小学1年生、宿題は毎日ありますか?

レス9
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

れんげ

長男が小学生になり早3ヶ月がたちました。
学校で勉強が始まってからずっと毎日宿題があります。
量としては1日にひらがなの練習1ページ、もしくは算数のプリント1枚です。
でも、先日、同じクラスのママ友と話をした時に、「毎日宿題があるね。ビックリよ。」って言うんです。そのママ友さんには上に男の子がいて、その子が1年生のときは毎日宿題はなかったそうなんです。

小学1年生って宿題は毎日ありましたか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ありました

    毎日ありましたねー。大した量ではないが、ウチのはやる気になるまでが長いので結構大変でした。毎日「なんで毎日宿題があるのー」「小学校ってたいへーん」「隣のクラスは出ないのにー(本当にまったくなかった)」なんて親子で文句ばかり言ってやっていました。

    でもね、2年生になってクラス替えがあり担任も替わった時に「去年の苦労が報われた」と思いました。基礎が出来ていたので2年の勉強が楽で、他のクラスだった子供とも差がありました。そして気付いてみれば、たとえ少しの時間でも「毎日勉強するのが普通」になっていました。

    憎まれ役だとわかっていて大切なことを教えてくれた担任に今更ながら感謝しています。

    ユーザーID:

  • 宿題、毎日あります。

    我が家の上の子も、一年生です。
    毎日、国語と算数のプリントを各1枚ずつと国語の本読み、図書室で借りた本読み、明日の時間割を合わせる、家族の人に抱っこしてもらう、「抱っこの宿題」。ここまでが宿題で、全部できたら連絡帳に、「できました」と書きます。トドメは、夕食後に歯磨きをしたら、歯磨きカードのその日の欄に色を塗るんです…(朝、昼、夜と磨き終えましたということで)
    これって、一年生にしたら普通の量なのか、少ないのか、さっぱりわかりませんが…。

    ユーザーID:

  • 去年はありました

    子どもが現在2年生なので、去年の話しですが、毎日宿題はありました。国語のプリント、算数のプリント、音読(または計算カード)と3種類が多かったかな。要領が良ければ、15分くらいで終わる分量でしたよ。先生がおっしゃるには、低学年のうちから机に向かう習慣をつける意味と、算数の簡単な計算(一桁)を反復する事によって、2年生以降の計算力を高めるために宿題が多いそうです。

    ま、結局のところ、うちの自治体はあまり親が教育熱心でないので、先生が強制してやらせないと…という危機感が強いのかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • あります

    5月くらいからほとんど毎日あります。
    今のところ1年生の全クラスが同じ内容の宿題です。

    ユーザーID:

  • 小学1年生に限らず

    担任の先生によって、宿題の出し方・量は、違うと思います。
    授業が順調に進んでいれば、宿題がなかったり少なかったりするし、授業が遅れていれば、その分宿題で補ったりするのではないでしょうか。

    私は、どちらかといえば、少しの量の宿題を毎日出してもらえればいいです。
    机に向かう習慣がつけばいいかなと。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 毎日あります

    一年生の一学期は間はトピ主さんのところと同じ、二学期からは音読が付きました。
    現在は漢字書き取り2文字×10回、漢字短文5×2回、計算20問、音読です。上の子のはもう判りません(汗)かなり出てるようです。
    入学当初、学年×10分の量を目安に出すと言われてましたが、とても終わりません!多すぎ!!
    トロい我が子は他の習い事の宿題が出来ずに困ってます。何とかならないのかしら?と頭を痛めてマス。
    「やってこなくても叱りません。自分が困るだけです」と言われましたが、実際やってかないと叱られてる様です。
    ちなみに普通の公立小学校です。

    ユーザーID:

  • 宿題毎日です

    ひらがなのプリントが2枚と、国語の教科書か借りてきた本の音読です。音読は、親の前で読み、親が音読カードに色を塗って毎日提出します。

    おそらく自宅での机に向かう習慣づけという観点からと、うちの子どもの学校では、物作り科、生活科という授業が結構な時間を当てられており、日々の授業だけでは足りない分を補足する意味もかなりあると思っています。
    また、小学生になると親の目が離れがちになるので、宿題を一緒にやるようにして、ずっと目を掛けてくださいという意味合いもあると思います。

    上の子どもは今4年生ですが、こちらもかなりの量の宿題が出てきます。(かなりと言っても集中すれば30分ほどで出来る程度)子どもによっては塾などの宿題もあることでしょう。
    1年生のときから毎日宿題があって「こんなものだ」と思っているので、とりあえず帰宅したらまず宿題という習慣ができています。

    ユーザーID:

  • 毎日ありました。

    毎日出ていたと思います。が、最初のうちは「遠足の前の日なので、早く寝ること。」だったり、週末には「上履きを自分で洗う。」とか「お母さんに今日の出来事を話す。」など、かわいらしい宿題もありました。

    2年生になったとき、新しい担任がものすごい量の宿題を出したので、保護者が抗議し、量が減らされたことがありました。

    トピ主さんのところの担任は、1年生からしっかりやらせていく主義の方なのでしょうか。たしかに入学したばかりのお子さんにはちょっときついかもしれませんね。あまりつらいようだったら担任に相談されたらいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    たくさんの方の書きこみどうもありがとうございました。
    確かに、宿題をすることになれるまでは大変でしたが、最近は、毎日机に向かうことが普通になってきました。宿題にかかる時間も10分から15分くらいですし、負担になっていないようです。
    朝晩の歯磨きも毎日の課題ですが、おかげで他の子供たちも忘れずに歯磨きをするようになり良かったです。

    努力が報われるよう、1年間がんばります。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧