多頭飼いについて

レス12
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

M

私は今、8才のゴールデンと暮らしています。
そろそろ、いろんなところに老化がみられ、この子にもしものことがあったら仕事もままならないと思います。
今、新しい子を迎えるべきかどうか悩んでいます。
子犬が来る事によって、今の子にどんな影響(良くも悪くも)がでるかが気になります。
経験のある方、アドバイスをおねがいします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • やめた方がいいです。

    8歳の犬にとって、子犬の相手は負担が大きすぎると思います。そろそろ老犬で、ゆったりと静かに過ごしたいのに、いきなり元気いっぱいの子犬が来て、四六時中遊んで遊んでとつきまとわれたらかなりのストレスです。老犬にとって、急に環境が変わるのはつらいことです。

    この子がいなくなったら、というトピ主さんのお気持ちも分かりますが、ただ現実逃避したいだけのように思えます。わんちゃんはいやでも老いと立ち向かわなくてはならないのですから、トピ主さんもしっかり現実を受け止めて、少しでもわんちゃんが充実した余生を過ごせるようにがんばって下さい。

    つらいことですが、命はいつか尽きます。でもトピ主さんのわんちゃんは今生きているんです。その後のことを考えて嘆くより、今しかできない事を楽しんで、1日1日を大切にして下さい。

    ユーザーID:

  • うちにも

    7才のゴールデンがいます。
    顔は日に日に白くなり・・・。
    老化を感じています。
    私も犬が死んだら、どうなっちゃうんだろう・・・と不安になります。
    最近では飼わなければ良かったかな。。。
    と思うことはしばしば。

    けど子犬を飼えば、自然と子犬の方にみんなの神経が行ってしまいませんか?
    やっぱりどの動物も、子供の頃って可愛いですよね。
    私も先日、友人宅で産まれたゴルの赤ちゃんを見ましたが、本当に可愛かった!!
    絶対に我が家に来たらアイドルになるなと確信しました。
    けどそうなれば、今いるゴルちゃんは嫉妬する可能性も十分あると思いますよ。
    今まで100%の愛情を注がれていたわけですからね。
    それに年をとれば、ちょこまかした子犬がウザイと感じるかもしれません。
    (うちの場合、猫が上記のような状態になり一気に老け込んでしまったことがあります)
    ゴールデンの老後は大変だと思います。
    (特に足腰が弱って寝たきりになったとき等)
    子犬を迎えるのは、今の子が虹の橋に飛び立った後でも良いのではないでしょうか?
    他の犬がいても、今のゴルちゃんが亡くなったときの悲しみは同じだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • ・・・

    >この子にもしものことがあったら仕事もままならないと思います

    って、ワンちゃんじゃなくて自分の心配ですか・・・
    老いぼれた犬を飼ってても自分の精神の安定は図れないから用はない、元気でかわいい新しい子犬がほしいってことですね。

    こういう考えで動物を飼ってる人って本当にいるんですね。
    心の底からびっくりしました。
    動物は、あなたのために存在してるんじゃないんですよ。

    Mさん。お願いですから、今のワンちゃんを最後まで責任持って愛してあげて下さい。
    新しい子犬を迎えるのは、今のワンちゃんが幸せに天に召されてからにして下さい。
    どうか、どうかお願いします。

    ユーザーID:

  • できるだけ多くの時間を、老犬と過ごしてあげたいと思います

    うちも8歳のゴールデンを飼っています。
    数週間前に、がんが原因の腎不全と診断されました。検査入院や、自宅での点滴、毎日獣医師さんへ通って血液検査をしてもらっています。
    どこにがんがあるか今のところ発見できずにいて、あと数ヶ月しか生きられないかもしれません。

    例えば、トピ主さんのところに子犬がやってきた後に、ゴールデンが重い病気にかかったとして、しっかり看病してあげることができますか?
    たとえ病気じゃなくても、高齢の犬にとっては、今までの生活のペースが乱されて、おまけに家族の関心は子犬に集中して、さびしい思いをするのではないでしょうか。

    今まで家族として暮らしてきた犬の余生を全うできるよう、わたしならできるだけ多くの時間を過ごしてあげられるように努力します。
    今まで多くのことを与えてくれた犬のために、何をしてあげられるのか、考えてみてくださいね。

    ユーザーID:

  • やめたほうが。

    私もやめたほうがいいと思います。
    先住犬の性格にもよりますが、
    歳の近いワンコ同士でも多頭飼いはリスクいっぱいですよ。
    ましてや、8年間もひとりっこ状態だったゴールデンにとって、
    いきなりやってくる子犬の存在は、うるさい以外のなにものでもなく、ストレスと寂しさを与えてしまうだけだと思います。

    「この子にもしものことが。。」というお気持ちは、
    同じワン飼いとして、とってもよくわかります。
    でも、それだけ愛している愛犬だったら、
    最後までその子のことだけを見て大事にしてあげて、
    幸せな気持ちで虹の橋を渡らせてあげてください!

    その子のために悲しむ時間は、きっとトピ主さんにとっても
    大事なものになるはずですよ。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 信じれない

    どうして
    この子にもしものことがあったら仕事もままならない

    新しい子を迎えるべきかどうか悩んでいます。になるんでしょうか?

    老犬を労わってあげてください。
    古くなって壊れそうだから、新しいものを用意しておく。
    という、生き物をモノのように扱う姿勢に非常に疑問を感じます。

    ユーザーID:

  • やめたほうが良い

    あなたにとってゴールデンはどういった存在なんでしょうか?老いてきたから、新しい子を?
    老いた犬にとって元気一杯の子犬が来たら、ストレスになるのは確実です。どうして今この時期にそういったことを思われるんだろうと、理解しがたいです。
    居なくなったら生きていけない・・ほどに愛しておられるのであれば、最後まで看取ってあげようと思うのではないでしょうか。そんな老いている犬と、子犬を同じ空間に置くような半ば虐待に近いようなことやめましょうよ。
    トピ主さんが老いて、ゆったりした最後を迎えたいと思っているのに、3歳だの4歳だのの子供が走り回って、ぶつかってきて、大好きな人(飼い主)の愛情も独り占めしたら・・悲しすぎます。

    ユーザーID:

  • 説明不足だったかもしれないので。

    私の意図とは反して、トピ主さんが、8歳のゴールデンでも大病にかかってそばからいなくなってしまうかもしれない…というように受け取られたかもしれないので、再度、登場しました。

    犬の寿命はさまざまですが、2日ほど前に、夫がアメリカのサイトで、19歳のゴールデンを見つけました。見た目はうちの子とあまり変わらないほどで、いま長寿記録の申請中(ギネスブックなのかと思いますが)なのだそうです。

    トピ主さんのわんちゃんは、特にどこが悪いわけでもないんですよね?もしかしたら、考えてらっしゃるよりもずっと長生きするかもしれませんよ。
    先のわからないことを思い煩うよりも、わんちゃんと一緒に過ごせるこのひとときを大切にしましょう(うちの犬から学んだ受け売りなんですけど)。

    ユーザーID:

  • 冷たいですね・・・

    >この子にもしものことがあったら仕事もままならないと思います。
    今、新しい子を迎えるべきかどうか悩んでいます。

    今の老犬が亡くなった時にもう一匹がいたらトピ主さんの仕事に支障が無いってことでしょうか?
    一人になった時の淋しさを紛らわす手段より今のワンちゃんを最期までお世話することを考えてください。

    ユーザーID:

  • 多頭飼楽しいですよ

    皆さん多頭飼いに厳しいんですね。
    うちにも16歳の犬がいます。年取ってきてよぼよぼしてて心配です。私もトピ主さんと同じように、この子に万一のことがあったらどうしようと思っていました。

    ところが先月思いがけなく捨てられたいた子猫を4匹保護したのですが、よぼよぼ犬がとても張り切って朝から晩まで子猫の世話を始め、びっくりしました。
    ただ犬も自分の体力の限界を感じたのか世話は10日間ほどで終わり、今はマイペースで過ごしています。でも子猫は犬にすっかりなついてしまいました。

    私自身もまず先住犬を優先するよう心がけましたが、多頭飼っていいなあとしみじみ思いました。まず大事なのは犬(猫)同士の相性であり、飼い主の先住犬優先という接し方だと思います。老犬だから絶対一匹飼いでなければいけないということはないと思いますが。。。

    先住犬も子犬も責任もって一緒に暮らせるのなら、ぜひ多頭飼いお勧めしたいです。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    ご意見ありがとうございました。
    いろいろ厳しいことを言っていただき考えさせられました。
    今は、特に悪いところはありませんが、子犬がきたら、元気をわけてもらったり、留守番時に寂しくないかなという思いが一番にありました。
    これから迎える介護の時も、その存在に犬同士励まされたりするのかなと。
    でも、それは人間の勝手な考えで、みなさまのレスによって安易に2頭めをと考えてた自分に反省しました。
    今は、残されたこの子との時間を大切にして、いつか来る別れの時までこの子だけをみていこうと思います。
    大切なことに気づかせていただき、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 犬と飼主次第

    メリットもデメリットもありますよ。
    トピ主さんみたいに、「この子にもしものことがあったら仕事もままならない」とか死んじゃったときの自分の気持ちの持ちようのためのような発言の人には多頭飼いして欲しくないです。
    もちろん犬猫ピンクさんが書いたように、若返る犬もいます。
    でも、それは飼主が先住の犬にも新しい犬にも気を使いながらうまくやってきたからだと思います。
    トピ主さんのように自分の都合だけで子犬を迎えるとなると、おそらく子犬ばかりに目が行ってしまい先住の犬は焼きもちなどから元気がなくなる可能性もあります。
    それに子犬のかまって攻撃に疲れちゃうこともあります。
    うまくいけばいい結果が出ますし、うまくいかなきゃ弱らせる事になります。
    トピ主さんには多頭飼いおすすめできません。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧