愛犬との別れ

レス23
(トピ主0
お気に入り1

家族・友人・人間関係

そら豆

私の愛犬(オス・中型犬)は今年の3月で16歳になりました。
ここ一年、著しく体力が落ち、目は緑内障と白内障を併発して失明し、おむつをして寝たきり状態です。
食べ物には反応するものの、かつてのようなイキイキとした表情は消え、一日中寝てばかりいます。
小学生の頃から一緒にいたので、愛犬の死について考えただけで、胸がしめつけられ、涙がこぼれます。
残された時間を、家族と共に見守りたいと思っています。

愛犬との別れを経験されたみなさんの、経験談やどう立ち直ればよいかのアドバイスをお聞かせください。

よろしくお願いします。 

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いっぱい触れ合って愛してあげて下さい!

    はじめまして。
    私は、昨年の6月に突然愛犬を失いました。
    前日まで元気だったのに、突然愛犬を失った事で私も含め家族全員、心の整理がつかず半年以上苦しんでおりました。
    もう二度とあの鳴き声やしぐさ、なめらかな毛に触れ合えない現実に父と母は、精神不安定となり仕事中に涙が出たり、軽い不眠症となってしまいました。
    いわゆるペット・ロス症候群です。
    今でこそ、闘病して亡くなっていたら心の準備も出来たのに・・と両親は言ってますが、お別れの時期が近づいていると分かっている状況も大変辛く悲しいと思います。
    お役に立てるか分かりませんが、写真や映像を残しておくといいかと思います。未だに見ると涙が出ますが、たくさん写真を撮っていて本当に良かったです。(今年は戌年だったのでその画像でカレンダーを作りました)あとは、毎日出来るだけ一緒にいてあげて触れ合い、愛してあげて下さい。 犬にとってそれが幸せだと思います。

    ユーザーID:

  • 今でも大切。

    もう10年以上も前です・・。なんの病気か
    獣医さんもわからないまま(老衰だったのかな)
    衰弱していって、家族みんな口には出さないけど、
    愛犬の最後が近いって感じてて、つらかった・・。
    神様にも祈って、祈ったけど、
    ある晩、遅くに母が部屋に来て
    「たぶんもうじき逝くよ・・」って・・。
    なんでそんなことわかるのよ!って言ったら
    「さっきからがんばって動いて、玄関で少し寝て
     庭で少し寝てって思い出作りをしてるみたい」
    自分が遊んだところや昼寝したところを
    転々と動いているらしいのです。
    あわてて見に行くとテラスで寝ていて、少ししたら
    自分の小屋に入っていきました。
    愛犬の最後が近いのを確信する自分と
    信じたくない自分がいて涙が止まりませんでした。
    家族みんなが見守る中、愛犬は大きくため息を
    ついてそのまま・・逝きました。
    今で言う大往生、みたいなものかな。
    いなくなってすぐは、会話に出すのもつらかった
    けど、時間が解決するしかないです。
    実家には今でも写真があり、私の子供を
    見守ってくれてるような気がします。
    今このときを大事に、愛してあげてください。

    ユーザーID:

  • もう1年前になりますが

     おじいちゃんのように大人しくて近所の子供たちに何をされても決して怒らなかった愛犬を1年前(14歳でした)に亡くしました。
     私の場合実家から離れて暮らしておりましたので、亡くなった事は仕事に行く前に家族から電話で知らされました、、。通勤でのバスの中で必死に涙をこらえて大変でした。
     犬とはいえ家族同然でしたので(もちろん愛犬家の皆様も家族同然という気持ちは同じでしょうが)寝る前に思い出したりして今だに泣いてしまいます。
     しかし人間もそうですがいずれ死んでしまうのです。また完全に忘れる、立ち直るのは不可能だと思います。
    ですから、思い出を大切にして現実を受け止めると良いと思います。

    ユーザーID:

  • 私は先月愛犬を亡くしました。

    実家の愛犬を15歳で亡くしました。トピ主さんのわんちゃんも長生きなので老衰に近いと思います。

    うちのわんこは1年ほど前から散歩の時倒れたりするようになったのが最初で、あとは徐々に老衰していきました。

    一日中家で寝たきり状態になりましたが、死んでしまう4日前までは少しだけ食べてました。獣医さんに聞いた所、食欲がなくなってきたら生の良い牛肉などあげてみるのも良いということで、あとはビタミンなどのサプリでも大分元気になりましたよ。

    でももう年には勝てず、という感じでした。苦しまずに眠ったまま亡くなったのが救いでした。うちの家族も最後まで看取れたのと、半年前くらいから徐々に心の準備ができていたのが良かったといえばよかったです。大型犬だったので、おむつや抱きかかえるのも大変でした。

    ネットで老犬 介護などで検索してみて下さい。たくさん体験談が載っています。同じような状態で、とても役に立ちました。

    できれば室内にいれてあげて下さい。最後までどうか気を落とさずに見守ってあげましょう。私は具合が悪くなった頃に泣くだけ泣いたので、最後は本当に天寿を全うできてよかった、ありがとうと言葉をかけてあげました。

    ユーザーID:

  • まだ元気なのですが、

    このままでは私は必ずペットロスになると思います。

    なので、日頃から愛犬の死について考えるようにしています。
    ある著名人の方が、愛犬の死の後、その毛皮をベストにしていました。気味悪く思う人もいるようですが、愛犬といつも一緒にいたいという感覚は、私には分かります。

    私は毛皮にはしませんが、この時季にすいた毛を紡ぎ、毛糸にしているところです。得意なわけではないので、根気の要る作業ですが、毛糸が出来上がったら何か編んでみようと思っています。

    そうして少しずつ少しずーつ心の整理をしながら、やがて来る日の、その時の自分に備えようと思っています。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • できるだけ長く一緒にいて優しい声をかけてあげてください

    うちも、Lyncsさんとほとんど同じ状況です。
    私達の手を煩わせないよう気遣って逝ったんだ、とか、出来るものなら手を尽くして看病してやりたかった、とか、突然死の場合もそれなりにいろいろ思い悩み、心の整理がつかないものです。

    うちは8歳でした。
    たった8年間だったけどしっかり家族の一員でした。
    あの子を失った今、家族みんなでふさぎこんで、涙が止まりません。

    ですから、16歳のワンちゃんとのお別れを考えたらどれだけつらく悲しい事かとお察しいたします。耳はよく聞こえていると思いますので、優しく声をかけながら体を撫でてあげてくださいね。

    喜ぶ事をたくさんしてあげてください。


    立ち直る方法は、私たちも今探しているところですが、とにかく時間が必要だと思います。

    ユーザーID:

  • 消化できないまま過ごしてます。

    学生時代に、愛犬を亡くしました。

    老犬のヨークシャテリアだったのですが、
    食欲は落ちてたものの、よく寝てたので
    まだまだいけるとおもったら、
    ある朝、玄関に向って歩いていったと思ったら
    5分後、ベロ出して亡くなってました。

    あまりの出来事を受けきれず
    段ボールに入った亡骸を抱いて、その日は
    いつまでも泣いてました。

    あれから、8年経っても
    墓参りに行くと未だに姉妹で涙が出ます。
    あまり思い入れが強すぎても、成仏できないよと
    親はなだめてくれましたが、
    消化できない気持ちは、強く思い出した時には
    涙で落ち着かせようと思います。

    ちなみに、愛犬の姿をオーダーメイドの
    ぬいぐるみにしました。
    着ていた実際の服を着せて、かわいがってます!

    ユーザーID:

  • 時間が必要です。

    16歳なんですか〜よく頑張っていますね!
    一日中寝るのは老犬なら当たり前なんですよ。

    出来るだけ、傍にいてあげてください。
    話しかけたりスキンシップは安心します。

    我が家の愛犬も15歳で逝ってから6年が経ちました。
    家族中で泣きました。次男にとって、特に自分より一つお兄さんだった竜君(犬の名前)は生まれたときにはすでにいたのです。長男は年長になったばかりの時に、自ら選んでうちの子にしたので、やはり、ショックでしたね。お医者様は、良くここまで頑張ったね、褒めてあげてね。あとは、家族の気持ち次第だから、、。

    そして、最後まで見守ろうと、、。(週2、3回は往診して点滴をお願いしていました)

    ユーザーID:

  • つづきです。

    ペットロスも、時間が解決するのだと思います。

    我が家の場合、縁あって竜君が逝って4年後に友人から譲ってもらったミニチュアダックスを迎えることが出来て、癒されまくっています。

    実は、来月初めには竜君の命日です。毎年、お墓まいりに行ってます。ダックスが来てからは、その子を連れて行きます。いつまでも忘れないよ。また来るね。と言いながらお参りしています。どんなに、頑張っても悔いは残りますが、限られた命だから一日一日を大切にしてください。

    愛犬(ペットはみんなですが)は沢山の愛と幸せを家族にくれました。その気持ちはいつまでも残ります。介護頑張ってください!

    ユーザーID:

  • 虹の橋

    私も去年18歳の愛犬を亡くしました。
    とっても頭の良い子で大好きでした。いっぱい泣きました。そんな時「虹の橋」に出会いました。
    http://www.playful-dog.com/thinking/thinking.html
    でも今はなるべくたくさんワンちゃんの側にいてあげてくださいね。

    ユーザーID:

  • 辛いですね

    長生きさせてあげたんですね、16歳?!
    しあわせだったでしょう。

    もうあまり活動しないとなれば、沢山なでて、沢山話しかけて、そら豆さんが悔いのないようにしてください。
    そら豆さんの家に来てよかった、って思ってますよ〜。

    私も何度もワンコと別れをして、泣いて泣いて、その辺にいるような気がしなくなった頃、また、次の子を飼っちゃってます。

    そこで前のワンコが笑ってフェイドアウトしていきます。沢山の思い出はそのままです。知識や経験は次の子に役に立ってます。

    ユーザーID:

  • お辛いですね

    昨年、わが子同然に可愛がっていた愛犬を亡くしました。死んだときも悲しかったですが、病気で苦しんでいる姿を見ているときも眠れないほど辛かったです。何を食べても砂を噛んでいるようで、1週間で4キロやせました。

    「ペットが死ぬとき」「ペットたちは死後も生きている」という本があります。わたしはこの2冊で救われました。もし興味があれば、アマゾンあたりで探してみて下さい。いつかきっとまた会えるという確信が生まれます。

    今はトピ主さんとご家族の愛を、いっぱいいっぱいワンちゃんに伝えてあげて下さい。

    ユーザーID:

  • 心残りの無いように・・・

    うちは、犬では無くて猫だったのですが、お別れという意味で同じかと思ってレスしました。私も10歳の時から17年一緒にいた愛猫が居ました。結婚してなかなか一緒に居られなく、GWに実家に帰る予定の前の日に、突然居なくなってしまいました。実家に当日行くと、母がいつもと様子が変でどうしたのか聞くと、泣き崩れて昨日いなくなってしまった旨を聞きました。うちの猫は本当に母が大好きで、片時も離れないような甘えぶり(寝るときも常に一緒)だったのに、どうして居なくなるのかと。。。それから一生懸命探しましたし、手の施せる事は全てしましたが駄目でした。それから色々な人に聞いたりして、特に猫は死期を悟ると居なくなる傾向があると言われました。大分歳は取っていて、おばあさんになっていましたが、まだ元気でした。でももしかしたら、もう死ぬ前だったのかも知れません。

    ユーザーID:

  • 心残りの無いように・・・続き

    うちの猫は私が10歳の時にまだ生まれたばかりの頃、可愛そうで拾って来た猫でした。病気がちで、もう数え切れないほど病院に行きました。大学病院にも行ったほどです。本当に家族全員で愛していましたし、人間と同じ物を食べてた位、一緒の生活でした。お友達曰く、本当だったら、赤ちゃんの時に死んでいたかも知れないのに、17年も元気に幸せに暮らせて、本当に我々家族にお世話になったから、最後迷惑をかけないように、身を引いたと言われました。だから、私達家族もそう思うように努力しました。でもやっぱり、死ぬまで一緒に居たかったし、お墓も作りたかった。。。お葬式もしたかった。。。心残りです。だから、どうぞ最後、しっかりと見届けて下さい。最後まで愛してあげて下さい。誰でも死はあります。だから、心残りの無いように一緒に居てあげて下さい。私は出来なくて、本当に家族全員気持ちの持って行きようがなくなり苦しみました。今でも近くのお寺にちょくちょくお参りに行って、幸せに天国に居る事を願っています。長くなりました。書きながら、涙が出てきました。

    ユーザーID:

  • つらいですね。

    うちも愛犬が天国へ旅立ってから4年半になります。
    その年、母(享年61)が病気で他界し、それから半年後に犬が…16歳でした。
    夏が終わる頃体調を崩して…高齢ですから覚悟はしていましたが、やはりお別れはつらかったです。苦しまなかったのが犬にとってせめてもの幸いです。
    直後、会社では普通に振る舞っていましたが、家ではいっぱいいっぱい泣きました。友達にも慰めてもらったりしました。どれぐらいかかったか覚えてないですが、とにかく悲しい気持ちは無理に抑えなくていいですよ。今でも部屋には犬の写真を飾っています。もう泣いたりすることはほとんどありません。むしろ優しい気持ちになれます。犬もきっと天国で大好きなお母さんに逢えて、一緒に見守ってくれてると思っています。

    もう家族同然ですもんね。お別れを考えただけで苦しくなる気持ちわかります。
    そら豆さん、いっぱいいっぱいワンコ可愛がってあげてくださいね。

    ユーザーID:

  • 愛犬は家族ですよね。。。

    私は2年前に、14年間一緒に暮らした愛犬が天国に行きました。生前からこの子が居なくなったら。。。って考えるだけで涙が出て来てしまうくらいでした(恥)。最近、同じ犬種の子犬を家族に迎えました。私の中で次の犬を我が家に迎えるまで2年掛かりましたけど、前の子を忘れる訳ではありません。心の中で、時々比べてしまったり、見守ってあげてねって思ったり。。。勝手な飼い主ですよね。でも、いつも私の心の優しい所にあの子は居るような気がします。

    ユーザーID:

  • 最後まで一緒に

    今月、愛犬を8歳で亡くしました。去年、心臓に疾患が見つかってペースメーカーのオペをしましたが、良くならずに4ヶ月の闘病を経てのことでした。入院してましたが、1日に2回の面会と、先生に話を聞くのに4時間寝ている娘を抱きながら待ったこともあります。亡くなるすぐ前には両目に潰瘍が出来て、先生からはいつ失明してもおかしくない状態だと言われ、胸が締め付けられるように痛く、安楽死の選択をした方がいいのか、それはそれは悩みました。最後の1週間は家に連れて帰って来て、一緒に過ごしました。目薬も2時間置きにあげなくてはならず、私の身体も疲れ切ってましたが、最後まで面倒を見てあげれてよかった、出きることは全てしてあげたと、満足しています。病気で歩けなくても、目が見えなくても、犬は鼻で貴方の匂いを感じて安心します。寝てるようでも貴方の言うことは聞いてると思います。どうぞ、最後の時が来るまで、声をかけてあげて、愛情を一杯あげて下さい。

    ユーザーID:

  • 日々大切に・・・

    そら豆さん、おつらいですね。
    私は猫を看取った経験しかないのでレスしようか迷いました。
    私の経験を踏まえて思ったことを率直に書かせていただきますが、気に障ったらごめんなさい。

    「その日」がくるまでは、家族の皆さんはいつもどおりの振る舞いをしてワンちゃんが安心できる環境にしてあげてください。

    動物は人間の言葉がわかるので、小さな子供(人間)に話すつもりでたくさんたくさん話しかけて下さい。
    ・あなたと出会えて嬉しい、幸せ。
    ・大好き。
    ・大切な存在。etc.
    普段から言っているかもしれませんが、ワンちゃんに毎日言ってあげて下さい。
    昔の想い出話とか、楽しかったことをたくさん話しましょう。

    「犬たちのネバーエンディング・ストーリー」小原田 泰久 著
    この本お薦めです(親友が教えてくれました)。今のそら豆さんのつらい心に一筋の光が射し込むかもしれません。機会があったら読んでください。

    まだまだ先だと思いますが「その日」がきてしまったら、このサイトをご覧ください。
    http://www2s.biglobe.ne.jp/~symd/Rainbow/Rainbow_bridge_index.htm

    ユーザーID:

  • 日々大切に・・・(つづき)

    「その日」がくることを想像しただけで怖くてたまらないですよね・・・
    でも!今はワンちゃんのために踏ん張りましょう!お気持ちは痛いほど分かりますが、あまり先のことを考え過ぎず、毎日を大切に!
    でもいつか「その時」がきてしまったら「今までありがとう!○○と出会えてみんな幸せだったよ!」と必ず必ず言ってあげてください。「逝かないで!」と叫びたい気持ちをグッと堪えて安心して旅立たせてあげることが、最愛のワンちゃんにしてあげられる最後の愛情だと思います。

    ワンちゃん、そら豆さん、家族のみなさんが1日でも長く一緒に過ごされますように!

    ユーザーID:

  • 私の犬達 (長文その1)

    私もこの4、5年の間に実家で飼っていた愛犬を2匹相次いで亡くしました。
    寂しい家庭環境で育ってきた私には長い間大きな心の支えになってくれていた
    犬達でした。
    2匹共、最後は辛い病気を患っていたものの、長い寿命を全うできたのは幸い
    でしたが、1匹は死に目に立ち会うことが出来ず、それが今でも心残りでいま
    す。思い出すと今も涙があふれそうになりますが、辛い病気から解放され、
    天国へ旅立った犬達に、今まで本当に有難うという感謝の気持でいっぱいです。

    おかしな事を言うと思われるでしょうけれど、天国へ旅立った犬達の存在を
    身近に感じたことが今まで何度かありました。

    ひとつは看取ることのできなかった犬の存在。具体的に書くと長くなるので
    省きますが、この犬の、私がそばにいなくて寂しかったという魂の叫びを感じ
    ました。驚きましたが、必死で声に出して語りかけ詫びました。すると、
    その後不思議な事は起こらなくなりました。(続く)

    ユーザーID:

  • 私の犬達 (長文その2)

    そしてもう一匹の存在。最後の一匹を失った私がその後何年も執着している
    ことがたぶん負担だったのでしょう。家にいた夫の前に現れたそうです。一瞬
    だったそうですが。私はその犬のお骨をいつまでも家に置いていました。夫と
    話し合った結果、犬達の好きだった近くの堤防にお骨を埋めに行くことにしま
    した。(大きな声では言えませんが、うちの犬達は皆そこに眠っています。)
    そしてその後は何もありません。

    愛犬の死後、その魂を身近に感じることができたのはある意味嬉しいことでは
    ありましたが、その一方で不安にもなりました。人間に限らず、犬等ペット達
    も天国で心穏やかに過ごさせてあげられるよう、必要以上に執着せず、天国に
    送り出してあげることも大切なのではないかと思いました。

    今、2歳になった犬1匹と暮らしています。どんな事があっても最後まで面倒
    みてやるから安心しなさいよ!と、ちょっと偉そうに(笑)語りかけたりして
    います。

    ユーザーID:

  • 13歳7ヶ月

    経内犬の柴犬で、2004年の年の瀬に、内臓腫瘍が原因で逝きました。

    一ヶ月前ほどから食べなくなり、寝てばかりになりました。可哀相で見ていられないからと父から安楽死の話が出て、家族で口論に。最期は結局自然死でしたが、楽な死に方ではなかったと思います。口から胃液を戻した折、窒息。

    私の手の中で息絶えたのですが、家族全員が立ち会い、愛犬の名前を呼び続けていました。死後硬直が始まる前に、清拭し目と口を閉めてあげていつもの場所に寝かせてあげました。犬に葬式なんかと言っていた父でしたが、ペット葬儀に電話をかけて、結局一番高いプランをお願いしていました。翌朝、処置、お経、焼香、出棺。

    愛犬を思い出させるものは全部捨ててと泣きながら言う母に応えて、父が無言でその日のうちに全て処分。2日後、お骨拾い。看取りから葬儀一連の体験が現実に戻る手助けになったようで、みんな割と早い段階で涙を見せなくなっていました(父を除く)。

    後は時間が癒してくれたとしかいいようがありません。2代目がやってくる日も近いかな?参考になれば幸いです。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさん、色々なアドバイスと、やさしい言葉をかけてくださり、どうもありがとうございました。

    私の愛犬は2週間前に、天国へ旅立ちました。
    実家と離れて暮らしていたので、最期には間に合いませんでしたが、家族全員でペット霊園で、葬儀を行いました。私達家族の場合は、半年前から愛犬が徐々に衰えていく様子を見ていたので、心の準備は出来ていましたが、やはりつらくて、みんなで泣きました。けれども、天寿を全うした愛犬を褒め、「ありがとうね」といっぱい撫でてあげました。

    老犬で、盲目となり、耳も聞こえなくて、不自由な身ではありましたが、亡くなる直前まで、家族が声をかけたり、撫でたりするのに精一杯応えてくれました。
    本当に、本当に、心のやさしい犬でした。

    2週間経った今、家族は不思議と平穏に暮らしています。天国にいる愛犬が、元気いっぱいで幸せにいてくれることを祈っています。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧