• ホーム
  • 学ぶ
  • ドラマ「金曜日の妻たちへ」が大好きでした

ドラマ「金曜日の妻たちへ」が大好きでした

レス9
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

あっきー

現在27歳の主婦です☆小学校の1年生ぐらいの時に(多分再放送かな・・)初めてこのドラマを見て、すごく衝撃を受けたのを覚えています。当時田舎で過ごしていた私にはすごくかっこいい大人の世界でした(よく考えたら変な子供ですが)主題歌の「恋に落ちて」は今だにカラオケの18番です☆ドラマの内容は結構ドロドロ系でしたが、主婦になった今でもああゆうライフスタイルに憧れてしまいます。同じ感性の方いませんか〜?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も好きです

    不倫は共感できませんが、ドラマも主題歌も大好きです。俳優さんも女優さんも上手でしたね。再々放送を待ち望んでいます。

    ユーザーID:

  • ちょっと目のつけどころが変ですが

    おコマ(小川知子)の家に集まってホームパーティーをするときの、あのご馳走の数々。おいしそうでしたねえ。しかも小川さんは食べるのがものすごくおいしそう。

    ノロこと森山良子が遊びに来たときに出していた手作りのクッキー、あれ食べたかったです。星の形のおいしそうなものでした。

    ノロと奥田瑛二が行った仙台の店で食べていた「巨人の星」(確かサメの心臓)も、どんなものか試したかったです。

    おコマの経営するレストランの料理も素敵でしたよね。

    すみません、食べるところばかりが印象強い(笑)。

    ストーリーは大好きでしたよ。優等生でおりこうさんの発言しかできなかったタケ(篠ヒロ子)がようやく思いのたけを親友のキリコ(いしだあゆみ)にぶつけるシーン。泣けましたね。

    ユーザーID:

  • 私も大好きでした

    「金妻」シリーズ大好きでした。
    よく、何組かの夫婦(家族)が誰かの家に集まって、ホームパーティーみたいなことしてましたよね。

    たしかにドラマの内容は不倫などで、ドロドロ系でしたが・・・

    登場人物も家もお料理もみんなお洒落で、とても憧れたものです。
    私は特に、篠ひろ子さんが好きでした。

    ユーザーID:

  • なつかしいドラマ

    トピ主さんが仰っているのは「金曜日には花を買って」のことですか?それなら私も当時見ていました。
    奥田瑛二さんが素敵で、多岐川裕美さんや今は亡き池田(絵門)裕子さんも出演されていましたね・・絵門さんの微妙な顔の表情の演技がとても上手だったのを覚えています。主題歌も好きでした。もう20年以上も前のドラマなんですね。とてもなつかしいです!

    ユーザーID:

  • 自分自身の不倫願望には正直に

    「不倫はいけませんが、」などと余計な前置きをつけている人もいるようです。
    奇麗事っぽく聞こえます。

    キンツマ、失楽園、愛ルケ・・・・。
    自分が不倫をしたいけど相手が見つからず楽しめない→じゃあその代償行為として、この手のドラマや歌にハマる。

    自然な流れです。

    みなさん、自分の不倫願望を直視して、自分に正直になりなさいよ。
    そして、たまにはチャンスがあったら不倫するのも一度きりしかない人生の好スパイスでは?

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 今、再びハマってます

    私も「金妻」シリーズが大好きで当時はどんな誘いも断って毎週金曜日の夜は家に居たものでした。今、DVDが出ているんですよねー。BOX−SETをとうとう通販で買ってしまいました。3作のシリーズの中では私はやっぱり3作目の「恋におちて」が一番好きかなあ。ノロと藤森との切ない恋や、夫圭一郎と友人桐子との間で葛藤するタケ、バツ一子持ち同士の結婚で頑張る山下とおコマ。若いときの自分を思い出させてくれる作品で、私は懲りずに何度も繰り返し観ています。

    ユーザーID:

  • 観てました!

    20年前、短大生の頃毎週欠かさず。翌日学校で(週休二日じゃないので)「見た見た?」と必ず話題に!「恋におちて」が主題歌ですからシリーズ3ですね。

    2はよく覚えてませんが、1は小川知子、古谷一行、いしだあゆみ、石田えりさんらが出てましたね。3は再放送もしっかり見ました!

    金曜夜のホームパーティ。ワインやバケットをお土産に友達夫婦の家に行くなんて憧れ!!篠ひろ子さんは主婦で、在宅で何か仕事していましたね。

    ノロのだんな様は、地味でしたが穏やかな今もときめく、「上司にしたい男性」ですよね(お名前忘れました)パート4の「金曜日には花を買って」も大好きでした!世良公則が渋くてステキで、兄弟仲がよくて。
    坂東英二も優しいだんな様で。

    あのシリーズでは「専業主婦は大変だな〜。でもいいなぁ♪」なんてうっとりしたりして。昔はドラマの中でもとことんドロドロにならず精一杯の節度で、意志を持って恋をしていたんだなぁ・・だから切なく思い出されるんでしょうね。

    数年前のキョンキョンの「恋を何年休んでますか」は「平成の金妻」でしたね〜。またあんなドラマしてくれないでしょうかね。絶対観るのに(笑)

    ユーザーID:

  • ケータイもメールもなかった時代の名ドラマ

    繰り返し観すぎてテープが擦り切れました。私は鎌田敏夫氏のファンですが、このドラマは氏の脚本に名優がぞくぞくプラスされ秀逸と思います。どの回をみても無駄がなく、印象的な台詞で展開され、ありふれたテーマなのに登場人物がひとりひとり際立っていて、毎回新鮮でした。

    映画のメリルストリープと同じように桐子(いしだあゆみ)も、秋山さん(古谷一行)の別荘に着ていく服が決まらなくて服を放り投げて溜息をつく…結果、白いワンピース、つば広帽子で出掛けると、秋山さんが「素敵になったな、君は」なーんて言うんですよね。
    山下さん(坂東英二)もおコマ(小川知子)に出会えたことを「神様に感謝したいくらいや」と臆面もなく言っちゃう。
    一心不乱に仕事に打ち込むタケ(篠ひろ子)、青い着物に身を包み颯爽とした桐子、かっこよくて色っぽかった。

    ケータイがあれば、桐子が空港に行き着けなくても秋山さんと別れることはなかったかも。
    メールがあれば、ノロ(森山良子)と藤森さん(奥田瑛二)はもっと心を通わせることができたかも。
    と、ふと思いました。懐かしい時代の洒脱なラブストーリー。これ以上のラブストーリードラマを知りません。

    ユーザーID:

  • 金妻

    中学生の頃に親に隠れてこっそり見てました。

    子供ながらに?かなり好きだったドラマだと記憶してます。今見たらいろいろ深く分かるところもあると思うのですが。

    大人になったら私も金妻した〜い!と思っていましたが、30代半ばすぎても金妻どころが旦那もいません。。。「花金」という言葉が流行ったのもこの頃かなあ?今言うと死語だけど。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧