• ホーム
  • ひと
  • 常に「どうでした?」と聞く人(ほめられるのを期待して)

常に「どうでした?」と聞く人(ほめられるのを期待して)

レス18
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

ハイジ

親戚の女性なのですが、私たちが家を訪ねる予定があるとそのまえになにか手芸を作ったりしておいて、それを出してきて「どう?」と聞いてきます。またその人の地元にいくといろいろお店をつれまわし、「どうでした?いいお店だったでしょう?」とか「料理おいしかったでしょう?」と聞いてくるのです。聞かれたほうはよかったと答えざるを得ない雰囲気に。。。

でも実はほとんどの場合、本音で答えるなら「うーん」という程度のことがおおく、なんだか良かったと答え続けるのがつらくなってきました。こういう場合、やはりほめ続けるしかないのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 疲れてきたなら

    「そうですねぇ....微妙。 おほほほほ」
    と、答えましょう。

    けなすことはありません。

    ユーザーID:

  • ほめるポイント

    手芸であれば、出来がよければ「素敵」とほめます。
    うーんという場合であれば「けっこう手がかかってるでしょう?」
    といいます。

    お店であれば、おいしかったばあいは「おいしかった」と
    いい、いまいちであれば、「わざわざ連れてきてくれて
    ありがとう」といいます。

    労力をほめたり、おもてなしに感謝することは欠かし
    ませんが、よくないものをいいということはしません。

    ユーザーID:

  • あまり本気でほめなくても・・・

    本気でほめようとするから疲れるのではと思います。
    おざなりに適当に社交辞令として「そうねよかったわね」程度に言っておけばどうでしょうか。
    ひょっとしたらハイジさんが誉め上手で、真実味を持って気合を入れて誉めてくれるので、相手はその心地よさをついつい期待してしまうのかも?おざなりにしか誉めない人に対しては、あまり「どうでした?」などと聞かないのではと思います。

    よく料理のレポート番組などで本当はまずい時にしかしそうも言えないので「ユニークなお味ですね」とか「好きな人は好きな味ですね」とか、レポーターが苦肉の策の言い方を工夫するという話がありますよね。
    それと同じように、誉められない場合は「カドが立たない誉めない言い方」を趣味として(?!)工夫してみたらいいかも。
    うまく言えたらけっこう密かに楽しいかもしれません。(笑)

    ユーザーID:

  • ミスター長島風に

    「う〜ん?どうでしょう?」ってのはどうです?

    ユーザーID:

  • わかります、その気持ち・・・

    姉の家に遊びに行って食事をご馳走になる時、「どう?」って聞いてくるタイプです。調理法から、通販で取り寄せた食材まで、ずーっと説明しっぱなしです。正直うざったくなるのですが、ご馳走になっている手前、「うん」「おいしい」「そうなんだー」しか言えません。

    学生時代、アメリカ人の先生が、「interestingは、便利な単語です」と言っていました。例えば絵画を見せられて、「どうですか?」と感想を求められた場合、好みじゃなかったり、絵画について何の知識もない場合「It is interesting.」と答えておけばいいと。

    誉めるのに疲れたら、「面白い店だったわね〜」とでも言っておいたらどうですか?

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 愛想よく、でも、うわの空で

    どうでもいい相手、どうでもいいことには
    ↑の対応でOKです。

    あるいは、本人も辟易するくらい大げさに褒めちぎってみせるとか。
    相手の自己満足にまともに付き合う必要はありません。
    礼儀正しく、愛想よく、でも、心は込めない。
    それで充分です。

    ユーザーID:

  • 適当に

    褒められたい、認められたいという欲望はやむを得ないものですね。

    親戚なら適当にほめておく。ここがおもしろいですねとか、どうやって作ったの、どこで手に入れたのとか適当に話題をふると嬉々として話すでしょうから、聞き流しておくかな。

    いいものは褒めてもいいけど、よくないと思ったら話題をふるか、他の話題に切り変えるとかする。

    経験談なのですが、洋服でこれ私に似合わないよね?としつこく聞いてきた知人がいて、本当に全く似合わず、本人もそう思っているのか何度も「似合わないよね」と繰り返し聞いてくるのです。正解は「そんなことないよ、似合うね」みたいでした。が、答えに困って、「う〜ん、どうかな〜、色がね〜」とうっかり言って、すっかり嫌われてしまいました(笑)別にいいのですが。
    しつこく評価を求めてくる人からはさっと逃げるのも一つだなと思いました。

    ユーザーID:

  • レスありがとうございます

    みなさん、レスありがとうございます。

    その人は何でも手作りがすきなのですが、今まで「これ作ったんですー」と出されたものでキムチ(これ、キムチですか?という味と色でした。。。)ハム(なんだか生っぽかった)などは、どう反応していいのかわからないものでした。それまでは「わーすごい」などと感想を言っていた(ローラさんがおっしゃるとおり、ちょっとほめすぎていたかも)のですが、そのときはさすがにはしもちょっとつけただけであまり反応もしませんでした。でもその後もいろいろ作って出してくれます。

    そうですよね。ほめられないものの時はこれからはちょっとトーンダウンした反応に切り替えてみます。

    ユーザーID:

  • 確かに

    確かに都度ほめるのって面倒ですよね。でもいいじゃないですか、それでその人の喜ぶ顔が見られるのなら。かわいいもんですよ。以前はトピ主さんと同じように思っていましたが、大らかな主人と結婚し生活するうちに、私も人に対して寛容になった気がします。

    ユーザーID:

  • けなす必要はないけれど…

    「良いですね」「良かったですね」
    を、繰り返していれば良いと思います。

    私の親戚、というか従姉は、自分の娘自慢が大好きです。

    出産後、「ぜひ、会いに来て!」と何度も言われたので、
    渋々、お祝いを持って面会に行くと…
    「ねっ! うちの娘。ちょープリティでしょーぉ?」と、見せられたのは、
    まぎれもなく「ジャイ子」でした。

    咄嗟に、言い逃れ慣用句である「元気そうな子ね」を言えました。

    3歳になった今も、やはり「ジャイ子」ちゃんですが、
    従姉は「恋は盲目」そのままに、
    「うちの子一番っ!」と、ピンクのヒラヒラドレスばかり着せています。

    また、それを何枚も撮っては、
    私の携帯にも、PCメールにも送りつけて来ます。
    「似合ってる」とは、絶対に言えませんが、
    「(ドレスが)可愛いね」と、返すようにしています。

    ユーザーID:

  • ちなみに

    彼女には息子がいるのですが、彼が小学生低学年のころは通知表までみせられました。ものすごくいい成績というのではなかったのですが、彼女としては自慢したかったようです。(幸いなことに、高学年になってからは見せられていません。その話題にもふれなくなりました。)

    いろいろな面で見てみて!いいでしょ!すごいでしょ!ということが多いので疲れるのですが、親戚なのでつきあわないわけにもいかず、この話題を手短にかわすと話題が続かないこともあり困っています。。。

    ユーザーID:

  • 自分のことならまだ

    ほめて欲しいのかな、自分のセンスに自信がないからの確認かな・・・
    私のお友達の場合、自分のことならいいのですが、全て子供のことで苦痛で・・・

    子供のお絵かきを見せたり、作文、書道、全部見せられて、どう?なかなかだと思わないって、1年生の書道で、なかなかも何もないと思うのですが お絵かきも1年生のもの 芸術家ならまだしも、どう思う?って聞かれるの、私も、大の苦手です。

    悪いっていえないじゃないですか、そういう人に限って、いいって言ってもらいたいがためにしているので褒めるしかないんですよね・・・

    ユーザーID:

  • レストラン批評なんて、正直にすればいいと思います

    ほめ続けるから、相手も質問し続けるんじゃないですか?

    手芸とかは、私はたいていいいので、誉めますが、たまにとんでもなくても、手作りのものなら悪くいえないので(叉、誉めた結果プレゼントされても困るので)、「作るの大変だったでしょう」とか「器用なんだね」と言います。

    料理は、彼女が作ったものではないんだし、ほめなくてもいいじゃない。傷つけない程度に本当のこと言えば。「xxはちょっとしょっぱかったかな。xxはおいしかったけど」とか正直に答えればいいと思います。

    たまにお世辞はいいますが、思ってもいないばかり言うってことは私はしません。本音が言えないのでは、友達ともいえないし。

    ユーザーID:

  • 大人として

    その程度のことならとりあえずほめておくのが大人のマナーです。
    朝「おはようございます」って挨拶するのとなんら変わりはないですよ。
    褒めちぎったりいつも違う言葉でほめる必要もないんですよ。
    九官鳥並みで構わないですが、とりあえずほめなくてはいけません。
    それが出来ないならその親戚には会わないことです。

    ユーザーID:

  • ?????

    しつこく褒める事ないけれど、「美味しいですね」「お上手ですね」って一度言えば良いだけだし、人間関係も良好になりますよね。

    ビジネスだと本音を言わないとダメだけど、親戚関係なら当たり前のように潤滑油として「褒める」ってアリだと思います。

    そんなに深く考えないでサラッと褒めてお終いにするだけで良いのでは?

    ユーザーID:

  • けなさないで本当の事だけ言う

    手芸の品が「う〜ん」という出来だったら、「よく出来てる」とか「すばらしいわ」などとお世辞を言わず、よくその品を観察し、「よく丁寧に作ってあるわね」「根気があるわね」とポジティブな本当の事を言えばいいのではありませんか。(私も友達でビーズや刺繍の趣味の方がいますが、「色が素敵ね、でも、私はこういう可愛らしいのは似合わないのー」と言っています)

    レストランも「よかった/美味しかった」ではなく、「店のインテリアが素敵だったわ」とポジティブな本当の事だけを言えばいいのです。そして「私にはちょっと辛すぎたわ/脂っこすぎたわ」と付け加えればいいのではありませんか?(私は奢っていただけるのでしたら、ひたすら「美味しかった」と褒めまくりますがー)

    ユーザーID:

  • 手作りは嬉しい

    私は自分が不器用なので手作りする人を無条件で尊敬してますので、出来はどうあれ聞かれなくても絶賛しちゃいます。

    あと地元のお店に連れまわす・・・ってちょっと意地悪な言い方じゃないかな。
    トピ主さん達が喜ぶと思って案内してるんじゃない?
    それともお店も全部イマイチ?

    私はホメ殺し(古い)の家に育ったので、褒められると嬉しい気持ちは分かります。
    小さい頃から絵でも工作でも料理でも手作りの物は絶賛してくれる両親と兄だったので・・・

    私の旦那は褒めるタイプじゃないので、唯一得意だったお菓子作りもしなくなっちゃいました〜(甘党の兄にはさんざん凝った物を作ってあげてたのに)

    という事なので、迷惑なら褒めなければいいんですよ。私タイプなら張り合いなくてやめちゃうし、ムキになって美味しいものを作るかもしれないし・・・どっちにしてもトピ主さんにとってはいいですよね

    ユーザーID:

  • レスありがとうございます その2

    ポジティブにいいとおもったところだけをほめるというのは実行しています。でもとにかくなにかほめ言葉をいってしまうからまたこのサイクルが続いてしまうのではと思うのです。できれば多少なりとも気づいてほしいんですが。

    たとえば手芸でも、料理でも、彼女お勧めのお店でも100点満点で70点くらいのレベルなら私もいいところだけをほめ続けることがこんなにつらくはないんですが、たぶんほとんどの場合50点いってません。。。
    でも自信満々なんです。たぶん料理などを出された方みなさん、ほめざるを得ない状況になっていると思うのですが。。。。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧