この本をご存知の方いらっしゃいますか

レス3
お気に入り0

本が好き

学ぶ

今から20〜25年位前の雑誌のSFマガジン(ハヤカワ)に掲載されていた中篇の外国のファンタジーです。
あらすじは女優の方が亡くなられ、自分の住んでいたアパートに幽霊として現れるというお話です。
亡くなられて幽霊として目覚めた時、若い夫婦が元自分の部屋に住みついていた。
女優の方は才能があったにも関わらずコンプレックスが強く、母親との確執や同棲していた男性ともうまくいかなく、自分を思ってくれる男性の気持ちを知りながらダメな年下の男と付き合い捨てられる。
幽霊になってからアパートに住んでいる女性と男性が気になり体に入り込むみたいな話だったのですがとても切なくなる文章で子供心にも感動しました。
引越しが続きどこかにいってしまったのですが、もう一度読んでみたいんです。
ネットで探してみましたが、どうしても見つかりません。
ご存知の方がいらっしゃったらお願いします。
題名は不確かなのですが「夜明け前」だった気がするのですが正しいのかどうかもわかりません。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • マリオンの壁?

    タイトルも掲載雑誌も違っていますが、ストーリーからするとジャック・フィニイの「マリオンの壁」ではないかと思います。
    調べてみるとこの話が連載されていたのは「SFマガジン」ではなくてSF雑誌「奇想天外」1974年7月号〜10月号。
    角川文庫版で出ていましたが、現在は入手困難かもしれません。
    ちなみにこの小説はグレン・クローズ主演で映画化されています。日本では劇場未公開ですがテレビ放映時のタイトルは「マキシー/素敵な幽霊」でした。

    ユーザーID:

  • 違うかもしれないけど、これもお勧めです。

    「マリオンの壁」(ジャック・フィニィ)

    ある夫婦が古い家に住む事になったのですが、それはかつて将来を嘱望されながらも急死した無名の女優の家でした。

    やがて夫の前に女優の幽霊が姿を現し始め、妻の体に入り込み・・・というようなストーリーだったと思います(本が手元に無いので不確かですが)。

    本が好き様のお尋ねの本とは違うかもしれませんが、ぜひこの「マリオンの壁」も読んでみてください。
    (ジャック・フィニィですもの)

    ユーザーID:

  • トピ主です

    oopsさん、フィニイ好きさんありがとうございました。
    残念ながら自分の探していた本とは違います。
    確かにあらすじはよく似ていますね(笑)

    ただ自分が探している本は明るい話ではないんです…
    話の中で子供の頃太っていた彼女は大人になり、痩せてきれいになっても彼女はその過去に怯えているんです。

    でも、お二方のお勧めなのでこの本を読んでみようかと思います。(絶版なので手に入るかどうかは難しいですが)

    本が好きなので人からのお勧めもとてもうれしいです。
    いつか自分の探している本に出合える事を夢見て又探してみようと思っています。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧