを「妻」と呼ぶことにためらいを感じたのではありませんか?

    >二人で頑張っていこうっていう精神的な気持ちの強さが必要

    トピ主さんの主張はごもっともですが、それは相手を共に頑張れるパートナーだと認めて以後の話でしょう。

    ユーザーID:

  • そういう人がいても不思議じゃない

    外で仕事をする女性が「男性と同じ扱いをしてほしい」と主張してきたのですから、この書き込みのような男性が増えるのは必然な気がします。バランスというものでしょう、きっと。動物でも、群れのオスの絶対数が減ってしまうと、オス役を務めるメスが現れると聞いたことがあります。女性が男性化すれば、男性は女性化するんでしょう。現実に、結婚相手に何を求めるかと聞かれて、経済力を挙げる女性は多いでしょう。立場が変わると「男のくせに」と言って責めるのは、自分の首を絞めることのように思います。

    トピ主様は、単純にその男性とは合わなかったのだ、ということではないでしょうか。基本的には、女性に経済力を求めない男性のほうが多いと思います。

    ユーザーID:

  • べつにひどくはない

    2年付き合って不安になったのならば、浪費家だと思われていたのではないでしょうか?
    そして「俺が養ってやる!」とか「二人で頑張ろう」と思えるほどにはトピ主さんのことを愛せなかったのかもしれません。

    私は女性ですが、正直結婚を考えていながら貯金もないトピ主さんの方が信じられません。

    私が相手だったら不安になります。
    「この女、俺の金をアテにしてるのか?」って。
    もしくは「全く貯金もないくせに、計画性のない女だな。将来家計は任せられないなぁ」かな?

    逆に、「男は女を養うものだ!」という考えの男性もいるので今度はそういう方とめぐり合えるといいですね。

    ユーザーID:

  • 気にします

    34歳未婚男ですが、伴侶としてずっとやって行こうと思うと、気になります。
    女性の貯金をあてにしようとは思わないし、
    結婚前の貯金は、結婚後も100%彼女の所有物と考えるのが原則ですが。

    しかし、リストラ、倒産、何があるか分からない世の中です。
    特に団塊ジュニア世代は人数が多すぎるので、
    多くの企業が昇給を凍結に近い状態にしています。
    正社員で勤務を続けていても、給料は上がらず、
    出世のチャンスも少ないです。

    不慮の事故や病気になる可能性もないとは言い切れません。
    日本の社会の仕組みや習慣から言って、男性側が経済面での責任を
    多く負うのは当然ですが、セーフティーネットを自分たちで
    用意しないといけないのも事実です。

    雇用保険、健康保険、年金保険がいずれも火の車になっているのは
    新聞を普通に読んでいればご存知ですよね。
    日本が世界に誇った(?)はずの社会保障制度も崩れかけです。

    こういう状況を考えると、女性の経済感覚も気になります。
    その中のひとつとして、せめて自分一人でも切り抜けていけるだけの
    貯金をしているかどうかも、気にします。

    ユーザーID:

  • 身内の話ですが…

    男性でなくてすみません。身内の男性が、最近離婚しました。主な理由は、奥さんの金銭感覚。男性はかなり高収入ですし、奥さんも子供が生まれるまでは働いていました。
    しかし結婚以来、奥さんに家計を任せていた結果、
    ちっとも貯金が出来なかったそうです。男性は奥さんから渡される月々のお小遣いをやりくりして、わずかながらも貯金をしていましたが、ある時我が家の貯金通帳を見て愕然としたとか。調べてみたら、奥さんの浪費癖が発覚したそうです。

    「考えてみれば、独身時代から、貯金してる気配が全く無かった。家計管理という能力に全く欠けてる女性だったよ」

    匿名さんの投稿に一票です。まともに働いている社会人が、全く貯金が無いというのは、私も結婚相手としては不安材料になると思います。

    ユーザーID:

  • 理由による

    貯金がない理由はなんでしょう?それがわからないとなんとも言えません。

    ちなみに、私はきちんと貯金している口なので、貯金のない男性とは結婚したくありません。ですから、男性がそう考えてもおかしいとは思いません。

    トピ主さんに貯金がないきちんとした理由があるのなら、お相手の心が狭いと思いますが、単に好きに使ってきて貯金がないのなら、「二人で頑張っていこうっていう精神的な気持ちの強さが必要」と主張するより、「これからきちんとお金の管理をしていく」という決意を示すことが必要だったと思います。
    夫の『俺が食わせてやるぞ!』は、妻がしっかり家計管理してこそだと思います。
    妻に無駄遣いさせるために夫は必死で働くわけではありません。

    で、貯金がない理由はなんでしょう?

    ユーザーID:

  • 私も、聞いてみたかった!

    私は、男性ではないのですが、男性がどの程度気になさるのか、聞いてみたいと思っていました。

    私も、貯金略無しなんです・・・。
    節約生活しているんですが、生産能力が低いので生活費に消えてしまいます(泣)

    現在、結婚前提で付き合っている彼には、最初からその旨を伝えてあります。
    でも彼は微笑するだけで、それについては否定も肯定もしないんですよね・・・。
    「ないよ」と再確認しても「うん」と言うだけで・・・。

    友達は皆、結婚に備えてしっかりと貯金しています。
    それが普通だと私も思うんです。
    自分はできませんでしたが・・・(泣)

    ユーザーID:

  • 経済的価値観

     社会人になってからどの程度貯金が出来たかということは、その人の経済観念を知るひとつの指標になると思います。結婚は二人の精神的な繋がりが一番大切なのは言うまでもありませんが、経済的価値観の一致も非常に大切です。白百合子さんの『俺が食わせてやるぞ!』という考えは時代錯誤と感じますが、結果的にそうなったとしても夫婦で話し合いながら家計を経営していきたいものです。その場合、パートナーとなる人の経済観念が自分と大きく異なり、老後の為の節約や貯蓄の目標を達成できない状況が起きれば大きなストレスになります。

     この点をうみさんの彼は懸念したのではないのでしょうか。結婚すれば50年前後の時間を共に過ごす必要があります。ですので、経済観念の一致を求めるのは当然のことと思いますが、それに対して腹が立つのであればそもそもご縁が無かったという事ではないのでしょうか。

    ユーザーID:

  • こういうのを見ると

    男性は変わったが、女性は昔のままなんだな、と思います。

    あるアンケートでは若い層の男性の8割は共働き希望です。
    これからは収入のない、もしくは少ない女性は
    結婚相手から外されます。

    男女の収入がほぼ同じになり、子供を産んだ後は
    すぐ仕事に復帰するという、アメリカや欧州の
    「自立した大人の女性」タイプでないと結婚は難しいですよ。

    ユーザーID:

  • 彼の理由の意味するところ

    可能性、2とおりあるんじゃないかな。

    1つは、ひどい言い方になってしまうけれど、彼はあなたを結婚する相手としては考えられなかった、別れたかった、お金のことはその理由として引っ張ってきただけで本当の理由は別なところにある。もしそうだとしたらずるいやり方だと思います。

    もう1つは、日頃つきあっていて彼があなたのことを「男に経済的に寄りかかろうとするタイプ」と判断してあわないと感じたり、金銭を含めた価値観が違うと感じたのかもしれません。(ひどい言い方でごめんなさい)

    個人的には、一般に男性が彼女の貯金額とか収入の低さだけを理由に別れるということはあまり考えられないです。

    ユーザーID:

  • そういう人もいる

    男友達で、年収1000万円超えるような人なのですが、
    長い間付き合った彼女が、いくら話し合っても貯金をしない、
    結婚しても働かなそう。という理由で結局別れました。
    彼女が精神的に自立していない事が許せなかったようで・・・
    これは極端な話でしたが、実際に結婚するとなると、
    どちらかが余程お金持ちでないかぎり、
    普通はやっぱり男女ともそこそこ貯金がないと厳しいのが現実ですよ。

    ユーザーID:

  • 気になる!

    匿名さん、cyanblueさん、ぶちゆーさんと同意見です。
    貯金の額ではなくなぜ貯金がないのかが気になります。
    莫大な借金でもあるんじゃないか?
    見分不相応なブランド物にはまっているんじゃないか?
    ギャンブル依存症なんじゃないか?
    などなど心配になります。
    これから長い人生をともにして行く配偶者ですから経済観念のしっかりした人を選びたいと思います。

    ユーザーID:

  • では、聞きますが

    トピ主さんは、彼の貯金の金額、経済力を気にしないのですか?

    結婚して新生活を始めるにあたって、男女二人ともに貯金もなく経済力もなければ、すぐに生活は破綻します。

    トピ主さんが男女の役割分担をよしとする性格なら、お相手にもそれなりの人を選びましょうね。ただし、経済力を女性に求めない人は、妻に家庭をしっかりと守ることを求めますけどね。

    ユーザーID:

  • お金の有る無しではなく・・・

    貯金が幾らあるか、ではなく、貯金の習慣があるか、ひいてはお金を大事にできる人かどうか、ということなんでしょう。おそらくは。

    独身で何年かお給料を貰っていれば、それなりのものは残っていて当たり前です。それが心配されるほど少ないのは、それだけ使ってしまったからでしょう?
    たぶん、使い道もろくに覚えてないほどに。

    これからの気持ちが大切、云々と仰ってますが、これまでお金を大事にしてこなかった人が、これから大事にできるとは思えないんです。
    まして、二人分のお金を。(むろん増えるかもしれない)・・・二人で楽しむためではなく、二人で生きるためのお金ですよ。

    預金通帳というやつは金銭感覚の履歴であり、同時に計画性や現実認識の有無を非情なまでに客観的に示す指標といえます。

    彼は2年かけて貴女を観察し、その結論をいちばんわかり易い指標を用いて伝えたんです。もっとも、トピの文面を見れば2年どころか2分で出そうな結論ではありますが・・・ね。

    ユーザーID:

  • お金があるなしじゃなく

    貯金がいくらあるか気にするかどうか?
    なら、多くの男は気にしないでしょう。

    しかし、この場合別の意味なんじゃないでしょうか?
    つまり、金銭感覚、経済観念の問題ではないでしょうか。

    簡単に言えば、あなたが何にお金を使って、どういう生活をしていきたいのか。または、二人で生活をしていった場合の家計のやりくりなどが任せられるかが問題だということではないでしょうか?

    もっともあなたがどういうつもりで、どういう生活をしているのかなどは他の人間にはさっぱりわからないので、彼の判断、彼の価値観で、あなたと一緒に人生を歩いていくのが難しいと判断したのでしょう。

    したがって、一般的な意見を聞いても意味ないかと。

    ユーザーID:

  • 金銭感覚、価値観のちがい

    貯金が無い=浪費家=家計管理が出来ないと思われたのかもしれません。金銭感覚や価値観のちがいを感じたのでしょう。
    結婚を考えるのでしたら、男でも女でもちゃんと家計の管理ややりくりできるかという意味で、彼は貯金を気にされたのだと思います。
    あなたが働かないのでは?というのは彼の勝手な思い込みでしょうけど、年齢がわかりませんが、働いてる年数と収入に見合うだけの貯金がないから、彼は不安に思ったのかも?あるいはあなたが平均的であっても、彼が貯金ないと不安、趣味より何より貯金っていうタイプだったとか?彼の貯金の感覚とあなたの感覚に差があったのでしょう。でも、家計の管理なんて
    あなたがしなければいけないってわけではないんだし、彼が管理して貯金するのだってありです。
    結婚してもあなたが働く、家計管理は彼とか
    2人でとか・・・本当にあなたに気があるなら、彼は疑問点をぶつけ
    妥協案はないか探すはずと思いますが?

    ユーザーID:

  • その解釈は多分・・・

    貯金も無いしというのは・・・・

     多分あなたの金銭感覚に対して 妻にするには 不安ということではないでしょうか?
    仕事をしていたら やはり 男性としては わずかでも少しずつ貯金をしていくということは 独身の時だけでもなく 結婚してから 妻として お財布を預けるからには 大切なことだと思います。

    お金も無いし・・・

    というのも 独身であれば 自由になるお金が私にはたくさんあったのだけど(高給とりではありません)
    そのように いわれるのは かなりの浪費家なのですか?何故 お金がないと言われるのでしょうか?何か心当たりありませんか・・・

    私の推測でかかせていただきましたので ご気分を悪くされたらゴメンなさいね。

    私の主人は結婚前に私の給料、貯金などはなにも聞きませんでした。ただ浪費家には見えなかったようです。
    ちなみに自宅通勤でしたが 3年働いて 車1台購入、そして 400万ぐらいは貯金はありました。(海外旅行もいきましたよ)

    今でも 私の貯金に関して無関心ですのが もし相手の貯金をあてにしての お言葉でしたら 別れて正解だったと思います。

    ユーザーID:

  • はい。気にしますよ。

    「貯蓄額」そのものよりも、
    貯蓄率や収支バランスを…ですけれど。

    月収12万で、家賃や生活費、親への小遣いなどを差し引いて、「貯蓄なし」でも、気になりません。

    でも、月収20万で、自宅通勤なのに、いつも親に小遣いをせびっていて、「貯蓄なし」は、とても気になります。

    無駄使いはしないけれど、「結婚式が3つと、出産祝いが重なって、今月はピンチ」と、
    支出の内容を把握しているのなら、気になりません。

    でも、「いつの間にか、お金がなくなるのよね」と、
    ダラダラ使いをしているのなら、とても気になります。

    >それよりも二人で頑張っていこうっていう精神的な気持ちの強さが必要なんじゃないかなって思う私は間違ってますか?

    それは、男からも言いたいセリフです。
    トピ主は、「確かにお金はそんなに多くは持ってません」という男に対して、
    「それよりも二人で頑張っていこう」って言えるのですか?

    ユーザーID:

  • 彼女の金銭感覚は気にします

    彼女の金銭感などを考えずに結婚しさえすればどうにかなるだろうと考えているバカな男性よりも彼はよっぽどしっかりしていると思います。

    2年もつきあったのですから貯金の額だけでなくこれまでの付き合い方をトータルで考えてあなたは生活のパートナーとしては合わないと考えたのでしょう。

    彼女の給料が高くて貯金が沢山あれば超したことは有りませんが、給料が安くても将来の事を考えてこつこつ貯金をしている人に私は好感を持ちます。

    ユーザーID:

  • 辛口で申し訳ないけど…

    彼はあなたと結婚する気が無いから、そう言ったんだと思いますよ。逃げ口上というか。
    しかし…最低な逃げ口上ですね(苦笑)トピ主さんが怒るのも無理ないです。
    今後、いい出会いがありますように。

    ユーザーID:

  • 貯蓄額

    トピ主さんの年齢で貯蓄がゼロなんて信じられません。
    浪費グセがあると思われてもしょうがないですよ。

    ユーザーID:

  • 別に変じゃない

    たぶん僕でも別れを選んだと思います。
    彼氏が僕の感じたような不安から別れを選んだなら、トピ主様は問題の本質が見えていないと思われます。
    そうであれば、なおさら別れることは必然です。


    >あまりにも具体的に話そうとしない彼にどう思ってるの?そろそろそういう話をしてもいいんじゃないかと話した所

    なぜご自分から切り出さずに、彼氏に切り出させるのですか?
    結婚について話し合いたかったのはトピ主さ様でしょう?


    >「お前はあんまりお金も貯金もないし、結婚したら働かないだろうからそれだとこの先不安だから別れよう」

    貯金が無い=別れる
    とは言っていないのでは?
    この先が不安だからと彼氏は言っていますが。
    トピ主様に不安を感じていると言うことですよ。

    つづく

    ユーザーID:

  • 別に変じゃない

    続きです

    >それよりも二人で頑張っていこうっていう精神的な気持ちの強さ

    トピ主様が、”その気持ち”を彼氏に求めるのは良くわかります。それは大事ですよね。
    だけど、その気持ちをトピ主様自身も持っていますか?
    彼氏一人に”がんばり”を求めていませんか?
    文面からそのように感じられるのですが。

    二人でがんばってくれそうな女性なら、上の男性のレスにあるように貯金の有無は気にしません。働く、働かないも問いません。

    なんとなくズルズル流されて、なんとなく結婚してしまうカップルの多い中、しっかり先を見て言いにくいことを言った彼氏は、いまどき珍しく、しっかりした彼氏なんだと思います。
    夫婦はなんだかんだ言って似たもの同士がくっついたりするもので、真剣に先を考える男性は、同様に考える女性を結婚相手に選ぶものです。

    ユーザーID:

  • 完全にトピ主に責任あり!

    33歳男です。私も彼女から結婚を迫られてますが、とても結婚する気になりません。

    理由は簡単。その彼女は経済感覚が弱く、普通の正社員をしているにも関わらず、貯金は0円、毎月カードで買い物、給料日前には手持ち金はほとんどなし。かといって結婚、出産後も継続して働ける職業ではなく、出産した段階でそれ以降は私の給料だけで全てまかなわなければなりません。

    勉強して結婚後でも仕事に結びつく資格でも取れば?と進めますが、今さら努力はしたくないと言います。

    要は結果的に男に全て頼る将来がありありとわかるから結婚したがらないのです。

    とぴ主に、「俺がなんとしても養いたい!」と男に思わせるだけの特別な魅力があれば別ですが、それがない以上、今のトピ主とは結婚したくないと思うのが男の正直な感想だと思います。

    ユーザーID:

  • 逆の人をフル

    私はうみさんと全く逆の人をふったことがあります。「働くのも嫌、貧乏も嫌」という人です。私のような男は意外に多いような気がします。
    うみさんの場合、例の男性と別れるのは当然ですが、なぜその男がそう思うのかもっと知るべきだと思います。じゃないと、また同じのにつかまるよ。

    ユーザーID:

  • 金額の問題ではなく姿勢の問題では?

    彼は貴女の貯金額を気にしたのではなく、
    普通に働いているのに貯金が出来ない、
    つまり金銭管理ができないというところに問題を感じたのだと思います。

    結婚したいね、という会話がでていたのであれば、
    結婚資金、そのご産まれるであろう子どもの教育資金、
    住宅購入資金のことなどを考えて、
    できる限り節約して貯金をしていってほしい。
    そんなふうに考えたのではありませんか?

    欲しいものを欲しいだけ買うとか、
    計画的に貯金をしないということは、
    やはり夫婦となり男性の貯金・稼ぎが共有財産となった時に安心してまかせられないと思うのです。

    それにトピ主さん。
    結婚を考えている彼に、
    貯金がなかったり、貯金をする姿勢がみられなかったら結婚相手として「不安」になりませんか?
    不安にならないとしたらトピ主さんの見通しが甘すぎます。

    ユーザーID:

  • 貯金「できる」人。

    他の方も何名か書かれていますが、貯金がないから・お金を持っていないから、ではなく 貯金を「していない」ことが問題なのでは?と思います。
    私も男友達と貯金についての話になった時「○○(私)は貯金してないの?結婚とか決まったらどうするの?」と突っ込まれたことがあり、それから「そうよね、女でもちゃんと貯金してないと恥ずかしいよね」と反省し、こつこつ貯めることにしました。

    男女逆だったら「その歳で貯金がほとんどない男は頼りがいがない」とか言われますよね。女性でも「貯金できないようでは安心して家計を任せられないな」と思われてもおかしくないのでは?もちろん気にしない方もいるでしょうが、彼はそういうタイプだったのでしょう。

    白百合子さんのレス、その方を直接知らないので見当違いかもしれませんが、「それだけ貯金できる、経済観念のしっかりした女性」と思われて結婚されたのかもしれませんよ。

    ユーザーID:

  • ケースバイケースです。

    32歳レスさせて頂きます。

    率直な感想はケースバイケースです。彼女が頑張っているならば、貯金が無くても気にはなりません。また止むを得ない借金があっても気にはなりません。

    ですが収入が多いのに、貯金が無い、無駄遣いが多い、結婚に向けての貯金ができないのであれば、絶対に結婚しようとは思いません。


    彼氏と結婚して、将来旦那さんが寝たきりで働けなくなったとして、あなたがバリバリ稼ぐ位の気概はありますか?

    その気概がないのであれば、彼氏がそういうのはもっともです。

    ですがトビ主さんに気概があり、金銭感覚がまともであるにも拘わらず、そのように彼氏が言うのであれば、それはタダの言い訳です。

    大幅な金銭感覚のズレがある場合、「二人で頑張っていこうっていう精神的な気持ち」だけでは乗り越えられない時もあります。

    彼氏の発言が真意かどうかは全く判断できません。
    私も昔、お金にだらしない彼女に同じような事を言った事があります。

    もっともっと話し合えば、彼氏の本音が出てきて今後の方向性が見えると思います。あと冷静になって話し合って下さいね。相手は見てますよ。

    ユーザーID:

  • 経済観念は気にしますよ

    手取り20万円で実家暮らしで勤続10年なら1500万円ぐらいは貯金していて欲しい、とか考えています。貯金を当てにするとかそういうことではなく、経済観念の確認です。

    私は35歳で婚約するときに2500万円以上の貯金を準備していましたが、同僚の彼女もほとんど同じだけ貯金を持っていたので、安心して結婚に踏み切れました。

    ユーザーID:

  • 管理が任せられるかどうか

    経済観念があるかどうか、ということだったら気にするんじゃないかな。それには貯金額って判断基準の1つにはなると思いますよ。
    私のお見合い相手で私が「割り勘」主義だったのをやたら喜んでいた人がいました。1千万以上の収入のある人だったけど、所詮サラリーマンにはしっかりした人がよい!と思っていたようで。
    でもこちらからすると、、、200円くらいの安コーヒーや、立て替えてもらった地下鉄代までしっかり覚えていて清算しようとする神経が耐えられませんでした。

    ユーザーID:

  • 貯金額というよりも

    貯金が無いから(=金持ってないから)彼女のお金を
    アテに出来なくて嫌だ、という意味ならその彼は論外ですが、
    あなたの価値観や金銭感覚を見ていてそう言われてしまったの
    かもしれませんよ。2年付き合っていれば分かりますものね。
    お金にルーズな女性=やりくりべたで自分の稼いだお金も
    欲しい物があれば湯水みたいに使ってしまうんだろう
    なんて思われたのかもしれません。
    それか、その彼氏が特別締まりやさんで、貯金が趣味なのに
    あなたはそうじゃないとか(笑)まあ、前者だと思いますよ・・・・。

    ユーザーID:

  • 自分の場合。

    自分の場合(彼女28歳、私27歳、結婚前提の付き合い。)です。彼女貯金なし、自分の貯金を結婚資金にするつもりです。彼女は一人暮らし、私は実家暮らしで貯金しやすい環境ってのもあると思いますが。。。彼女からは、貯金頑張ってねと言われます。でも特に彼女の貯金がどうなどは気にしないです。結婚後も自分が頑張って稼がないといけないと思いますんで。。。

    ユーザーID:

  • よく聞くよ

    30代後半です。
    彼女に貯金がないから結婚したくないとか、彼女にしたくないとかいう男性は以外といます。
    お金があるないじゃなくて、彼女のその収入で今まで何故貯金が出来なかったと言う金銭感覚が気になるそうです。
    浪費癖があるかどうかを見ているようです。

    ユーザーID:

  • お金があるないは関係ない

    二人でがんばっていきたいから、あなたではダメだったのでしょう。
    彼女に貯金がいくらあるかが問題なのではなく、夫が稼いだお金をきちんと管理できる女性かをみて、あなたは不合格だったのでは?
    家も買いたいし車も必要だし子供も欲しいし、子供には学費がかかるし親の老後だって負担がくるかもしれない。
    独身時代に貯金できない女性に、自分の給料を預けるのは不安だし、今までできなかったことを結婚したらするようになるとは思えない。
    彼は堅実です。

    ユーザーID:

  • 勘違い?

    彼はあなたの対し「2人で頑張っていこう」という気持ちになれなかっただけじゃ?
    他の方が言われてる通り「貯金の金額」ではなく、貯金ができていないあなたに疑問を持ったのではないかと思います。
    1人できちんと自立している女性こそ、2人で頑張っていける相手と思ったのかもしれないですね。
    彼の人生の伴侶として、ふさわしくないと彼が判断したんでしょう。
    けんかは増えたものの、上手くいっていたというのも、彼は実際どう思っていたのか疑問です。

    ユーザーID:

  • 彼から見て、貴女は浪費家。

    将来のことを考えて、選んだ結果じゃないかな? 
    貴女がポロっと、結婚したら専業主婦になりたい。とか
    3食昼寝付きだとか。そんなようなことを言ってしまったとか? 

    今働いているなら、結婚に向けての貯金も全くしないで
    結婚資金はどうするつもりなのか。とか。
    彼なりに色々考えて、将来の家計を貴女に任せるのは不安だと思ったんじゃないでしょうか? 

    立派な別れの理由だと思います。 

    ユーザーID:

  • 皆様の意見をみると・・・

    貯金額よりも『貯金する・お金を大切にする姿勢』が大事なようですね。

    私などは母から「結婚考える彼には"貯金してない"と言った方がいいよ。女の金アテにする男はろくでもないから。」と言われておりましたが、よくよく考えれば何年も社会人してて貯金がないっていうのも不自然といえば不自然ですよね・・・。
    ナンパで本命でない人にアドレス聞かれて「アタシ、携帯もってないし〜」とごまかすのと訳が違いますしねぇ。(いや、今時携帯ないのも不自然か…)

    今まで彼氏とは育児や家事の話はした事あるけど収入や貯金についての話に触れた事も触れられた事もないですが、聞かれたら正直に言った方がいいのでしょうかね?一応私なりに頑張って600万は貯まりましたが。

    この600万は家族の大きな病気やケガなどの急な出費に当てようかと思ってるのですが、変にアテにされても・・・とも思ってしまいます。(勿論彼の婚前の貯金などは彼が自由に使えばいい事です。)

    ユーザーID:

  • 二人の温度差では

    うみさんから、結婚のお返事を迫ってしまったのですね。ずばり、彼は結婚が考えられなかったのでしょう。
    金銭感覚というのは、言い訳の一つのように思えます。今度会う機会があれば、あなたの財産のバランスシートを突きつけてやったらどうでしょうか。浪費家かどうか、白黒はっきりさせてやりたいところですね。仕事に関しては、一昔前なら、彼女を呼び寄せるために、仕事を辞めてほしいと頼む男性も居るくらいだから、これも言い訳のように思います。
    けっこう、姑息なぐらい貴女のことを細かく観察している男性だったんでしょう。見て取った限り、細かい自分とは合わない。三十も超えている男性なら、それぐらいの洞察力はあります。
    そんなに追わなくても、いい男じゃありませんよ。次行きましょう、次です。
    りょうさんのレスにはお腹を抱えて笑いました。でも、貯金ゼロでも彼女のこと愛しているんでしょ。何となくわかりました。

    ユーザーID:

  • もちろん気にしますよ

    金額じゃないですよ、その理由は既に他の方が書かれてるので省略。

    そうそう「二人で頑張っていこうっていう精神的な気持ちの強さ」は大切ですよね、でも今まで付き合っててそのトピ主さんの気持ちが彼に伝わってないんじゃないかなと、言葉と行動で。
    彼にだけ求めてる訳じゃないですよね?

    ユーザーID:

  • 私もふられました

    私が22歳、大学卒業からもうすぐで1年経とうかという頃でした。
    結婚の話はしていなかったものの、
    「お前は貯金が少ないから別れる!」とふられました。
    当時、貯金額はそれまでためたお金と社会人になってからためた300万、細々とたまった財形10万円。
    あと、財産には負債もあって、高校・大学の学資ローンの返済。

    彼からしてみると、給料が少ない(手取りで20万ないくらい)のに一人暮らしで車持ちなのは経済観念がだらしない、親が出せるような実家なのに自分で学費を払うのは自分の財布を苦しめていておかしい、とふられました。

    今の彼は、結婚後も自分の働いたお金の中から5万くらいは好きなことに使うのが妥当だから使っても良いとそんな感じです。
    貯金に十数万まわせば後は好きにつかえという感じです。
    11月に結婚ですが、私は彼の貯金額は知りません。
    結婚相手の貯金額なんて婚前も今後も知る必要性を感じません。負債は別ですが…。

    ユーザーID:

  • 気にします

    当方男です。はい、女性に貯金があるかどうかは気になります。ただ、多くの方がおっしゃているように、金額が気になるわけではありません。貯金ができる計画性、金銭感覚を持ち合わせているのか、浪費癖がないかなどの目安として気になります。
    それに自分なら、共働きでお互い向上していきたいと思うタイプなので、仕事は結婚までのこし掛け、結婚したら旦那に養ってもらえればいいというタイプの女性には興味がありませんから。

    トピ主さんの彼の場合、あなたの貯金の金額うんぬんではなく、結婚してもあなたに金銭的なことをすべて任せられない、、パートナーとして一緒にやっていく将来が見出せないと判断したようにおもいます。トピ主さんは、俺が食わせてやる、養ってやるぜ!お前は働かなくても、金のことを心配しなくてもいい というタイプの男性を新たに探されたほうがいいのでは?(そんな男性が今のこの不安定な時代にいるのかどうか知りませんが)

    ユーザーID:

  • 気にしませんが、、、

    男女問わず、借金はやはり嫌ですね。
    知人は、いざ結婚しようと思ったら、彼女は
    何と破産宣告寸前でした。
    ブランド品、海外旅行等にカード使いまくり、
    大変だと気が付き、諦めました。

    確かに貯金は多いほうがいいかも知れませんが、
    返せない位の借金が有れば、男、女、関係なしに
    嫌ですよね。
    トピ主さんの彼は、きっと貯金だけでなく
    トピ主さんの日頃の生活態度でヤバイと思ったのでは?
    辛口でごめんなさい。

    ユーザーID:

  • それは無理ないかも

    貯蓄もないのに、結婚の話を切り出すトピ主さんに
    その経済観念の無さに、不安を覚えられたのでは?

    結婚式や披露宴は?
    新居の準備や引越し代は?
    どうやって捻出するつもりだったんでしょ?

    親持ち?それとも彼が負担?
    カスミを食って生きてはいけませんからねえ。
    計画力の無いパートナーでは、自分はやっていけないと思ったのでしょう。
    無理ありません。

    ユーザーID:

  • 気にしません

    気にしませんね。というよりそんなこと気にする自分が恥ずかしいです。結婚と言うのはその人自身を愛し、一生一緒にいたいという気持ちからするものであって、貯金を愛してするものではありませんしね。もちろん恋愛とも違うことも認識していますが、お金が原因というのは無いでしょう。その人がお金にしか興味の無い最低な人でなければ必ず他に原因がありますね。ただ逆に、あなたは「男性の収入はこうあるべき」や「男は女を食わせなきゃ」みたいなことを彼に言ったことはありませんか?もしあるのなら、彼はそれに腹を立て同じようなお金関係の理由を作ったということも考えられます。彼は本当は主夫になりたかった可能性も0ではありませんし。
    とにかく、熟考してみることです。振られた原因探しが新たな良い自分、好かれる自分を作り出すきっかけになりますからね。

    ユーザーID:

  • 興味深くレスの数々を読みました

    お金か、愛かという問題は難しいですね。
    夫に結婚前の奥さんの貯金額が気になるか、と質問してみたら、即答で「ならないね。」と言っていました。私たち夫婦はお互い金融機関に勤めていて、(業種は別ですが)潤沢に結婚資金がありましたが、夫が貯金額を尋ねたことは一度もありませんでした。家を建てるときも、私の貯金は出さなくていいと言われましたし、家計費は夫が出しますが、一応夫婦の財産は別です。ただ、お見合いで少ない期間で夫は結論を出しましたが、数少ないデートで私の金銭感覚や性格など、細かく見ていたようです。デートは収入に応じて、リーズナブルな場所で、しかも食事を夫からご馳走になったら、お茶は私が奢っていました。全部出させないというところが、気に入ったようです。

    結婚前に退職して、幸せなことに以来専業主婦ですが、手作りのパンや食事や洋裁、子供に勉強を教えたり、足を棒にしてセールを利用したりして、家計費をセーブしています。働きに行っても余程しっかりしていないとお金は貯まって行かないように出来ています。
    トピ主様も今回のことは教訓にして、是非家計の要となられてください。良縁を祈っています。

    ユーザーID:

  • 彼氏の言いたかったこと

    >「お前はあんまりお金も貯金もないし、
    >結婚したら働かないだろうからそれだとこの先不安だから別れよう」

    トピ主さんは最初の貯金の話の方でショックを受けられていますが、
    彼氏の言いたかったことは、結婚した後に、
    あなたが働かない雰囲気がしていたところでしょう。

    私も正直言って専業主婦願望の女性とは結婚したくありませんし、
    多分ほとんどの男はそう思っているでしょう。

    ユーザーID:

  • トピずれ

    かとも思いましたが、私はトピ主さんのトピを見て彼は貯金でなく別の理由があるのではないかと思いました。

    あくまで私が感じたことですが、、、、

    あと、たぶん彼とは一緒にならないほうがいいと思います。うまく説明できませんが。

    男女とも、相手の金銭感覚を問題にするのは結婚相手として考えるなら当然だとは思いますけどね。

    ユーザーID:

  • どっちもどっち・・

    まず、相性の問題、価値観の違いだと思います。

    トピ主サンは文面から察するに、結婚してからは旦那さんに働いてもらい、自分は楽したいって本音では思ってませんか?また、男が稼いで、女を守る・幸せにするのが結婚でしょうって。

    他の方からは今時それでは通用しない、と叩かれてますが、どんなに周囲に言われようと、そういう考え方はなかなか変えられるものじゃありませんし、相手が見つかれば別にありだと思います。

    元彼はきっと「結婚しても働いてくれ、俺によりかかってこないでくれ」という典型的な今どきの男子ですね。
    個人的には、器も包容力も小さめなこのテの男子と結婚しなくてよかったと思いますよ。。

    ただトピ主さんも反省すべき点は反省して次回に備えないと。どんな男性も(経済観念含め)しっかりした女性と結婚したいと思うのは当然のこと。貯金を何に使われているかにもよりますが、少しずつでも貯めてみては?男受け云々より、自分のためにも。

    そして彼女の貯金云々なんて言わない、男として大きい人を見つけてくださいね。

    ユーザーID:

  • 具体的に話したいなら

    彼の発言から、トピ主さんは「結婚」「結婚」というだけで男性だけが働いて養うべきの気持ちが表に出ているのだと思います。
    トピ主さんは「そんな事はない。」と言っていますが、無意識の本音(結婚して楽したい)が出ているから彼ははっきりと言ったのでしょう。

    多くの方が言っている通りお金・貯金ではなく、トピ主さんの金銭感覚・生活態度に問題があるのだと思います。
    私は彼の発言がひどいと思いませんし、また彼の方が堅実で本当の意味で結婚する意思がありそうです。
    一緒に頑張ってくれる彼女なら、彼は既にプロポーズしているでしょう。

    >二人で頑張っていこうっていう精神的な気持ちの強さが必要なんじゃないかなって思う私は間違ってますか?
    確かに正論なんですが、気持ちの強さを行動にして初めて
    具体的に結婚の話をすべきだと思います。

    ユーザーID:

  • 両者の兼ね合いの問題かと(その1)

    トピ主さんの姿勢(依存風味?)に問題があると指摘された方が多いようですが、両者の兼ね合いの問題かなぁと思っております。

    トピ主さんが、依存心を覗かせたとしても、それを捉える相手が、(所得に関係なく)貧乏心に取り付かれてさえいなければ、そんなに敏感に反応しなかったと思いますね。心が貧しいというのではなく、生い立ちにより、自分の力で金銭的に豊かになることを全く想像できないのだと思います。

    こういうタイプの人は、稼ぎの多い or 既に持っているしっかりした女性としか結婚に踏み切れないでしょうが、そういう女性は概して、そういう貧乏くさい人が嫌なので、彼の結婚が他で決まるということもないでしょうね。 →(つづく)

    ユーザーID:

  • 両者の兼ね合いの問題かと(その2)

    (つづき)→

    ですから、トピ主さんも、彼と本当に結婚がしたいのなら、稼ぎを増やすか、貯蓄をするかのいずれかを、やってみせなければなりません。

    それを実現してから、結婚のことを考えた方が、絶対に御自分にとっても、良いと思います。そうなれば、トピ主さんの方に、『こんな貧乏くさい男と結婚して、一生を台無しにしたくない』とか『もっと他にいい男がいるじゃないか』とか、新たなる展望が開けると思いますよ。

    ぜひとも、頑張ってみてください。

    ユーザーID:

  • 素朴な疑問

    かなりトピずれでトピ主さんには申し訳ないんですが・・・

    昨今、男性は専業主婦願望がある女性を
    結婚対象として見れないという傾向があることを
    このトピを読んで実感しました。
    しかしそのように考えている男性に対して疑問がわきました。

    1 妻が専業主婦願望がないというより
     キャリア願望が強く一生共働きだった場合、
     家事育児の分担などは念頭に置いているのか。

    2 家庭の事情により夫婦どちらかが主婦(夫)業に
     専念しなければいけない時はどうするのか。

    自立をしている女性と結婚したいが、結婚後は専業主婦やパートなどをして、家事育児に支障が出ないようにして欲しいんじゃないか とふと思ったもので。

    妻が経済的自立=夫も家事育児分担 と当然のように考えられる男性が増えてきたと思ってよいのでしょうか。

    もしそうなら世の中が変わってきたんだなあ と喜ばしいことですが。

    ユーザーID:

  • 横ですが、

    momo26才さん、
    >どっちもどっち・・
    >相性の問題、価値観の違いだと思います。

    と仰っておきながら、

    >個人的には、器も包容力も小さめなこのテの男子と結婚
    >しなくてよかったと思いますよ

    男性側の価値観を否定するのは何故ですか?
    あと、小町で散見される意見で女性に都合の悪い男性ついて

    「器が小さい」

    というのがありますが、そういう男性に依存しようとする自分の
    器はどうなのかといつも思います。

    「都合の良い時だけ性差を持出す」

    意見には毎回辟易させられます。

    ユーザーID:

  • 「ひとそれぞれ」に尽きるのでは?

    いろんな意見を読みました。そして貯金額で普段の経済観念を知ろうとし、結婚すべき相手かを計る人も多いのだという事も知りました。

    でもトピ主さん。すべての人がそうではありませんよ。人の価値観はみ〜んな違います。今回の彼氏さんはこのトピで貯金の無い人は結婚相手にしたくないと言ってるしっかりした人側の人間だっただけです。
    計画性が無くともラブラブなカップルから結婚にいたる人や、片方がお金が無くとも「ど〜んとついてこい」って言うタイプの人もいるんです。
    私達夫婦も趣味が中心の生活で、ハッキリ言って貯金はほぼ無い二人でした。でも結婚を前提に付き合い始め、二人で新居と結婚資金を貯めるのは楽しかったですよ〜。
    結婚して今は仕事を辞め専業主婦ですが、あぶなっかしくもやりくりをがんばる私の姿を夫はあたたかく見守ってくれています。我が家は結婚に貯金額なんてまったく観念にありませんでしたよ。でも幸せです。

    ひとつの例で結婚観を狭めず、自分なりの幸せを模索してくださいね。まぁお金は無いよりあるにこしたことはないですけど結婚はお金だけではないのですから。

    ユーザーID:

  • 私は女さんと同意見です。

     トピ見てトピ主さんの金銭感覚が異常とも思えませんでした。それで彼のあの発言という事は他に言いにくい事情があっんじゃないかって思っちゃいました。

     昔、営業の商談の話で相手が断ってきたらそれを真に受けちゃダメでホントは別の理由があるって聞いたことあります。恋愛に応用できるかはわかりませんが、この場合それが当てはまってる気がしました。

     確かにあんな事言われたら、ショックで他に理由がなんて頭まわらないでしょうけど、まだお付き合いがあるなら探ってみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 収入も家事も二人で

     海鳴りさんのお考えはごもっともだと思います。自分は同年代と比べてかなり多い年収がありますが、家計収入も夫婦で得て、支出計画も二人で考えて行うのが理想だと思っています。そうしておけば、将来的に万一の不幸が起きても一方が家計の金融資産に無知であったり、最悪路頭に迷うようなことがなく、安心感があると考えています。

     では、家事や育児はどうするのと女性が思うのも当然だと思います。自分は夫婦共稼ぎの場合、夫婦で家事を分担するのは当たり前だと考えています。うちでの自分(夫)の大まかな分担割合は、料理70%、洗濯50%、ごみ出し100%、掃除は二人同時にする、買い物70%、諸手続き30%となっています。子供はいません。

     夫婦の形は色々あって、どのような形が正解とは言えない性質のものだと考えていますが、多くの自分の周りの男性は、精神面及び経済面で完全な依存を男性に求めている女性を非常に嫌う傾向があります。家事・家計収入などにおいて、男性・女性に関係なく、片方に一方的に依存していくのは難しくなる方向で社会が変化してきているのではないのでしょうか。

    ユーザーID:

  • より合理的に

    > 妻が経済的自立=夫も家事育児分担 
    > と当然のように考えられる男性が増えてきたと
    > 思ってよいのでしょうか。

    宣伝ではないですが
    「朝まで生テレビ」で話があったときは、
    (時間などを考慮し)出来る方がやればよい。
    という支持者の意見が過半数以上を占めていました。

    現実に出来る・出来ない
    は様々な事情があると思いますが、
    少なくとも頭ごなしに妻が家を守るべし!!
    という考えの方より可能な限り平等に分担すべき・・・。
    という考えの方が増えているのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 海鳴りさんへ、データのみですが

    共働き世帯確かに増えていますが
    子供がいると事情が変わってくるような気がします

    日本では6歳未満の子供がいる世帯の共働き率は
    35.6%
    因みに
    フランス・・・56.2%
    ドイツ・・・51.5%
    スエーデン・・・77.8%
    だそうです

    今の日本の共働き志向は育児を分担しようという事ではなく
    将来への賃金の不安による経済的事情からだと思います
    実際、アメリカで共働き率が上がったのも
    賃金を下げて雇用の人数を確保しようとした政策によって
    低賃金者が増えたためとも言われています

    働きたい女性が働けない社会のしくみは改善されていきたいものですが
    それには、男性側の長時間勤務の問題も解消しないと難しいでしょうね
    実際、長時間勤務&激務&高給の当社の専業主婦割合はかなり高率です

    ユーザーID:

  • >素朴な疑問

    海鳴りさん、こんにちわ
    >昨今、男性は専業主婦願望がある女性を結婚対象として見れないという傾向があることをこのトピを読んで実感しました。

    それは勘違いですよ、専業主婦願望がある女性ではなく、
    「権利は要求するけど義務は果たそうとしない」動機が見受けられる専業主婦願望の女性に対してという事ですよ。

    それにほとんどの人が書いてるのは「貯蓄の有無でなく金銭感覚」であり「自立かどうかでなく責任感がどうか」という事です。

    自分で言えば
    1の質問はそもそもそういう人を結婚対象にするかどうかでまず基準が分かれます。
    2の質問はほとんどの確率で女性が主婦業になりますからどうするというより逆にどうしてくれるの?と聞きたいです。

    ユーザーID:

  • 補足ですが

    当社の場合なんですが、転勤族なんですよ
    なので、仕事を辞めて付いて来てくれる人じゃないと
    逆に困るんですよ

    なので共働き志向が増えたと言っても
    どこで増えているのか・・・実感がないのですよ

    海鳴りさんの期待する回答じゃなくてすみません

    ユーザーID:

  • 去るものは追わず

    でいいじゃないですか。たぶん、金銭感覚のこともしかり、でもそれ以上にトピ主さんとの結婚をイメージできなかった、つまり、合わなかったんですよ。それでいいじゃないですか。
    ただ、貯えはしっかりとっておいたほうがいいですよ。結婚のため、というより先々のためです。結婚後、もし専業主婦になれたにしても、何があるかわかりません。それに、万が一に備え、生きていくすべを身につけておくのも望ましいと思います。
    今のお若い男性は、専業主婦を嫌う方が多いと聞きます。それは、自分に全責任を負わされるのがイヤだ、という本音があるようですね。ということは、体が弱いなど、共働きがムリな女性は結婚対象外、というわけですよ。また、社会的地位の低い女性もそのようですね(相談所でそういう思いをしましたよ)。つまりは、ある意味、弱肉強食です。
    でも、そのことに腹を立ててみても何も始まりません。自分の生き方のスタンスに合う男性を見つけられるまで、頑張るしかありません。何を言おうと、男のほうが逃げ腰になったら、結婚はムリなんですから。
    去るものは追わないことです。前向きに。

    ユーザーID:

  • ふむふむ・既婚女性さん

    >心が貧しいというのではなく、生い立ちにより、自分の力で金銭的に豊かになることを全く想像できないのだと思います。

    手前味噌で恐縮ですが、私の場合、収入は多い方だと思っています。
    大富豪では無いですが、金銭的余裕は比較的ありますし、将来も困窮しないであろうことは容易に想像できます。
    それでも仕事に一生懸命な今の妻と結婚しました。
    成果主義偏重のこの時代、懸命にスキルを磨いてきた人間は同様に向上心の高い人に惹かれることはよくあると思います。
    逆に結果に結びつく努力(貯金でなくてもいいのですが)をせず、他力本願な姿勢でありながら努力してきた人間を「貧乏臭い」と言う人に魅力は感じません。

    男性からの意見として、ふむふむ・既婚女性さんのアドバイスでは、トピ主さんは同じ過ちを繰り返すかもしれません。

    ユーザーID:

  • 海鳴りさんへ

    私は結婚する気はありませんが...

    > 昨今、男性は専業主婦願望がある女性を
    > 結婚対象として見れないという傾向があることを
    > このトピを読んで実感しました。

    いや、やりくり上手なら問題ありませんよ。結婚しても生活費が増えずに、むしろ毎月の貯金の額が増えるぐらいの人が希望です。

    > 1 妻が専業主婦願望がないというより
    > キャリア願望が強く一生共働きだった場合、
    > 家事育児の分担などは念頭に置いているのか。

     子供は作りません。その上で、私より稼げて専業主夫として養ってくれるぐらいの人が希望です。

     これぐらいの人が目の前に現れたちょっと考えますが...、んな分けないか(笑)

    ユーザーID:

  • 気にしなかった

    晩婚男です。

    妻の貯蓄額はつきあっている時期も結婚後もずっと知らなかったし、いくらであっても気にしなかったです。

    結婚後、割合早く妊娠して妻は退職して扶養家族に。その際今後の生活が心配になり、お互いの貯蓄額を初めて把握することとしました。

    妻は意外にも最上級のベンツが軽く買えるだけの貯蓄がありました。
    私もそれ以上の貯蓄がありますので、実は比較的富裕な世帯なのかもしれないとその時わかりました。

    ただ、これから子供も生まれるし、将来の不安が拭えないので依然として質素な生活をしています。

    ユーザーID:

  • 海鳴りさんへ

    質問への回答ではないんですが。

    >>昨今、男性は専業主婦願望がある女性を
    結婚対象として見れないという傾向があることを
    このトピを読んで実感しました。

    たぶんここでレスをされてる男性の方の言いたいこと
    は、前の方にも書いてあったように「自分は働かずに
    楽をしたい」そういう人を結婚対象として見れない
    ということでしょう。だから専業主婦願望がある女性
    が結婚対象にならないという訳ではないはずです。

    だから僕も専業主婦願望のある女性に抵抗はありません。

    ユーザーID:

  • 共働き思考

    >海鳴りさん

    共働き思考の男性の意見は小町ではちょっとあつまりにくいとおもいますが、一考を。

    ・共働き、育児不参加型
     これが20代30代中心に増えてきているタイプ。金がないから働け、子供の面倒も見ろ。家事もしろ。というやつです。

    ・共働き、育児参加型
     望まれているタイプですが自分の周りでは少ないです。

    ・専業主婦、育児参加型
     小町では一番人気のタイプ。「うちの夫はコレ」とこぞって自慢してきそう。

    ・専業主婦、育児不参加型
     旧来最も多いのはこの手の夫婦です。たくさん給料もらってきてくれるならこれもあり?

    ユーザーID:

  • その逆もあるよ

    以前お付き合いしていた男性は、あまり貯金をしない人でした。
    ぼろくて安いアパートに住むなど無駄遣いをする人ではありませんでしたが、車やレジャーなどお金をかけるところはかけるので、結果的に貯金が少なく・・「将来や老後に備えるために、今楽しい思いをしないのは変」という考えの人でした。
    お付き合いだけならいいけれど、結婚するのはちょっと・・と思いました。

    しばらくしてその人とは別れましたが、その5年後にひょんなことから再会しました。既に彼はほかの女性と結婚していましたが、やはりあまり貯金はしていないと言っていました。
    別れて正解でしたね。

    ユーザーID:

  • お金がなくても幸せにしてあげられる相手か

    たぶん…彼はお金がなくても自分が幸せにしてあげられる相手か、自分が幸せになれる相手か、を考えた結果だと思います。

    知り合いの男性は奥さんにプロポーズをした時、自分も貯金はなかったし収入も低かったし、奥さんも働いてなく貯金もなかったそうですが、なぜ結婚をしたのかと言うと奥さんの笑顔だったそうです。俺と居るときお金がないのにこんな笑顔をするんだと嫌なこと全て忘れたそうです。奥さんは結婚後も専業主婦してますが貧乏そうには見えず幸せそうです。

    お金の価値観は人それぞれなのでトピ主さんが年収いくらなのか分からないので浪費家かそうでないかは分かりませんが
    彼とはお金もそうですが何かの価値観も違っていたのではないでしょうか

    ユーザーID:

  • どっちかが貯金ないとそりゃ困るでしょ?(1)

    >ずっと貧乏を感じて育ってきたから自分が家族を持ったら子供にも家族にもそんな思いはさせたくないから
    >今の自分ではそれを叶えてあげられないと言ってました。
    >そんなに収入も良くない自分と今の私ではこの先がどうなっていくのか不安

    私は結婚する前に夫に「貯金は幾らあるの?」ってハッキリ聞かれました。

    「大型定期で6000万あります」って言ったら、引いていました。
    トピ主さんの彼氏さん。私だったら結婚したんじゃないですか?でもね、それで結婚相手に選ばれても嬉しくないですよね。

    実際問題として結婚するって、まとまったお金が必要になりますよね。
    結婚式をしないジミ婚にしたって、どちらかが移動すれば引越し費用も必要。新居の敷金も必要。
    私は預貯金があったので、彼氏に関しては気にしませんでしたが、自分が一銭ももっていなかったらやっぱり相手の預貯金は気になったと思います。

    結婚はせっついてくるのに、具体的に預金している感じも見受けられない。
    よっぽど預貯金できない事情があるなら別ですが男女問わず(何考えてるんだろう?)ってなるのが普通じゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • どっちかが貯金ないとそりゃ困るでしょ?(2)

    >結局結婚という事を前向きに考えられなくなってしまった言い訳にも聞こえました。
    >私は現実を見れてないのかもしれないけど、

    彼もトピ主さんもお話を聞く限り若いのではないでしょうか。
    私もトピ主さんは現実を見ていないと思います。
    これで「結婚しよう!」と彼が言ったところで双方にまとまったお金がないのでしたら、親に依存しなければ喧嘩ばっかりですよ。
    きっと、彼氏さんは貧乏でお金で喧嘩していた両親を見て育ったのではないでしょうか。
    そういう男性は、ある程度の年齢になってある程度の年収になってからでないと結婚しない気がします。(女性をアテにしているとかではないと思いますよ)

    結婚生活を真剣に受け止め真摯に考えているのは彼氏さんの方でしょう。
    腹を立てるのはお門違いだと思えます。

    ユーザーID:

  • ひも

    ちょっとヒモっぽい彼氏さんですね。彼女の貯金なんか聞いてなにすんの?使う気なのか? その彼氏にお似合いなのはカネもってる女性ということで、トピ主さんとは縁がなかったんですよ。自分を磨いてヒモそうな男性とは付き合っちゃだめですよ!

    ユーザーID:

  • ありがとうございます

    単なる横レスだったのですが、たくさんの方の回答を読ませて頂き、いろいろと考えさせられました。

    「妻が仕事するなら家事育児は当然二人でするものでしょう。」という男性からの意見がもっとあるかと思いましたが期待はずれでした。(小町だからでしょうか)

    「専業主婦が嫌なんじゃなく、自分が楽をしたい為に専業主婦になりたがる女性が嫌なんだ」という意見も理解はできますが、それでは私の中の疑問は払拭できませんでした。

    自分を含め周りのキャリア女性達は、「結婚しても仕事はもちろん続ける。経済的にも夫に全面的に頼るつもりはないが、家事育児がすべて自分にかかるなら結婚できない」と言います。

    ですので、「専業主婦願望のある女性と結婚したくない男性」は自分も家事育児をしなければいけないということを理解できていなければ、自分の望むような女性との結婚は難しいのではないかと思いました。

    厳しいようですが、「すべて頼られるのは嫌だし、そんな女は嫌。だけど自分が家事育児をやるのも嫌」というのなら、「楽がしたいから専業主婦」という考えと大差ないように思いました。

    ユーザーID:

  • 海鳴りさんの質問に答えてみました

    私は専業主婦希望な方とはあまり結婚したくない男です。
    ただ、専業主夫願望はないです。
    どちらかに不測の事態があっても相互扶助できる関係が理想です。

    さて、「専業主婦を結婚対象として見れないという傾向」ってあるんですか?
    私の友人を観る限りでは、専業主婦率はまだ高い気が。

    >1 家事育児の分担などは念頭に置いているのか。

    家事は今でも一人でやってますし無問題。
    それ以上は折半が当然と思ってます。

    育児は、突き詰めると、休業制度を使えるか、いつでも復帰できる職業の人を選ぶということになりますね。
    ただし、私は高収入であることは望んでません。

    >2 家庭の事情により夫婦どちらかが主婦(夫)業に

    やむを得ないでしょう。

    >妻が経済的自立=夫も家事育児分担

    私は当然のようにそう考えてるんですが、意外に少ないんですか?そういう人

    ただ、女性はこうした条件で結婚相手は選んでないですよね。
    やっぱり「好きだから」で選ばれてますよね。

    よく「だんなが家事分担してくれない」って話聞きますから。
    なんで結婚前に話し合わないのか不思議で仕方ないです。

    これも理想と現実なのでしょうか?

    ユーザーID:

  • 海鳴りさんへ、折半派です

    30代後半の男です。学歴が好まれるのか、職業や収入が好まれるのか、次男であることが好まれるのか、身長が好まれるのかわかりませんが、多くのお見合いが持ち込まれます。相手の方は、料理自慢でマナースクール出とか、外国語が得意とか、お茶やお華で師範とかいう方が多いのですが、お会いしてみようという人には出会えません。家庭人としての個性は見えても、職業人としての個性が見えてこないからだと思います。

    30代後半で独り暮らしが長いので、料理や洗濯は大の得意です。家事は毎日自分でやっているので、結婚相手にそればかりやってもらう必要はないですし、ふたりが多忙な時にはアウトソーシングでいいと考えています。子供ができたら当然、送迎などは半分やるつもりですし(ぜひやりたい)、子供の病気の時には躊躇なく仕事を休むと思います。必要であれば、育休をとってもかまいません。

    仕事の上でもしっかりした業績が残せるような女性と結婚して、自然に家事や育児を楽しみたいと思っていますが、そういう優秀な女性こそ小数派なのではないでしょうか。私の同僚や友人(男)には、労働折半、家事折半、育児も半分という考えの人間は意外に多いですよ。

    ユーザーID:

  • 収入と家事分担1

     海鳴りさんはレスの文意を誤読していると思います。多くの方は専業主婦を否定していないと解釈する方が自然でしょう。

     自分の解釈では、男女が家計収入と家事で役割分担をするのであればそれも一つの方法だが、仕事を続けたくないが為にそんなに好きでもないのに結婚を迫ったり、役割分担をしているにも拘らず、家事において少々ではなく過半の負担を求められるような事態を懸念しているのではないのでしょうか。

    >「結婚しても仕事はもちろん続ける。経済的にも夫に全面的に頼るつもりはないが、家事育児がすべて自分にかかるなら結婚できない」

     上記の考えは正当だと思います。しかし、あえて厳しいことを書けばキャリアにも色々あり、職務上の拘束も当然異なっていることを考慮しなくてはなりません。たとえば、拘束が定時まで、深夜までのキャリア間では、育児家事の分担比率が均等でない方が自然でしょう。実質的労働時間を考慮せず、均等な家事分担を要求すれば、婚姻関係の破綻に結びつく可能性が大きいでしょう。

     自分はほぼ同一レベルのキャリアの人と結婚したので、お互いの状況に応じて二人で家事分担をを融通しあっています。

    ユーザーID:

  • 収入と家事分担2

     トピ主さんの質問である「男性は彼女のお金、貯金を気にしますか?」というテーマ自体が、個人の結婚観やパートナー観に大きく依存しているのです。同一人物でない限り価値観の完全な一致は有り得ないことから、結婚を決断する時にはお互いの考え方のすり合わせが必要となります。そうしますと、自分にとって絶対に退けない部分と退く事の出来る部分が、自ずと見えてくるのだろうと思います。勤労意識、金銭感覚、育児家事分担などもそうでしょう。

     相手に対して一方的に要求すれは、拒絶されてしまうことはそんなに不思議なことではありません。つまり、一方的に依存しながら過大な負担も求める女性や、相手に要求するのみの男性は相手を見つけるのが難しいだけです。

     そして、価値観のすり合わせのなかでは、専業主婦(家事完全負担)か共にキャリア(家事完全均等分担)かなとという二分法しかないとも思いません。家庭の形態は、どのような価値観を共に築くかによって異なっていくものだと思います。
     

    ユーザーID:

  • 海鳴りさんへ

    横ずれとご自分でも言っておきながらだっかりするだの評論するだの、そんなに人の上に立ちたいならせめてご自分でトピを立てればよいのにと思います。

    >厳しいようですが、「すべて頼られるのは嫌だし、そんな女は嫌。だけど自分が家事育児をやるのも嫌」というのなら、「楽がしたいから専業主婦」という考えと大差ないように思いました。

    そんなことを言っている方は誰もいないと思いますが・・・
    少なくとも私の知人で全く育児も家事もしない男性はいませんし、共働きでなくても育児を全くしない男性もいません。

    統計でも男性の家事時間は増え女性の家事時間は減っていると報道もされており、そういう前提で皆さん答えているのにご自分の頭の中の想像であれこれいっては答えて下さった方々に失礼だと思います。

    ユーザーID:

  • 私も腹が立ちます。

    歌謡曲ではないけれど、男の甲斐性というものがあります。
    お金を捻出出来ないから別れようなんて最低ですよ。
    男女平等とは言っても、人によっては、男女に役割分担がある、と考える人もいますよね。
    世の中お金お金ですが、家事を担当して男を支えているのは女性ではないですか。男の所得は女性の支えがあればこその話です。
    この点が理解出来ない男と一緒になっても、価値観が違うわけですから、決して幸せにはならないと懸念します。
    打算打算のお金の世の中は今変わりつつありますよ。
    こんな男は捨てましょう(失礼)。

    ユーザーID:

  • 打算?

    三太郎さん、
    >打算打算のお金の世の中は今変わりつつありますよ。
    >こんな男は捨てましょう

    男性に「経済力」を求める女性も充分に打算的だと思いますが、
    如何?
    小町でもそういう女性が多数派でありますが?

    ユーザーID:

  • 「家事は損だ・・・と思ってしまいます」という、別トピがあります。
    そこでは、「手伝ってくれないと悩むなら、頼んでやってもらいましょう」という意見があります。
    夫側も妻の経済力が不安なら、「妻が頼りきりで困るなら、頼んで働き続けてもらいましょう」って方向で考えてもいいですよね。それでこそ、運命共同体の夫婦。

    「お前はあんまりお金も貯金もないし、結婚したら働かないだろうからそれだとこの先不安だから別れよう」
    「あなたは家事ができないし、結婚したらやらないだろうから、それだとこの先不安だから別れましょう」

    …ううっ、寒い!! 寒すぎる!!
    こんな他人行儀になるまでの理由が二人の間にあったのかもしれないけれど、これじゃあ、話し合いにならないよ。結論出ちゃってるんだもの。
    「お前は結婚しても働く意志はあるか?贅沢せず俺の言うとおり質素倹約するか?それとも俺が出世するまで待ってくれるか?」じゃ、ないんだもの。

    貯金が要・不要以前に、寂しいけれど、彼氏さんは、一歩踏み込んでくる気持ちと意欲がなかったと思う。
    どっちが悪いとかじゃなくて、そういう縁だったんだと思う。

    ユーザーID:

  • 男性が結婚して家事をしてるといっても

    男性が結婚して家事をしてるといっても、、
    どの程度なんでしょうか?先日TVで統計を見ましたが
    月3回とかが平均だそうです。それってゴミ出しで1回って数えるやり方のものです。月3回って!!
    殆ど妻がしてるのが現実です。こんな回数で、最近は家事をする男性が増えてるとかって言っててビックリしました。

    してないし、したくないのも男性の心理でしょう。
    私の旦那は月50回ぐらいはしてくれますから、大変有難く珍しい男性ですが、周りの友達のご主人は殆どしてません。本当月3回がいいところの話です。

    私の周りでは、専業主婦で居て欲しいと言う男性はあんまり見受けられません。働いてもいいけど、家事は出来ないんだ俺。ほとんどこのパターンです。

    なので海鳴りさんの言う言い分も解るような。。。
    30代後半男さんみたいな仕事も出来て、家事も手伝ってくれるような素敵な方、最高ですね。といっても私ぐらいのキャリアでは、駄目でしょうが(笑)

    ユーザーID:

  • 打算??

    らいまんださん、
    女性の場合、男性に経済力を求めるというのは、打算というか、本能の部分もあるようです。
    逆に、男性に女性の経済力をアテにされると、やっぱり不安を感じてしまいます。

    なにせ、子供を妊娠出産育児する間、少なくとも1年近くは働けなくなりますし、育児している間は男性のように仕事にばかりに集中などできません。ですから、夫、子供の父親となる男性には、その間の家計を一人で支えられるくらいの経済力は求めてしまいます。
    男性が妊娠出産育児を担当してくれるのなら、女性も男性に経済力を求めないのかもしれません。
    あ、でも子供を生まない主義なら関係ないのかな。

    なんにせよ男女の生物的な違いがある限り、全くの同条件での平等なんてあり得ません。男性が女性に求めるものと、男性が女性に求めるものには、理由や重要度を含めズレが生じます。
    なので、この話の場合で女性だって同じく打算的、と安易に同じラインに並べてしまうのは、ちょっと・・・

    ユーザーID:

  • 逆もまた真なり

    >家事を担当して男を支えているのは女性ではないですか。男の所得は女性の支えがあればこその話です。

    「女が家事だけしていられるのも、男が外で稼いで来るからだ。」という解釈もあります。

    過去のトピにあった意見から拾ったものですが…

    価値観の相違でしょうかね。

    ちなみに、家事も難無くこなす男性も多いこの世の中では
    >男の所得は女性の支えがあればこその話です。

    は的確な意見とは思えません。

    ユーザーID:

  • ひとそれぞれさんへ

    >子供を妊娠出産育児する間、少なくとも1年近くは働けなくなりますし、育児している間は男性のように仕事にばかりに集中などできません。ですから、夫、子供の父親となる男性には、その間の家計を一人で支えられるくらいの経済力は求めてしまいます。

    女しかできないのは妊娠・出産だけでしょうが。
    育児は夫婦二人でやればよろしい。
    母乳保育にこだわりたい人も、搾乳でもして哺乳瓶を夫に預けときゃいいのよ。

    妊娠・出産にかかるのはたった1年弱。
    300万の貯金があれば、余裕で夫婦二人が1年過ごせるはず。
    花嫁ドリーム満開で結婚式に300万使う代わりに、出産のための生活資金にとっておきゃいいんです。

    どうですか?
    女が男性に経済力を求めなければならない理由はなくなっちゃいましたね(笑)

    夫にたかる事ばかり考えずに、女自身もしっかりすればいいのにさ。

    ユーザーID:

  • ひとそれぞれさんに同感

    家事の出来る女に経済力がついたら、同等に家事育児も出来ずに女に経済力を求める男なんて家庭にいらなくなりますね。

    ご自身が家事分担を実施していらっしゃるブルーさんのレスには納得できますが、問題は育児負担が加わった場合だと思います。

    30代後半男さんは女が出産後も働くこと、昇給昇進を求めることの難しさ、企業によってはそれを受け入れる余裕がないこと、すべて理解してくださってるのかなあ。

    私事で言うと、夜中に授乳して寝不足で出勤、フルタイムで働くのって家事の手を抜いても相当きついんです。折半と言ってくれるなら、最低でも子供が1歳になるまでは妻より早く帰宅して夕食を作って欲しいですね。忙しい時は作ってから家なり会社に戻るなりで残業してくれればいいし(私がそうしているように)。

    自身も忙しい中でそれを納得出来る男性がいるのかな?
    それなら妻の収入が落ちても転職して家事育児の出来る環境を選んで欲しいと思いませんか?この育児負担を交えた分担が、共働きでは一番難しいように思います。

    本題として、
    トピ主さんの場合は彼の結婚したくない口実だと思う。金銭感覚の確認は大事だけど、彼に話し合う姿勢がないから。

    ユーザーID:

  • 両方に違和感あり

    >>家事を担当して男を支えているのは女性ではないですか。男の所得は女性の支えがあればこその話です。

    >「女が家事だけしていられるのも、男が外で稼いで来るからだ。」という解釈もあります。

    どっちも、私にとっては違和感ありますね

    どちらも「私がやってあげているから」と恩着せがましく感じます

    夫婦ってそんなものですか?
    相手の為に自発的に補完し合うものではないですか?
    そして、その補完の形はそれぞれで、世間から見て
    「この形が正しい」と押付けられるものではないと思っています
    「自分がこうしていられるのも相手のお陰だ」
    とお互いに感謝し合える関係がいいですね

    ユーザーID:

  • 仕事と家事の大変さは同じ??

    > 男の所得は女性の支えがあればこその話です。
    多くの企業で配偶者手当がなくなろうという時代にいやはや。これって奥さんが居ようが居まいが給料は変わらないって事ですよね。

    確かに独身の男の家事の質と専業主婦の家事の質を比べれば、(一般的に)どちらがしっかりやっているかは言わずもがなです。が、家事は生活していく為に最低限のことをやる必要はあるものの、それ以上どこまでやるかは個々人の考え方の問題。極端な話し、やらなくても死にはしません。妻という1人の人間を家事だけにアサインできる家庭は余裕があるということになりますね。

    あと、外で稼いでくる夫と専業主婦の妻の組み合わせの場合、万一離婚したらより困るのはどっちか?夫は独身時代の生活に戻るだけだけど、妻は即生活に困るのでは。そういう意味でも「ちょっとだけよ。」さんの「女が家事だけしていられるのも〜」という言葉には説得力がありますね。

    ユーザーID:

  • 気にしないな

    借金もやむを得ない事情があれば許せる。いい加減付き合ってれば、相手の金銭感覚なんて判るでしょう。大体、「自分の稼ぎじゃ将来子供を幸せにできないから、稼がない女は要らん」と思うなら別れればいいじゃん。「時間くれ」なんて適当な事言うなって言いたい。彼は今は女ネタが他に無いからトピ主さんととりあえず付き合ってるズルイ男だよ。

    >りょうさんへ
    彼女が気の毒だから早く別れてあげなさい。それとも、結婚の対象じゃないけど付き合うにはいい女ってか?

    ユーザーID:

  • 疑問

    >家事を担当して男を支えているのは女性ではないですか。
    >男の所得は女性の支えがあればこその話です。

    自分は女ですが、
    女性が支えても支えなくても
    男性の所得が増えるわけではないので
    少し疑問に思います。

    実際、男性に支えられても支えられなくても
    逆に、女性の所得は増えません。

    ユーザーID:

  • 考え方の違い1

     当たり前のことですが、人は一人一人独自の自我を持っています。ですので、人生における自己実現欲求やパートナーに対する欲求も自然と異なってくるのです。そのように考えれば、家庭生活の個別事象に対する考え方(例えば、共働き、専業主婦、家事育児負担割合、金銭管理、消費行動など)が異なっているのも別に不思議なことではありません。

     結婚は異なった人格を持つ人間同士が、婚姻に同意して初めて法的効力を持ちます。その合意形成のために大切なものが、相手に対する愛情と二人で形成していく家庭観ではないのでしょうか。パートナーシップ・パートナーシャフトのイメージが異なっていれば、相手に対する要求も異なり、調整が必要になります。そして、それが大きく異なっていれば話し合いは決裂してしまうしかないので、交際が結婚に結びつかないこともあり得る訳です。

     そのように考えれば、金銭感覚の不一致が交際相手との別れに結びつくこともありえるのです。ですので、男女どちらが悪いというよりも性格や考え方の不一致で結婚に至らなかったというのが、フェアな見方ではないのでしょうか。

    ユーザーID:

  • >私も女さん

    それはあなたが出産、育児をして仕事も続け、家計の半分を担ってのご意見ですか?

    >母乳保育にこだわりたい人も、搾乳でもして哺乳瓶を夫に預けときゃいいのよ。
    平日昼間に?夜中にですか?
    それはさておき仮にこれが夫の意見なら、このような考えの夫は妻の負担をまったく理解してないことになります。
    母乳にこだわる人もいれば、辛いから人工乳でもいいと思う人もいるでしょう。
    問題はそこではなく、相手のやり方を尊重し、代わりに負担を引き受けようという意思がない。じゃあ自分はどう家庭に関わろうか、そう考えられない人とは家計どころの話も出来ないでしょう。

    私はこれでも夫より手取りが多いんです。
    友人のほとんどが妊娠出産を機に転職退職しました。同じ職場で内容を変えずに働いている人は少ないです。
    子育ては一年だけではありません。病院、参観、休まなくてはいけない行事はたくさんあります。うちでは主に私が担当しています。ひとえに夫の年収を下げないためです。
    企業にどこまで理解を求めますか?女性を昇給昇進させる、その余裕のない会社を非難しますか?

    ユーザーID:

  • 私も女さんへ

    返信ありがとうございます。
    内容が横になってしまいますが、

    結婚式資金はともかく、出産までに貯金しておけばいい、という意見は出るだろうと思ってました。出ませんでしたが。

    理想はフルタイム共働きなら家事も育児夫婦でも五分五分だと思います。
    育児責任は、両親共にあるものだと私も思います。
    けれど、育児休暇を取れる男性は、日本ではまだまだ少ないですし、母親の負う負担の方が大きいのが大多数の人の現実だと思います。
    あと、どれくらいの協力が得られるのか、理解が得られるのかは夫の育児や家庭に対する意識如何です。
    協力を惜しまない夫が当たり前であればいいのですが、実際は残念ながら育児も家事も一人で背負っている共働き妻は結構多いようです。

    そういう背景で意見を書きました。


    あまり書くと非難されそうですが、保育士をしていたとき、はっきり言って乳児は可哀想に思えました。母親の存在はやはり大きいです。自分の子供は三歳までは自分で育てたいと強く思いました。
    ですから私は夫には家計を支える働き手としてよりも母親としていることを求められたいです。

    ユーザーID:

  • 最強は。

     経済的な負担だの、家事の分担だの、結局男も女も、自分だけ損したり苦労したりするのはイヤということですよね。

     『別に、俺たちだって家事・育児くらい喜んで半分負担するよ。「ただし、」外で男並みに仕事をして稼いでくるような嫁さんのためにならね・・・。』って、そういうのは、先に進んでいるようで、空回りの意見に聞こえます。
     
     きっと未婚の若い男性で、日ごろ職場で、中途半端にバリバリ仕事「だけ」やってる女の人を目にしちゃうような環境にいる人が言ってるんでしょうね。もっと女を、というか人間を知ってほしいです。

     人生、必ずいろんな面倒が起こるものです。男も女も、きれいなカッコいい事だけサラリとやって生きていくわけにはいきません。

     ありふれてますが、最後は「思いやり」でしょうね。要求しあって論議し合うのではなく、相手の辛さを悟って、黙って自分がかぶろうとするような夫婦の勝ちだと思います。そっちの方が、断然ストレスたまらないと思うし。

     トピ主さん、本題からズレてごめんなさい。

    ユーザーID:

  • まあ、ひとそれぞれだよね

    世の中、良し悪しは別として嫁さんに専業主婦になって欲しいという人はいる。
    「俺が稼いで、君が管理する」ってやつね。
    そういう人の中には「嫁さんが身の丈に合った生活をする人か?」ってのを貯金額で判断する人もいるんじゃないかな?
    その人の給料と暮らしぶりや資産状況を見れば、そういう点は概ね判断できるわけだから。
    その結果、そういう点で不安を覚えたら「ちょっと待てよ」ってことになるかも知れない。

    経済観念に限らず、結婚相手に求めるものは十人十色。
    何が良くて何が悪いということもありませんし、お互い妥協できる範囲内で納得すればそれでいいのです。
    お金、家事、性格、趣味などなど。

    まあ、世の中が豊かになり人々が強欲になっている今、結婚相手に多くのモノを求める人は増えています。
    だからなかなか理想の相手も現れないし、離婚も多い。
    「まあ、モトは他人だし、こんなもんかな?」って感じで、話し合うのもいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 続きです

    男だから、女だからという視点の議論も大いに結構でしょう。
    しかし気をつけたいのは、自分の世界から決め付けて意見を述べてないかな?というところ。
    どの世界の価値観もお互いが納得していればありなのだけど、「こうあるべきでは?」と言いたいばかりの議論には適さないかな。

    貯金を気にしない人もいいし、気にする人もいい。そういうのを甲斐性って視点から判断してもいいし、打算的だと決め付けたり、「女性に頼るなんて!!」と嫌悪感を示すのもありでしょう。
    だからといって、そう思わない人が「それは違うんじゃない」って言っても、お互い夫婦じゃないんだし、議論は噛み合いませんわな。

    ここでそういう話が白熱するほどに、夫婦の形は多様ということでしょうね。

    ユーザーID:

  • 女ですさん、人それぞれさんへ

    私あてのレスを読みました。
    ですが。

    「世の中がまだそういう仕組みだからしょうがないじゃな〜い」と言ってそのまま流されている限り、世の中の仕組みはいつまで経っても変わりません。

    世の中の仕組みを言い訳にして、男性にたかったり甘えたりしたい女にとっては、都合が良いのでしょうけどね。

    ユーザーID:

  • 結婚相手

     個人の「価値観」は成長と共に形成されてきたものなので、交際している両者に大きな差異があった場合、愛し合っていても「価値観」を変えることは非常に大変なことです。ですので、「価値観」の近い人の方が共通の「家庭観」を形成しやすく、結婚生活でも共通の喜びを見出し易いのではないのでしょうか。

     女性が家庭生活中心の人生を送りたい場合、「毎日家事をこなす人を尊敬する」という「価値観」を持つ男性が、女性が仕事中心の人生を送りたい場合、「一生懸命キャリアを積む人を尊敬する」という「価値観」を持つ男性の方が、夫婦関係が上手くいき易いでしょう。

     上記のどちらの価値観も優劣がつく性質のものではありません。言い換えれば、ある人にとって「特定の価値観」が心地よいものとなり、ある人にとってはそうでないだけです。ですので「器」などの問題ではなく。考え方が合うか合わないかだけなのです。誰にでも受け入れられる結婚の形などは存在しないという点が、今回の議論の背景だと思います。

    ユーザーID:

  • >私も女さん

    あなたは何も分かってない。

    女性は子供を産む間、自活するのが難しいから男性に助けてもらい、男性は自身の子供が産めないから女性に産んでもらっているんです。
    共に助け合うよう作られているのが分かりませんか。

    保育所で参観するのも子供の病院に付き添うのも私のところではほとんどが女性です。男性はまれにしかいない。
    男性は仕事を優先するよう遇されているのはひとえに「子供を産まないから」なんです。
    そこを押さえずに共働きが何たるかを論じても机上の空論ですよ。
    女性が女性であることを越えて働けるようになってきたのですから、男性も男性の枠にいては取り残されるでしょう。でも本来の助け合う形は失くせません。
    企業に変化を求める難しさがどれほどのものか。あなたのような視点では理解できないでしょう。男性も会社で家庭でそのしわ寄せを受ける覚悟(逆に言えば受け入れる懐の深さ)がどれほどあるのか。これは甘えでも諦めでもないのですよ。

    ユーザーID:

  • 女ですさんへ

    企業は変化していっていますよ。
    女性が社会進出できるようになった分、
    男性はそれなりに割りを食っています。

    でも女性の社会進出は良いことですよね。
    だとするならば、都合のいいところだけ女性は家事が主だから
    と逃げるのは変だと思います。

    もしも家事が主なのだから、男性が経済力を持つべき
    というのならば女性の企業における給与格差もそのまま存在するように認めないといけませんね。

    要は社会進出として男女平等を目指すならば
    同時に家庭でも男女平等を目指すべきだということです。
    (もちろんマクロな視点で、ですが)
    片方だけ男女不平等で良いとは言えませんよ。

    ユーザーID:

  • 金がなくても愛があれば!

    これで来月結婚します。

    私31歳 制作職 年収350万 貯蓄80万
    ・1人暮らし9年
    ・賃貸6〜7万円

    彼30歳 公務員 年収450万 貯蓄300万
    ・1人暮らし11年
    ・独身寮7,000円

    付き合い始めたとき、私はかなり可哀相に見えたらしく
    「あとは俺が面倒見るから辞めてもいいよ」と言ってくれました。
    なので、即行で会社辞めちゃいました!
    (先月からフリーになり、収入は10万程度)

    でも会社員時代には、たまにお弁当を作っていたとか
    ブランド品とかには興味ないとか、ベランダ菜園してるとか・・・
    (私は大酒飲みなので、そうでもしないと破産しそうで)
    そういう部分を見てたから、信頼してくれたのだと思います。
    金がなくても可愛げと努力する姿勢があれば何とかなります。

    やる気になれば正社員と同じだけ(30万)稼げそうですが
    家事を優先したいので、今はのんびりとやっています。
    「自分のペースでやればいいよ」と言ってくれています。

    社宅がなければ私も強制的にフルタイムでしょうけど。

    ユーザーID:7266623089

  • そうですね

    お金の問題ではない気がします。
    ただ単にお付き合いを続けたい気がなくなっただけでしょう。

    女性の貯金をあてにする男性、別れて正解です。

    それに、口だけの結婚したいね。の言葉などあてにはなりません。
    結婚したいね。結婚はしたいけど、あなたとするつもりはない。の発言かもしれませんよ。
    本当にあなたと結婚したいと思っていたら、すでに行動に移しているはず。
    お金の事など、気にしません。

    あくまでもトピに書かれている事だけでの判断ですが。

    ユーザーID:2308886762

  • 横ですが。

    >保育所で参観するのも子供の病院に付き添うのも私のところではほとんどが女性です。男性はまれにしかいない。

    「現在そうである」からって、「これからもそうあるべき」ってのは違いませんか?

    >企業に変化を求める難しさがどれほどのものか。あなたのような視点では理解できないでしょう。

    やっぱり、単なる諦めのように聞こえます。
    私も会社を持ってますので(アルバイトばかり30人ほど雇い、正社員のいない小さな会社です)
    「はぁ?男女平等?それが達成すべき理念なのはわかるけど、自分の所ばかりワリを喰うのはゴメン」と
    ばかりに、小さな子供のいる母親は採用しませんが、(シフト制の職場で急に休まれると困るからです。
    勿論、子供が熱を出したとしても預ける先があれば話は別です)
    これが立法・行政政策として、
    「〜人以上雇用している会社では、男女比は3:7〜7:3まで。それに違反すると罰金」とか
    「小さな子供の居る母親を雇えば、1人につき〜円、市から助成金が出る」とか
    いう風に、国民全体で負担を負うのでしたら、納得するし、歓迎致します。

    ユーザーID:9857044937

  • 時代は変わりつつあるのか

    皆さんのレス、興味深く読ませていただきました。うーん、時代は変わりつつあるようですね。
    これからの時代、結婚相手の女性に求めるのは料理の腕じゃなくて「経済力」!

    賃金格差がもっと無くなれば、これが当たり前になっていくのでしょうね。

    ユーザーID:2732255259

  • お金の使い方では?

    トピ主さんの彼がお金をあてにしているとは思えませんが。
    私は32歳結婚間近の女性ですが(一人暮らし)、貯金は当然しています。
    人として社会に出て5年も経てば年収分くらいの貯蓄はあって然るべきだと思います。
    私は社会に出て10年以上経っていますので当然2年分の年収程度は貯蓄しています。
    経済観念は育った環境にも影響されていると思いますし、私は節度あるお金の使い方が出来ない人とは結婚したいと思いません。
    将来的に子供を持ったり、一緒に老後を過ごしたりと考えると貯蓄すらできない人と楽しい人生を送れるとは思わないからです。
    トピ主さんは彼の不誠実さ(そうは思いませんが)を責めずに、自分の経済観念のだらしなさを責めるべきではないでしょうか?
    私の知り合いでも貯金ができない独身女性はいますが、そういう人に限っていつかお金持ちの結婚相手が現れて贅沢に養ってくれると思っている人が多いです。(30をかなり過ぎてても)
    正直イタいです。。
    相手に望むことは当然相手にも望まれているはずです。
    もちろん、私は自分の貯金は自分のお金です。婚約者も当然そう思っています。

    ユーザーID:4333271010

  • 経済観念が一致してないと辛い

    女は男の貯金を当てにするくせに。

    と愚痴はさておき、

    経済観念○さんの言うとおり、
    経済観念・感覚が近くないと結婚してもうまく行かないでしょうね。

    その彼氏がとぴ主にお金の管理を任せるにしても、何を任せるにしても。


    金の切れ目が縁の切れ目ですよ。。

    ユーザーID:6094225339

  • 知り合いに、いました。

    彼女の貯金が気になるではなく
    彼女のお金の使い方がイヤだった友人が。

    なんでもカードでブランド物購入し給料ほとんどカードの支払。
    友人が怒って彼女のカードをはさみで切り刻んでも
    半年後は同じように。。。。
    結局別れましたよ。

    「貯金」より「お金の使い方」「仕事に対する姿勢」が
    自分の求めている女性ではなかったのでは?と思います。

    ユーザーID:3165982975

  • 星子さん

    >皆さんのレス、興味深く読ませていただきました。うーん、時代は変わりつつあるようですね。
    >これからの時代、結婚相手の女性に求めるのは料理の腕じゃなくて「経済力」!

    それは違います、料理の腕は(ある程度)あって当たり前なのですよ!

    ユーザーID:7222125208

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧