29歳女性の働き方

レス5
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

メイ

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • アドバイスありがとうございました。

    子供の問題にはタイムリミットがあるので、結局それが一番の問題ですね・・・。遠距離中の彼は、昨年から海外に留学しておりこの夏に帰国します。(帰国しても遠距離なので、転職は必須です。)その間にお互いの気持ちが変われば、それが運命かなと思っていました。自分の生き方に合う男性を選べばいい、一度きりの人生を誰かに合わせる必要はない、それなら私は彼と別れた方がいい?

    むしろふってください・・・などと思うこともこの1年多々あったのですが、結局お互い変わらないままに1年が過ぎました。私は彼と同じ研究室出身なので、彼の状況は良くわかります。非常勤でいつまでも就職できない人もたくさん見てきました。

    また、彼との将来を考えるということは、仕事が続けられない可能性が高いということでもあり、だから転職も独身の今!と焦ってしまい、資格の勉強もずっと続けています。ただそうやって頑張っていても、当の彼が側にいなくて、独り相撲みたいで疲れてしまっていました。下手に焦ってじたばたしても溺れるばっかりなので、冷静に気長に、自分のキャリアも考えながら前向きに頑張りたいと思います。どうもありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 私が大黒柱です!

    トピ主さんと同じく、29歳女性です。
    私の夫はトピ主さんの彼と同じ状況です(笑)
    私は結婚しました。そして大黒柱になって、彼が研究職として一人前になるまで支えるつもりです。

    結婚を決めるまでには迷いもありましたよ。
    子どもを生む時に、夫が「研究者見習い」でよいのだろうか。世間体のことも正直ありました。

    でも私は結婚しました。
    結婚して自分が大黒柱になる。
    自分が稼ぐ、貯金をする、そして子どもを産んで二人で育てて、それで幸せだと思えたから、結婚しました。

    現在、結婚3年目です。結婚当初は、先が見えなかった夫ですが来年からは常勤職に就けそうです。夫の就職と同時に子作りに励もうかな、なんて思っています。

    トピ主さん次第ですよ。
    自分がどうしたいのかをよく考えてみてください。
    自分が決めた道ならば、多少辛くても、幸せに人生を歩めると私は信じています。

    ユーザーID:

  • 研究者は修業時代が長すぎる。

    研究者(♀)です。

    研究者は、学位を得てから、ポスドクという3年程度の職を経て常勤になるというのが昨今のおきまりのコースです。ポスドク時代には海外留学経験もしたほうがいいのでする人が多い。ですから20代で落ち着いて「家庭」「子供」を考えられる状況ではないのが現実です。

    学位を取り、その後海外に2年ほど行かれたら?、ポスドクを1年から3年経験した後、別の地域で常勤に採用されたら? そういうことをよくよく理解したうえで「結婚」に踏み切ってください。

    あと、あなたは良くても彼のほうが「ここまでして貰っているのだから」とプレッシャーを感じてしまったら逆効果です。30歳をすぎて「子供」を安心して産みたいのであれば、相手を変えることも検討したほうがいいです。

    彼とどうしても一緒がいいのであれば、「安定」はあと数年は我慢を覚悟してください。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    ちよさん、アドバイスどうもありがとうございました。同じように頑張っていらっしゃる方がいるということに勇気づけられました。
    今、自分の人生が一つの岐路にあって、次の一歩をどう踏み出すかで、今後の人生が大きく変わってくるのだと思うと、なんだか怖くて決断をためらってしまっていたのですが、勇気を出して頑張りたいと思います。
    ちよさんのおっしゃるように、本当は、目標がまだきちんときめられていなかったのです。迷い続けていても結果はでないので、きちんと自分の中で結論を出し、覚悟を決めて行動に移りたいと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 頑張ろう!

    私も29歳です。彼と遠距離でした。
    この4月、都会から彼のいる地元の地方へ転職しました。
    私の彼もいつ結婚できるか難しい状態です。
    頑張りましょうね!

    >大都市圏への転居を伴う転職はそう簡単に見つからず、

    そんなことはありませんよ。大都市の方が仕事の数は多いです。
    私は地方への転職だったので、すごく苦労しました。

    まずはリクルー○エー○ェント、インテ○ジェンス等に登録してはいかがですか?自分の考えるよりも多くの仕事を紹介され、面接日の調節等してもらえて大変助かりました。
    転職は最後まであきらめないことです。

    大黒柱になるかもしれないなら、社員を目指すことです。また、子供ができても働くのであれば、育児休暇がしっかりしている会社を選ぶことです。
    転職はストレスが溜まりますが、頑張ってください。

    目標が決まればきっと見つかりますよ。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧