• ホーム
  • 健康
  • 現実逃避〜やらなきゃいけない、でも後回し

現実逃避〜やらなきゃいけない、でも後回し

レス20
(トピ主0
お気に入り3

心や体の悩み

なまけもの

皆さんはタイトルのようなことってありませんか?

明日までに終わらせなきゃいけない事があるのに、なぜかなかなか手がつけられない。逃げられないのは分かってるし結局やるんだけど、自分に負けてどうでもいいことをして暫し時間をつぶしてしまう…。たとえば、昔の手紙を読む、卒業アルバムを見る、爪を切る、部屋の模様替えをする、シリーズ漫画・本を1巻から読み始める…などなど。

私はしょっちゅうです。自分にあきれます。
学生なんですが、「明日テストだ。勉強しなくちゃ」と思ってから始めるまでに恐ろしく時間がかかります。ひどいときは明け方4時ごろまで現実逃避して、やっと後悔し始めてきて詰め込み勉強です。でも直らないんです。時間にせまられないとできないタチなのかもしれません。(でもまだ学生だからこそ色々時間に無茶がきくのかもしれませんね)

同士の方の意見、改善法など待ってます!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 全く心配いりません

    会社役員です。
    高校時代までは”締め切り際の魔術師”と言われていました。しかし大学へ行ってからは締め切り際すら守らず、2年で終わる必修科目を4年掛け、出席日数の足りなさを祖母死亡で切り抜け(実際はとっくに亡くなってました)怠惰を極めました。
    重要なゼミをTVゲームを3日徹夜でやって気絶するように寝て、気がついたら翌日ということで欠席した事もありました。

    そんな私ですが今のところ会社を潰さずに健全経営?しています。社員と社員の家族に対する責任があるからです。「なるようになる」と思って生きていますが、絶対にやらなきゃいけないことは人間やります、ご心配無く。

    ユーザーID:

  • 神秘のパワー

    私もぎりぎりまでしないタイプです。
    でも、今まで色々ありましたが大事な局面では成功してきました。
    その極意を教えます。

    人間追い詰められると神秘のパワーが発揮されます。
    1か月分の仕事を1時間でできるぐらいのパワーをみんな持っています。
    そういうトランス状態になるためには自分を物理的・
    精神的に追い込まないといけません。

    トピ主さんが上手くいっていないのは、
    精神的な追い詰め方が甘いからでしょう。
    物理的にはイイ線いってます(明け方までのんびりしてるとか)。
    もっと克明にやばさを追求して悩みましょう。

    ちなみに、これは私だけのはなしではありません。
    それに真面目な話です。

    ユーザーID:

  • 昔はそうでしたよ

    はじめまして!33歳、2児の母です。
    私も昔はそうで、彼との待ち合わせ時間が迫っても、なかなか布団から出られなかったりして。
    いざ支度を始めても、時間がやばくなればなる程妙にいろんなことに迷いはじめ、何度も着ていく服を変えたり。
    後回しがひどかった頃は、遅刻魔で片付けられない女でもありました。
    治ったのは専業主婦になってからです。
    一日のすべて、時間もその活動内容も自分で組み立てる日々の中、乳幼児もいてすべきことが山盛りの状態。体力的には極限状態でも個々はそう神経を使うものではない日々。そういった生活の繰り返しで、上手に時間を割り振って消化していかないと自分の時間がとれないというハリみたいなものがあり、大げさですが自己を律すること、我慢することを、実は初めて理解したんです。

    トピ主さんも、お若いようなので今はのんびり過せますけど、社会人になったり結婚したりすると今のままでは周囲にも迷惑がかかりますし、一日の活動内容に明らかな差が出てしまいます。能動的になりましょう。

    ユーザーID:

  • 積極的に後回し

    自宅で仕事をしているためネットや漫画などの誘惑が多く、家事や仕事などやらなければならないことが後回しになりがちです。とはいえ何年もこのスタイルなので、今更"前倒しにコトを運ぶ"なんてことも無理。ですので今は、最終的に"すべて間に合えばOK"と考えるようにしています。
    その際、以下の内容を考慮した上、最終的に間に合わせるための段取りを頭の中でイメージしておきます。

    (1)必要な工程は何で、何工程あるのか
    (2)各工程にかかる時間はどれくらいか
    (3)事前に準備しておくものに漏れはないか

    特に(2)は、現実的な時間+αとして考えておきます。ここが適当だと破綻します。
    終わっていないといけない時間から逆算してデッドラインを決め、その時間までは心置きなく"後回し"します。

    根拠のない「きっと間に合う」ではなく、ほぼ実現可能な時間配分ができれば安心して後回しできますよ。

    ユーザーID:

  • いつか慣れるor治る

    全く同じです。
    私も学生時代からずっと、28歳社会人になった今も後回し体質は変わりません。
    もちろん自己嫌悪に陥ること多々ですよ・・。なんか自分が嫌になりますよね。分かります。

    効果的な改善方法というのは私も知りたいくらいですが、後回し人間の先輩として言えることは

    1 開き直るべし・・・大事なことを後回しにしてとばっちりを食う場合はともかく、部屋の掃除や友人への電話程度なら深く考えずに「今日できることは明日やる」の精神で開き直った方が○。自己嫌悪を繰り返すと気にしすぎて余計に後回し癖が抜けなくなります。

    2 社会人になれば改善する・・・社会人になれば切羽詰まった状況はいくらでも訪れます。後回しにしたばっかりに痛い目に遭うこともたくさん。でも、そのおかげで少しずつ後回しを避けるようになるはず。

    要は、必要に駆られれば人間やるしかないのですから、あまり気にしないことですよ。後回しになったとしても最後にはちゃんとやったならいいじゃないですか。多かれ少なかれ皆後回し体質持ってますよ。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 社会では通用しない

    ありますあります!私は社会人ですがついつい自分の得意な仕事を
    優先してしまい、後からイヤイヤ苦手な仕事にかかってしまう、
    なんて事があります。

    トピ主さんは学生だから、テスト勉強をしない→成績が悪くなると
    いう具合に自分だけに跳ね返ってくる結果ですが社会に出ると
    そういうわけにはいきません。
    自分が仕事を遅らせると、周りの人ばかりか、会社自体に多大な
    損失を与える事にもなりかねません。それが学生と社会人の「責任」
    の違いなのでしょう。

    私の対策は「しなければならない事」に1 納期を設ける2 納期まで
    いくつかの区切りをつけてそれぞれに目標を設ける3 目標は必ず
    達成し絶対に延期したり、翌日まとめて2日分するといった事は
    しない、を心に決めています。一度にやろうとするからギリギリまで
    手につかないのです。

    クセがついてしまうとなかなか抜けられないので、今のうちから
    少しずつ出来る範囲から改善しましょう!

    ユーザーID:

  • 今まさにその状況!

    週1回のゼミで発表するレジュメが出来てません。毎週味わってます。
    研究でたいした成果が出てないから書くことありません(泣)。
    ついついネットつないで小町に逃げ込み・・・。

    ユーザーID:

  • 私もです!!!

    私もです・・・!!!もうトピ主さんがおっしゃっていられるように。後回し後回しにしてしまうんですねぇ・・・;私も学生です。成績を上げなくちゃと焦るのですが・・・大事な提出物やテスト前、それが大きなものであればあるほど、重要なものであるほど、何だかうまくやらなくちゃとプレッシャーを感じ、その気持ちを軽くしようと、全く関係のないやらなくてもいいようなことをしてしまいます。。。(涙)ほんと、毎回自分が嫌になるんですけどね。。。;明日もテストです。(+課題も・・・)なるべく早く終わらせて寝ようと思います・・・;

    ユーザーID:

  • 同類です

    30代ですが、いまだにそうです・・・。

    私も「ギリギリまで追い込む」タイプです。
    そりゃ、過去にはギリギリのタイミングを間違えて結局間に合わず、という失敗もありました。
    でも、たいてい間に合っちゃうんです。だから直らない。

    私がよくやる方法は「逆算」です。
    もし翌日テストなら、まず目標点を定める。
    そしてそれを達成するために必要な勉強時間を予測。
    食事やお風呂、睡眠に最低必要な時間を考え、勉強を始める時間を決める。
    そしてそれは全部スケジュール表として書き出し、常にそれを見ながら行動する。

    社会人になってからも資格試験や、会議資料作成などをその方法でやっています。
    たっぷり余裕を持って計画すると、スケジュールを無視したり逆に「うっかりミス」や「詰めの甘さ」が出るので、なるべくギリギリに。そして集中力を最大にして一気にやっつけるのがコツです。そうするとだいたい時間が少しだけ余るので、見直しなども出来ます。
    頑張って!

    ユーザーID:

  • 明日できることは今日やるな

    長らく私の座右の銘です。
    最後に焦るのはわかっているけど、手につかない。気にはなるけど、自分の設定した期日ぎりぎりまで延ばし、物事を進めてきました(含む仕事)。

    が、転職して今の仕事につき、段取り良く進めないと最終的には自分の首をしめることがわかり、仕事に限り面倒くさい事、やりたくないことから始める事にしました。
    結局嫌な事って忘れられずいつまでも気になってしまうんですよね(特に責任が自分にあるものに関しては)。だったら嫌な事からとっとと済ませてしまえと思うようになりました。

    あくまで仕事に限ってだけです。
    他はこれまでの座右の銘どおり。明日に延ばせることは本当に切羽詰ってないと思っていますので。延ばしすぎて忘れちゃう事もあります=本当に必要じゃなかったのね。人生それで何とか回っております。

    ユーザーID:

  • 堅く考えないこと

    人間、しなければいけないことなんてそうそう無いですよ。
    「しなければいけないと考えた方が世間的には良いのだろう」ってことはありますけどね。
    迫ってもしないってことは、本人にとって重要ではないということの証です。
    逃げても問題のない程度の現実ということでしょう。

    重要ではないというのは語弊があるかな?
    重要であると本当に認識していないと言った方がいいかも?

    僕はトレーダーなので、間違ったトレードについては損切りをしなければなりません。でないとトレード全体が破綻します。
    しかし、損切りは自分の間違いを認めるようで、自分としては嫌です。
    なので、そういった現実から逃げないよう、先に宣言しました。
    「ルールを破って損を重ねるような、無様な真似はしない!!」と。
    以来、自分のルールは守ってます。
    無様な人間になるよりはマシですから。

    先にドカンとアドバルーンぶち上げちゃうと楽ですよ。

    ユーザーID:

  • むっちゃわかります(笑)

    普通ならやらないことをやりだすんですよね。いきなり長編小説を読み始めるとか、大掃除を始めるとか。思い起こせば高校時代あたりから、自覚的にそうでした。じゃあ、試験が終わっても、その長編小説を熱心に読み続けるのか、というと、終わったとたんそれもやらなくなる(苦笑)。今なら、客観的にどう見てもクソ忙しく時間ないはずなのに、何故か突然小町への投稿書き始めたりとかね(爆)。

    思うに、その「やるべきこと」に、望ましい結果が期待できるかどうかもわからない、したがって「結果がわかる(よきにつけあしきにつけ)」その地点にいたるまでのプロセスも曖昧として不安・・・やだ〜っ。と、いう感じです(私の場合)。んで、こういうタイプの人間にとって、ネットは敵です(と、断言する)。

    でも、いろいろ世の中を見てくると、私みたいな凡人(笑)が多いながら、すばらしく時間管理をし、やるべきことを着々とこなすタイプの人も確かにいるんですよ。驚愕とともに激しくうらやましいです・・・。

    ユーザーID:

  • わたしもそうです

    まず、ひよこさん、神秘のパワー、ウケました。
    私も、今まさに小町に逃避しているのですが(笑

    そうなんですよね。私も仕事の能率が、納期に近づけば近づくほど上がります。学生時代は、試験やレポート提出の日の朝家を出る時間が近づけば近づくほどはかどりました。

    社会に出て責任感が出ればなおる、という方もいらっしゃいましたが、私の場合、このスタイルは変わりませんでしたが責任感で「神秘のパワー」が必ず締切りを守らせてくれます。

    ユーザーID:

  • 人間失格

    今日は9時に小町をひきあげ、課題をやるつもりです。
    でもなぜか今9時29分です。

    ユーザーID:

  • わかります〜〜〜〜

    私もそうです!!!!
    切羽詰らないとやらないというか。。

    いつも、ぎりぎりになってから、「もっと前から
    やっとけばよかった・・」と後悔しながらいろんな
    ことをするのですが、それでも最後にはなんとか
    なってしまうことが多いので、相変わらずぎりぎり
    まで始めません。

    いつも計画的な親にはあきれられていますが・・・
    これでもいいですかね???

    ユーザーID:

  • アドレナリン

    私も同類です。
    引き伸ばして、ギリギリになると、本気になってものすごい勢いでなんとか間に合わせたりしますよね。
    で,期限までになんとかやりとげると,やたら達成感があったりして。
    引き伸ばし癖のある人って、「ギリギリ!」というときにでるアドレナリンの中毒なんだということをどこかできいたことがあります。たしかに、あの必死さは癖になりますもんねー。
    いまはやりの
    ギリギリでいーつも生きていたいからー♪
    ってやつですかね…ああ。失礼しました。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさんレス、アドバイスありがとうございます。同意してくれる方が多くて嬉しいです!
    追い込むからこそできる、追い込まないからできない、んですよね。でももともと責任感は強いほうなので、社会に出たらここまでひどい状態にはならないと祈りつつ・・・。
    同じ悩みをかかえているみなさん、こうなったら開き直って、自分を追い込んで頑張りましょう!!

    ユーザーID:

  • 2:8の法則

    昔聞いたので2:8の法則というのがあります。

    重要な2割のことをすれば、全体の8割は終わっているということです。ぎりぎりでもやることに優先順位をつけられるならそれほど問題ありません。

    ちなみに、勉強は得意な科目よりも苦手な科目をやったほうが得です。80点を90点にするよりも、50点を60点にするほうが楽だからです。

    締め切り間際のアドレナリンという話がありましたが、
    1)締め切り間際にアドレナリンを出す人は凡人です。
    2)アドレナリンを出さずに普段から計画的に進められる人は凄い人です。
    3)普段からアドレナリンを出せる人は天才です。

    私は普段からアドレナリン出してますが、それは天才なのではなく、いつも締め切りだからです。
    前倒しで仕事をして周りからは仕事が速いと言われますが、それはその人としている以外の仕事も別に進めているので、そうしないと間に合わないのです。
    なので、たまに長期でぼーっとする時間をとります。

    とっても忙しい状況におかれると、テキパキ仕事ができるようになるし、まだやらなくてもいいやってのもわかるようになるので、何の問題もありません。

    ユーザーID:

  • 普通にクリアしたくないだけ?

     ギリギリ癖のせいで地獄を見る事数回。無駄な仮定だとは思いますが、このギリギリ癖がなければもっと違う人生を歩めたような気がします。

     一年ほど前に地獄を見た後、夏休みの宿題に喩えるなら夏休みに入る前にイッキにやっちゃうとか、前半で終わらせるようにすれば、上手く行く事に気付きました。

     普通にコツコツ努力して難なく成し遂げるのは淋しいから、ギリギリまで引き延ばしたり、切羽詰まってみたりして遊んでしまうのではないかと思うのです。
     一攫千金を狙いたいというか、武勇伝を作りたいというか、波乱万丈になりたいというか。ギリギリになりつつ「他人が1週間かける事を1日でやりました。凄いぞ自分」みたいな。そこまで積極的な想いがない時も、ちゃんと計画を立てて、普通に実行する事に「やりがい」が感じられない困った性格なんじゃないかなと。

     なので普通に仕事を仕上げる事プラス「速攻取りかかり、速攻片づけました」という達成感があれば、何とか動けるかと思い、ただいま実行中です。ここ一年、上手くいっています。

    ユーザーID:

  • 私も・・

    31歳既婚子なしです。私も学生なのですがテスト勉強やペーパーなど期日ぎりぎりにならないと始められません。。はー。実は今週末ファイナルなんですけどね。ぜーーんぜん勉強してなくて泣きたい気分です。かなり焦っています(でもまだ本格的には始めていない・・)。

    でもね、同時にいつも何とか切り抜けてるんですよ。だからどうにかなる、ということも分かってるんですけど。このぎりぎりになる寸前の切羽詰った感じが嫌ですね。お互い気をつけましょう。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧