ほらね、言ったでしょ

レス20
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

ボン

24歳。独身です。

うちの母は何かと
「ほらね、言ったでしょ」
と、口にします。

さも、自分はすべてわかっていて
自分は正しくて何もかも言うとおりにしてれば
いいんだという風な顔で。

言ってないことまでそういわれると
ムッするし、何度も言われるので
だんだん自信喪失してきました。

「そういう風に言わないで、悲しいよ」
と伝えると、
「アンタはすぐに被害妄想する」と否定。
挙句、「私なんか間違ってる?」などと
言葉のうらに「そんなわけないわよね」を
含ませながら言ってきます。

私はほんとにこの一言だけで
病気になりそうなくらいです。
みなさん、私はどう対処したらよいですか。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気持ちわかりますよ

    母親っていうのは娘を時として自分の意のままにあやつりたい、あるいは最も近い同性だからこそ粗捜しをしてしまうことが往往にしてありますよね。私もあなたくらいの年齢の時には、他の人に言われたら冷静に言い返したり対処したり出来る言動なのに母親だというだけで胸にドンとこたえた事が何度もあります。私は自覚していなかったののでが今思うと相互依存ぽくなってる時期だったのかもしれません。
    そろそろお互いに親離れ子離れをする時が来たのかもしれません! トピ主さんは今、独立心が強くなってきている証拠です。独立して自分で生計など立て始めると母親のそういった細々やる気をそぐ言動も大して気にならなくなり、逆にこれから老いていく親達を今度は私が助けたり包んだりしていく順番だという意識に変わっていくことでしょう。
    トピ主さんのお母さんは娘さんが成長して自我が出始めた事に少し寂しさを感じてそれがそんな言動をしてしまうのかもしれませんね。それはお母さんが乗り越えること、トピ主さんは「頼もしい」存在になるよう自分を高めることに集中です。26歳、心身ともに本当の成長をする時期です。

    ユーザーID:

  • 後悔しなければ・・・

    「そうだね、言ったね」って返して、「でも選択するのは自由だから」でいいと思います。

    「私何か間違ってる?」って来たら、ずばり間違えてる部分を指摘。
    相手が反論するなら、まあ「価値観の違いだよね」ってケムにまきます。

    人の言うことなんて、普段は3割くらい聞いていればいいですよ。
    本当に伝えたいことは、言い方を違えてちゃんと言うモノですから、その時に聞けばいい。

    でもまあその指摘があながち間違いなワケでもない時もある。
    特に自分がその選択について後悔している時など、「ほらね、言ったでしょ」は結構効くでしょう。
    根本の解決としては、その選択の際に後悔しないように熟慮し、決断については振り返らないってことかなあ?
    そうしたら、「はあ?今更何言ってるのさ?」って返せますよ。

    ユーザーID:

  • 頑張って自衛する

    お母さんに予め注意されたことを、トピ主さんが聞き入れず、そのせいで物事がうまくいかなかった時に言われるのなら、ある度は仕方ないですよね。

    でも、いつでもどんな時でも、事あるごとにトピ主さんの失敗をあげつらって言うのならば、「言ったでしょ」と言われるたびに、「いつ?」と聞き返してみればいいのでは。そして相手にしないことです。私なら返事をしません。

    「私なんか間違ってる?」なんて、いい年した大人の言葉ではありません。でも、自分が正しいと信じる人に反論をしても無駄なので、最善の策は無視に尽きます。実は私の夫がややそのタイプです(そこまでひどくないけど)。口ではかなわないので、「俺が正しい」など言われた時は「ふーん」「はあ」「あーそう?」などまともに相手をしません。「ハイハイまた言ってんのね」くらいの雰囲気をかもし出せれば完璧です。お母さんも、最初のうちはかさにかかって「自分が正しい」と認めさせようとするでしょうか、徹底して相手にしなければそのうち諦めます。普通は、そんな自分を恥ずかしく思うものなんですが…。頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 少し違うけど似てるかも

    義母がいいます
    「ほら、だからいったのに」。
    いってないよ!聞いてない!
    思っていたかもしれないけど、いってないでしょ。
    「それ見たことか!」に聞こえます。

    その場にいない友人の失敗を話題にするときも、
    「だから、そんな事するなって私言ったのに…」
    忠告なんて絶対してないのに、失敗を密かに喜んでいる様にしか見えなくて、引いてしまいます。

    ユーザーID:

  • 毎日、一緒にいるから?

    何の苦労もなく、わがまま気ままな生活をしてきたお嬢様育ちのまま母親になった方を想像してしまいました。お母様は、お幸せそうですか?子供までも自分の思いどうりになるものだと錯覚してはいませんか?貴方の幸福感は、どういったものですか?貴方が、お母さんよりも大人の考えを持つ大人の女性になればいいと思います。このトピには、きっと大人の方から大人のアドバイスがいっぱい付くと思います。それによって、貴方がお母さんから開放され、自立できればいいですね。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • よくある会話

    私 「ほーら 言わんこっちゃあない。言うこと聞かんかったらよ」
    息子「ほっといてくれ」
    私 「アッ そう? 自分の始末は自分でしなさい」

    てな 会話はしょっちゅう。どこの家庭でもあるのでは?

    こっちの目に触れず話も聞かなかったら何も言いませんし言えません。何事も自分の判断と自己責任でやっていかれたら?でも 親の言うことも理にかなっていることもあるので臨機応変に。

    「ほっといてよ」「関係ないでしょ。私のことよ」くらい居直れば? 

    ユーザーID:

  • うわーごめんね!

    今そればっかり子供に言っています。
    「ハンカチ持った〜?」「うん!」出がけに「あれー?ハンカチは?」「ほらね、言ったでしょう!」
    「ここに○置いておくからね」「うん!わかったー」しばらくして「お母さん、○ないよー」「どこそこに置くって言ったでしょ!」「あった!」「ほらね、言ったでしょう」

    ちなみに子供は小学校1年生です。

    言ったでしょう、に対抗するには、言われた事を理解したうえで、あえてチャレンジするか、言われた事をきちんと回避していくか、あるいは「あーそうそう言われてたねえ。」ととぼけ続けるか・・・

    「年の功には勝てないね〜よっ千里眼!」とのんきに言い返すのもいいと思います。

    ちょっと遅めの反抗期なんですね。ほほえましいです。

    ユーザーID:

  • >「私なんか間違ってる?」 と言われたら、

    「間違ってはいないけど、正論が人を傷つけることもあるんだよ。私は完璧な人間じゃないから、全て思ったとおり事が運ぶわけじゃない」

    とはっきり言ってみてはいかがでしょうか?
    お母様の頭の中では、正しいこと、間違っていないことを主張することが“正義”であり、それが“正義”である限り「悪いことではない」(この場合、トピ主様が傷ついていること)という信念を持っておられますね。
    でも、現にトピ主様は傷ついている訳です。
    人を傷つけてまで主張しなければいけない事柄かどうか、ということもあると思いますが、幼児に善悪を教えるのとは違いますからね。
    24歳の、同性であるトピ主様に、ご自身のそういう“真っ直ぐな”生き方を認めてほしい、認めさせたいと思っていらっしゃるのかも。

    それと、ストレスをそういう形(>「ほらね、言ったでしょ」  と他人より優位に立つ)で発散しているのかも知れません。
    お母様がおいくつかは分かりませんが、更年期世代ではないですか?
    ホルモンバランスの影響で、焦燥感が増しそういう行動に出ているのかも知れないなぁ、と思いました。

    ユーザーID:

  • 無題

    (1)親と同居しているのなら、自立して一人暮らしを始める。

    (2)母親の言葉の方が正しかった場合には、わずらわしいと思っても素直に聞き入れておく。自分の浅慮が原因だったのなら、くだらないプライドや反発は自分の不利益にしかならない。

    (3)理不尽な場合、とことん話し合う。

    >挙句、「私なんか間違ってる?」などと
    言葉のうらに「そんなわけないわよね」を
    含ませながら言ってきます。

    そう言われて脱力しても、諦めず根気良く自分の気持ちを説明する。コミュニケーション・スキル・アップ訓練にもなる(かもしれない)。

    (4)お母様のその言葉を聞いたら頭の中で「ちゃんちゃん♪」とか、お気に入りの音楽のワンフレーズとか、気持ちを荒立てずに済むような音を鳴らす。
    そして決まり文句「うん、そうだね。今度から気をつける」(例え、自分が言った覚えのなくても)と言って受け流す。

    (4)は考えることも行動することも放棄する行為なので、あまりオススメできませんが。

    ユーザーID:

  • 受け流しましょう

     実のお母さんですから、丸っきり無視するわけにはいきませんよね。
     正しい場合もあると思うので、その時は素直に「お母さんの言った通りだったよ」と言えばいいし、変だと思ったなら「あ〜、ハイハイ」と聞き流すこと。
     全てを真面目に取合っていたらストレスがたまるだけですよ。
     とりあえず自分が正しいのよと言えればお母さんのようなタイプは満足するはずです。
     下手に「これこれこうだから、お母さんは間違っている」などと言っても「あー、そぉう?でも私は・・・・」と続き結局同じだと思いますので。
     姑がまさにこのタイプ。
     家族だけでなく親戚やご近所でも有名なので「あの人はとりあえずハイハイって聞いておけば良いから」と言われてますよ。
     「仕方ない、ああいう性格なんだし。自分は気をつけよう」って、反面教師にする方が楽です。

    ユーザーID:

  • 同じです

    ウチの母も同じことよく言いますよ〜。と言うか、言ってました。

    「過去のことばかりネチネチ言って、くどいよ。そんなこと言ってたら、家族みんな離れてくよ。」
    「私、お母さんみたいな人生歩みたくない。」
    「そんなに人生の正しい歩み方知ってるなら、お手本みせて。」
    この他にも、色々言いましたが、向こうから言ってこなくなりました。

    「お手本見せて。今後の参考にさせてもらうよ。」っていうのが、一番効いたような気がします。感情をあまり表に出さず、淡々と言うのがポイント。

    とはいえ、親が心配してることは分かってるんだけど。。。

    ユーザーID:

  • うちの母

    同情します・・・

    うちの母の場合は人間としてどうなの?
    という発言(本人曰く冗談)が多いのですが 
    ちょっとでも批判めいた事を言うと
    数倍、しかも人格攻撃となって
    返ってきます・・・

    結局なぜか、こちらが説教される始末です(泣)
    「冗談も通じない!」
    「人の言葉に過剰反応し過ぎ」
    「そんな(気にしやすい)性格ではやっていけない」
    だの言って、全く話が通じません。
    全く、どっちが過剰反応だかって思います。

    対策方法でなくてすみません・・・
    お母様も、いくら言ってもわからないかもしれません。
    私は表面上は仲良くしても心の中で、
    距離を置くようにしています。

    ユーザーID:

  • 私の母もそっくりでしたよ

    私の母もそっくりでした。あまりに習い事にガミガミ言われるので、習字をやめたんです。それに関してネチネチといわれて、私の友人が書道7段(これは完全にプロ)なのですが、「ほら、あなたも続けておけばよかったのに」→当時、母は某影響を受けていて「一度やめた習い事は二度とさせない」ことが信条(あー疲れるう)だったのです。
    私が「この高校に入りたい」と自分の意志で入学して、ちょっと躓いたことがあったんですが、そのときも「親の言うことをきかないから」だったし、短大卒の方が就職が良かった私の時代に就職活動に苦戦していると「だから親の言うとおりにしなさいと言ったでしょ」とまあこんな感じです(苦笑)。家にいると疲れるので、独身寮→一人暮らしをして結婚しました。子供を持ちたくないなあと思うのも「ほら、言ったでしょ」という言葉が離れないんですよね。ちなみに「お習字」は、ゆとりのある今楽しくやっています。

    ユーザーID:

  • 自分に自信のない人

    自分に自信のない人がよくやりますよね。
    確認したいのでしょうね。「私が正しいでしょ?」って。

    聞き流すしかないですよ。
    深刻に受け止めすぎて、自分が傷つかないようにしましょうよ。

    ユーザーID:

  • でも・・・

    何度も何度も「ほらね、言ったでしょ」と言われるってことは、お母様の言うことを容れないで自分の考えで行動しては失敗をくり返してるってことですよね?
    お母様の言うことを何でもかんでもハイハイと聞けという意味ではありませんが、人生の先輩の言うことには指標になることもたくさんあるはずです。自分の失敗を棚に上げて、その不愉快さをお母様のものの言い方が悪いということにして逃げているように見えなくもないです。
    「親の意見とナスビの花は千にひとつも無駄がない」と言います。少し親の言うことにも耳を傾けたらいいのでは、と思います。

    それにしても24歳でこれは、少し幼いと思いますね。

    ユーザーID:

  • 聞き流す

    口癖だと思って深く考えずに流してしまえばいいと思います。

    うちの母もそんんか感じですが、いちいち反論したりしてると深読みして更に悩んでしまうので適当に聞いてます。

    ユーザーID:

  • 子供っぽいという方

    トピ主さんのお母様がどのくらいの言い方かは、
    もちろんわからないけれど、親の発言だから貴方を
    思っているとか、教訓があるとは言えないですよ。

    でも嫌ならそろそろ大人の反撃もありかな?
    すでに良い方法がずいぶん出ているから
    ぜひ試してみてください。

    小学校の子供を持つ友人の口癖もそうでした。
    私にも子供にも「だから言ったでしょ?ほら私の言ったとうりでしょ?」
    子供はくっと悔しそうに我慢します。悔しさはきっと
    自分が間違ったという後悔ではない気がします。

    私は「いーやあんたは言ってないよ。でもそう
    言いたいなら言っていたことにしても良いよ」って
    答えて嫌われました。(笑)

    「あの子は不幸になったけど私に言うこと聞かなかったせいだ。
    色々アドバイスしたのに」ともよく言うので
    「自分の決めたことで不幸なら納得いくよね。
    私も絶対そうしたいもんだよ」
    ともいって疎遠になりました。あはは。

    ユーザーID:

  • 初めから相談しない

    それならもうお母様にそんな台詞を言われないで済むと思います

    私は母ではありませんが、相談すると、いつも傷つく事を友達に言われたので、この人にはもう相談しないでおこうと決めました

    以来、傷つくことはありません

    相談する相手を変えるのも、自衛法だと思います

    ユーザーID:

  • たしかにうざい

    私の母の口癖は「やると思った」です。

    例えば、私が食事中、味噌汁をこぼしてしまった時とか、歩いていて何かにぶつかって壊してしまったとか、転んでしまった、とか。

    とにかく子ども達が失敗する度に言ってました。なら先に注意してくれ、と思いましたよ。

    本当にうっとうしいですよねー。しかし、まあ、日頃いろいろお世話になっているし、その位流しましょう。

    ユーザーID:

  • 私は夫に言ってしまいます…

    夫が一人で何かしでかした時はほっとくのですが、被害がこちらに及んだ時はついつい「だから言ったじゃん」と言ってしまいます。
    (例1)
    引っ越しの荷物を自分の分だけはまとめといてと言ったら「最終日の夜やるよ」「間に合うわけない」と言ったのに…結果:間に合わず。大慌てで手伝うハメに。
    (例2)
    夫が旅行を企画。「混む時期だから宿は早めに取らないと」「分かってるよ」と言って全然やらず。結果:選ぶ余地なくヘンな宿に。

    「だから言ったのに〜!」と怒る私に夫は明るく
    「本当だね。君の言うとおりだったよ〜」
    これでガックリ来て終了です。

    トピ主さんのケースとは微妙に違いますが、参考までに。負けるもんかと言い返すと逆効果です。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧