• ホーム
  • 働く
  • 職場でのうわさ(=事実)はいつまで続く・…?

職場でのうわさ(=事実)はいつまで続く・…?

レス39
(トピ主0
お気に入り1

キャリア・職場

自業自得

30代前半の会社員♀です。

入社当時のわたしは大変な堅物でした。

ダラダラとしゃべりながら仕事をする後輩を許せず、度々叱り飛ばしていました。
「しゃべってる暇があるなら、仕事しなさいっ!!」
…などと、かなり語気が強かったため、彼女達は幾度となく泣いていました。退社してしまった人もいます。

その後、そんなやり方は間違っていると悟り、態度を改めて、以前よりは人間関係もよくなっています。

が、そんな数年前の悪行が今頃になって別の地域にある事業所で噂になっているようなんです。

「“自業自得”さんって恐いんだってね」
「今日も後輩泣かしてきたんじゃないの?」

数ヶ月に一度程出張する先の事業所で、最近言われるようになりました。正直な気持ちはなぜ今頃???

嘘ではないので、否定はせず
「え? なんのことですか?」のような返答をしていますが、どのうような対応をしたらよいのでしょうか?うわさが一人歩きしているようで、「殴っていた」などと、事実と異なる事も言われています。

元々の原因は自分にあるので、耐えるしかないのでしょうか? アドバイスを下さい。よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いつまでも続く

    そんな噂は沸いたり消えたりして、いつまでも続くと思います。でも厳しく接することと、イジワルや嫌がらせは違うし。
    ある程度キャリア積んで、歳も上だったりすると、煙たがられたりするだろうし、性格が悪くなくて、あたりが柔らかくても、なかなか辛い思いされられる事多いし。どうあがいても、ある年齢にきても仕事を続ける女性は何かと若い子達に言われちゃうんです。
    過去の事で指摘することがなければ、「今」の中で指摘することを見つけてくるんです。
    若い子達も、十分、残酷でイジワルです。
    何か言われることも仕事と思って、我慢するしかないです。

    ユーザーID:

  • 私も自業自得の過去

    人々の記憶に残る過去は語り継がれやすいですよねえ?
    「昔こんなことがあった」って。
    「殴りはしないけど強かったですけど、あの頃とは私も変わりました。」とか?
    私も過去の自分の他人に与えた印象(尾ひれも付いてる)で、傷付く事有りますよ、これも自業自得かな。

    ユーザーID:

  • 何がいけないの?

    注意して何がいけないの?
    逆恨みもいいところ。
    トピ主さんは自業自得ではありません。
    自分の都合の良いほうにしか持っていかず集団になって楽してるだけでしょ。
    自分達が悪い事をしたのに反省の色も見せずに、明らかに悪い噂を振りまいてる方がそのうち自業自得になります。
    トピ主さんは、そんなに気にしないで、今では温和になっているようなので、そのうち周囲から「あの噂って嘘?」って事になりますよ。
    只、心の汚い人、不幸な人は、いつまでも知りもしない噂、広げてますよ。
    それを聞いたら可愛そうな人と思い、係わり合いにならなければ良いと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    ももこさん、反省しながらさん、やさしい言葉をありがとうございます。
    自分の気持ちを理解してくれる人がいるって、こんなにうれしいことだと知りませんでした。

    ももこさんのおっしゃるように、これもまた仕事のうちと思い、できるだけ気にせず頑張ろうと思います。

    ユーザーID:

  • 事実だからこそ

    実際に見たこともないのに、大げさに言ったり、面白がって騒ぎ立てている人も居るのだと思いますが、
    やはり、事実だからこそ、実際に見たことのある人もいるのだからこそ、
    なかなか尾を引かないのだと思います。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 退職しても続く

    数年前に退職された女性管理職も昔はそんな感じで、退職した人も泣いた人もいました。
    退職して数年経ちますし、ここ退職前10年位は普通だったのですが、今でも噂されています。
    だから、噂はそのまま消えることはありません。
    けれども「泣かしたんじゃないの?」って言ってくるって事は今はもうそんなんじゃないって皆わかってるんじゃないでしょうか?「あの頃はこういう考えで、今はこういう考えに変わってきた」と話してみてはどうですか?
    そうするとそのうち「あの人噂ほどじゃない」と話す人が増えるかもしれません。

    ユーザーID:

  • 結構、続くけど

    いつのまにか、過去形になっていましたね。

    「〜〜さんって、〜〜だったって、本当?」

    って、今も進行中だということにはなっていないし、結構、尾びれがついているので気にしていません。

    ユーザーID:

  • 辛いですね

    自業自得とはいえ、辛いですよね。

    とりあえずそういう発言をきいたら「まっ、そんなこと誰から聞いたんですか?お仕置きしなくっちゃ!」とかお茶目に茶化しちゃうことはできますか?とりあえず笑いを取る方向へ持っていくのが一番いいような気がします。

    もう今は人間関係改善されたそうなので、この発言で実際に不利益を被る人はいないと思うのですが・・・

    職場でわたしをかわいがってくれるおじ様がいます。ネコ好きで、ちょっとボケのはいったひねくれた不良中年っぽい発言で笑わせてくれます。でもあるとき「いや〜実は彼は昔すごく怖くてね・・・誰かと談笑するなんて想像も出来なかった」という言葉を聞きました。でもそんなこと言われても・・・???ちょっと今は想像できないです。わたしの知っているのは現在のその方だけなので。

    ユーザーID:

  • 私もそうです。

    私も結構語尾が強いらしく、男女問わず恐ろしいと言われました。がしかし、友人は多いです(もしかして怖いから仕方なし?)今は50歳台となり、少しは言葉を選ぶ事も出来るようになりましたし、若い方の言い分も認めることができるようになりました。
     今の貴女を見て同僚の方、後輩の方、部下の方々が「以前はそうとう厳しかったらしいけど、ちっとも恐ろしくないじゃん。言われることはもっともだし〜」と言われるように努力をなさってください。厳しく言った後のフォロー(例えば、仕事を大げさに認め、褒めて上げるとか、我が家に招待して食事を奢るとか。自分の方から近づいて行く)も結構効き目がありますよ。女性同志の食事会を企画するとか。自分が上司にしてもらいたいことなどを考えてみてください。もっとコミュニケーションを増やすことが良い方向に導いてくれると思います。お互いがんばりましょう。

    ユーザーID:

  • 今は変ったのなら

    今はそんなことないなら、「え? なんのことですか?」ととぼけるよりも、「え?そんなに怖くないですよぉ」と笑顔で返した方がいいのでは?その表情で「噂ほど怖い人じゃないのかも」と思ってくれる人もいるのでは?

    「怖いと聞いたけど案外そうでもなさそうだ」と言ってくれる人がいたら、「若い頃は確かに厳し過ぎたかもしれないけど、最近は改めたんです」と笑顔で言えば、うまく行けばまたその発言が広がるかも?

    でも今もまだ怖いなら仕方ないけど。

    ユーザーID:

  • 今の姿勢さえよければ

     私が職場に入った時、女性チーフはとても素晴らしい人でした。

    誰の疑問にも丁寧に的確に回答し、頼りになります。ところが古い先輩は私達新人に「ああ見えて昔は大変だったのよ、何人が泣いたと思う?気をつけた方がいいわよ」と言ってきました。ある時、その上司の指導を受けている最中、「私の言い方キツイかしら?ごめんね、ついきちんとした仕事をって思うと夢中になってしまって、何人か傷つけてしまった経験があるの。」と言ってきたのでビックリしました。

     現在多くの同僚がその熱心な仕事ぶりを評価し、過去にそのチーフが嫌いでやめて行った人たちのことを、我慢が足りなかったと言っています。トピ主さん、過去は過去ですよ。

    何か言われたら、「いや〜〜、以前は一本気でかなり突っ走ってたよね〜。ほんとこの性格のせいで私失敗ばかりよ〜〜」などと笑い飛ばすくらいで!熱心な仕事ぶりで、暖かい人柄の中に厳しさが同居する、そんな上司を目指して下さいね。

    ユーザーID:

  • 恨みは続く

    いじめられた側はいつまでも恨んでますよ。
    いじめたつもりはなくても退職まで追いやったくらいですから相当のお局だったんでしょうね。
    あー怖い。
    トピ主さんが逆に苛められて辛くて退職するまでは噂は続くでしょう。
    何のことでしょう?みたいにとぼけず「あの頃は本当に自分でも堅物で申し訳なかった・・・でも殴ったりはしてないんだけど」と言ってまわるのはいいんじゃないですか?
    なかなか人に着いたイメージって取れないですよ。
    名前の通り自業自得です。

    ユーザーID:

  • ほんと、うわさってこわいですね

    トピ主さんには気の毒だけど、うわさというより伝説の人になりつつありますね。そうなるとずーっとですよ。辞めても伝説ものです。困ったもんですよね。私も「ある女性をいじめて自律神経症にして会社を辞めさせた」という噂の持ち主です。本当は、そのある女性ってのが後輩の子をいじめたり無視したり感情の起伏の激しい人で、その子をかばったら、私がいじめのターゲットになり、無視からはじまり、夜〜夜中とか朝方とか無言電話が何回もありました。こっちが自律神経やられるっつうのってのが真相なのですが、もうひらきなおってます。伝説の人になりましょう。トピ主さんの場合、社交辞令(あまりうれしくないけど)っぽい交流方法のように思えるので、気にしなくても大丈夫だよ。

    ユーザーID:

  • 耐えるしかない

    >彼女達は幾度となく泣いていました。退社してしまった人もいます。

    えっと辛口になるかもしれませんが、トピ主さんは誰かに恨まれているか嫌われているのだと思います。それは退社してしまった人かもしれないし、泣かされた彼女達を見ていた同じ社内の人間かもしれません。

    今はその程度で済みますが、会社が業績不振になったらまずトピ主さんは切られるでしょう。後輩を育てずいじめて辞めさせたレッテルがあるからです。
    自業自得というか、因果応報です。

    正論だから?先輩だから?で何でも許されるのでしょうか?
    そんな事はないと思います。
    トピ主さんは事業主でも上司でもなく、ただ勤続年数が長いだけの一般社員だからです。

    私は会社でトピ主さんのような男性社員が降格と左遷されたのを見ています。
    当然の結果というか、周りは同情も無く居なくなってスッキリしています。

    トピ主さんに反省の態度が出れば、周囲も変わると思いますが、後輩が退社したのを悪びれる気がないなら治らないでしょうね。

    ユーザーID:

  • 噂を打ち消してくれる人が現れるよ

    私も、職場に気が短くて気性の荒い人がいました。男性でしたが。すぐ怒鳴るのは当たり前。男性には手を出しそうになることも(さすがに女性には手を出さない)。

    当然彼の振る舞いは他部署にも流れ、みな彼の前ではビクビクしていたものです。
    しかし、彼もこれではいけないと気がつき、歳を重ねたこともあり、今ではかなり丸くなっていい人になりました。

    しかし、彼の一番激しかった時期しか知らない人は、未だに彼を怖い男と思い込んでいるし、そう他の人にも言っています。

    私も以前の彼は怖かったのですが、今の彼はいいヤツと認めています。確かに怒りっぽかったのですが、例えば自分が悪いのに怒鳴るとか、そういうことは無かったから、怖いけど嫌なヤツとは思っていなかったからだと思います。

    ですので、誰かが彼を怖い人と言っていたら「昔はそうだったけど、今は全然違うんだよー」って言っています。すぐには無理ですが、段々みんなにも分かってもらってきたような気がします。

    トピ主さんも、今、みんなとの関係が良くなっているなら、誰かがきっと噂を打ち消してくれますよ。あまり事を急がずに待ってみたらどうでしょう。

    ユーザーID:

  • 今は違うんですよね。

    昔いました。先輩にそれは怖い人が。
    でも今はかなり丸くなっていていましたが、過去のことしか知らない人はやはり言っていました。
    でも、それはそれ、これはこれです。
    今のトピ主さんは昔とは違うんですよね。
    その先輩は笑いながら「昔はね。」と言っていました。
    あまり気にすることは無いと思います。
    今は違うんですから。

    ちなみに、後輩たちはその先輩が怖いという噂は知っていますが、今の先輩をみて怖いとは思っていないみたいでした。

    ユーザーID:

  • 改善したと思うのは自分ばかりなのでは?

    きつい言い方と思うけど...。
    直接、そう言われるなら、自業自得さんが自覚していないだけで、何か人を傷つけるようなことを、最近その事業所で言った可能性、高いと思います。過去の噂にかこつけて、さりげなく改善して欲しいと思っているのでもなければ、本人に直接、噂の話はしないでしょう。

    地域によっては、東京より女性に柔らかい物言いを期待するところも多いので、何気ない一言が知らないところで大問題になることってありますよ。(かくいう私も、神戸でよく似た失敗経験あり。やっぱり噂にかこつけて注意されました。)
    でも、直接言われるということは、改善する能力があると思われているので、喜ぶべきかもしれません。昔言われなかったのは、実は話してもムダと思われていたからかも...。

    ユーザーID:

  • 人を泣かせていたのに、自分は泣きたくないとは

    自分より弱い立場の後輩たちを泣かせてきたなら、憎まれたり嫌われたり噂が立ったりすることも、受けてください。

    人は叩きたい。でも自分は叩かれたくない。って事ですか。都合が良すぎです。

    噂されていることを感じる度に、改めて反省しては。

    ちなみに、しっかりと過去に犠牲になった泣かされた人たちに、行き過ぎた自分の行いを謝ったのですか。

    まずは、相手にきちんと謝るところから始めなくては。順序があります。

    ユーザーID:

  • 続くと思いますが、、、

    今のトピ主さんは、過去の過ちを悔いているのですから、今現在の自分を見てもらうよりほかないのでは?

    キャリアも積んで仕事はきっちりできているのだし、出張先での心無い噂も、事実だったとしてもそれは過去のこと。

    見事、「あれ?噂と違うじゃない」「何かの間違いかも?」と思わせるくらいに払拭してしまいましょう。
    自分を磨き、「噂は単なる噂だったんだ」と思われるよう頑張りましょうよ!
    きっと、理解してくださる方も増えていくでしょう。

    現在の自分を堂々とアピールしてください!!
    がんばれ!! 

    ユーザーID:

  • 本当に反省しているなら言えると思いますよ。

    んー、HNの通り自業自得と思いますが、それはわかった上でのご相談なのですよね。
    でも、別に素直に「あー、○○の頃の話ですよね? 今は、あれはやりすぎだったって本当に反省してるんです。当時の後輩には申し訳ないことをしました。」と言えば良いと思うのですが。下手に曖昧な返事をすると、相手はどうとでも受け取れますから、「この人は恐い人」って思い込みを助長するかもしれませんし。
    それでもごちゃごちゃ言ってくる人には「いやぁ、もう、勘弁して下さい」とか言っておけばいいんじゃないでしょうか。

    あとは、今のトピ主さんの行動を見て回りが判断してくれますよ。
    逆に自分が変わったことを周囲にわかってもらうチャンスなのかもしれませんよ。

    ユーザーID:

  • 多分、

    何のことですか?でとぼけるから話が大きくなるのではないでしょうか?噂が広まる前兆というのは、おそらくその後輩の方の、あなたへの愚痴や悪口からはじまって、現在の貴方との「印象」が違うから余計に面白がって、話が大きくなっているのだと思います。「私も若かったから厳しく指導した事はあるけど、殴ってはいない、誰がそんな事を言ってるんだろう?」と否を認めてきちんと話した方がいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • それは否定と同じ

    >嘘ではないので、否定はせず
    「え? なんのことですか?」のような返答をしていますが

    それは否定ですよ。事実なら
    「それではいけないと反省して、こういう風にしてるんですよ」
    と、ちゃんと説明しなくては、ずーっと言われます。
    それどころか、
    「あの人、なんの事ですか?なんてすっとぼけてたわよ。
    図々しいわねぇ」ともっともっと悪く言われます。
    事実と違う事はちゃんと冷静に否定して
    「確かに厳しすぎたと反省してますが、
    暴力は絶対にふるっていません」と明確に言うしかないです。
    ごまかせばごまかすほど、尾鰭がつきます。

    ユーザーID:

  • 人は変るんです

    人は変りますし、それは成長だと思います。成長してはっきりいえるようになる人(=私)みたいなのもいれば、成長して角がとれる人(トピ主)もいます。

    過去のことは、そうだったのよ〜若かったからキツかったんですよね、あはは、今は自分でも丸くなったと思います〜と明るくかわせばいいのでは?過去の自分を否定せず受け入れることができるなら、大丈夫ですよ。

    今頃…というのは、たまたま今まで自分の耳に入ることがなかっただけですよ。

    ユーザーID:

  • 消えない理由は少し深いところにありそう

    いや〜、泣かせたり退職まで追い詰めたのはアウトでしたね。
    言葉を選んだりともっといい方法があったでしょうに。
    堅物でいらしたとありますが本当は社会人にもなって青春を謳歌している風の若い同僚たちが
    羨ましくて八つ当たりしていたなんて事ないですか?
    本当に心から相手の事を思っての叱咤はそんなに長く根にもたれませんよ。
    噂を続ける人たちはトピ主さんのそういう部分を見抜いていたのでは?

    なお、仮に今は優しい人として評価され始めても
    昔泣かされた人や、友達が退職に追いやられた人からしてみれば
    それは面白くないでしょうから必死に昔話を吹聴して歩く事でしょう。

    解決方法ですが、表面上優しくなっただけでは上記の
    理由で噂は消えないでしょう。もう一度キツかった頃の自分を振り返って本当に性格がキツかった原因は何だったかを突き止めそれを自分で認めた上で弁明する事ではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 伝説の人

    とっくに退社した顔も知らない人なのに、「後輩へ厳しすぎる、その人の下につくと皆辞める」(要は後輩イジメがすごかった)と語り継がれている人がいました。
    なぜ今頃???って、誰かが話したからでしょう。
    トピ主さんは態度を改めたことで過去の出来事になっているようですが、幾度となく泣かせたり、退社した人がいるって、周囲にとってはかなり強烈な印象として残るでしょう。
    何か言われたら「あの頃は私も尖ってて」とでも言えば、現在のトピ主さんを見て周囲も納得するのでは。
    伝説として語られてしまうことは仕方ないと思います。

    ユーザーID:

  • 大げさに広がる

    噂は必ず酷く大げさになって伝わりますから。
    「○○みたい。」という仮定法が「○○された。」と断定になることも多いですよ。

    普通、殴られたら警察沙汰や総務が黙って見逃すわけないですし、トピさんが今まで通り仕事が出来る環境にいないと思います。
    強気の経緯だったことは事実ですけど「武勇伝的?」な感覚で面白おかしいネタで話す人まいますから。
    歴代の女性先輩方にも「つきもの」です。(笑)

    「殴った事実があれば私はここにはいませんよ。」と微笑むくらいの余裕を見せてやって下さい。

    ユーザーID:

  • 嘘つきぃ〜

    トピ主さんが本当に改心して、人間関係が改善されてるなら、味方のひとりさんや、こばこばさんの言うように、誰かが否定してくれると思います。だけど、はむさんの言うように自分だけが「私は変わったのよっ」と思い込んでるだけなら、いつまでも噂は消えません。誰も否定もしませんし。むしろ「今もそうだよねぇ。多少丸くなったけど」と、当時を知る人が更に肯定し、噂は強化されます。それから

    >嘘ではないので、否定はせず
    「え? なんのことですか?」のような返答をしていますが

    これは最悪。否定してないどころか、思い切り「無かった事」にして、嘘ついてるのと同じです。本当に今は違うというのなら
    「当時の事は反省してるのよ。今はあんな風にはしてないわ」
    とちゃんと過去を認めないと。その上で
    「でも暴力はふるっていません」と言わないと、
    「実際酷い態度だったのに、なんの事だって。きっと暴力もふるってたに違いないわ。だって嘘つきだもの。」
    となる事請け合いです。

    ユーザーID:

  • 本当に変わった??

    おそらくトピ主さんは態度変えたつもりでも、実は変わってないのでしょう。だから噂は消えないのですよ。きっと誰かに恨まれてるんです。

    ほんとーーーに態度を変えたら周囲の評価も変わるでしょうから、その噂はなくなるでしょう。「あの人あんなんだったけど、今は感じ良いよね」とかね。

    意地悪する人にはわからないでしょうが、いじめられた人はいつまでもいじめられたことを忘れないものです。反省してくださいね。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    みなさんコメントありがとうございます。

    「辛口になるのかな?」さんの仰る通り、正論は許されると思っていました。以前は、「勤務時間=仕事のみをする時間&生産性を上げる努力し続ける時間」と考えていました。

    「やられた側」さんの仰るように、相手のことを思っての叱責ではなかったんです。たった5分のおしゃべりでも、「時給換算で**円無駄にしてる!」と考えるほど堅物だったんです。

    若い人たちは、以前のわたしを知りません。そのためか、分からないことなど気軽に聞いて頼ってくれるので、人間関係はよくなってきたかなと思っていました。

    続きます。

    ユーザーID:

  • トピ主です(続きです)

    ここ数年、後輩を泣かせることも退社に追い込むこともなかったのですが、この4月に突然「恐かったんだってね」と言われて、その時はあまりに突然過ぎて本当になんのことだか分からず、「何のことですか?」との返答になってしまいました。思い当たることは以前の自分の態度しかないのですが、最初にしらばっくれてしまったため、ひっこみがつかなくなってしまいました。

    したがって、以前の事実を噂しているのかどうか、本当のところはよく分かっていないのです。

    今度、「恐かったんだって?」と話してくる人がいたら、「そうなんですよ」と話を続けてみようと思います。その上で、以前のわたしはがむしゃらに仕事をすることこそ善と考えていたこと、それを周囲にも求めたが故に思いやりのない厳しい態度で接していたこと、今はそれを反省し皆が気持ちよく働ける環境、チーム作りが大事と思っていることを話してみようと思います。

    皆さん、アドバイスを本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧