感情・表情をコントロールする

レス11
(トピ主0
お気に入り2

キャリア・職場

30歳独身ゆりえ

皆さんは感情をどう、或いは顔に出ないようにセーブされていますか?

先月、同僚に対して瞬間湯沸かし器のようにキレてしまいました。恋人との別れ話や家族とのプライベートなトラブル、取引先や上司との仕事上の問題など、個々には小さなイライラが溜まっていた所に、同僚の些細な言動で瞬間的に沸点を超えた、いわゆる同僚にはとばっちりな八つ当たり状態です。

その日のうちに謝罪し、許してもらったものの自己嫌悪で一杯です。おまけに、同僚本人や周りから「ゆりえは思ってることが全部顔に出てわかりやすい」と、冗談めかしてですが言われ続け、そんなに感情が面に出ていたのかと落ち込んでいます。

というのも、父が突然キレて見境無く周りに当たり散らす人だった為、自分は負の感情を表に出さないよう、人一倍気をつけてきたつもりだったんです。感情のコントロールも出来ないなんて、いい歳をした社会人として恥ずかしいです。(ムッと来てすぐに気持ちを落ち着けるのですが、実際はその一瞬顔に出ているようです)

いったいどんな風に感情や表情筋をコントロールしていけば良いのでしょう。叱咤・提案等、どんなことでも結構ですのでお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 深く深く腹式呼吸を何回も

    キレる人って軽く高山病なんです。脳に酸素が足りてないんです。カチンときたら深呼吸なんて大昔から言われてたことですがこれって本当なんです。

    健康の為に朝晩5分くらい思いっきり吐いて吸う呼吸法あやるのも良いですよ。心身に効きます。

    人に良い顔ばっかりしてうつ病になっちゃうより良いかもくらいに鷹揚に構えていきましょう。

    ユーザーID:

  • 私にはもう一人自分がいます

    接客業を長くしております。
    理不尽なお客様の応対をする時、自分の横にもう一人自分がいて、対応を第三者的に客観視するような感覚になります。
    そのもう一人の自分は常に冷静なので、ムッとした顔をしてないか、声のトーンは落ち着いているか等自分がどう見えているかチェックしてるんです。
    なので、我を忘れてキレるということはしたくてもできません。

    キレそうになったら簡易幽体離脱して、自分が今どんな顔をしてるか、外部からの像をイメージしてみてはいかがでしょう。

    しかし表情を作って感情を抑えることに慣れてしまった私には、あなたのような人がうらやましくもあるのですが・・・

    ユーザーID:

  • 自分をたしなめる

    「人間には間違い過ちが有り得る」って心底から認識出来ていれば「それを許容する心」も生まれて来るのでは?と思いました。

    ユーザーID:

  • 特技にする

    根本的に変える(感情や怒りをセーブする)のではなく、感情を隠すことを特技にする、という感覚です。

    上手く説明できないけど、私はそんな感じです。

    ユーザーID:

  • 自分を充実させる

    短気な人はどこにでもいます。

    短気は損気という言葉知っていますか?

    いわゆる短気の部類に入っているんだと思います。

    私は短気な方ではないのですが、心の中で爆発はよくしていますよ。
    顔にでているかどうかは知らないけれど、腹の中は煮えくりかえっていたりします。

    でも、怒ったことはありません。

    どうしてそんなことができるのか?と聞かれたこともあります。

    世界を沢山持っているので、感情は一点集中することがありません。

    あまり世界を狭くしないこと。
    沢山勉強すること。好きなことを沢山すること。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • ムッとするのは正直な証拠

    私はトピ主さんは、人間として正直な人のように感じて、好感が持てると思いますが。
    いくら、感情を押し殺しても、出るものは出ますよ。
    こんなはずじゃなかった、あれっという表情がでるから、人間の機微は楽しいんです。
    突然怒り出しても、後のフォローが大切、というのが、助言でしょうか。
    私など、職場でポーカーフェイスでやっている適応癖がついていて、無理してでも相手に合わせようとするところがあって、口惜しい思いをすることが多いですよ。正直に怒れたら、どんなにいいことか。
    関係ない八つ当たりだったら、「ちょっとゴタゴタがあってつい怒ってしまって・・」といい訳をしておくことです。
    自然と良く思われたい異性や友達には、良い顔になっているもの。その調子で、ここで良い顔をしておくと後で良いことがいっぱいあると自分に魔法をかけておくことです。

    ユーザーID:

  • 私も

    あいびーさんと同じように、自分の感情を客観的にとらえていることがあります。
    一時期、職場でかなり辛い時期があったので、自己防衛的に身に付きました。ただ、マイナスの感情もどこかピンとこないのと同じように、嬉しいとかプラスの感情さえも、いまいちリアルに感じられません。ちょっと寂しいです。

    ユーザーID:

  • トピ主です1

    6月25日のぎんねこさんのレスまで拝読しました。
    私のトピを改めて読み直すと、字数制限があるとはいえわかりにくい文章でしたのに、皆さんに丁寧なレスを付けていただき、ありがとうございます。

    アドバイスを頂いて、そして「人間そんなこともある」と言っていただけて気持ちが楽に、前向きになりました。


    午前の紅茶様の「脳に酸素が足りていない」、には納得してしまいました。
    変な例えですが、ムカっと来て我慢が出来るときはお腹の中に湧いた怒りや嫌悪感が頭を通っているのですが、我慢が出来ていないときは脳を通過せずに口に到達している感じなんです。
    いくら瞬間的にとは言え、相手が言葉を発し始めてから私がキレるまでほんのわずかであっても時間があるのですから、まずはそこで一呼吸おけるかどうか、ですね。

    あいびーさんの「もう一人の自分」。怒っているときの私は確かに声もうわずっているし、顔もきっとすごい顔だと思います。全部後から気づくのです。それじゃ遅いですよね。キレそうになった瞬間にそこに思いをはせるように意識してみます。

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    穏やかささんのおっしゃる「心底から人には間違いがあり得ると理解すること」には耳が痛いです。当然間違いや失敗は自分も犯すわけですし、自分のことを棚に上げて一方的に怒るのはお門違いでした。他人に寛容であることは目標なのですが、まだまだ未熟です・・・

    はるさんのおっしゃることで思ったのですが、結局は「感情としての怒り」そのものの問題より、それの表現(爆発するか・理性で押さえるか・どう伝えるか)が大問題なのですね。みゆきさんの「たくさん勉強すること」「好きなことをたくさんすること」には頷かされました。今回も、小さな不満を他のことで消化出来ていれば鬱積することはなかったのかもしれません。

    ユーザーID:

  • トピ主です3

    世界を広く持ち、怒りや不満を分散させる楽しみや解消法を持つこと。

    色々なことを学んで理性を磨くこと。

    人に100%を求めず、間違いもありうるのだと理解して受け入れること。

    むかっときたら、とりあえず深呼吸。自分が嫌な顔をしていないか客観的に見てみる。

    それでも顔に出てしまったら、怒りをぶつけてしまったら。

    くよくよ暗くなってどん底に居座っていてもしょうがないので、私も人間だしそんなこともあるさ、やってしまったら問題はそのフォローをどうするかだ、と発想を次に向ける。

    という感じでなのでしょうか。あと、人を好きになることや、人との信頼関係も大事ですよね。ぎんねこさんの「自然と良く思われたい〜」に納得です。好きな人や友達にはつい笑顔になってしまうので、それを応用して「相手と仲良くしたい(相手はこう言うところが良い人だ)」というプラスの感情を常に持っておくようにしたいです。

    ユーザーID:

  • 私と似ています

    私も何度もあります。

    自分の機嫌が悪い時、
    運の悪い時や上手くいかない時になど、
    悪くもない他人へ八つ当たりをしてしまったり、
    主さんのような感じに、強く怒り出してしまって相手を泣かせてしまったこともありました。

    多分、主さんは現在は、自分のことでいっぱいいっぱいになっているのだと思います。
    もう少し自分を解放してあげて、落ち着いてみてください。
    自分へも言い聞かせています。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧