• ホーム
  • 学ぶ
  • 日本語学習者にプレゼントする日本語の本

日本語学習者にプレゼントする日本語の本

レス22
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

オレンジケーキ

ドイツ在住です。
日本語を専攻しているドイツ人の大学生と語学の交換レッスンをしているのですが、来月一時帰国するので、彼女に何かお土産を買ってくるつもりです。
彼女は読書が趣味なので、簡単な日本語の本もいいかなと思っています。彼女の日本語学習歴は2年(大学でかなり集中的にやっています)、テキストには日本の小学校高学年が読むような文章が載っているようです。
ジャンルとしては、ハリーポッターやロードオブザリングのようなファンタジーものが好きなようですが、こういうジャンルで、これくらいのレベルの日本語でも読めそうな本がありましたらぜひ教えていただけませんか。
ちなみに彼女は26歳です。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レベルにもよりますが

    2年間大学でも勉強されたと言う事なら、最低でも日本語能力試験3級または2級をお持ちだと想定してレスします。
    以前、海外で日本語を教えていた者ですが、よく教材に使ったのは星新一氏のショートショートでした。
    もし3級以下の方なら、学習者用の英訳付きの方がいいかもしれません。
    短い話のほうが取っ付き易いようで、落ちがわかれば内容を理解したと判断できるので便利でした。
    他に面白いのは日本昔話かな。学習者用のコーナーに行くと英訳付きなどで色々ありますよ。

    ユーザーID:

  • 提案。

    トピ主さんの考えと違ってしまうかもしれませんが。
    宮沢賢治や椋鳩十の本などどうですか。
    文字のみではなく、大人も楽しめる程度の絵本など。
    「雪渡り」「どんぐりと山ねこ」「双子の星」
    あと、新美南吉「ごんぎつね」「赤いろうそくと人魚」など。
    参考にならなかったらごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 思いついたままに

    竹取物語、カチカチ山、ウサギと亀等々のいわゆる日本の昔話はいかがでしょうか?日本情緒や考え方?なども学べるかもしれません。無責任ですがご参考までに。

    ユーザーID:

  • 翻訳ものは?

    「語学学習初心者」なら「簡単な日本語」→「絵本」という発想になる人もいますが、これは大人の日本語学習者によっては「自分は大人なのになぜ絵本?馬鹿にしている」と感じる人も少なくないようです。私も含め、自分が学習している外国語の絵本なんかだったらうれしいわと思う日本人は少なくないみたいに思うのですがね。

    ・日本語専攻の学生なら日本の作家などの名前も知っているはず。興味のある作家名を聞いてその著作の中から「自分が好きなもの」「彼女が興味を持ちそうなもの」など何らかの規準で選んであげれば?
    ・有名なドイツ語文学の日本語訳。日本語としてきれいなものを選んで渡す。「あの小説がこんな日本語になるのか」と興味深く、また、原書と照らし合わせれば意味がわかりやすい。
    ・ドイツ語に翻訳されている日本文学の日本語の原書など。

    本はけっこう重いので、文庫本など軽いものがいいかもしれません。持って帰るのに重い、飛行機なら荷物に重さ制限もあるから。

    ユーザーID:

  • 推理モノ

    江戸川乱歩はどうでしょうか?日本の情緒も味わえますよね。小学生向けのシリーズなら読み易いと思います。推理モノだと先を読みたくなるし。

    宮部みゆきのブレイブストーリーはどうでしょう?冒険モノで小学生の男の子が主人公で読み易かったように思います。

    また何か思い出したら書きますね☆

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 質問です。

    多分応えは「ノー」だとは思いますが、トピ主様、日本語教授法を少しでも勉強されたこと、ありますか? 勉強されると分かると思うのですが、日本語の小説って外国人にとって実はすっごく難しいんですよ。読める人って、かなりの上級者です。日本語の学び方も日本人とは違うんです。例えば外国人なら「です・ます」形から入りますしね。「だ」形の活用って、難しいんです。日本人と学ぶ順番は逆です。だから子供用の本ならやさしいっていうわけではありません。物語は私に言わせるともっとも難しい部類に入る本です。どうしてもあげたいというのならスリーエーネットワークから出ている「みんなの日本語初級1 初級で読めるトピック25」などいかがでしょう。その他、スリーエーネットワークからは「みんなの日本語」シリーズやその他で文型練習帳とか色々出てますので、そういうのをオススメします。彼女が日本語検定1級でも持っていない限り、ファンタジーなんて早いでしょう。

    ユーザーID:

  • こんなのはどうでしょう

    相手は大学生ですから、あまり子供っぽいものをあげても、読む気があまりおこらないかもしれません。
    しかしファンタジーは日本語学習者が習わないような特殊な言葉が多いので、読むのはなかなか難しいかもしれません。

    あと漢字はどうですか?
    今、そのお友達がどのぐらいのレベルか(JLPT2級とか)が書いてないのでなんともいえませんが、非漢字圏の人ですからあまり漢字が多いのも難しいかもしれませんね。

    読み仮名がついている本だと
    少年Hや五体不満足などはひらがなで読み仮名がふってあるので読みやすいかも。

    読み仮名のことをおいといて選ぶとすれば
    星新一のショートショートは1つが短いので気合を入れて読めるかもしれません。

    日本の人気作家を紹介してあげたいのであれば
    村上春樹などはドイツ語にも翻訳されていると思うので、ドイツ語版と照らし合わせて読めておもしろいかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • お気に入りのジャンルから・・・

    大学で十分、日本文学を読んでいると思うので、気分転換にも、違うジャンルがいいと思います。

    上橋菜穂子さんのファンタジーはどうですか?
    沢山シリーズが出ているのですが・・・。

    あとは、ドイツの有名な児童文学の日本語翻訳版というのも、勉強になるかもしれません。

    ユーザーID:

  • クレヨン王国シリーズ

    小学5,6年生の頃、図書館にあるクレヨン王国シリーズを友達と競うように読んでいました。
    面白くて、読み出すと止まらない感じ。
    個人的にはハリーポッターより面白いかなと思いました。
    1冊完結でそれぞれの本で登場人物がちがったと思います。ただ、全てクレヨン王国が舞台なのです。
    あとはコロポックルシリーズも面白かったな。
    私は外国人のお友達に窓際のトットチャンを贈りました。まだ読んでないみたいだけど。
    書いてたら私もまた読みたくなってきました(笑)

    ユーザーID:

  • 文庫本でも良いのであれば

    本のタイトルとしては具体的にあげられないのですが、文庫本でも良いのであれば、パレット文庫(小学館)、講談社X文庫、コバルト文庫(集英社)、ポプラ社文庫などは、言い回しなど、さほど難しいものもなく、小学校低学年で使う漢字以外は、ほぼ振りがなが降ってあって読みやすいと思います。(日本で大人が読めば、一冊1時間ほどで読み終える内容です)
    内容は、ファンタジーミステリー、時代小説っぽいのまで、色々あります。

    ユーザーID:

  • 辞書をみんな買って行ってます

    日本に1ヶ月ほどの短期で留学にくる日本語履修学生たちは、みな必死に辞書を買っていきます。
    自国では手に入らないから。

    私は、子供用の簡単な辞書を買っていった方がいいんじゃないの〜と思いつつ見守っていますが、彼らは日本人の大人が使うものを買って行きます。大丈夫なのかな。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさん、お返事どうもありがとうございます。こんなにいろいろアドバイスいただけてうれしいです。それぞれの視点がとても参考になります。(6/2の日本語の先生様の書き込みまで拝見しました。)

    日本語学習法については、外国人学習者向けの本を何冊か拾い読みしたり、あと日本の大学時代に外国人学生の会話ボランティアをやったりはしましたが、勉強したなどとはとても言えません。何人かの方が指摘してくださったように、ネイティブの子供には自明な概念が外国人にはとてもとっつきにくかったり、一方で子供向けの本だと満足できなかったりということがあるのでしょうね。

    帰国したら、皆さんの挙げてくださった本を書店で一通り見て、そのうえで考えてみたいと思います。
    どうもありがとうございました。もしまた何かありましたら教えていただけるとありがたいです。

    ユーザーID:

  • ことばあそびうた

    本格的に勉強している外国人には
    かなり面白いかと思います
    谷川俊太郎の「ことばあそびうた」
    「ことばあそびうた また」
    福音館書店で出ています

    外国人でなくともかなり笑えます

    ユーザーID:

  • 日本-その姿と心-

    新日本製鉄の「日本―その姿と心 (和英対照) ―NIPPON The Land and Its People」をおすすめします。この本は日本語を学習している友達に必ずと言って良いほどプレゼントしている本です。英語圏の方も中国語圏の方も「日本のことが詳しく載っていてわかりやすい!」と喜んでくれました。残念ながらドイツ語版はないようですので、英語版はいかがでしょうか?また、自分用に1冊持っていても良い本だと思います。ちなみに私は英語版・中国語版の両方を持っています。

    ユーザーID:

  • 追加

    何年か前、日本で流行った「朗読者」も良いかもしれません。原文があれば、日本語で読むのもスムーズですよ。

    ユーザーID:

  • 興味があるものが一番

    かなり横ですが、漫画だったらルビがふってあったり、絵があるので面白く読めるような気がします。(駄目ですか?)DVDも作品によっては、語学学習にすごく良いと思いますよ。彼女の興味のあるテーマの物を選んであげると良いかと思います。
    他の方も書いていらっしゃいますが、日本の普通の本屋で買えるような「本」は、それが「童話」であってもよほどの語学力が無いと外国人に楽しく読んでもらうのは難しいと思います。
    ただ、大型書店の日本語学習者用のコーナーに行くと適切な本も一緒に置いてあったりするので、そちらを参考にされて見て下さい。絵本も二ヶ国語で記載された物などがあるので、まずはその辺りが妥当ではないかと思います。

    ユーザーID:

  • しろねこくん

     日本語の読み物でも学習者向けのものでもないのですが、絶対おすすめです。「べつやくれい」さんというイラストレーター(劇作家の別役実氏のお嬢さんだそうです)が書いたイラスト本なのですが、一言でいうと「ことば遊び」の本です。
     たとえば、「ねことおぼれる」「ねこはおぼれる」「ねこにおぼれる」といったような、助詞が変わるとまったく文の意味が変わる言葉をとりあげて、イラストとともに紹介している本なのです。
     こういう肩の凝らない本で、日本語の勉強ができるなんてほんとうに理想的だと思うのです(学習者にはなかなか理解するのが高度かもしれませんが)。
     書店では探すのが難しいと思いますが、アマゾンなどのネット書店なら簡単に手に入ります。ぜひぜひご覧になってみてください。版元は小学館です。

    ユーザーID:

  • 擬態語辞典

    海外在住です。

    私も似たようなプレゼントを何度かしてきましたが、これまででダントツに喜ばれたのが

    五味太郎著『日本語擬態語辞典』

    です。一ページに一つずつ擬態語(ごちゃごちゃ、とか、もやもや、とか)と、その様子をあらわす五味太郎さんの絵が載っています。面白いですよ。おすすめです。

    ユーザーID:

  • いい本が見つかるといいですね。

     前にエラそうなことを書いてしまいましたが、トピ主様のレスに謙虚で真摯なお人柄を感じました。綿足しの書き込みに気分を害されていたら申し訳ありません。日本語教授に関しては、今、仕事で関わっている分だけ、思うところがあるもので、ついおせっかいなことを書いてしまいました。で、おせっかいついでですが、仮にも人様にものを教えるというのであれば、勉強が必要です。ご自分のための日本語学習教材(文法書とか)も買っていかれるとよいと思いますよ。なにより自分の勉強になります。
     色々と皆様が本を挙げられていますが、そのお友達がより日本や日本語について興味をもてるようになる素敵な本(教科書?)を見つけられるといいですね。

    ユーザーID:

  • ご質問の返事ではありませんが

    読書好きの方なので、本をお考えだということですが、
    発想を変えて、CDなんてどうでしょうか?
    名作を俳優さんやアナウンサーが朗読しているCDとか、
    あるいは日本の有名な歌とか、、、。
    朗読のは、大きな本屋さんで買えますね。

    外国人ではありませんが、在外日本人を教育した経験から、
    日本語を「読む」ことはなかなかとっつきにくいけれど、
    音声で「聴く」のは、入り込みやすいと思います。

    考えてみたら、私自身、外国語をやっていて、
    音声教材は手放せません。
    しかも、ある程度の年数学習していると、
    いわゆる「学習用の」音声教材ではなくて、
    ニュースや物語が聴きたくなります。

    忙しくても「ながら」で聴けますし、いかが?
    あくまで一案ですが、、、。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさん、引き続きたくさんのアドバイスどうもありがとうございました。自分では思いもよらなかったアイデアをたくさんいただけてとても参考になりました。

    先日帰国しましたので、さっそく書店へ行ってみようと思います。私のための教材も必要とのご意見、ごもっとも、それも含めて探してみます。

    改めてどうもありがとうございました。
    ほんの微力ながら二国の架け橋になれるように頑張りたいです。

    ユーザーID:

  • オマケとしていかがですか?

    ファッション雑誌でも、オレンジページ系でも、雑誌なんていかがでしょう。

    以前、海外のクラフトショップで日本のビーズ雑誌を手に
    ショッピングしていたら、店員さんに「それ見せてもらえる?」と
    声をかけられました。

    この国のセンスとはかなり違う趣向だったせいか、
    店員さんが集まって楽しそうに眺めていました。

    興味のある分野の雑誌なら、多少言葉が難しくても
    目にも楽しいのでいいと思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧