人に厳しく友人ができにくい

レス84
(トピ主0
お気に入り3

家族・友人・人間関係

トピ主

年々人に対する許容範囲が狭くなってきている気がします。

20代前半頃まではなんとなく気が合えば誰とでも交友関係を持てたのですが最近では気が合うという理由だけでは人を友人として受け入れられなくなってきました。

長年の友人で私の過去を笑い話のようにいつまでも持ち出したり、割と新しい友人でも慣れてくると嫌味がでてきたり、会話に愚痴が多かったりとこのような面があるともう付き合いたくないと思うのです。

以前なら嫌味のちょっとくらいならその時ムカッときても流していたのですが今では“幼稚な人だなぁ”と相手を軽蔑するように。

愚痴も“友情”の一部として聞けていましたが今では内心“つまらない人”と思い、だんだん疎遠にしています。そんな批判をする私自身は決して完璧な人間では無いのは承知。そんな中、かなり少数になってしまった友人はすばらしいと心から尊敬できる人達です。

でもそんな自分がちょっと寂しいかなと最近おもいます。以前よりも変なプライドが高くなったのかな?!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数84

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無理をしたくない

    私はもうすぐ40才になります。

    で、ここ数年、とぴ主さんと同じ感じです。

    でも、少し意識して友人つきあいの範囲を狭めている
    のです。常識がなかったり、愚痴ばかりだったりで成長がないなと思う人と意味もなく時間を過ごすのが勿体無いと思うようになりました。今までは、時間をさいたり、話を聞いたり、気を使ってました。
    単なる知人、元同僚といった、実は共通点もない
    合わないタイプの人と無理してあわせる必要もないとここにきて思うように。そういう年齢なのでしょうか。

    それならひとりを選びます。
    自分の時間を大切にしたいのです。
    気持ちよく暮らしたい、生きたい。本当の友人はほんの少しでいいと思っています。

    ユーザーID:

  • 自分が納得できていればいいと思う

    A「他人に対する許容範囲が狭く、ちょっとしたことが気になって他人と疎遠にしてしまう」
    B「心の中では嫌だなと思う人に対しても表面的にはそつなく接して友達が多い」

    どちらがよい悪いでなくその人の性格だと思います。
    無理しなくてよいと思う。
    貴女が強いAのタイプで友達が少なくても、特に不都合な点がなく自分がかまわないならそれでOKだと思う。

    もしもあまりに友人が少なすぎて、ちょっと極端かな、もう少し柔軟になった方がいいかなと、他人に言われるのでなく自分で思うなら、柔軟になる努力をすればいいし。

    要は自分で決めればいい問題。いくら「友達は厳選。少ないけど彼らといる時は最高!」と思っても、あまりに少なくていろいろと不都合があるなら考え直した方がいいかもしれないけど。
    妥協して気の合わない友達とつきあうことで、世界が広がったり色々なことを知るメリットもあるにはあります。同じ考えの人と寄っていれば楽は楽だけど。

    ユーザーID:

  • 厳しいなー

    私もトピ主さんのような友人がいました。私は当時とてもポジティブで怖いもの無し!という状態でしたので、彼女も慕ってくれていましたが、私が生活上問題を抱えてしまって悩んでいた時、相談したら(手紙を1枚書いた)、逃げ出されました。

    彼女もトピ主さんのコメントのように、愚痴を言われるのが嫌だというタイプで、完ぺき主義、勝気、そしてすごく努力するタイプの人でした。でも一度ある人が嫌になると、とことん逃げるタイプで、私は彼女が私以外の人をそうやって避けてきた経緯も見ていたので、「今回は私かー」と思い、私からも彼女に連絡するのをやめてしまいました。

    こういうタイプの方は、完ぺき主義なのでしょうか?挫折が少ない?自分が辛いことも人には話さず頑張って乗り越えるタイプ、ということなのでしょうか。多分愚痴に共感できなくて辛いのかなと思いました。正直にすごいと思いますが、友達としては、「辛いよねー、頑張ろうねー」と言い合える人の方が、一緒にいて気が休まるし、私はそちらを選びます。

    ユーザーID:

  • だんだんそうなる

    私は30代前半でしたが、同じような感じです。
    それは、自分の心がせまくなったというより、みんなの人生があまりにも幅広く多様になってきて、昔のような共通の目的や意識が持てなくなってきたことが原因じゃないかと思っています。

    学生時代や、社会人なりたてのころは、何となく共通の意識があって、初めて会う人でもそんなに著しい考え方の違いはなかったと思うのです。

    でも、30代になった今、みんなそれぞれの人生を歩み、誰一人、同じ立場に立たされている人はいない、という状態で共感しあうことが難しくなってきているのを実感しています。

    ユーザーID:

  • トビ主さんが成長されたのですよ

     30代既婚者です。
     トビ主さんの気持ち、凄くよくわかります。
     きっと、それはトビ主さんが年月とともに、いろんな経験を経て、視野がひろがり、いつまでも学生のような娘気どりの人達と、考え方や価値観、生活レベルのギャップの差を感じてきたのではないでしょうか。

     そうですね、だいたい27歳ぐらいで自分なりの哲学を持つといわれるのですが、たとえ考え方が違っても、きちんと”人に押し付けない持論を持っている人”は会話をしていても、良い意味で影響されますね。

     逆に、頭の中がお暇な人たちは、次世代に押し上げられているにもかかわらず、昔のことをタイムリーに引っ張り出し、自分の不調をいつも誰かのせいにし、トビ主さんのような人に対して劣等感を抱き、それが嫌味口調となって倦怠期になってしまうのかもしれません。
     
     とはいえ、気にする事はないと思います。
     そうやって、残るべき友は残るのですから。 

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 同じく。

    最近、ママになった知り合いが多いのですが・・・。

    彼女たちは望んで産んでいるし、産まれた時は大騒ぎで
    お祝いに駆けつけないと気まずいくらいの勢いでした。

    ところが、しばらく経つと愚痴ばかり。
    その時々で、状況や気持ちが変わるのはわかるけど、
    子供に関して思いつくまま愚痴る方々とは
    しばらく疎遠にするつもりです。

    それって人に厳しいのかな?
    もう少し子供さんが大きくなって、知り合いも平静を
    取り戻した頃に、他の話をしたいというのが本音です。

    ユーザーID:

  • 分かります

    私も最近同様な心境になりました。
    ホント、自分は完璧ではないのに。合う合わないに素直になったというか。
    20代の頃はそもそもこういった発想自体がなかった気がします。人間関係で嫌なこともあった筈なのに。

    少し前のハナシになりますがとある仕事関係の知人が「歳をとると頑なになっていく」と言っていて成程な〜と妙に納得。

    大人になれば許容範囲が広くなったり賢くなり、現在の自分の悩みなんて感じなかったり簡単に解決出来る様になると思い込んでいた私ですが処し方が上手くなっただけで気持ちの上では無理しても仕方ないし的な思いが強くになり、結果友人や様々な事も選別?する様に。

    良いか悪いか分かりませんが頑固なお年寄りって良く聞くので程々にしたいと思っております。

    ユーザーID:

  • 人を傷つけなければよい

    私は小学校の頃から、そんな感じでしたよ。
    なんかその、

    「揚げ足を取り合ってじゃれあう」
    「ないものねだりの愚痴」

    っていうのが、無性に気持ちが悪くて駄目でした。
    特に女性同士って、子供の頃から
    こんな感じじゃないですか?
    未だに、この「ズルズルベッタン」が、よくわからないです。

    冷たい人間に見えるのか、
    今や誰も相談もしてこないし、愚痴も言ってきません。

    友達は少数ですが、そんな私を好きといってくれます。
    人を傷つけていなければ、よいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 自問自答の日々です。

    私も同じような事を考えています。
    これでいい筈がない、でも本音…
    他人に批判的な目を向けてしまう事
    自分の欠点は棚にあげ、相手に不満を抱いてしまう事

    自分を正当化してしまうと、その時点で何か大きな間違いをしたまま終わってしまうように思います。

    他人は自分を映す鏡。
    人間関係は合わせ鏡。
    そんな言葉が頭に浮かびます。
    自分自身について考え込む毎日です。

    ユーザーID:

  • 私もです。

    今の私はトピ主さんの気持ちに近い気がします。
    ホントなんなんですかね?変なプライドなのでしょうか?

    私も数ヶ月前、大学の頃の友人、2人を急に受け入れられなくなりました。
    ズカズカ私の領域に入って来られたり、時間・約束を守れない、彼や仕事の愚痴など・・・。
    もう自分で気持ちをコントロールできなくなりました。
    プッっと糸が切れてしまった感じ。

    後で疎遠になることを後悔するんじゃないかと思っていましたが、今のところそういうことはありません。
    今はとても穏やかな気持ちです。

    友人関係って長く続いた方がいいのだろうけど、自分の苦痛なことを続けるのは嫌です。
    私も不安な気持ちはあります。今、私の周りにいる人達のこともいつか受け入れられなくなるんじゃないかって・・・。
    でも年をとるにつれて、人それぞれ環境や立場が変化して、友人の人数も距離の置き方も一人でいることの重要性も変わっていくんだと思います。

    ユーザーID:

  • 仕方ないですよ

    31歳既婚子なしです。私も同じです。以前は比較的誰とでもそつなく付き合っていけましたが、いろいろあってある時気が付いたんですよ。女同士の友情って慰めあっているか見栄の張り合いだ、ということに。その後は友達付き合いに冷めてしまいました。他人の心に土足で踏み込んでくるような人たちとは縁を切りましたね。今付き合ってるのは親しき仲にも礼儀ありをわきまえた人々のみです(とても少数です)。あと結婚したことも大きいです。家族と居る方が心も健やかですし、薄っぺらな友達といるのが馬鹿らしくなりました。
    私はトピ主さん、そのままで良いと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 貴女はある意味で弱い人

    いきなり辛辣な物言いご容赦下さい。
    「数少ない友人は尊敬できる人達」だそうですが、尊敬できない人は友人にはなりませんか?僕の友人には「ダメな人」も「素晴らしい人」もいます。それぞれ「味」があって、一緒にいて楽しいですよ。トピ主さんは「尊敬できる人」と付き合う事で自分もその仲間であるという安心感を求めていないですか?友人の「素晴らしさ」に依存してまう弱さがあるんだと思います。そんな自分が嫌でなければ今のままでいいと思います。その事で誰にも迷惑はかけません。ただ、長い人生の中でいろいろな局面に立った時、「ダメな人」の目線に立たなければならない事が有ります。本当の自分の「身の丈」を知っておく事は大切だと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 寛容で居たいよね

    私も以前はまったく気にならなかった人の細かい所が気になるようになりました。
    彼にそれを話した所「年取った証拠だよ。人間年を取ると細かい事が気になる(気がつく)ようになるんだよ」って。なるほど。
    でも細かい事が気になるって事は自分も細かく気を使えるようになったって事だから良い事だそうですよ。そうなのかなぁ・・と思いつつ、細かい事に気がつきつつも、人には寛容で居られる広い心を持った人間になりたいと思いました。
    友人はそんな沢山は要らないと思うわ。沢山居るのが良い事、すばらしい事ではないから。

    ユーザーID:

  • わかります

    40歳、子どものいる、ごく普通の主婦だと思います(自分では)。
    トピ主となんだか同じです。上手く言えないけど、自分だって完璧ではないのに、以前は相手に合わせて薗人の良い面を見ようとしていたのに、それが疲れるんです・・・上手く言えないけど、友達が少なくなっています。
    人付き合いが苦しいです。
    どうすれば良いのか分かりませんが、ココにもいますよ。なんだか、気持ちもスッキリしませんよね。おたがい無理せずいくしかないのかな。

    ユーザーID:

  • それは、きっと

    プライドが高くなったのではなくて、
    トピ主さん自身が成長されたのだと思います。

    今まで見えてなかったものが見えてきて、
    相手の事、自分のことが冷静に分析できるようになったということだと思います。

    若い頃って、仲良しだからなんでも一緒、いつでも一緒って思いがちですが、
    或る程度の距離を置いて、お互いの環境、価値観を尊重しあうのが大人のお付き合い。
    あまり頑なにならずに、いろんなお友達と上手にお付き合いすればいいと思います。
    どんな人でも、自分の気持ち次第で、学べるところはあるものですし。

    ユーザーID:

  • 全く同感です!

    42歳・既婚です。うなづきながら読ませていただきました。

    この歳になると「目が肥えてくる」のでしょうかね(笑)。沢山の出会いと別れをくり返してる中で、「ここだけは譲れないライン」ができて、それを友人に求めてしまいますよね。

    1、理想が高くなり、よりハイクオリティな友人を求めると、少数精鋭にならざるをえない。

    2、数の多さだけを求めれば、どうしても「玉石混交」になってしまう。

    「ハイクォリティな友人を数多く」というのが理想と夢ではありますが、なかなかねぇ(苦笑)。

    私は、学生時代の友人たちと一時会えなくなり(私の転居や出産、相手の仕事が超多忙等で)、寂しさから「ネットサークル」へ。でも「自己中・図々しい・陰湿・意地悪」な人々のオンパレードで、「こりゃあ現実で友達いないから、こういうとこに来るのかな」と愛想が尽きました。

    その内、現実友人たち(!?)とも再会できるようになり、「少数でもこの人たちを大事にしていきたい」との誓いを新たにした次第です。

    ユーザーID:

  • パンフさんに同意です。

    私も、そういう完璧主義の友人が居ます。
    何でもかんでもこちらの意見に共感して「そうだよねー。そう思う。」と言って欲しいというわけではないのですが、少しでもネガティブなことを言うと愚痴ととらえられて、表情が固くなってしまいます。
    同意するのがイヤなんでしょうね。

    トピ主さんの文を読んで、彼女の本心も同じかな。
    と思いました。

    世の中、そんなにレベルの高い人ばかりではないです。私がトピ主さんと友人だったら、とっくに軽蔑されているような気がします(笑)

    ユーザーID:

  • 同じくです!

    私もトピ主さんのよに、厳しいかと思います。が逆に真面目な言い方ですが、今の世の中、え??っと思う方が増えているなと思います。若い世代だけでなく、60代、70代や親世代も人生の先輩である人に逆にモラルのなさを感じてしまうしまうようような世の中です。学生時代は、わかさゆえで、何でも楽しい方にもっていけますが、自分でお金を稼ぐ社会人以降は、色々な面でシビアになって良いと思います。友人で、学生時代から相変わらずのマイペース、気ままにしてくる電話(2時間は切りません)。旦那の稼ぎでよくも昔と変わらないペースで長話してくるか・・・30才を過ぎた今、あきれるばかり。私には子供も居ますし、こういう子は進歩無く、昔のようには絶対付き合えません。厳しいのではなく、それが現実かと思います。

    ユーザーID:

  • 32歳独身

    私も全く同じ状況です。

    歳のせいでしょうか。自分の他人に対する許容範囲が
    20代に比べて明らかに狭くなっています。
    友人も段々と減っていきました。
    こちらから連絡しなくなった・連絡なくなったも含めて。

    20代の頃は「今」と「30歳までの」の自分を考え
    ていましたが、30代に突入すると「老後」を考える
    ようになりました。また、結婚・出産・両親の介護など、
    これまで以上に現実味を帯びてくることで精神的にイライラ・
    焦り・不安感などが他人に対する理解の範囲を狭めている原因
    となっているのかもしれません。

    私の場合は恐らくこれらのことが何らかの形で解決する
    ことで90%は解決できるのではないかと考えています。
    トピ主さん、無理をして付き合ってもご友人に心無い
    一言で傷つけることにもなりかねません。
    ここは今の自分をありのまま受け止めてご友人の悪い
    部分に目を向けるのではなく、自分と向き合ってみると
    何かわかるかもしれません。

    ユーザーID:

  • 私は逆にゆるくなりました(笑)

    こんにちは。

    私は年とともに、非常にゆるくなりました。20代は共感できるヒト、前向きなヒトが好きで、愚痴をいうヒトを「つまらん!」とはねていました。

    40も近くなると、世の中にはいろんなヒトがいるってのを身をもって実感できるようになってますから、愚痴をいいがちなのも個性、後ろ向きなのも個性、ポジティブも個性、もー、みーんな個性。金子みすずじゃないですけど、みんな違って、みんないい、です。いろんなヒトからいろんなことを教えてもらえますしね。いい意味で達観、悪い意味で、友情、友人というものに執着しなくなりました。


    トピ主さんが厳しすぎてもいいじゃないかなぁ。ただ、「なんか違う」と思うなら、もうちょっとゆるくしてもいいのかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • 私は反対です

    一時期、友人関係に悩みましたが、友人全員と距離感を保って付き合えば、もう楽で。私の友人は、全員すばらしい人ではありません。皆、長所・短所を持っていて人間味あふれる人たちです。
    いやなところがあるのはお互い様って事で、とっても友人が増えました。
    愚痴が多い友人は、自分が愚痴を聞いてあげられる精神状態の時に会います。なるべく愚痴のでない環境であうし。愚痴っぽい以外は、好きだから。
    全く考え方の合わない友人もいるけれど、趣味が同じ。趣味の話をして、それ以外はしません。合わないもん。
    付き合い方を変えたらすっごく世界が広がって、楽しいですよ。家庭の環境だってあるし。みんなも、私も変わっていくから、余裕を持って付き合います。

    ユーザーID:

  • 私も変なプライドとか寂しい?とか同じように感じます

    ある程度人生を経験し、自分の価値観が固まって(出来上がって)
    きたのかなと思っていました。
    友達と状況や考えが、違ってもいいのですが、
    自分から見て、思うことが共感まで行かなくても
    理解・認容出来ないと関わりたくなくなります。
    自分のことを棚に置いて言わせてもらえば、
    昔からそういうとこ成長してないよね、失礼だよね、
    と思うようなことは、ずっと前の頃はまだ新鮮だったのでしょう、
    でもそれを大人になってからもなおかつ繰り返されると、頭が
    「だからもうそれはイヤなんだよッ」って、即決するような感じだと思います。
    一方で、自分の欠点を思い返し、こんな風に完璧じゃない私を、
    今まで切らずに来てくれた友達の温かみみたいなものも感じます。
    他の人については、数を作ろうとしていると感じることもありますが、
    自分とは違った捉え方が出来るから付き合えるのかなと尊敬することもあります。
    だけどトピ主さんは、すばらしい友達が手元に残ったのですから幸せだと思いました。
    ただ、凝り固まらないよう、好きなもの以外の存在価値もある程度見出すことは必要ですよね。

    ユーザーID:

  • 同じようなこと感じてました。

    30代後半専業主婦、小学生の子供2人。
    子供も少し大きくなり、自分の人間関係を自分でつくっていくようになり、無理して母親がよその母親に合わせて付き合う必要がなくなりました。肩の荷が下りた思い。
    人に厳しいというつもりはないんだけど、
    合わない部分、快く感じない部分を感じてしまうと
    もうその人物と付き合えなくなってしまいました。
    ひどく疲れるのです。
    居心地いい人とだけ、と付き合っていくと・・友人がいなくなりました。自分から避けてしまったかんじです。誘ってくれてた人もいたのに・・。家族がいるので、寂しさはまだマシですが、これでいいのかと 思う自分がいます。
    でももう無理して付き合えない。
    これって対人恐怖とかなのかなとも思ってしまうくらい。深く付き合わないラクさ でこれからも
    よほど縁がない限り、友人はできなさそうです。
    寂しいですが、人と深く寛容の心で付き合うのに
    疲れてしまいました。

    ユーザーID:

  • 友人(友情)がそれほど重要でなくなる

    大人になるとそうなるのではないでしょうか。

    これはいい悪いでなく、自然なことなのでは。

    みんな、家庭を持ったりして他人どころでなくなるんですよ。

    かくいう私は独身ですが、たまに誰かと話したいな、、と思いはするけど実際に会うとなると面倒くさかったりしてメールで済ませてしまったり。

    それまでどれほどのお付き合いがあっても、他人との関係はあっけない、、、私はそう思ってます。

    ユーザーID:

  • 疑問

    >かなり少数になってしまった友人はすばらしいと心から尊敬できる人達です。

    それが本当ならいいと思いますよ。
    しかし本当にそうかな?私は何だか疑問を感じました。

    人間、完璧な人はいないと思います。
    欠点があるのが当たり前。そう言う部分を受け入れてなお複数の人を心からすばらしいと思える人が、他の人を簡単に批判して、すぐにダメと決め付けるような考えをするでしょうか?

    過剰に言う時、だいたい欠乏が心にあるものです。
    今の少数の友人を「すばらしい」と私は思える。気持ちが、人に批判的な自分を納得させるためのまやかしでないといいのですが。

    それと、友達選びはその人なりでいいと思います。ですが、自分のメガネにかなわない人をどんどん切って行く友人が私にいましたが、その友人は、どんどん物事の味方や視野が狭くなりました。
    メガネは所詮自分の感覚や考えです。必ずではないですが、そのメガネを通らない所に自分を超える可能性がある事もありますよ。

    ユーザーID:

  • 伯母が同じ

    70近い伯母が同じ事を言っていました。
    年老いたので、さらに厳選されて友人がいなくなったと・・・。

    父は昔よりさらにプライドが高く頑なになったなと後で言い、私は「そんなに他人は自分の思うようにならないのに・・」と思いました。

    友人を見てると長所が短所=短所が長所で、尊敬出来る所もダメな所も含めてその人の良さがあるように思います。

    どちらの考え方も有りだと思いますが、伯母を見てると‘許す’事をした方が人は最終的に楽に生きれるのではないかと思ってしまいました。

    ユーザーID:

  • ないものねだり

    友達を選んでいたら必然的に数は少なくなるし、
    かといって交際範囲を広げると、今度はその中での人間関係で
    悩むこともでてくるだろうし。

    今の状態にちょっと寂しさを感じるからといって、
    だから自分を変えなくては、とか思っているわけではないんですよね。

    今の状態が、自分にとってはベストに近いものであろうとは思っても、
    ちょっと自問してみた、っていうところでしょうか。

    完璧な生活を送る人なんていないんだし、
    時にこれでいいのかと自分を振り返るのって大事だと思いますよ。

    これからも大事なお友達を大切にしてくださいね。

    ユーザーID:

  • わかる…と言いつつ私も愚痴ってたりして

    もしかして、私もそうなのかも…と、このトピを興味深く読ませていただきました。
    私が前に付き合っていた男性には、女友達も多かったのですが、私は彼女たちと上手くやっていけないのが大きな悩みでした。
    彼女たちの会話の大部分は、ゴシップ、異性の噂、他人の批判や悪口。他の女性の悪口を言ってみたりなど、私にとっては「もうそんなの中学生ぐらいで卒業したよ…」というような話題ばかり。
    こういった話題に全く興味のない私は、彼女たちの話題に全く参加できず、いつも沈黙していました。

    でも、新しい人と知り合って人脈を広げたいということは前々から彼に話していたので、彼は「Socialization」という名の下に、事ある毎に私を彼女たちに会わせようとしました。
    そのことに対し、私が不快に思っていることを暗に彼に伝えると、彼からは「社会性のない女」というレッテルを貼られてしまう始末。そのことが自分にとってとてもコンプレックスになり、結局彼との仲も上手く行かなくなりました。

    もちろん私自身も完璧な人間ではないのはわかっているのですが…。

    ユーザーID:

  • いいじゃないですか。

    私は逆に知り合った人に離れて行かれてしまうので、いろいろ「嫌だなあ、この人」と思われることをしているのかも・・・。
    悩みはママ友がどうもうまく出来ないこと。素敵な人はいっぱいいるのに親しくなれません。
    近所のママさんに嫌われたのは痛かった(これはほんとに私が悪かった)。せっかく子供が同い年なのに。それでも子供同士は仲良くしているので、ちょっとほっとしています。
    長い付き合いで離れて行った人は環境が違う人、価値観が違う人、もともと私を嫌いな人(これは私も嫌いなのでお互いさま)です。でも喧嘩別れはしないので会えば普通に話します。
    年々親しくなる人はお互いアウトドアが好き、多趣味で興味が似てる、状況が似てる、なぜか好かれている・・・などです。
    普段は一人で仕事と趣味に没頭しているので、家族と親友二人がいたら十分なんですけどね。

    ユーザーID:

  • ストレスになるより良いと思う事にしています

    先日の新聞の記事に「人間関係もダイエットしないとストレスになる」というような内容が書かれていて一人納得して読んでいました。
    冷たいと思われても、自分がその相手によってストレスを被るようなら距離をおくのが良いと思っています。愚痴の捌け口としてだけの関係は長く続かないです。
    進歩発展のある愚痴や失敗談を聞くのは良いのですよ。事実「この前はありがとうね。今は上手くやってます。」というタイプの友人の苦労話は喜んで聞きます。でも、延々会う度に同じ愚痴を聞かされて、しかも本人はそれを解決する気は全く無い。疲れるんですよ、本当に。
    私の周りには「自分の幸せは自分で掴む」タイプの人が結局残ります。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧