この映画のタイトルを教えて下さい。

レス16
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

チーズスフレ

幼稚園の頃にテレビで見た映画のタイトルを知りたいです。断片的にしか記憶がありませんが、もしご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

*洋画です。
*小さなセスナ機の操縦席に2〜3人の男性が乗っています。突然、セスナ機の操縦がうまくいかなくなります。着陸は絶望的になり、他の二人が死を覚悟する中、一人の男性はスナ機に黄金のタイヤが生えている絵をスケッチブックに描き、念じたところ、その絵通りにタイヤが出てきて無事着陸に成功しました。

断片的というよりも上記のシーンのことしか覚えていません。申し訳ありません。
今まで映画通の友人や先生にも聞いてきましたが、わかりません。

ぜひもう一度見たいです。
宜しくお願い致します。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 多分これです。

    世にも不思議なアメージングストーリーという映画だと思います。オムニバスで、一番最初のケビン・コスナーの出演する話だと思います。

    ユーザーID:

  • これですね

    たぶん「世にも不思議なアメージングストーリー」というオムニバス映画の第一話・最後のミッションではないかと思います。
    他に第二話「パパはミイラ」、第三話「真夜中の呪文」の三部構成になっています。

    ユーザーID:

  • 最後のミッション

    ケビン・コスナー、キーファー・サザーランドなどが出てましたよね?
    「世にも不思議なアメージングストーリー」(うろ覚え)というオムニバス映画の中の
    「最後のミッション」ですね。

    セスナではなくて戦闘機ではありませんか?
    機体の下部分に閉じ込められた射撃兵の話ですよね。

    彼一人が出られなくなり、飛行機は着陸を余儀なくされるがタイヤが損傷して胴体着陸することになり、
    射撃兵は飛行機の下敷きになるしかない・・・
    射撃兵がスケッチブックにマンガのタイヤを描いて
    飛行機が着陸するとそのマンガのタイヤが現れて射撃兵は助かる。
    ・・・というストーリーだと記憶しています。

    ユーザーID:

  • この映画のはず

    「世にも不思議なアメージングストーリー」第一話、「最後のミッション」だと思います。主人公の友達役が「24」のキーファー・サザーランドでした。
    いい話でしたよね。懐かしいです。

    ユーザーID:

  • それは

    世にも不思議なアメージング・ストーリー (1986)の中の「最後のミッション」ですね。
    これはアメリカでのテレビシリーズを4話まとめて劇場公開したものです。

    トピ主さんの話はその中の一本で、監督はスピルバーグ、主演ケビン・コスナーです。
    飛行機はセスナではなく第二次世界大戦中のB-17爆撃機です。
    http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=24335

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ありがとうございます!!

    トピ主です。映画大好きさん、ありがとうございます!
    ずっとずっともう一度見たいと思っていたのですが、
    タイトルはおろか出演者すらわからなかったので、探しようがありませんでした。
    早速、探してみたいと思います。
    本当に感謝しております。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 世にも不思議なアメージングストーリー

     映画大好きさんのおっしゃる通り、お尋ねの映画は「世にも不思議なアメージングストーリー」の中の「最後のミッション」という話です。ただし、登場する飛行機は「小さなセスナ機」ではありません。この映画の時代設定は第二次世界大戦中で、飛行機は当時米軍が使用していたボーイングB-17爆撃機です。

    ユーザーID:

  • 懐かしい

    私も見ました。アメージングストーリーの中の一作品ですね。短い話でしょう?

    ユーザーID:

  • ロビン・ウィリアムス

    世にも不思議なアメージングストーリーで、黄金のタイヤを書いたのは、確か、若かりし頃のロビン・ウィリアムスだったような記憶があります。

    ユーザーID:

  • 爆撃機です

    前のレスで正解だと思いますがこの映画だとすると飛行機はセスナでなく大二次世界大戦の欧州戦線の米軍爆撃機B-17で念じるのは胴体着陸すると確実に死んでしまう胴体下部の銃座のコミック好きかコミック作家志望かの射撃手です。ケビンコスナーは機長役です。

    ユーザーID:

  • アメイジング・ストーリーズ

    上の方のおっしゃっているとおりだと思います。
    わたしも大好きな作品なので不要とは思いつつレスしてしまいました。いくつかのエピソードから成っていますが、トピ主さんのおっしゃっているエピソード(原題はMissionsだったと思います。邦題がちょっとわかりません)はスティーブン・スピルバーグが監督をしています。ケビン・コスナーとキーファー・サザーランドが出ています。

    ユーザーID:

  • 世にも不思議なアメージングストーリー?

    おそらく「世にも不思議なアメージング・ストーリー」の
    VOL.1に収録されている「最後のミッション」だと思います。

    ただ、セスナ機じゃなくて爆撃機なので、もしかしたら違うかもしれません…。

    ユーザーID:

  • 世にも不思議なアメージングストーリーです

    私も大好きな作品で、三本立ての中の一話で、ケビンコスナーが出演しています。

    ユーザーID:

  • その話大好きです

    映画大好きさんがおっしゃられているように、「世にも不思議なアメージングストーリー」というオムニバス形式の映画(もしくは海外ドラマかも)の第一話ですね。
    タイトルが「〜の奇跡」だったような気がするんですが・・(間違ってたらごめんなさい)
    ケビンコスナーが、セスナ機の操縦席に取り残される男性の上司役で出演していました。

    私も昔、金曜ロードショー(だったと思う)で見て、子供ながらに感動して、涙ぼろぼろだったのを覚えています。

    たしか、スピルバーグ監督が、監督か、もしくは製作総指揮をされていたような覚えがあります。

    ユーザーID:

  • 訂正です。

    前に発言をした、さくらと申します。
    前にタイトルが、「〜の奇跡」だったと思うと言ったのですが、よーく思い出してみると「最後のミッション」という話だったと思い出しました。
    ミッションというのは、「軍隊の任務」というような意味だそうです。

    ユーザーID:

  • 私もコレ好きです

    シリアスムードから一転、ホワホワの車輪が壊れた飛行機から出てきた時、泣き笑いしてしまいました。トトロの猫バス登場シーンにも通じる様なオチというか…大好きです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧