人間性を磨く努力って?

レス10
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

さくみ

先日、ふとしたことから主人と表題について議論していました。何をすれば人間性を磨けるのか?との疑問はいまだ解決せぬまま、、、。何かよいアドバイス、および助言がありましたら、どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の思いですが・・

    こんにちは、人間性を磨くというとてもとても大切なトビに思わずレスしたくなりました。
    素晴らしいご夫婦ですね!!
    私も自問自答ながら心がけています。
    心を強く持ち、どんな苦しい逆境も希望を探し生きて行く中で、他の人の幸せを心から願い出来ることから行動したい!と思っています。

    結局何の為に、人間性を磨くのか?を考えました。私は、世界市民がみな幸せで有る様に願い、始まりはそばに居る家族であり、隣人・友人を大切にする所から始めました。
    今、元気で大切な人々との日々に心から感謝と喜びがわいています。人は人を思う気持ちからしか磨けないのではないかと思いました。

    ユーザーID:

  • 私はこう思っています

    できるだけいろんな人と出会い、接し、心からの話をすること。
    辛い出来事があっても、決して人のせいにせず、その出来事が自分にとって何の意味を持つのかを考えること。
    仕事をし、その中で全力を尽くすこと。

    でも何より、本人に人間性を磨こうという意志がなければ、何も学ばないし、向上することもないと思います。できれば、こうなりたいという目標があるといいのかも。

    ユーザーID:

  • 反面教師の多い環境に身を置く

    芸術面でのセンス等と磨こうとすると(教養も人間性の一部ですから)、本物をそばで見続けるのが有効だと思いますが、こと精神面に関しては「ろくでもない人間・ろくでもない環境」によって揉まれる方が、鍛えられるような気がします。
    勿論これは大人になってからの話で、まだ善悪の自分なりのものさしを持たない子供には、逆効果になる危険もあります。

    常にいい人ばかりが傍にいると、それが普通なので「見習おう」にはならないと思いますが、「ああはならないでおこう」と思える機会があれば、そうならないよう自分を律するはずです。
    ただ「悪貨は良貨を駆逐する」の通り、悪いほうに染まる方が簡単で楽ですから、確固たる意思を貫くには、やはり親の教育(学校の成績ではない)が基礎となるでしょう。

    社会的地位の高い人のうちでも、「実るほど頭をたれる稲穂かな」を彷彿とさせる方は、たいてい苦労人ですね。
    ろくでもない人間に、散々イヤな思いをさせられてきたのでしょうね。。。

    ユーザーID:

  • 読書

    大学時代、ゼミの先生からいわれた事があります。

    「学生と10分話をすればその子が今までどのくらいの本を読んできたか大体わかる。
    およそ大学に来て学問をやろうという者ならそれ相応の読書量はこなしてくるべきであり、大学の授業はそれなりの読解力があることが前提として成り立ってるんだ。
    ひいてはそれが人間性を磨くことにつながるんだ。
    本をたくさん読んできた人は話の組み立てがうまいし人の話も聞き分けられる。入ってくる情報も整理がうまい。人間性のレベルの高い大人になりたかったら今からでも遅くないから手当たり次第、文庫でも新書でもいいからたくさん本を読みなさい。」

    ある程度、大人になった今
    「この人頭いいなあ・・・」
    「この人、いつも人をひきつける話ができる人だな」
    って思うような人は聞いてみるとかなりの読書家であることがよくあって、あの時の先生の話はホントだなって思います。

    ユーザーID:

  • 見返りを求めず人のために一生懸命に働くことで。

    自分自身を顧みずに他の人のために一生懸命働くことで人間性は磨かれます。見返りは求めてはなりません。

    どうですか?それでも磨きたいですか?

    ユーザーID:

  • 人間性とは

    まず「人間性」とは何ぞやという定義をすることから
    だと思います。
    そうしないと、議論が発散してしまうでしょうから。

    人間性の高い人ってどんな人をいうのでしょう?
    人間性=人間らしさ? 人としての魅力?

    うーん、何でしょうね!?

    ユーザーID:

  • 人と接する。に尽きる。

    できるだけいろいろな人と接することじゃないでしょうか?大勢の人と接するということは、それだけいろんな人の世界や感性を共有する事になりますし、物事を見る角度も多角的になる=人間的に広い人。になっていくのでは?と思います。
    もちろん、共有し難い出来事や苦手なタイプの人も出てくると思うのですが、そんな時こそ、どう対処するか、どう乗り越えるか、という所に人としての器というか幅が試される。=人間性を磨く努力にもなるのかな?と思います。ご夫婦でそういう議題について語り合えるのはとても素敵な事だと思います+余裕もおありなのかな?とも思いますので、ボランティア活動とか地域活動などされるのも自分磨きの努力になるのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • やっぱり・・・

    辛い経験を乗り越えてこそ人間性は磨かれていくものだと実生活で学びました。
    順風満帆な時、人間は物事をあまり深く考えません。けれど、何かにつまずいたり困難にぶつかった時、たくさんの本を読んだり、たくさんの人に出会って何かを感じる。
    もがいて苦しんでいる時には気付かないけれど、そこから抜け出せた時に初めて、その苦しみが自分を磨いてくれたのだと知る。
    その人にとって苦しみが大きい程、乗り越えた時に得るものも大きいのです。
    努力するとするならば、困難から目を背けないことと、時が経ってもその時の辛さを忘れないことだと思います。

    ユーザーID:

  • 前向きに目先からの行動を!

    はじめまして。
     実は私も、日頃からトピ主さんとは同じ事を考えていますが、
    恥ずかしながら、これまでの人生を結構適当に過ごしてしまい、
    嫌でも人生経験の希薄さや自身の未熟さが気になる事が多く、
    その想いから、人間性の向上について拘るようになりました。
     正直私も、何をどうすれば良いのかが分からなかったので、
    逆に「これだけはするまい!」と、気を付けるところから始めました。
    よく耳にする言葉で「他人と過去は変わらない!」とありますが、
    例えば対人関係に於いて、相手にばかり変わるように求めること、
    今更どうしようもない過去の現実に、必要以上に囚われるなど、
    前に進めない状況にだけはならないように心掛けておりますね。
    一つの事に拘り過ぎたが為の行く末とは、自身の経験から思考停止です!
    つまり、自らを殻に閉じ込めてしまい、周りが見えなくなる事です。
    それに気が付いてからは「今からここから!」をモットーに、
    今やるべき事、出来る事に焦点を合わせております。
    常に前向きに、今この瞬間を大切にする事を心がけるだけで、
    あれだけ頼りなかった私でも、それなりに成長出来たと思いますね。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    貴重なご意見をいただきどうもありがとうございました。みなさんの意見を参考にまたこれからもがんばります。どうもありがとうございました。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧