• ホーム
  • 学ぶ
  • 原爆をテーマにした絵本のタイトル教えてください!

原爆をテーマにした絵本のタイトル教えてください!

レス49
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

てつみ

私が小学校の頃、20年前くらいに先生に見せてもらった絵本のタイトルを教えていただけたらと思っています。外国の絵本です。

登場人物は2人の老夫婦。内容は、近所で原爆実験が行われるというので、二人が政府の教え通り、ベニヤ板を立ててシェルターを作ったりしますが、当然のように被爆してしまい…、という物悲しい内容です。

ずっと読み返してみたいなと思っていましたが、本のタイトルが全く思い出せずにいました。お分かりになる方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「風が吹くとき」

    こんにちは。
    お探しの本ですが、もしかしたら、レイモンド=ブリッグスの「風が吹くとき」ではないでしょうか。スノウマンやサンタクロースの絵本も描いている人です。

    ユーザーID:

  • 風が吹くとき

    レイモンド・ブリッグズの「風が吹くとき」ではないでしょうか。
    アニメーションの方を見たことがあります。
    “被爆”を知らない老夫婦の日常を淡々と描く中で、核の恐怖が静かに伝わってくる作品です。

    ユーザーID:

  • たしか…

    「風が吹くとき」だと思います。
    やさしい絵で、漫画っぽい感じの絵本だったような。
    主人公の老夫婦は、本当に何もわからないまま被爆して、最後まで「国がなんとかしてくれる」と思っているんですよね…。
    読んだのはかなり昔ですが、読み終わった後、何とも言えないせつない気持ちになりました。

    ユーザーID:

  • 風が吹くとき

    レイモンド・ブリッグズ作
    「風が吹くとき」

    丸っこくてほんわかした、優しい絵柄。
    そのままの絵で、アニメーション映画にもなったと思います。

    ユーザーID:

  • 風が吹くとき

    レイモンド ブリッグズの 「風が吹くとき」、当時話題になりましたね。

    ほのぼのしたタッチの絵で重い内容を描いた本ですね。

    ユーザーID:

  • 「風が吹くとき」です

    子供の頃読みました。
    メルヘン調のかわいらしい絵とのギャップで、本当に恐ろしかったのを覚えています。

    原子力という技術の負の一面と、妄信することの代償みたいなことについて考えさせられました。

    あれからずいぶん経ちますが、あの頃よりも世界は好転したのでしょうか?

    ぜひ読んで下さい。

    ユーザーID:

  • これかな?

    「風が吹くとき(WHEN THE WIND BLOWS)」1982
    (著)レイモンド・ブリッグス
    (訳)さくまゆみこ
    あすなろ書房

    86年に長編アニメとしても公開されたみたい。

    ユーザーID:

  • 風が吹くとき

    だと思います。
    小学生のときに読んだのですが、いまでも絵が思い浮かんできます。
    子供のわたしにとって、とても怖い絵本でした。

    ユーザーID:

  • 風が吹く時

    たぶんこの絵本ではないでしょうか。
    私は小学生の時に映画(アニメ)で見て、ものすごく
    ショックを受けました。

    何年か前たまたま図書館で絵本を見つけました。

    最初は幸せそうにしていた老夫婦がだんだん弱っていき、最後に亡くなってしまう・・・という残酷で悲しい内容ですよね?

    ユーザーID:

  • その絵本は

    確か、「風がふくとき」というタイトルだったような気がします。
    私が中学生くらいのとき(だったかな?)、その絵本が原作のアニメも見たような…。

    悲しい結末でしたよね…。

    ユーザーID:

  • 風が吹くとき

    いっぱいレスがつくかもしれませんが。
    著者はスノーマンで有名なレイモンド・ブリックスです。
    アニメ化もされました、淡々としながらも核の恐ろしさ、被爆した人たちの悲しさが伝わってくる・・・そんな本だと思います。

    ユーザーID:

  • 風が吹くとき

    たぶんRaymond Briggsさん著の「風が吹くとき」です。
    私も本の名前は忘れていたのですが、「風」が
    ついた気がしたので、検索できました。

    悲しい物語ですよね。
    でも夫婦がお互いを思いやる様子に感動した記憶があります。
    映画化もされていませんでしたっけ?

    トピ主さん、思い出させてくれてありがとう。

    ユーザーID:

  • 私もウロ覚えですが、、

    確か「風が吹くとき」というタイトルじゃないですかね?
    私は小学生の頃、ビデオで見た気がします。
    スノーマンと似ている(同じ方?)絵だったので、
    何の気なしに見たのですが、テーマが原爆で、でも老夫婦のやりとりが独特な感じで、だからこそその二人が滅びていく様子が、悲しくて、
    胸を締め付けられる感じがしたのを覚えています。
    あの話、最初はほのぼのしてますが、深いですよね。

    思い出しているうちに、何か私ももう一度見たくなりました。
    図書館とかに置いてあるかな?

    ユーザーID:

  • 『風が吹くとき』かな

    イギリスで1982年に出版された作品『風が吹くとき』作者:レイモンド・ブリッジスだと思います。漫画のようにコマ割がしてあります。レイモンド・ブリッジスは『スノーマン』の作者です。

    テーマがあまりに衝撃的で私はまだ通して読んでおりません。最後のページは悲しすぎて思い出したくありません。(涙)

    ユーザーID:

  • 感激!!

    トピ主さん!!なんという偶然!
    私もその本(たぶん同じものだと思うのですが)を探しているのですが全くタイトルが思い出せず、ネット検索しても見つからず、小町で聞いてみるしかないかなぁ〜(泣)と思っていたところなのです!

    ということで、ちっともトピ主さんのお役には立てない便乗犯ですが、私の記憶も追加させてください。

    ・老夫婦は家の中を白いペンキで塗る(放射能を避けるために)
    ・物語には文章はなく絵だけ(←うる覚えです)

    タイトルですが、「風がやんだ日」という感じではなかったかと思います。ただこれは他の絵本と記憶が混ざっているかも・・。

    とにかく、早くわかるといいですね!私も引き続き探してみます!

    ユーザーID:

  • 知ってる気が、でも題は分からない

    17年ほど前(中学生の頃)に本屋で立ち読みした気がします。
    「まだこの中に居たほうがいいのかしらね」「そろそろ出てみましょうか」というような会話をして、最後外に出てみると二人だけになっていた、というような話ではなかったですか?
    あいまいな記憶なんで違ってたらすみません。
    でも題名が思い出せません。
    思い出せたらまたレスします。

    ユーザーID:

  • 違うかも

    トピ主さんのお話で思いついたのは、
    「風の吹くとき」。
    子どもの頃に見たきりですが、
    そんなストーリーだった気がします。

    ユーザーID:

  • 「風がふくとき」でしょうか?

    「スノーマン」の作者と同じ、
    レイモンド・ブリッグスさんの絵本です。

    ユーザーID:

  • 「風が吹くとき」

    お探しの絵本、 おそらくこれでしょう。

    レイモンド=ブリッグズ著
    『風が吹くとき』

    原題も同意の『When the Wind Blows』で、1986年に長編アニメーション映画も公開されました。

    ユーザーID:

  • 「風が吹くとき」

    作者はレイモンド・ブリッグズ。
    最近,新訳で発行されたようです。

    私は日本語訳第1版を持ってますが,読んだときの衝撃はものすごかったです。
    アニメも見ました。
    上映が終わっても誰一人動かず,明るくなってからようやく動き出したのを覚えています。

    ユーザーID:

  • 風が吹くとき

    このタイトルでネットを検索してみて下さい。
    「風」「吹」が漢字、「とき」はひらがなです。
    そうでないと、他の関係ないものがたくさん見つかります。

    本についての情報は

     風が吹くとき (When the wind blows)
     レイモンド・ブリッグズ さく ; さくま ゆみこ やく
     あすなろ書房
     ISBN:4751519719

    です。私も読んだ事があります。悲しい話ですよね。

    ユーザーID:

  • 『風が吹くとき』

    これは、80年代にイギリスで出版された『When the wind blows.』レイモンド・ブリッグズ(『さむがりのサンタ=Father・Christmas』や『スノーマン』で人気の絵本作家)作ですね。
    『風が吹くとき』の邦題で、今はあすなろ書房から出版されています。

    ところでこのテの質問は、同じYomiuriOn-Line内の「本の探偵」コーナーの方が的確な答えが得られるのでは?

    http://www.yomiuri.co.jp/book/kodomo/tantei/

    ユーザーID:

  • When The Wind Blows

    『風が吹くとき』ではないかと思われます。
    「原爆 絵本」などで検索すると
    国内の作品が上位に来るのでなかなか
    みつからないですよね。

    ユーザーID:

  • 私も当時読みました

    「風が吹くとき」じゃないですか?
    ほんわかとしてかわいい絵と内容のギャップを覚えてます
    映画でもやったんじゃないかな〜?

    ユーザーID:

  • 風が吹くとき

    レイモンド ブリッグズ著の「風が吹くとき」ではないでしょうか?
    私も同じような記憶があり、検索して出てきたのはこの本でした。

    ユーザーID:

  • 風が吹くとき

    アニメ映画にもなりましたね。
    見終わった後、何とも云えないやるせなーい気分になりました。

    レイモンドブリッグズ原作です。

    ユーザーID:

  • 思い出しました!

    「風がふくとき」です。
    題が思い出せないとレスした「きゅう」ですが、思い出しました。
    17年前の埋もれていた記憶が出てくるなんてすごいなぁと変に感動してます。
    その頃、タイトルだけ見てほのぼのとした明るい絵本かと思って読むと衝撃の内容だったので、その頃かなり記憶に残りました。
    ぜひ読み返してくださいね。
    私も機会があればまた読んでみます。

    ユーザーID:

  • 「風が吹くとき」

    その本は、「風の吹くとき」という
    イギリスの絵本ではないでしょうか?
    私は小学生のときTVアニメで観て
    本を読んだ記憶があります。

    この本はすごく印象に残っていて、
    裏庭のレタスが蒸発して影も形もなくなるという
    細かい内容を今でも覚えてます。

    ユーザーID:

  • 風が吹くとき

    作者は「スノーマン」のレイモンド・ブリッグズ。
    アニメーション版もありますよ。

    ユーザーID:

  • もしかしたら

    「風が吹くとき」かな?

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧